CYCLE HEADZ magazine(サイクル ヘッズ マガジン) 発売日・バックナンバー

全22件中 1 〜 15 件を表示
1,528円
Cover Staff
photography by TERUYUKI YOSHIMURA
model by KEI HENMI(Timeworn Clothing)
design by ARKHAM design

Feature Contents

〈巻頭特集〉
邊見馨が生む究極のヴィンテージスタイル
Featuring Timeworn Clothing
On the Road

〈第二特集〉
バイカーマインドがあるアート
the art of BIKERMIND

〈第三特集〉
仲間と過ごすバイクのある休日
Chill Out
〈ブランド特集〉
モーターサイクルとリンクするオリジナリティとスタイル
BLACK FLYS

〈ブランド特集〉
世界同時開催のイベントを通し発信
自由なマインドと情熱が生むスタイル
DEUS EX MACHINA

〈ブランド特集〉
ライフスタイルの中にあるから滲み出るリアルさと新境地
PAWN

〈ブランド特集〉
エリックのコアなカルチャー性や時代を捉えたメッセージを投影
FUCT | SSDD

〈ブランド特集〉
タトゥーカルチャーを落とし込んだブランドを象徴するサマーギフト
SOFTMACHINE

〈ブランド特集〉
初の個展も開催し進化する世界
BACKDROP Leathers
Regular Contents

MOTOR HEADZ photography by KEISUKE NAGOSHI
puck up
CLOSER+
CLOSER
49%SONS OF A BITCH,51% MOTHER FUCKER_MOCHI’S COLUMN
MOONEYES
Dealer List
Present fir Reader
Next Issue,Staff Credit
1,528円
Cover Staff

photograph by KENTO MORI
model by SHINSUKE TAKIZAWA(NEIGHBORHOOD)
design by ARKHAM design


[巻頭特集]
圧倒的なコレクションと経験で
シーンを牽引し続ける絶対的存在
   
滝沢伸介のヴィンテージバイクライフ

HIGHEND VINATGE LIFE


[第二特集]
全国から精鋭が千里浜に集結し
スピードを求めビーチを疾走する

世界標準の砂浜レース

SANDFLATS SPEEDWAY

[ブランドピック_1]
インディアンジュエリー3大モチーフから紐解く

バイクカルチャーともリンクする
I.D.M.Coというヴィンテージの世界

[ブランドピック_2]
真のカルチャーを背負うことで生まれる存在感

PAWNが写し出すリアルバイカークローズ

[ブランドピック_3]
バイカーマインドを刺激する垂涎のプロダクツ

デザイン&機能性に優れた
FUCTのアウターを選ぶ

[ブランドピック_4]
ブランドの次世代を担う若きヒーロー・ザイにも注目

イベントを通して発信する
DEUS EX MACHINAの世界


[ブランドピック_5]
最高峰の技術とセンスが圧倒的な存在感を生む

BACKDROP Leathers


[ブランドピック_6]
ブランドの世界観をすべて内包する
デザイナーRYOTAのリアルスタイル

O.C CREW



[ブランドピック_7]
モーターカルチャーを内包する
カリフォルニア発のプロダクト

ELECTRIC


[ブランドピック_8]
不屈のフィロソフィーが生むバイク×ストリートスタイル
   
SOFTMACHINE


[ブランドピック_9]
走りを追求し生まれたリアルスタイル

次世代へ継承されるViSEというカルチャー


[REGULARS]
MOTOR HEADZ photography by CHIKASHI SUZUKI
PICK UP!
CLOSER+
CLOSER
CHOPPER A to Z
49% SONS OF A BITCH,51% MOTHER FUCKER_MOCHI’s COLUMN
ROAD to HCS_MOONEYES COLUMN
READER PRESENT
DEALER LIST
NEXT ISSUE,STAFF CREDIT
1,375円
CYCLE HEADZ magazine Vol.20
Cover Staff

photograph_TAKAKI IWATA(horizont)

model_CHOCO(Wheelies)

design_MOTOKI MIZOGUCHI(mo’design inc.)



