※定期購読のイメージ画像
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌
  • 30%OFF

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版

定期購読なら2000円以上の割引&バックナンバー(デジタル版)も読み放題♪
  • 雑誌
  • 30%OFF

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版

定期購読なら2000円以上の割引&バックナンバー(デジタル版)も読み放題♪

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版のレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

当月分を翌月にご請求
20%
OFF
1,463円〜(税込)/冊
最大
30%
OFF

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版 雑誌の内容

“SURF CULTURE”にフォーカスした世界で一番評価されているサーフィン雑誌『THE SURFER’S JOURNAL』の日本語版
『THE SURFER’S JOURNAL JAPANESE EDITION』は、米サーファーズ・ジャーナル社発行の隔月誌『THE SURFER’S JOURNAL』のフランス語に続く新しい外国語バージョンです。本物の“SURF CULTURE”を日本のサーフィン愛好家たちに向けて発信します。『THE SURFER’S JOURNAL』同様、美しい印刷で紹介される素晴らしい写真は読者を虜にすること間違いないでしょう。





ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版 10.5 (発売日2021年01月15日) の目次

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版(TSJJ)最新号が発売です!厳選された写真と磨きぬかれた文章でサーフカルチャーを追究する、至高の1冊をお楽しみください。

10.5号表紙:最先端を走ったジョージ・グリノー以来、バレルの内部はありとあらゆる視点からとらえられてきた。そして今、最新技術の導入によってバーチャル・リアリティの域をも可能にした。南アフリカ、ジョーディー・マレー 写真:イアン・スーレル


<フィーチャーストーリー>
■今号のフィーチャーストーリーは、昨年末に惜しくもこの世を去った畠山芳久のプロファイル&ポートフォリオ。日本におけるサーフィン・ジャーナリズムの先駆者として知られる畠山。氏の半生に迫る記事を盟友・吉田文平が執筆。またダン・マーケルら超一流のサーフィンフォトグラファーとならんでレンズを構えていた畠山の貴重な写真をまとめ上げた。

The Writing on The Wall
宿命の歩み

文:吉田 文平
写真:畠山 芳久

日本のサーフィン・ジャーナリズム黎明期を走りぬけた男、畠山“ジッタ”芳久の生きざま。

<コンテンツ①>
BEING TOOTS
トゥーツという生きかた

文:デビッド・ウォン
訳:近藤 晴彦

ワイキキで彼を知らない者はいない。アーサー“トゥーツ”アンチンゲスの内なる世界。

<コンテンツ②>
SINGULARITY
シンギュラリティ

文:ブラッドフォード・シュミット

バーチャルリアリティとサーフィン。バレル撮影の最先端を走った、元ゴープロのクリエイティブ・ディレクターが記した開発の記録。

<コンテンツ③>
LIFE’S A BEACH
ライフズ・ア・ビーチ

文:フィル・ジャレット
写真:レニー・エリス

レニー・エリスによるビーチライフの群像写真集。

<コンテンツ④>
AN ASSEMBLAGE OF BONES
骨のアッセンブラージュ

文:マライア・アーンスト

女性フリーサーファーの未来を担うジャリーサ・ヴィンセント。

<コンテンツ⑤>
THE SNOWSURFER
ザ・スノーサーファー 玉井太朗

文、写真:マット・タイトン

北海道・ニセコにある玉井太朗の住み処を訪ねて。


日本のサーファーがフィーチャーされたコンテンツにぜひ注目していただきたい最新号は1/15日(金)に発売。ほかにも18名のサーフィン・フォトグラファーによるグループショーとしてのポートフォリオなど『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版10.5号』は見どころ満載です。

+   ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版の目次配信サービス

+   ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版のメルマガサービス

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版のレビュー
総合評価: ★★★★★ 4.65
全てのレビュー:49件

レビュー投稿で500円割引!
信頼できるサーフィン情報誌
★★★★★2020年08月20日 パパ 社長
サーフィン関連の雑誌の中で、最も信頼性が高いと思いますので、定期購読しております。 また最近はどの雑誌も綺麗な写真が多くなりましたが、その中でも秀逸な出来栄えですので、いつも刺激をもらっております。
サーファーズジャーナル
★★★★☆2020年05月24日 パパ 会社員
サーフィンだけでなく人生、文化、思想、などなど 盛りだくさんな内容で楽しめます。
素晴らしい雑誌
★★★★★2020年05月12日 ymdj1 会社員
写真も記事も素晴らしい雑誌です。 普通のサーフィン雑誌とは一線を科した写真、記事内容。 素晴らしいです。
綺麗
★★★★★2020年05月10日 SHINN 社長
サーファー・人間にとって とても色んな意味で心があらわれる。
楽しみにしています
★★★★★2020年03月21日 きんちゃん 会社員
サーフィンを始めて8ヶ月です。 週末サーファーですが、段々とサーフィンの魅力にハマりつつあります。これから暖かくなるのでますます海に行くのが楽しみです。 海に行けない日はサーファーズジャーナルを読んで楽しみたいです。
青田さんが大好きです。
★★★★★2020年03月19日 みったか 会社員
写真が綺麗で、色も美しい。 サーフショップで見て、内容が気に入った時に購入しています。
最高!
★★★★★2020年02月09日 nori 会社員
いろいろあって楽しいです。 トリップにも行きたくなります。
内容が濃い
★★★★☆2020年01月31日 蹴井 擦太 会社員
以前たまたま目にしたこの本の、内容の濃さなど、この本でしか得られない情報があります。
勉強になります!
★★★★★2020年01月17日 万年ビギナー 会社員
今や、日本で唯一と言っても過言ではない、貴重なサーフィン誌だと思います。
目で楽しむサーフィン
★★★★☆2019年11月01日 ハマス 会社員
仕事から帰っても電車に乗っていても、波に乗ることを考えている。 そんな時、サーファーズジャーナルが目で波乗りを楽しませてくれる。 その場にいた人しか見れない光景を写真で伝えてくれ、触れた人しか分からない感覚を言葉で伝えてくれる。 週末までの時間を満たしてくれる唯一の書物だ。
レビューをさらに表示

