【物流や災害時の救世主にも】上下が分離する電動マイクロ3輪車『Raptor』登場

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

シェアリング電動キックボード『LUUP』を中心に盛り上がるマイクロモビリティー市場に
“変わり種”の新星が現れました。

今回は日経トレンディに掲載されている『上下が分離する電動マイクロ3輪車』について紹介します。

 

用途に応じてカスタム可能な『物流危機』救世主

 

シェアリング電動キックボード『LUUP』を中心に盛り上がるマイクロモビリティー市場に
“変わり種”の新星が現れました。

スタートアップのロイズテックが手がけた1人乗りの電動3輪モビリティー『Raptor(ラプター)』です。

車体を傾けての走行が可能で小回りが利き、転倒リスクも抑えられているといいます。

2024年中に『高級バイク並みの価格帯』での発売を目指しています。

 

原付免許で運転でき、まずは都市部の行動などでの移動がメインの用途。

だがRaptorの大きな特徴はその先の拡張性です。

下部のベースユニットと上部のデザインユニットはレバーだけで手軽に分離・合体が可能。

目的や嗜好に応じて開発される予定のデザインユニットを付け替えれば、
さまざまなシチュエーションで使えるようになります。

 

開発を手掛けた千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター(fuRo)所長古田貴之氏はこう語ります。

「モビリティー開発で難しいのは『走る機能』の部分だが、Raptorではベースユニットに集約されている。これを共通プラットフォームとすることで、デザインユニットを開発するサードパーティの参入ハードルが下がる」

現時点でも既にいくつかの企画が進行中といいます。

 

都市部での移動だけでなく、物品輸送や災害活動などにも利用が可能です。

 

カメラやセンサーを備えた自動運転用のモジュールをデザインユニットに搭載し、
宅配ボックスも装備すれば無人配達が行えるようになります。

アイデアサンプルには、犬に似た四足歩行ロボットのデザインユニットもあります。

 

例えば、災害時などでは救助スタッフが入れるエリアまでRaptorで移動。

そこで自律式四足歩行ロボットのデザインユニットを分離させて、
走行不能な現場の探索へと向かわせるといった使い方も想定できます。

 

『Raptor』とは猛禽類のことですが、
古田氏は「かつて馬のように、乗り物でありパートナーでもある存在に」と話します。

マイクロモビリティーの新しい価値を生みそうです。

 


 

本誌ではRaptorについて、さらに詳しい解説が紹介されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。