[巻頭特集]

タフ&ラフにリアルに乗るのがストリート流儀
ストリートも砂浜もヴィンテージバイクで疾走する

SANDFLATS SPEEDWAY



[第2特集]

ヴィンテージカーのあるライフスタイル

SATURDAY’S CAR CLUB



[トピックス_1]

SANDFLATS SPEEDWAY写真展開催予告



[ブランドピック_1]

13thを迎えたヴァイスの魅力を様々なパーツから紐解く   

ViSE clothing



[ブランドピック_2]

3つの要素から紐解く進化し続けるアメリカンスタイル

CUT RATE



[ブランドピック_3]

ストリートマインドが宿るインディアンジュエリー

LARRY SMITH



[ブランドピック_4]

バリで開催されたイベントを中心にインディペンデントなスタイルを解剖

DEUS EX MACHINA



[ブランドピック_5]

仲間と生んだ新たな発信基地

TROPHY CLOTHINGのニューショップが渋谷に誕生



[ブランドピック_6]

豪華アーティストが参戦

CHALLENGER5周年イベント



[ブランドピック_7]

10周年を記念したプレミアムな10アイテム

CALEE



[ブランドピック_8]

ディープなカルチャーをバイカースタイルに投影

PAWN



[ブランドピック_9]

バイクシーンの新世代と新作アイテムのセッションGROOVER



[ブランドピック_10]

シートと同じくこだわり抜いた小物群とスペシャルアイテム

BACKDROP custom seat factory



[ブランドピック_11]

山岸航介を形成する7つのキーワード

SOFTMACHINE



[ブランドピック_12]

待望の新作&ステーショナリーシリーズ

OLD WEST



《REGULARS》

MOTOR HEADZ

PICK UP

CLOSER+

CLOSER

CHOPPER A to Z

STOKED_ENOSHI’s COLUMN

49% SONS OF A BITCH,51% MOTHER FUCKER_MOCHI’s COLUMN

STOKED_ENOSHI’s COLUMN

READER PRESENT,NEXT ISSUE,STAFF CREDIT

DEALER LIST

ROAD to HRCS_MOONEYES COLUMN
0円
CYCLE HEADZ magazine Vol.19

Cover Staff

photograph_TAKAKI IWATA(horizont)

model_CHOCO(Wheelies)

design_MOTOKI MIZOGUCHI(mo’design inc.)



[巻頭特集]

タフ&ラフにリアルに乗るのがストリート流儀
ストリートも砂浜もヴィンテージバイクで疾走する

SANDFLATS SPEEDWAY



[第2特集]

ヴィンテージカーのあるライフスタイル

SATURDAY’S CAR CLUB



[トピックス_1]

SANDFLATS SPEEDWAY写真展開催予告



[ブランドピック_1]

13thを迎えたヴァイスの魅力を様々なパーツから紐解く   

ViSE clothing



[ブランドピック_2]

3つの要素から紐解く進化し続けるアメリカンスタイル

CUT RATE



[ブランドピック_3]

ストリートマインドが宿るインディアンジュエリー

LARRY SMITH



[ブランドピック_4]

バリで開催されたイベントを中心にインディペンデントなスタイルを解剖

DEUS EX MACHINA



[ブランドピック_5]

仲間と生んだ新たな発信基地

TROPHY CLOTHINGのニューショップが渋谷に誕生



[ブランドピック_6]

豪華アーティストが参戦

CHALLENGER5周年イベント



[ブランドピック_7]

10周年を記念したプレミアムな10アイテム

CALEE



[ブランドピック_8]

ディープなカルチャーをバイカースタイルに投影

PAWN



[ブランドピック_9]

バイクシーンの新世代と新作アイテムのセッションGROOVER



[ブランドピック_10]

シートと同じくこだわり抜いた小物群とスペシャルアイテム

BACKDROP custom seat factory



[ブランドピック_11]

山岸航介を形成する7つのキーワード

SOFTMACHINE



[ブランドピック_12]

待望の新作&ステーショナリーシリーズ

OLD WEST



《REGULARS》

MOTOR HEADZ

PICK UP

CLOSER+

CLOSER

CHOPPER A to Z

STOKED_ENOSHI’s COLUMN

49% SONS OF A BITCH,51% MOTHER FUCKER_MOCHI’s COLUMN

STOKED_ENOSHI’s COLUMN

READER PRESENT,NEXT ISSUE,STAFF CREDIT

DEALER LIST

ROAD to HRCS_MOONEYES COLUMN
1,324円
CYCLE HEADZ magazine Vol.17
.
[巻頭特集]

TOKYO INDIANSを中心に

全国のフリークを完全網羅



インディアン主義



PRIDE of INDIAN



ヴィンテージバイクの中でもH-D、トライアンフに比べ

圧倒的にマイノリティーな存在であるインディアン。

だからこそ、インディアンを自らの相棒に選んだ者は

他とは違ったスタイルや価値観を示し、日々を生きる。

昨今、ストリートのヴィンテージバイクシーンの中で

話題になることが増え、注目されているのは周知の事実。

ただ、皆が注目するかと言って右に倣え派問題外。

いまのストリートにおけるインディアンの真の姿とは?