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

THE SURFER’S JOURNAL(ザ・サーファーズ・ジャーナル)日本語版は、アメリカで創刊されたTHE SURFER’S JOURNALというサーフィン愛好家向けの専門誌の日本仕様のものです。日本ではあまり知ることの出来ない本場アメリカのサーフカルチャーや、今すぐサーフィンをしたくなるような美しい波の風景をふんだんに紹介するなど、見る人をワクワクさせるようなコンテンツが満載です。

海外の最新のサーフィン事情や歴史などを知ることが出来るのはもちろんのこと、日本版でしか読むことの出来ないコンテンツがあるというのがオリジナルと違う最大の特徴です。日本国内でサーフィンを楽しむサーファーや、海外に波を求めて旅をするサーファーなどといった様々な立場の人に密着取材を行い、そのこだわりや独自の哲学に迫っていくコーナーは、今まで多くの日本のサーファーに影響を与え続けてきました。さらに毎号サーフィンに関してのコラムやサーフィン文化の考察などといった読み手の知的好奇心を刺激する、魅力的なコンテンツの数々は見るものを一瞬たりとも飽きさせません。本物のサーフカルチャーを知りたいという上級者から、これからサーフィンを始めたいという初心者まで全てのサーフィン好きのイマジネーションを掻き立てるような1冊となっています。
おすすめの購読プラン

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版のバックナンバー

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版(TSJJ)最新号が発売です!厳選された写真と磨きぬかれた文章でサーフカルチャーを追究する、至高の1冊をお楽しみください。

10.5号表紙:最先端を走ったジョージ・グリノー以来、バレルの内部はありとあらゆる視点からとらえられてきた。そして今、最新技術の導入によってバーチャル・リアリティの域をも可能にした。南アフリカ、ジョーディー・マレー 写真:イアン・スーレル


<フィーチャーストーリー>
■今号のフィーチャーストーリーは、昨年末に惜しくもこの世を去った畠山芳久のプロファイル&ポートフォリオ。日本におけるサーフィン・ジャーナリズムの先駆者として知られる畠山。氏の半生に迫る記事を盟友・吉田文平が執筆。またダン・マーケルら超一流のサーフィンフォトグラファーとならんでレンズを構えていた畠山の貴重な写真をまとめ上げた。

The Writing on The Wall
宿命の歩み

文:吉田 文平
写真:畠山 芳久

日本のサーフィン・ジャーナリズム黎明期を走りぬけた男、畠山“ジッタ”芳久の生きざま。

<コンテンツ①>
BEING TOOTS
トゥーツという生きかた

文:デビッド・ウォン
訳:近藤 晴彦

ワイキキで彼を知らない者はいない。アーサー“トゥーツ”アンチンゲスの内なる世界。

<コンテンツ②>
SINGULARITY
シンギュラリティ

文:ブラッドフォード・シュミット

バーチャルリアリティとサーフィン。バレル撮影の最先端を走った、元ゴープロのクリエイティブ・ディレクターが記した開発の記録。

<コンテンツ③>
LIFE’S A BEACH
ライフズ・ア・ビーチ

文:フィル・ジャレット
写真:レニー・エリス

レニー・エリスによるビーチライフの群像写真集。

<コンテンツ④>
AN ASSEMBLAGE OF BONES
骨のアッセンブラージュ

文:マライア・アーンスト

女性フリーサーファーの未来を担うジャリーサ・ヴィンセント。

<コンテンツ⑤>
THE SNOWSURFER
ザ・スノーサーファー 玉井太朗

文、写真:マット・タイトン

北海道・ニセコにある玉井太朗の住み処を訪ねて。


日本のサーファーがフィーチャーされたコンテンツにぜひ注目していただきたい最新号は1/15日(金)に発売。ほかにも18名のサーフィン・フォトグラファーによるグループショーとしてのポートフォリオなど『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版10.5号』は見どころ満載です。

