《あいみょんとジブリパーク》ハウルの城に大興奮!「あんな壮大な建物を一体どうやって実現したんだろう?」

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

 

スタジオジブリの世界を表現した〈ジブリパーク〉の新エリアが続々と開園!

 

『もののけ姫』に登場する〈タタラ場〉に続き、高さ約20mの〈ハウルの城〉
『魔女の宅急便』のキキが働くパン屋など、注目の建造物がお披露目されています。

 

今号のCasaBRUTUSでは、細部まで本物にこだわったジブリ建築の魅力を
製作現場を指揮した宮崎吾朗さんが図解するほか、
近年では稀な手描きアニメーションのために1点1点描かれた美しい絵も公開。

さらにアーティストのあいみょんさんがジブリパークを再び訪れています。

 

↓こちらは前回ジブリパークに訪れたあいみょんさんの記事です!

《ジブリパーク》あいみょんと巡る、ジブリの立体建造物の世界

 

今回は、あいみょんさんとジブリパークについてピックアップします。

 

【魔女の谷】魔女の口

 

 

〈魔女の谷〉の入り口ゲート前にある、大口を開けた魔女の顔のオブジェ。

異世界へ旅立つ入り口のようなこちらは、映画『アーヤと魔女』に登場する魔女ベラ・ヤーガをイメージして、
モザイクタイルで仕上げたもの。

 

口の中のトンネルをくぐると、やはりタイル張りの時計オブジェや滑り台などが待ち、
これから先の世界への期待をさらに盛り上げます。

 

前回、2022年にジブリパークに訪れたあいみょんさん。

 

「あの時も相当はしゃいで楽しかったのに、また来られるなんて!今回、初めて訪れる〈魔女の谷〉のことは、前回、計画が進んでいるとお聞きして以来楽しみにしていました。だって〈ハウルの城〉があるんですよね!?あんな壮大な建物を一体どうやって実現したんだろう?今回も感激の悲鳴が止まらなそうです!

 

あいみょんさんが話す通り、前回の〈ジブリパーク〉開園時の特集と今号の間の約1年半で、
〈ジブリパーク〉のエリアはさらに2つ増えました。

2023年オープンの〈もののけの里〉は、『もののけ姫』に登場する日本の里山の風景をイメージしたエリア、
そしてこの2024年3月16日にオープンした〈魔女の谷〉は、
魔女が登場するスタジオジブリ作品をイメージしたエリア。

 

これまでと同様に宮崎吾朗さんが全製作の指揮を執ったこれら2エリアの完成で、
〈ジブリパーク〉はその全貌を現したことになります。

 

広大な愛・地球博記念公園の敷地内に、それぞれに特徴的な5エリアが点在する〈ジブリパーク〉。

 

アトラクションが待つ通常のテーマパークとは異なり、エリアからエリアへ、
そしてエリア内での散策だけでも大満足の一日が過ぎる、楽しみに満ちた公園です。

 

【魔女の谷】ベラ・ヤーガの作業部屋

 

 

『アーヤと魔女』の主人公アーヤが引き取られた『魔女の家』も家全体を表現。

ベラ・ヤーガの作業部屋は、呪文づくりに使う怪しげなモノたちが戸棚に隙間なく詰まり、
大きなテーブルにはすり鉢やボウル、すりこぎや包丁などの道具もびっしり。

 

「映画自体が吾郎監督の作品だからか、作品世界と空間がとても近い印象」とあいみょんさんは話します。

 


 

本誌では、ほかにもあいみょんさんが訪れたジブリパーク、そして様々な解説も掲載されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2024

 

 

期間中に新規で対象誌をご注文をいただいたお客さまから
抽選で合計350名様にプレゼントが当たります!

 

キャンペーン期間中に、I Love Magazines!2024~spring~対象誌をご注文いただくと
Amazonギフトコード、U-NEXTギフトコード、全国のカフェで使えるドリンクチケットなどが当たります!

 

上のキャンペーン画像をタップして詳細をご覧ください!

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。