音楽情報誌

B-PASS(バックステージ・パス)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

B-PASS(バックステージ・パス)

2020年08月27日発売

目次: 表紙巻頭特集
JO1
全員インタビュー+テーマトーク+ソロQ&Aで迫る2ndシングル「STARGAZER」と、グループの今

付録:両面ピンナップ(JO1, Little Glee Monster)

Little Glee Monster
自ら作詞を手掛けたニュー・シングル「足跡」に込めた想い。
5人からのメッセージを

Aimer
アニメOPとしても話題の新曲をリリース。
強い覚悟が込められた疾走感溢れる1曲について

BOYS AND MEN
デビュー10周年イヤー第1弾シングルを発表!
収録曲について語った賑やかなインタビューを

FLOWER FLOWER
クラフトビールとコラボした爽やかチューンが到着。
yuiとmafumafuにインタビュー

内田雄馬
アーティスト活動3年目。
これまでのすべてを注いだ6thシングル「Image」で見せた新境地

小山田壮平
1stソロアルバム『THE TRAVELING LIFE』が遂にリリース!
小山田壮平の旅とは?

GRANRODEO
祝15周年!
ニュー・シングルとトリビュートアルバムを発売。2人が大いに語ります

GRANRODEO×超特急
トリビュート盤に参加した超特急(リョウガ、タカシ)を迎えて、対談取材が実現!

BLUE ENCOUNT
Saucy Dog
湯木慧
EMPiRE
さくらしめじ
ペンギンラッシュ
kobore
ニノミヤユイ
松尾太陽

■好評連載
ソナーポケット「そんなポケット」第9回
高橋 優「その校訓を蹴っ飛ばせ」第百四十五回
さなり「さなりチャレンジ」第11回
dreamBoat「だんぱらB」vol.11

■REGULAR CORNER
New Era® meets 中村獅童
Hit The Street w/New Era®/つるの剛士
Disc Rush!! 新譜CD&配信作紹介
News Rush!! 濃縮最新ニュース
THE取材 編集者は見た!!
潜入! B-PASS24時/EDITOR’S COLUMN+次号予告
New Era® Pick Up Products
B+FILE アーティスト企画ページ
B-PRESS 読者のページ
PRESENT FOR YOU & info jam
PICK UP! CULTURE/濱田岳
PICK UP! CULTURE/本仮屋ユイカ×飯島寛騎

参考価格: 880円 定期購読(1年プラン)なら1冊:807円

音楽、人間マガジン:バックステージ・パス

  • 2020/07/06
    発売号

  • 2020/06/03
    発売号

  • 2020/04/27
    発売号

  • 2020/03/27
    発売号

  • 2020/02/27
    発売号

  • 2020/01/27
    発売号

BURRN!(バーン)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

BURRN!(バーン)

2020年09月04日発売

目次: 特集 COREY TAYLOR/ポスター-IRON MAIDEN 1980

参考価格: 820円 定期購読(1年プラン)なら1冊:752円

THE WORLD’S HEAVIEST HEAVY METAL MAGAZINE

  • 2020/08/05
    発売号

  • 2020/07/04
    発売号

  • 2020/06/05
    発売号

  • 2020/05/02
    発売号

  • 2020/04/03
    発売号

  • 2020/03/05
    発売号

GiGS(ギグス)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

GiGS(ギグス)

2020年08月27日発売

目次: ★とじこみ
 ・MY FIRST STORY スペシャル・ポスター

【巻頭特集】
●ニュー・アルバム『V』を引っ提げて突き進む、
  彼らが目指す次なるステージ
   MY FIRST STORY
 ◇Hiro [Vocal] Interview
 ◇Teru [Guitar] Interview
 ◇Kid’z [Drums] Interview
 ◇Nob [Bass] Interview
 ◇Analyzing of MFS Sound
   -Mic / Guitar / Bass-
 ◇MFS “V” Question
 ◇Analyzing of MFS Sound
   -System / Drum Set-
 ◇The Road forward
   for MFS through the “V”
 ◇BAND SCORE「アンダーグラウンド」

【第2特集】
●完成! 驚くべき変化と進化に満ちた2nd Album 『浪漫』
  PEDRO
 ◇AYUNi・D Album Long Interview
 ◇AYUNi・D meets StingRay Series
 ◇BAND SCORE「浪漫」

【巻末特集】
●『Bluesman』で美しく響きわたる
  Japanese Bluesの調べ
   Tak Matsumoto


◆Novelbright
◆[Alexandros]
◆RAISE A SUILEN
◆9mm Parabellum Bullet
◆Argonavis
◆葉月
◆kobore
◆UNISON SQUARE GARDEN
◆the telephones

…ほか

参考価格: 910円 定期購読(1年プラン)なら1冊:834円

サウンドとプレイを斬る 新しいロック・マガジン

  • 2020/07/27
    発売号

  • 2020/06/27
    発売号

  • 2020/05/27
    発売号

  • 2020/04/27
    発売号

  • 2020/03/27
    発売号

  • 2020/02/27
    発売号

最大
25%
OFF
送料
無料

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)

