nice things./ナイスシングス. 紙+デジタルなら40冊以上のバックナンバーがデジタル版で読み放題!
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:nice things./ナイスシングス.
  • 出版社:ミディアム
  • 発行間隔:月刊
  • サイズ:B4
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:nice things./ナイスシングス.
  • 出版社:ミディアム
  • 発行間隔:月刊
  • サイズ:B4
  • 雑誌

nice things./ナイスシングス.

  • 雑誌

nice things./ナイスシングス.

この商品は現在休刊となっております。

+   nice things./ナイスシングス.取扱い開始コール♪

nice things./ナイスシングス. 雑誌の内容

一軒のカフェが人々を引き寄せて交流拠点になったり、一軒の本屋が地域の発信につながったり、一軒のパン屋が、地産地消など地域との関わりから生まれたおいしいものに人々を夢中にさせたり、もの作りの人(木工、金工、陶芸など)が地域の文化を築いて次世代につなげたり。日々の営みの中に地域の魅力が育まれ、そこに住む人々の営みから地域の魅力が発信されていきます。nice things.はこうした地域の人々を取材し、情報だけでは記憶されない、“もの”と“人”との関係性や、その背景にあるものがたりを伝えることで誰かの生き方が気づきになるような媒体でありたいと考えています 。

nice things./ナイスシングス. 2019年9月号(2019-07-23発売) の特集を少しご紹介

A PLACE TO LIVE
島をまるごと旬のイタリアン。
P.14~P.87
長閑な田んぼの風景の中に佇む一軒のレストラン。煙突からは煙が立ち上っている。おいしそうな匂いとともに運ばれてきたのはピザの定番、マルゲリータ。1年中メニューにあるものという認識だったが、ここではちょっと違う。「バジルが今の時季しか採れないので、冬場はありません。もちろん取り寄せればあるんですが、なるべくその時に手に入るもので作りたいんです」。福江島で〈島食G i n o 〉を営むオーナーシェフの柳野達治さんは、長崎市内の料理店で修業を積んだ後、故郷であるこの地へとUターン。独立後、準備期間を経て昨年3月に開業した。店舗や空間のデザインは、フロアを切り盛りしている奥様の栄里さんによるもの。  五島は食材の宝庫。新鮮な魚介類に野菜や米、肉も牛や豚に加えてジビエなど、あらゆる素材が手に入るのも料理人にとってはうれしい。
毎日をおいしく、芳しく
サラヤと送る、シンプルな暮らし。
P.88~P.89
〈うぐいすと穀雨〉というパン屋を営む鈴木菜々さん。住む場所で大切にしている条件は、大きなベランダがあること。一緒に暮らす植物がたくさんいるからだ。のびのび育つ鉢植えたち。そのほかにもハーブにアロマと、植物は常に身近な存在だ。  「最初は洋菓子に興味があったんです。そこからより日常に必要な、身近な食べ物を作りたいと思うようになってパン屋を選んだんです」。今のアロマやハーブへの関心も、すべてつながっているという。「例えば疲労感や気分の落ち込みを改善してくれる。一方、パンは空腹を満たしてくれる。マイナスの状態をプラスにしてくれるという点で、私のなかでは共通しているんです」。  友人を訪ねて渡仏した際に環境保護の意識の違いを痛感し、帰国後は以前に増してエコバッグの持参や環境に優しい洗剤の使用を徹底するように。
いただきます ごちそうさま
あたたかな思いをのせて
P.90~P.93
神奈川県大磯町の〈日日食堂〉では、1年を春夏秋冬に分け、さらにそれぞれを6つに分けた「二十四節気」に合わせたお昼ごはんを提供する。「小満」に当たるこの日のメニューは、ほうじ茶あんを絡めた自家製飛竜頭、おかひじきとトウモロコシのおひたし、レモン風味のポテトコロッケ、茄子の自家製味噌炒め、空豆のすり流しの茶碗蒸し、お出汁のスープ。どれも料理長の佐々木千恵子さんをはじめ、スタッフが丁寧に時間をかけて仕込んだもの。暦が移り変わるタイミングで市場に並ぶ野菜も替わることが多く、自然と旬の食材を使ったメニューになるという。「おいしさはもちろん、食べた人が元気になれる料理を提供できたら」(佐々木さん)。  出汁をベースにした和食の家庭料理を中心にしたのは、3世代が暮らす人が多い大磯でみんながおいしく食べられるようにとの思いから。

