スポーツメディスン 最新号:No.258 (発売日2024年02月27日)

ブックハウス・エイチディ
ニーズを把握する

今回は「ニーズ」についてお2人にお聞きしている。北九州の病院から奈良の大学へ移られた福本氏。地域が異なるのと、病院の臨床から教育や研究が主となったという違いがあるが、どちら...

スポーツメディスン 最新号:No.258 (発売日2024年02月27日)

ブックハウス・エイチディ
ニーズを把握する

今回は「ニーズ」についてお2人にお聞きしている。北九州の病院から奈良の大学へ移られた福本氏。地域が異なるのと、病院の臨床から教育や研究が主となったという違いがあるが、どちら...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
スポーツメディスンのレビューを投稿する
2024年02月27日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
1,100円 / 冊
2024年02月25日発売号から購読開始号が選べます。
プロフェッショナルが読むスポーツ医科学専門誌

スポーツメディスン 最新号:No.258 (発売日2024年02月27日) の目次

ニーズを把握する



今回は「ニーズ」についてお2人にお聞きしている。北九州の病院から奈良の大学へ移られた福本氏。地域が異なるのと、病院の臨床から教育や研究が主となったという違いがあるが、どちらの職場においても、地域の中に身をおいて、ご自分のできることを探り、動いていく中でニーズを見出していったことがわかる。次に水石氏にお聞きした。山梨県へと勤務地を移動したことで、患者さんから求められることに違いがあること、また共通点とともに話していただいた。

1. その場にいることでニーズを捉える
── 奈良へ移って感じたこと
福本貴彦・畿央大学 健康科学部 理学療法学科、理学療法士

2. 地域の大学病院で見えてくるニーズ
水石 裕・山梨大学医学部附属病院、理学療法士、JSPO-AT

印刷版の終了について/電子版の購入方法について

連載 対談:スポーツ鍼灸を考える 2 
スポーツ鍼灸の直面する問題(2)
泉 重樹・法政大学、鍼灸あん摩マッサージ指圧師、JSPO-AT、博士(スポーツ医学)
金子泰久・呉竹学園 東洋医学臨床研究所、鍼灸あん摩マッサージ指圧師、博士(医学)


投稿
研究論文
精神賦活薬と先行の諸種薬物とのドーピング効果を比較詮索する
夏野義啓 NATSUNO, Yoshihiro 医学博士
夏野多永 NATSUNO, Tae 司書

連載 カラダの科学を支える数学──スポーツ医/ 科学のための数学の使い道 最終回
論理と理論
岡野真裕・神戸大学大学院人間発達環境学研究科

連載 産前産後の生理学と社会課題 16
自宅での産後ケアプログラムの紹介その2
── 産後直後~産後1カ月はとにかく仰臥位姿勢が重要
寅嶋(桜井)静香・京都工芸繊維大学研究員

Seminar

連載 スポーツ医科学論文レビュー──現場での判断の手がかりとして 39
医療機関の紹介
―― 患者満足度を例に
紀平晃功 呉竹学園東洋医学臨床研究所、東京医療専門学校専任教員、修士(保健医療学)、柔道整復師、JATI-ATI

連載 ストリートダンスで起こりやすいケガとその予防 9
ポッピングダンス
塩﨑由規・練間堂 院長、アルファ医療福祉専門学校教員、柔道整復師、鍼灸師

連載 図解 わかるとつながる 身体のしくみ 40
拡散による酸素運搬
得原 藍・一般社団法人School of Movement ディレクター、理学療法士、修士(学術)

資格 取得関連講習会

投稿
少年期における骨端症を及ぼす因子の検討
── 生活レベルにおいてアンケート調査実施して
入井裕太・医療法人慈圭会 八反丸リハビリテーション病院、理学療法士
共同研究者:竹内直人、重留航汰、牧角龍一、澤津一希、木川 渉(FC鹿児島アラーラ監督)

編集をおえて

スポーツメディスンの内容

スポーツ医学実践者のためのスポーツ医学専門誌
1989年10月、月刊トレーニング・ジャーナル創刊10周年に当たり、スポーツ医学実践者のためのスポーツ医学専門誌として創刊。従来のスポーツ医学誌は、ドクターのみを対象とし、アカデミックな内容であったが、本誌はあくまで現場でスポーツ医学を実践する人を対象とするため、広い意味でのメディカル・スタッフとし、プラクティカルな内容を提供しています。従って、現場でできるスポーツ医学に焦点を当て、取材を重要視しています。知識としてのスポーツ医学より、「使えるスポーツ医学」。また、第14号より1つのテーマを徹底的に追求する特集主義をとり、スポーツ医学の世界で話題になっていることを60~90頁のボリュームで編集しています。スポーツ医学関連ニュースや話題の出来事、療法、施設、人物、製品なども紹介。 61号特集:呼吸

スポーツメディスン最新号の目次配信サービス

スポーツメディスン最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

スポーツメディスンの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.