PRIDE of INDIAN=インディアン主義のバイカーたち。

インディアンと共に生きる者たちの姿を脳裏に焼き付けろ。





[第2特集]

イーストロンドンから発信される

新世代のD.I.Yミクスチャースタイル



BLACK SKULLSという新スタイル



[第3特集]

シーンを牽引するビルダーが

アメリカのネクストステージへ



BRATSTYLE 高嶺剛の挑戦



[第4特集]

バイクで行きたい6ショップ

東京バイカーメシ



[ブランドピック_1]

インディアン乗りのプライドが宿る

TROPHY CLOTHING



[ブランドピック_2]

インディアンジュエリーの奥深き世界

LARRY SMITH



[ブランドピック_3]

バイカーマインドを刺激するジャケット群

FREEWHEELERS



[ブランドピック_4]

タフでワイルドなアウターの定番

バイカーを魅了するALPHAのミリタリーウエア



[ブランドピック_5]

ディープなカルチャーをポップに色濃く反映

PAWN





[ブランドピック_6]

北の大地から発信するインディペンデントな世界観

STORM BECKER







[COVER STAFF]

Cover Staff

photo_SHUNYA ARAI(FEMME)

model_NAU SHIMA(NEIGHBORHOOD)

design_MOTOKI MIZOGUCHI(MO’DESUGN)



《REGULARS》

MOTORHEADZ

PICK UP!

CLOSER+

CLOSER

CHOPPER A to Z

CHOPPER HEADZ

NEW!!

VINTAGEBIKE Q&A

STOKED/ENOSHI’s COLUMN

49% SONS OF A BITCH, 51 MOTHERFUCKER_MOCHI’s COLUMN

DEALER LIST

READER PRESENT,NEXT ISSUE,STAFF CREDIT

ROAD to HRCS_MOONEYES COLUMN
1,324円
CYCLE HEADZ magazine Vol.17
.
[巻頭特集]

TOKYO INDIANSを中心に

全国のフリークを完全網羅



インディアン主義



PRIDE of INDIAN



ヴィンテージバイクの中でもH-D、トライアンフに比べ

圧倒的にマイノリティーな存在であるインディアン。

だからこそ、インディアンを自らの相棒に選んだ者は

他とは違ったスタイルや価値観を示し、日々を生きる。

昨今、ストリートのヴィンテージバイクシーンの中で

話題になることが増え、注目されているのは周知の事実。

ただ、皆が注目するかと言って右に倣え派問題外。

いまのストリートにおけるインディアンの真の姿とは?

PRIDE of INDIAN=インディアン主義のバイカーたち。

インディアンと共に生きる者たちの姿を脳裏に焼き付けろ。





[第2特集]

イーストロンドンから発信される

新世代のD.I.Yミクスチャースタイル



BLACK SKULLSという新スタイル



[第3特集]

シーンを牽引するビルダーが

アメリカのネクストステージへ



BRATSTYLE 高嶺剛の挑戦



[第4特集]

バイクで行きたい6ショップ

東京バイカーメシ



[ブランドピック_1]

インディアン乗りのプライドが宿る

TROPHY CLOTHING



[ブランドピック_2]

インディアンジュエリーの奥深き世界

LARRY SMITH



[ブランドピック_3]

バイカーマインドを刺激するジャケット群

FREEWHEELERS



[ブランドピック_4]

タフでワイルドなアウターの定番

バイカーを魅了するALPHAのミリタリーウエア



[ブランドピック_5]

ディープなカルチャーをポップに色濃く反映

PAWN





[ブランドピック_6]

北の大地から発信するインディペンデントな世界観

STORM BECKER







[COVER STAFF]

Cover Staff

photo_SHUNYA ARAI(FEMME)

model_NAU SHIMA(NEIGHBORHOOD)

design_MOTOKI MIZOGUCHI(MO’DESUGN)



《REGULARS》

MOTORHEADZ

PICK UP!

CLOSER+

CLOSER

CHOPPER A to Z

CHOPPER HEADZ

NEW!!

