初めてのご利用またはレビュー投稿で500円OFF割引ギフト券プレゼント

CIRCUS(サーカス) 6月号 (2012年05月02日発売)

KKベストセラーズ
巻頭大特集 なぜか好かれる人の仕事術

先行き不透明な世界情勢や政治不信はいっこうに収まる気配がなく、経済不安、雇用不安も払拭されないままだ。「結果を出せばクビにならない」と言うのは簡単だが、この...
6月号 (2012年05月02日発売)は売り切れです

CIRCUS(サーカス)の商品詳細

R30男に効く!実用情報満載
「サーカス」は情報が溢れ渦巻く世の中なんでもありの時代に、20代30代の男性にとって本当に必要な情報とは何か?を追及し、役に立つ本物の情報をお届けします。見たい!知りたい!確かめたい!ビジネスマンのプライドと欲望を刺激する情報検証マガジンです。

CIRCUS(サーカス) 6月号 (2012年05月02日発売) の目次

巻頭大特集 なぜか好かれる人の仕事術

先行き不透明な世界情勢や政治不信はいっこうに収まる気配がなく、経済不安、雇用不安も払拭されないままだ。「結果を出せばクビにならない」と言うのは簡単だが、この不況下、それが容易でないことは多くの人が実感しているだろう。しかし、どんな状況にあっても「あの人と一緒に仕事がしたい!」と、社内外から信頼と好感を勝ち得ることができれば、それが我が身を守る最大の武器となるはずだ。今月号は、これからの時代を生き抜く、最大のリスクヘッジ 人から好かれる”仕事術を特集する。
 
 

やっぱり志村さんに訊こう。【特別編】
志村けん×岡村隆史 
 
~仕事で人に必要とされる条件~
芸能界で長きに渡って活躍する、志村けんとナインティナインの岡村隆史。
「とにかく真面目」と評されることも多いふたりだが、息の長い活躍の理由は、それだけではないはずだ。ふたりのプロフェッショナルが「人から愛される仕事の流儀」を語り尽くした4時間半。その言葉は我々サラリーマンにとっても示唆に富む。
 
 
仕事で「好かれる人の条件」とは? 
 
いま職場で求められているコミュニケーション能力とは? 全国のビジネスマン200人によるアンケートから、実際のコミュニケーションを円滑にするのに必要なフォロー力を磨くためのポイントを紹介。
 
 
人を育てる褒め方・叱り方の技術
 
うわべだけの褒め言葉や、心ない叱責では成果は上がらない。
チーム全体のモチベーションがアップする褒め方・叱り方をマスターしよう
 
 

佐々木常夫
東レ経営研究所 特別顧問 
 
部下に勇気と希望を与えられる、
そんな上司になりなさい。
給料は上がらないが、税金は上がる。会社の業績は芳しくなく、社内がギスギスしている。そんな中にあって、なお「尊敬される上司」とはどんな人なのか? 東レ経営研究所特別顧問の佐々木常夫氏に聞いた。
 
 
”指名“される営業マンの気遣い術
 
相手に対する最低限の気遣いは、ビジネスマナーとして身に付けておきたい。しかし、大切な顧客と接する営業マンにとっては、さらにワンステップ上の気遣いが必要だ。そして、それは成果につながる。
 
 
心理学から見た
苦手意識の原因と対処法 
 
苦手意識とは過去に自分を抑圧した人の記憶を別の誰かに見てしまう妄想から生じる。苦手だと思う人は、単純に自分を苦しめた人へのコンプレックスだけということではないのか。
 
 

坂本光司
法政大学大学院教授

600社以上を訪問し分かったことは、
"人を大切にする会社ほど業績が高い"ということ

自分が好かれるためには、他人を好く気持ちがなければならない。この利他の心を「徳」と語り、徳の実践が企業の業績につながると提唱した大ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者、坂本光司教授に、会社内での良好な人間関係のあり方について聞いた。
 

荒俣 宏
歴史をつくった「人たらし」偉人伝

人に好かれる人物の究極の形が「人たらし」である。日本史の授業で名前を覚えたような人物の中にも、
人たらしはいる。彼らはどんなテクニックを使って、そう呼ばれるに至ったのか。
歴史に名を残す人たらしたちのエピソードを、博覧強記で知られるアラマタ先生に聞いてみた。
 
