• 定期購読 ドロップダウンメニュー
  • 単品購入 ※単品でのお取り扱いはございません

インターコミュニケーション

インターコミュニケーション 表紙
※定期購読のイメージ画像

科学技術と芸術文化のコミュニケーション

この商品は現在休刊となっております。

インターコミュニケーションの内容

メディア/アート/コミュニケーションを通して多元的に世界を見る、超領域的文化誌
『インターコミュニケーション』は、NTTが1997年に東京西新宿に開設した未来型文 化施設「InterCommunication Center (ICC)」の関連誌です。ICCは「コミュニケーション」というテーマを軸に科学技術と芸術文化の対話を促進 し、豊かな未来社会を構想していきたいと考えています。オープン以来、ヴァーチャ ル・リアリティやインタラクティヴ技術などの最先端電子テクノロジーを使ったメデ ィア・アート作品を紹介してきた他、従来の形式や分類を超えた企画展を開催してき ました。また、ワークショップ、パフォーマンス、シンポジウムといった様々なプロ グラムを通じ、従来の枠組みにとらわれない実験的な試みや新しい表現、コミュニケ ーションの可能性について紹介しています。雑誌『インターコミュニケーション』も、科学技術と芸術文化の相互交流を通して、 新たなコミュニケーション文化を創造することを目的としています。アート、サイエ ンス、メディア・テクノロジー、情報環境から、音楽、映画、建築、社会学、哲学な ど、現代文化の幅広い領域で生まれるさまざまなテーマを取り上げ、今日的な課題の ありかを明らかにしていきます。

インターコミュニケーションの商品情報

商品名
インターコミュニケーション
出版社
NTT出版.
発行間隔
季刊

インターコミュニケーション取扱い開始コール♪

「インターコミュニケーション」定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

インターコミュニケーションのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.00
  • 全てのレビュー: 5件
豊富な読み物
★★★☆☆2008年01月13日 C-ans 自営業
現代において「芸術」という分野の存在意義は何なのか、というモヤモヤしたものをお持ちの方は、読んでみると面白いかと思います。
現代アートと”communication”
★★★★☆2008年01月09日 HK 会社員
新しいテクロノジーを使ったアートや、「通信」「交流」「伝達」という意味での「コミュニケーション」論の本です。ウエブのマーケティングの仕事をしていますが、発想などでとても参考になります。
何回も読み直すべき本
★★★☆☆2006年03月30日 うきうき 大学生
きっかけは偶然本屋で立ち読みして知りました。情報社会における中身のある本、内容のある、学べる本を探していた私の探究心を満たしてくれました。それ以来、同じ学生の仲間にも読むことを勧めています。いろんな分野の情報を一度読んだ後にでも、何度も読みなおすことで新しい発見があります。本も美しく読みやすく作られています。
やっぱコレだよね!!
★★★★★2005年08月29日 ゆっこ 自営業
口当たりのよい情報や、カタログまがいの雑誌が多い中、数少ない中身のある雑誌のひとつ。かなり勉強になってます。内容が濃いので、この価格でも満足です。<br>アートなら、インターコミュニケーション読むっしょ!!!
ICCの意義
★★★★★2005年03月19日 はみがきさん パート
僕はV・0(だったと思う)からの読者ですが、<br>常に知の最先端を走り続けています。<br>本当に芸術関係の方は特に読んでみるとよいと思います

インターコミュニケーションの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.