定期購読なら買い逃しなく、毎号お手元にお届けいたします。

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
芸術新潮のレビューを投稿する

芸術新潮の内容

幅広い読者を持つ代表的な芸術総合雑誌
芸術愛好家だけでなく一般大衆にも向けた芸術総合誌です。

芸術新潮の商品情報

商品名
芸術新潮
出版社
発行間隔
月刊
発売日
毎月25日

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「芸術新潮」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

芸術新潮 2024年3月号 (発売日2024年02月24日) の目次

【生誕100年記念 特集】わたしたちには安部公房が必要だ

【再録エッセイ】「 買物」 安部公房
「キーワードでひらく安部文学の扉」解説 鳥羽耕史
1 幽霊/2 家/3 曠野、砂漠/4 運動/5 水/6 失踪/7 ノート/
8 生理学と言語学/9 機械

石井岳龍監督インタヴュー/「映画『砂の女』は、もはや世界遺産です」
安部公房 年譜「消しゴムで書いた68年」
走る文豪―クルマと安部公房 藤原よしお

いま読みたい安部公房ブックガイド10解説/近藤一弥
1 壁 2 第四間氷期 3 人魚伝 4 砂の女 5 友達 6 箱男 7 笑う月 8 方舟さくら丸 9 死に急ぐ鯨たち
10 カンガルー・ノート

Kobo Abe as Photographer
(再録)安部公房フォト&エッセイ「都市を盗る」「…」/証拠写真/分解された日常/陽だまり/コレクター

「メビウスの輪を歩く人間 写真と安部公房」 文 平野啓一郎

安部公房生誕100年をめぐるBOOK,MOVIE,EXHIBITION

◆ Art News exhibition ◆
□山野アンダーソン陽子と画家たちの協奏 ガラス器を巡るポリフォニーに耳をすます
□戦後写真史のキーパーソン 没後初の回顧展「中平卓馬のあるがままを凝視する」対談 増田玲×成相肇
□モダンで鮮やか 福田平八郎がきりとる美
□「座れない、されど愉しきアートな椅子」

◆ Review ◆鈴木繁男/山下茜里/米田知子/ナカダマコト
◆ Regular Features ◆

◇ 巻頭 ◇
Goods & Shop 時と光の美術館〈83〉ショパール
絵育のススメ〈7〉來住尚彦
とんぼの手帖〈3〉絵になる階段
◇ 連載 ◇定形外郵便〈116〉 文 堀江敏幸
幻々夢譚〈15〉絵・文 と金
千住博の知となり肉となり〈8〉
高校生たちに伝えたいこと 後編
山下裕二の新・今月の隠し球〈26〉川元陽子(下)
福井江太郎の駝鳥がゆく!!〈12〉藤田俊太郎 さん
千 宗屋の飲みたい茶碗、点てたい茶碗〈109〉

◇ PICK UP ◇
movie 北村紗衣
book 諏訪 敦
recommend 編集部のおすすめ!
ぐるぐるキョロキョロ展覧会記〈44〉小田原のどか
exhibition 全国展覧会情報

▼芸術新潮特別企画
NFTアートカレッジ〈12〉Adam by GMO/NFTアートで堪能/おしゃれ女子図鑑/伊藤若冲 銀座に降臨!
「永井画廊」で若冲の魅力がギュッと詰まった水墨画展を開催/夕日絶景スポットで味わう/「北斎コレクション」島根県立美術館/アートフェア東京2024 みどころガイド