ウィンターシーズン目前、ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版(TSJJ)最新号が発売です!妥協ない上質な写真と文章により、ユニークなサーフィンの世界を描きだした1冊をお楽しみください。
10.4号表紙:グッド・スタイルを考えないことこそ、グッド・スタイルを生みだすコツだ。ノースショアの波で実践する南アフリカのマイキー・フェブラリー 写真:ニック・グリーン


今号のフィーチャーストーリーは、カリフォルニアのラグナビーチを中心地としながら、今や世界中に多くのファンを持つスキムボードのお話し。スキムボードシーンは日本ではいまだマイナーと言わざるを得ない状況だが、世界は違う。スキムボードの誕生から現在にいたるまでの歩みをおさめたエキサイティングな写真と物語を一読したならば、ネガティブなイメージは完全にくつがえされることだろう。
■SKIM CITY
スキム・シティ
文:テッド・レッカス
サーフィンから派生し、半世紀を経てようやく日の目を見たアンダードッグたちのムーブメント。


■SOMETHING ABOUT ALASKA
これが、アラスカだ
文:ベン・ウェイランド
写真:クリス・バーカード
ハリソン・ローチ、ネイト・ゾラー、パーカー・コフィンが旅した北方の僻地アラスカを、サーフフォトグラフィーの枠を飛び越えて活躍する巨匠クリス・バーカードが壮大かつ美しくフォーカスする。


■A CENTER OF GRAVITY
「重心」の在処
文:トラヴィス・フェレ
写真:コーバン・キャンベル
ワットユースのオリジナルメンバーであるエディター、トラヴィス・フェレが描くネイト・タイラーの独創的で豊かな暮らし。

■Secret Surfer Tracking the life of
forgotten two-time world
champion Sharron Weber
シークレット・サーファー
文:ジェン・シー
忘れ去られた2度の世界タイトルとシャロン・ウェバーの人生。


■Portfolio:TOM SERVAIS
ポートフォリオ:トム・サーベイス
写真:トム・サーベイス
サーフフォトグラフィーのレジェンド、トム・サーベイスの作品群。


■LIGHT IN THE ATLANTIC
大西洋を照らす光
文、写真:アル・マッキノン
アゾレス諸島をヒューゴ・ヴォーと行く、限りなくピュアなサーフトリップ。


ほかにも、ハワイのカノア・ジマーマンが、サーフボード本来の用途ではない、だけどもの妙にしっくりくる使われかたを撮影した「コーディングエリア」や、本誌編集ジョージ・カックルと、地元・平塚でMO3ストアを営みながら「横乗映画祭」を主催し、奇しくも今スキムボードにはまっているというモッさんこと劔持良輔との対談、People」など、『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版10.4号』は話題満載です。

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版(TSJJ)、秋の本格的なサーフシーズン到来とともに発売です!ネイサン・マイヤーズが本国の編集長に就任して2冊目。コンテンツ、デザインともにさら深く、新しくなった1冊をお楽しみください。
10.3号表紙:’60年代のプラスティック・ファンタスティック・ニーボードについていたフィンのプロファイル。 5つの角度を多重露光した / Photo by ラッセル・スペンサー


■今号のフィーチャーストーリーは、ビッグウェイバーでありフォトグラファー、デレク・ダンフィーの半生を描いたストーリーとポートフォリオの2本立て。身体能力が高く、引き締まった体を持ち、ビッグウェイブの場数も多く踏んでいた29歳のダンフィーは、フィジーでの歴史的セッションの最中、危険きわまりない状況に陥った。そのできごとをきっかけに、カメラを手にすることに。ビッグウェイバーたちの現在に焦点を合わせていく。

The Eye of the Hunter
「大波を射止める目」
文:ウィットマン・ベッドウェル

乗り手から撮り手へと進化を遂げたビッグウェイバー、デレク・ダンフィー。

Through the Looking Glass
「レンズ越しに映るビッグウェイバーたちの世界」
写真:デレク・ダンフィー

ビッグウェイブ・サーフィンの今を切りとってきた実践者の視点。

<コンテンツ①>
Portfolio: SARAH LEE
「ポートフォリオ:サラ・リー」
写真:サラ・リー

穏やかな力強さ。サラ・リーがつなぐ海


<コンテンツ②>
Through the Porthole
「舷窓からの眺め」
文:ベン・ワルドロン

サンフランシスコを拠点に活動する船乗りアーティスト、マーティン・マチャドのソルティーな作品。

<コンテンツ③>
Dirt, Scratches, Fingerprints, & Grain
Analog surf pics & portraits, 1962-1970
「よごれ、すり傷、指紋そして粒状性
アナログなサーフフォト & ポートレイト」
文、写真:ブレット・バレット