2020年09月18日発売

目次:  異端が本流に変わる、破壊者が正統になる、実はこのようなことは音楽界では珍しいことではない。まず演奏家で見てみよう。20世紀半ばを代表するディーヴァ(歌の女神)、マリア・カラス。今ではこの評価を疑う人はいない。しかし、初めのころのイタリアでの批評はさんざんだった。「この役(ノルマ)では、無理なこじつけによる音楽の変形が目立ちすぎる。彼女の声には何かくぐもった、透明性に欠ける、一貫性のない、無定形なものがあり、それがどのような好演をも危うくし、彼女自身と役の間に障害として立ちはだかる」。
 もう一つの例は古楽。作曲された当時で楽器、当時の演奏法で演奏する古楽は、20世紀初めから始まった。しかし、1950年代は、異端のジャンルだった。私財を投じてピリオド楽器を収集したニコラウス・アーノンクールは「音楽院で学んでいるときは、古楽も現代音楽すらタブーだった。バロックの作品なんてほとんどなかった。ヴィオラ・ダ・ガンバもバロック・ヴァイオリンも、その奏法すら誰も教えてくれなかったので、独学で取り組むより仕方がなかった」と言う。今では古楽の演奏で得られた方法論で演奏する、HIP演奏が定着している。
 作曲家は常に先人の作品を乗り越えようと、革新的な作品を作り続ける。それは必然的に異端者にならざるを得ない。オリジナルな個性を紡ぐのが作曲家だが、実はほとんどの作曲家は、その時々の流行や表面的な新奇さを取り入れるだけ。だから、音楽史に名を残すことができる作曲家はまれなのだ。
 「楽聖」ベートーヴェンこそ音楽界の革命家と言ってよいだろう。作品1曲1曲に、これでもか、という異なるアイデアがあふれている。たとえば交響曲第3番「英雄」と交響曲第5番「運命」、そして交響曲第9番「合唱付」。それぞれの曲の個性が大きく異なることに驚かされるだろう。
 「貴族社会では、様式美に裏付けされた『気品』が必要であった。台頭してきた市民階級も、貴族的なものにあこがれ、それを模倣した。ところが、フランス革命によってそんな貴族的優雅さ自体の価値観が揺らいできた。ベートーヴェンの生きた時代はそんな時代であった」と音楽評論家の國土潤一氏。ベートーヴェンのさまざまな革新は、時代の本質をとらえて、時代の変化に合わせたものだったのかもしれない。しかし、ベートーヴェンの晩年は時代の先を進み過ぎて、聴衆の理解と乖離があったといわれる。
 しかし、本物は残る。正統と異端は、歳月の経過とともに異端が正統になりえるさまざまな例を、特集で探っている。
 特集は他に、◎天才モーツァルトはどこまで〝異端〟だったのか◎グールドの革新性◎孤高の天才グルダの軌跡◎風雲児ベルリオーズは保守的な作曲家◎芸術家ワーグナーと庇護者ルートヴィヒ2性◎パガニーニの謎◎「異端」という言葉が似合ったチェリビダッケ、などです。
表紙は、グールド、ベルリオーズ、グルダ、パガニーニです。

◎宮本文昭の気軽に話そう  ゲスト 田原綾子 ヴィオラ
 ドイツ・デトモルト音楽大学に留学中のヴィオラ奏者、田原綾子さん。実はデトモルトは宮本文昭が50年前に留学した町。「ドイツの雨漏りのもと」と言われるほど雨が多い町だという。「ブラームスが暮らしていた街でもあり、弦楽6重奏曲はこの石畳を歩きながら思いついたのかな、などと考えることも多くなりました。自分の内面を見つめ直す環境としていいなと感じます」と話す。

◎ステージ 佐藤美枝子 ソプラノ
 第50回ENEOS音楽賞洋楽部門本賞を受賞したソプラノ、佐藤美枝子。第11回チャイコフスキー国際音楽コンクール声楽部門で日本人として初めて優勝して以来、22年たつ。ベルカントを中心にレパートリーを広げ、今年2月には「リゴレット」のジルダで大成功を収めた。「あっという間でした。必死にやってきたことが分かっていただけた。いつも不安でした。見てくださっていた方がいることが喜びです」と受賞の喜びを語った。

このほか
◎青島広志の「押しもしないが押されてばかり」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

参考価格: 1,030円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:810円

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌

  • 2020/08/20
    発売号

  • 2020/07/18
    発売号

  • 2020/06/20
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

送料
無料

Talking Rock!(トーキングロック!)

2020年08月26日発売

目次: 【Talking Rock! 20年9月号】
●あいみょん(表紙巻頭)
●安田章大(関ジャニ∞)(第2特集)
●[Alexandros]
●小山田壮平
●BLUE ENCOUNT
●Hump Back
●Saucy Dog
●WOMCADOLE
●kobore
●climbgrow
●ヤユヨ 


●あいみょん
 表紙巻頭は9月9日に3rdフルアルバム『おいしいパスタがあると聞いて』をリリースするあいみょんです! 同作は前作『瞬間的シックスセンス』以上に歌詞もサウンドも表情豊かで表現の幅も広がり、あいみょんというアーティストの魅力と彼女の音楽をより深く楽しめる素晴らしい作品です! まずは昨年10月から今年2月にかけて行われたホール&アリーナツアーの最終公演=初の大阪城ホールのステージを振り返りつつ、7月5日に日比谷野音にて無観客で開催した生配信ライブの感想と、アルバムタイトルも印象的な『おいしいパスタがあると聞いて』については全曲解説のスタイルでじっくりと話を聞きました! 


●安田章大(関ジャニ∞)
 第2特集は関ジャニ∞の安田章大! 歌詞をファン=エイターとともに作り上げた話題のニューシングル「Re:LIVE」についてはもちろん、デビュー15周年のドームツアー『十五祭』の感想に、47都道府県ツアーとシングル「友よ」について。さらにはJohnny’s Smile Up! Projectを通して発信を続けるメッセージの数々など、それらすべてにどんな想いを注いできたのか、余すことなく語ってもらいました。とりわけ「友よ」のカップリング曲で大倉忠義作詞&安田章大作曲の「My Story」に込めた気持ちと、彼が並々ならぬ拘りを持って挑んだ「Re:LIVE」の制作話に大感動するインタビューです! クールな写真とともに全12Pでお届けします!


●[Alexandros]
 本誌20年5月号の表紙巻頭と7月号の配信ライブリポートに続いて3号連続掲載の[Alexandros]! 今回は8月26日にリリースするコンセプトアルバム『Bedroom Joule』=チルアウトな聴き心地が極上で日常生活の中でリラックスしながら楽しめること間違いなしの同作についてと、コロナ禍の中で音楽と向き合う今の心境についてメンバー全員に話を聞きました! 表紙巻頭号でのファッショニスタ的な雰囲気とはまた違う、大人の色気漂うクールな写真にも注目してください!


●小山田壮平
 8月26日に待望の1stソロアルバム『THE TRAVELING LIFE』をリリースする小山田壮平にインタビュー! ここ数年の間に書き溜めた曲を見つめる中で“旅”というキーワードが浮かび上がり、自分の生き方や考え方にも結び付く要素を強く感じてそのテーマをもとに制作。結果、彼の人生観と音楽観が一つの作品に凝縮された素晴らしい内容のソロアルバムです。同作を手掛けるまでの流れと、収録の全12曲を丁寧に追いかけながらじっくりと話を聞きました。


●BLUE ENCOUNT
 9月2日にニューシングル「ユメミグサ」をリリースするBLUE ENCOUNTのインタビュー! 7月10日に行われた無観客生配信ライブ『STAY HOPE』にて、来年の4月18日に初の横浜アリーナ単独公演の開催を発表! そして先述のシングルは住野よる原作の映画『青くて痛くて脆い』の主題歌にして、BLUE ENCOUNTが初めて青春の終わりをテーマにした壮大なバラードナンバー! 『STAY HOPE』の感想からそのシングル「ユメミグサ」の完成までをメンバー全員で語り合いました。


●Hump Back
 8月19日に3rdシングル「ティーンエイジサンセット」をリリースしたHump Back。同作には新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた自粛期間中に期間限定で配信されたスローソングの「また会う日まで」を含む全3曲を収録。表題曲の「ティーンエイジサンセット」はストレートなバンドサウンドをドライブさせながら、世代も性別も突き抜けてロックの魅力をダイレクトに伝えるエモーショナルなナンバーです! 19年7月の1stフルアルバム『人間なのさ』以降の流れを整理しつつ、メンバー全員に話を聞きました!


