毎日が楽しくなった!新しい自分に出会えた!スープ作家・有賀薫の『快適デジタル生活』

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

ここ何十年で私たちもそれなりにデジタル機器を使いこなしてきました。

家にいながら誰かとつながれたり、買い物したり、エンタメに触れたり。

しかし、これで満足するのはまだ早いです!

 

こんな機能にあんなアプリと試せば暮らしはもっと便利になるんです。

 

必要なのはやってみようという前向きな気持ち、ただひとつ。

なにも難しくありません。

私たち、既に楽しく使っているのですから…!

 

今号のクロワッサンでは、積極的に挑戦している3名の方達のデジタル生活を紹介しています。

今回は『快適デジタル生活』からスープ作家・有賀薫さんをピックアップします。

 

インターネットでの縁のつながりの先に
スープ作家になった今の自分がありました

 

 

日々のスープ作りの様子をSNSにアップをし続けたことがきっかけで、スープ作家としてのキャリアを築いた有賀薫さん。

インターネットを積極的に使うようになったのは20年前で、SNSは15年前から。

今もX(旧Twitter)やインスタグラム、文章投稿サービスnoteにYouTubeなど、幅広く発信を続けています。

 

「インターネットで人生が変わりました。それまで知り合うことがなかった人と出会えたし、自分の趣味について語れる人が増えた。仕事になったのは結果論で、自分の世界を肯定してもらえて、人間関係が豊かになったのがうれしいです」

 

スープの写真は、スマホとコンパクトなミラーレス一眼カメラと使い分けながら撮影。

 

「iPhoneは少し前の機種でも写真がきれい。カメラは張り切って上位機種を買っても結局使いやすいものしか使わないので、手軽なものが一番です」

 

インスタグラムのストーリーズに投稿する写真は『LINEカメラ』を活用。

 

「複数の写真を1枚にまとめるのに便利です」

 

何でも、まず自分の手を動かしてやってみる

 

 

60代を迎える今も、新しいツールやサービスを試すのが楽しいのだといいます。

最近は動画に特化した小型カメラ『GoPro』を持ち歩き、旅の模様をYouTubeにアップ。

先日は福井の食を探求する旅へ出かけたそう。

 

仕事としても使いますが、趣味の遊び感覚で、気楽に試しています。構えずに居心地がよいところで、やりたいことをやるのが好き。今はネットで調べられないことはないし、まずは自分でやってみるのが大事。手を動かしてみたら意外と簡単で楽しめることがたくさんあるんです」

 

SNSの運用ポリシーは、「自分が楽しいと思うことを投稿する」。

「『疲れたー』みたいなネガティブなことはなるべく投稿しないようにしています。機嫌よくいると明るい人が集まってくるし、暗い投稿をしていると不機嫌ループにはまっちゃう」

 

同世代の女性にも、デジタルライフをもっと楽しんでほしいという有賀さん。

 

「みんな『どう思われるかな?間違ってないかな?』と考えすぎちゃうけれど、私も元ライターなのに誤字脱字だらけですよ(笑)。気楽にやってみるといいんです。私たちの世代こそ、楽しみをたくさん発見できますよ」

 


 

本誌では、有賀さんのデジタル&SNSの使い方以外にも
ジャーナリストの安藤優子さん、美容家の小林照子さんのデジタル生活も特集しています!

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。