《1泊700ドル民泊運営》円安時代に負けない外貨で儲ける10の方法

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

止まらない円安を逆手に取り、「攻撃は最大の防御」と言わんばかりに、
日本にいながら外貨を稼ぐ猛者たちがいます!

今号のSPA!では、そんな円安時代に負けない外貨で儲ける10の方法を紹介しています。

 

今回はその中から『富士山の見える民泊なら一泊700ドル稼げる』をピックアップします。

 

富士山の見える民泊なら一泊700ドル稼げる

 

急回復するインバウンド需要のなか、「民泊」が外貨を稼ぐ強い手段なのは間違いない。

民泊コンサルタントの志村尚太氏は、外国人受け最強の富士山がある河口湖エリアで
民泊9軒中、5軒を外貨受け取りにしていると明かします。

 

「リスク分散のため自社法人で運営する物件は売上を円以外にも設定できるAir bnbを利用して、米ドルでもらってます。ハイシーズンになると一泊700ドルなので、5軒で3500ドルに。

大人数で泊まれるファミリー物件なので一人当たりの単価で考えるとリーズナブルです。ホテルが取り込めない団体需要が儲けの秘訣。すでに夏のハイシーズンの予約も入っていて、ほぼ満室稼働になる見込みです

 

ハイシーズンの月間売上は、一軒で約1万500ドル=約165万円相当を稼ぐ計算になる。

支持される理由は、細かな気配りにある。

 

「民泊物件に置く家電はなるべく操作がシンプルなものを選び、説明書の英語ページをラミネート加工してマニュアルを用意するなど、海外の人にとってフレンドリーな対応を心がけています。これが口コミの良さにも繋がります」

 

このザ・オモテナシの精神で、次は日本の温泉地で外貨を稼ぐ民泊も視野に入れていると明かす。

 

「今は外国人に人気の高い箱根エリアで民泊に適した空き家がないか調査をしています。物件数が少ないぶん、民泊施設をつくりやすい東京・大阪とは異なり、河口湖も箱根も単価を高水準で維持しやすいんです。

また、タイでも仲間と100万円ずつ共同出資した民泊を運営しており、年間24万円相当のバーツ収入があります。今後は世界中で民泊を運営して、さまざまな通貨で稼ぎたいですね」

 

世界中で回復する観光需要の波に乗り、国内外問わず、外貨で儲けるべし!

 


 

本誌では合計10の外貨で儲ける方法が紹介されています。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。