Lure magazine(ルアーマガジン) 発売日・バックナンバー

全173件中 1 〜 15 件を表示
1,100円
1,100円
でかバス特集を通り越して、『ロクマルの釣り方』! 関東でもチラホラ釣果も聞くようになったけど、まだまだ釣ったことがない人が多いのでは? ブラックバス…否! 『ロクマル』という生き物について達人たちからヒントを学ぼう! まだまだ釣りたいと思う人も、釣ったことない人も、釣ってみたい人も、ロクマルへのきっかけはほんの些細なことかもしれない…!


バスプロライフ特別編 イマカツ誌上フィッシングショー2024



今月のバスプロライフは2024年登場予定のイマカツ最新ルアー情報をお届けする。今年はスーパーリアルスモールジャバロンから毛むくじゃらの謎物体、フックが見えないリアルペンシルなどなど超大漁。今回掲載可能だった全15アイテムの特徴と使い方を紹介しよう。

LM最速スクープ2024




2024年も新製品盛りだくさん! フィッシングショー開幕シーズンに伴ない、ついに情報がリリースされたアイテムたちがベールを脱ぐ!

青木大介&山田祐五 ロクマル対談 聞き役:川村光大郎



バスアングラーであれば、誰でも一度は憧れる「ロクマル」。もちろん、すでに釣ったことある人間にとっても未だその価値は高いだろう。そんなブラックバスという魚のほぼ頂点に君臨する巨大魚たちを釣るために、東西異色のでかバスハンターからヒントを伺うとしよう。

ロクマルが反応するルアーの真相 奥村和正



この人が作ったルアーで何百、何千というロクマルが釣られてきたに違いない。アングラーとしてもルアーデザイナーとしても、でかバスたちが最も恐れる男、奥村和正。ロクマルが釣れるルアーの秘密とは…琵琶湖に浮かびながら、ポツリ、ポツリと、供述していただいた。

松本幸雄が説く、でかバスの壁とその突破口。



稀代のでかバスハンター松本幸雄さんの関東レコードは59.5センチ。

ロクマルにあと一歩届いていない彼だからこそ、その明確なボーダーラインを感じ取っているかもしれない。

そんな松本さんにでかバスの壁の超え方を聞くと、バスの偏食パターンや季節に応じたベイトの動きなど、目から鱗の情報が次々と飛び出した。

でかバスエキスパートのフィールド別ロクマル捕獲法 金森隆志・宇佐見素明・米山 悟・井上慎二郎




誰もが一度は手にしてみたいバスアングラーの憧れのサイズ、ロクマル。

ここではフィールド・スタイル別に、その道のエキスパート4人による実績のあるロクマル捕獲法を紹介。

彼らの意見を参考に各フィールドに潜むビッグサイズたちに挑んでいこう。

ロクマルしくじり先輩



失敗なくして成功はない。デカバス道最大の関門「ロクマル」を手にするには、何度もの失敗を乗り越える必要がある。それをちょっとでもショートカットするために、10人のしくじりオールスターが犯してきた失敗から学ぼう

プロに聞いた オールロクマルヒットルアーカタログ100



ロクマルをその手にするには、釣り人側のテクニックも必須だけど、やっぱりルアーパワーも超大事! ってことで、ロクマル捕獲実績ルアーを達人たちに聞いてみた! マル秘ルアーも盛りだくさん! 使いこなせるかはアナタ次第!?

シン・ドラハン 第5撃 ニジマスパターンでロクマルドリーム@豊英ダム



今号のルアーマガジンは「ロクマル特集」。困ってしまったのはこの「シン・ドラマチックハンター」だ。そもそもテッペイが、たった1日の取材でロクマルなんて出せるわけがない。しかし、そんな状況でとんでもない朗報が飛び込んできた。なんと、1月26日に豊英ダムでニジマスが放流されたというのだ! これは、バスの活性が一気に上がって、ロクマルゲット間違いなし!……という幻想を描いて、いざ出陣!

BACK TO THE PAST For Lure magazine



古い雑誌を一度手に取ってしまうと、ついつい時間が過ぎてしまうことってありませんか? 単に懐かしいだけじゃなく、温故知新的な発見もあるのでは? ということで、今月から始まる新連載「BACK TO THE PAST」。過去の同じ月号のルアーマガジンから、一部記事を編集部が選り抜きでピックアップしていくぞ!

