【対策必須!】犯罪者に狙われやすい家の特徴12

  • 更新日
  • 有効期限 2024.06.20

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。

 

恐ろしい強盗事件が世間を騒がせている今こそ、防犯を強化しましょう。

小さな心がけの積み重ねが、大切な家族を守ることにつながります。

 

今号のESSEにて特集されている『防犯マニュアル』から、
犯罪者に狙われやすい家の特徴12を紹介します。

 

犯罪者に狙われやすい家の特徴12

 

大切なのは犯罪者のターゲットにならないこと。

まずは『侵入しやすい家』をしり、寄せ付けない対策を施しましょう。

解説は防犯ジャーナリストの梅本正行さん。

 

(1)庭に面した掃き出し窓

 

人が出入りしても違和感がなく、犯罪者に都合がよいのが、庭に面した掃き出し窓。

 

「施錠を徹底し、ガラスが割れにくくなる防犯フィルムをはるなど、複数の対策を重ねて行いましょう」

 

(2)手入れをしていない庭

 

ものが出しっぱなしで、雑草が生え放題の庭は空き巣ホイホイ。

 

「『住人はルーズだから施錠も適当で、お金や貴重品を盗みやすいだろう』と犯罪さは考えます」

 

雑な印象はNGです。

 

(3)干しっぱなしの洗濯物

 

「『夜に洗濯物が干してある家を狙った』と供述した空き巣犯もいたように、洗濯物が干しっぱなしの家は、留守だと判断されます」

 

帰宅が遅い家は、室内干しにするか、乾燥機の導入を。

 

(4)むきだしのガレージ

 

クルマがなければ留守が丸わかり。

 

「クルマで外出するときはガレージの真ん中に自転車を停め、“自転車で帰宅した人がいるのかも”と思わせて」

 

高級車はカバーで隠して盗難を防ぎましょう。

 

(5)足場になるところ

 

ガレージの屋根が2階の窓やバルコニーに近接していると足場になり、簡単に侵入されてしまいます。

室外機や脚立にも要注意。

 

「2階は施錠が甘くなることを侵入者は知っています」

 

(6)かわいらしいカーテン

 

「カーテンから住人の性別や年齢を推測できます。生活パターンが把握されて、忍び込みの被害に遭う可能性もあります」

 

インテリアは外からどのように見えるのかも考えて選びましょう。

 

(7)窓辺のぬいぐるみ

 

「子どもを狙う卑劣な犯罪者も残念ながらいます。外から見て、明らかに子ども部屋だとわかるインテリアは避けましょう」

 

日頃から、子どもに自室の施錠を徹底させることも重要です。

 

(8)たまった郵便物

 

ポストからあふれた郵便物やチラシは留守とアピールしているようなもの。

ルーズで隙のある住人と判断される恐れも。

 

「ポストはまめに確認し、長期間の留守の際は不在届を」

 

(9)二重にしていないカギ

 

警視庁のデータによると、犯罪者の大半は侵入に5分かかると諦めるそう。

 

「カギを二重にすれば侵入犯のやる気を削げます。補助錠は防犯性能の高さを表すCPマークつきのものを選んで」

 

(10)家族全員の名前が書かれた表札

 

表札は空き巣にとって重要な情報源。

 

「家族構成がわかれば、生活パターンも推測できる。子どもや高齢者だけが在宅している時間を狙う犯罪者もいます」

 

表札は名字だけにしましょう。

 

(11)置き配を放置

 

「置き配の放置は“よろしかったらどうぞ”と窃盗犯に言っているようなもの。犯罪を助長しかねないので、留守にしがちな家は、宅配ボックスの設置を」

 

コンビニ受け取りも活用しましょう。

 

(12)2メートル超えの塀

 

高い塀は外からの視線を遮るため、犯罪者に都合のよい状況をつくってしまっています。

 

「防犯的にほどよい堀の高さは1.2~1.4メートル。外から敷地が見えるくらいの高さがおすすめです」

 


 

 

本誌では、狙われやすいマンションの部屋や、侵入を諦めさせる防犯アイテム、
家を守る防犯Q&Aなどまで紹介されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。