●Saucy Dog
 約1年ぶりのミニアルバム『テイクミー』を9月2日にリリースするSaucy Dog! これまで以上に多層的なバンドアンサンブルが魅力の本作には、切なさや愛おしさなど様々な感情の機微がリアルに描かれた全7曲を収録。その1曲1曲に込めた想いについて、ソングライティングを手掛ける石原慎也(vo&g)にインタビューしました。後日バンド結成地の大阪でメンバー全員をキャッチし、爽快な青空の下で撮影した写真も必見です! 


 その他、8月5日に3rdシングル「ヒカリナキセカイ」をリリースした滋賀在住の4ピースバンド=WOMCADOLEは、同曲を共作した樋口侑希(vo&g)と安田吉希(ds&cho)にインタビュー!  8月5日にメジャー1stアルバム『風景になって』をリリースしたkoboreと、9月9日にメジャー1stアルバム『CULTURE』をリリースする、こちらも滋賀在住の4ピースバンド=climbgrowは、いずれもはメンバー全員で撮影&インタビューを敢行! そして8月5日に1stミニアルバム『ヤユヨ』をリリースした大阪在住のガールズバンド・ヤユヨの初インタビューも掲載しています!

参考価格: 888円

毎号約10組厳選のロングインタビュー集

  • 2020/07/09
    発売号

  • 2020/04/09
    発売号

  • 2020/03/03
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2020/01/09
    発売号

  • 2019/12/09
    発売号

YOUNG GUITAR(ヤングギター)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

YOUNG GUITAR(ヤングギター)

2020年09月10日発売

目次: 特集 シンフォニー&メタリカ、再び!特別ライヴの記録映像&音源、その全貌に迫る・・・!!/METALLICA-『S&M』今、蘇る伝説のパフォーマンス

参考価格: 1,000円 定期購読(1年プラン)なら1冊:917円

MAGAZINE FOR YOUNG GUITAR PLAYERS

  • 2020/08/07
    発売号

  • 2020/07/10
    発売号

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/05/09
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/03/10
    発売号

月刊エレクトーン

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

送料
無料

月刊エレクトーン

2020年09月17日発売

目次:

【特集1】『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の楽しみ方-物語と音楽の魅力を追求!-
【特集2】ステップアップ式 プロに学ぶ「レジメ活用術」


【収載楽曲】
●特集スコア/簡単レジストで弾く
・香水(瑛人)
・香水 レゲエ Ver.
●マンスリースコア
・Laughter(Official髭男dism)/映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』主題歌
・ハルジオン(YOASOBI)
・猫村さんのうた(松重豊、U-zhaan、坂本龍一)/テレビ東京系ミニドラマ『きょうの猫村さん』主題歌
・MIU404(得田真裕)/TBS系金曜ドラマ『MIU404』オリジナル・サウンドトラックより
●リクエスト
・朝顔(折坂悠太)/フジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』主題歌
・BG 身辺警護人 -Main Title-/テレビ朝日系木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』オリジナル・サウンドトラックより
●三原善隆の弾いておきたい スタンダードアレンジ
・フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
●弾き歌いにチャレンジ♪
・紅蓮華(LiSA)/テレビアニメ『鬼滅の刃』オープニングテーマ
●きれいに弾きたい! We Love CLASSIC
・組曲『展覧会の絵』より プロムナード フラメンコ ver.
●みんなが弾きたい JAZZ! JAZZ!! JAZZ!!!
・アイ・ガット・リズム-Jazz Funk ver.-
●ピアノ&エレクトーン アンサンブルスコア
・竃門炭治郎のうた(椎名豪 featuring 中川奈美)/テレビアニメ『鬼滅の刃』挿入歌
全13曲

参考価格: 815円

エレクトーンをもっと楽しく。役立つ講座やスコアが満載!!

  • 2020/08/20
    発売号

  • 2020/06/20
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

  • 2020/02/20
    発売号

  • 2020/01/20
    発売号

月刊ピアノ

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ピアノ

2020年09月17日発売

目次:

【特集1】無料アプリで創作してみよう! 音楽アプリの世界 Vol.2
【特集2】おうちで楽しむ! オンライン・コンサート

【収載楽曲】
●マンスリー・ピアノ・スコア・セレクション
・Laughter(Official髭男dism)/映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』主題歌
・たぶん(YOASOBI)
・盗作(ヨルシカ)
・NAVIGATOR/フジテレビ“ノイタミナ”『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』オープニングテーマ
●編集部オススメ!話題曲
・愛を奏でて/映画『海の上のピアニスト』より
●いつか必ず弾きたい とっておきの1曲
・Love so sweet(嵐)/SoftBank「5Gバーチャル大合唱」篇CMソング
●事務員Gの名曲タイムトリップ
・月光(鬼束ちひろ)
●ゆるく!楽しく!!カッコよく!!!みんなのプチJAZZ
・故郷の空
●月ピPremium ! 上級アレンジで楽しむ極上のピアノ
・秋のエチュード(羽田健太郎)
●月刊ピアノ×ピティナ編曲オーディション受賞作品(初級)
・ふるさと~発表会用シンプルアレンジ~
●アイ・ラブ・クラシック
・フィガロの結婚より 「恋とはどんなものかしら」(モーツァルト)
●気軽に楽しむ!! かんたん弾き語り
・マリーゴールド(あいみょん)/キリンビール「淡麗グリーンラベル」CMソング
●ござさんの All that Goza's Piano Arrange
・大きな古時計(ラヴェル風)
●ずっしーの即わかり音楽理論教室
・紅葉
全14曲

参考価格: 763円 定期購読(1年プラン)なら1冊:702円

最新ヒット曲も話題のクラシック曲も、ピアノでどんどん弾いちゃおう!

