日本初のグッズ専門雑誌モノマガ!送料無料で毎号確実にお届けします!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
モノマガジン(mono magazine)のレビューを投稿する

モノマガジン(mono magazine)の内容

創刊30年の金字塔!モノ情報誌の先駆者!新製品情報と時代を読む特集マガジン
モノ・マガジンファンの皆様に支えられ、ちょうどCDプレーヤーが発売された1982年にスタートしたモノ・マガジン。流行や生活を端的に表す新製品情報を中心に、100円の消しゴムから数千万円のクルマまで、モノの機能、デザイン、操作性、歴史、伝統、哲学、作る人、使いこなす人・・・・・モノをとりまくあらゆるフィールドを紹介してきました!人とモノが触れ合う限りモノ・マガジンのスタイルは永遠に変わりません。変わらぬご愛顧をよろしくお願い致します。今回、便利でお得な年間購読をご案内します!是非ご利用下さい!

次代のライフスタイルを提案するモノ情報を満載した「人とモノ」を結ぶ
コミュニケーション・メディア・マガジン。

常に斬新な視点でアップ・ツー・デートな新製品の傾向から時代のトレンドをご紹介。
毎号ごとに商品ジャンル別、ライフスタイル別の徹底的な特集企画を皆様にお届けいたします!

「モノマガジン(mono magazine)」の詳細

「モノマガジン(mono magazine)」の詳細

「モノマガジン(mono magazine)」の詳細

モノマガジン(mono magazine)の商品情報

商品名
モノマガジン(mono magazine)
出版社
ワールドフォトプレス
発行間隔
月2回刊
発売日
毎月2,16日
サイズ
A4
参考価格
649円

モノマガジン(mono magazine)の無料サンプル

No.624 (2010年03月16日発売)
No.624 (2010年03月16日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

モノマガジン(mono magazine) 2024年7/2号 (発売日2024年06月14日) の目次

【総力特集】 全世界に届け! 愛と夢とロマンのツブラヤワールド ウルトラマンとULTRAMAN

大好評の「モノ・マガジン」ウルトラマン特集第4弾! 円谷プロ・Netflix共同製作のCGアニメーション長編映画『Ultraman: Rising』が6月14日から世界独占配信スタート。テレビではニュージェネレーションシリーズの新作『ウルトラマンアーク』が7月に放送開始など、初心者も往年のファンも大満足のウルトラマン情報がてんこ盛り!

【特集】3年連続上昇基調!? ワクワクボーナス 買いモノ情報

2024年夏のボーナス、ひとりあたりの平均支給額は40万8770円と予想されている。前年比2.9%の伸び、3 年連続増加が見込まれているとか。ならば家庭の備品や我慢していた趣味モノを、今年はゲットできるんじゃない? そこで今回、モノ・マガジンがオススメする新製品や旬のギア、オモシログッズ情報を羅列する!

【連載企画】兵士が行くところならPXも行く。ポスト エクスチェンジ物語 第35回

第2次世界大戦が終戦すると、アメリカ軍は本国に帰国する。だが、冷戦の勃発とともに再度、彼らはイギリスに戻ってきた。1940年代から50年代にかけての米軍の存在は、イギリス軍や兵站に影響をあたえた。そんな部分を今回は追いかける。

【特別企画】最新宇宙人界隈ニュース UFOからUAPへ 宇宙人はそこにいる!

フライング・ソーサーや空飛ぶ円盤として、空に現れた奇妙な物体。未知の世界があるなら、絶対に知りたい。地球外生命体は恐怖だけど、正体をつかみたい。そんなUFO未確認飛行物体をめぐる界隈が、今、ざわついている。UFO 枠に収まらないそれらは、現在はUAPと呼ばれている。未確認な現象が出現するのは、エアリアル(空中)だけに限らない。そこでUAPとは、未確認なアノマラス(異常)現象として追跡されているのだ。

OTHER CONTENTS

●mono編集部のモノ差し
●う~ん、うなるもの
●Sinnデポ
●柳町正蔵のミステリーキャスケット
●monoの大捜査線
●[新連載]カトウが行く! ものモノ散歩
●新製品情報
●みんなの時計
●モノ進化論
●モノ・ショップ新聞
●クロラボ
●金属恵比寿 高木大地の「狂気の楽器塾」
●みうらじゅんの「今月のグッとくる宝物BEST2」
●モノ・ショップ ジャーナル