 
チームの力を上げる“見える化”段取り術

多くの仕事は個人だけでは完結しない。それゆえに仕事の段取りも個人ではなく、チーム全体で取り組む必要がある。仕事の効率アップのカギは、チームにおける“情報の共有”なのだ。



 
ニューヨーク・ヤンキース
黒田博樹
決めて断つ
 
PROFILE
 
HIROKI KURODA
くろだ・ひろき…1975年2月10日生まれ。大阪府出身。ニューヨーク・ヤンキース所属。97年ドラフト2位で広島東洋カープに入団。2001年に2ケタ勝利を達成以降、球界を代表する投手に成長。04年はアテネオリンピック日本代表に選出。05年はキャリアハイの15勝を挙げ最多勝に輝き、ゴールデングラブ賞、ベストナインにも選出される。06年は13勝、防御率1,85で最優秀防御率のタイトルを獲得。08年にロサンゼルス・ドジャースへ。2年連続のポストシーズン進出に貢献、
10、11年は2ケタ勝利を達成。12年ヤンキースに移籍した。右投げ右打ち。
 
広島に愛され、メジャーでは名門NYヤンキースの
主力投手として活躍する黒田博樹。無名の補欠選手から
世界最高峰チームの一流投手になるまでの決断と覚悟とは?
プ ?ッシャーという恐怖とどのようにつき合い、闘ってきたのか?
幾多の試練を乗り越えてきた男だけが持つ人生哲学を存分に語った。

野球は楽しい──
そう思えない理由

 日本球界から、アメリカに渡って5年目のシーズンを迎えています。今年、僕がプレーしているのはニューヨーク・ヤンキース。伝統と格式を備えた名門チームです。ここにたどり着くまでに、僕は多くの決断をしてきました。例えば、所属チームひとつとってみてもそうです。
 広島カープでFA権を取得した2006年、メジャーに移籍することに決めた07年。ロサンゼルス・ドジャースの3年契約が切れた10年、ドジャースが低迷し、シーズン途中でトレード候補となった11年、そしてヤンキースにお世話になることに決めた12年……。チームを決めるだけなのに、何が正しいか分からず、決断ができなくて、「いっそ野球を辞めたほうが楽になるのではないか」と思ったことが何度もあります。
 時に僕は、粘り強いとか、泰然としているなど、「怖いもの知らず」のようなイメージを持たれることがあるのですが、それは本当の僕自身とは違うものです。いや、むしろ僕は日々、「恐怖」と闘っている、といっても過言ではありません。
(詳細は本誌、p.66~)



同級生対談
建山義紀×上原浩冶
 
PROFILE
 
建山義紀
YOSHINORI TATEYAMA
たてやま・よしのり…1975年12月26日生まれ。大阪府出身。テキサス・レンジャーズ所属。東海大仰星高校時代はエースとして活躍。甲賀総合科学専門学校、社会人の松下電器を経て98年ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団。先発。中継ぎ、抑えなどさまざまな役割で活躍し、2010年のオフに海外FA権を利用してレンジャーズに入団。主に中継ぎとして活躍中。

上原浩冶
KOJI UEHARA
うえはら・こうじ…1975年4月3日生まれ。大阪府出身。テキサス・レンジャーズ所属。東海大仰星高校時代は控え選手だったが、1浪して入学した大阪体育大学で頭角を現す。98年に巨人を逆指名、入団1年目に20勝4敗の好成績で投手4冠。その後エースとして活躍し、2008年のオフにFAでボルティモア・オリオールズに移籍。11年、トレードでレンジャーズに移籍した。

 
 
ダルビッシュ有の入団で注目度の高いテキサス・レンジャーズ。
リーグ屈指の強豪チームで、メジャーに生き残るために
奮闘しているふたりの投手がいる。上原と建山。
高校時代に同級生だったふたりが、NPBを経てアメリカで
チームメイトとなり、同じ中継ぎ投手として切磋琢磨している。
メジャーで投げるということ…彼らの本音を聞いた。