連載&コラム
イチバス! 世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
アングラーズティップス
読者のページ「BASS GET CLUB」
バス釣りへブンズ・ドアー 大津清彰
お買い物手帳YTR
ルアーマガジン24年3月号
CONTENTS

16 LMスクープ2024 DAIWA、グラスルーツ、ティムコ、O.S.P、バリバス
28 特集①令和のウインタースタンダード
  12年前のルアマガ記事を検証!霞ヶ浦オカッパリの今と昔 川村光大郎
36 BASS PRO LIFE 今江克隆 続スパイラルガイド考
45 特集②ルアーマガジンタックル・オブ・ザ・イヤー2023
46 ハードルアー部門
48 ソルトルアー部門
50 ベイトロッド部門
52 スピニングロッド部門
54 ベイトリール部門
56 スピニングリール部門
58 グッズ部門
60 ルーキー部門
62 定番ルアーの使い方 虎のノ巻
68 特集③ バスと芸術
  誌上アートミュージアム「紙の上の水族館」
78 バスプロ、俺の勝負曲
83 イチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
92 菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
96 アングラーズティップス
98 読者のページ「BASS GET CLUB」
100 バス釣りヘブンズ・ドアー 大津清彰
101 お買い物手帳
103 読者プレゼント
104 シン・ドラハン 第4撃 加藤誠司の新会社「レヴォニック」に潜入せよ
111 今のうちに再チェック!ソフトルアー超入門
126 フォトコンジャパン
表紙は今ときめくバスフィッシング界のスーパースター、藤田京弥さん。圧倒的な強さを象徴するために王座に座っていただき、バッチリ決めさせてもらいました。国内で類を見ない強さを誇り、その実力は本場アメリカでも認められ始めています。彼の強さの秘密は一体なんなのか? これを読めば全てわかります!大波乱の陸王決勝戦にも注目です!



LMスーパースクープ2024
DAIWA/シマノ/ジャッカル/ウルフダウン
2024新製品スクープ第一弾! 年末年始恒例企画が今年もスタートです。気になるリール、ルアー、そしてロッドの最新情報をガンガンお届けします!

陸王2023 チャンピオンカーニバル 大江川・五三川(岐阜県)



長い夏を過ぎ、短い秋を経て、冬に向けて急激に冷え込み始めた11月中旬。
つい先日まで全国的に聞こえてきた好釣の報もパタリと止み、フィールドは口を固く閉ざす…。
3年ぶりに陸王決勝の舞台となった、大江川・五三川も例に漏れず厳しさを増していた。
予選を勝ち上がった4戦士は、はたしてこの苦境をどう乗り切るのか。
冬を制するヒントがここにある。

藤田京弥語り下ろしインタビュー 僕の知っているブラックバスという魚
日米で圧倒的な活躍を見せるバスプロ・藤田京弥。これだけの短期間で、バストーナメントの頂点近くに達したということは、ある意味誰よりもバスのことを知っている人なんだと思う。そんな藤田さんから見たブラックバスという魚は、どんな魚なのでしょう?

藤田京弥 公式戦 全196試合の記録



アマチュアからプロへ、そして日本を制するや、その眼は世界へと。ここでは2010年に千葉・高滝湖から始まり、2023年米国へと至るまでの196試合の記録を全網羅。藤田京弥という日本最高傑作アスリート。その足跡、すべてがバスフィッシングの歴史だ。

異色トークバトル 今江克隆・藤田京弥



藤田京弥特集のトップを飾る特別対談の相手は、全盛期の成績で唯一肩を並べる今江克隆。ともにデビュー直後から圧倒的な強さを発揮してきた平成と令和の傑物。京弥側から今江を対談相手に指名してきたが、「逆に聞きたいことが多すぎる」と今江は快諾。かつての日本最強トーナメンターと、現在の日本最高傑作は、初のロング対談でどんな化学反応を起こすのか。

京弥ʼsFISHING GEAR STORAGE



藤田さんがプロデュースするDAIWAのロッドブランド「リアルコントロール」の思想、彼が使うすべてのアイテムに要求されている。彼が愛用する10本のタックルはもちろ、ルアー、ボート、小物まで、日本にあるアイテムをほぼすべて公開!

艇王EX 藤田京弥vs藤田夏輝in高滝湖



藤田家長男の夏輝、次男の京弥。バス釣り最強兄弟の対決が艇王のエキシビジョンマッチとして行なわれた。場所はふたりのトーナメントの原点である高滝湖。夏輝が兄の威厳を見せつけるのか。京弥が類稀なる才能を発揮するのか。湖上の兄弟喧嘩が今はじまる!

令和の怪物の素顔に迫る10人の供述
THE 証言


令和の怪物、藤田京弥。なぜ彼だけが勝ち続けられるのか。その強さの秘密はなんなのか。ライバル、スポンサー、カメラマン、肉親…、彼をよく知る人物10人の証言から、藤田京弥という変異体の実像に迫る。

JB TOP50選手が語る「藤田京弥とは?」



2018年に国内最高峰JBトップ50シリーズに昇格して年間2位を獲得するや、翌2019年にはAOY(=年間優勝)。コロナ禍で非開催となった2020年を経て、2021年には2度目のAOY。さらに2022年は米国参戦の都合上、全5戦中の1戦を欠場も年間5位の快挙。のべ4年に及ぶトップ50参戦の間、共に鎬を削った選手たちは『藤田京弥』という選手に何を感じたのだろうか。

「京弥、半端ないって!」伝説を生んだあんときルアー10+α



数々の華々しい結果を残してきた藤田京弥。活躍の場がバス釣りなのであれば、その背景には常にルアーがあるはず。あの試合のとき、どんなルアーを使ったのか!? 何を思ってそれを選んだのか?