VINTAGEBIKE Q&A

STOKED/ENOSHI’s COLUMN

49% SONS OF A BITCH, 51 MOTHERFUCKER_MOCHI’s COLUMN

DEALER LIST

READER PRESENT,NEXT ISSUE,STAFF CREDIT

ROAD to HRCS_MOONEYES COLUMN
0円
CYCLE HEADZ magazine Vol.16

COVER STAFF
[PHOTO]YOSHIKI SUZUKI
[DESIGN]YUKIO SUGAYA

[巻頭特集]
ヴィンテージバイカーの精鋭が
全国からスピードを求め集結

旧車で砂浜を疾走する

SANDFLATS SPEEDWAY

石川県の羽咋市にある日本で唯一砂浜が公道として存在する”千里浜なぎさドライブウェイ”。
10/6、ヴィンテージバイカーの精鋭が全国からスピードを求めて集結したイベント「SANDFLATS SPEEDWAY」。
いにしえのヴィンテージレーサーを彷彿させる走りと絶好のロケーションは非日常の空間そのもの。
すべてのヴィンテージバイクを愛する人へ捧げる、SANDFLATS SPEEDWAYの世界をご覧いただきたい。

[第2特集]
ヴィンテージモーターサイクルで
首都高をライドする

JOY RIDE

[第3特集]
“2 CAB&DRAG BAR&MAGNETO”

‘80sのスピードへ傾倒した
Line Dancersの全貌

ストリートドラッガーの潜在能力とは?


[ブランドピック_1]
アメリカ東海岸ならではの
ローカルヒーローとのセッション  

CUT RATE

MID-ATLANTIC LOCALISM


[ブランドピック_2]
ブランドの真骨頂を示す
レザー&ジュエリー

CALEE

4 Category’s Accesory

[ブランドピック_3]
ミリタリーの雄を
バイカーマインドで纏う

ALPHA

Military meets Motorcycle


[ブランドピック_4]
トウキョウをバックボーンに
カルチャーありきの世界観を表現

ROUGH AND RUGGED

ON THE TOKYOSTREET


[ブランドピック_5]
バックボーン&ディティールで選ぶ

FREEWHEELERS

NEW CLASSICS


[ブランドピック_6]
人気のトラッカーズウォレット
限定と定番どちらを選ぶ

LARRY SMITH

Limited or Standard?


[ブランドピック_7]
進化し続ける創業90年
ヘビーデューティーの代名詞

RED KAP

KEEP IT REAL

[ブランドピック_8]
4人の個性が選ぶアイウエア

バイカーを虜にする
GROOVERの魅力


[ブランドピック_9]
バイカーのためのデザインとディティール

WEST RIDE

[ブランドピック_10]
ORIGINAL・USED・IMPORT

USを紐解く
3つのエレメント


[レギュラーページ]
MOTOR HEADZ
PICK UP!
CLOSER+
CLOSER
CHOPPER A to Z
49% SON OF A BITCH,51% MOTHERFUCKER_MOCHI
STOKED_ENOSHI
BE FIRST BE COOL_GO TAKAMINE
DEALER LIST
READER PRESENT,NEXT ISSUE&STAFF CREDIT
NOW&THEM_MOONEYES

1,324円
CYCLE HEADZ magazine Vol.15

[巻頭特集]

スタイルを貫き10年以上1台の

バイクと共に奔り続ける価値観



1台のバイクを相棒に選ぶ

TEN YEARS AFTER



東京で10年以上1台のバイクに乗り続ける4人のバイカー。

そこには他にはない、魅力的なバイクライフが存在する。

ただカッコイイだけのヴィンテージバイクじゃ物足りない。

求めているのは、人ありきのヴィンテージバイクだから。



[第2特集]

現在のヴィンテージバイクシーンの

基盤を作り上げたレジェンドに迫る



ロス・ラングリッツを知っているか?

Do You Know“Ross Langlitz”?



[第3特集]

レザーからデニム、コーチJKTまで完全網羅

トップブランドが放つ秋アウタースタイル

THE OUTER SNAP 23



[第4特集]

ヘアスタイルが示すマイフィロソフィー

HAIRSTYLE IS EVERYTHING



[ブランドピック_1]

タフな世界観でストリートを駆け抜ける

TROPHY CLOTHING ―TOUGH RIDE―



[ブランドピック_2]

‘60sアウトローバイカースタイルの象徴

RED TAiL from ViSE clothing



[ブランドピック_3]

ブランドの世界観を凝縮した

“La Luz”でのフォトセッション

COOTIE



[ブランドピック_4]

ロアーズが追求し続けるライダースライン

ROARS RIDERS



[ブランドピック_5]

年月を重ね魅力を増すエンジニアブーツ

ADDICT CLOTHES NEW VINTAGE



[ブランドピック_6]