初期の『サーファー』誌を支えたフォトグラファー、ブレット・バレットの回顧録。

<コンテンツ④>
THE SURF GODS OF IDAHO
「アイダホのサーフゴッド」
文:ノア・レダーマン
写真:ショーン・シェーファー

アメリカ中部で広まりつつあるリバーサーフィンの新潮流。

<コンテンツ⑤>
Chasing the Wind
「風を追いかけて」
文、写真:ガウチョ・デルマー

サーフィン冒険家のジュリアンとホアキン・アズレイ兄弟は、かつて紛争があったフォークランド諸島で波の探査を試みた。

ほかにも、カバーショットを飾ったラッセル・スペンサーの作品集「多重露光で表現されたシンメトリー・アブストラクション」や、サーフボードシェイピング界の鬼才ドナルド・ブリンクの「マジックボード = 振動数」という新発想を追った「自我の白波」など、『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版10.3号』は話題満載です。
新体制になってから2号目となる、ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版(TSJJ)。さらに今号からは、ネイサン・マイヤーズが本国の編集長に就任。コンテンツ、デザインともにバージョンアップした充実の1冊をお楽しみください。

■今号の日本版オリジナルコンテンツは、ディック・ブルーワー直系のシェイパー、富永忠男のストーリー。レジェンド直伝のスピードシェイプを得意とする富永の生い立ちから、ブルーワーとの秘話まで、幼いころからの盟友、江本 陸が情感豊かに書き上げた。

THE SHAPER
「ナチュラルボーン・シェイパー 富永忠男」
文:江本 陸
人は、天職にめぐり会えるか否かでその歩みが大きく変わる。と、言われている。HEAVEN’S GIVEN。これは生まれながらにしてシェイパーという天職に恵まれた男の物語だ。

SUBMARINER
「サブマリナー」
文:ベン・ウォルドロン
写真:トッド・グレイサー
トッド・グレイサーがとらえた夢のような海中風景。


BOOT LEATHER
「サーフトリップ・バイ・ハイキング」
文:トーレン・マーティン、ニック・コルビー
訳:李リョウ
西オーストラリアではパーキングから一歩足を踏みだすと、そこから大自然がはじまる。トーレン・マーティンとニック・コルビーが語る、ハイクによる冒険のすべて。


BACK FROM HELL
「地獄からの生還」
文:カーク・オワース
イラスト:ウィル・スウィーニー
災いに見舞われたサーフトリップの数々。


When Worlds Collided
「ふたつの世界が衝突した日」
文:フィル・ジャレット
たんなる競技にとどまらず、サーフカルチャーそのものを映しだす鏡となった1970年世界選手権。


THE GREENER GRASSES OF INDONESIA
「インドネシアのすばらしい波をめぐる冒険」
文、写真:ジョン・レスポンデック
写真家ジョン・レスポンデックと仲間たちが、1ヶ月半にわたってインドネシアの秘境を探索。

ほかにも、メキシコのビーチブレイクで、オリジナル・ツインフィンのテスト&ランを楽しんだクリスチャン・ビーミッシュの追想「ツインフィン雑記録」や、対談コーナー「People」では、横須賀の伝説のサーフショップ・オーナーから、名物バーガーの生みの親へと転身をはたした飯田 茂氏を、本誌編集ジョージ・カックルが直撃します。今号の『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版10.2号』も話題満載です。

今号からいよいよ創刊10年目を迎えることになる、ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版(TSJJ)。この節目を新たなTSJJへ向けた変革の機会ととらえ、さらに精度をあげた翻訳による、読み応えある充実の誌面づくりを目指し、新体制で制作にのぞんでいます。

10.1号表紙:朝日に輝くナザレの波 / Photo by デレック・ダンフィー
お得な定期購読お申し込みはこちらから。
月額購読がもっともお得です!
月額払い 一冊1387円 (毎月自動課金、いつでも停止可能) 27% OFF
一年購読 一冊1620円 (一年分9450円) 21%OFF
2年購読 一冊1512円 (2年分17640円) 26%OFF

<フィーチャーストーリー>
■今号の日本版オリジナルコンテンツは、日本を代表するワールドクラスのログ・ライダー、瀬筒雄太による書きおろし原稿。昨今、にぎわいを見せている現代のロングボードシーンを、ロングボードが歩んだ歴史、そして自身が辿った道をふりかえりながら表現した。

LOGGING BLUES
「ロングボーダーの憂鬱」
文:瀬筒雄太

あなたは、ボンガ・パーキンスを知っているだろうか。地球上で、もっとも美しいラインを描くロングボーダーのひとりだ。ハワイアンらしく大きな体を持ちながらも、きわめてスムースな滑りを見せ、パイプラインのセカンドリーフでノーズライドしたかと思えば、インサイドボウルで巨大なバレルに包まれていく。神々しささえ感じるそのライディングは、何度見ても飽きることがなかった。そんな彼のロングボーディングを思い浮かべては、現代のロングボードシーンについて、悶々とした気持ちを抱いてしまう。

THE END OF THE CIRCLE
「円相の終焉」
文:ネイサン・メイヤーズ
写真:ダスティン・ハンフリー

腸チフス、デング熱、傷心、衝動。2009年に制作されたロブ・マチャドの伝記映画の失敗例となのか。少なくとも、あのときに「地獄」を味わった関係者たちはそう感じているかもしれない。「離婚がテーマのサーフムービーなんてやりすぎだったんだ」とは、プロデューサーの弁。あれから10年ほど経過した今、脚本家が真相を明かした。

