コース1万円の満足度『いい店は金銭の多寡ではなく、どれだけ満足できるか』

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

大人として成熟し、余裕もできた。

食に興味が出て、高級店と呼ばれるコース3万円以上の店にも慣れ、
予約困難店の敷居も跨げるようになったこの頃。

食べ慣れてくるとふと…
「いい店は金銭の多寡ではない、結局はどれだけ満足できるか」と思う。

 

そんな方に、おすすめしたい満足度の高いコース1万円のお店。

すでに知っている方も多いかもしれませんが、東京のディナーシーンに異変が起きています。

 

しっかりとした出自のシェフが、画一的な“高級”には拘らず、
けれども上質な料理を提供するお店が増えています。

 

東京カレンダーでは『コース1万円の満足度』を特集しています。

 

脱・激戦区?
手頃でいい店のドーナツ化現象

 

 

今回の東京カレンダーでは、1万円前後の超いいお店が増えていることをテーマに
副編集長・中野愛子さん、デスク・船山壮太さん、フードライター・小石原はるかさんが対談!

日々、星の数ほどレストランをサーチし、
年間計500軒以上のお店を取材している編集部が導き出したこの『異変』の傾向とは…?

 

中野:毎号いろいろなお店を紹介していますが、近年満足度が高い上にお料理が1万円前後、という嬉しいお店が増えてきているなあと思います。

 

小石原:確かに。コロナ禍を経て、出店エリアが必ずしも銀座や港区界隈など家賃の高い都心部でなくても良くなったことも理由のひとつかな、と。

 

中野:私的には、2022年の『渡辺料理店』の出現がパラダイムシフトだと思っているんですが、こちらも場所が門前仲町。『出自がしっかりしていて、場所こそ中心部からはちょっと離れていても満足度の高い店がいい』という価値観が一気に浸透したのかしら。

 

小石原:東京を代表するグランメゾン『レカン』で料理長を務めた渡邉幸司さんの味を、コースなら8500円でいただけるというのは画期的。瞬く間に予約困難店になってしまいました。

 

中野:東京カレンダーの予約サイト『グルカレ』で、人気だったのが『懐食みちば』です。道場六三郎さんが監修するコースが1万890円と聞くと、インパクトがありますものね。

 

船山:『渡辺料理店』同様、スターシェフのネームバリューはやはりすごい。

 

小石原:松戸のスーパーマーケットの奥、という隠れ家的な立地にも驚き。

 


 

本誌では対談の続きをお読みいただけます。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。