nice things./ナイスシングス. 2019年8月号(2019-06-22発売) の特集を少しご紹介

部屋の照明
P.14~P.83
木を削っていると、思いがけない表情に出くわすことがある。虫食い穴や割れが突如現れたとしても、それらを個性としてなるべくそのまま生かす。仕入れ先である材木店の人から「ボロボロのやつがあるんだけど、使う? 」といわれることがある。すると齋藤さんは迷わず一言。「はい、喜んで! 」。工房代わりに使っているのは実家車庫の一部。車の出し入れに合わせて大きな板を動かすのも一仕事だ。「毎朝の準備運動みたいな感じ。それでようやく作業に入れるんです」。  大学では建築を学び、卒業後は幾つかの職を転々としていた。「初めの営業の仕事はどうも合わなくて、すぐに辞めちゃいました。それから当時、趣味程度にDJをしていたのと完全に若さゆえの勢いで、レコード屋を始めたんです」。自身の店は2年ほど営んだものの、現実は厳しかった。
そばにいても、遠くにいても
サラヤと送る、シンプルな暮らし。
P.84~P.85
高木陶子さんと将吾さんが〈一粒舎(ひとつぶしゃ)〉の屋号で活動を始めたのは、2011年。それぞれ靴を制作するための訓練校で学び、靴に関連する職に就いていたふたり。結婚後仕事を辞めた陶子さん、年々労働時間が増えていったという将吾さん。一時は体にも異常が。家族のためにも、暮らしを変えよう。そう決意し、この年を境に少しずつ自分たちの新たな暮らしを育んでいった。  現在は2カ月に一度ほどのペースで受注会を行い、靴や鞄の制作を行う。ここに至るまで、さまざまな人の縁があったという。偶然の連続のなかで変わらず大切にしてきたのは、命と向き合うこと。 普段扱うのはすでにタンナーによってなめされた革だが、それが皮として命を宿していた時に思いを馳せ、素材と向き合ってきた。
カフェ。時間と空間と音色
磁器のふもとで。
P.88~P.91
泉山という場所がある。今からおよそ400年ほど前、この場所で陶石採掘が始まったことを機に、佐賀県・有田町では焼き物作りが盛んになったといわれる。泉山はいわば磁器発祥の聖地。 〈Fount ain Mount ain〉はその聖地の名前がついたカフェだ。上有田駅から歩くことおよそ2分、焼き物屋が軒を連ねる通りに向かうその途中、中心街からやや離れた場所にお店はある。  お昼どき、Fountain Mountainにはランチを求めて人々がやってくる。取材時は4月。山のふもとにやや寒さを感じる天気でも、ひとつのプレートに収まる料理は春らしく鮮やかに彩られる。ハーブやスパイスを活かした一皿を作るのは、カフェの料理番を務める香月貴幸さんと奥様の有美さん。フレンチの経験が長いという貴幸さんは、その手法を活かしながら、香りはもちろんのこと食材の味の対比も考えて料理を組み立てていく。

