【アメリカンポップ】ストリートカルチャーとリンクする『アート』と『オモチャ』の世界

  • 更新日
  • 有効期限 2024.07.04

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。

 

ストリートカルチャーのポップアート、そしてトイ
今や現代のアートシーンにおいて重要な要素となり相互に影響し合っています。

それぞれが独自の表現独自として使われ、
新しいクリエイティブなアイデアやカルチャーの形成に寄付しているのです。

そこでLightningでは、日本から世界へトイカルチャーを発信している、
シークレットベース HIDDYさんにインタビューしています。

 

ストリートカルチャーとリンクする
アートとオモチャの世界

 

 

アメリカンポップアートとトイは、20世紀のアメリカの大衆文化において密接に関連しています。

 

そもそもアメリカンポップアートは、大衆文化の象徴や消費社会のメッセージを取り入れた芸術運動です。

一方のトイは子どもたちだけでなく、広く大衆に愛される遊び道具です。

 

例えば芸術家のアンディ・ウォーホル『キャンベルのスープ缶』などが有名ですが
実はブリキのロボットなどトイを題材にした作品も制作していたのが興味深いです。

 

そこで独自の視点でさまざまなアーティストやブランドとのコラボトイを共同制作し、
世界中で高い評価を集めるシークレットベースHIDDYさんに聞きます。

 

 

僕の中でポップアートと聞くとすぐにトイを想像しちゃいます。

90年代後輩~2000年初頭にかけてトイは遊ぶ物からポスターみたいに飾るようなオブジェになりましたね。花瓶のある家は少ないけどトイが飾ってある家は多いですもん、海外なんか特に(笑)。

プライベート空間に飾って俯瞰で愛でるようになったのが、僕の中でトイがアートに昇華した瞬間かと思っているんです。

それに今はSNSが発達して情報伝達が速いじゃないですか。だから今まで注目されてなかった物がSNSで世界中に伝播して、誰かが集め出し資産価値が新たに生まれることになったら、それもまたポップアートのように新時代の潮流になっていくのではないでしょうか?

 


 

本誌では、HIDDYさんのコレクションの他、
さまざまなポップアート・カルチャーを愛する方達のストーリーを昇華いしています。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。