大河ドラマ『光る君へ』一条天皇を演じる塩野瑛久「心を掴まれたのは“ひたむきさ”」

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

まひろや道長の人生に、そして歴史の大きなうねりの中で、重要なポジションを占めることになる役、一条天皇

大河ドラマ『光る君へ』にて、一条天皇を演じる塩野瑛久さんに、
オーディションで決まった時の思い、
そして現在演じるにあたっての心境をインタビューしています。

 

一条天皇に心を掴まれたのは『ひたむきさ』

 

 

塩野瑛久さんが演じるのは、第66代・一条天皇。

定子と彰子(見上愛)という2人の妃を持ち、道長の娘である彰子のもとには、
まひろが宮中女房として出仕。

物語のカギとなる重要な役柄です。

 

「オーディションで決まった初めての大河ドラマ。制作統括の内田ゆきさんとは、以前『佐知とマユ』(2015年)というドラマでご一緒したことがありますが、オーディションではその時よりも成長した姿を見てもらえたのかなと。

合格後、監督や脚本家の大石静さんに言われたのは、変に気張らず、そのままの自分を素直に出してほしいということ。個人的に顔立ちや雰囲気が、大石さんの描く平安時代の世界観にはまったのかもと思います」

 

配役が発表されると、SNSは「ピッタリ!」などと盛り上がり、Xでは『一条天皇』がトレンド入りするほど。

史実上、一条天皇とはどんな人物だったのでしょうか。

演じるにあたり塩野さんが調べた中でも心を掴まれたのは、そのひたむきさだったといいます。

 

誠実で聡明、そして龍笛の名手。あとは猫好きだということも、よく書いてありますよね。でも、一条天皇といえば、やっぱり定子と彰子との関係。一人の女性を愛し続けることがなかなか難しい時代に、一条天皇は一途な思いを遂げた。その人柄に、惚れました」

 

そんな一条天皇の人生が、ドラマの中で立体的に描かれています。

 

「一条天皇と定子が仲睦まじく接しているのは、わりと最初のほうだけ。すぐに怒涛の展開となります。

大石さんが描く一条天皇は、僕が調べた人物像おり、ある意味人間らしい。暴走したりもしますから。

それに脚本を読んで僕が感じたのは、とても情に厚いということ。ゆえに民を豊かにするとか、政治を良くするとか、相反する課題の間で苦悶する。好きな人への思いと政治の板挟みなど、ずっと苦しんでいる感じです(笑)

 

一条天皇は龍笛の名手でもあることから、塩野さんもクランクイン前から練習を重ねたそう。

 

「これはもう、本当に難しくて最初は大変でした。でも、一生懸命練習して、先生たちも『ここまでやってくれる人はなかなかいない』と言ってくださって。また、先生たちが褒めるのがうまくて、そのおかげで成長できたと思うんですけど。ドラマでは、僕が実際に吹いている音を、そのまま使っていただけることになりました」

 

大河ドラマでは、龍笛しかり、所作や特有の衣装など、現代劇にはない、演じること以外の要素もプラスされます。

 

時代劇は以前も出演したことがあるので、所作に関してはそこまで難しくないという印象です。それに僕は帝役。自分以上に偉い立場の人がいないので、悠々と座っていればいいという。

ただ、その姿勢は実はキツいんです。今の胡座とは座り方が違って、しばらく座っていると脚が大変。衣装は夏と冬の2パターンで夏のほうが軽いことは軽い。白と紺、みなさんはどちらがお好みかな?(笑)

 


 

本誌では、塩野さんのインタビューの続きをお読みいただけます。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。