  • 2020/08/20
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

  • 2020/02/20
    発売号

  • 2020/01/20
    発売号

  • 2019/12/20
    発売号

新曲歌謡ヒット速報

シンコーミュージック・エンタテイメント

送料
無料
参考価格: 1,100円

演歌、歌謡曲を中心に最新ヒット曲を収録したソングブック。

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2019/12/10
    発売号

  • 2019/10/10
    発売号

  • 2019/08/10
    発売号

送料
無料

jazzLife(ジャズライフ)

2020年09月14日発売

目次: ■COVER STORY
ブラッド・メルドー
コロナ禍の世界を捉えた最新ソロ・アルバム『組曲:2020年4月』を語る

■新作研究
ジョン・ビーズリー・インタヴュー:プロジェクト第3作『モンケストラ・プレイズ・ジョン・ビーズリー』を語る
ブッチャー・ブラウン・インタヴュー:リッチモンドを拠点に活動する注目バンドが『#KingButch』でメジャー・デビュー
ジミー・ヒース:サックス奏者ジミー・ヒースが残した心温まるラヴ・バラッド集『『Love Letter』研究

■モダン・ジャズ再入門
生誕100周年
チャーリー・パーカーの名演
「マイ・リトル・スエード・シューズ」
「オー・プリヴァーヴ」研究
解説:多田誠司

■ジャズ遺産を聴く
チャーリー・パーカー生誕100周年記念 UHQCD リイッシュー・シリーズ
ハイレゾCD ジャズ名盤 MQA/UHQCD リイッシュー・シリーズ

■楽器企画
ヤマハ・クラビノーバ「CLP-700Series」:試奏:小野塚 晃

■ライヴ・リポート
Ystad Sweden Jazz Festival 2020 @スウェーデン
挾間美帆&渡辺香津美 Neo Symphonic Jazz at 芸劇
ライス パワー ジャム・ハ! 2020
今井亮太郎 ライヴ @JZ Brat

■スコア
「マイ・リトル・スエード・シューズ」&「オー・プリヴァーヴ」チャーリー・パーカー(as)
「バット・ノット・フォー・ミー」マイルス・デイヴィス(tp)&ソニー・ロリンズ(ts)
「ナウ・ヒー・シングス・ナウ・ヒー・ソブズ」チック・コリア(p)
「ルック・フォー・ザ・シルヴァー・ライニング」ジャズ・トランペット入門 2

■好評連載
川嶋哲郎(sax)気ままにジャズ・エチュード(隔月掲載)
山中千尋(p)ジャズ・ドリル II(隔月掲載)
岡崎好朗(tp) スタンダード&ジャズ・チューン攻略法
池田達也(b)“お気楽”ウッド・ベース入門
海野雅威(p)のジャズってやっぱり素晴らしい!

参考価格: 968円

ジャズする心を追求する雑誌

  • 2020/08/12
    発売号

  • 2020/07/14
    発売号

  • 2020/06/12
    発売号

  • 2020/05/14
    発売号

  • 2020/04/14
    発売号

  • 2020/03/14
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)

2020年08月28日発売

目次: ●あいみょん
2020年、夏──あいみょんの今。
新たな傑作『おいしいパスタがあると聞いて』に迫る、全40ページ、インタビュー2本立て特集!

●別冊 平手友梨奈
19歳になって初めて臨んだ、3時間のロングインタビュー。演じるということ、音楽への思い、「表現」、そして、今だから話せること──

●宮本浩次
ニューシングル『P.S. I love you』リリース、そしてエレカシ野音2020決定! 時代はどうあれ、季節は巡り、宮本は行く

●米津玄師
『STRAY SHEEP』とは何なのか。そのすべてをさらに検証する全10ページルポ

●[Alexandros]
久しぶりの「再会」インタビュー&6年ぶりの「ディスフェス」レポ──[Alexandros]が過ごす今と新たなる挑戦に迫る、全24ページ徹底特集!

●04 Limited Sazabys
活動休止の決断から苦闘の現在まで、バンド史上最大の危機を赤裸々に語った最速インタビュー

●ポルカドットスティングレイ
今、リアルな心境を吐露する最新曲”FREE”を世に出した理由。揺るぎない信念とクリエイターとしての覚悟を語る

●ずっと真夜中でいいのに。
「オンラインライブ NIWA TO NIRA(有料)」特別レポと『朗らかな皮膚とて不服』全曲解説で迫る、新世代の表現者ずとまよのすべて!

●BiSH・2万字インタビュー
vol.5 リンリン──誰よりも寡黙で誰よりも過激な「無口担当」リンリンがBiSHで手にしたもの、そして今思い描く未来の自分

●PEDRO
アユニ・D、自分自身と世界を肯定する──大変化のニューアルバム『浪漫』完成!

●9mm Parabellum Bullet
ニューシングル『白夜の日々』が、9mmの「4人の季節」を告げる

●miwa
1年ぶりのロングインタビュー ――「自分のこと、充実の日々、音楽家としての今」

●Saucy Dog
最高傑作『テイクミー』はなぜこれほど「今」に寄り添う作品になったのか。その真のポテンシャルに迫る

●Novelbright
メジャーデビューシングル”Sunny drop”で、いよいよ大きな扉を開く!

●Creepy Nuts
激動と躍進の季節を経ての傑作『かつて天才だった俺たちへ』をふたりが生むまで

●BLUE ENCOUNT
●サンボマスター
●Nothing’s Carved In Stone
●Hump Back
●ちゃんみな
●SILENT SIREN
●BBHF

SCENE SPECIAL!
●東京事変
混沌の時代に響く、果てなき進化の証。配信マキシシングル『赤の同盟』を読み解く

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:390円

国内の話題のミュージシャンを取り上げ、ミュージシャンとのインタビュー、評論文、現在の活動情報など邦楽情報満載。

  • 2020/07/30
    発売号

  • 2020/06/30
    発売号

  • 2020/05/29
    発売号

  • 2020/04/30
    発売号

  • 2020/03/30
    発売号

  • 2020/02/29
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

rockin’on(ロッキング・オン)

2020年09月07日発売

目次: LIAM GALLAGHER
オアシス時代にブリットポップの絶頂を極めた後、もどかしいほどの迷走を続けていたリアム。
衝撃のバンド解散、離婚、ビーディ・アイの挫折、メディアや業界からのバッシング――しかし一転、ソロになるや3作立て続けで全英No.1を奪取、日に日に新たなファン層を獲得している。いったい、リアムに何が起きたのか?
画期的なドキュメンタリー映画が明かした真実を掘り下げる総力特集、ここに!

TAYLOR SWIFT
ストーリーテラーとして、新たな輝きを見せつけた最高傑作『フォークロア』――
眩しいほどに豊饒な物語あふれるニュー・アルバムを徹底検証!

NOEL GALLAGHER
オアシス解散から10年の節目に、ノエルが全てを振り返る最新インタビュー。
絶頂期での密かな後悔、音楽業界への痛烈な批判、そして「ノエル的再結成論」までを語る!

