OUT OF MUSIC(アウト・オブ・ミュージック) 発売日・バックナンバー

全68件中 1 〜 15 件を表示
980円
980円
COVER 特集
FANTASTICS

表紙・巻頭 特集!!

FANTASTICS
メジャーデビュー5周年を迎える12月5日
3rdアルバム『FANTASTIC ROCKET』をリリース

超高速で宇宙を駆け巡る姿を想起させるドラムンベースサウンドに、先へと突き進む覚悟を乗せた『STARBOYS』。
実験的かつ攻撃的なトラップサウンドと、ダークな世界観『DARK MATTER』9月に先行配信された『It’ all good』など、全12曲収録。
新録曲の制作エピソードや、10月に出演した野外フェスの話など、さまざまな切り口から『FANTASTIC ROCKET』と5周年を迎えるFANTASTICSを紐解いていく。

BACK COVER特集
THE JET BOY BANGERZ

巻末特集!!

突き抜けた躍動感
10人組ダンス&ボーカルグループ
THE JET BOY BANGERZ

4.8万人が参加したLDH史上最大規模のオーディション『iCON Z』から誕生
2023年8月にシングル『Jettin’』でデビュー
快進撃を続けているその魅力と素顔

撮り下ろしPHOTO & LONG INTERVIEW
ビッケブランカ

特集
自由自在に音楽の海を泳ぎ、独自のポップミュージックを生み出していくシンガーソングライタービッケブランカ
EP『Worldfly』その音楽の魅力とは

LONG INTERVIEW
DOBERMAN INFINITY

最新両A面シングル『アンセム/マンマミーア!』
『アンセム』は蔦谷好位置がプロデュース。
DOBERMAN INFINITYから純粋な夢や願いを持つ人への賛歌。
夢を追うことに不安や迷いを抱えながら戦う人に、夢が芽生えた瞬間の喜びを思い出させてくれる、メッセージソング。
『マンマミーア!』はシェイクスピアの戯曲 “All’s Well That Ends Well”からヒントを得てできたコミカルでポジティブな楽曲。楽曲に込められた思い、曲の楽しさ、カッコよさをメンバーに語ってもらった

撮り下ろしPHOTO & LONG INTERVIEW
林部智史

特集

今年2月にメジャーデビュー7周年を迎えた林部智史の最新アルバム『RAINBOW』
その名の通り“虹”をテーマにした今作には、赤・橙(オレンジ)・黄・緑・青・藍・紫にちなんだ7曲(+ボーナストラック『虹めいて(スペシャル・バージョン)』)を収録。
「赤」をイメージとして先行リリースされたシングル『La Rouge』を手がけた松井五郎(作詞)、林哲司(作曲)をはじめ、阿木燿子、宇崎竜童、マシコタツロウ、松本俊明、Minnie P.、来生たかお、来生えつこ他、豪華作家陣が集結して完成した鮮やかな“虹”について、各曲に込めた想いと制作エピソードを語ってもらった。

撮り下ろしPHOTO & LONG INTERVIEW
吉澤嘉代子

特集

シンガー・ソングライター 吉澤嘉代子
「青春」をテーマにした二部作の第一弾EP『若草』11月15日にリリース
「青春」をテーマにさまざまな景色、物語、サウンドが広がるキラキラしていて、懐かしくもあって、キュンとさせてくれる曲たちが収録されている
同世代のミュージシャンTAIKING(Suchmos、Gt)、大樋祐大(SANABAGUN.、Key)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S、Ba)、澤村一平(SANABAGUN.、Dr)とスタジオセッションレコーディングした曲も収録
吉澤嘉代子が、思い描く「青春」とは…

撮り下ろしPHOTO & LONG INTERVIEW
BMK

特集

いつも明るく元気いっぱい名古屋発5人組エンタメ集団、BMK
最新シングル『NANAKORO!』
失敗してもまた立ち向かう気持ちエネルギッシュに愛を叫ぶ楽曲
BMKの魅力満載、オモシロ音楽トークをどうぞ!

撮り下ろしPHOTO & LONG INTERVIEW
I Don’t Like Mondays.

特集

アルバム『RUNWAY』をリリース。
Fashion×MUSIC、I Don’t Like Mondays.の生み出す音楽で日常を華やかに…
魅力に迫る

LIVE REPORT
Wakana
Billboard Live 2023 ~そのさきへ~
2023年7月6日Billboard Live YOKOHAMA

Wakanaが優しく歌いかける。
言葉のひと言ひと言を紡ぐたびに歌声が輝く一つ一つの粒となり降り注ぐ
観客の心の中で小さな種を芽吹かせる
ライブ会場がWakana色に染まっていく

アルバムのサウンドプロデューサーを務めた武部聡志がライブの音楽監督、ピアノとして参加
バンドメンバーは他に、ギターの遠山哲朗マニピュレート&キーボードの前田雄吾
極上の音楽に満たされたライブ空間

SERIES
連載☆話題のチョークアーティスト
松下萌子
980円
980円
960円
960円
930円
930円
930円
表紙&特集 BE:FIRST
930円
OUT of MUSIC 75

表紙・巻頭ぶち抜き 33P 総2万7000字 特集!!