バス釣りの未来と藤田京弥



霞ヶ浦のほとりで語り合うバスアングラーがふたり。日米のバスフィッシングを長年見守り続けてきたヒロ内藤。幼少期に彼の作品「ルアー・ザ・スピリット」でバス釣りを学んだバスマスターエリートプロ・藤田京弥。日米を股に掛ける彼らだからこそ見えてきたバス釣りの未来とはー。

シン・ドラハン
第3撃 ヨコザワ杯で藤田京弥をぶっ飛ばせ



釣りメディア界の草トーナメント「ヨコザワ杯」。主に雑誌関係者が腕を競う地味な大会なのだが、なんとエリートプロの藤田京弥が参戦!これって草野球に大谷翔平が参加する級のインパクト?更に京弥の首を狙う凄腕の刺客が次々に宣戦布告! 下剋上が始まる!

BASS PRO LIFE RE:START! 三原直之[第二章]
JBトーナメント引退、そして三原流の生き方へ。


三原直之がトーナメンター引退を発表した。バストーナメントに出るために専門学校に入学し、デビュー後数年でトップ50にも勝ち、クラシックも複数回制し、トップトーナメンターとしての名声も、評価も獲得してきた。一流トーナメンターとして10年間走り続けてきた三原直之は、自身の基盤でもあったトーナメントからなぜ引退するのか。その理由と時代背景、そして三原の目指す先を問うた。

連載&コラム
イチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
アングラーズティップス
読者のページ「BASS GET CLUB」
バス釣りへブンズ・ドアー 大津清彰
お買い物手帳YTR
ENJOY!! バスフィッシング21 広瀬達樹
フォトコンジャパン
今回の特集はエリアバス。そう、バスの管理釣り場です。表紙にはジャッカルの大人気アングラー、水野浩聡さんと加木屋守さん、そして馬場拓也さんが登場! ワイワイ楽しくエリアバスの釣り方を紹介してくれています。ほかにも全国バス管釣りマップや流行テクニック集など、見どころ満載の号になっています!
陸王 伊藤巧VS藤田京弥 in 室生ダム(奈良県)
もうひとつのバスフィッシング『エリアバス』
今江克隆
ジャッカル三銃士によるバス管釣り攻略の極意
人気ルアーを予想しながらバスを釣れ!
in BRGD POND
暑さ寒さも怖くない!
管釣り春夏秋冬定番ルアーカタログ
全国バス管理釣り場 裏技広辞苑
シン・ドラハン
第2撃 エリアバス何でも実験対決 15番勝負!
実際に行ってきました!全国エリアバス大調査
今さら聞けない!
流行テクオムニバスBEST 2023
特別企画
T.O.Y.大プレゼント
BASS PRO LIFE×Real Fight
EPISODE7 今江克隆
JBトップ50 遠賀川戦(福岡県)&ジャパンスーパーバスクラシック2023(山梨県)
連載&コラム
ルアーマガジン23年12月号
CONTENTS

18 巻頭特別企画 陸王2023第3戦 青木大介VS小森嗣彦in印旛沼水系(千葉県)
29 特集① あのルアーは今
30 ナゼ、デプスのルアーはいつまでも消えないのか?奥村和正
36 ペンシルベイトは死んだのか?加藤誠司×伊東由樹
40 百年経ってもゲーリーグラブ
44 希少ジャンルクリニック
50 誰がマグナムクランクを殺したのか 
54 えぐり師チャーリーの見つけたら即買いルアーズ
58 エキスパート18人の巻き物上達ワンポイントアドバイス
63 イチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
72 菊元俊文のバス釣りQ&A[一刀両断]
76 アングラーズティップス
78 読者のページ「BASS GET CLUB」
80 バス釣りヘブンズ・ドアー 大津清彰
81 お買い物手帳YTR
83 特集② ライブスコープ
84 先駆者たちが語る、ゲームチェンジャーとの付き合い方。
88 ライブスコーブが物語る日本トーナメント近代史
92 ライブスコープ使いこなしマニュアル 佐々一真
96 ライブサイト必釣テクニック 大津清彰
98 ライブスコープバイヤーズガイド 黒田健史
100 最新ライブソナーイッキ見カタログ
102 僕がライブソナーを使わない理由 三原直之
104 シン・ドラハン 第1撃 オカッパリライブスコープに挑戦!
110 艇王 Fangle 
116 KANTAと幹太のXゲーム
124 バスプロライフ“ゴッドハンド”と呼ばれた男。
132 365DAYS VOL.05 奥田学 in合川&七川ダム(和歌山県)
136 エンジョイ!!バスフィッシング21 広瀬達樹
138 フォトコンジャパン
140 読者プレゼント
142 LMスナイパー
ルアーマガジン23年11月号
CONTENTS