OUTLANDER
「よそ者の視点」
文:ジェイミー・ブリシック
写真:ジミー・メティコ

1980年代のサンタバーバラにとって必要不可欠だったフォトグラファー、テキサス出身のジミー・メティコによる数々の激写。


OCCIDENTAL DRIFT
「僻地への漂流。ヴァージン・ウェイブを求めて」
文:ピート・ゲール
写真:アル・マッキンノン

そのマリーナスポーツクラブは、ひなびた港町の水路が見渡せる、同名のレストランの奥にある。視線を避けながらビールの小瓶をかたむけ、船乗りの世界の片隅で夢破れた男の会話を耳にするというのは、旅のはじまりとして幸先がいいとはとても言えないだろう。


UNDER THE GREAT WAVE
「アンダー・ザ・グレート・ウェイブ。神奈川沖浪裏が与えた影響」
文:ボルトン・コルバーン

この200年前の木版画は、まちがいなく世界一有名な波のイメージだろう。現在における漫画のスタイルからサーフフォトグラフィーの距離感やフォーカスまで、今もこの作品が世に与えつづけている影響は計り知れない。


Portfolio: TREVOR MORAN
「ポートフォリオ:トレバー・モラン」
文:ザンダー・モートン

控えめな男、トレバー・モランが切り取る強烈な一瞬。


ほかにも、英国のボランティア・レスキュー隊員、ビジネスモデルの推進者、そしてシーマンでありサーファー、トム・ケイの横顔を紹介した「ヘルムスマン。操舵手の務め」や、本誌編集ジョージ・カックルによる名物コーナー、元ワールドチャンピオンのポッツこと、マーティン・ポッターとの対談「People」など、今号の『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版10.1号』も話題満載です。
9.6号表紙:ワイキキのナイト・サーフィン/Photo byジョン・フック
<フィーチャーストーリー>
■今号のオリジナルコンテンツは、かつて天才サーファーと謳われ、こつ然とサーフィンの表舞台から姿を消した青田琢児のストーリーだ。話は一昨年の冬、私が抱井保徳と会ったときにはじまった。抱井は、青田のトリビュート(称賛として捧げるストーリー)をやりませんかと、私にそのアイデアを披露した。青田が平塚の海岸にブルーテントで生活しているという噂は前々から聞いていたし、そんな青田のいきさつや心情、現在の様子などを知りたいこともあり、この編集企画は進行していった。

■Back Home Again!
「野性の品格」
青田琢二のディストピア(暗黒郷)とは
序文:抱井保徳 文:森下茂男
青田琢二が、平塚の海岸沿いに防砂・防風林として植えられたクロマツの木が林立する松林の一角に住み、一見ホームレスと見紛うような生活をはじめたのは、およそ10年ほど前だ。「なにか、住むように仕向けられているような気がする」と、青田は潮に引き寄せられるように、もともと実家があった場所にブルーテントを張って住みはじめる。そこは、青田が1歳から20歳まで住んでいて、土地改良工事のために立ち退きを余儀なくされた場所だった。

■General Veneer
「ジェネラル・ベニア」
バルサボード時代を支えた木材加工会社の存在。

バーノンには、パシフィック・システムがあり、サウスゲートにはジェネラル・ベニアの本家があった。このバーノンとサウスゲートというふたつの市は、地図で見ると上下に位置し、ちょうどLAのスキッドロウ(スラム街)の風下にあった。このふたつの会社は木材の買いつけと加工をおこなっていた。パシフィック・システムの創設者はブレネ・ベーカーとウィリアム・ブットのふたりで、プレハブハウスのキットをつくる、世界でもっとも大きな会社に成長していった。いっぽうジェネラル・ベニアは、1931年、木材加工の会社としてのオフィスを構えた。場所はサウスゲートのオーティス通りで、パシフィック・システムよりも30ブロックほど南にあった。創立者はダグラス・デウィット。のちに複合素材を航空宇宙産業に供給する大手企業へと成長することになる。
文:リチャード・ケンビン
■Landscape Painters
「ランドスケープ・ペインターズ」
西オーストラリアのアウトバックを行く。

ぼくには、毎年かならず訪れる場所がある。西オーストラリア州の北部に位置する砂漠地帯だ。ぼくが暮らすマーガレットリバーからは車で15時間。南西の海岸にストームがやってくると、つい北へ向かいたくなるのだ。たいていはどこかに良い波があるから、天気図はそこまで気にせずに、とりあえず向かってみる。もし波が大外れだったとしても、キャンプや釣り、ビールを飲みながら焚火を囲み語り合う、楽しい時間が保証されている。
文:タジ・バロー 写真:ジョン・レスポンデック


