麻酔関係における最高権威の麻酔専門誌

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
麻酔のレビューを投稿する

麻酔の内容

(社)日本麻酔科学会準機関誌
麻酔科の専門医師の方々に広く読んでいただいている臨床専門誌です。麻酔科学の研究論文発表,麻酔科領域における臨床報告などを中心に収載しており,臨床に携わる方々に役立つ情報を提供し,また新しい情報の発表の場を提供しています。

麻酔の商品情報

商品名
麻酔
出版社
克誠堂出版
発行間隔
月刊
発売日
毎月13日
サイズ
B5
参考価格
2,860円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「麻酔」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

麻酔 Vol.73 No.2 (発売日2024年02月13日) の目次

●巻頭言
 新たな情報社会に向けて (賀来隆治) 85
●原著
 産後早期におけるEdinburgh postnatal depression scaleに影響を及ぼす因子の後ろ向き検討 (長田宜子ほか) 86
●症例報告
 prone CPRにより心拍再開が得られたブルガダ症候群の1症例 (吉田 恵ほか) 93
 アンデキサネットアルファの術前投与によって著明なヘパリン抵抗性を生じた急性大動脈解離の1症例 (森繁秀太ほか) 98
 内胸動脈グラフト採取による下肢虚血の検出に下肢組織酸素飽和度が有用であった症例 (桂 欣宏ほか) 103
 メチルフェニデート徐放錠を内服しているADHD患児の麻酔経験 (須貝隆之ほか) 108
 tension gastrothoraxを来した遅発性横隔膜ヘルニアの周術期管理経験 (佐藤有里ほか) 112
●紹介
 麻酔科医が制度設計した大腿骨近位部骨折患者への包括的集学的治療プログラム (植木正明) 116
●麻酔科専門医認定筆記試験問題
 公益社団法人日本麻酔科学会2023年度 第62回麻酔科専門医認定筆記試験問題(解答付) 122
外国文献紹介 142
投稿規定 144
ニュース 150

麻酔の目次配信サービス

麻酔最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

麻酔のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.50
  • 全てのレビュー: 3件
麻酔科学会の準機関紙
★★★★☆2020年01月16日 all その他
なかなか内容が充実しており、知識のアップデートのコアとして使えます。
麻酔科医に有益情報
★★★★★2015年11月17日 ナベさん 医者
麻酔科医には大変ためになる最新情報がおさめられている。定期的に届くのは忙しい医者にはありがたい。こちらの定期購読がお勧め。
麻酔の最新の流れがわかる
☆☆☆☆☆2004年06月13日 ヤンチョグアネ。 医者
最新の麻酔の流れがわかる。基礎的研究事例も重視しているため、臨床的有用性を求めている人には記事を選択して読む必要があるかも。<br>その点を割り引いても、読んで損はしない雑誌といえるだろう。

麻酔をFujisanスタッフが紹介します

麻酔は、公益社団法人日本麻酔科学会の準機関紙です。麻酔科医は手術中患者の全身管理を行うため、外科的治療の現場においてなくてはならない存在です。麻酔科医は循環管理・呼吸管理・疼痛管理を行います。術後、身体状況が安定するか、意識が戻るかも確認します。様々な病状に対応する必要があるため、常に新しい知識を取り入れる必要があります。

麻酔は麻酔科領域に特化した専門誌。麻酔科領域に関する研究論文・臨床報告が主に掲載されています。麻酔科領域の基礎の部分から最新の症例まで幅広く学ぶことができます。麻酔は1952年に創刊され、年13回発行されています。月1回以上発行されているため、常に最新の情報を学ぶことができます。麻酔は毎号ごとに特集が組まれています。例えばある号は筋弛緩管理について特集されており、薬の扱いや合併症の予防法等に関する記事が掲載されていました。

麻酔は麻酔科領域に関する記事に特化しているため、この雑誌一つで麻酔科領域における今の現状と今後の展望を知ることができます。忙しい麻酔科医も効率よく最新情報を取り入れることができます。症例も麻酔科領域に特化しているため、実践に応用しやすいです。日頃の仕事にも活かせるのではないのでしょうか。

麻酔の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.