BILLIE EILISH
兄・フィニアスとの作曲論からレコーディング中の「どん底スランプ」まで――
世界の頂点を極めたビリーが、そこで感じた全てを語った。最新ロング・インタビュー、全文掲載!

PRINCE
世紀の傑作アルバム『サイン・オブ・ザ・タイムズ』、驚異的な未発表音源とともについに再降臨! 完全ドキュメント!

THE ROLLING STONES
『スティッキー・フィンガーズ』、『メイン・ストリートのならず者』と8作連続の全米No.1の快進撃を始めた70年代ストーンズ。新境地を生み出した傑作『山羊の頭のスープ』をミックが語る

THE LIBERTINES
2010年奇跡の復活後、精力的にライブを続けるザ・リバティーンズ。衝撃のデビュー時、ピート&カールが感情剥き出しで、ぶつかり合いながら築いた絆に迫る壮絶インタビュー!

LOU REED
ルー・リード後期の名盤、あの『NEW YORK』がついに画期的リイシュー。自らの証言を通じストーリーテリングの絶対王者の秘密に迫る!

DISCLOSURE
UKダンス番長、5年ぶりの帰還! ディスコにラテンにソウルとハイなグルーヴが弾けきった、今最も踊れる1枚『エナジー』を語った最新インタビュー!

DECLAN McKENNA
弱冠15歳でデビュー、英国Z世代の代弁者デクラン・マッケンナ。ロックのダイナミズムとポジティブな意思に貫かれた待望新作『ゼロス』を語り尽くす!

ALBUM REVIEWS
驚異の未発表曲を満載したプリンスのリイシュー、新境地を切り開いたマリリン・マンソンに、12分超の新曲で再び注目のスフィアン・スティーヴンス。今月号も28ページに必聴作を網羅しました!

[CHARACTER OF THE MONTH]
MARILYN MANSON

[HEADLINE]
QUEEN+ADAM LAMBERT, IDLES, LINKIN PARK, JONSI, THE CURE, NEIL YOUNG, DAVID BYRNE, BLACK SABBATH, BANDCAMP

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:430円

ロッキング・オンは日本における洋楽のリーディング・マガジン。

  • 2020/08/07
    発売号

  • 2020/07/07
    発売号

  • 2020/06/05
    発売号

  • 2020/05/07
    発売号

  • 2020/04/07
    発売号

  • 2020/03/06
    発売号

送料
無料

カラオケファン

2020年09月19日発売

目次: ■表紙&インタビュー 新浜レオン
令和元年初日に颯爽とデビューした新浜レオンが7月1日、2nd.シングル「君を求めて」を発表した。
昨年末は「日本レコード大賞」新人賞を受賞。
張り切っていた2年目だったが、新型コロナウイルスの感染症拡大で予定変更の連続。
自粛生活当初は戸惑ったものの、ファンからの温かいメッセージに心動かされ、「今しかできないこと」に真っしぐらだという彼の素顔に迫る。

■特集
『手放せない!
これが私のタカラモノ』
子どものころから大切にしているものや、師匠からもらったもの、初めて何かをしたときの記念にとってあるもの──。
アーティストの皆さんの手放せない“タカラモノ”をご紹介します。

■スペシャルCD付録
伊戸のりおの新曲歌い方講座
vol.217「泣き上手/神野美伽」
新曲歌い方講座(WEB限定)
vol.217-②「冬椿/こおり健太」
本誌楽譜コーナーに掲載の新曲を、編曲家・伊戸のりお先生がわかりやすくレッスン。

水谷ひろしの「KF歌謡喫茶」
ゲスト:エドアルド

スター声の伝言板
中条きよし/千葉一夫/永井みゆき

クイズ 私は誰でしょう?

■話題のアーティストを追う!
まるひコレクション
氷川きよしの2020年を語る

■ピックアップアーティスト
北川裕二、岩本公水、羽山みずき

◆I LOVE ペット
西山ひとみの巻

◆好評連載中!
瀬口侑希のDAM CHANNEL演歌

■ステイホーム自撮りでPRダイアリー
パク・ジュニョン、おかゆ

◆歌人の個展
伍代夏子

■マイプライベートスタイル
西田あい、松阪ゆうき

■新曲BOX
「俺と生きような」(島津悦子)、
「冬椿」(こおり健太)、ほか

■スペシャルインタビュー
坂本冬美

◆おまかせシアター
みやま健二

NEW!
スナック女子のオアシス広報委員会
門松みゆき、東谷柚葉さん

◆好評連載中!
松原健之の
普段着で逢いましょう!!


◆好評連載中!
彩青の
ハマりもんです!!

◆好評連載中!
青山新の興味“新々”


■大型サイズ楽譜コーナー
●水森英夫の今月の十八番
楓/田川寿美
呉れない情話/服部浩子
遥かな人よ/松阪ゆうき
●伊戸のりおレッスンコーナー
泣き上手/神野美伽
冬椿/こおり健太
俺と生きような/島津悦子
●岸本絵梨香の歌謡☆スタジオ
星空のツイスト/北川大介
●新曲
あーちゃんの唄/三門忠司
あなたの水中花/松原のぶえ
歩いて行こう/前川 清
男の昭和挽歌/山川 豊
男の花/若山かずさ
思い出に抱かれて/長保有紀
オンナ二人ヨコハマ/安藤みゆき
北国終列車/福島はじめ
幸せは ホラ…/三船和子
Treasure of life~人生の宝物~/HANZO
花芒/谷 龍介
ふたたびのめぐり逢い/加納ひろし
まよい川/五条哲也
霧笛が泣いて…横浜/佳山明生
雪風/松原健之
●HIT HIT+PLUS
大阪化粧/はなぶさ悠
ライフ・アンサー/岡田美智子
●カップリング曲集
網走3番線ホーム/山内惠介
対馬情歌/岩本公水
ねえ あんた/水城なつみ
夕霧挽歌/パク・ジュニョン

聴く、見る、歌う音楽情報誌。有名作家による最新曲の歌唱アドバイスほかを収録したCD-ROM付き!

