I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!
  • 雑誌:THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション)
  • 出版社:THE RAKE JAPAN(ザ・レイク・ジャパン)
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月25日
  • 参考価格:[紙版]1,222円 [デジタル版]488円
  • 雑誌:THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション)
  • 出版社:THE RAKE JAPAN(ザ・レイク・ジャパン)
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月25日
  • 参考価格:[紙版]1,222円 [デジタル版]488円

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション) ISSUE29 (発売日2019年07月25日)

THE RAKE JAPAN(ザ・レイク・ジャパン)
COVER 表紙:KEVIN HART ケヴィン・ハート
LETTER FROM THE PRESIDENT
INVEST 100に及ぶ熟練技術を経て
INVEST 紳士に贈る、美しき高機能ボストン
INVEST 今、最注目のミラノ発ジュエリー
AMELIA EARHART: A...

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション) ISSUE29 (発売日2019年07月25日)

THE RAKE JAPAN(ザ・レイク・ジャパン)
COVER 表紙:KEVIN HART ケヴィン・ハート
LETTER FROM THE PRESIDENT
INVEST 100に及ぶ熟練技術を経て
INVEST 紳士に贈る、美しき高機能ボストン
INVEST 今、最注目のミラノ発ジュエリー
AMELIA EARHART: A...

ご注文はこちら

2019年07月25日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
67%
OFF
407円 / 冊
2024年03月25日発売号から購読開始号が選べます。
月額払いならずっと半額! 更に、定期購読期間中はデジタル版もお読み頂けます!

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション) ISSUE29 (発売日2019年07月25日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
特集 The Rakish Guide to TIMELESS LUXURY-一生モノを仕立てる/Exclusive Interview-ケヴィン・ハート
COVER 表紙:KEVIN HART ケヴィン・ハート
LETTER FROM THE PRESIDENT
INVEST 100に及ぶ熟練技術を経て
INVEST 紳士に贈る、美しき高機能ボストン
INVEST 今、最注目のミラノ発ジュエリー
AMELIA EARHART: A SYMBOL OF NEW WOMANHOOD 新しい女性像のシンボル アメリア・イアハート
POCKET GUIDE 世界のファッショニスタに学べ フレデリック・ブラン
KEVIN HART 全米一の人気コメディ俳優 ケヴィン・ハート
FATHER OF THE MAN 鮮やかな色を、自由気ままに
MARQUES DE TRIOMPHE アレクサンダー・クラフトに学ぶ、パリ流クラシック
THE RAKISH GUIDE TO TIMELESS LUXURY 一生モノを、仕立てる
WEAVING STRAW INTO GOLD フォックス ブラザーズこそ、一生モノである
POP ART マイケル・ヌーリー、アンダーソン&シェパードを試す
MIDNIGHT SPECIAL ターンブル&アッサーで、一生モノのフォーマルシャツを
INVEST 袖を通せる奇跡
ISETAN MITSUKOSHI CUT 三越伊勢丹で誂える 一生モノの仕立て服
フィレンツェの至宝“LIVERANO&LIVERANO”が指南する 一生モノの仕立て方 Q&A
THE RAKE PERSONIFIED 小説家ジェイ・マキナニーのスタイル
HOW to WEAR, HOW to ENJOY! 鴨志田流着こなし術 Vol.03 小物から考えるスーツの装い
REVERSE PSYCHOLOGY 抗うほどに欲しくなる“レベルソ”
MASERATI GRAND TOURING 2019 北海道編 自然に棲み、自然を食らう
DOM PÉRIGNON at ONOMICHI このシャンパーニュは、大自然の驚異そのもの
VINCENT CHAPERON / Dom Pérignon Chef de Cave Interview 至高のシャンパーニュの守り人
JEAN-MARC GALLOT / Veuve Clicquot President & CEO Interview 新作ヴィンテージが導く ヴーヴ・クリコの飛躍に満ちた未来
PLANETA “ERUZIONE 1614” シチリアの大地に恵みを受けた偉大なるエトナワイン プラネタの”エルツィオネ1614”
The Rakish ART ROOM Vol.03 今買える、世界の名画 モイーズ・キスリング
LUDOVIC DU PLESSIS / LOUIS XIII Global Executive Director Interview “100年”という時の美学を伝える手腕
THE BIG BANG 80年代狂騒曲
THE RAKISH EYE Vol.02 “GLOSS GINZA” 日本のモノづくりの魂を宿すショップ
HOTEL DELUXE Vol.03 ホテルの名物料理
TOP OF THE WORLD 最高級の世界 至高のゴルフクラブ、「PXG」の目指すもの
INFOCUS
READING SPOT
DIRECTORY & SUBSCRIBE 掲載商品お問い合わせ先リスト&定期購読のご案内