ベーシックな中に遊び心を融合させたプロダクツ

STORM BECKER



[ブランドピック_7]

クラフトマンシップが宿る極点のアクセサリー

OLD WEST



[COVER STAFF]

[PHOTO]YOSHIKI SUZUKI

[DESIGN]YUKIO SUGAYA
1,324円
COVER STAFF
[PHOTO]KENGO SHIMIZU(STUH)
[DESIGN]YUKIO SUGAYA

[巻頭特集]
50~60sのアメリカナイズされた
英車がストリートに蘇る
   
US流儀のトライアンフ
   
TRIUMPH IN AMERICA


今ストリートで盛り上がりを魅せる英車=トライアンフ。
なぜトライアンフのか? ムーブメントの震源地を覗くと、
そこには“アメリカナイズされたトライアンフ”の姿があった。
幕が上がったばかりのUS流儀のトライアンフの世界をご覧あれ。


[第2特集]
スクランブラーの最前線
アメリカで注目のイベント

HELL ON WHEEL


[第3特集]
MOCHIのオークランドでの経験を
東京のコーヒースタンドから発信
     
COFFEE IN DA HOUSE


[第4特集]
古き良き時代のモチーフを
ストリートのセンスで彫金する
   
4 DIMENTIONS STUDIO


[ブランドピック_1]
CALEE

トウキョウアメカジの最新コレクション


[ブランドピック_2]
CAPTAINS HELM TOKYO

ローカルでバイク・サーフ・スケートなど
カルチャーをMIXしたセレクトショップ
 

[ブランドピック_3]
LARRY SMITH×ROBERT WILLIAMS

カスタム界の生きる伝説が纏う
インディアンジュエリー


[ブランドピック_4]
UNFINISH

仲間たちと共鳴するリアルクローズ

[ブランドピック_5]
FREEWHEELERS

モーターサイクルカルチャーを
ハイブリッドにTシャツで表現


[ブランドピック_6]
BILL WALL LEATHER

バイカー目線で5ジャンルの
新作をピックアップ


[ブランドピック_7]
SOFTMACHINE

親交の深いアーティストと示す
タトゥカルチャーを映したTシャツ



[レギュラーページ]

MOTOR HEADZ
PICK UP!
CHOPPER A TO Z
CLOSER+
CLOSER
CHOPPER HEADZ
NEW!!_BE FIRST BE COOL_BRATSTYLE
49%SON OF A BITCH,51%MOTHERfUCKER_MOCHI
STOKED_ENOSHI
BARBARIAN’S HERO_ViSE
DEALER LIST
1,324円
COVER STAFF
[PHOTO]KENGO SHIMIZU(STUH)
[DESIGN]YUKIO SUGAYA

[巻頭特集]
ストリートにTTレーサーやモトクロス、
ダートトラックレーサーなどの”土埃”をミックス 

ヴィンテージ新時代!
スクランブラーという選択

DO IT IN THE DIRT!

東京で局地的に盛り上がりをみせる
スクランブラースタイル。
ソレは今までのヴィンテージバイクシーンにはなかった
新たなムーブメントを予感させる。
トウキョウスクランブラーの魅力を
凝縮した本特集を見逃すな!!

[第2特集]
ストーリーのある
ヴィンテージパーツ
ANTI NAME VALUE

[第3特集]
オレンジカウンティーに住む
バイカーのライフスタイル
JASON’S GARAGE LIFE

[ファッション特集]
バイカーの象徴的アイテムで武装する
THE VEST STYLE

[ブランドピック_1]
ROUGH AND RUGGED
バイク&サーフカルチャーを軸に
ストリートを駆け抜ける

[ブランドピック_2]
製作に2年を費やしたエンジニアブーツ
ADDICT CLOTHES
NEW VINTAGE 

[ブランドピック_3]
COOTIE
ブランド定番のベストを
オールシーズン身に纏う

[ブランドピック_4]
細部のディティールまで拘り抜く
職人が手掛けるレザーアイテム
OLD WEST

[ブランドピック_5]
内包するカルチャーを共有する
ラディアルのフラッグショップ
DOOBIES

[ブランドピック_6]
WEST REDE推奨アイテム 
高機能ジャケットとボーダーシリーズを狙え

[ブランドピック_7]
旧知の仲が生んだフレンドシップモデル
GROOVER

[ブランドピック_8]
36年の歴史を誇りながら 
進化し続ける老舗ショップ
BACKDROPの現在形


[レギュラーページ]