■Evert Desert Hides a Well
「砂漠の泉」
1970年代のサーフスケーター、ソノラ砂漠のパイプランドに向かう。

セントラル・アリゾナ・プロジェクト(CAP)とは、コロラド川の水をハバス湖からアリゾナ州の大都市圏へ供給するための用水路だ。運河と地下トンネル、パイプライン、そしてポンプ設備などが複雑に入り組んだシステムは、連邦議会が認可した当時最長のプロジェクトとなり、水路の設計と仕様は土地改良局が決めた。全長173マイル、幅80フィートのコンクリートで舗装されたグラナイト・リーフ導水路は、CAPの起点として7つの主要な河川を横断し、システム最大級の流量を誇る。逆サイフォン(伏せ越し)構造のパイプは直径21フィートもあり、最長2マイルにおよぶ。7つあるうちの6つは補強鋼線入りのコンクリートで成型され、それを上回る大きさのパイプは当時存在しなかった。内径252インチ、肉厚21インチ、各セグメントの長さは22.6フィート、重量は225トンに達する。
エクスポーネント・コンサルティング社(パイプの修理を請け負った業者)

高校生のときにパイプの製造元だったアメロン社に手紙で頼んだら、CAPプロジェクトのマップを送ってきてくれたんだ。パイプの建設用地を次々と探し当てて、皆で押しかけることができたのはそのおかげさ。
スティーブ・ピングルトン(アリゾナの先駆的スケーター)

■Cocktail Hour
「カクテルアワー」
写真家ジョン・フックが撮影したワイキキのナイトサーフィン。

フックがカメラと出会う何年も前、まだ高校生だったころ、彼は友人と夜のクィーンズにパドルアウトしたそうだ。それは混雑を避けるためだけでなく、楽しかったからだ。「(当時のセッションについて)波に乗るたびに、サーフィンがうまくなったような気になったのを覚えている」と彼は笑った。「暗闇の中では波はじっさいよりも大きく感じられ、スプレーも大きく飛んだように思えた。インサイドのチューブも迫力があった」。彼の言っていることは私にもよく理解できた。
序文:デビッド・ウォン

■Action Hero
「アクションヒーロー」
みずからのサーフ体験をキャンバスに塗りこむポストモダン・アーティスト、ジョン・ミレイ。

ミレイと会話を交わしているうちに、2002年に彼の3部作を目の当たりにしたときの様子を思いだした。作品のタイトルは『For Surfing』で、2000年3月にハワイ・パイプラインで溺れたトラビス・マッスルマンの死を悼む哀歌として制作された。寸法は138 x 80インチと縦に細長く、上からのしかかるようなそのレイアウトは、鑑賞する者の頭越しになにかを訴えかけているようだ。
文:アレックス・ワインスタイン


ほかにも、コスタメサにあるVANSの本社でグローバル・サーフチーム・マネージャーとして働いているノーラン・ホールの作品を紹介する「ポートフォリオ:ノーラン・ホール」や、本誌編集ジョージ・カックルによる名物コーナー、元プロ・ロングボーダーでビーチカルチャー・エディター、池田潤との対談「People」など、今号の『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版9.6号』も話題満載です。

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版の今すぐ読める無料記事

スポーツ 雑誌の売上ランキング

1 月刊タイガース

阪神タイガース

月刊タイガース

2021年03月01日発売

目次: 今月の一枚

クローズアップインタビュー
「C」の自負
岩貞祐太

Pick up interview
遥かなる理想
髙橋遥人

虎番目線
日刊スポーツ 只松憲
関西スポーツ5紙虎番記者によるリレーコラム

TIGERS PHOTO TOPICS
2021宜野座春季キャンプ
タイガースの熱い戦いを写真で切り取り、興奮を誌面に再現

タイガースフィールドコラム
現場からお伝えします
vol.23 2021年2月

裏虎魂(ウラトラソウル)
第43回 タイガースアカデミーコーチ 森田一成さん
裏で虎を支える人々の魂

タイガースファームレポート
若虎たちのファームでの動向を詳しくレポート

息子をよろしく
伊藤将司
ご両親だけが知るルーキーの素顔

ファーム新コーチインタビュー
生え抜きのレギュラーを
田中秀太ファーム内野守備走塁コーチ

Next Generation Interview
攻守に確実性を上げて一軍へ
遠藤成

2021 タイガース気になるあの選手
ジェリー・サンズ

【阪神タイガース Women連載企画】
月刊タイガース Women vol.1

嶋尾康史のトラリンク!
第134回 川尻哲郎さん(阪神タイガースOB)
タイガース投手から俳優業へ転身した嶋尾氏が各界トラファンを紹介

新入団選手、いらっしゃ~い
vol.3 小林慶祐
選手の人となりがわかるアンケート企画

【最終回】
月刊タイガースアーカイブ
vol.43:2005年

平田道場
時には熱く!時には優しく・・・
師範・平田ヘッドコーチが親身になって読者の質問に答えてくれます

阪神タイガースの全てがわかる球団唯一のオフィシャル誌

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

2 週刊ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
10%
OFF
送料
無料

週刊ゴルフダイジェスト

2021年03月02日発売

目次: グリーン上のマッドサイエンティスト
橋本真和 カップインの最新テクノロジー

コレ片手に応援しよう!
特製付録【女子プロ選手名鑑】

このままではこの谷を越えられなくなる・・・
ベテランの飛ばし復活大作戦!