24 陸王 第2戦 三原直之VS 加木屋守
32 杉村和哉
36 最先端素材を纏い革新のアップデートRevoltage
40 陸王U-30 in霞ヶ浦系
52 バスプロライフ EPISODE 5 CASE OF IMAKATSU TOP TEAM
60 JBトップ50
66 東のDEPS戦士 安江勇斗
68 エンジョイ!!バスフィッシング21 広瀬達樹
70 フォトコンジャパン
72 読者プレゼント
74 LMスナイパー
77 イチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
86 菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
92 読者のページ「BASS GET CLUB」
94 バス釣りヘブンズ・ドア- 大津清彰
95 お買い物手帳 YTR
101 輝け!個性派ブレードLURES
105 俺のガチトレーラー ニンジャ/木村建太/北 大祐
119 国産ブレーデッドジグ ALL MANUAL
121 僕がチャターベイトを使わない理由 川村光大郎インタビュー
125 AKチャター三位一体の魔法
129 ジャックハンバークロニクル 清水盛三
135 今江克隆とチャターベイト
ルアーマガジン10月号
みんな大好きブラックバスちゃんが表紙のルアーマガジン10月号。なんと芦ノ湖・箱根園水族館で飼育展示されているブラックバスにご出演していただきました! なかなかのアクターで、会心の一枚を撮るのに難儀しておりました…。バスに見られてる。そんな水中のイメージを抱きながら釣りをすれば釣果は倍増!? そんなイメージづくりにもぴったりな今回の特集は「釣れるワーム」と「釣れない理由」。さらに陸王、なぜなぜくんと、読みどころ満載でお送りします!

CONTENTS
【特別企画】
陸王2023in長良川(岐阜県)
金森隆志×川村光大郎

【特集1】
釣れるワーム2023
■時代を変えた
ニッポンフィールドのソフトベイト
■誰も知らなかった!?
名作ワームの秘密
イマカツ/ゲーリーインターナショナル/一誠/ノリーズジャッカル/OSP/デプス/レイドジャパン/エバーグリーンインターナショナル/ボトムアップ/ディスタイル/スミス/ハイドアップ/レイン
■釣れるワームになる
THE HOOK
■自由奔放! 変幻自在!
赤松健のクセツヨ リグ道
■治外法権企画
在野の(釣れる)無忖度ワーム列伝
■ルアマガ読者が1番釣った
ワームランキング

【特集2】
釣れない理由
■イトウタクミのなぜなぜくん ゲスト:小森嗣彦
■琵琶湖ガイド6人衆に聞く
釣れない人あるある集
■ザ・ターニングポイント
~釣れるアングラーに変貌したパラダイムシフト~
■凡ミスよさらば!
バス釣りケアレスミス解消法 講師:黒田健史

【特別企画】
●JBトップ50 第3戦 霞ヶ浦・北浦水系
●バスプロライフ EPISODE 3
CASE OF 今江克隆 FIELD TEST 2
スパイラルガイドとサイトフィッシングルアー

【連載&コラム】
・イチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
・菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
・アングラーズティップス
・読者のページ「BASS GET CLUB」
・バス釣りへブンズ
・ドアー 大津清彰
・お買い物手帳 YTR
・東のDEPS戦士 安江勇斗
・365DAYS フリースタイル 奥田学
・エンジョイ!! バスフィッシング21
広瀬達樹
・フォトコンジャパン
・読者プレゼント
・LMスナイパー
ルアーマガジン23年9月号
CONTENTS

20pLMNEWS
26pTHE酒井式フリースタイル
28pラグゼが導き出した操作系ビッグベイトの回答 ラフィン170
30p特集1 夏を制するキーワード
FLIPPIN‘林圭一が日本中のシャローを噴火させた、永久不滅のカバーフィッシング!
37p東西夏を制するキーワード 流れ:伊藤巧・平岩孝典 カバー:折金一樹・木村建太 ディープ:青木大介・玉置 証
50p大御所たちの夏の思い出 今江克隆・奥村和正・菊元俊文・並木敏成・村田基
56p大津清彰流シェード論 バス釣りではなぜシェードを狙えと教わるのか?
58pAFTCO 1958年創業の世界で愛されるアメリカン・フィッシングギアブランド
60p藤田京弥の瞳に映るバスフィッシングの近未来
65pイチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
74p菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
78pアングラーズティップス
80p読者のページ「BASS GET CLUB」
82pバス釣りヘブンズ・ドアー 大津清彰
83pお買い物手帳 YTR
87p読者アンケート
88p特集2 スモールマウス
90p川村光大郎 岸釣りジャーニー㏌長野県
98p北の鉄人 VS スモールマウス ㏌ 桧原湖(福島県)~週末1DAYぶっつけ本番1発勝負~
104p桧原湖マップ
106p五十嵐誠㏌野尻湖(長野県) JBメジャー戦で前人未踏の3連覇を達成したスモールマウス王“今”を釣る。
112p野尻湖マップ
114pウイニングルアークロニクル JBメジャースモールマウス戦
118p高梨洋平おすすめ フック&ライン スモールマウスの釣果をアップさせる
120pウキカツ!
122pDesign&Feature
124p特別企画 バスプロライフ EPISODE3 CASE OF 今江克隆 FIELD TEST
ルアー&タックル開発のウラ側
132p365DAYS フリースタイル 奥田学
134pエンジョイ!!バスフィッシング21 広瀬達樹
136pフォトコンジャパン
138p読者プレゼント
140pLMスナイパー
ルアーマガジン23年8月号
CONTENTS

