BIOINDUSTRY(バイオインダストリー) 2008年12月号 (発売日2008年11月12日)

シーエムシー出版
【特集】 システムバイオロジー―解析データ応用の第2ステージへ―
2008年12月号 (発売日2008年11月12日)は取扱いがございません

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)2008年12月号 (発売日2008年11月12日)を買った人はこんな雑誌も買っています!

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー) 2008年12月号 (発売日2008年11月12日) の目次

【特集】 システムバイオロジー―解析データ応用の第2ステージへ―
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって―生命システムの解明と応用に向けて―
Editorial;Recent Development of Systems Biology Towards the Deep Understanding of Biological Systems and It’s Applications to Various Aspects

--------------------------------------------------------------------------------
八尾徹((独)理化学研究所;(独)産業技術総合研究所;(独)科学技術振興機構)




--------------------------------------------------------------------------------

システムバイオロジーの進展
Recent Progress in System Biology for Understanding Interaction Networks

--------------------------------------------------------------------------------
北野宏明(特定非営利活動法人システム・バイオロジー研究機構 会長)

システムバイオロジーが,新たな潮流として生み出されてから10年が経とうとしている。本稿では,最近の大規模相互作用データに基づくネットワーク生物学ともいえる理論的展開とソフトウエア基盤に関して概観する。ゲノム・ワイドでいろいろな生物種の塩基配列,転写活性の変化,タンパク質相互作用などの測定が可能となった今,生物の持つ複雑な遺伝子やタンパク質相互作用としてのネットワークの本質を探ることが,大きなテーマとして浮上している。本稿では,まず,大域的なネットワーク構造に関する議論を紹介すると共に,ロバスト・システムとしての生命という視点から,進化可能でありロバストであるシステムを構成するネットワークの基本的なアーキテクチュアに関して議論したいと思う。さらに後半で,これらの研究を進めるにあたって重要となる,情報基盤・ツールに関して述べる。

【目次】
1. 生物学的ネットワークの大域構造
2. 進化可能で,ロバストなシステムのアーキテクチュア
3. モジュールのロバストネス
4. アーキテクチュア
5. ロバストネスと脆弱性のトレードオフ
6. システムバイオロジー研究での情報基盤
6.1 SBML:Systems Biology Markup Language
6.2 SBGN:Systems Biology Graphical Notation
6.3 CellDesigner
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

シグナル伝達系のシステムバイオロジー―細胞制御の理論と予測―
Systems Biology for Signal Transduction Network―Theory and Prediction for Cell Control―

--------------------------------------------------------------------------------
畠山眞里子((独)理化学研究所 基幹研究所 先端計算科学研究領域 細胞システムモデル化研究チーム チームリーダー)

まったく異なる細胞フェノタイプを誘導するシグナル伝達に関わる分子種を見ると,そのほとんどがオーバーラップしていることに気づく。なぜ,同じ分子種を用い,異なる細胞出力を生み出せるのか?この疑問がシグナル伝達系をシステムとして解こうという出発点である。細胞制御をシステムとして見た場合,どのような理解が可能になるか,その具体例に触れる。

【目次】
1. はじめに
2. パスウェイ構造と細胞出力
3. 生物におけるパスウェイ構造
4. シグナル伝達と転写とのクロストーク
5. 生物パスウェイを模倣した数理モデルの妥当性
6. 細胞出力を決定するシステムのメカニズムは1つだけでない
7. 階層的なシステム解析の必要性
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

心筋細胞のシミュレーションとその応用―分子・細胞のモデルから生理・病態生理の理解と応用へ―
Simulation of the Cardiac Muscle Cell Function and its Application

--------------------------------------------------------------------------------
野間昭典(立命館大学 生命科学部 生命情報学科 教授)
姫野友紀子(京都大学 医学研究科 病態代謝栄養学 バイオシミュレーションプロジェクト)
車采映(京都大学 医学研究科 病態代謝栄養学 バイオシミュレーションプロジェクト)