ここだけの話・・・
女子ツアーのスポンサー事情

■原英莉花・新垣比菜・勝みなみ・三ヶ島かな
 2021シーズン【わたしの勝負服】最終日はコレ着ます!


■オデッセイ・キャメロン・スパイダー
いま買いの中古パターはコレだ!


■ギャラリーがいてこそ!
有観客の線引き「開幕戦への奮闘」

参考価格: 460円 定期購読(NB(ニューバランス)カートバックと[月額払い]のセットプラン)なら1冊:432円

明日から役立つ!“ニュース”な話題が満載のゴルフ専門誌

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/02/16
    発売号

  • 2021/02/09
    発売号

  • 2021/02/02
    発売号

  • 2021/01/26
    発売号

  • 2021/01/19
    発売号

3 ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
8%
OFF
送料
無料

ゴルフダイジェスト

2021年02月20日発売

目次: 特別付録 ツアー選手名鑑2021/特集 ドライバーで上手くなる練習法!/2021初戦目前!女子ツアーSP

参考価格: 690円 定期購読(マイゴルフレーキ(ブルー)と1年購読のセットプラン)なら1冊:637円

いつも読者主義! 本格派ゴルファーのためのゴルフ雑誌

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料
参考価格: 1,000円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:500円

今、見直されたい自転車の新しい魅力を伝えます。

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/20
    発売号

5 HONEY(ハニー)

ネコ・パブリッシング

送料
無料

HONEY(ハニー)

2021年03月05日発売

目次: “自分にしかないものを見つけることができるのは、自分だけ……”。

3月発売のHONEYは、様々な角度から“自分に合うもの”を見つけ、取り入れていく術を紹介していきます。
最初にパーソナルカラーチャートで自分色を知り、そこから最適なファッション、コスメ選びを。
さらにケアやボディ、メンタルへと展開していきます。自分を知ることが出来れば新たな自分に出会え、
心地いいものを自然と取り入れられるようになる。ストレスフリーな暮らしをHONEYが指南します。

その他の特集は、湘南・千葉・静岡へのサーフトリップをまとめた「Micro Surf Tourism」、ヴィーガン、
アーユルヴェーダ、酵素、ファスティングなど、いま注目を集めている“食”にフォーカスした「FOOD RETREAT」、
カリフォルニア、フランス、日本の素敵な海沿いのお宅を紹介「WORLD BEACH HOUSE」、ケリア・モニーツ
ほか最近ママになった3人の女性サーファーをフォーカスした「WATER MAMA」、肌よりも経皮吸収率が高く、
体調の変化を感じやすいデリケートゾーンのケア方法からアイテム紹介、新習慣までフォローした「Intimate Care」
などをピックアップしています。

参考価格: 790円

女性のためのビーチライフスタイル&ファッション誌

  • 2020/12/07
    発売号

  • 2020/09/07
    発売号

  • 2020/03/06
    発売号

  • 2019/12/07
    発売号

  • 2019/09/06
    発売号

  • 2019/06/07
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

ナンバー(Sports Graphic Number)

2021年03月04日発売

目次: HONDA F1戦記。1964~2021

[ラストシーズンを託された20歳]文●藤井夏好
角田裕毅「衝撃の速さを鈴鹿でも」

[エンジニアが語る激闘の深層]文●大谷達也
セナとプロスト「愛すべき二人がゆえに」
[実姉の述懐]文●リビオ・オリッキオ 翻訳・構成●尾張正博
ビビアーニ・セナ「弟が日本を愛した本当の理由」

[没後28年目の追憶]文●今宮雅子
「ひとつのファミリーだった」セナとホンダの6年間

[名ドライバーが語るホンダ1]文●池ノ内みどり
ゲルハルト・ベルガー「マクラーレン・ホンダは最高のチームだった」
[天才デザイナーが明かす秘話]文●アダム・クーパー 翻訳・構成●田邊雅之
ゴードン・マレー「常勝への設計は貪欲かつ過激だった」

[名ドライバーが語るホンダ2]文●大串信
中嶋悟「未来永劫止めるとは、言ってませんよね」?