  • 2020/08/21
    発売号

  • 2020/07/18
    発売号

  • 2020/06/19
    発売号

  • 2020/05/21
    発売号

  • 2020/04/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

送料
無料

月刊EXILE

2020年08月27日発売

目次: Vol.151_OCTOBER.2020
COVER / BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE

006 EXILE HIRO Serialization Extra
ENTERTAINMENT SERVICE FOR THE NEXT GENERATION, CL
8月1日にグランドオープンしたLDHとサイバーエージェントによる新たなエンタテインメントサービス『CL』。
サイバーエージェントが有する映像配信システムやアプリ開発などのIT技術や番組制作技術と、
LDH のエンタテインメント・コンテンツを融合させた新たな定額制動画配信サービス「CL」にHIROはどのような可能性を感じているのか。

008 CL GRAND OPEN
LDHとサイバーエージェントが贈る究極の動画配信サービス「CL」がついにグランドオープン‼︎
グランドオープンを記念して、8月1日から9日まで「CL WEEK」と銘打ち、そのうち8日間連続で生配信を行った。
LDH所属アーティストが日替わりで登場し、「CL」のスタートを華やかに盛り上げた「CL WEEK」の一部をレポート。

036 SUMMER HYPE
BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
待望の配信限定シングル「SUMMER HYPE」を8月10日にリリースしたBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE。
同楽曲は、“ファンの皆さんと一緒に夏を盛り上がりたい!”というメンバーの想いから制作されたこれまでになかった爽やかなサウンドで、
暑い季節を彩る今夏必聴のサマーチューン。
そんな同楽曲の制作秘話やMV撮影時のエピソードなどたっぷりと語ってもらった。さらに、大人気企画100問100答もお届け。

064 俺たちはあぶなくない〜クールにさぼる刑事たち
佐野勇斗×鈴木伸之
鈴木伸之と佐野勇斗がダブル主演を務めるドラマ「俺たちはあぶなくない~クールにさぼる刑事たち」が9月17日(木)よりスタート‼︎
コスパ重視で今どきの“あぶなくない”刑事を演じるふたりに、互いの印象や撮影時のエピソードについて話を聞きました。

070 FLASHDANCE
Reika Manaki × Dream Shizuka
日本初演となるミュージカル『フラッシュダンス』が、9月12日に開幕する。
本作は、1983年に公開され、世界中で大ヒットを記録した青春映画『フラッシュダンス』を舞台化した作品。
本誌では、主役のアレックス・オーウェンズ役の愛希れいかさんと、キキ役のDream Shizukaのスペシャル対談をお届けする。
初共演となるふたりにお互いの印象や作品の魅力について語ってもらった。

076 Expresser
Manami Shigetome
リーディングステージ『法廷の王様』が、8月28日から東京・ニッショーホールで上演される。
本作は、毒舌イケメン弁護士の霧島が有罪確実な事件を華麗に逆転させる“痛快リーガルドラマ”だ。
今回朗読劇に初挑戦する重留真波に今作についての想いや見どころ、さらに今後の活動についても聞いた。

080 EXPG高等学院
ダンスを学びながら高校卒業資格を取得できる新しいスタイルのスクールEXPG高等学院。
EXILE NAOTOがディレクションを務めた学生服を身にまとい実際の学生生活をイメージしたファッション・シューティングを敢行。
そして、EXPG高等学院の学長を務めるTETSUYAと学生服のディレクションを務めたNAOTOからのコメントも必見。
さらに、EXPG高等学院の2021年度の第二期生の募集が9月1日よりスタート。こちらも合わせてチェックしてください。

090 Toward A Bright Future
Masafumi Ishida × EXILE ÜSA
「ダンスでアースをハッピーに」をテーマに精力的に国際支援活動をしてきたÜSA。
そんなÜSAに日本青年会議所から、正式なパートナーシップを締結したいというオファーが届いた。
それに伴い、今号では日本青年会議所で今年度の会頭を務める石田全史氏との対談をお届け。

094 橘ケンチ連載
『REMEMBER SCREEN』
INTERVIEW.50 Bunji Sotoyama
2020年晩夏、日本映画界に鮮烈な印象を放つ作品が誕生した。独自の感性でストーリーを紡ぎ出す外山文治監督の最新作『ソワレ』だ。
本作に感銘を受けたという橘ケンチと外山監督とのトークセッションをお届けします。

097『たちばな書店』
今回、店主・橘ケンチがおすすめする一冊は、燃え殻さんの『すべて忘れてしまうから』。

098 SHOKICHI連載
MUSIC LIFE VOL.77
SHOKICHIならではの音楽の聴き方、感じ方、そして音楽からもらう幸せをダイアリーにした『Music Life』。
今号では、EXILE SHOKICHIとCrazyBoyが立ち上げるコラボエンタテインメントEXILE SHOKICHI vs CrazyBoy『KING&KING』。
その記念すべき始動発表記者会見の模様をお届けします。

102世界連載
『We Feel Good』
さまざまな方とコラボレーションし、作品を発信していく企画 “We Feel Good”。
今号は、「Vジャンプ」から新たに誕生したWEBサービス「Vジャンプレイ」のオフィシャルプレイヤーに就任した世界が
「Vジャンプ」編集部に潜入。
そして、「Vジャンプ」の副編集長である齋藤征彦さんとの対談を行った。

106 THE RAMPAGE連載
『らんぺいじの◯◯』
#15 らんぺいじの憧れの人
THE RAMPAGEメンバーのここでしか見られない素顔をお届けする「らんぺいじの◯◯」。
今回は、RIKUが以前から大ファンであることを公言しているシンガーソングライター・平井 大さんとの対談が実現‼︎
平井さんとTHE RAMPAGEが出演した『LIVE YEAH!!! vol.2〜家!!!で楽しむBIG STAGE〜』の本番前にお話を伺いました。
ステージショットとともにお届けします‼︎

110 GEKIDAN EXILE
the footprint of ACTIVITY EXTRA
The Night of the Milky Way Train
今号では、劇団EXILEの佐藤寛太が出演する音楽劇『銀河鉄道の夜2020』が9月20日(日)より、公演がスタート。
今回は、同舞台の劇場であるKAAT神奈川芸術劇場の全面協力のもと、ファッションシューティングを敢行。

EXILEメンバーそれぞれが企画したコーナーによってさまざまな角度から特集され発信される新しいエンターテインメント雑誌

  • 2020/07/27
    発売号

  • 2020/06/27
    発売号

  • 2020/05/27
    発売号

  • 2020/04/27
    発売号

  • 2020/03/27
    発売号

  • 2020/02/27
    発売号

BLUES&SOUL RECORDS(ブルース&ソウル・レコーズ)

2020年08月25日発売

目次: ブルース&ソウル・レコーズ 第155号
表紙 リトル・リチャード(Little Richard)

追悼特集 リトル・リチャード ─いくつもの壁を壊したロックンロール最凶傑物

この5月に87歳で亡くなったリトル・リチャード。ロックンロールのオリジネイターとして知られる彼は、ジェイムズ・ブラウン、オーティス・レディングといったR&Bを代表するシンガーや、ボブ・ディランやビートルズを始めとする多くのロック・アーティストに決定的な影響を与えただけでなく、LGBTQ+の先駆者としても多くの人に扉を開いた。人々に自由のスピリットを植え付けたその偉大な功績を讃えたい。

