《令和の賃上げバブル》いま働きたい給料2倍増の高収入求人とは?

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

日経平均が4万円台の大台を突破し、世間は色めきたっていますが賃上げは一部の大企業に限られ、いまだ道半ばです。

ただ、思いもよらない理由で、すでに好景気に沸いている業界もあります。

どんな仕事の給料が爆上げしているのでしょうか?

 

SPA!にて紹介されている、『いま働きたい給料2倍増の高収入求人』をピックアップします。

 

高級品・松葉ガニ漁師は年収1000万円超!

 

東京・豊洲の商業施設『千客万来』で、7000円の海鮮丼を注文する外国人観光客が引きも切らず、
“インバウン丼”の名とともに話題になりました。

今や『生食』は海外にもすっかり浸透した感がありますが、そんな生食ブームを受けて、
高級な魚介類を捕る漁師の賃金が急上昇しています。

 

「魚の加工工場で働いていた18歳のとき、母親にステージ3のがんが見つかった。でも、手取り18万円の月給では治療費を賄えない……。求人サイトを隅から隅まで探して、漁師として一番給料が高かったのが今の会社です」

 

こう話すのは松葉ガニの漁獲量日本一を誇る兵庫県浜坂漁港の水産会社・第一漁業で、
昨年5月からカニ漁師として働く関龍太さん(25歳)。

最高級とされる松葉ガニだけに、給料も高額です。

 

「年末年始に需要が高まるので、昨年11月の月給は250万円。12月は200万円でした。漁をする隠岐諸島周辺は、日本有数の好漁場なんです」

 

入社当時、もっとも低い月給は70万円余り。

ですが、さすがは“冬の味覚の王様”松葉ガニ。

近年は不漁ですが、価格は逆に高騰。

インバウンドの生食爆食いという追い風も吹き、関さんの月給は250万円に跳ね上がりました。

 

とはいえ、波の高い冬の日本海での仕事は苛酷です。

 

「寒い上に海水をかぶるし、しんどい。でも稼げます。漁場に着けば朝まで仕事だけど、一日置きなので休める時間もけっこう多い。つらいのはスマホの電波が入らないことくらいです」

 

海の男が体を張って稼いだお金は、母親の治療費を賄っても余りあります。

 

「実家に30万円の血統書付きのトイプードルを贈ったり、正月には東京に2泊3日で家族旅行もしました。移動はすべてタクシーで、旅費の総額は100万円ほど。途中、上京している地元の友人とクラブで遊び、一晩で30万円使った。焼肉に行くにしても食べ放題の安い店一択でしたが、今は但馬牛のシャトーブリアンばかり食べてます(笑)」

 

稼ぎっぷりと使いっぷりのよさに、令和バブルを感じます。

 


 

本誌では、他にも令和バブルの稼げる職業が紹介されています。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。