[荒法師の肖像]文●大串信
ナイジェル・マンセル「機械を超えた逆転V」

['86年タイトルの立役者]文●リビオ・オリッキオ 翻訳・構成●尾張正博
ネルソン・ピケ「V6ターボで確信した初戴冠」。

[盟友にしてライバルの回想]文●アダム・クーパー 翻訳・構成●尾張正博
パトリック・ヘッド「忘れられない1・2フィニッシュ」

[F1中継の現場から1]文●茂木康之
川井一仁「セナを〝泣かせた〟直撃レポート」

[F1中継の現場から2]文●小堀隆司
森脇基恭「解説席で興奮した私のベストレース」

[ホンダスピリットは永遠に]文●渡辺敏史
F1ブームと街を走った名車たち

[名ドライバーが語るホンダ3]文●今宮雅子
佐藤琢磨「インディ500優勝で果たせた〝Unfinished Job〟」

[冬の時代を支えた名優]文●アダム・クーパー 翻訳・構成●田邊雅之
ジェンソン・バトン「最強でなくとも最高の絆」

[名ドライバーが語るホンダ4]文●茂木康之
鈴木亜久里「ホンダに乗ってたら優勝できたかな}

[エンジニアたちが振り返る苦闘の日々]文●今宮雅子
「HのDNAを繋いで」

[有終の美を導く切り札]文●柴田久二夫
マックス・フェルスタッペン「死角なきエースの輝き」

[名ドライバーが語るホンダ5]文●リオネル・フロワサール 翻訳●今宮雅子
ピエール・ガスリー「今季の僕らはもっともっと強くなる」

[4人のキーマン連続取材]文・写真●熱田護
「HONDA F1チーム、最後の戦いへ」

[F1撤退を巡る一考察]文●大谷達也
希望の光が消えないうちに

[名機、名手、名勝負の軌跡]文●渕貴之
「30の言葉で振り返る ホンダF1戦史」

[全豪オープンV2詳報]
大坂なおみ

[東日本大震災から10年]
ベガルタ仙台「"希望の光"をもう一度」

[連載「RIKAKO DIARY」拡大版]
池江璃花子「優勝しました! 」

イチロー実録 2001-2019 ― 51冊の取材ノートから
福原辰弥「拳で示した"故郷の可能性"」

ラストマッチ 廣山望

参考価格: 640円 定期購読([月額払い]とNumber1010号 将棋特集号のセットプラン)なら1冊:512円

雑誌『ナンバー(Sports Graphic Number)』は、メジャースポーツからマイナースポーツまで、スポーツの魅力を美しい写真でお伝えします!

  • 2021/02/18
    発売号

  • 2021/02/04
    発売号

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/12/17
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

Cycle Sports(サイクルスポーツ)

2021年02月20日発売

目次: CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2021年4月号

向上させたいなら今がチャンス!
ポジション見直しから始めるペダリング根本改革
リオモ・ベルマーレの才田直人選手ほか6人の国内ロード選手がアドバイスするペダリング術。

特別付録・防滴サイクルポーチ
サイクルジャージのバックポケットにジャストフィットするサイズの防滴ポーチが付録。
その名のとおり「防滴」仕様だ。
ファスナーは止水タイプを採用し、本体の裁縫部分は熱圧着によって密閉性を確保。
汗をかいたり、雨にぬれても中身がぬれにくい設計になっている。
ポケットに入るポーチ系の付録は2015年以来6年ぶりだ。
中に間仕切りがないので、スマートフォンや携帯ポンプといった大きなものから、
補給食やタイヤレバーなどの小物まで入れるものの自由度を高くしてある。


新ETRTO規格から最新太幅タイヤ事情まで
今、知っておきたいロードタイヤのこと 2021

究極のストレスフリーで止まらず走れ! (ほぼ)ノンストップライド

定番&最新 スネ毛処理の美学

参考価格: 880円

自転車を遊ぶ、自転車で語ろう プレミアムサイクリングマガジン

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/20
    発売号

送料
無料

F1速報

2021年02月26日発売

目次: A NEW HOPE 新たなる希望

アルファタウリAT02発表
角田裕毅&ホンダにかかる期待


特集
山本雅史(ホンダF1マネージングディレクター)
グラハム・ワトソン(アルファタウリ・チームマネージャー)が語る2021年
「勝負のシーズンに」

新天地ドライバー・インタビュー
セルジオ・ペレス
カルロス・サインツJr.
ミック・シューマッハー


特集
開幕に向けて気になる4つのキーワードを海外ジャーナリストが独自情報で斬る!
F1大予想2021 PART Ⅱ


超速報!
アルファロメオC41発表


メルセデス換装で心機一転
マクラーレンMCL35M
シェイクダウン


今号の注目
パワーユニット開発凍結合意。レッドブルは独自ファクトリー建設
ローレンス・ストロール&チーム首脳陣が語る新生アストンマーティン
ルイス・ハミルトンの「暫定1年」残留に見る現代契約事情の複雑怪奇

レースレポートの情報が満載!

  • 2021/01/28
    発売号

  • 2021/01/14
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/12/17
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

GOLF TODAY (ゴルフトゥデイ)

2021年03月05日発売

目次: 女子ツアー 開幕! 特集
JLPGA 2021 日本女子ツアーいよいよ開幕!

【綴込付録】2021ドライバーカタログ
全28モデル

今月のイチ推しギア プレゼントは「スリクソン&クリーブランド」です!

参考価格: 730円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:365円

ゴルフを愛する全てのゴルファーへ

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/05
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/05
    発売号

  • 2020/10/05
    発売号

  • 2020/09/04
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