《キリンホールディングス×花王》ヘルシア譲渡の内幕、他流試合で磨き合う

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

日経ビジネス電子版の『経営者リレー対談』にて、
花王の長谷部佳宏社長が指名したのは、
キリンホールディングス(HD)の磯崎功典会長。

花王は2024年2月、唯一の飲料ブランド『ヘルシア』をキリンHDに譲渡することを決めました。

 

両社の研究員は以前から交流があり、長谷部氏は「遺伝子が合っている」と語ります。

 

自前主義にこだわらず、協力できるところは協力することが成功の近道との考えで一致。

またサッカー日本代表を引き合いに、「他流試合が人を強くする」と人材育成論を展開。

 

話題は事業ポートフォリオの見直し、海外でのM&A(合併・買収)の経験談に及びました。

 

自分の商品と会社に愛があるという印象

 

花王・長谷部佳宏社長:ある集まりで肌がつやつやして、元気な社長さんがると思ったら、磯崎さんでした。とてもエネルギッシュにかじ取りをしているのを見て、こういう社長になりたいと思ったのが最初です。

 

キリンHD・磯崎功典会長:長谷部さんは最初から研究者タイプだと思いました。

 

長谷部佳宏社長:そうかな。私、そんなに理屈っぽく見えますか(笑)。

 

磯崎功典会長:そうじゃなくて、非常に物静かな感じ。会社も研究開発(R&D)を盛んにしているので、そっちのタイプなんじゃないかと。

 

長谷部佳宏社長:磯崎さんはとにかく明るい。最初にお目にかかった会でも、必ず輪の中心にいて、何か講和とかされていましたよね。

 

磯崎功典会長:話は嫌いな方ではないので、語り部だと思います。あまり語ってしまうと、若い人に嫌われるかもしれませんが、コミュニケーションが不足し過ぎている。昔なら「この程度なら話をすれば分かるだろう」と思うことでも、分かった顔をして全然分かってない。

 

長谷部佳宏社長:社長自らがプラズマ乳酸菌による『免疫ケア』のサプリメントを薦める磯崎さんの姿に、自分の商品と会社に愛があるという印象を受けました。

 

磯崎功典会長:我々はビールと医療をやっていたので、サプリメントの世界に入るからには、トップ自らがきちんと信念を語っていかないと、下の人は付いてこないと思いました。

 


 

本誌では、お二人の対談の続きをお読みいただけます。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。