糖尿病・高血圧・耳鳴りに…!やっぱりすごい『酢タマネギ』効果

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

今号の『安心』に登場している下川トモ子さんは、酢タマネギを10年前から続けているそう。

ちらし寿司、焼き魚、サラダなどの上に酢タマネギをのせて食べています。

 

酢タマネギで血圧が下がった下川さんは77歳の今も白髪より黒髪のほうがずっと多く、
見た目も実年齢より若く見られることが多いそう。

 

本誌では、酢タマネギの12大パワーを紹介しています!

今回はその中のいくつかをピックアップします。

 

酢タマネギの12大パワー

 

 

(1)血液をサラサラにする

 

タマネギに含まれる硫化アリルには、血管内で血液が固まるのを防ぐ、血液サラサラ効果があります。

加えて、酢にも血液がネバネバになるのを防ぐ効果があるので、
血液の循環をよくする最強の組み合わせといえます。

 

(2)血液を正常化する

 

玉ねぎの硫化アリルと酢の血液サラサラ効果により、
動脈硬化が改善して、
血管壁の弾力性が回復します。

血管が広がり、血流がよくなるので、血圧を下げる効果が期待できます。

 

(3)血糖値をコントロールする

 

タマネギに含まれる硫化アリルやケルセチンには、血液中の余分な糖質や脂質を減らす働きがあります。

さらにタマネギの食物繊維が、食後の血糖値の上昇を抑制してくれるので、
血糖値のコントロールに役立ちます。

 

(4)コレステロールや中性脂肪を減らす

 

タマネギと酢には、どちらも体内の余分な脂質(コレステロール、中性脂肪など)を減らす働きがあります。

 

(5)新陳代謝・スタミナアップ

 

酢に含まれるクエン酸の作用で、新陳代謝が活発になります。

加えて、タマネギの硫化アリルは、特に筋肉細胞において、
糖がエネルギーに変わるときに必要なビタミンB1の吸収を高め、その働きをよくします。

ビタミンB1が豊富な食材(豚肉など)と一緒に取ることで、
体細胞の新陳代謝がより活発になり、スタミナもアップします。

 

(6)腸内環境をよくする

 

タマネギに豊富に含まれるオリゴ糖が、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やし、腸内環境を改善します。

腸管ホルモン『インクレチン』の増加が期待できます。

 


 

今回6つの酢タマネギパワーを紹介しましたが、本誌では全12をそれぞれ細かく紹介しています。

また、酢タマネギの作り方や、アレンジレシピも掲載されています。

 

LOVEを詠む LOVEを贈る
バレンタインキャンペーン♡2024

 

 

バレンタインキャンペーン期間中に新規でご注文をいただいたお客さまから
抽選で10名様に『Amazonギフト券(5,000円)』をプレゼント!

 

<キャンペーン期間>
2024年2月10日(土)~ 2024年2月29日(木)

 

キャンペーンの詳細は、上のキャンペーン画像をクリックしてご覧ください。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。