19pLM News フロッグVSスイムベイト、因縁の戦い勃発!?
25pこれからのトップ
26pサーフェス・ゲームを誰よりも愛した男・則弘祐
32pヒロ流バスフィッシングを学んで楽しむトップウォーターゲーム
38p集約の一撃で仕留める、水面の狩人 菅沼史朗
44p俺のトップ50道 小林知寛
50p初夏の水面攻略大輪番 松本光弘
56p三賢人の水面塾 明石光正・川島勉・藤田京弥
62pトップウォーターロッドセレクト術 今井亮介
66p釣れるトップウォータールアーランキング
70p梅雨ナマズのススメ 谷中洋一
75pイチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
84p菊元俊文のバス釣りQ&A[一刀両断]
88pアングラーズティップス
90p読者のページ「BASS GET CLUB」
92pバス釣りヘブンズ・ドアー 大津清彰
93pTatsuya 六弦竿師一期一会/古今東西逸品探訪 水面印・荒井堂
98p365Days フリースタイル 奥田学
102pJBトップ50 第2戦 小野湖
108pバスプロライフ×2023 Real Fight
116p東のDEPS戦士 安江勇斗
118pエンジョイ!!バスフィッシング 広瀬達樹
120pフォトコンジャパン
122p読者プレゼント
124pLMスナイパー
ルアーマガジン23年7月号
CONTENTS

26p新連載365DAYSフリースタイル 奥田学
35pルアマガ国税調査
36p最新二大リール徹底比較パート1ベイトリール編
40p最新二大リール徹底比較パート2スピニングリール編
44pイグジストSF徹底レビュー
46pコンクBFSってどうなの!?
48pアンダー3万円タックルインプレッション
52pバーサタイルスピニングロッドカタログ35
56p“HARDなソリッドティップ”について考える
60p超絶フルスペックデイズ360全機種レビュー
62pレボ5バイヤーズガイド
66pNEWライン3Mインプレッション
70p自腹!買いモノ&嘆願!借りモノ インプレ
83pイチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
92p菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
96pアングラーズティップス
98p読者のページ「BASS GET CLUB」
100pバス釣りヘブンズ・ドアー大津清彰
101pTatsuya 六弦竿師一期一会/古今東西逸品探訪 水面印・荒井堂
108pJBトップ50 第一戦 七色ダム
114p新連載 バスプロライフ SEASON1若手アングラーの日常風景 河野正彦
122p新連載 東のDEPS戦士 安江勇斗
124pエンジョイ!!バスフィッシング21 広瀬達樹
126pフォトコンジャパン
128p読者プレゼント
130pLMスナイパー
132p一番簡単なバス釣り講座
ルアーマガジン23年6月号
CONTENTS

20pリック・ラン 田辺哲男
28p春バスを抑える3つの定義 金森隆志
34p城ノ上 巧
40p木村建太
46pエリートプロ10名に聞く “あなたの考える3大要素”は?
50p春攻略5賢人の3大ルアー
56p水温×バス×ベイト 生物学的に読み解く春を境に活発化する3要素の相互関係
60p全国からお届け!春の大人気ルアートップ10
66p釣れる!偏光グラス パーフェクトガイド
77pイチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
86p菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
90pアングラーズティップス
92p読者のページ「BASS GET CLUB」
94pバス釣りヘブンズ・ドアー 大津清彰
95pTastsuya 六弦竿師一期一会
95p古今東西逸品探訪 水面印・荒井堂
102pバスフィッシングの最先端
108p今江克隆 Real Fight!第1戦 七色ダム[奈良県]
116pエンジョイ!!バスフィッシング21 広瀬達樹
118pフォトコンジャパン
120p読者プレゼント
122pLMスナイパー
124p一番簡単なバス釣り講座(ノーシンカーリグ・カバー用リグ)
「ルアーマガジン・ソルト2023年5月号」が2023年3月21日に発売となります!
表紙は村田基さんで、なんと本誌表紙も誌面も初登場!
シマノが提唱する「インショア」の世界について、楽しみ方を実釣解説してもらいました!
また、特集企画では「エギング」「アジング」「シーバス」「ロックフィッシュ」「青物」など、
春の多彩な釣り物を詳細解説。
このほか、極上の釣り旅プランや、オヌマンのレバーブレーキリール解説など、
必見の内容となっています。