★ [特別寄稿]ROY (THE BAWDIES) ─背中を押したポジティヴな歌声
★ 砂糖菓子とスプートニック ─LGBTQ+が見る、LGBTQ+先駆者のこと [丸屋九兵衛]
★ 時代を制した危険な破壊力リトル・リチャード・ストーリー ─[ワダマコト]
★ スペシャルティ期の全米ヒット19曲解説[小出 斉]
★ リチャードはトリックスター? スペシャルティ作品に隠された意味とは[濱田廣也]
★ レコーディング・ガイド ■RCAヴィクター/ピーコック ■ゴールドナー/マーキュリー/アトランティック ■ヴィー・ジェイ ■モダン  ■オーケー/ブランズウィック ■リプリーズ  ■1970年代以降[鈴木啓志/濱田廣也]
★ リトル・リチャードをもっと知る ビリー・ライト/エスケリータ/ゴスペル界の伝説的シンガーたち/計り知れない影響力[濱田廣也]
★ 世界最高のロックンロール・バンド ジ・アップセッターズ[鈴木啓志]


【その他の主な記事】

● 映画『メイキング・オブ・モータウン』がいよいよ上陸[妹尾みえ]
● [緊急リポート] コロナ禍に直面した全国のソウル・バーはいま[加藤千穂]
● 追悼 ベティ・ライト[高橋 誠]/アルバム・ガイド[新井崇嗣/林剛]
● 追悼 ラッキー・ピータースン[陶守正寛]/アルバム・ガイド[スカンクちかの]
● 注目作をじっくり鑑賞する─「語りたい逸品」コーナー
 *BOOK 『BROTHER ROBERT』/ロバート・ジョンスン伝説の裏のもうひとつの顔[陶守正寛]
 *CD『JOHN LEE HOOKER: The Sensation Recordings』/ジョン・リー・フッカーの至宝センセイション録音集現る![やすだあきよし]
 *CD 『DAVID KIMBROUGH JR.: Say You Don’t Love Me』/北ミシシッピ・ブルースの異才、生前最後の生身の歌[井村 猛]

●[新作アルバム・リヴュー]ドン・ブライアント/メイシオ・パーカー/ジョー・ルイス・ウォーカー 他

【連載】

☆ 永井ホトケ隆 好評連載「Fool’s Paradise」第3回
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ フード・フォー・リアル・ライフ ~歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「THE WILD & FRANTIC LITTLE RICHARD」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.84 「Gay Shel」
☆ ゴスペル・トレイン「TAKE 6」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.231/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房~古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll~世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント/来日公演情報ほか


++++++

【特別小冊子付録】「わたしのソウル愛聴盤」

 ソウル・ミュージックの魅力とは?と聞かれたら、さて、どう答えましょう。
 今号付録小冊子では「歴史的重要盤」という物差しはひとまず脇に置き、ソウル愛好家のみなさんにこう聞くことにしました。
「あなたのソウル愛聴盤を教えてください」。
 長年ソウルや黒人音楽を専門として執筆されている方を中心に、ミュージシャン、レコード・ショップや音楽バーの店主、レーベルのA&R等、それぞれにソウルと向き合っている方々に、日頃愛聴しているアルバムを7枚ずつ紹介していただきました。複数の方に選ばれた歴史的名盤もあれば、知る人ぞ知るもの、まだ生まれたばかりのアルバムもあります。約100枚のアルバムからは、選者の皆さんそれぞれの「ソウル観」も見えてきます。
 これらの「愛聴盤」が、ソウルの多彩な魅力と多様な楽しみ方を教えてくれることでしょう。

[参加者一覧(五十音順)]
■安藤賀章[Pヴァイン] ■岩間慎一 ■高地 明 ■小渕 晃 ■佐藤 潔[Cafe & Bar SUPER GOOD] ■柴崎祐二 ■鈴木啓志 ■田中伊佐資 ■蔦木浩一[ディスクユニオン]
■中田 亮[オーサカ=モノレール] ■林 剛
■原田和典 ■日向一輝 ■平野孝則[ブーツィーズ・レコード] ■濱田廣也[ブルース&ソウル・レコーズ]

参考価格: 1,760円

ブルースとソウルを中心にその周辺音楽(ロック、ジャズ、ファンクなど)を紹介。

  • 2020/06/25
    発売号

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/02/25
    発売号

  • 2019/12/25
    発売号

  • 2019/10/25
    発売号

  • 2019/08/24
    発売号

CURE(キュア)

エイジアハウス

最大
28%
OFF
送料
無料

CURE(キュア)

2020年08月21日発売

目次: Cure Vol.205

(2020年10月号/2020年8月21日発売)
価格:¥1200(税込)/¥1091(本体価格)
※特別付録:トレーディングカード付き!

■巻頭大特集■
★DIAURA

■BAND FEATURE
☆コドモドラゴン

■BAND FILE
☆HERO
☆The THIRTEEN

■BAND CLOSE UP
☆蟻
☆mitsu
☆NAZARE
☆ユメリープ
☆アンドゥー
☆RAKUGAKI
☆感染2
☆XANVALA
☆AIOLIN
☆POIDOL
☆ロマン急行

■Personal Interview
☆reiki(キズ)
☆直人(ダウト)
☆椎名未緒(ユナイト)
☆六(グラビティ)

■特別企画
☆[特別Personal Interview]D13 (Leetspeak monsters)
☆Honesty~Cure’s MODEL REAL FACE~[準々(DOG inThePWO)]

参考価格: 1,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:860円

Japanesque Rockインディーズバンドの活動内容やスタイリングをメインに扱い、その情報交換性に焦点を当てた雑誌です。

  • 2020/07/21
    発売号

  • 2020/06/21
    発売号

  • 2020/05/21
    発売号

  • 2020/04/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/02/21
    発売号

MUSICA(ムジカ)

2020年09月15日発売

目次: <COVER STORY>MONOEYES
3年ぶりのフルアルバムにして、紛うことなき過去最高傑作となる素晴らしきサードアルバム『Between the Black and Gray』リリース。結成から5年の歳月の中で果たされたバンドの充実、人生最高レベルでの充実を見せる細美武士のソングライティング、そしてコロナ禍によって生まれた2ヵ月の空白という名のビルドアップ期間——そのすべてが結実した本作のストーリーを解き明かす全員でのアルバムインタヴューと、今だからこそ訊きたい、ELLEGARDEN、the HIATUS、MONOEYESと走り続ける細美武士のバンド人生を紐解くクロニクル・インタヴュー。2本立てにて送る表紙巻頭大特集!