16人の輝き、ひとつの光に

最強ダンス&ヴォーカルグループ

“新境地”であり“真骨頂

“リアルアップグレード”

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

Album『RAY OF LIGHT』



EXILE TRIBEの中でも一際存在感を放つ16人組ダンス&ヴォーカルグループ、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE。近年はグループとしてだけでなく、メンバー各々の活躍も目覚ましい彼らが、2022年1月25日、4thアルバム『RAY OF LIGHT』をリリースした。先の見えないコロナ禍において、自分達の存在が“希望に繋がる光”になれたらという願いを込めた今作には、2021年にリリースしたシングル収録曲のほか、新曲を5曲収録(ダンストラックとボーナストラックを含む)。メンバー曰く、THE RAMPAGEにとって“新境地”であり“真骨頂”という表題曲『RAY OF LIGHT』の話を軸にして、16人の“今”に迫った。

インタビュー=斉藤碧

写真=上牧佑

ヘア&メイク=谷川一志、上野綾子、Aki、なかじぃ(KIND)

スタイリング=中瀬拓外

裏表紙・巻末特集

5人組ダンス&ボーカルグループ

M!LK

ファンタジックな世界観と等身大の熱い想いが融合したメッセージソング

『HIKARI』



佐野勇斗(さの はやと)、塩﨑太智(しおざき だいち)、曽野舜太(その しゅんた)、山中柔太朗(やまなか じゅうたろう)、吉田仁人(よしだ じんと)から成る5人組ダンス&ボーカルユニット、M!LK。2021年11月24日にシングル『Ribbon』でメジャーデビュー。続く2022年2月9日に配信シングル『HIKARI』をリリースした。2月13日にパシフィコ横浜・国立大ホールで開催したワンマンライブ『M!LK LIVE 2022 NEXT WINNER』に向けて制作されたという『HIKARI』は、ファンタジックな世界観と等身大の熱い想いが融合したメッセージソング。個人活動も多忙を極める中、それでも「話し合わなくても、同じ方向を向いて歌っていた」という今作について、それぞれの想いを語ってもらった。

インタビュー=斉藤碧

写真=上牧佑

アシスタント=上牧未侑

ヘア&メイク=中島愛貴(do:t)、山下美樹

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォト

今と向きあい、たどり着いた、自分たちの音楽

SCANDAL

10th Album 『MIRROR』

「女性らしいしなやかさや柔らかい感情」「今の年齢にあった音楽性」…

ガールズバンドSCANDAL。2021年には結成15周年を迎え、

約2年ぶりとなるアルバム『MIRROR』をリリース。

コロナ禍以降、メンバーたちがつかんだ

SCANDALとしての新機軸となる姿が映し出されている。

その理由を、ここで紐解く。

インタビュー=長澤智典

写真=上牧佑

アシスタント=上牧未侑

ヘア&メイク=村上竣介 (Superbly Inc.)、守下春花 (Superbly Inc.)

スタイリング=小川恭平

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォト

I Don’t Like Mondays.

TVアニメ『ONE PIECE』主題歌

不安や迷いに立ち向かう勇気をくれる『PAINT』

4人組バンドI Don’t Like Mondays.。通称、アイドラ。キャッチーなメロディラインとYU(vo.)の独創的な歌詞、彼らの武器である洋楽サウンドを織り交ぜた楽曲は日本で唯一無二。芸能界にも多くのファンを持つ。そんな彼らが1月9日にリリースした最新曲『PAINT』が、現在TVアニメ『ONE PIECE』の主題歌として放送中だ。『ONE PIECE』の世界観を大事にしながらも、不安や迷いに立ち向かう勇気をくれる、アイドラ史上最もストレートな応援歌。その制作エピソードや『ONE PIECE』愛を、思う存分語ってもらった。

インタビュー=斉藤碧

写真=田島雄一

ヘア&メイク=Tomoka Kitsunai

スタイリング=NAKAMOTO NOBUAKI

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォト

大切な“bestie”

キミとならどんな事でも乗り越えられる

主人公は自分ではないけど…

諦めないで思いを伝えたい

lol-エルオーエル-

人を笑顔に、感動を

男女混成5人組ダンス&ヴォーカルグループ

6作連続Digital Singleリリース!

現在、6作連続Digital Singleを配信リリース中のlol-エルオーエル-。昨年は、「sun kissed love」「ONE LAST SONG」と2作品をドロップ。2022年2月9日に第三弾Digital Single『my bestie』、同月23日には第四弾として『だからその前に』のリリースが決まっている。さらに、4月より約2年ぶりとなる全国ツアーもスタート。最新の動向について、メンバーらに話を聞いた。

インタビュー=長澤智典

写真=上牧佑

アシスタント=上牧未侑

スタイリング=後藤泰治(SMB International.)

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォト

みんな、それぞれ、感じたままに…

その、すべてが正解!

GENIC

男女7人組ダンス&ボーカルグループ

自分のペースで、動き出そう!!

Digital Single『We Gotta Move』

男女7人組ダンス&ボーカルグループGENICが、2月2日に新曲『We Gotta Move』を発表した。この曲は「声を発せずとも曲に参加して、一体感を味わえる“with コロナのライブアンセム”」というコンセプトで、7人のカラフルなボーカルが弾ける楽しいナンバーとなっている。「1人1人へのリスペクトだったり、信頼関係が芽生えている」とリーダーの西本茉生が語っているように、結成3年目でグループの絆がより強固になりつつある今、彼らは『We Gotta Move』の歌詞や音楽にどんな思いを込めたのか。また2022年はそれぞれどんな目標を掲げているのか、話してもらった。

インタビュー=キャベトンコ

写真=田島雄一

ヘア&メイク=ヘアメイク:宮川 幸、ほそえあかり(P-cott)

――――――――――――――――――――――――――――――――

WHAT’s NEXT→ 次なる注目アーティスト!

