Fishing Area News (フィッシングエリアニュース)

Fishing Area News (フィッシングエリアニュース) 表紙
※定期購読のイメージ画像
この商品は現在休刊となっております。

Fishing Area News (フィッシングエリアニュース)のバックナンバー

Fishing Area News (フィッシングエリアニュース)の内容

管理釣り場を釣る! 楽しむ! 情報誌
最近急激に盛り上がりを見せているフィッシングエリア(管理釣り場)での釣り。小誌は、数ある釣りのジャンルの中でも、この管理釣り場のルアーフィッシングだけに焦点を合わせた専門誌です。釣りのハウツーにとどまらず、料理や手作りルアーなど、管理釣り場のルアーフィッシングをトータルに楽しむための情報が満載! もちろん、フィールドガイドも充実しています。

Fishing Area News (フィッシングエリアニュース)の商品情報

商品名
Fishing Area News (フィッシングエリアニュース)
出版社
フリーホイール
発行間隔
隔月刊
サイズ
A4

Fishing Area News (フィッシングエリアニュース)取扱い開始コール♪

「Fishing Area News (フィッシングエリアニュース)」定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

Fishing Area News (フィッシングエリアニュース)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.86
  • 全てのレビュー: 8件
初心者も必見
★★★★★2008年12月06日 シレミ 会社員
私自身管理釣り場デビューしてまだ数ヶ月。たまたま行った管釣りの受付にあったのがフィッシングエリアニュースでした。なんとなく購入してみると、この安さでたくさんの情報が載っているではありませんか!それ以降毎号購入することに決めました。
コンパクト
★★★★★2008年10月27日 お邪魔女 役員
各地の管理釣り場が色々な角度から取材されていて他の雑誌より、よく言えば詳しいし、別の言い方をすればマニア向け?私は大変満足しています。頑張って色々な管理釣り場や取り方を教えてください
初心者から上級者まで
★★★★★2008年10月16日 OKA 教職員
エリアフィッシングはここ数年全国に広がりを見せています。その魅力は、女性や子どもでも気軽に釣りができ、最近の管理釣り場はトイレやレストランもかなりキレイです。いわゆるデートフィッシングにも対応できるレベルです。しかし、何を用意すればよいか悩むところ。雑誌で予習することがオススメです。
オススメです!
★★★★★2008年08月04日 OKA 教職員
年々タフ化して釣りにくくなる日本のフィールド。釣り人口に対して釣り可能なエリアが少ないのが原因です。そんな中、今脚光を浴びているのがエリアフィッシング。初心者の人や女性、子どもも気軽に釣りを楽しむことができます。これからエリアフィッシングを始めたい人にオススメの雑誌です。
管釣り雑誌?
★★★★☆2007年12月28日 管釣り歴1年 無職
最近、海釣りの記事が多くなってきました。純粋な管理釣り場雑誌として期待しています。
最高の釣り雑誌です
★★★★★2006年09月10日 けん 学生
私がこの雑誌の一番気に入っているところは低価格と言う事です。釣りを始めたころになかなか釣果が得られなかったので雑誌から知識を得ようと思って買ったのがこの雑誌でした。低価格でいいことを書いている、これは最高のことだと思います。
従来釣り雑誌とは一線を画す釣り雑誌
★★★★★2006年01月23日 出雲駅伝 大学生
従来の釣り雑誌のような単なる製品広告におわる記事は無く、執筆者が本当に釣りを楽しんでいることが読んでいてわかる面白い雑誌です。なかでも編集長の「カンツリ電車&バス紀行」、16号より新連載の小久保領子さんによる「ちゃりんこ釣り日記」は、なんだかアナログな雰囲気でとても面白いです。さらに特筆すべきは絶対に採算取れていないであろう超低価格。この価格でこれほど内容が充実した雑誌はなかなかありません。
管釣り入門書!
☆☆☆☆☆2004年02月18日 ぶらっきー 会社員
管理釣り場初心者向けの内容です。あまり難しいことは書いてありませんが、村田さんや皆川さんのお話も掲載されていて楽しく読めます。薄い冊子のワリに読み応えがあると思います。価格もお手頃ですし、これから管理釣り場デビューという方におすすめの雑誌だと思います。

Fishing Area News (フィッシングエリアニュース)の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.