真夏の悩みをふっとばせ!汗とニオイを解消させるためには?専門家が徹底比較&解説!

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。

 

暑くなると、ムワッとしたニオイが気になったり、油断して焼けた肌がヒリヒリして後悔!

なんてことも増えてきます。

 

LDK the Beautyでは、そんな真夏のお悩みを撃退する、専門家の知恵とベストアイテムを紹介しています。

今回はその中から汗とニオイについての特集をピックアップします。

 

夏の2大トラブル!
汗とニオイ

 

 

夏になると気になる“ニオイ問題”。

専門家とのテストで見つけた優秀アイテムで解決!

今年の夏はニオイに悩まずに楽しみましょう。

皮膚科専門医の小林智子先生スタイリストの森田文菜さんによる、
汗とニオイの一問一答を取り上げます。

 

Q. 汗って自分でコントロールできる?

 

A. 生理現象だから基本できない

 

汗は、緊張・食事・運動などで上がった体温を下げるための、体の機能のひとつ。

そのため、自分で量を調整するのは基本的にできません。

制汗剤の使用やタオルで拭くなどで対処しましょう。

 

Q. ニオイをなんとかしたい!特にワキと足!

 

A. 汗を拭くのが基本中の基本!

 

実は、汗をかいてすぐは無臭なんです。

拭かずにそのままにしていると、人の体に日常的に存在する常在菌や雑菌などを汗が分解することで、
不快なニオイが発生してしまいます。

(小林先生)

 

Q. 汗はタオルよりボディーシートで拭くほうがいい?

 

A. 殺菌成分があるぶん消臭効果に期待!

 

タオルで拭くだけでも十分有効ですが、ニオイを気にしている人ならボディシート!

殺菌成分がニオイの原因を抑えるため、より効果的です。

(小林先生)

 

Q. 汗ジミが怖くて服選びがムズすぎる!

 

A. 目立ちにくいのは白・黒、速乾性ならポリエステル

 

ワキや背中など、汗の多い部位の汗ジミってとても気になりますよね。

出先で恥ずかしい思いをしたくないなら、色と素材に注意して服選びをしましょう!

(森田さん)

 

Q. 汗っかきって治療で改善できる?

 

A. 皮膚科に相談を!

 

日常生活で困るほどの汗は改善する可能性が大です。

 

「汗の量は気になるけど、治すのは難しそう」と思っている方。

治療の選択肢は意外と多く、効果も期待できます。

日常的に困っているなら、受診するのがオススメです。

(小林先生)

 


 

 

本誌では、ワキ汗臭を強力ブロックできるアイテムやボディーシート、ドライシャンプーなど
それぞれを専門家とともに徹底比較し、評価を掲載!

また、日焼けに関する専門家からの解説も掲載されています。

 

初夏の健康応援キャンペーン

 

 

初夏の健康応援キャンペーン期間中に
新規でご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計10名様にプレゼント!

 

『giftee Wellness Box』 5,000円相当を10名様に…!

giftee Wellness Boxとは、
日々の健康を意識したラインナップの中から、好きな商品を自由に選べるギフト。

 

季節の変わりめ、梅雨、体調を崩しやすい時期ですが、
健康を意識して健康のために始める時期にすることで
夏に向けてのカラダづくりができたらいいですね!

Fujisan.co.jpには、健康を応援する雑誌もたくさんあります。

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。
記事の有効期限以降は本誌は非公開となります。ご了承ください。