Organic Call

2017年に始動し、東京を拠点に活動するロックバンド、Organic Call。通称、オガコ。「強い信念を持ち、明日への微かな希望を唄う」をキャッチコピーに精力的にライブを行っている彼らは、2021年11 月に主催ライブ(ツアーファイナル)を渋谷O-WEST を行い、ソールドアウトした会場で熱いステージを展開。2022 年2 月に開催予定の渋谷WWW での2マンライブも、早々にソールドアウトするなど、今注目のロックバンドである。Organic Callの音楽性や、各自が大事にしていることについて、メンバーの平田真也(Vo&Gt)、カワカミトモキ(Gt)、きっつー(Dr)に話を訊いた。

インタビュー=斉藤碧

写真=田島雄一

――――――――――――――――――――――――――――――――

話題のチョークアーティスト連載

松下萌子
930円
変革を巻き起こす!

圧倒的クオリティとポテンシャル

今、もっとも注目、話題、人気を集める

7人組ダンス&ボーカルユニット

BE:FIRST

SKY-HIが主宰するオーディション『THE FIRST』から誕生したボーイズグループ、BE:FIRST。デビュー前から熱狂的な人気を誇る彼らが、11月3日、シングル『Gifted.』でメジャーデビューを果たした。メンバーはSOTA、SHUNTO、MANATO、RYUHEI、JUNON、RYOKI、LEOの7人。シングルの表題曲『Gifted.』では、埋もれていた原石から人気アーティストへと進化を遂げた彼らが、自らの堂々たる姿で、誰もが才能を持つ原石であることを証明している。そんなデビュー作への想いをにぎやかに語ってもらった。

インタビュー=斉藤碧 写真=上牧佑

ヘア&メイク=Megumi Kuji(LUCK HAIR) スタイリング=KAI SHUHEI

――――――――――――――――――――――――――――――――

裏表紙・巻末特集



ダンス、ヴォーカル、ラップ、アクロバット、

7人組グローバルグループ

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE

待望の2ndフルアルバム『PASS THE MIC』 & EXILEデビュー20周年記念企画

7マイク・フリースタイルグループ、BALLISTIK BOYZ。11月24日、待望の2ndアルバム『PASS THE MIC』をリリースする。本作のリード曲『All Around The World』は、世界進出への決意を表明する1曲。今作で“BALLISTIK BOYZ第1章”を締め括り、新たな舞台を見据える7人に今の心境を訊いた。

インタビュー=斉藤碧

写真=上牧佑

ヘア&メイク=大木利保、藤原早代、中山伸二、富樫明日香(CONTINUE)

スタイリング=中瀬拓外

――――――――――――――――――――――――――――――――

特集

心の底から伝えたいこと

w-inds.

新体制後、初となるオリジナルアルバム『20XX“We are”』

3年ぶりのオリジナルアルバム『20XX“We are”』を11月24日にリリースしたw-inds.。先行配信シングル『Strip』の歌詞を見た時、その新鮮さに驚いた。w-inds.といえば、どこか別の世界に連れていってくれるような歌詞の楽曲が多い印象だった。新体制で初めて発表された『Beautiful Now』は彼らからのメッセージがつまった楽曲だったが、再始動だからこそだと受け取っていた。しかしアルバムの方向性を伝える役割の『Strip』は、サウンドは今までのように時代性を反映しながら、歌詞は彼らが今、心の底から伝えたいことがストレートに反映されていた。そして今回アルバムを全曲聴いて、これがアルバムのテーマなんだ、と分かった。彼らはなぜ、自分たちのメッセージを作品に色濃く落そうと考えたのか。その真意について話を聞いた。

インタビュー=キャベトンコ

写真=戸井田夏子

ヘア&メイク=北島圭二(fiorista)

スタイリング=齋藤英明

――――――――――――――――――――――――――――――――

特集

それぞれの夢をあわせて…

EXILEデビュー20周年記念企画&最新シングル

インタビュー&フォト

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

Picked Members

Zin / RIKU / Yonamine Rui / Suzuki Takahide

今やJr.EXILE世代を牽引する存在である16人組のダンス&ヴォーカルグループ、

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE。

そのなかから陣、RIKU、与那嶺瑠唯、鈴木昂秀のメンバー4人をキャッチ。

自然なカッコよさ、メンバーの仲がうかがえるフォト、

EXILEデビュー20周年を記念した企画「EXILE TRIBUTE」の

4週連続リリース第1弾『THE RAMPAGE FROM EXILE』(12月1日リリース)について

グループ・インタビュー、

シングル『LIVING IN THE DREAM』(10月27日リリース)について、

パーソナル・インタビュー、それぞれ想いを語ってもらった。

取材・構成=斉藤碧

写真=上牧佑

ヘア&メイク=上野綾子、大矢佑奈(KIND)

スタイリング=中瀬拓外

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォト

メジャーデビューシングル『Ribbon』リリース

M!LK

5人組ダンスボーカルグループ

佐野勇斗(さの はやと)、塩﨑太智(しおざき だいち)、曽野舜太(その しゅんた)、山中柔太朗(やまなか じゅたろう)、吉田仁人(よしだ じんと)から成る5人組ダンス&ボーカルユニット、M!LK。超特急やDISH//が所属するスターダストプロモーションの一員として、俳優としても活躍する彼らが、11月24日、シングル『Ribbon』でメジャーデビューを果たした。表題曲『Ribbon』はラブソングであると共に、自分達を支えてくれる人への感謝を込めた1曲。通常盤のカップリングには、リスナーの背中を押してくれるロックチューン『夜明け』、初回限定盤のカップリングには、メンバー全員で初の作詞に挑戦した『夢路』も収録されている。進化し続けている5人に、待望のメジャーデビュー作に込めた想いを語ってもらった。

インタビュー=斉藤碧

写真=上牧佑

ヘア&メイク=中島愛貴(do:t)、車谷結(do:t)