パークホテル東京アーティストルームの39室目は 「パラリンアート」を代表するおおはしみささんの「玉手箱」

連載 美に魅せられて/アジア文化芸術協会〈59〉 法輪寺《伝虚空蔵菩薩立像》

ART CAFÉ GALLERY’S PLAZA

芸術新潮の目次配信サービス

芸術新潮最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

芸術新潮のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.59
  • 全てのレビュー: 54件
ずっと定期購読してます
★★★★★2023年10月28日 koko 会社員
毎回テーマ設定が面白く飽きません。これからも続けていくつもりです。
孫と話題を共有したい。
★★★★★2023年10月02日 プリンばあば 専業主婦
孫が大学生になったったので、視野をもっと広げて欲しくて、芸術新潮を毎月プレゼントすることにした。これが芸術を広く知る機会となり、今まで興味のなかったジャンルにも関心を持ってくれるなら嬉しい。
定期購読で買い忘れなし
★★★★★2023年01月01日 みの 専門職
毎月読むのを楽しみしているので、定期購読にして本当に良かったです。
芸術家とのふれ合いが感じられる雑誌です。
★★★★★2022年06月01日 万年筆のインクの色 コンサルタント
子供の頃から、身近に、芸術に関わっている人々がいたこともあり、ひろく芸術に興味を持っていた。現役時代の40年間は、忙し過ぎて、芸術とは縁遠くなっていた。古希を迎える年齢になって、美術展や、美術館巡りをするようになり、作品と同時に、作者のことに、興味を持つようになっていた。今年の5月の新聞の広告で、「芸術新潮:大人も読みたい絵本」が目にとまった。絵本は、いつか、自分でも書きたいと思っていたので、興味が湧いた。雑誌の概要をネットで見ると、しっかりと内容の詰まった月刊誌だったので、/~\Fujisan.co.jp に年間購読で注文した。雑誌が届いた。誌面の内容と構成に、引き込まれた。記事毎に、芸術家の体温が、伝わってきて、新たな、芸術観を知らされ、わくわくの連続だった。紙面に登場する芸術家の人となりが知れて、心温まる時間となっている。6月号も、おもしろかったし、7月号の配本も楽しみだ。
毎号新鮮
★★★★★2021年05月11日 Tarzan 無職
毎号特集記事が興味あるテーマが多く面白い。また最新の美術情報も新鮮で興味を引く。また過去のアーティストを新しい視点で捉え直し紹介していて良い。美術好きには堪らない話題が満載されている。美術関係の雑誌の中では群を抜いて一番面白い。これまで殆ど毎号購入して来たが割引もあるので定期購読することにした。フジサンで週刊新潮/文春に次ぐ3誌目の定期購読となる。
美術館に行った気分
★★★★★2021年04月14日 もも 専業主婦
田舎に移り住み、美術館に行くことが簡単なことではなくなりました。 こちらを手に取り読むと、美術の面白さに心が潤い、癒されます。
今年も定期講読
★★★★★2021年01月23日 ひろ 会社員
毎回テーマが楽しみで、ずっと定期講読しています。
もっと芸術に慣れ親しむべき。
★★★★★2020年08月03日 OK 自営業
あまたある芸術に触れない暮らしはどうなのか?人間の人間たる所以の表現を知ることは、人間そのものを知ることにも繋がる。手軽に接することができる雑誌を入り口にするには、芸術新潮は手頃であると思う。文章は斜め読みでも構わない。まず見るところから始めよう。
美術初心者にとっても面白い
★★★★★2020年07月17日 bluemint 無職
浮世絵が好きですが、西洋画はそれほど興味がありません。見方がわからないと言って良いでしょう。様々な寓意や宗教の知識がないと歯が立ちません。しかし、ここで紹介される西洋画、日本画、仏像、日本の古代史、浮世絵、それに美術に関わるあらゆる事柄を境界線を引くことなく紹介してくれます。しかも詳細で親しみのある解説で。また、写真もとても水準が高く、楽しめます。定期購読のおかげで、興味のない分野も読むことになり、美術の見方の幅が広がりました。ただ、後半にある最近の連載は面白くなく、かつての橋本治や白洲正子のような内容のあるものを望みます。
毎月 美術館
★★★★★2020年04月28日 Issey 副社長
もう5年 芸術新潮を購読している。 なかなか行こうとしてもいけない美術館に毎月連れて行ってくれる雑誌です。 頭の中には、行きたい美術館と見たい作品で大混雑しています。
レビューをさらに表示

芸術新潮をFujisanスタッフが紹介します

芸術新潮は新潮社が発行している芸術総合雑誌です。創刊は1950年という長寿の月刊誌で、芸術愛好家を中心に多くの人々に愛されています。創刊当初から暫くは国外への渡航が制限されていたので海外の美術品の紹介記事や評論が中心でしたが、写真の印刷技術の発展に伴い写真による芸術品の紹介が多くなってきました。現在でも写真の評価が高く、高いレベルの安定した内容は多くの人に支持されています。ページをめくると様々な美術館に訪れているような感覚になります。最近ではフィレンチェやローマ、パリなどの美術館のガイドドブック的な特集を行うことも多く、それらの特集記事を改訂し写真図版シリーズとして刊行しています。

芸術新潮の魅力は国内外の芸術の歴史やその時代に生きた芸術家の人間性や作品を興味深く紹介している点です。美術作品にはその国の政治や経済、慣習が反映されていて芸術家がどの様な情念でその作品をつくったのか思いを巡らせる楽しみが沸き上がります。芸術品はその国の時代背景を映していると考えると、さらに興味が持ち作品を見る目も変わってきます。また芸術新潮の内容は多枝にわたり、毎回何か違う発見があることも魅力です。芸術新潮は芸術品への愛情を育み、好奇心をよりそそらせてくれる雑誌です。

芸術新潮の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.