nice things./ナイスシングス. 2019年7月号(2019-05-23発売) の特集を少しご紹介

扉を開けたいお店
select g allery & b ar “ baku”
P.16~P.19
東京・北千住。賑やかな駅前通りとは反対側の、生活の香りがする商店街から1本奥へ。大きな窓から店内を覗いてみると、日用品や衣類、食品、写真、奥のバーカウンターには見慣れないお酒がずらり。ここにある商品に共通するのは「日本のいいもの」であること。  「ものと人が出合って、人と人がつながる」がコンセプトの〈select galler y & bar“ baku”〉は同じ大学で写真を学んでいた倉方真帆さん、田代匠さんが二人で営むセレクトショップ。バイヤーの田代さんが、10年以上かけてひとつひとつ集めた商品が並ぶ店内で、そこに込められた作り手の思いやストーリーを、代表の倉方さんが丁寧に教えてくれる。  「私たちはこの場にいるだけ。あくまで裏方として、作り手さんから預かったメッセージをお伝えするつもりでこの場所を作りました。ものづくりの情熱や大変さとか、きれいな部分だけじゃない、お客様の手に渡るまでのストーリーを伝えていけたら」( 田代さん)。
食卓の風景
ゆっくりと時間をかけて家族で楽しむ休日の食卓
P.80~P.83
 私たちはみんな、食べることで生きている。生まれてから今日までずっと、数えきれないほど食卓につき、数えきれないほど食事をしてきた。おいしいねと笑顔で語り合う日も、悲しみ悩んで何も喉を通らない日もある。でもどんな時だって、ごはんを食べて明日を迎えてきたのだ。  群馬県桐生市で暮らす岩野家も同じ。家族5人は日ごと違う食卓の風景をそれぞれに見つめながら、ともに食卓を囲んできた。父・開人さんと母・久美子さんは「リップル洋品店」という洋服屋を、17歳の長男・響さんは通販専門の「ホライズンラボ」というコーヒー豆の焙煎所を営んでいる。次男・水葵さんと三男・葉月さんはこの秋からイギリスへの留学が決まり、目下その準備に追われる日々だ。  今回お邪魔したのは、山の中腹に立つ店舗・アトリエ兼自宅のダイニングルーム。日差しがたっぷりと差し込む大きな窓からは桐生市の街並みが一望でき、抜群に気持ちがいい。開人さんが染めたという鮮やかなブルーのクロスがかかった長テーブルには、すでにとりどりの料理が並んでいた。
ものづくり、ものがたり。
松野屋
P.87~P.93
 昭和20年。戦後の始まりとともに、東京日本橋に松野屋は創業した。鞄問屋として扱っていたのは築地で使われる集金鞄や、銀行員の鞄など。丈夫で長持ちするプロユースの良さにふれながら、昭和28年生まれの松野弘さんは育った。松野さんが祖父そして父の跡を継ぎ、松野屋の三代目となったのは昭和の末。当時は〈文化屋雑貨店〉をきっかけに雑貨業界ができてきた頃。鞄のほかに人気のファッション雑貨も扱いながら、馴染みのあったプロユースのものに惹かれる思いがあった。  最初に扱ったのは農具の竹かご。岩手県の農家が、農業のかたわら作り続けていたものだった。続いて、小さな町工場で作られていたバケツやちりとりも見つけた。松野さんが「面白がって集めていた」というそれらは、民芸品とも異なる〝荒物〟と呼ばれるものたち。軽くて便利で、なおかつ安価といわれるプラスチック製品が流通し始めた昭和30年代から長く見放されてきた存在だった。

nice things./ナイスシングス.のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.42
全てのレビュー:69件

レビュー投稿で500円割引!
扉を開けたいお店
★★★★★2020年03月08日 ゆき パート
情報があふれる時代でも、こうして手にして読んでみたいと思える雑誌。 旅に出たくなります。
新しい扉
★★★★★2020年03月05日 リュンヌ 自営業
たくさんの情報の溢れるなか、nice thingsを開くと新しい切り取り方のある風景を見せてもらう事ができる。毎日の暮らしを生きることに前向きな気持ちになります。
背筋の伸びる雑誌
★★★★☆2020年01月31日 momomo その他
様々な場所で活動する素敵な作家さんやお店を知ることができる雑誌です。文章も写真も、とても丁寧に人やものに向き合っていて、読んでいて思わず背筋が伸びます。
こんな暮らしがしてみたくなります
★★★★★2019年12月30日 アニーローリー 会社員
静かに流れる時のなかでの暮らしや生き方を提案してくれる素敵な雑誌です。紹介されているお店に行った見たり、個性的な人々に会いに行きたくもなります。自分もそんな暮らしができたらいいと思いながら読んでいます。
丁寧な取材
★★★★★2019年12月29日 ハティー パート
特集で取り上げられている方々へのシンパシーが感じられるきめ細やかな取材による記事に好感が持てます。
心が豊かに
★★★★☆2019年11月13日 ムック 主婦
インテリアや小物など参考になります。初めて読んだ時からセンスの良い雑誌だなぁと思って大好きな雑誌です。読んでる時間は心が豊かになり自然とストレス発散になっています!
楽しみにしている
★★★☆☆2019年11月03日 mimi 自営業
まいつきたのしみにしているおきゃくさまがいます
地元愛がいっぱいです
★★★★★2019年10月09日 まちあるき 会社員
地元ローカル情報が満載で、行ってみたいところがたくさんありました。
記事が多く丁寧
★★★★★2019年09月26日 とんとん 公務員
内容が濃く読み応えがあります。想定も綺麗です。
何度も読みたくなる雑誌
★★★★★2019年07月27日 さくらんぼ 自営業
バックナンバーも捨てずにとってあります。ふとした時に読み返したり、飽きのこない年月が経っても古さを感じない雑誌だと思います。
レビューをさらに表示