我々の目指すバイオシミュレーションは心臓の生理学,あるいはシステムバイオロジー解析を目指すものである。平成15~17年度リーディングプロジェクト「細胞・生体機能シミュレーションプロジェクト」京都大学拠点における研究成果,シミュレーションでなければできなかったこと,心臓シミュレータの応用,展望等について記載した。

【目次】
1. 心臓の生理学
2. 平成15~19年度リーディングプロジェクト「細胞・生体機能シミュレーションプロジェクト」京都大学拠点におけるシステムバイオロジー研究
3. 京都大学拠点の研究成果
4. シミュレーション基盤技術の開発
5. シミュレーションでなければできないこと
6. 心臓シミュレータの応用,実用化
7. 心臓シミュレーション解析の展望


--------------------------------------------------------------------------------

オミックス医療とSystems Pathology
Omics-based Medicine and Systems Pathology

--------------------------------------------------------------------------------
田中博(東京医科歯科大学 疾患生命科学研究部 教授)

ゲノム,遺伝子発現,プロテオームなど近年の発展の著しい網羅的分子情報に基づいて予測性の高い医療の実現を目指すオミックス医療について論じるとともに,これら網羅的情報に基づいて「疾患をシステムとして理解する」Systems Pathologyについて,その基本概念,肝細胞がんでの応用例などを紹介する。

【目次】
1. はじめに―システム分子医学の発展に向けて―
2. Systems Pathologyの基礎としてのオミックス医療の展開
2.1 オミックス(Omics)情報,オミックス医科学とは
2.2 オミックス情報は,疾患に罹患した体細胞組織の遺伝子変異についての網羅的分子情報である
2.3 オミックス情報の臨床的な有効性
2.4 疾患トランスクリプトームによる疾患の亜分類と予後予測
2.5 疾患プロテオームとがんの早期診断
2.6 始まったがんの予後予測のDNAチップの臨床実用化
3. システム分子医学の基礎としての統合的医療データベースiCOD
3.1 分子から臨床まで統合的医療データベースの必要性
3.2 東京医科歯科大学における網羅的分子病態データベースiCOD
3.2.1 iCODの症例数
3.2.2 収載した項目
3.2.3 データベースの構成・利用
3.2.4 オミックス医療のための解析
4. 疾患に対するシステム的理解としてのSystems Pathology
4.1 疾患をシステムとして捉える
4.2 Systems Pathology(システム病態学/システム分子病理学)の基本的見方
4.3 高血圧における階層横断的な下向的因果性と疾患維持ループ
4.4 肝がんのシステムパソロジー
4.5 細胞周期関連遺伝子の変異は,カオスへと移行するがん進行の最終共通過程


--------------------------------------------------------------------------------

微生物代謝のシステムバイオロジー―オミックス解析からシミュレーションへ―
Systems Biology for Microorganism from Omics to Simulation

--------------------------------------------------------------------------------
戸谷吉博(慶應義塾大学 先端生命科学研究所;大学院政策・メディア研究科 博士課程)
石井伸佳(慶應義塾大学 先端生命科学研究所;大学院政策・メディア研究科 助教)
冨田勝(慶應義塾大学 先端生命科学研究所 所長;環境情報学部 教授)

近年のトランスクリプトミクス,プロテオミクス,メタボロミクスなど,細胞内のオミックスを研究する学問分野の拡大に伴い,各種の網羅的情報が急速に蓄積している。これら異なる階層に渡る情報を統合的に解析することで,細胞の生理機能についての多くの知見が得られると期待されている。また,詳細な代謝の制御機構の解明やin silicoでのスクリーニングを実施するには数理モデルの利用が有効である。本稿では,微生物細胞のメタボローム解析や代謝流束解析,異なる階層のオミックスデータの統合的な解析について概説する。また微生物細胞の代謝モデルを構築するためのこれまでの取り組みや,オミックス解析を利用した微生物細胞のシミュレーションに向けた試みについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 微生物細胞のメタボロミクス
3. 13C代謝流束解析
4. マルチオミックスの統合的解析
5. 微生物細胞の動的代謝シミュレーション
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