――――――――――――――――――――――――――――――――

美フォト&ロングインタビュー

両A面シングル『昨日は戻らない/恋のフルスイング』リリース

豆柴の大群

5人組アイドルグループ

2019年、バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』のアイドルオーディション企画「MONSTER IDOL」から誕生したアイドルグループ、豆柴の大群。12月22日に両A面シングル『昨日は戻らない/恋のフルスイング』をリリースする。MVが先行公開されている『昨日は戻らない』は、メンバー自身を奮い立たせると共に、聴く人に優しくエールを送る1曲。クロちゃんが作詞を手掛けた『恋のフルスイング』は、メンバー1人ひとりの個性を色濃く反映した、エキセントリックなクリスマスソングとなっている。いつも賑やかな5人に今作の制作秘話を聞いた。

インタビュー=斉藤碧

写真=上牧佑、アシスタント=上牧由佳

――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォト

Z世代に人気、新世代シンガー

ファーストミニアルバム『XX(トゥエンティ)』リリース

竹内唯人

人懐っこい性格と、心に寄り添う深いボーカルでZ世代を中心に人気を集めてきたソロアーティスト竹内唯人。彼にとって初となるデビューミニアルバム『XX(トゥエンティ)』が12月1日にリリースされる。「自分でも驚くくらい豪華な内容」と竹内自身が語るように、8曲中5曲がタイアップソングで、「どの人からも刺激を受けて、勉強させてもらっている」という著名なクリエイターたちとともに楽曲制作を行っていった。結果として一つの区切りとなった今作品について、竹内唯人に解説してもらった。

インタビュー=キャベトンコ

写真=上牧佑

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォト

全国各地に、夢と元気をお届け!!

ボイメンエリア研究生



全国各地に、夢と元気をお届け!!

ニューシングル

『GO!GO!トレジャーロード!!』

エンターテインメント集団BOYS AND MENの弟分グループであり、各地域のエンタメを盛り上げるべく、名古屋/東京/大阪/福岡の4エリアにて各地出身・在住メンバーで活動する「ボイメンエリア研究生」。元気いっぱいの彼らが、12月22日にニューシングル『GO!GO!トレジャーロード!!』をリリースする。今回、東京から國村諒河と設楽賢、大阪から髙橋真佳把と内海太一と中下雄貴、名古屋から古川流唯、福岡から小辻庵という7人のメンバーに参加してもらって、メンバーの素顔、自分たちの姿と重なるというニューシングルの聴きどころなど、たっぷり話してもらった。

インタビュー=キャベトンコ

写真=上牧佑

――――――――――――――――――――――――――――――――

話題のチョークアーティスト連載

松下萌子
930円
表紙・巻頭 特集
また、会いたい
SHINJIRO ATAE (from AAA)

アーティスト活動休止…改めて語る、自身の音楽
伝えたい、感謝…そして、また会う、そのときまで…

アーティスト活動休止前の最後のアルバム
『THIS IS WHERE WE PROMISE』

アルバム『THIS IS WHERE WE PROMISE』のリリース、全国で開催するトークショーとアリーナツアー、AAAとしてのドーム公演の振替をもってアーティスト活動をいったん休止する、と発表したソロアーティストの與真司郎。彼のアーティスト活動休止前の最後の作品となるアルバム『THIS IS WHERE WE PROMISE 』。もともと大好きだという洋楽的な音の雰囲気は全体的に残しつつ、「今回はとにかく自分を応援してくれたファンのみんなが楽しめる作品にしたい」という彼の思いもあり、グループで培ってきたJ-POP要素もバランスよく配置された一枚になっている。一見クールに見えるけれど、実はすごくストレートで人情派の與真司郎というアーティストの魅力を余すことなく感じられる今作品。アルバムの各曲に託した想い、そして支え続けてくれたファンに対する気持ちをじっくり聞いた。

――――――――――――――――――――――――――――――――

巻末特集
歌うこと、つながること
林部智史

思い出という「過去」とのつながり
希望という「未来」へのつながり
そして「大切な人」とのつながり

聴き手に深く歌を届ける、パーフェクト・ヴォーカル
聴き手に深く歌を届けるアーティスト、林部智史。そんな彼が“心の琴線に触れる叙情歌”を歌う『琴線歌』シリーズの第三弾『琴線歌其の三~はやしべさとし叙情歌を道づれに~』が、9月1日にリリースされた。春夏秋冬の名曲を歌った第一弾・第二弾に続いて、今作のテーマは「つながる」。今作に込めた想い、林部智史が日頃から感じている“繋がり”とは――?

――――――――――――――――――――――――――――――――

特集
圧倒的歌唱力、表現豊かでハイセンスなダンス
Da-iCE

その行方、
今後を透かし見る、パーソナルインタビュー

圧倒的歌唱力、表現豊かでハイセンスなダンス
4オクターブのツインボーカルを擁する5人組男性アーティスト、Da-iCE
結成10周年、そして新たな10年への決意表明として
リーダー工藤大輝が作詞・作曲
ただならぬ違和感を放つ
シングル『Kartell』リリースした彼ら
今後のDa-iCEの行方は…
気になる彼らに、近年の活動とこれからについてのイメージを語ってもらった

――――――――――――――――――――――――――――――――

特集
憧れの人気と実力、
FANTASTICS from EXILE TRIBE

注目のダンス&ヴォーカルグループ、パーソナルインタビュー

爽やかなヴィジュアルや楽曲、スタイリッシュなダンス、演劇パートを取り入れた独創的なライブスタイルが話題、注目のダンス&ヴォーカルグループ、FANTASTICS from EXILE TRIBE。2ndアルバム『FANTASTIC VOYAGE』リリースした彼らをキャッチ!改めてアルバムの魅力、注目ポイントを各メンバーに語ってもらった!

