《フライパンブレッド》生地づくりはたったの5分!『基本のテーブルパン』レシピ

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

家にいながらお店みたいなできたてパンが食べられたら、こんな幸せなことはありません。

オーブンも型も必要なし!

ESSEでは、フライパンでできる世界一つくりやすいおうちパンをゆーママさんが教えています。

 

フライパンひとつで完結させる
うそみたいに簡単なレシピ

 

かつてベーカリーでパンづくりを基礎から学び、店長として務めていたこともあるというゆーママさん。

忙しい日々を過ごすなかで「もっと簡単に、もっとシンプルにパンを焼けないか」と
試行錯誤した末にたどり着いたのが、このフライパンで焼くパンだそう。

 

「時間や手間を極限まで減らし、フライパンひとつで完結させる、うそみたいに簡単なレシピにたどり着きました。私が考えたなかでいちばんシンプルな生地で本当においしい、最新パンレシピです」

 

生地をこねるのも、発酵させるのも焼くのもフライパンひとつ。

面倒な生地づくりもたった5分という簡単さです。

初心者でも失敗なしでつくれる魔法のパンなら、いつでもおうちできたての本格味を楽しめます。

 

基本のテーブルパン

 

 

 

【材料】

(A)強力粉、砂糖、塩、インスタントドライイースト

(B)ぬるま湯

(C)バター(食塩不使用・温めてやわらかくする)

打ち粉(強力粉)

 

分量の詳細はこちらからご覧いただけます。

 

【下準備】

 

・ぬるま湯は水を耐熱カップに入れてラップをかけずに電子レンジ(600W)で40秒加熱し、
人肌くらい(35度前後)に温めます。

 

・バターは耐熱容器に入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で40秒ほど加熱します。

バターはやわらかくなっていればOK。

 

【作り方】

(1)材料を入れて箸でひとまとめにする

 

フライパンにAを入れ、イーストを中央にのせてBをかけます。

イーストがBを吸ったら箸でざっくり混ぜ、Cを加えてひとまとまりになるまでさらにぐるぐる混ぜます。

 

(2)指先でこねる

 

指先を使って3分ほどこねる。

生地をつまんでフライパンの底に押しつけながらダマをつぶします。

 

(3)フタをして一次発酵

 

生地を丸くまとめ、フライパンにフタをして室温(25度くらい)で30分ほどおきます(一次発酵)。

 

(4)成形する

 

生地が1.8倍くらいに膨らんだら、打ち粉を薄くふり、フライパンの仲で生地をたたいてガスを抜きます。

直径15cmを目安に丸く平らになるように手で押しのばします。

 

(5)フタをして二次発酵

 

フライパンにフタをして室温(25度くらい)で30分ほどおきます(二次発酵)。

 

(6)フライパンで焼く

 

生地が1.8倍くらいに膨らんだら、フタをしたままごく弱火で7分ほど焼きます。

底面に焼き色がつき、フライ返しがスッと入るようになったらゆっくりと裏返します。

フタをしてごく弱火で7分ほど、底面に焼き色がつき、生地の中心のへこみがなくなるまで焼きます。

 

(7)完成!

 

焼きたては生地がやわらか。

つぶれやすいので手で触れるぐらいになってから食べましょう。

 


 

本誌ではレシピの詳細や、ものを増やしたくない人たちでも購入した『運命のアイテム』が掲載されています。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。