I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

1965年生まれの昭和40年男へ!!月額払いは毎号お得に、送料無料でお手元にお届け!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
昭和40年男のレビューを投稿する

昭和40年男の内容

「ノスタルジックな想い出が呼ぶ共感」と「明日を生きる活力」
昭和40年(~41年3月)生まれの男性のためだけの情報誌。「ノスタルジックな想い出が呼ぶ共感」と「明日を生きる活力」を中心に誌面を構成。夢あふれていた少年時代を振り返って当時流行った事物を紹介したり、同世代へのインタビューで40年生まれたちの今を切り取る。

昭和40年男の商品情報

商品名
昭和40年男
出版社
ヘリテージ
発行間隔
隔月刊
発売日
奇数月11日
参考価格
[紙版]880円 [デジタル版]700円

昭和40年男 2024年6月号 vol85 (発売日2024年05月11日) の目次

5月11日発売号の特集は「俺たちが愛した昭和洋画」。昭和40年男が物心つき、自我が生まれ、エンタメを意識するようになった70年代は、映画といえば洋画の時代。劇場では超大作の話題作が常時公開され、テレビをつければ地上波で毎日、洋画が放送されていました。表紙を飾る「ジョーズ」をはじめ、「エクソシスト」「ロッキー」「未知との遭遇」など名作の振り返りはもちろん、シルベスタ・スタローンやアラン・ドロンら名優伝、映画宣伝事情、音楽や吹替版の魅力など、津田寛治さん、平山夢明さん、笠井信輔さん、小沢和義さん、玉袋筋太郎さん、SUGIZOさん、林 哲司さん、木村奈保子さん、とり・みきさん、戸田奈津子さん他のインタビューも交えながら、“俺たちが愛した”洋画をあれこれ思い出してみようと思います。ご期待ください!
※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。



特集CONTENTS
名言集 Say the Words
連載CONTENTS
俺たちが愛した昭和洋画
バック・トゥ・ザ・ムービー 昭和40年男の洋画観
俺たちの名画10選+1
連載:大槻ケンヂ 窓から昭和が見える 第13回 ただきれいな女優さんが観たかった!
町山智浩が語る 昭和の洋画文化
津田寛治が推す永遠のラブストーリー 『小さな恋のメロディ』他
平山夢明が惚れるホラー映画 『エクソシスト』他
笠井信輔を震撼させたパニック映画『タワーリング・インフェルノ』他
小沢和義を熱くさせたアクション映画 『ストリート・オブ・ファイヤー』他
俺たちしか知らない名画
俺たちのスクリーンアイドル
シルべスター・スタローン/玉袋筋太郎
デヴィッド・ボウイ/SUGIZO
アラン・ドロン/林 哲司
永遠のスター ジェームズ・ディーンのように
『木曜洋画劇場』映画解説者 木村奈保子に聞く
昭和の名物映画評論家
日本語で観た洋画 とり・みきが語る吹替声優の魅力
戸田奈津子 私が愛した昭和の洋画
想い出のスクリーン 東京編/関西編
フィルムを映した紙メディア
映画宣伝狂騒の時代
宮川彬良の映画音楽講座
サントラの世界へようこそ
チラシ・ラブ
news & information
時のペン先が綴る物語 少年ニッキ vol.16 「見れば見るほど…」
江口寿史&鈴木ダイスケ ヒサシ☆ダイスケの回転ちがいのズル休み 第12回 合言葉はアッパシオナート!でしょうな。
気まぐれ福田君新聞 第68号 「一番人気のヒグマ」
昭和59年/1984年 俺たちの時間旅行タイム・トラベル
あの頃のTVデイズ
荻野目洋子、歌手デビュー
伊丹十三監督デビュー作『お葬式』公開
アップルからマッキントッシュ128K発売
ザ・スミス、1stアルバムリリース
昭和のテロリスト、藤原喜明ブレイク
昭和40年の女/泉 麻人 第十三回「虹色のロリータ 中村晃子」
昭和アイドル・キャッチフレーズ研究所 チェリーのアイドルボム 第31回 「小林千絵」
安田謙一の西の国から吹くコラム Sangari★a vol.34 「関西電気保安協会」
俺たちのアイドル 小林千絵
気になる1個違い 中西圭三
樋口毅宏の神のみぞ知る God Only Knows 小山田圭吾
編集後記