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォトセッション

優しく切ない歌声
Tani Yuuki

ティーンに絶大な人気
新世代シンガーソングライター

切なくも柔らかな歌声、自然に心にしみ込む楽曲で注目を集める、シンガーソングライターTani Yuuki。作詞作曲からサウンドメイクまで行う彼に、音楽制作に対するこだわり、さらにプライベートでのユニークな素顔について話を聞いた。

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォトセッション

切な心地よい歌声、等身大のメッセージ
Z世代に人気の新世代シンガー
竹内唯人

切なさを内包した心地よい歌声と、等身大のメッセージを乗せた楽曲が魅力の竹内唯人が、9月1日、2ndデジタルシングル『I Believe Myself(Prod. GeG)』をリリースした。メジャーデビュー作となった1stデジタルシングル『After the rain』(UTAプロデュース)に次ぐ今作は、変態紳士クラブのGeGがプロデュースを担当。憧れのアーティストとの刺激溢れる楽曲制作の中で感じたことや、自身のルーツについて、飾らない言葉で語ってくれた。

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォトセッション

ボーダーレス、セルフプロデュース
新世代、グローバルアーティスト
NOA

楽曲制作、コレオグラフィー/ダンス、トリリンガル(日本語・英語・韓国語)、モデルと多才に活動、グローバルな注目を集める

日本語・英語・韓国語を巧みに操るトリリンガルであり、自ら楽曲制作も手がけるアーティスト、NOA。大型新人と呼ぶにふさわしいポテンシャルを秘めた彼が、今夏、3ヵ月連続のデジタルシングルでメジャーデビューを果たした。8月22日にリリースした第1弾『LET GO feat. JEON WOONG(AB6IX)』は、NOAが韓国の練習生時代に切磋琢磨していた旧友と届ける、爽やかなサマーチューン。9月19日には、スリリングな恋の駆け引きを描いた第2弾『Don’t Waste My Time』、10月10日には、ストレスフルな現代人の心を軽くするような第3弾『Highway』が配信される。その制作秘話から、彼の素顔に迫る。

――――――――――――――――――――――――――――――――

ロングインタビュー&フォトセッション

今回もモンスター級!?のオモシロ音楽トーク炸裂!!
5人組エンタメ集団
BMK

BIG MONSTER KITE
つかめ! 上昇気流
元気と勇気!

名古屋発のアーティストとして全国規模で活躍するダンス&ボーカルグループ、BOYS AND MEN。その研究生として活動してきたBMK(Big Monster Kite)が、10月13日、待望の2ndシングル『Beat Monster』をリリースする。表題曲の『Beat Monster』は、ハロウィンシーズンを盛り上げる壮大なダンスチューン。3typeのカップリングには、東海テレビ『BMK のでらヤバいい~旅!』の主題歌に起用されている『ワイルドジャーニー』(B盤)、地元愛を歌った『HOME TOWN』(M盤)、自分たちを鼓舞する攻めのラップ曲『RED ZONE』(K盤)が、それぞれ収録されている。前作から9ヵ月ぶりの新作について、5人のモンスターが熱く賑やかに語り尽くす!

――――――――――――――――――――――――――――――――

美しすぎる !! 表情をキャッチ Moment of the beauty
「The 美フォト」特集

第5章スタート! パワフルなアイドル道を!!
SUPER☆GiRLS

アイドルユニットSUPER☆GiRLSの第5章がスタート!
新たなスタートを飾るシングル『WELCOME☆夏空ピース!!!!!』は駆け出したくなる疾走感のあるサウンドに、ドキドキ、ワクワク、ときめき、胸キュンがたくさん詰まった楽曲!新リーダー阿部夢梨(あべゆめり)、坂林佳奈(さかばやしかな)と新メンバー三名、萩田帆風(はぎたほのか)、竹内ななみ(たけうちななみ)、田中想(たなかここな)の5人をキャッチ!キラキラした、フレッシュな想いをお届けします!

――――――――――――――――――――――――――――――――

話題のチョークアーティスト連載
松下萌子
930円
表紙・巻頭 特集

混沌の世界に、愛の本質を問う
壮大な物語の幕開け

CHAOS CITY

歌を深く愛する ソロアーティスト
RYUJI IMAICHI

今市隆二『CHAOS CITY』

歌への深い愛情と表現力の高さ、ダンスにも定評のあるソロアーティスト今市隆二。オリジナルアルバム『CHAOS CITY』をリリースした。ここから始まる『CHAOS CITY』プロジェクトの幕開けを告げる作品となっており、世界的イラストレーター空山基氏の作品から着想を得たというリード曲『FUTURE LOVERS』をはじめ、80’sをテーマに制作した新曲を収録。“セクシーロボット(空山基作品)がシンボルとなっているサイバー都市”を舞台に、物語が展開していく。また、国内外のトップクリエイターが手がける新曲のリミックスバージョンやボーナストラック、80’sを代表するイラストレーター永井博氏とのコラボレーションも実現。アート、80’s、壮大なSFストーリー……と、さまざまな要素を融合し、誕生した『CHAOS CITY』について、じっくりと語ってもらった。

――――――――――――――――――――――――――――――――
巻末特集

カッコよくてオモシロい!!
全世代を魅了するエンタメ集団!!!

BOYS AND MEN

テレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌のニューシングル
『ニューチャレンジャー』

東海エリア発のエンターテインメント集団、BOYS AND MEN。通称:ボイメン。現在、グループ結成10周年を迎えた彼らが、7月28日にニューシングル『ニューチャレンジャー』をリリース。表題曲は、今年4月よりテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』の主題歌として起用されている、キャッチーな応援ソング。カップリングには、THE BLUE HEARTSの名曲『TRAIN-TRAIN』のカヴァーと、ニュージャックスウィング調の『Do-Dah-Dah』が収録されている。子どもから大人まで幅広い世代に響く今作について、チャレンジ精神旺盛な8人に話を聞いた。

――――――――――――――――――――――――――――――――
特集2
セクシーでスタイリッシュな16人

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

今やJr.EXILE世代を牽引する存在である16人組のダンス&ヴォーカルグループ、
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE。
セクシーでスタイリッシュな16人のフォトセッションと、
夏をセクシーに彩るニューシングル『HEATWAVE』
そしてさらなるTHE RAMPAGEの魅力について訊いた!