【2023スクープ 第2弾】
DAIWA
ジャッカル

【特集】
メガバスは違う。

■伊東由樹「全てがメガバスになる」
 道なき道が目指すフィッシングイデア
■Megabass CHRONICLE
 〜昭和・平成・令和 3つの元号を駆け抜ける時代の寵児、36年の系譜〜
■メガバスの現在地
 2023年、新たに刻まれる歴史
■極私的メガバス列伝 My Own Private Megabass
 伊東由樹・河辺裕和・小森嗣彦・佐藤信治・木村建太・杉村和哉
■イッキ見!
 メガバス独自機構の歴史
■デストロイヤー24モデル
オールインプレッションカタログ
■メ八面玲瓏
 メガバスルアー写真館
■避けて通れぬジャパンクオリティ
通過儀礼、メガバスと私。
■スタッフのオススメ使用方法付き!
メガバスオールルアーカタログ
■メガバスに仕える二人の女神
 疋田星奈&マミタス
■THE MEMORY OF MEGABASS
  ルアマガの読者といっしょに作りました

【特別企画】
◎注目新製品&フィッシングショー完全網羅 2023
 SCOOP! ディスタイル・ティムコ・PFJ・ボトムアップ・レイドジャパン・レジットデザイン・グラスルーツ

◎陸王 第4戦
 奥田 学VS 伊藤 巧 in 桑野川[徳島県]
◎オフシーズンを楽しむ他魚orDIE パンコイエリート
 伊藤 巧VS 藤田京弥 in 多摩川水系[東京都]

◎今江克隆
バスカレッジ 最終回
バスプロ名鑑「今江克隆」

【連載&コラム】
・イチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
・菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
・アングラーズティップス
・読者のページ「BASS GET CLUB」
・バス釣りへブンズ・ドアー 大津清彰
・Tatsuya 六弦竿師一期一会
・古今東西逸品探訪 水面印
・荒井堂
・エンジョイ!! バスフィッシング21 広瀬達樹
・フォトコンジャパン
・読者プレゼント
・一番簡単なバス釣り講座(ビッグベイト)
[巻頭特別企画]
●ほりにし×津本式スペシャルコラボ企画
ビワマスキャンプin琵琶湖
津本光弘・堀西晃弘・平岩孝典・たけだバーベキュー

●スクープ2023 第一弾
メガバス/DAIWA/エバーグリーン/ティムコ/一誠/ツララ/ノリーズ/O.S.P

[特集①]
●Mr.釣りどれん
・Mr.釣りどれん ルアマガSPECIAL
・WE ARE ALL 釣りどれん
・レジェンド・オブ・釣りどれん鼎談
・熱く語れ! 俺たち釣りどれん
水野浩聡/佐々木勝也/酒井俊信/永野総一朗/天野雄太/北田朋也/福ピンク/古川和弘
・釣りどれんルアー検証クラブ

[特集②]
●タックル・オブ・ザ・イヤー2022
ハードルアー部門/ソフトルアー部門/ベイトロッド部門/スピニングロッド部門/ベイトリール部門/スピニングリール部門/アイテム部門/ルーキー部門

[特別企画]
冬こそナイロンライン!? その真相に迫る!
X BRAID/SUNLINE/TORAY/VARIVAS/SANYO NYLON

[連載&コラム]
・イチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
・菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
・アングラーズティップス
・読者のページ「BASS GET CLUB」
・バス釣りへブンズ・ドアー 大津清彰
・Tatsuya 六弦竿師一期一会
・古今東西逸品探訪 水面印
・荒井堂
・エンジョイ!! バスフィッシング21 広瀬達樹
・フォトコンジャパン
・読者プレゼント
・一番簡単なバス釣り講座(メタルルアー)
今回の特集「バスプロ名鑑」では、バス釣り業界で活躍する有名アングラー100名のプロフィールを大公開! 年齢、身長体重など基礎的なスペックに加え、血液型や出身地なども併せて紹介しているので、アングラー同士の意外な関係性が見えてくるかも!? もうひとつの特集「バス釣りハローワーク」は2022年4月号にて大好評だった企画。様々な形で釣り業界に係わる方々に、仕事内容や就いたきっかけ、はては給料まで聞いてしまっています…!

巻頭特別企画
FISHIN’G.O.A.T in SHINJUKU ISETAN
東京都庁が居を構え、繁華、歓楽、オフィスと様々な顔を見せる都心「新宿」。百貨店の激戦区でもあるその地、日本一の売上高を誇る『新宿伊勢丹』にて、バス業界を牽引する4ブランドが集結した…!