nice things./ナイスシングス.をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

nice things./ナイスシングス.は、自分らしい素敵なライフスタイルを提案している月刊誌です。ファッションを始め、食や日用品などの雑貨、暮らしなどを独自の視点で紹介、自分らしさを大切にする女性のために作られた雑誌です。素敵なものに囲まれる生活をテーマに掲げられたnice things./ナイスシングス.は、シンプルながらも個性を大切にする生活や、生み出されるものに焦点を当て、一つ一つの記事を丁寧に描き、現場の温かさや心地よさを読者に届けています。

誌的な見出しに、対象者やものに寄り添った文章は柔らかく、表紙も写真もおしゃれでセンスが良く、見ているとゆったりとした気分になれます。また、それぞれの記事は自分らしさとは、という問い・投げかけのようで、じっくりと読み込むことで答えが導き出されるようです。さらに、紹介されているのは、自然と共生する人達やこだわりのある上質なものばかりで、ページをめくる毎にナチュラルな雰囲気を味わうことができます。物静かなテイストの雑誌ですが、読みごたえもあり、また再び読み返したくなるような魅力のある一冊です。自分らしく生きることを楽しむ女性は勿論のこと、模索している女性をバックアップしてくれる存在とも言えるでしょう。

文芸・総合 雑誌の売上ランキング

1 サンキュ!

ベネッセコーポレーション

最大
17%
OFF
送料
無料

サンキュ!

2021年11月25日発売

目次: 別冊付録 玉本ゆりのベストおかず/とじこみ付録 片づく人の3COINS×貯めてる人のシャトレーゼ/疲れた日の15分おかず

定期購読(1年プラン)なら1冊:442円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

2 週刊文春

文藝春秋

最大
50%
OFF
送料
無料
定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:220円

最もポピュラーな大衆紙の一つ、『週刊文春』

  • 2021/11/25
    発売号

  • 2021/11/18
    発売号

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/11/04
    発売号

  • 2021/10/28
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

3 月刊 Hanada

飛鳥新社.

最大
17%
OFF
送料
無料

月刊 Hanada

2021年11月26日発売

目次: 【総力大特集 133ページ さあ、日本再生へ!】
◎百田尚樹   大炎上覚悟の「衆愚政治論」
◎高市早苗(政調会長)×櫻井よしこ  私が総理なら台湾と合同訓練やります!
◎萩生田光一(経済産業大臣)  自由民主党は変わるべきだ
◎馬場伸幸(日本維新の会幹事長) 立憲民主党は絶対に潰さなアカン!
◎潮匡人   独裁者・志位和夫は賞味期限切れ
◎山口敬之  援軍か、倒閣の将軍か 岸田総理と三人の総理経験者【永田町インサイド】
◎市川雅由  秋田県人は菅義偉さんを胴上げしたい
◎坂井広志  立憲民主党新代表は、まず「解党宣言」を
◎堤尭×久保紘之 【蒟蒻問答】  辻本清美が落選して清々したよ
◎青山繁晴   総選挙は改憲の重い扉を開いたか【澄哲録片片】
◎山際澄夫   公明党と別れて憲法改正を!【左折禁止!】
◎門田隆将   岸田政権は「習近平国賓来日」に突き進むのか【現場をゆく】
◎有本香    中谷元さん、『新版 日本国紀』をお読み下さい【香論乙駁】
◎田村秀男   岸田政権は国力衰退に歯止めをかけよ【常識の経済学】

【総力特集  習近平の誤算】
◎楊逸 【独占!】芥川賞作家が中国の脅迫を告発!
◎遠藤誉  「恒大集団問題」の全真相 習近平が恐れる中間層4億人暴動
◎クライブ・ハミルトン(聞き手;奥山真司) 温室効果ガスCOP26は習近平の戦略武器
◎長谷川幸洋  台湾危機で米軍は中国に敗北【戦慄のシミュレーション】
◎石平  習近平皇帝と「14億人総奴隷」【知己知彼】
◎福島香織 張高麗にもてあそばれた女子テニスプレイヤー彭帥の反撃

【大反響!新・創価学会研究】
小川寛大  池田大作と中国共産党2 周恩来の創価学会工作

【韓国スクープ!】
上田勇実 慰安婦・“徴用工”までも!韓国を操る北朝鮮の「反日指令文」

【「Dappi」問題の真相】
岩瀬朗   「Dappi」問題の仕掛人・小西洋之こそ“人格破綻者”

【災害大国の防災論】
釜井俊孝 「災害リスク税」で国民の命を守れ!