植物システムバイオロジーの進展―マルチネットワークの視点から―
Plant Systems Biology―from a Complex Multinetwork View Point―

--------------------------------------------------------------------------------
福島敦史((独)理化学研究所 植物科学研究センター メタボローム基盤研究グループ 特別研究員)
斉藤和季(千葉大学 大学院薬学研究院 遺伝子資源応用研究室 教授;(独)理化学研究所 植物科学研究センター メタボローム基盤研究グループ グループディレクター)

近年,網羅的な遺伝子発現および代謝物プロファイルデータを組み合わせた統合解析が植物機能ゲノミクスへの利用や生理状態の解明に深い洞察を与えている。本稿では,ネットワークの観点からオミックスデータを統合する植物システムバイオロジーの研究動向について概観し,特に代謝物プロファイルデータの解析に関する解説とその統合解析例を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 植物システムバイオロジー研究の動向―ネットワークの視点から
2.1 遺伝子-遺伝子発現相関ネットワーク
2.2 遺伝子発現-代謝物相関ネットワーク
2.3 代謝物-代謝物相関ネットワーク
2.4 代謝物-表現型形質相関ネットワーク
3. 植物システムバイオロジーを支える大量データを扱う―代謝物プロファイル
3.1 植物の代謝物プロファイリング技術
3.2 生データからデータ行列への変換
3.3 データ行列に対する前処理―データ変換とスケーリング
3.4 データベース
3.5 統合する・視覚化する・解釈する
4. 概日リズム関連遺伝子欠損シロイヌナズナの統合解析例
4.1 植物概日時計システムについて
4.2 Pseudo-response regulatorは中心振動体のリズム保持に関わる
4.3 d975の代謝の観点からの特徴づけ
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

システムバイオロジーの国際動向―基礎現象の解明から医療・環境・エネルギー分野への応用―
World Trends of Systems Biology―From Basic Reseaerch of Biological Systems towards Applications to Healthcare, Medicine, Environment and Energy―

--------------------------------------------------------------------------------
八尾徹((独)理化学研究所;(独)産業技術総合研究所;(独)科学技術振興機構)

近年目覚ましい発展をしつつあるシステムバイオロジーの国際動向を概説する。特に第2ステージに入ったと考えられる最近の欧米の施策動向と研究動向を紹介する。その上で,システムバイオロジーの医薬・医療への応用動向と,微生物・植物システムバイオロジーによる環境・エネルギーへの応用と合成バイオロジーの状況を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. システムバイオロジーの発展
2.1 全般動向
2.2 米国の動き
2.3 欧州の動き
3. システムバイオロジーの研究動向
3.1 全般動向
3.2 注目事例
4. システムバイオロジーの医薬・医療への応用
4.1 全般動向
4.2 注目研究
4.3 医薬企業のシステムバイオロジー
4.3.1 Novartis Institute for BioMedical Research Inc.(Boston)
4.3.2 Lilly(Research)
4.3.3 TNO(Systems Biology)
4.3.4 Astra Zeneca
4.3.5 Pfizer(Dr.D.Graaf:Director,Systems Biology)
4.3.6 Novo
4.4 ベンチャー会社の取り組み
5. 微生物・植物システムバイオロジー,合成バイオロジーと環境・エネルギー
5.1 微生物関連システムバイオロジー
5.1.1 DOEは,環境・エネルギー問題へのシステムバイオロジーを強力に推進している
5.1.2 欧州では,SysMo(Systems Biology of Micro-Organisms)という微生物システムバイオロジープロジェクトが2007年5月に,欧州6か国(ドイツ29,オーストリア2,オランダ15,ノルウェー7,スペイン9,イギリス22)によってスタートした
5.1.3 システムバイオロジーの論文は年間1,000件を超えるレベルに急増しているが,その中で微生物関連は非常に多い
5.2 植物バイオロジー
5.2.1 Ghent大(ベルギー,ブリュッセル郊外):Dr.Martin Quiper,July 21,2007
5.2.2 Nottingham大(UK):Prof.Bennet Malcolm,Director,July 25,2008
5.2.3 Western Australia大:Prof.Harvey Millar,July 26,2008
5.2.4 New York大:Prof.Gloria Coruzzi,Chair,Genomics and Systems Biology,July 24,2008
5.2.5 Toront大(カナダ):Prof.Peter McCourt,Department Cell & Systems Biology,July 24,2008/09/28
5.2.6 国際植物学会ICAR 2008(International Conference on Arabidopsis Research)
5.3 合成バイオロジー(Synthetic Biology)
5.3.1 合成バイオロジーの発展
5.3.2 最近の動向
5.3.3 今後の展望
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

