【最先端な『沖縄美ら海水族館』】地元の生物だけで賄えるのは世界でもここだけ

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

子どもの頃に初めて行った水族館の記憶はいまだにわすれられないもの。

そのくらい、水族館には特別感がありますよね。

 

普通に暮らしていたら見られない、海や川などに生きる生物たちをまじまじと近くで見れて
その生態の秘密はもちろん、さまざまな地球の一部を擬似体験することができます。

 

あの時と、今の水族館は何が違うのでしょうか?

もちろん時代の流れとともに進化しているはずですが、
BRUTUSでは、最先端の水族館『沖縄美ら海水族館』を特集しています。

 

先へ先へとサイエンスを追求していく
研究したい、知りたいのです

 

 

深海の発光サメとして知られるヒレタカフジクジラが人工子宮装置からちょうど生まれたばかり。

世界初だった人為出産はここでは数例目。

展示を目指して極めて困難な飼育に挑戦中です。

 

それ意外にも館内には『世界初』『新種発見』という言葉が並びます。

〈沖縄美ら海水族館〉は、化学で世界をリードする水族館です。

観光の拠点であり、おそらく日本で一番知名度のある水族館でしょう。

 

 

しかし海洋生物の調査研究の最先端でもあるのです。

 

研究所を併設し、水族館スタッフと兼任する研究員も多く、水族館と周辺エリアを所轄する、
水族館統括の佐藤圭一さんもその一人で、サメの研究者です。

 

「2002年に現在の施設に移行した際に7倍の大きさになりました。当時は世界最大のアクリル水槽を持つ水族館で、大型のジンベエザメの飼育など、規模が注目されていました。現在は水族館がどのような役割を果たすべきかという機能が問われています

 

動物園も水族館も国内では華やかさや写真映えが評価されることが多いですが、
展示だけではなく保全や研究施設としての機能が求められる時代が来ていると言います。

ここで展示されているのは沖縄の海とその神秘です。

 

 

浅瀬から珊瑚礁、ダイナミックな黒潮の海、そして深海と、目前に広がる美しい海の中を垣間見ることができます。

 

「沖縄は亜熱帯ですが、海の中は熱帯。多様性の中心は熱帯域にあるといわれています。

沖縄の海はサンゴが発達する複雑な地形で、両側にかなり深い海溝があります。透明度が高い反面、プランクトンが発生しにくく栄養素が貧しい海域では、種が多様化していく傾向にあるのです」

 

ほとんどの生き物は職員が自ら海に行き、観察調査して、
地元の漁業者の協力のもと採集したもので、水の流れや地形をも作り上げて、
実際の海の中と同じような環境で飼育展示しています。

 

この規模の水族館を地元の生物だけで賄えるのは世界でもここだけ。それだけ多様な環境が目の前にあります。人気や物珍しさという理由だけで沖縄以外の生物を飼育展示することはありません」

 


 

 

本誌では、沖縄美ら海水族館の特集をご覧いただけます。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。