『肝臓はカラダの“防波堤”である』肝臓・腎臓の健康を取り戻すべくできること

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

私たちの肝臓と腎臓は、お腹の中で、24時間黙々と文句も言わずに戦っています。

 

肝臓と腎臓は健康を左右する重要な役割を人知れず果たします。

ですが、年末年始の乱れた食生活や日頃の運動不足などにより、絶体絶命の危機に瀕しています。

それでも沈黙を守り、持ち場に留まり、頑張り続けているのです。

 

今号のTarzanでは、腎臓・肝臓の健康を取り戻すべくできることを特集しています。

その中から今回は、肝臓の働きと大問題を紹介します。

 

肝臓の働きと大問題

 

 

肝臓はカラダの“防波堤”である

 

カラダの入り口は口ではなく、小腸だとよくいわれます。

消化管の内部は外の世界と繋がっており、食べ物の栄養素はおもに小腸から体内へ入ってくるからです。

では肝臓はどうでしょうか。

 

肝臓病学専門の竹原徹郎先生はこう話します。

「小腸が入り口なら、肝臓はカラダの“防波堤”です」

 

臓器には通常、血液を受け入れる動脈、血液を送り出す静脈という2系統の血管が接続します。

ですが、肝臓には3系統目の血管が通っています。

 

それが門脈

正常な肝臓は、動脈から3割、残り7割の血液を門脈から供給されているのです。

 

門脈は小腸など消化管や脾臓の毛細血管から血液を得て、肝臓の毛細血管(類洞窟)へ送ります。

食事で摂った糖質、タンパク質、脂質の3大栄養素は門脈で肝臓へ運ばれて、
利用しやすい形に代謝されてから全身へ送られます。

ビタミンやミネラルの貯蔵も肝臓の仕事です。

 

小腸などから体内へ入るのは、栄養素だけではありません。

アルコールなどの有害物も含まれます。

それを解毒して拡散を防ぐのも肝臓の役割。

防波堤といわれる所以です。

 

肝臓にも脂肪は溜まる

 

このほか肝臓が作る胆汁は脂質の分解を助ける乳化を行います。

脂肪が溜まるのは皮下(皮下脂肪)や内臓周辺(内臓脂肪)だけではありません。

肝臓にも脂肪は溜まります。

5%以上溜まると脂肪肝です。

 

脂肪肝は年々増えており、現在の国内の推定患者数はおよそ4000万人に達します。

日本人の3人に1人が罹っている計算です。

 

脂肪肝は、慢性的な肝臓の病気(慢性肝臓病)の出発点。

肝臓の細胞(肝細胞)が炎症を起こす脂肪肝炎の初めの一歩でもあります。

その早期発見が大事です。

 

慢性肝臓病を防ぐため、2023年奈良で開催された日本肝臓学会総会は『奈良宣言2023』を採択。

注目されたのがALT値です。

 

ALT値は肝細胞で作られる酵素。

その値は健康診断の血液検査で必ずチェックされます。

脂肪肝にも脂肪炎にも自覚症状はありませんが、ALTが31IU/リットル超だと脂肪肝の恐れがあるため、
奈良宣言ではALT30未満を目指そうとしています。

 

肝臓専門医の栗原毅先生はこう話します。

「健康な成人でも約15%はALT30超とされます。私の長年の臨床経験を踏まえるとALTは10~19が理想。30未満でも油断禁物です」

 

一度、直近の健康診断にて、ALT値をチェックしてみてください。

 


 

 

本誌では、肝臓の健康のためのチェックリストや、腎臓についても詳しく紹介しています。

 

フジサンタから ~あなたとあなたのみんなへ~
クリスマスプレゼントキャンペーン!

 

 

タイガー魔法瓶のコーヒーメーカーや、Vascoの音声翻訳機バルミューダのホットプレートなどが当たるチャンス!

上のバナーをタップし、『応募する』ボタンを押し、ログイン後にご希望のプレゼントを選択&応募してください。

新規で定期購読(一括払い・月額払い)をお申し込みの後に 「応募する」と抽選券が5倍に…!

 

<キャンペーン期間>
2023年12月14日(木)~2023年12月31日(日)

※応募はお一人様一回限りとさせていただきます。

ぜひご応募ください♪

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。