《くつろげる部屋が好き!》建築家の父から継いだコンパクトな家

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

ほっとする、リラックスできる、落ち着く。

クウネル世代にとって部屋はくつろげることが大切です。

 

それは、家族の形態が変わりひとり暮らしをするようになっても、
実家を引き継ぎリフォームすることになっても、都心から自然豊かな地に暮らし替えをしても、
そしてパリのアパルトマンでも。

 

Ku:nelでは、自分のスタイルとさまざまなストーリーを持つ16組のくつろげる部屋を紹介しています。

その中から今回はエッセイスト・宮脇彩さんの部屋をお紹介します。

 

建築家の父から継いだコンパクトな家

 

 

メンテナンスを重ね、住みつないでいく

 

「ベランダも入れたら20脚はあるかな」

 

エッセイスト・宮脇彩さんの家にある椅子の数です。

マンションの一室、夫婦ふたり暮らしにしては多い印象。

リビングの中央にはイームズのラウンジチェアが横たわり、壁際にはウェグナーのザ・チェア、
そして窓際にはコルビュジエのカウボーイ・チェアが悠々と…。

 

亡くなった父は建築家の宮脇壇(まゆみ)さん。

優れたエッセイストとしても知られ、住宅建築家の憧れです。

そして20世紀名作椅子のコレクターでもありました。

 

都心の高台に建つ50年超えのヴィンテージマンション。

広い敷地内には、木々が重なり、住民が運営するハーブ園があったり、図書館があったり。

超都会にありながら親密度が高く、小さな村みたいな不思議な場所です。

 

 

「ここは父が亡くなるまで暮らしていた部屋でした。元はアトリエだったとこを、終の住処用に整えていたのです」

 

夫婦がしばらくパリに住んでいた間は空き家になっていましたが、
『やっぱり残しておかないと』と、住むことに。

当時の面影をそのままに……。

 

迫るように桜が咲く窓には大きな障子3枚、部屋の片側いっぱいには本棚が、
その下に渡った天板は夫婦のデスクとして活用しています。

そして、家の空間を埋めるように名作椅子を配置しました。

 

「とにかく椅子が一番置けるレイアウトを考えました。もはやパズル」

 

宮脇さんがインテリアで一番大切にするのは『収まり』。

父から受け継いだものとものの余白にぴったり収まるように、自分たちの暮らしの品をはめ込みました。

 

たとえば冷蔵庫。

作り付けの食器棚の間に、絶妙のサイズ感で収まっています。

色は壁の色と同じ黄色。

 

「20年近く作っているので、そろそろ限界かな?と思うのですが、ここに合うサイズと色のものを見つけるのが本当に難しくて」

 

熟考のうえサイズが合う冷蔵庫を、業者に頼んで黄色に塗り替えてもらうことを検討中。

 

「コストも手間もかかってしまうけれど、背に腹は代えられない」

 

安易に新しいものを買わず、あるものをメンテナンスして使い続けていく……
これが『受け継ぐ者』の使命でもあり、喜びであるのかもしれません。

 


 

本誌では全部で16ものおちつく部屋が紹介されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。