【新型コロナとの闘い】
笹井恵里子  日本医師会は徳洲会病院を見習え

【特別寄稿】
大谷暢順 コロナ禍の時代、他力本願を生きる

【歌舞伎町の戦後史】
羽田翔 歌舞伎町、伝説の支配人 もうひとつの戦後史

【独占手記】
松島トモ子 100歳の母を看取って【老老介護の幸せ】

【爆笑問題の日本原論】
爆笑問題  太田光、大炎上に答える

【グラビア特集】
令和3年の笑顔

【大反響連載!】
佐藤優  猫はなんでも知っている  金正恩主義の誕生
室谷克実  隣国のかたち   美容整形する労災
重村智計  朝鮮半島通信   来年の韓国大統領選挙では政権交代が起きる!
深谷隆司  一言九鼎  「決められる男」岸田文雄総理
加藤綾菜  私のらくらく健康法 (取材・文/笹井恵里子)
笹井恵里子  暮らしの救急箱   歯を磨くと、「口臭」はなくなる?
白澤卓二  ボケない食事   コリン 
高田文夫  月刊Takada   三字熟語の世界
平川祐弘 一比較研究者の自伝  私の学生 

加地伸行 一定不易
九段靖之介 永田町コンフィデンシャル  習近平に足元を見透かされるバイデン
久保弾 「世界の常識を疑え」   プーチンとルカシェンコの「フレネミー」関係

河村真木  世界の雑誌から
堤堯の今月この一冊
西川清史の今月この一冊
谷口智彦の今月この一冊
向井透史  早稲田古本劇場

高野ひろし  イカの筋肉
秋山登の今月この一本+セレクション
小林詔司  コバヤシ鍼灸院
村西とおる  人生相談「人間だもの」
みうらじゅん  シンボルズ
なべおさみ  エンドロールはまだ早い

編集部から、編集長から

※休載
蛭゛芸子  電脳三面記事
D・アトキンソン ふたつの祖国で

参考価格: 950円 定期購読(1年プラン)なら1冊:792円

花田紀凱責任編集!読者の「知りたい」欲求に応える強力月刊誌

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

4 サンキュ!ミニ

ベネッセコーポレーション

最大
17%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:442円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

最大
20%
OFF
送料
無料

月刊WiLL(マンスリーウイル)

2021年11月26日発売

目次: ◎新春特別対談
■櫻井よしこ・葛西敬之…太平の眠りから覚めよ、日本!
■百田尚樹こ・有本香…危機の天皇が示す力

◎大丈夫? 岸田政権
■髙山正之・阿比留瑠比…不遜なり公明党! 高市早苗の防衛費GDP2%案潰し
■門田隆将・平井宏治…大丈夫かネ、岸田政権の対中シフト シェシェ茂木と親中・林で
■永山英樹…いま台湾で大人気「岸田呉服店」