――――――――――――――――――――――――――――――――
ロングインタビュー&フォトセッション

どんな自分も 受け入れていこう…

素顔の音楽

伊藤千晃
ITO CHIAKI

素敵なMUSICが満たす、本当の自分の気持ち
ミニアルバム『sheer』

ソロアーティスト伊藤千晃のミニアルバム『sheer』が完成した。今回、彼女は日常生活の中でふと感じるネガティブな気持ちに注目。その感情を深堀していき、イメージとして浮かび上がったものをクリエイター陣にプレゼンして楽曲の制作が行われていったという。その背景についてたっぷり語ってもらった。

――――――――――――――――――――――――――――――――
ロングインタビュー&フォトセッション

ふたりの共鳴、ありのままに

UPSTART

YouTuber・ヒカル×Da-iCE・花村想太による音楽ユニット

高い歌唱力と作曲センスを武器に、Da-iCE / Natural Lagのボーカリストとして地位を築いてきた、花村想太。そして、チャンネル登録者数438万人越えの人気YouTuber、ヒカル。「LIVE YOUR LIFE(ありのままに生きろ)」をコンセプトに掲げる音楽ユニット・UPSTARTを始動。2ndシングル『ペルソナ』は、ドラマ『サレタガワのブルー』の主題歌。対照的な2人の思考と歌声が復讐心を駆り立てる、ダークでスリリングな楽曲となっている。今作の制作エピソード、2人の出会い、見据える未来、夢に至るまで、じっくりと語ってもらった。

――――――――――――――――――――――――――――――――
ロングインタビュー&フォトセッション

最新シングルは灼熱ダンスチューン!
実力派グループならではの楽しい楽曲インタビュー
メンバーのハッピーなトークに引き込まれる!

GENIC
男女混合ダンス&ボーカル、セルフプロデュース

avexのDNAを継承するダンス&ボーカルグループとして2019年に誕生した男女7人組ダンス&ボーカルグループのGENIC。最年少メンバーは16歳、10代~20代前半のメンバーが集まった、若さいっぱいの彼ら。しかし歌もダンスも高いスキルを発揮していて、これからの可能性が無限大に広がっていることを感じさせる。デジタルシングル『Shaky Shaky』のこと、ツアーのこと、ソロ活動まで幅広く聞いてみた。
――――――――――――――――――――――――――――――――

美しすぎる!! 表情をキャッチ Moment of the beauty
「The 美フォト」 特集

みんながひとつになれる
NGT48が発信するダンスミュージック

NGT48

新潟県を活動拠点とするアイドルグループ、NGT48。約1年ぶりとなるNGT48の6thシングル『Awesome』は、今年で20周年を迎える日本最大級のダンスフェスティバル「にいがた総おどり」とのコラボ曲。「人となかなか会えず、思うようにいかない時でも明るい気持ちになれる」という、みんなが一緒になれる楽曲だ。今回は、独特な感性で勢いを増す2期生、17歳の小越春花がセンター務める。NGT48が発信するダンスミュージックへの想い、そして中井りかがプロデュースする新ユニット「CloudyCloudy」による夏の胸キュンソング『はっきり言って欲しい』について、小越春花、本間日陽、中井りか、安藤千伽奈、藤崎未夢の5人に話を訊いた。

――――――――――――――――――――――――――――――――
美しすぎる!! 表情をキャッチ Moment of the beauty
「The 美フォト」 特集

気持ち、掴みとれ!!

豆柴の大群

Mini Album『WOW!!シーズン』

2019年、バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』のアイドルオーディション企画「MONSTER IDOL」から誕生したアイドルグループ、豆柴の大群。彼女達のアイドル人生はまさに波瀾万丈だ。結成当初は、現在の所属事務所であるWACKの全面協力もと、クロちゃん(安田大サーカス)がプロデューサーを務めていたが、2019年末にプロデューサーを解任。それと共に、カエデフェニックスの加入が発表され、アイカ・ザ・スパイ、ナオ・オブ・ナオ、ハナエモンスター、ミユキエンジェル、カエデフェニックスの5人体制で再スタートを切った。そして、2020年10月、シングル『AAA』でメジャーデビュー。今年の7月14日には、ニューミニアルバム『WOW!!シーズン』(ワンシーズン)をリリースした。「やっと“豆”から“犬”になりました!」という今作には、クロちゃんが作詞を務めたサマーチューン『まめサマー!?』の他、全6曲を収録。制作秘話から理想のアイドル像に至るまで、話題の5人の今に迫った。

――――――――――――――――――――――――――――――――
話題のチョークアーティスト連載

松下萌子


――――――――――――――――――――――――――――――――
930円
紙・巻頭 総24ページ 1万7,000字インタビュー総力特集
爽やか、スタイリッシュ、独創的…憧れの圧倒的スキル、ダンス&ヴォーカルグループ
FANTASTICS from EXILE TRIBE

未来の世代の無限の可能性を応援 STOP FOR NOTHING
爽やかなヴィジュアルや楽曲、スタイリッシュなダンス、演劇パートを取り入れた独創的なライブスタイルなどが魅力のダンス&ヴォーカルグループ、FANTASTICS from EXILE TRIBE。『STOP FOR NOTHING』は、EXILE HIROとクリエイティブディレクター佐藤可士和が共感・共鳴したことでスタートした、未来の世代の無限の可能性を応援するプロジェクト“STOP FOR NOTHING”のテーマソング。今年デビュー3周年を迎えるFANTASTICSが示す、次世代ダンス&ヴォーカルグループの未来。今作の制作エピソードについて、にぎやかに語ってもらった。