MOTOR HEADZ
PICK UP!
CHOPPER A TO Z
CLOSER+
CLOSER
CHOPPER HEADZ
NEW!! ICECREAM SHITT_HWZNBROSS
49%SON OF A BITCH,51%MOTHERfUCKER_MOCHI
STOKED_ENOSHI
BARBARIAN’S HERO_ViSE
DEALER LIST
1,324円
[巻頭特集]
‘60Sチョッパースタイルの復権
ノンレア&ビビッドカラーが新鮮に映る
HAMANS CHOP SHOP

ヴィンテージパーツや純正至上主義に隠れ、
あまり注目されていない’60Sチョッパースタイル。
だが、ノンレアパーツ&ビビッドカラーを
纏ったチョッパーは、今だからこそ新鮮に映る。
初期衝動、原点回帰の意味も込めて、
今’60Sスタイルチョッパーに注目したい。


[第2特集]
LAアンダーグラウンドシーンレポート
規格外のディープなバイカースタイル
somewhere in downtown LA

今回MOCHIが会ってきたのはLAのバイカーたち。
しかもゲットーエリアに生きるリアルなヤツらだ。
そんなクレイジーな
アンダーグラウンドバイカーの姿。
今のLAのディープなスタイルをMOCHIがレポート。


[ファッション特集]
タフ&ラフなミリタリーアウター
THE MILITARY GARMENTS


[カルチャー特集1]
新連載 MOTOR HEADZ

ストリート×ヴィンテージバイク。
シンプルにカッコいいと思うCYCLE HEADZの
世界観を表現する新連載がスタート。


[カルチャー特集2]
ヴィンテージトライアンフの新たな魅力
1台の旧車で走るサーキット&ストリート


[カルチャー特集3]
SKANDA・Wheelies・HWZNBROSS
ディープなモーターサイクル
カルチャーを発信し続ける
KANAZAWA3大ショップの現在形


[ブランド特集1]
新たなバイクカルチャーの発信基地が誕生
McQUEEN TOKYO
仲間と築くローカルスピリッツ


[ブランド特集2]
TROPHY CLOTHING
“ALL BLUES”
バイカーと共に歴史を刻むプロダクツ


[ブランド特集3]
アンダーグラウンドを体現するジュエリー
WEIRDO JEWELRY


[ブランド特集4]
LARRY SMITH
新旧が融合したインディアンジュエリー


COVER STAFF
[PHOTO]KENGO SHIMIZU(STUH)
[DESIGN]YUKIO SUGAYA
1,324円
〈巻頭特集〉
Wild GLIDE
‘49ハイドラ~’80ワイドグライドまで
太くてゴツいフロント周り

1949年にハイドラグライドに装備されて以来、ハーレーの威風堂々と言うイメージを担う部分として定番のパーツとなったグライドフォーク。今東京を中心に感度の高い男達が、このゴツくてワイルドなグライドフォークを選び出した。人、歴史、カスタムバイクからグライドフォークの魅力に迫る。

〈第2特集〉
海外イベントレポート
BORN FREE 4
#001 写真家アダム・ライトが捉えた本当のボーンフリー
#002 MOCHIがサイクルゾンビーズと共に過ごした5日間

今や西海岸一のバイカーミーティングに成長したボーンフリーをバイカーフォトの第一人者であるアダム・ライトと、“トウキョウ・ブレックファスト”の発起人であるMOCHIが全く違う角度からレポートする。

〈第3特集〉
国内イベントレポート
STREET VINTAGEBIKE MEETING
千里浜SAND FLATS SPEEDWAY
砂浜を旧車で疾走する快感!?

去る8月26日(日)に行なわれた本誌主宰のイベント“ストリート・ヴィンテージバイク・ミーティング、千里浜サンド・フラット・スピードウェイ”。当日、出走70台以上、来場者600人が集まった。このイベントの模様をお届けします。


〈カルチャー特集1〉
CUT RATE オリバージョーンズが体現する
SPEED PUNK
東海岸最深チョッパースタイル
  
今回で3度目となるアメリカ東海岸ボルティモアのバイカーシーンのレポート。日本でも有名なストリートブランド《カットレイト》デザイナー・オリバーを中心としたボルティモアのチョッパースタイルの核心に迫る。

〈カルチャー特集2〉
MY MOTORHEAD LIFE
RADIALL高山洋一の車との付き合い方

〈ファッション特集1〉
AUTUMN/WINTER OUTER COLLECTION
Select by Zone

〈ブランド特集1〉
TOYPLANE
2012 A/W COLLECTION

〈ブランド特集2〉
RED TAiL
ViSE clothing Original Wear
現代のバイカーの為の服

COVER STAFF[PHOTO]KENGO SHIMIZU(STUH)[DESIGN]YUKIO SUGAYA
1,324円
表紙 撮影:清水健吾(STUH)
   モデル:Cool Tattooing MASATO