2023 DAIWA NEW PRODUCTS Scoop
いよいよ2023新作発表のシーズンが迫ってきた。近年、ほかに先駆け年内に翌年モデルをリリースしているDAIWAから早速スクープが入電。あのDAIWA最高峰バスブランド“STEEZ”から、次世代ベイトリール、そして新たなるロッドシリーズ、NEWルアーなど期待のモデルが続々と登場する模様だ。なお、新作発表はまだPART.1。次号以降での続報を待て。

釣りへの情熱は、時代を越えて生き続ける。『グラスルーツ』始動!
『GRASSROOTS』。読み:グラスルーツ。これまでアングラーからアングラーへと脈々と伝わってきた釣りの文化。それは時代を超え、世代や国境さえも超えて生き続ける。グラスルーツとは、そんな人から人に伝わる輪廻の中で「作品」として誇れるタックルを作り込み、プロデュースしていくことを念頭に立ち上げられた新進気鋭のブランドだ。2023年、タックルメーカー・グラスルーツの歴史が動き始める。

ピックアップNEWアイテム
スミス/ニシネルアーワークス

特集:バスプロ名鑑
年代別! 総計100人! アングラー名鑑
あらゆるスポーツに名鑑はつきもの。バスフィッシングもプロカテゴリーが存在するスポーツとして捉えるならば、名鑑が必要なのではないか? ということで、黎明期から活躍するレジェンドアングラーから今後の成長が楽しみな注目ルーキーまで、なんと100人掲載致します! これでキミもバスプロマニアだ!

バスプロが認めたバスプロランキング&読者が選ぶ人気アングラーランキング
アングラー名鑑に載っている100人に、好きなアングラー、憧れているアングラー、影響を受けたアングラーをあげてもらいランキングを作成! バスプロが認めたバスプロ1位は一体誰だ⁉ また、読者アンケート投票による人気アングラーのランキングも5種類掲載!

渋谷で100人の女性に聞きました! イケメンバスプロダービー
バスプロは誰がかっこいいのか!? それを我々バスアングラーが決めるとなると、どうしてもビジュアル以外の要素で加点が加わってしまう。しかし少しでもバス釣りをしてモテたいと思うのであれば、よりビジュアルに特化する形の評価が参考になるだろう。そんなわけでとんでもない企画が勃発! 東京・渋谷の一般女性に、どのバスプロが(世間一般的に)イケメンなのか決めてもらおうじゃないか!!

日本一のバスプロを決する国内最高峰シリーズ
JB TOP50 PAST & FUTURE
『JBトップ50』として18年、前身の『ワールドプロ』シリーズから数え実に25周年を迎えた国内最高峰トーナメント。2020年はコロナ禍による非開催年のため、本来は26周年ではあるが、記念すべき四半世紀の節目に、当企画では偉大なる過去の戦績を振り返ると共に、輝ける未来を展望したい。

陸王コンプリートスタッツ
艇の日本一を決める最高峰戦がJBトップ50なら、陸の日本一は本誌が主催する“陸王~ THE・ショア・コンペティション~”だ。2008年に1部リーグがスタートして、2022年で15周年の節目を迎えた。近年では誰もが頂上へ挑める3部リーグ制へと進化。来たれ、若人!いざ、門戸は開かれた! ここではそんな挑戦者たちを鼓舞すべく、1部リーグ選手の数々の歴代記録を振り返っていく。

特集:バス釣りハローワーク
プロアングラー、メーカー勤務、フィッシングガイドにショップ店員、そしてカメラマンなど、釣り業界を支えるそれぞれのエキスパートたち。そんな彼らの職業とは一体どんな仕事なのか? どんな人向いていて、収入は一体どれくらいなのか? 気になる事情を徹底調査!

アングラー兼釣具メーカー社長 川村光大郎
レジェンド1勝、陸王4勝の最多陸王として、岸釣り界の頂点に君臨するオカッパリのスペシャリストである川村さん。メディアプロアングラーとして、取材やスポンサーワークなど、現場で活躍する一方で自身が主宰する人気メーカー・ボトムアップの代表取締役社長を務めている。

釣りYouTuber 秦拓馬
『釣り業界』という枠にとらわれず、釣りをとりまく時代の最先端ともいえる動画文化。なかでも無料で見られるYouTubeの存在感は大きく、今やあらゆるプロ、メーカー、そしてメディアがこれを活用している。そんな中で、最も上手に活用し、『釣りYouTuber』という称号がふさわしいアングラーといえば、秦拓馬さんだろう。

釣具メーカー 麻生雅之
ハイピッチャーやドライブクローなど、サンデーアングラー・トーナメンター問わず大人気の「釣れる」ルアーをいくつも生み出してきたO.S.P。お世話になった数々のルアーがあればこそ、そこで働いてみたいという夢を思い描くことがあるかもしれない。実際に働いている名物社員(?)の麻生雅之さんに実情を伺った。

釣具メーカー兼トーナメンター 藤田夏輝
バス釣りの楽しみの究極系ともいえるトーナメント。時にそれは人の人生を狂わせるほどの魅力を持っている。だからこそ、トーナメントを主軸においた生活を送ろうとする人も少なからずいる。国内最高峰トーナメントに参戦する藤田夏輝さんもそのひとりだろう。そんな藤田さんが選んだ道は、大人気メーカー・ジャッカルに勤めつつの二足のわらじだ。

