『令和バブル』に乗れ!全国各地にバブル到来…時価も時給も3倍に!?

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

今、株価も不動産価格も平成バブル時代の水準に迫っています。

大都市圏のみならず、一部地方ではすでに“バブル超え”を果たしている土地も。

 

このお祭り騒ぎに乗らずしてどうする?

SPA!では、好況に沸く現場を訪れて、その乗り方を探っています。

 

不動産価格も続々とバブル超え

 

日経平均3万8957円。

 

史上最高値をつけた1989年12月末から34年、“平成バブル超え”が間近に迫っています。

いや、「すでに超えている」と口にする市場関係者も多いのです。

 

兜町関係者によると…

「バブルのピーク時、東証1部(現在のプライム市場に相当)の時価総額は591兆円でしたが、足元では880兆円を超えている。上場企業数が30年で約1.5倍に増えた影響もありますが、1社当たりの時価総額で見ても1989年の496億円から531億円とバブル期を超えているんです

 

不動産価格も続々とバブル超えを果たしています。

東京・銀座の老舗のお香・和紙工芸品店「鳩居堂」前の
路線価(相続税などの計算基準となる1平方メートル当たりの価格)
バブル期の3650万円を優に超えて4224万円(2022年)に。

 

より一般的な基準地価(土地取引の目安として活用される価格)を見ると、
沖縄や福岡、熊本、富山の市町でもバブル超えを達成しているのです。

 

不動産アナリストの長谷川高氏もこう言います。

「福岡では再開発プロジェクトが牽引役となり、熊本は台湾の半導体メーカー・TSMCの誘致が奏功したかたち。新たなベッドタウンの創出など、行政の取り組みで地価上昇がもたらされている地方も少なくない

 

外国人客を原動力に株価も地価も急騰中

 

恒例の春節訪日客も好調だったように、旺盛なインバウンド需要もあります。

北海道屈指のスキーリゾートとして知られるニセコは、
コロナ禍以前からインバウンドバブルに沸き立ってきました。

都内でも築地場外市場には、連日、外国人観光客が道路にはみ出るほど押し寄せています。

 

築地のすし店主はこう話します。

「ランチタイムは予約なしのお客さんを案内できないことも多い。日によってはネタが切れてしまうことも。最近の外国人観光客はお昼から1万円以上のコースも頼んでくれるので、売り上げは優にコロナ前のピークを超えています」

 

株価に不動産価格、インバウンドの盛り上がり……すでに日本は令和バブル真っ只中にいるのです。

 


 

本誌では、全国各地のバブルぶりをまとめています。

 

LOVEを詠む LOVEを贈る
バレンタインキャンペーン♡2024

 

 

バレンタインキャンペーン期間中に新規でご注文をいただいたお客さまから
抽選で10名様に『Amazonギフト券(5,000円)』をプレゼント!

 

<キャンペーン期間>
2024年2月10日(土)~ 2024年2月29日(木)

 

キャンペーンの詳細は、上のキャンペーン画像をクリックしてご覧ください。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。