〈ブランド特集1〉
Dusty boots
CALEE 2012 SUMMER

KEEP the REAL
Cool Tattooing MASATO
CHOPPER、HOT ROD、TATTOO、TOY、FASHION…
ジャンルを越えた独創的なセンスがヤバい

モーターサイクルであれ、ホットロッドであれ、タトゥーであれ、ファ  
ッションであれ、知りたいこと、会いたい人がいれば躊躇せずに行動に   
移す“KEEP the REAL”。どんな情報でも机上で手に入るこのデジタル
時代に、実際に目にして肌で感じることに拘り抜くことで唯一無二の
感性が磨かれた。男の名はCool Tattooing MASATO。名古屋を拠点い活
動するアンダーグランドヒーローのセンスに迫る!

〈ブランド特集2〉
URBAN RIDERS
ROARS ORIGINAL 2012 SUMMER & AUTUMN COLLECTION

〈ブランド特集3〉
BILL WALL LEATHER PERFORMANCE
BIKER’S UNIFORM
バイカーのためのレザーライン

〈海外特集〉
MOPED GANG
FOREIGN SCENE
希少性やネームバリューはクソ食らえ!!

〈ブランド特集4〉
GROOVER
WEEKDAY STORY
人生を謳歌するすべての人へ送る哲学が込められたアイウエア

〈ブランド特集5〉
LARRY SMITH
SILVER COORDINATION
インディアンジュエリーの新境地

〈第2特集〉
ワイルドさと走りを両立する
SWING ARM BIKES

リジッドフレームに慣れ親しんだ我々に新鮮に映るスイングアームフレームの
バイク。リジッドにはない圧倒的な機動力! もっと自由に!もっと遠くへ!
今、スイングアームのバイクが再び注目を浴び出した!

〈ブランド特集6〉
FUCT
NEW DECADE
レジェンドブランドを照らし出す新進気鋭のフォトグラファー

〈ブランド特集7〉
TRIP OF ROOTS
Galcia Kustomhood Accesories
バックボーンを掘り下げる旅を経て得たもの

〈ショップレポート〉
HELMET IS ART
HELLMART VINTAGE COLLECTION
バイカーを魅了するヘルマートの選択眼

〈ブランド特集8〉
CAR GUYS!
RADIALL 2012 BIKERS EYE PICK!
モータヘッドならではの
琴線に触れるアイテム群
1,324円
表紙 撮影:内藤啓介(KiKi inc.)
   モデル:滝沢伸介(NEIGHBORHOOD)、望月英明(L7)、横溝学(HAWG   
       HOLIC)、奥山武(福禄寿)

〈ブランド特集1〉
OIL and WAX
ROUGH and RUGGED 2012 SPRING & SUMMER

〈巻頭特集〉
TOKYO BREAKFAST
SOMEWHERE IN TOKYO……
東京のバイクカルチャーはここから動き出す!?

東京の街を突如バイカー達が占拠した。その数約60台、ハーレーを中 
心にヴィンテージと呼ばれるバイクに乗った男達にはどこか共通の匂
いが漂う。仲間通しの和やかな空気とは逆に、部外者には近寄りがた
い緊張感。その光景はかつて20年程前に東京・原宿にいた現在のスト 
リートバイクシーンの礎となった男達の姿にダブる。今、新たなに発信
され出した東京バイカースタイルに迫る。
   
〈ブランド特集2〉
ADDICT CLOTHES NEW VINTAGE
“英国”に拘り誕生したファッションとしてのライダース。

〈ファッション特集〉
SFFS
SKINS FOREVER FOREVER SKINS
英国伝統のスタイルを呼び覚ませ

バイカーファッションはアメカジだけじゃつまらな  
い。アメリカと対峙するモーターカルチャーを持つイ 
ギリスのカルチャースタイル“スキンズ”。本誌が日   
本のバイカーに提示する渾身のファッション特集
  

