《夏に備える体づくり》暑さに体を慣らす『暑熱順化』で汗をかきやすくしておく

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

過去最高の暑さを記録した昨年に引き続き、今年もまもなくやってくる猛暑のシーズン。

もやは“災害レベル”ともいわれる暑さを前に準備すべきは、汗をしっかりかける体づくりです。

ゆらぎやすい自律神経のバランスにも対処しつつ、
元気に夏を乗り切るコツを身につけていきましょう。

 

今号のクロワッサンにて紹介されている『夏に備える体づくり』をピックアップします。

 

夏バテをきっかけに、不調がドミノ倒しに

 

熱中症予防指導員の泉澤里帆さんはこう話します。

「熱中症は高温多湿の環境に体が適応できず、体温が上昇して発生する症状の総称です。めまいやだるさ、筋肉の痛みなど症状の表れ方もさまざまなため“まさか自分が”と、発症に気づかないケースも

 

共通するのは、暑さへの準備ができないうちの活動によって発症するということ。

 

さらにせたがや内科・神経内科クリニック院長の久手堅先生はこう話します。

自律神経の乱れや基礎疾患などももともとの不調がベースにあると、コップから水が溢れ出るように不調が溢れやすくなります。夏バテから始まって胃腸のトラブル、不眠や倦怠感、そして熱中症へと至るのが最悪のパターンです」

 

この熱中症のツラさは、なって始めてわかるもの。

後遺症に悩む人も多い。

 

泉澤「とはいえ熱中症は、事前の対策で予防できます。気候は変わらずとも夏に耐えられる体づくりで暑さにうまく向き合えば、夏をもっと快適に、楽しく過ごせるようになりますよ」

 

本格的な夏が始まる前からできる、有効な猛暑対策

 

泉澤「熱中症を引き起こす要素は“環境”と“体”、“行動”によると考えられます。特に体は汗をかくことで体内の熱を逃がすため、気温だけでなく、湿度が高くて風が通らない、汗が出にくいジメジメした“環境”には要注意です。

夏前から暑さに体を慣らす“暑熱順化”で、汗をかきやすい体づくりを意識的に行うことが大きなポイントに」

 

また自律神経のバランスを整えるという観点からも“体”への対策には大きな意義があるといいます。

 

久手「リラックス時に働く副交感神経は運動後のほか、息を長くしっかり“吐く”ことに集中すると優位になります」

 

さらに“行動”からは「外出先の気温や湿度を事前に調べたり、備えとして塩分補給タブレットなどを災害セットのように持ち歩いたりするのも手。それでも“熱中症かな?”と思ったら、ためらわず救急車を呼ぶことも視野に入れておきましょう」

 


 

 

ツラい猛暑を乗り切る秘策として、ぜひ取り入れたいのが『暑熱順化』のためのトレーニング。

本誌では、『暑熱順化』についての解説や、始める時期、行う期間など詳しく解説しています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。