紫外線の強い日々は、目の保護をしっかりと《デイリーなサングラスの選び方》

  • 更新日
  • 有効期限 2024.06.21

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。

 

日差しや紫外線の強い夏。

おしゃれに日常使いしながらも、しっかり紫外線をカットできるサングラスがあったらいいですよね。

 

LDK the Beautyでは、バカンス以外でも十分使える、デイリーなサングラスの選び方を紹介しています。

 

デイリーなサングラスの選び方

 

目のダメージはサングラスで防御

 

 

肌と同じように目もUVカットを意識して

 

紫外線が目に入ると脳が強い日差しを認識し、メラニンが作られ肌の日焼けにつながります。

ドライアイや目の充血、目の老化といったリスクもあるため、日焼け防止や目の保護のためにサングラスは必須です。

 

UVカット率は高いもの
透過率は低いものを選んで

 

 

目の健康を守るのに欠かせないサングラス

 

UV透過率…紫外線がレンズと糖化してしまう割合

UVカット率…レンズが紫外線を跳ね返す割合

 

UV透過率は、レンズがUVをどれだけ通すかを表したものなので低い数値がベスト。

カット率+UV透過率が100%になることを念頭に置き、正しい選択を。

 

まぶしさ軽減を重視するなら
濃い色のレンズがおすすめ

 

 

レンズのカラーは目的に合わせて選択を

 

まぶしさを抑えるのは圧倒的に濃い色のレンズ。

ただ、視界が暗いと瞳孔が開いて紫外線を吸収しやすくなるので、
UVカット率が高いものを選んで。

色によって特徴が異なるので、求める効果に合わせた選択をしましょう。

 

サングラスのフレームはサイズが大きいものほど
UVカットに効果的!

 

 

紫外線から目を守るには
横からの紫外線にも注意

 

紫外線はレンズの正面だけでは防げないので、フレームは大きいほうが覆う面積が広くなりより効果的。

小さいフレームの場合はしっかりフィットしたものを選んで横のスキマが少ないものを購入しましょう。

 


 

本誌ではレンズのカラー、経年劣化などについても解説されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。