巻末特集
“超東京”、“特殊能力”、バトルの行方、その先にある真実…物語と現実が交差する総合エンタテインメントプロジェクト
BATTLE OF TOKYO

注目のアルバム『BATTLE OF TOKYO TIME 4 Jr.EXILE』
2021年、あの熱狂から約2年ぶりに『BATTLE OF TOKYO』が本格始動。6月23日、Jr.EXILEによる待望のニューアルバム『BATTLE OF TOKYO TIME 4 Jr.EXILE』がリリースされるほか、豪華声優陣を迎えたアニメ化も発表され、少しずつプロジェクトの全貌が見え始めている。今後への期待が高まる中、ニューアルバム『BATTLE OF TOKYO ~TIME 4 Jr.EXILE~』について、片寄涼太(GENERATIONS)、LIKIYA(THE RAMPAGE)、佐藤大樹(FANTASTICS)、日高竜太(BALLISTIK BOYZ)に語ってもらった。

彼らがパフォーマンスを続ける限り、それを体感できる幸せがある
w-inds.

時代の最先端をいく楽曲と、洗練された極上のパフォーマンス。
それらを20年、途絶えることなく届けてきたOnline Show『20XX“THE MUSEUM”』ライブレポート&20周年インタビュー。
慶太と涼平、2人の声が重なって漂う繊細で透き通った空気に、「これが次のw-inds.」だと目の当たりにした気持ちになった。2021年3月14日に開催されたw-inds.のOnline Show『20XX“THE MUSEUM”』。メンバー脱退後の初ライブが20周年ライブであり、さらにオンライン形式で、彼らにとって大きな挑戦だったと思う。そしてこれまでのキャリアを一気に体感できる20周年ベストアルバム『20×דTHE BEST”』。昨年5月3日にメンバー緒方龍一が脱退し、2人体制で新しい道を進もうとしている千葉涼平、橘慶太。20年という歴史を振り返りながら、「w-inds.を続ける」という大きな決断をした2人の現在の心境、さらに未来への展望を聞いた。

「The 美フォト」特集
加速する気持ちに乗って新しい世界へ
HKT48

14thシングル『君とどこかへ行きたい』をリリース。先輩メンバーで構成される“つばめ選抜”と、後輩メンバーで構成される“みずほ選抜”という、2チーム(各12名)によるW選抜シングル。列車と共に加速していく恋心を描いたドラマティックなラブソング。JR九州全面協力のもと撮影された2パターンのMV(ミュージックビデオ)も話題。つばめ選抜の田中美久(センター)と松岡はな、みずほ選抜の運上弘菜(センター)と渡部愛加里に、今作に懸ける想いを聞いた。

「The 美フォト」 特集
世界中が求めるミュージック&スピリッツ
わーすた

The World Standard わーすたの現在地
世界に発信するミュージック&スピリッツ、5人組アイドルグループ、わーすた。シングル『春花火』のリリース、6周年ライブではNEKONOTE BANDをバックに、バンド編成でのステージで、グループの輝き、音楽性と精神性、ファンとの絆を、改めて提示した彼女たち。坂元葉月(さかもと はづき)、廣川奈々聖(ひろかわ ななせ)、松田美里 (まつだみり)、小玉梨々華(こだまりりか)、三品瑠香(みしなるか)が想う「わーすた」の現在地とは。

愛されなきゃ価値がない“ストイックで泥臭い”自分たちらしさを
No バトル、No フューチャー
ラストアイドル

メンバー全員でボリウッドダンスに挑戦している話題のシングル『君は何キャラット?』。迫力のダンス、衣装のカラフルさと、豪華な印象の一方で、誰もが「磨けば輝く原石」というメッセージが届く楽曲だ。初のセンター(ヒロイン)に抜擢されたのは、ヘアメイクスタッフから転身した異色のアイドル・西村歩乃果。バトルを繰り広げた西村歩乃果、大森莉緒、阿部菜々実、鈴木遥夏、長月翠に話を聞いた。

花束のような、たんさんの想いをありがとう
SUPER☆GiRLS

アイドルユニットSUPER☆GiRLS。『はじまりエール』は6月にグループの卒業を迎える渡邉幸愛の単独センターとなる卒業シングル。元気で明るいポップなサビが印象的で、これまでの気持ちを大切にしながら、新しいこれからに向かって歩き出せる楽曲。今回のインタビューでは、渡邉幸愛(わたなべ こうめ)、メンバーの阿部夢梨(あべ ゆめり)、長尾(ながお)しおり、の3人に、楽曲、MV(ミュージックビデオ)の舞台裏、渡邉幸愛の卒業とファンやメンバーへの想い、今後のSUPER☆GiRLSについて、語ってもらった。

話題のチョークアーティスト連載
松下萌子
930円
表紙・巻頭 総29ページ3万字インビュー&全メンバーコメント

この音楽・パフォーマンスが、想いをつなぐ…

光、願い、絆、“再起動”…アルバム『REBOOT』

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

全方位フルスペック、最強ダンス&ヴォーカル


2021年2月24日に3rdアルバム『REBOOT』をリリース。“再起動”というテーマを掲げて2021年の幕開けを告げる。ヒップホップユニットMA55IVE THE RAMPAGEも参加したリードトラック『SILVER RAIN』、機動戦士ガンダム40周年記念 『SHOW YOU THE WAY』、仲間へのメッセージを込めた『BOND OF TRUST』という新録曲も収録。16人全員のコメントインタビューと3ヴォーカル(川村壱馬、吉野北人、RIKU)によるリモートインタビューを通して、アルバム制作秘話から次なる夢の話まで、たっぷりと語ってもらった。

インタビュー=斉藤碧

写真=上牧佑

ヘア&メイク=谷川一志 / ウエノアヤコ / 大矢佑奈

スタイリング=中瀬拓外

-――――――――――――――――――――――――――――――

メンバー全員が歌って踊る、気鋭のグローバルグループ

世界基準、7マイク・フリースタイル

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE

ネクストステージ突入を証明する、最新型R&Bソング

3rd Single『Animal』をリリース。これまでフレッシュな輝きを放っていたBALLISTIK BOYZにとって、ネクストステージへの第一歩と言うべき1枚。コロナ禍で思うように活動ができない中でも、未来を見据えて力を蓄え続けた7人が今、総攻撃をかける!