ヒツジを用いたサル組織産生法
A Method for Generating Monkey Tissues Using Sheep

--------------------------------------------------------------------------------
花園豊(自治医科大学 分子病態治療研究センター 再生医学研究部 教授)

移植医療においてドナーが絶対的に不足し,それが移植治療普及の足かせになっている。そこで,家畜動物にヒトの組織を作らせたらどうかと考えた。すなわち,ヒトの組織をもつキメラ家畜である。それに向けて筆者らは今回,サルES細胞をヒツジ胎仔に移植する実験を行い,肉眼的なサル/ヒツジキメラの作出に成功した。

【目次】
1. はじめに
2. キメラを作る
3. ヒツジ体内でサル細胞の運命
4. 異種細胞が拒絶されない理由
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

難培養性微生物のゲノム解析技術とシロアリ腸内微生物の共生機構
New Genome Approaches to Uncultured Microorganisms and Symbiosis in the Gut of Termites

--------------------------------------------------------------------------------
大熊盛也((独)理化学研究所 基幹研究所 環境分子分解科学研究チーム チームヘッド)
本郷裕一((独)理化学研究所 基幹研究所 環境分子分解科学研究チーム 協力研究員)

シロアリ腸内の共生微生物群集による高効率なセルロース資源の分解・利用機構についての研究は,共生微生物が難培養性ゆえに困難であった。最近の分子微生物生態学的な研究成果に加え,いわゆるメタゲノムとは異なる難培養性微生物のゲノム解析技術の進展にともない,複雑な共生微生物群集における共生機構が解明されつつある。

【目次】
1. はじめに
2. シロアリ腸内微生物の多様性と新規微生物
3. 原生生物と細胞共生する細菌群
4. メタゲノム解析とその問題点
5. 少量の細胞からの全ゲノム解読
6. 原生生物の細胞内共生細菌のゲノム進化と共生機構
7. 原生生物のメタEST
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載:未来を拓く 脳科学のススメ

--------------------------------------------------------------------------------

第3回

--------------------------------------------------------------------------------

幹細胞とハイテク電極が挑む「脳への“移植”治療」
Neural Implantation Treatment by Stem Cell and High Technology Electrode
--------------------------------------------------------------------------------
福士珠美((独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センター 「脳科学と社会」研究開発領域 脳神経倫理研究グループ 研究員;同機構 研究開発戦略センター ライフサイエンスユニット フェロー)





--------------------------------------------------------------------------------

神経幹細胞;基礎から臨床研究へ
Translating Human Neural Stem Cells from Basic Research to Clinic

--------------------------------------------------------------------------------
内田信子(StemCells,Inc Vice President Stem Cell Biology)

神経幹細胞は自己複製する能力と,前駆細胞を経てニューロンおよびグリア細胞であるアストロサイトとオリゴデンドロサイトに分化する能力を兼ね備えた細胞と定義される。本稿ではヒト神経幹細胞の研究および神経幹細胞バンクの開発,難治性神経系疾患を最初の臨床治験対象として選択した経緯,そして臨床研究を実現するまでに辿った軌跡を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 臨床研究を開始するまでの過程
3. 神経幹細胞治療の実用化への課題