◎維新の風
■足立康史…国会議員は国籍開示すべきだ
■丸山穂高…維新の勝利は「スポ根」と「やってる感」
■佐々木類(解説)…グラビア 快進撃のエンジン・吉村洋文

◎氷川政話
■氷川貴之…立民次期代表候補 小川淳也の“すがりつき"奇行

◎メディアの沈没
■岩田温…テレビを見るとバカで品性まで下劣に/保守の怒り―共産党と組んだ大阪自民
■渡邉哲也・須田慎一郎…太田光サン、TBSサン「ご愁傷デス」

◎小室夫妻 NYセレブ逃避行
■岩田温…まぎれもない皇統の汚点
■谷本真由美・飯山陽…小室夫妻が抱く“反日"の怨念
■竹内久美子…皇族の品格を守る対策を

◎旗印は自由と現実主義
■大澤昇平…日本初の保守SNS「SAKURA」

◎米の左傾化
■馬渕睦夫・渡辺惣樹…2022年 トランプは必ず甦(よみがえ)る
■古森義久・福井義高…巻き返す保守派と共和党

◎台湾有事
■杉山良行…そのとき日本は何をすべきか
■北村淳…アメリカの本気度にこれだけの疑問

◎外国人にも参政権を!
■大森貴弘…菅直人の弟子が推進する武蔵野市「住民投票条例」の危険

◎自民党員になってみた―
■橋本琴絵…制度はアナだらけ

◎有識者会議によばれて猛勉強
■曽根香奈子…マチガイだらけだった「私の皇室論」

◎このままでいいのか
■大高未貴…樺太アイヌ強制移住のウソ

◎『死者の告白』
■奥野修司…三十人に憑依(ひょうい)された女性の記録を書いて

◎集中連載11
■渡辺惣樹…ロマノフ王朝の崩壊と米国の参戦

◎グラビア
現代写真家シリーズ…渡辺豪「光と影―遊廓という場」
ニッポンの城特別編…外川淳「熊本城 蘇る! 」

◎エッセイ
■古田博司…《たたかうエピクロス》日本神道の危機はひとまず回避された―小室圭さんと眞子さまの結婚
■馬渕睦夫…《地球賢聞録》第二次世界大戦はなぜ起こったか―真珠湾攻撃から八十年を迎えて
■西岡力…《月報 朝鮮半島》韓国保守派が奮闘する「救国への道」br> ■中村彰彦…《歴史の足音》国敗れて会津武士道あり―承前―
■白川司…《Non-Fake News》バイデン政権支持率急落 元凶はカマラ・ハリス副大統領
■石平…石平が観た日本の風景と日本の美
ほか

参考価格: 950円 定期購読(3年プラン)なら1冊:760円

大人の常識。オトナが発信する、オトナが読める、オトナのための雑誌。

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

6 婦人画報

ハースト婦人画報社

最大
39%
OFF
送料
無料

婦人画報

2021年12月01日発売

目次: ●令和四年、「おせち」に集う
福を招き、災いを祓う「除災招福」の願いが込められている「おせち」。
日本ではこれまで、正月に家族が集い、お屠蘇やおせち、お雑煮をいただくことで一年の息災を祈り、
家族の絆が深まると考えられてきました。長引くコロナ禍で、家族や仲間と集える幸せを
あらためて感じた昨今だからこそ、令和四年の年迎えは、こうした絆をいま一度、嚙み締めてみませんか。
そんな尊い「集い」を楽しく、豊かにしてくれる、おせちのレシピや集いのアイディアをお届けします。


●息子へ。/野村萬斎さん、野村裕基さん
親子でありながら師弟。しかも、親はかつて狂言の修業を「プログラミング」とし、
修練の結果を「サイボーグ」にたとえて、道の厳しさを説いた。
大人の入り口に立った、息子にして弟子でもあるひとりの人間に親が語ること。
それは、次代を生きる若者へ贈るエールとなるに違いない。


●市川染五郎 16歳の肖像
『婦人画報』が初めて染五郎さんに出会ったのは2013年の秋のこと。
当時、染五郎だった幸四郎さんが踊る『春興鏡獅子』に胡蝶として出演することとなった、金太郎時代の彼に密着したのが始まりでした。
それから気がつけば8年。その間に彼は中学生になり、高校生になり、八代目市川染五郎になりました。
そして16歳。大人でもない、子どもでもない、いまの彼の肖像を追いかけてみたいと思います。


●いけばな小原流家元 小原宏貴さんに習う 新年の迎え花
新年が近づいてくると花屋さんに並ぶ、松や千両などのお正月の花。
2022年は日本ならではの精神性を宿した「いけばな」で新年を迎えてみませんか。
それぞれに意味が込められた縁起のよいお正月の花と向き合いいけることで、年迎えの心持ちもよりいっそう豊かになるはずです。
そこで、小原流家元の小原宏貴さんに作品を披露していただき、さらに初心者向けの“いけばなレシピ”とポイントを伺いました。


●丁寧な日々と、腕時計
繊細な針が指し示す数字で、本来目にすることができない「時間」を私たちに見せてくれる時計。
長い人生で幾度も向き合う“自分の時間”の相棒に、一分一秒の“時の動き”に美意識が貫かれた名品を。
文字盤で繰り広げられる景色の移り変わりを、手元で確認するたびに幸せな瞬間が訪れます。


