不眠の原因は主に4つに分けることができる《脳から変える『睡眠改善メソッド』大全》

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

1日のコンディションを左右する睡眠。

起床しても体が重いと、気力もなくなります。

 

PRESIDENTでは、今まで『快眠』を諦めてきた方へ4名のプロフェッショナルがアドバイスしています。

 

「どうせ眠れない……」
諦めるのはまだ早い

 

なかなか寝付けない、眠っても夜中に目が覚めてしまう……

睡眠にまつわる不満を抱える人も多いでしょう。

何とかならないものかと考えて、さまざまな睡眠改善メソッドを試してみても、
満足できる効果が得られない…

そんな場合は、「眠れない原因」と「対処法」のミスマッチが起きている可能性があります。

 

なぜ眠れないのか。

RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長の川野泰周氏
「不眠の原因は主に4つに分けることができます」といいます。

 

その4つとはこちら。

 

 

  1. 生活リズムの乱れ
  2. ストレスや悩み事
  3. 体の異常
  4. 環境

 

生活リズムの乱れは、体内時計を狂わせます。

人は意識しなくても、昼間は体と心が活動的になり、夜間はリラックスして休息状態になります。

これは1日周期でリズムを刻む体内時計が備わっているからです。

しかし、夜遅くまで残業して、就寝時間が2、3時間になるような生活が続くと、
体内時計のリズムが狂ってしまい、本来であれば自然な眠りに導かれるはずの夜になっても、
眠れなくなってしまいます。

反対に日中に眠くなってしまい、大事な仕事でパフォーマンスが落ちてしまう。

 

「朝日を浴びると体内時計がリセットされることはよく知られていますが、早起きできなければ、2つの対処法があります」

 

ストレスは仕事や生活が思い通りにならないときに感じます。

「仕事や生活の環境を変えればいい」と言われることもありますが、それができれば苦労はしません。

 

「お釈迦様は四苦八苦と言っていますが、人が生きていくうえでは避けては通れない根源的な苦がたくさんあります」

 

臨済宗建長寺派林香寺の住職でもある川野氏は話します。

 

過度なストレスは、自律神経の乱れにつながります。

自律神経は交感神経と副交感神経が優位になります。

反対に休息モードになる夜間は、副交感神経が優位になり、眠気が起きやすくなります。

夜になっても交感神経が優位な状態が続くと眠れなくなります。

過度なストレスで眠れない場合には、自律神経の乱れを解消する対処法が必要になります。

 

「自律神経を整えるには、体に刺激を与える時間と休ませる時間をつくってメリハリをつけることが重要です。その方法として私はモメンタム(心の勢いづけ)の活性化を勧めています」

 

たとえば、午前中にアップテンポの音楽を聴きながら体を動かして体に刺激を与えられることでモメンタムが高まります。

朝はコーヒーを淹れてヒーリングミュージックを聴きながらゆったりと過ごすのもリラックスには良いでしょう。

しかし忙しいビジネスパーソンにとってはそれよりも活性化の方が求められるというわけです。

 

体の異常によって睡眠の質が悪くなるケースには、さまざまな病気が考えられます。

睡眠時無呼吸症候群もその代表例ですが、病気が原因であれば専門医に相談して治療を受ける必要があります。

 

ただ、更年期障害が不眠の原因になっていることもあります。

更年期障害は女性ホルモンや男性ホルモンの分泌が減ることで起こるさまざまな症状を指しますが、
自律神経の乱れにつながり寝つきが悪くなり、中途覚醒を引き起こしやすくなります。

更年期障害が不眠の原因であれば、ある程度は自分でも対処できます。

 

環境は、寝具の選び方や温度の工夫で調整ができます。

 


 

本誌ではさらに詳しい睡眠改善メソッドが掲載されています。

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。