『いま行きたい、台湾』サクふわふわな食感&ミルク風味の素朴でやさしい甘さのドーナツ

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

都会から広大な自然、古き良き景観が残るノスタルジックな街まで、
語り尽くせないほどさまざまな顔を持つ、台湾。

 

近年、その魅力はさらにアップデートされていると話題に。

 

今号のananでは、台湾の外せない定番店から、最旬のスポットまで
食を中心に台湾の最新情報をたっぷり特集しています。

今回はその中から、台湾スイーツをピックアップします!

 

大好きな定番も期待の新定番も
台湾スイーツコレクション

 

 

台湾のスイーツといえば、豆花や旬のフルーツかき氷。

誰もが好きな心踊る定番ものはもちろん、これからメジャーになりそうなニューフェイスも紹介。

 

 

台湾ドーナツならではの、絶妙食感を楽しんで

 

脆皮鮮奶甜甜圈(ツェィピーシィェンナイティェンティェンチュェン チングゥァンディェン)

 

【写真上】

 

オープン後すぐに待ち列ができるドーナツ屋さん。

店名の『脆皮鮮奶』はクリスピーミルク、『甜甜圈』はドーナツという意味。

まずは1個25元のプレーンドーナツを食べてみるのがおすすめ。

 

魅力は揚げたてのサクッとした箇所もありつつ、ふわふわな食感と、ミルク風味の素朴でやさしい甘さ。

まとめて5~6個買っていく人も。

 

豆花を好きになるきっかけをくれるお店

 

豆花荘(ドウファヂュァン)

 

【写真右下】

 

近所で働くサラリーマンたちが休憩時間に訪れるほど、地元の人に親しまれている本場のお店。

一番人気のピーナッツ豆花(55元)は、自然な素材の甘みを堪能できるメニュー。

店員のソウさん曰く、自家製のくずきりがおすすめトッピング。

 

また、人気のごま餡入り白玉トッピングが6月から復活しているそうなので要チェック。

 

体験しておきたい、新世代豆花

 

永春豆花 SOYYOUNG(ヨンチュエンドウファ・ソイヤング)

 

【写真中央下】

 

カウンター1列のおしゃれな店内。

コエンザイムQ10ゼリーをトッピングした新感覚な一品(70元)は、
コラーゲンたっぷりで、お肌にも良い影響が期待できるとか。

 

豆花には雲林産のコシヒカリを混ぜており、柔らかめの食感。

創業130年の老舗茶葉ブランド『有記名茶』とコラボした、金木犀×烏龍茶シロップの香りにも癒されます。

 

良い豆花、良い作り方で届けたい

 

白水豆花 台北永康旗艦店(バイシュェイドウファ)

 

【写真左下】

 

「素材を大切にした豆花の提供を大切にしています」とオーナーのチェンさん。

「白水」という名前も純粋な水のイメージから。

豆花の原料の大豆も、砂糖も2種類を使用。

海洋深層水から生成したにがりで豆花を固め、宜蘭という北東地方の山の湧き水で洗っている。

水飴の甘さがアクセント。

黒蜜ピーナッツタピオカ豆花は1食85元。

 


 

本誌では他にも台湾の朝食、コーヒー、小籠包、鍋などさまざまな食を紹介しています!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。