●眞松庵×南禅寺 緒方 それは、数寄屋と懐石の「新しいかたち」。
2021年秋、京都・岡崎の地に伝統の数寄屋建築と現代の快適性が共存する宿「眞松庵」が誕生しました。
建物の一階には、日本料理の名店「緒方」初の支店があります。
自然が息づく空間と料理の幸せな出合いがいわば“ニッポン・オーベルジュ”と呼びたくなる、
唯一無二の新しい世界を拓きます。


●冬の奈良の“甘いもん”
志賀直哉が随筆「奈良」でこの土地の食に触れたのは約80年前。「うまいものなし」とは、すでに前時代の話となりました。
豊かな奥大和の里山では、全国屈指のフルーツが育まれ、それらを生かしたヒットスイーツも生まれる好循環があります。
そんな奈良の新旧多彩な甘味を取り上げます。


●「アイフレイル」に要注意
情報の8割を視覚によって得ているといわれる私たち。視力が低下することによる認知症リスクとの関連も明らかになっています。
白内障、加齢黄斑変性、緑内障といった目の病気が表れ始めるのが50代ごろから。
加齢に伴う目の機能低下“アイフレイル”に注意して「見える力」をいかに維持するかが、この先の人生のQOL(生活の質)を左右します。
増えてくる3つの疾患の最新治療を専門のドクターに取材しました。































参考価格: 1,300円 定期購読(2年プラン)なら1冊:792円

日本のよきヒト・モノ・コトをお届けします

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

7 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年12月01日発売

目次: 【特集:国家・国民を守れ】
■櫻井よしこ/横暴中国に立ち向かえ
■グループ2021/国家安全保障戦略に軍事戦略は不可欠だ
■兼原信克/デジタル安全保障 敗戦から立ち上がれ
■湯浅博/習近平を襲う「衰退への恐怖」
■井上久男/日本製鉄はなぜトヨタを訴えたのか

【特集:衆院選振り返り】
▼久保田正志/自民選対の「やばい」でみんな外した事前予測
▼長尾敬/大阪で自民全敗 維新と差別化図れず
▼松本尚/病院勤務医が初当選をつかむまで
▼久米晃/自民勝敗のカギ握る 保守的な無党派層
▼梅澤昇平/野党共闘の恐ろしさを知れ
▼林智裕/おとがめなしの野党の「風評加害」
▼森喜朗/勇気が要った「福田康夫総理」

【特集:中国の人権弾圧】
●三浦小太郎/「在日ウイグル人証言録⑤」容赦なき危険分子扱い
●「証言1」マウラン(男性)「中国に戻らなくていい」
「証言2」ムハンマド(仮名・男性)「仕送り断たれ大学中退」
●ペマ・ギャルポ、楊海英、アフメット・レテプ/押し寄せる「赤い波」

【特集:眞子さんの結婚】
つげのり子/残念だった相談役の不在
江崎道朗/皇室支える仕組みの再建を
工藤美代子/文明遺産の保持へ早急にやるべきこと

【特集:真珠湾攻撃から80年】
将口泰浩/日系人の運命変えたゼロ戦の不時着
岡村青/かくして日本軍は敵の目を欺いた
早坂隆/特殊潜航艇「九軍神」の実像

【特集:歴史戦】
アール・キンモンス、ロバート・D・エルドリッヂ、ジェイソン・モーガン/在日米国人による在米反日勢力との闘い
古森義久/日本叩きサイトが存続した理由と末路
西岡力/国際広報強化で中国にも反論せよ
グレンコ・アンドリー/反日プロパガンダ強めるロシアの思惑
矢板明夫/日本に構う余裕なし

好評連載!
▼河村直哉/【産経新聞の軌跡―昭和20年代編 第2回】
産業経済新聞ゆえの反共
▼宮本雅史/【訥行塾】⑦若手官僚らが国家のあり方を考える/今こそ教育に「武士道」を

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

8 毎日が発見

毎日が発見

最大
30%
OFF
送料
無料
参考価格: 792円 定期購読(3年プラン)なら1冊:552円

楽しく健やかな「50代から始まる新しい人生」のために

  • 2021/10/28
    発売号

  • 2021/09/28
    発売号

  • 2021/08/28
    発売号

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/06/28
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