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション)の内容

世界一ハイクオリティな、メンズ・ラグジュアリー・マガジン
ラルフ・ローレン、トム・フォード、エルメネジルド・ゼニア各氏に「世界一のメンズ・マガジン」と評された、最高のステイタスを誇るメンズ誌、待望の日本語版の登場です。トップ・デザイナーやエグゼクティブのライフ・スタイルを通じ、「本当の豊かさとは何か、エレガンスとは何か」を追求していきます。

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション)の無料サンプル

ISSUE 54 (2023年09月25日発売)
ISSUE 54 (2023年09月25日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション) ISSUE29(2019-07-25発売) の特集を少しご紹介

一生モノを、仕立てる
THE RAKISH GUIDE TO TIMELESS LUXURY
P.68~P.107
ビスポーク・テーラーリングを購うことは、高尚だが高価な行為だ。仕立てるなら、飽きが来ず、丈夫で、長く着られるモノを手に入れたい。そのための正しい生地選びと、オーダー時のテクニックを伝授しよう。入手すべきは、ファスト・ファッションの対極にある、一生の伴侶となってくれる服だ。スーツとは、本来そういった存在だったのだから。WEAVING STRAW INTO GOLDフォックス ブラザーズこそ、一生モノである 原料を贅沢な生地に変え、ビスポークの夢を現実とする。彼らの仕事がもたらすのは、代々伝わる金ぴかの装身具にも負けない、家宝となる服である……。 ビスポークは一度はまるとやめられない習慣だが、完成品への期待度がどのくらい変動するかは、依頼者とテーラーの信頼の度合いによって決まる。信頼がなければ、依頼者はその過程で神経を大いにすり減らすことになる。時間を無駄にし、お金を浪費したかもしれないと後悔するからだ。
全米一の人気コメディ俳優ケヴィン・ハート
KEVIN HART-Exclusive Interview-
P.34~P.45
スタンダップ・コメディとコメディ映画の世界を破竹の勢いで征服してみせたケヴィン・ハート。彼が満を持して取り組むのは、ハリウッド屈指の主演俳優へと押し上げる、シリアスな役だ。彼の夢は、もう手の届くところまで来ている。志は成果を目にすることで生まれる。だから僕は“成果”にやみつきなんだ。 少しでも無気力な生き方をしている人は、ケヴィン・ハートとして生きることを耐え難い運命だと思うかもしれない。彼が常に働いているからだ。まるで永久機関(外からのエネルギーを必要とせずに仕事をし続ける装置)のように、肉体に宿る凄まじいエネルギーと、アスリートのような身体、思慮深い心を持って自分の将来性を押し広げているように見える。俳優としても成功した現状を思うと、そんな姿勢に驚きを覚える。フォーブス誌によれば、彼は2018年に約5,700万ドルを稼いだというのだ。
THE BIG BANG 80年代狂騒曲
P.143~P.150
1980年代は単なる攻撃の的なのだろうか?パワースーツとブードゥー経済学を生んだ煌びやかなこの時代は今、私たちが生きる現代の前触れだったのだろうか、それとも放埒な時代の遺物だったのだろうか?当時の記憶をたどってみよう。破綻寸前の状態から立ち直ったニューヨークでは、毎晩お祭り騒ぎが繰り広げられていた。エネルギーに満ちた時代 80年代がそれまでの数十年よりはるかに華やかだと実感したのは1985年のこと。ある夜、私はマンハッタンで“エリア”の行列をパスした。ABCというニューロマンティック・バンドの同行取材中だったため、行列を免れて入場できたのだ。いくつかのVIPルームを通り過ぎるたびに私は、「あれはマドンナ?」「ウォーホル?」などと気を取られながら、同クラブのシンボル(=小さなサメでいっぱいの巨大水槽)の前で足を止めた。

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション)の目次配信サービス

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション)のメルマガサービス

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション)よりメールマガジンをお届けします。

※登録は無料です

おすすめの購読プラン

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

THE RAKE JAPAN EDITION(ザ・レイク ジャパン・エディション)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.