--------------------------------------------------------------------------------

東北大学内連携プロジェクトによる多機能集積化半導体電極の開発と神経活動の多元的解読
Multidimensional Decoding of Neuronal Activity and Development of Integrated-Multifunctional Silicon Electrode by a Cross-Departmental Collaboration at Tohoku University

--------------------------------------------------------------------------------
坂本一寛(東北大学 電気通信研究所 助教)
虫明元(東北大学 大学院医学系研究科 教授)
田中徹(東北大学 大学院医工学研究科 教授)
片山統裕(東北大学 大学院情報科学研究科 准教授)
小柳光正(東北大学 大学院工学研究科 教授)

本稿では,脳活動の医学的工学的応用に向けた東北大学における筆者らの組織横断的連携プロジェクトの例をご紹介する。プロジェクトでは,神経活動の多元的解読というソフト面と脳活動計測制御の高度プラットフォームとしての半導体電極開発というハード面を融合し,脳機能解明のブレークスルーと脳・神経活動の医工学的応用を目指す。筆者らの活動はさらに,学内の他の連携プロジェクトと連動することで,総合大学ならではの広がりと厚みを持ち始めている。

【目次】
1. はじめに
2. 神経活動の多元的解読
3. 脳活動計測制御における高次プラットフォームとしての半導体電極の開発
4. 東北大学内の他の組織・プロジェクトとの連動
5. おわりに





--------------------------------------------------------------------------------

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー) 雑誌の内容

バイオテクノロジーの工業化に関する技術情報、市場情報を 満載
あくまでインダストリアルな視点で、バイオにおける研究開発のシーズを鋭く掘り起こし、応用分野におけるニーズに結びつけるということを編集の主眼においています。バイオにおける研究開発、技術開発、製品開発、市場展望、企業動向、産業へのインパクトに焦点をあてた画期的なバイオ専門誌です。

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)の無料サンプル

2010年10月号 (2010年09月12日発売)
2010年10月号 (2010年09月12日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2021年12月25日発売

目次:
Newton Special

ゼロからよくわかる

数学教養教室 三角関数編

監修 礒田正美/市川温子

執筆 加藤まどみ



三角関数に苦手意識をもつ人も多いかもしれない。しかし,知らず知らずのうちにあなたも三角関数の恩恵をうけている。三角関数という人類の生んだ大発明の偉大さを感じてみよう。


相対性理論は今 意外なほど私たちの身近にある

相対性理論2022


「相対性理論なんて,自分の生活には関係ない」。そう思っていないだろうか? しかし近年,相対性理論の効果はさまざまな場面に応用され,大いに役立っている。相対性理論の「今」を紹介しよう。

監修 松浦 壮
執筆 小谷太郎

FOCUS Plus

惑星科学

準衛星カモオアレワは「月のかけら」かもしれない

監修 諸田智克

執筆 小熊みどり

Super Vision

世界初,ブタの腎臓を人に移植

監修 小林孝彰

執筆 山本尚恵

Topic

ハプティクス─触覚をあやつる新技術


仮想世界に肉体感覚をもたらす最新テクノロジー

監修 篠田裕之

協力 香田夏雄/中村則雄

執筆 尾崎太一

Topic

スペースXの最新ロケット



世界の宇宙輸送をにない,火星をめざす新興企業

監修 森田泰弘

執筆 中野太郎

Topic

凶悪犯罪はなくせるか?