お互いにプロになるとは
思わなかった

――おふたりは、大阪・東海大仰星高校の同級生。建山投手がエースで、上原さんは最初、野手だったそうですね。
上原
そうですね。同じクラスだったのは1年生のときだけでしたけどね。
――ポジションも違うし、ライバル関係ではなかったんですか?
建山
僕らが3年生になって、上原がピッチャーをやるようになったんです。投手をやり始めたときからすごいボールを投げていたので僕は意識していました。失礼な言い方かもしれないけれど、2,3番手の投手は、僕がエースの座を脅かされるような存在ではなかった。そこに、すごい投手が現れたわけですからね。
上原
そんなふうに思ってたの? そうは言っても僕は高校時代に公式戦で一度も登板してないですからね。ライバルなんて意識はまったくなかったなぁ。

――なるほど。そんなおふたりが現在、こうしてメジャーリーグでチームメートとして活躍しているわけですから、不思議というか…ドラマがありますね。
建山
メジャーリーグはおろか、まさかプロの世界で再会するとも思わなかったですよ。
上原
そうそう。別に僕も、高校時代にプロ野球選手を目指していたわけではないし。
建山
後にお互いの存在に気付いたのも、高校卒業からしばらくたってからですからね。上原は浪人して大学に入学して苦労したし、僕も大学に行けなくて専門学校に進んだ。当時の野球部の仲間だって、「あのふたりならプロになれる」とは思ってなかったでしょうね。
上原
そうかもしれない(笑)。そういえば、初めて全日本の合宿に召集されたのがまったく同じタイミングだったよね。
建山
うん、そうだった。上原が大学3年で、僕が社会人2年目。上原が大学に行ってからすごい投手になったというのは、風の便りには聞いていたんだけど、まさかお互いに同じタイミングで全日本の合宿で再会するとは…。
上原
俺は社会人野球が好きで、実際に試合なんかも見に行っていたから、建山が松下電器で活躍してるのは知ってたよ。ただ、建山が登板した試合は見てなかったけどね(笑)

(詳細は本誌、p.70~)

平川克美
「何か変だな」という身体的直感を大切に 
 
PROFILE
 
KATSUMI HIRAKAWA
ひらかわ・かつみ…1950年、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、東京・渋谷に翻訳を主業務とするアーバン・トランスレーションを設立。99年シリコンバレーの BusinessCafe, Inc. 設立に参加。現在リナックスカフェ代表取締役。立教大学MBA特任教授。主な著書に『移行期的混乱』(筑摩書房)、『小商いのすすめ』(ミシマ社)など。

 
 
評論家で立教大学MBA特任教授の平川克美氏の最新刊
『移行期的乱世の思考』(PHP研究所)が話題を呼んでいる。
「お金持ちになりたい」という夢の実現がなかなか難しくなって
きた今、我々は何を生き甲斐に働き、どんな価値観を持って
生きていけばいいのか? 平川氏に聞いた。

「お金とテクノロジー」
という価値観の崩壊

――『移行期的乱世の思考』、ズバリどういう内容ですか?
平川 以前『移行期的混乱』という本を出したのですが、そのときに「〝具体的にどうすればいいのか??が書かれていない」と指摘されました。そのひとつの答えとして出したのが『小商いのすすめ』という本です。今回出した『移行期的乱世の思考』はそうしたビジネスの話ではなく、思想的に突き詰めていったときにどう考えればいいのかという内容です。一般の読者でも分かるように、「語り」をまとめた入門書ですが、内容は「分かりづらさ」にこだわっています。
――どういうことですか?
平川 世の中に分かりやすいことなんてないよ、ということです。小泉純一郎政権で経済財政政策担当大臣などを務めた竹中平蔵さんや大阪市の橋下徹市長の発言は分かりやすいでしょう。分かりやすい郵政民営化か守旧派かという二項対立で選挙までやったけど、今誰が継続的な関心を持っているんでしょうかね。では、なぜそういう分かりやすい話にみんなが飛びついてしまうのか? 

(詳細は本誌、p.100~)

CIRCUS(サーカス)の所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