ルアービルダー 櫻井亮
店頭に並ぶ多くのルアーは大きなメーカーが数千〜数万個という大規模な単位で製造しているものである。その一方で、数こそ及ばないものの、ハイクオリティなルアーは手作りでも生み出されている。ここでは、それを生業としたハンドメイドルアービルダー・櫻井亮さんにお話をうかがった。

フィッシングガイド 永野総一朗
1年間、最も釣り場に立っているバス釣り業界の仕事といえば、フィッシングガイドにほかならないだろう。しかしその仕事は「自分が釣をしたいだけでは決してなりたたない」と、琵琶湖でガイドを営む永野総一郎さん。誰よりも釣り場に立つ回数が多く、誰よりも釣りを「見守る」フィッシングガイドという仕事を掘り下げてみよう。

ショップスタッフ 岩井靖征
我々アングラーも常日頃からお世話になっているショップ。そこは数多の釣具が並べられた、釣り人からすればまさにパラダイスのような世界。そんな夢のような環境で仕事をするにはどうすればいいのだろうか? また、果たして本当に夢の世界なのか? 釣具店のリアルをお聞きしてみよう。

スチールカメラマン 土屋幸一
ルアーマガジンの第3号から撮影をお願いしている巨匠。「ツッチー」の愛称で多くのアングラーに親しまれ、飽くなき探求心で撮影技術は今もなお進化し続ける。そんなルアマガとも縁の深い土屋さんのストーリーを掘り下げてみた!

ビデオカメラマン 菱沼豪
「歴史的瞬間にタケシあり!」by本誌編集長。バスフィッシングシーンで、数々の名場面を映像に残してきた名カメラマン。トーナメント界隈では「菱沼さんが同船すると勝てる」とさえ囁かれている。そんな名カメラマンの心構えを紐解く。

編集部 福重智宏
さて今回の「バス釣りハローワーク」でも、最後はルアーマガジンを作っている編集部員をご紹介! トリを飾るのは…まさかの自分! 自分で自分のことを書くのはまりにも恥ずかしいのですが、最後まで読んでいっていただけると幸いです!

特別企画
W.B.S. 前人未到 4度目の年間優勝! 橋本卓哉が強い理由。
「ハシタク」こと、橋本卓哉さんがまた勝った! 2022年W.B.S.において、前人未到となる4度目のA.O.Y.(=Angler Of the Year、年間優勝)を獲得。現在49歳、年が明けて早々に五十路を迎える橋本さんが今、無敵である理由とは如何に。

バスカレッジ 今江克隆
第30講 2023 NEW LURE & TACKLE SHOW[前編] 〜大豊作のワーム&タックル編〜
コロナ禍で国際的なサプライチェーンと流通網が断絶されていたため、ルアーメーカー・イマカツとしても2022年はほとんど新製品をリリースできなかった。だがその厄災は徐々に過去のものとなり、国際流通網も、国内製造ラインも、かつての日常を取り戻しつつある。今回はこの雌伏期間にしっかりと温めて育てていた新製品を一気に発表しよう。ロッド2本、リール1機種、ワーム系9種の大型誌上フィッシングショーの始まりだ!

連載&コラム
イチバス!世界イチのバスを釣る カナマルショウジ
菊元俊文のバス釣りQ&A「一刀両断」
アングラーズティップス
読者のページ「BASS GET CLUB」
バス釣りへブンズ・ドアー 大津清彰
Tatsuya 六弦竿師一期一会
古今東西逸品探訪 水面印・荒井堂
エンジョイ!! バスフィッシング21 広瀬達樹
フォトコンジャパン
LMスナイパー
読者プレゼント
一番簡単なバス釣り講座(シャッド)
おすすめの購読プラン

Lure magazine(ルアーマガジン)の内容

  • 出版社:内外出版社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:[紙版]毎月21日  [デジタル版]紙版発売日の2日後
  • サイズ:A4変型判
ブラックバス釣り専門誌
ルアはバスフィッシング専門のビジュアル情報誌!ビギナーからトップアングラまで「もっとうまく、もっとカッコよく釣りたい」という上昇志向をもったアングラーがターゲット!トッププロによる釣行記やルアー別テクニック・ポイント攻略法、ポイントガイド、ルアー&タックルの最新情報などが満載!!

Lure magazine(ルアーマガジン)の無料サンプル

2009年09月26日発売号
2009年09月26日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

Lure magazine(ルアーマガジン)の目次配信サービス

Lure magazine(ルアーマガジン)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

Lure magazine(ルアーマガジン)のメルマガサービス

Lure magazine(ルアーマガジン)よりメールマガジンをお届けします。

※登録は無料です

Lure magazine(ルアーマガジン)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Lure magazine(ルアーマガジン)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.