モノマガジン(mono magazine)の目次配信サービス

モノマガジン(mono magazine)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

モノマガジン(mono magazine)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.39
  • 全てのレビュー: 127件
楽しみ
★★★★★2023年12月22日 Y 自営業
毎回楽しみにしています とても読み応えがあり 見終わったあと 楽しかった‼︎ といつも思います
マニアの心をつかんでいる
★★★★★2023年03月14日 KI-O 会社員
モノマガジンは、学生のころから読んでいる本です。特にマニアの心をくすぐります。毎回の購読は、無いのですが趣味が一致したら即買いです。
ジジイの息抜き
★★★★★2023年03月02日 モンモン 会社員
月2回の小さな幸せ。仕事帰りに購入し、家で1杯呑みながら、没頭、妄想の世界に引き込ませてくれます。
良かった
★★★★★2022年11月19日 ゆうけいはる 会社員
住宅展示場にあった雑誌のバックナンバーが欲しくて利用しました。綺麗な本が送られて来て大満足です。
ジムニーの知らなかった真実を知りました。
★★★★★2022年05月10日 ぬ~ぼ~弐号 会社員
最近ジムニーの事が少し気になり、2017,8-16/9-2 モノ・マガジン合併号をバックナンバーにて購入しました。 そして、その内容に驚きました。 てっきり、スズキが設計・製造したスズキのオリジナルのモノだと思っていたモノが、ホープ自動車から製造権を鈴木おさむ氏が主導でスズキが買って製造・販売していたモノとは・・・。 昨今のジムニー人気で、購入し乗っている人は、まさかホープ自動車が設計したモノとは知らないで乗っていると思います。 私も、このモノ・マガジンを手にしていなければ、ジムニーはスズキのオリジナルだと思っていたと思います。 流石、モノ・マガジンと思いました。 これからも、他ではあまり触れない所まで、モノを追及した内容をお願いします。
新たな発見
★★★★★2022年03月12日 ふう 経営者
いつも思うのですが、男心をくすぐる雑誌です。何気なく見ていると気がつけばネット検索して購入したりしております。 毎号楽しみにしています。
レイアウト最高
★★★★★2021年12月21日 ネモヒロ 会社員
思い切ったレイアウトでバイクに興味がなくても魅せられる!もう一同読みたいと思った一冊
情報満載です
★★★★★2021年12月01日 力三郎 その他
知りたい情報満載、楽しく読めます。オススメです。
興味のあることから無いことまで
★★★★☆2021年11月05日 ハル 役員
毎回、違う題目で様々な知識を得る事が出来ます。 興味の無いものはサラッと流してしまいがちですが大人になって知らない事を知るチャンスに出会えます。 この先もずっと続いて欲しいです。
生活に関わる雑誌
★★★★★2021年09月02日 iz 会社員
豊富な生活に関わる情報を掲載しており、常に世の中の動きに合わせた内容に関心を持っている人にお勧めです。
レビューをさらに表示

モノマガジン(mono magazine)をFujisanスタッフが紹介します

モノマガジン(mono magazine)は創刊30年。毎号男心をくすぐる最新グッズを紹介する大人男性向けの雑誌です。車や時計など定番のモノからミリタリーやデイパック、オーディオ関係、文房具などマニアックなモノまで幅広く紹介してくれます。また、毎号の特集に沿って深い情報を提供するので、自分の趣味に合わせてピンポイントで購読する方もいれば、見識を広めるために毎号購読されている方もいます。さらには、子供と一緒にモノマガジン(mono magazine)を楽しんでいる方もいます。

基本的にはモノの最新情報を扱っていますが、時々、昔懐かしのモノを取り上げることもあります。昭和グッズからレトロなアメリカンスタイルまで、かつてハマっていた方も今も大好きな方も楽しめます。モノマガジン(mono magazine)は毎号特集が違いますが、全てに共通するのは趣味を楽しむ男性に向けた内容になっているということです。

もちろん現在の趣味としても十分活用できますし、これから趣味を開拓したいと考えている方にもオススメです。インターネットではなかなか得られない魅力や醍醐味も合わせて紹介してくれます。また、ひっそりとある美味しいモノのプチ特集もモノマガジン(mono magazine)の面白いところです。
モノマガジン(mono magazine)は一つの特集を深く紹介する号もあれば、3つ程ジャンルの全く違う特集をする号もあります。今まで触れたことのないジャンルに触れることができるので、趣味が自然と開拓されるという魅力もあります。仕事だけでなく趣味も充実したいという現代の大人男性のニーズにピッタリと当てはまる雑誌です。

モノマガジン(mono magazine)の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.