科学的データにもとづいて犯罪を理解し,防止策を考える

監修 原田隆之

執筆 福田伊佐央

Topic

宝石─地球からの贈り物


結晶構造と原子の組み合わせが生みだす色と輝きの正体

監修 萩谷 宏

執筆 中作明彦



お詫びと訂正(PDF)

Topic

知能をもつ都市─スマートシティ


デジタル技術を活用して,持続可能な省エネ都市をめざす

監修 谷口 守

執筆 小野寺佑紀

Nature View

飛翔する哺乳類 コウモリ



特異な生態・多様性・長寿の秘密

監修 福井 大

執筆 薬袋摩耶

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2021/11/26
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

2 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2021年12月28日発売

目次: 【特別編集版】
○写真が記録した2021
●コロナ禍
2021年も人類はパンデミックに翻弄された。ワクチン接種で楽観的な雰囲気が広がった一方、誤った情報や供給不足に悩まされた。日常が一部で戻り始めたが、ウイルスはしぶとく居座っている。
●気候変動
巨大な森林火災、農作物を枯らす干ばつ、記録的な猛暑、上昇する海面、猛烈な風……気候変動を実感させる異常気象は以前から顕著になっていたが、2021年はそれをより切実に感じた年だった。
●対立・紛争
文化や政治、国境などをめぐる対立が世界各地で起き、衝突を招いた。アフガニスタンではタリバンが復権し、エチオピアの内戦は人道危機と食糧難を生み、米国では民主主義が踏みにじられた。
●保護・保全
試練の多かった2021年だが、絶滅危惧種や海洋の保護、遺跡の保全といった取り組みで輝かしい成果が上がった。人々の努力のたまものであり、希望をもち続けることの大切さを教えてくれる。


【コラム】
●科学が開いた扉
微細なものから宇宙まで、新たな発見が人類の地平を広げた。
●エッセイ 辛抱の日々
不安や脅威に苦しみながらも、希望を捨てずに前進した2021年。

●今月の表紙
●写真家たちの横顔
●読者の声
●ナショナル ジオグラフィック協会から
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「凧あげと大根」

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2021/11/30
    発売号

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

3 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2022年01月25日発売

目次: 【特集:自己免疫疾患】
反逆する体
理解されない苦しみ ある患者の闘い
データで見る自己免疫疾患
なぜ自分に牙を剥くのか 免疫が裏切るメカニズム
女性に多い理由腸内細菌,ホルモン,X染色体が影響
反乱を抑える新たな手立て
-----------------------------------------------------------------
【特集:激化する気象災害】
頻発する豪雨・豪雪 温暖化で水蒸気が大暴れ
燃えるアラスカ 北極圏に広がる森林火災
-----------------------------------------------------------------
太陽になりそこねた星 褐色矮星

極超音速ミサイル 無益な開発競争 ほか
-----------------------------------------------------------------
◇フロントランナー挑む:薮田ひかる(広島大学)
◇SCOPE:感染初期に使える経口薬/3Dプリンターで電池を作る ほか
◇ADVANCES:キツネザルの歌はリズミカル/火山の後押し ほか
◇From Natureダイジェスト:COVID-19にかからない人を探す/カイメンの細胞から神経系の起源を探る
◇数楽実験室 マテーマティケー:偶奇を意識する
◇ヘルス・トピックス:高齢者の転倒
◇Science in Images:スーパーセル
◇グラフィック・サイエンス:ウェッブ望遠鏡の旅
◇nippon天文遺産 :旧東京天文台堂平観測所(上)
◇パズルの国のアリス:子蜘蛛の蟻ハンティング練習
◇BOOK REVIEW
◇サイエンス考古学
◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,152円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2021/12/25
    発売号