昭和40年男の目次配信サービス

昭和40年男最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

昭和40年男のメルマガサービス

昭和40年男よりメールマガジンをお届けします。

※登録は無料です

昭和40年男のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.38
  • 全てのレビュー: 106件
懐かしい
★★★★★2024年01月31日 umigoma 公務員
若いころに欲しかった品が、懐かしい配色と共に脳裏に蘇ります。定期購読にして良かったです。
毎号購読しています
★★★★★2024年01月13日 銀次郎 役員
毎号欠かさず購読しています。 12月号の特集「俺たちの愛したゴジラ」は圧巻でした。これからもお世話になります。
紙で読みたい
★★★★★2023年09月10日 todo 公務員
毎号楽しみにしています。電子書籍のサブスクでも読めますが、やっぱりこれは紙で読みたい。本棚に並んでいるバックナンバーを、気分に合わせて読み直すのが最高の楽しみです。
毎月楽しみに購読してます
★★★★★2023年08月11日 久晴50 自営業
お客様にも人気の雑誌で毎月楽しみです。良い特集が多いです
かなりおもしろい
★★★★★2023年02月22日 なごさん 専業主婦
雑誌はあまり読む方ではなかった。女性誌しかり。でも錦織一清さんをきっかけにこの昭和40年男を知り、その内容の面白さに出会えて良かったと思った。多岐に渡るテーマから当時の流行ったものや背景、そこにどっぷり浸かっていた人達のノスタルジーな思い出、などなど、実に読み応えがある。私は49年女なのですが、元々少し上のお兄さんお姉さん達に憧れがあったので、当時あの人達はこういうのにハマってたんだとかが分かって余計に面白い。2個上の夫も同じく、普段は雑誌など読まないがこの『昭和40年男』にだけは興味を持って、私の後にだが、読んでいる。
毎号購読しています
★★★★★2023年01月05日 GORO 経営者
5,6年ほど定期購読しています。毎号懐かしさを存分に感じながら読んでいます。この世代の方は必読書(笑)と思います。
内容にばらつきがある。
★★★★☆2022年11月17日 マクイン 自営業
以前は定期購読していましたが、その月により興味のある内容とそうでないものがあるので最近は目次を見てから興味のある号だけ買っています。
毎回、特集が楽しみです!
★★★★☆2022年11月12日 ろっきぃ 会社員
70年代・80年代「少年視点」のサブカルを特集する雑誌。地方で育った私のような男(昭和44年生まれ)でも、そうそう!あった、これ持ってた!で盛り上がれる雑誌です。ネタを探すのは大変だと思いますが、毎号の特集が楽しみす。モブチモーターやプラモはありましたが「俺たちの超合金」っていうのはまだ無いような!? あと「俺たちが好きな学研」「俺たちのラジカセ・ウォークマン」もイケそう!?
隔月なのがちょうどよい
★★★★☆2021年11月17日 kyoro72 会社員
10号から継続購入しています。世代に合わせたニッチな特集が面白く購読していますが、だんだんネタに困ってきているような…。ジャンル全般ではなく、商品や番組、スターや漫画家、流行っていたスポットやブランドなどの特集も読みたいですね!
懐かしい
★★★★★2021年11月09日 ハスラー 会社員
正に40年代生まれです。若かりし頃にハマったプロレスやアニメなど、懐かしいものばかりで、楽しく読ませていただいてます。 40年代生まれの方々には是非読んてほしい。
レビューをさらに表示

昭和40年男をFujisanスタッフが紹介します

昭和40年男はタイトル通り、昭和40年(1965年)生まれの男性をメインターゲットにした雑誌です。毎回、この年に生まれた男の子が夢中になったスーパーカーやプラモデル、オカルトなどを特集し、時代背景の検証や当事者へのインタビューなどから、当時のブームを深く掘り下げて分析しています。時には80年代後半のバブル期を特集することもあり、子ども時代だけでなく、青春時代を振り返る事もできます。また、マンガやテレビのキャラクターや、スポーツ選手を通して人生について考えるなど、過去だけでなく、今について考えさせられる特集が組まれることもあります。

特集記事以外では、当時のテレビ番組に関するコラムや、人気があったミュージシャンへのインタビュー記事のほか、昭和のある1年にフォーカスを当て、どんな事件がおこったのかを振り返る記事など、盛りだくさんな内容です。このように、雑誌のほぼ9割が、昭和を振り返る記事で構成されており、ノスタルジーを感じさせます。残り1割については、メタボリックシンドロームや、心筋梗塞など昭和40年生まれの世代が気をつけたい、健康に関するテーマなどが取り上げられています。

あくまでメインターゲットは昭和40年生まれの男性ですが、それ以外の世代の人や、女性が読んでも充分楽しめる雑誌です。

昭和40年男の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.