《緑茶とコーヒーを混ぜて飲む!?》朝・昼・夜・週末にできる『血管若返り習慣』

  • 更新日
  • 有効期限 2024.03.07

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。

 

私たちの体中を巡る血管が劣化すると、不調が起きたり、最悪の場合は死に至ることも。

血管を健康な状態に復活させるには、生活習慣の見直しが大きなカギを握ります。

 

今号のPRESIDENTに特集されている『老いた血管』復活習慣についてピックアップします。

 

健康な血管がなければ健康に生きていけない

 

人体の中には、地球を2周り半できるほどの長さの血管が巡っています。

この血管は、脳や臓器など体のあらゆる器官に向けて物質を運ぶための通路の役割を果たしています。

 

たとえば、指にケガをすると、脳はすぐに認識して、修復のためのシグナルを発し、
細胞を活性化させることでケガを治そうとします。

細胞の活性化にはより多くの酸素が必要です。

細胞が呼吸するための酸素を細胞に送り届けているのはほかでもなく血管です。

ケガの回復には、血管の機能が必要なのです。

 

また、細胞の活動によって出た老廃物は、再び血管やリンパ管を通して排泄臓器まで運ばれていきます。

炭酸ガスであれば肺まで血管で運び、呼吸によって排出されます。

 

不摂生などさまざまな原因で、血管が十分な機能を果たさなくなると、
必要な酸素が十分に届かず、老廃物も排出できないなどの不都合が生じます。

あちらこちらで機能不全に陥り、体が衰えていきます。

最悪の場合、突然死にもつながります。

 

さらに詳しい内容・続きは、本誌にてお読みいただけます。

 

血管を復活させるために必要な3つの習慣

 

(1)高血圧・高血糖対策

必要な成分を摂取したり、バランスのとれた食事を摂る

 

(2)ふくらはぎ・足の運動

血流を早くするための運動を行う

 

(3)自律神経を整える

血圧が急に上がって血管を傷つけることを防ぐ

 

血管が復活する朝の習慣

 

 

血糖値を上げない食事を心がける

 

血管の健康を取り戻すのに重要な要素の一つは、食事の内容です。

まず、血糖値の面から考えると、規則正しく食べることが重要です。

 

朝食抜きで空腹の時間が長いと、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌機能がうまく働かなくなり、
空腹状態でも血糖値が上がってしまうので注意が必要です。

 

血糖値を正常に保つための食事としてポイントとなるのは、食物繊維です。

食物繊維は糖分の吸収を緩やかにするため、食後に血糖値が急上昇するのを抑えてくれます。

血液中のコレステロール濃度も低下させます。

 

バナナは食物繊維を豊富に含んでいるため、どうしても朝食を摂れないというときは、
バナナを1本だけサッと食べるのが血管復活におすすめです。

 

また、緑茶には血液をサラサラにしたり高血圧の解消に役立つとされる『カテキン』『テアニン』の成分が含まれています。

緑茶は血管の老化を防ぎ、認知症を予防する効果も期待できるので、
毎朝起きたら一杯飲むのがいいでしょう。

 

他にも朝にできること

 

・朝起きたら緑茶とコーヒーを混ぜて飲む

・毎朝りんごを剥かずに皮ごと食べる

・起床直後にまず口をゆすぐ

・朝一トイレは座って前屈みで

 

それぞれの解説は本誌にて掲載されています。

 


 

 

本誌では、血管を修復する、昼・夜・週末の習慣も細かく解説されています。

 

LOVEを詠む LOVEを贈る
バレンタインキャンペーン♡2024

 

 

バレンタインキャンペーン期間中に新規でご注文をいただいたお客さまから
抽選で10名様に『Amazonギフト券(5,000円)』をプレゼント!

 

<キャンペーン期間>
2024年2月10日(土)~ 2024年2月29日(木)

 

キャンペーンの詳細は、上のキャンペーン画像をクリックしてご覧ください。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。