  • 2021/11/25
    発売号

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

4 天文ガイド

誠文堂新光社

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

5 環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2021年12月15日発売

目次: トップリーダーに訊く「環境配慮型経営」
第7回
ヤマトホールディングス株式会社
代表取締役社長
長尾 裕氏

第8回
東急不動産株式会社
代表取締役社長
岡田正志氏

特集1
わかりやすいサーキュラーエコノミー

サーキュラーエコノミーは真の顧客ニーズに応え利益を生む新しいビジネスモデル
アクセンチュア

資源循環型の取組み自体を経営戦略として位置付けることが重要
PwCコンサルティング

EUが早期にサーキュラーエコノミーの実現にこだわる理由
駐日欧州連合代表部

『 循環経済ビジョン2020』を策定 日本も本格的なサーキュラー・エコノミーの時代へ
経済産業省

“サーキュラーエコノミー”と日本への影響
東京財団政策研究所

パウチ化・詰替えを推進し、日本の容器包装の考え方を変えてきた花王の資源循環戦略
花王

新たな混合溶融技術によるマテリアルリサイクルで、資源循環型社会を目指す
放電精密加工研究所

日本のプラスチック問題解決の大きな潮流へ
クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス事務局

交換寿命を延ばし、CO2排出を低減する新タービン油が発売
EMGルブリカンツ

特集2
再エネ電力の自家消費<オンサイト型太陽光 PPAの需要増>

製造業は再エネ電化/省エネで脱炭素 サプライチェーンの再エネ電力需要は上昇
環境ビジネス編集部

国は製造業の自家消費型太陽光を促進
環境ビジネス編集部

PPAで再エネの安定需給を実現
環境ビジネス編集部

工場・倉庫・店舗などの施設にPPA太陽光
環境ビジネス編集部

FOCUS
ESG投資指標を向上させる『CO2算定支援サービス』
日立製作所

初期費用無しで、企業の脱炭素経営をトータルサポート
ミツウロコグリーンエネルギー

日本初冷凍冷蔵庫倉庫の自動制御によるDR
松岡、東京電力ベンチャーズなど

CN実現に取り組む企業・自治体の課題解決を支援
八千代エンジニアリング

LONGi、太陽光発電業界の脱炭素化を目指す
LONGi

特集3
洋上風力と漁業協調の実態

弱小で多種多様な漁業者と大規模開発20年先までの安定操業・共存は可能か
環境ビジネス編集部

漁業・景観・船舶航行等の制約次第で洋上風力の対象海域は減少
日本エネルギー経済研究所

巻頭グラビア
グリーン建築を目指す欧米フード系フランチャイズ
スウォッチ本社 新感覚のグリーンビル
CO2回収技術「DAC」サミット スイスで開催

イベント・フォーラム・シンポジウム
第23回 環境ビジネスフォーラム
環境経営の実践~カーボンニュートラルの実現に向けたアプローチ

TOP!CS
EV受託開発企業、モビリティの電動化で高まる存在感
東京アールアンドデー

COP26は果たして成功だったのか?
WWFジャパン

製造業のサーキュラーエコノミーが本格始動
日立建機

スコットランド開発公社と脱炭素に関する包括協定覚書を締結
丸紅洋上風力開発株式会社

一時転用期間を10年以内とし農業活性化の有力な手段へ
農林水産省

生産、貯蔵、出荷から消費まで農林水産業の脱炭素移行を目指す
農林水産省

COLUMN
未来海図
明治ホールディングス

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
三菱地所・サイモン

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト 桃田健史氏

日本文明を環境から解き明かす
第18回「家康が生んだ関東平野-利根川東遷の謎-」
元国土交通省 河川局長 竹村公太郎氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ 稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所 齋藤崇氏

Carbon Neutral Designer's File
白鶴

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
WOTA

GREEN ECONOMY
国際協力銀行 佐藤勉氏

農業用生物資材セイヨウオオマルハナバチをめぐる外来生物問題
国立環境研究所 五箇公一氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士 森田正光氏

Offshore Wind
日本気象 高祖研一氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業 渋谷正信氏

洋上風力発電の動向が気になっている
(一財)東京水産振興会理事・元水産庁長官 長谷成人氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト 田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

6 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2022年01月05日発売

目次: ★表紙画像
三本松尚雄さん撮影の「レナード彗星」は複雑なテイル構造を見事にとらえた作品。天野拓実さん撮影の「南極皆既日食」はダイヤモンドのような太陽の輝きが美しいです。

★南極皆既日食紀行 白い大陸の黒い太陽
2021年12月4日に南極で観測された皆既日食。あらゆる困難を乗り越えた先には、これまで見た中で最も美しい日食が待っていました。

