《塩分1.2g以下のメインおかず》酸味をきかせて味にメリハリのある『ひらひら肉の酢豚』

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

厚生労働省が目標とする一日の塩分摂取量(食塩摂取量)の基準は、
成人男性で7.5g未満、女性で6.5未満。

しかし、実際の日本人の一日の塩分摂取量は約10gといわれています。

 

そこで、オレンジページでは1人分につき塩分量が1.2g以下のおかずを紹介。

「そうはいっても、おいしくないと続かない」と思っている人もご安心を。

おいしさはそのままに塩分だけ減らす工夫が満載なので、毎日ゆるく続けられます。

 

今回は『ひらひら肉の酢豚』レシピを紹介します!

 

ひらひら肉の酢豚

 

減塩の工夫としては、薄切り肉で表面積を増やすこと。

薄切り肉を使うと、肉の表面積が広くなるので、そのぶん味がよくからみます。

少ない塩分でも、満足度がアップ。

 

【材料】

豚もも薄切り肉、玉ねぎ、ピーマン、こしょう、酒、片栗粉、サラダ油

〈甘酢あん〉黒酢、水、しょうゆ、砂糖、片栗粉

 

分量の詳細はこちらからご覧いただけます。

 

【作り方】

 

(1)材料の下ごしらえをする

 

玉ねぎは幅1cmのくし形に切ってから、斜め半分に切る、
ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り、一口大の乱切りにします。

耐熱皿に玉ねぎとピーマンを広げ入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで3分加熱します。

 

(2)具を炒め、取り出す

 

豚肉は幅2~3cmに切り、こしょう、酒各少々をからめ、片栗粉を薄くまぶします。

フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、豚肉を入れてさっと炒めます。

肉の色が変わったら1を加えて炒め合わせ、取り出します。

 

(3)甘酢あんをからめる

 

2のフライパンに甘酢あんの材料を順に入れてよく混ぜます。

混ぜながら中火にかけ、とろみがついてきたら、2を戻し入れ、全体にからめて出来上がり。

 


 

本誌では他にも減塩のメインレシピが紹介されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。