インタビュー=斉藤碧

写真=田島雄一

ヘア&メイク=中山伸二・富樫明日香(CONTINUE)

-――――――――――――――――――――――――――――――

“エンタメ愛”が世界を繋ぐ

地球を超えて、ボイメン宇宙だ!

BOYS AND MEN

グループ結成10周年を記念したオリジナルアルバム『BOYMEN the Universe』。リード曲『どえりゃあJUMP!』は、つんく♂がトータルプロデュースのダンスチューン。“ワクワクの世界へナビゲーション”をテーマに、全力で歌い、踊るボイメンが2021年の幕開けを告げる。アルバム収録曲の話から2021年に叶えたい夢の話まで、写真はカッコよく、インタビューはオモシロトーク全開!!

インタビュー=斉藤碧

写真=上牧佑

-――――――――――――――――――――――――――――――

音楽界のレジェンド小椋佳と創り上げた話題作

次世代を担う林部智史が歌い継いでいく

林部智史

次世代の実力派、パーフェクトヴォーカル、

ニューアルバム『まあだだよ』をリリース。シンガーソングライター小椋佳が書き下ろした新曲8 曲、そして自作したボーナストラック『まあだだよ』を収録。2021年に歌手活動50周年を迎えた小椋桂は、この節目の年に歌手活動に幕を引くことを発表しており、そんな日本の音楽界のレジェンドが歌に託した想いを受け止め、次世代を担う林部智史が貴重な音楽遺産として歌い継いでいくアルバムとなっている。音楽界のレジェンドと創り上げた話題作の舞台裏とは…?

インタビュー=斉藤碧

写真=上牧佑

-――――――――――――――――――――――――――――――

あなたに贈るのは…

東京女子流

TOKYO GIRLS’ STYLE

4人組ハイパフォーマンス・ガールズ・グループ

10周年イヤーのクライマックス、2月10日、シングル『Hello, Goodbye』をリリース。ファンに届ける贈り物といった意味を込めた、タイトル曲の『Hello, Goodbye』は陽の匂いがしそうな温かな曲調で、「好き」の気持ちがストレートに表れている。カップリングの『ワ.ガ.マ.マ.』は、さみしさを振り払おうとする女性の本音を歌ったダークなダンスナンバー。東京女子流の魅力を探る。

インタビュー=キャベトンコ

写真=田島雄一

-――――――――――――――――――――――――――――――

繋いだバトン、さらに先へ

“超絶少女”の現在、過去、未来

SUPER☆GiRLS

2020年10周年を迎えたSUPER ☆GiRLS。これまでの軌跡をおさめた初のオールタイムベストアルバム『超絶少女☆COMPLETE 2010~2020』。涙あり笑顔をありの思い出話とともにベストアルバムの聴きどころ、さらに今のSUPER ☆GiRLSの魅力とは。

インタビュー=キャベトンコ

写真=上牧佑

ヘア&メイク=上條絵美、宮本博子

スタイリング=鈴江英夫

-――――――――――――――――――――――――――――――

新しい音楽体験、聴き手を愛で満たす

SUGIZOが導く“愛と調和”の世界とは…

SUGIZO

前を向きたいのに、どうしても負の感情に目を向けてしまいがちな空気が今でも漂っている。人々の心が痛むなか、その心をあるがままに受け止めて、傷ついた心をいやそうとする作品が私たちのもとに届けられた…それは『愛と調和』。人々の祈り、自然の美しさ、悲しみを乗り越えた希望といった優しい光に彩られた作品、ソロアーティストSUGIZOの3年ぶりとなるオリジナル・アルバムだ(2020年12月23日にリリース)。ロックバンドLUNA SEA、X JAPANのギタリスト、その他多様な音楽プロジェクトをけん引してきた世界的なアーティストであるSUGIZOは、音楽活動以外にも長年被災地のボランティアや難民支援といった社会貢献活動に取り組んでいる。そんな彼が、混沌とした今の時代にこのアルバムを生み出したその真意とは?

インタビュー=キャベトンコ

写真=Tatsuo Hata

-――――――――――――――――――――――――――――――

話題のチョークアーティスト連載

松下萌子

OUT OF MUSIC(アウト・オブ・ミュージック)の内容

もっと知りたい、共感したい人のための音楽マガジン
「このアーティストも、このアーティストも載ってる!」と、思わず読者が興奮のラインナップ。表紙巻頭特集はもちろん、裏表紙からの「バックカバー特集」に加え、登場アーティストそれぞれを、大ページ数、大きな写真、大ボリュームのテキストにて紹介。知りたいアーティスト・音楽について、より深く知れて、共感できる、新たな魅力・アーティストにも出会える…そんな読後感が魅力の雑誌。

OUT OF MUSIC(アウト・オブ・ミュージック)の目次配信サービス

OUT OF MUSIC(アウト・オブ・ミュージック)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

OUT OF MUSIC(アウト・オブ・ミュージック)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.