【災害時に家族と連絡をとる】『災害伝言ダイヤル 171』の使い方

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

いつ起きるかわからない大地震や大災害。

起きたとき、家族みんなが一緒にいるとは限りません。

 

どうにか生き残ることができたけれど、家族たちは?

自分が生きていることを家族に伝えたい、家族の無事も知りたい。

携帯電話は持っていない状況だったり、繋がらない状態の場合でも、
家族に会いたい、声だけでも聞きたい。

そんなときどうすべきかを子供の科学では紹介しています。

 

災害時は3つの方法で家族と連絡をとる

 

 

大災害後、生き残ったあなたが一番に思うのは家族のことでしょう。

同じように、家族のみんなも、あなたの無事を確かめたいはずです。

 

電話で直接話せればよいですが、大災害後に電話回線が規制されつながりにくくなってしまいます。

そこで、これから紹介するさまざまな連絡方法を家族で話し合っておきましょう。

 

(1)メールやSNSの使い方を覚える

 

大災害が起きると、携帯電話の通話はつながりにくいです。

いつもより送受信に時間がかかりますが、
メールやSNSは通話より繋がりやすいので
使い方を家族で練習しておきましょう。

 

(2)『親戚中継法』という緊急連絡方法もある

 

災害時、被災地同士の通話がつながりにくくても、被災地から被災していない地域への通話は比較的つながりやすいです。

そこで、遠くの親戚や知り合いの人を『中継』にした安否確認の連絡方法が、『親戚中継法(三角連絡法)』です。

 

(3)『災害伝言ダイヤル 171』の使い方を必ず覚えておく

 

『災害伝言ダイヤル』は、地震など災害発生時に『携帯電話』、『家の固定電話』、『公衆電話』など、
どの電話でも利用できる安否確認の方法です。

被災地内の公衆電話からは、無料で利用できます。

 

体験利用提供日(毎月1日、15日、正月三が日、防災週間など)があるので、
家族で練習しておきましょう。

 

・自分の伝言を録音する方法

 

電話番号『171』を押す→『1』を押す→連絡したい人の電話番号を押し、伝言を録音します。

 

・家族からの伝言を聞く方法

 

電話番号『171』を押す→『2』を押す→連絡したい人の電話番号を押し、家族の伝言を聞きます。

家族のみんなで公衆電話の使い方も一度共有しておくといいですね。

 


 

本誌では、災害時の家族との連絡方法についてもっと詳しく掲載されています。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。