〈第2特集〉
BRITISH TEMPTATION
ストリートの可能性を引き出す英車狂

軽快な車体にスピード感のあるフォルム、H-Dに比べ安価なことでラフ&タフに乗れる英車の新たな楽しみ方がここにある

〈ブランド特集3〉
RAEN OPTICS 
From CAPTAINS HELM
現代の技術が集結した
トラディショナルスタイル

〈ブランド特集4〉
INNER SPRIT
普遍のプロダクツに潜む
アウトサイダーマインド
Cootie

〈ブランド特集5〉
QUALITY
JEWELERY
WEIRDO
狂気を裏付ける職人技

〈ブランド特集6〉
MY OWN BREAD
HAUGHTY
アンダーグラウンドを貫くフェイバリットウエア

〈ブランド特集7〉
FUCT 
a defect wears
希代のアンチヒーローが
ストリートに放つメッセージ

〈ブランド特集8〉
ANOTHER CHARM
BUTTON WORKS MADE BY LARRY SMITH
古き良き時代のプロダクツを新たな姿へ昇華
1,324円
〈海外特集〉
Neo-Hillbilly
Cut Rate DESIGNER
REAL LIFE REPORT
オリバー・ジョーンズのバイクライフ

アメリカの東海岸ボルティモアを拠点に日本でも展開するストリートブランド、カットレイトのデザイナー、オリバー・ジョーンズ。
自宅ガレージでチョッパーをビルドし、週末は草レースに参戦する、そんな彼の等身大のバイクライフを写真集“ROAD COURSE”で名を馳せる写真家アダム・ライトがシューリングした。

〈巻頭特集〉
STORE HOPPER
オレたちを興奮させる店はここだ!

イギリスではカフェレーサー、アメリカではバーホッパー、それぞれの国でバイカーが集う場所があり、そこには刺激と発見がある。では日本でバイカーに刺激を与える場所はどこか?……ファッションとバイクが強くリンクする日本においてストリートのショップこそがバイカーセンスを磨く最良の場所。今回は最近オープンしたショップから、注目地方エリア、ショップ独自製が現れたアイテムなど、バイカー目線でセレクトした注目ショップを紹介。

〈第2特集〉
BARBER-CYCLE
SAND FLAT SPEED

富山にあるバーバーサイクルが、1937年にフロリダ州デイトナビーチにおいて219キロを記録したジョー・ペトラが駆るナックルヘッド。このレコードブレイカーをパンヘッドで再現。疾走する姿は当時にタイプスリップしたかのようだ。 


〈ファッション特集〉
防寒アウターカタログ
Against Cold
真冬を駆け抜けろ!

〈ブランド特集1〉
THE LATEST LEATHER
LARRY SMITH
古き良き時代のディティールと
技術が生むレザーアイテムの革命

〈ブランド特集2〉
BILL WALL LEATHER
バイクカルチャーとの蜜月から
ビルウォールの魅力を紐解く

〈ブランド特集3〉
RAEN OPTICS
From Captainshelm
ファッションやギアとしてだけでなく
シーンをサポートする姿勢にも注目

〈ブランド特集4〉
Cootie
BIKER OUTER


〈ブランド特集6〉
CHASING THE DREAM FOR 20YRS
FUCT
“Fucking Authority”を掲げた20年

※SPIT×SHM HELMAT 誌面先行予約

CYCLE HEADZ magazine(サイクル ヘッズ マガジン)の内容

ストリート創世記をリアルに体験し、ファッション、カルチャー共に様々なシーンでセンスを磨いた男性に贈る
◆シーンを牽引する人物のバイクライフスタイルを紹介。ファッションを中心に、音楽、サブカルチャーにおい てシーンを牽引する人物にバイクに乗りが急増!バイクを媒介に独自の視点で彼らのライフスタイルに迫ります。◆バイカー目線で選んだアートを積極的に展開。チョッパーシーンと深くリンクするロウブロウアートや メタルアートをはじめ、写真や彫刻など高い感性をもつ大人のバイク乗りに向けたアートを紹介することで、より成熟したバイクライフを提案します。◆ハイクオリティなファッション企画。ファッション誌でもトップを飾るブランドから、マニ アックなバイク系ブランドまで、バイカースピリットは重視しつつ既存のバイク誌にはない高いファッション性を持ったページを展開します。上記のコンテンツを中心に単なるバイクやパーツの紹介 というハードウエアばかりに頼った従来のバイク雑誌ではなく”バイクに乗ってなにをするか”というソフトウエアに特化した誌面作りによって、既存のマー ケットはもちろん、潜在的なバイク市場をも掘り起こす革新的な内容にして行きます。

CYCLE HEADZ magazine(サイクル ヘッズ マガジン)の目次配信サービス

CYCLE HEADZ magazine(サイクル ヘッズ マガジン)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

CYCLE HEADZ magazine(サイクル ヘッズ マガジン)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.