★天文外史 コメットハンター関 勉さん まだまだ続く「新天体発見物語」
彗星を追いかけて70余年となる、伝説のコメットハンター関 勉さん。彗星の捜索を続ける中でさまざまな人々との出会いがありました。

★Deepな天体写真 市街地で星雲撮影4 アクロマート屈折一本勝負
色収差があるため撮影には向かないアクロマート屈折望遠鏡。しかし、デュアルナローバンンドフィルターを使うことで、アポクロマート鏡に引けを取らない画像を撮ることができます。作例を交えながら紹介していきます。

★ステラショットLite 天文学者の卵が使ってみた
2021年7月に発売された天体撮影ソフト「ステラショットLite」。どんなことができるのか、フル版との違いは? など気になるポイントを、天文ファンでもある「天文学者の卵」が実際に使ってみました。

★年末を彩った期待の彗星 レナード彗星&チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星
2021年の年末に話題になったレナード彗星とチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星。予想以上の活動を見せた2つの彗星を星ナビギャラリー応募作とともに紹介します。

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

7 設備と管理

オーム社

送料
無料

設備と管理

2022年01月11日発売

目次: ■特集
・IoT技術導入で 見える化+計器読みゼロ
 西片 一成,渡辺 務,工藤 正光,阿部 琢哉,佐藤 邦男,星野 竜一(TMES株式会社)
 Withコロナと言われる時代に突入した現在,設備管理業界にも働き方を受け入れる体制として,
 IoT技術導入がますます喫緊の課題となっている.IoT技術とそのノウハウを紹介する.

■解説
・特定建築物の定期調査報告 番外編
 直本 信也(ビューローベリタスジャパン)
 建築基準法に基づく定期報告(特定建築物定期調査)とは異なるが,
 点検(調査)に必要な資格が同一であり,チェックするポイントも重複するため,
 学校施設の非構造部材の耐震化ガイドブックに基づく定期点検を解説する.

■スピーカで氷をつくる パルス管冷凍機(前編)
 間 秀夫(e-宮古島研究所)
 圧縮式冷凍機は「圧縮→凝縮→膨張→蒸発」という冷凍サイクルの原理に基づき,
 駆動源には電動機を用いることが多い.
 しかし,この記事で紹介するパルス管冷凍機の駆動源は「スピーカ」.その仕組みとは?

■ライセンス
・第25回(令和3年度) 給水装置工事主任技術者 試験問題と解答・解説

■ニュースラインナップ
・新型コロナ対策のワクチン・検査パッケージ制度要綱を公表
 業務用厨房施設などの一酸化炭素中毒事故に注意喚起
 マンション管理計画認定制度のガイドラインを策定
 第5回インフラメンテナンス大賞の受賞者決定

■フォトギャラリー
 マックス株式会社

■道草の拾い読み
・東京/渋谷区 UPI表参道

■連載
・のぞき窓を閉めないで/リスクを考える.少々ななめに!

・完全図解 電子回路とディジタル回路の基礎知識
/第1編 電子回路/第3章 波形整形回路 6. クリップ回路・リミッタ回路

・マンションを100年持たせる再生シナリオ(実践編)
/54. 高機能マンションの大規模修繕工事(前編)

・現場ではたらくビル管INTERVIEW
/125. 住吉 篤(富士グリーンパワー株式会社)

・けろさんの設備探訪記/5. ユニットバスの中と上と

・ビル管 キャリアUPガイド/6. 資格取得ロードマップ その1「電気設備編」

参考価格: 1,650円

ビル・工場の設備を管理するエンジニアとマネージャのための専門誌

  • 2021/12/10
    発売号

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/11
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/11
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

8 電気計算

電気書院

送料
無料

電気設備の保守管理。電験・管理士受験指導

  • 2021/12/10
    発売号

  • 2021/11/12
    発売号

  • 2021/10/12
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/12
    発売号

9 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2018/04/05
    発売号

  • 2018/03/01
    発売号

  • 2018/02/01
    発売号

  • 2018/01/04
    発売号

  • 2017/12/07
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