9 文藝春秋

文藝春秋

送料
無料

文藝春秋

2021年11月10日発売

目次: 日本の通信簿 古風堂々㉛ 藤原正彦

贋作はなくならない 黒川博行

枝野話法はなぜ響かないのか 岡田憲治

“虫食い”サンクチュアリ 山田ルイ53世

落合博満への緊張感 鈴木忠平

農水省YouTuber 野田広宣

コロナ禍と演劇 吉田智誉樹

漫画家の母を見つめて 山崎デルス

秋篠宮家「秘録」
この3年間に何が起きていたか 本誌特別取材班


▶︎眞子さんの“小室一筋”に秋篠宮は「柔軟性がない」
▶︎「女性宮家創設」の恐怖から姉妹で「皇室脱出計画」
▶︎佳子さまは「一時金一億円」に目を輝かせた
▶︎「父そっくり」悠仁さまは紀子さまを言い負かす
▶︎「私はもう駄目かもしれない」紀子さまの涙

象徴天皇制の「聖」と「俗」 保阪正康

岸田総理に「聞く力」を聞く 
「嫌いな政治家は?」「いっぱいいますよ」 阿川佐和子

開成OBの研究 小林哲夫

岸田は「安倍の呪縛」を断ち切れるか 赤坂太郎

河野洋平「太郎は力がなかった」 聞き手・篠原文也

霞が関「働き方改革」奮闘記 川本裕子

塩崎恭久70歳、里親になる

「矢野論文」大論争!

アベノミクス生みの親 浜田宏一
vs.

日本郵政社長 増田寛也
vs.

『人新世の「資本論」』著者 斎藤幸平

中国不動産バブルは弾けるか 高口康太

セブン-イレブン二兆円の大勝負 井阪隆一

「日本が悪い」と叫ぶ経営者が悪い 楠木 建

原発から逃げた政治
脱炭素の“宗教化”はエネルギー危機を招く 竹内純子

「発達障害は才能です」 似鳥昭雄×勝間和代

斎藤佑樹 涙に濡れたハンカチ 石田雄太

橋幸夫 <引退秘話> 美空ひばりとサーベル襲撃 聞き手・中村竜太郎

中森明菜 元山口組組員の暴力と長い沈黙 西﨑伸彦

<特集 2021年宇宙の旅>

宇宙で知った生と死の境界点 野口聡一

最新版 「宇宙の歩き方」 林 公代

小池真理子「かたわれ」の死を書く
夫の死は、奈落の底に突き落とされたようなものでした 聞き手・佐久間文子

「日本沈没」小松左京の遺言 太田啓之

なぜ死刑囚・宅間守の妻になったか 小野一光

殺人看護師の精神鑑定<点滴不審死48人>
「自分でも止められない」鑑定医が明かす深層心理とは? 岩波 明

有働由美子対談35 ロバートキャンベル(日本文学研究者)村上春樹と井上陽水の「日本語」

ニッポンの社長13 山村 徹(近江兄弟社・滋賀県)樽谷哲也

第69回菊池寛賞発表

文藝春秋読者賞応募規定

ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優

BOOK倶楽部

▼角田光代、角幡唯介、本郷恵子、片山杜秀 ▼今月買った本 綿矢りさ ▼著者は語る ▼新書時評

▶︎新聞エンマ帖 ▶︎丸の内コンフィデンシャル ▶︎霞が関コンフィデンシャル ▶︎世界経済の革命児・大西康之 ▶︎日本語探偵・飯間浩明 ▶︎数字の科学・佐藤健太郎 ▶︎大相撲新風録・佐藤祥子 ▶︎オヤジとおふくろ ▶︎スターは楽し・芝山幹郎 ▶︎考えるパズル ▶︎三人の卓子 ▶︎広告情報館 ▶︎詰将棋・詰碁 ▶︎マガジンラック ▶︎蓋棺録 ▶︎目・耳・口

新世界地政学123 船橋洋一

ハコウマに乗って10 西川美和

からだの美 最終回 小川洋子

日本の地下水脈17 保阪正康

ゆびさきに魔法5 三浦しをん

グラビア

▶︎日本の顔(野口聡一) ▶︎同級生交歓 ▶︎名画が語る西洋史112 ▶︎新連載 名品探訪2「コート」 ▶︎もう一人の家族 最終回 瀬川瑛子 ▶︎美味しいにっぽんのワイン ▶︎小さな大物(東国原英夫)

短歌・本多真弓、俳句・小田島渚、詩・松下育男

参考価格: 960円

発行部数64万部は総合月刊誌のトップです。時代におもねらない編集方針は年令、地域、職業を越えて幅広い読者からの支持を得ています

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/10
    発売号

nice things./ナイスシングス.の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