西海岸がアツい!LAのスタジアムや、大谷翔平が好きなハンバーガーなど一挙紹介!

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

連日各所で報じられているとおり、西海岸がアツすぎる!

野球はもちろん、ロサンゼルス・ドジャースでの日本人選手の活躍が目覚ましいし、
バスケもサッカーも、ウエストサイドに注目が集まるばかりです。

 

今回Fineでは、とにかく今アツい西海岸を注目し、特集!

LA熱、大谷翔平が好きなハンバーガーなどピックアップします。

 

LA熱の発信源は今話題の球技場

 

 

ドジャースの大谷翔平選手や山本由伸選手を筆頭に今、西海岸で活躍する日本人がたくさん。

その影響でLA熱が高まっていますが、いくら行きたくても円安が続く昨今、そう簡単に行けません。

それならば、今のLAについて知ることから始めてみましょう!

 

縁のあるスタジアムで今も続く日本人の活躍

 

サーフィンが盛んなハンティントン・ビーチからスタジアムあがるダウンタウンまでは、クルマで約1時間のドライブ。

距離にして約64kmと、遠くもなく近くもない、そんな距離感です。

 

東京オリンピック・サーフィン種目の銀メダリストである五十嵐カノアさんの父・五十嵐勉さんによると

「刺激的な街へ向かって愛車を走らせると、途中で人種の多様性や街の様子、道路の雰囲気など、空気感がガラリと変わる」

といいます。

 

別世界に迷い込んだかのような感覚に襲われるそう。

ちなみにドライブするなら週末がオススメだそう。

 

「平日、LAの渋滞は世界的にも有名なほどひどいので……(笑)」

 

何かと話題のドジャース。

チームカラーのブルーは西海岸の青空をイメージしているといいます。

まさしくカリフォルニアの空はドジャースブルーそのもの。

そして、米国のにおいが漂うスタジアムは、野球というよりまさにベースボールそのものの雰囲気です。

 

29年前に日本人メジャーリーガーのパイオニア、野茂英雄さんがメジャーデビューを果たし、
歩み始めた球場で、今も日本人選手が大活躍している光景は見ているだけで誇りに思えます。

 

大谷翔平さんが大好きなハンバーガー店
『IN-N-OUT』

 

 

鮮度にこだわり続けて75年間も愛されてきた

 

カリフォルニアで人気を博すハンバーガーチェーンのイン・アンド・アウトですが、
ご多分に漏れず大谷選手がハマっているのも有名な話。

何が人々をひきつけるのでしょうか。

改めて人気の理由を東京・東上野にある『アメリカンダイナー アンドラ』オーナ塩田さんに聞いています。

 

素材の新鮮さは魅力で、冷凍食材は使用せず、ポテトに至ってはお店の中で皮をむき、店内でそのまま揚げています。

1948年の開店当初から変わらないメニューは、ハンバーガー、チーズバーガー、ダブル・ダブルの3種類。そこにフレンチフライと飲み物が付くというシンプルなスタイルだけど、少ないメニューでも鮮度にこだわって75年間も愛されてきたのはハンバーガーショップをやっている身としても見習いたい」

 

大谷選手が好きなハンバーガー、一度は食べてみたいですね!

 


 

本誌ではさらに西海岸の魅力をたっぷり紹介しています!

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。