UNISON SQUARE GARDEN
『MODE MOOD MODE』&15周年の華々しい活動を経て、ユニゾンがユニゾンであり続ける核と本質と特異なるバンドシップを示すアルバム『Patrick Vegee』、田淵が語る

ヤバイTシャツ屋さん
ヤバTとしてはかつてなく直球かつ熱量が高いアルバム『You need the Tank-top』リリース記念2号連続展開・前編「こやまたくや、その面白くないはずのない半生を語り尽くす」

Dragon Ash
20年の歳月を共に歩んだダンサー、ATSUSHI&DRI-Vとの別れにして、半年以上ぶりのワンマンとして新たなる始まりを誓い合う7人ラストライヴ「DEPARTURE」レポート

King Gnu
コロナ禍で初のアリーナツアー延期を余儀なくされたKing Gnu、2020年上半期に最も大きなインパクトを与えたアルバム『CEREMONY』後、初となる配信ライヴを振り返る
SKY-HI
キャリア総括と共に、この8年かけて進化してきた現在地を示すベストアルバム発表。葛藤を繰り返しながら出した答え、そして引退を視野に入れていたという、その真意とは

ASIAN KUNG-FU GENERATION
初のロンドン・レコーディング、そしてコロナ禍でのリモート・レコーディングによる1年5ヵ月ぶりのシングル発売。その新たな挑戦と、今の時代におけるバンドの課題とは

Nothing’s Carved In Stone
新曲2曲+全18曲のセルフカヴァーによって構成される、最新のNCISによる最新ベスト的アルバム『Futures』を機に、このバンドの異端さとラジカリズムの根源を探る

VIVA LA ROCK 2021 開催のお知らせ

flumpool
再起を賭けたアルバム『Real』と今のバンドのリアルを届けるツアーが吹っ飛んだバンドが、その落とし前をつけるべく臨んだオンラインライヴに密着&山村隆太インタヴュー

フレデリック
全曲リモート・レコーディングにて制作した『ASOVIVA』。明確に音楽的アップデートを果たすと共に、社会と対峙し紡ぎ出した痛烈なメッセージから見えるこのバンドの本質

TENDRE
新たな時代のポップ・マエストロ、ポップ・シンガーとして自身が目指すべきものを明確に見つけ始めた河原太朗、アルバム『LIFE LESS LONELY』から浮かび上がるその決意

ズーカラデル
地元・北海道から東京へと居を移してから初となるミニアルバム『がらんどう』発表。新たなアプローチを体得し幅を広げた充実作と、吉田崇展の表現の源泉にあるものを探る

Hakubi
傷つきながらも自身の葛藤や孤独、弱さと対峙するところから生まれる切なる歌、EPシリーズの最終作にして、大きな変化と共に第2章の幕を開く『結ep』を全員で語る

The Songbards
決して消えることなき儚い光を放つメロディと、不器用に真摯に生を見つめ続けるリリック。三部作の第一弾『SOLITUDE』で改めて示される、彼らが音楽を歌い鳴らす理由

トップハムハット狂
ネットラップ出身、FAKE TYPE.等様々に活動を繰り広げながら、昨年の“Princess♂”で一躍注目を集める存在となったトップハムハット狂。夏をテーマにした新作を機に初取材

パノラマパマナタウン
メンバー脱退、ポリープによる活動休止、そして再起を賭けた野音もコロナ禍で中止。逆境の中、けれど、だからこそ自らを見つめ直して再スタートを切った現在地を岩渕が語る

Crispy Camera Club

また、入江陽、カジヒデキ、BŌMI、the band apart、OKAMOTO’S、SiM、Shleeps、ART-SCHOOL、くるり、8otto、a flood of circle、Wienners、LITEら多くのミュージシャンも参加する大ヴォリュームのディスクレヴューも多数! 国民的マルチタレントの大泉洋、金井政人(BIGMAMA)、谷口鮪(KANA-BOON)、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)といった豪華連載陣によるコラムも大充実!!

<掲載アーティスト一覧>
MONOEYES、UNISON SQUARE GARDEN、ヤバイTシャツ屋さん、Dragon Ash、
King Gnu、SKY-HI、ASIAN KUNG-FU GENERATION、Nothing’s Carved In Stone、
flumpool、フレデリック、TENDRE、ズーカラデル、Hakubi、The Songbards、
トップハムハット狂 、パノラマパマナタウン、Crispy Camera Club

すべての音楽ファンへ――今最も熱い音楽誌

  • 2020/08/18
    発売号

  • 2020/07/21
    発売号

  • 2020/06/23
    発売号

  • 2020/05/15
    発売号

  • 2020/04/15
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

Stereo(ステレオ)

2020年09月19日発売

目次: ●特集
手持ちのシステムにアドオン

ストリーミング高音質再生を狙う
ユーザー訪問 ストリーミングライフ
学生対抗スピーカー甲子園

話題の新製品を聴く

音の見える部屋
いい音いい場所いいお店(上田高志)
クラフトヴィンテージ(キヨトマモル)

*記事のタイトル,内容等は変更することがあります。

定期購読なら2013年3月~2014年4月までに3~4回発行される特別付録号も込みでこの価格!!

  • 2020/08/19
    発売号

  • 2020/07/18
    発売号

  • 2020/06/19
    発売号

  • 2020/05/19
    発売号

  • 2020/04/17
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

BARFOUT!(バァフアウト)

ブラウンズブックス

送料
無料

BARFOUT!(バァフアウト)

2020年08月21日発売

目次: CULTURE MAGAZINE FROM SHIMOKITAZAWA, TOKYO
バァフアウト! 2020年9月号 SEPTEMBER 2020 Volume 300

300 ISSUE OF BARFOUT! / SPECIAL YEAR 2020
バァフアウト!は今号にて、1992年の創刊以来、通算300号を迎えました。あらためて、今を生きる表現者をフィーチュアします!


FRONT COVER STORY
吉沢 亮 RYO YOSHIZAWA 表紙+12ページ

BACK COVER STORY
杉咲 花 HANA SUGISAKI バックカヴァー+8ページ

FILM
中村倫也 TOMOYA NAKAMURA 8ページ
村上虹郎 NIJIRO MURAKAMI 8ページ

MUSIC
植田真梨恵 MARIE UEDA

300 ISSUES OF BARFOUT!1992〜2020

Blu-ray&DVD
『ある船頭の話』

DRAMA
桜井日奈子 HINAKO SAKURAI 8ページ
美 少年 BI SHONEN 8ページ

連載
泉 大智(DISH//) DAICHI IZUMI 4ページ
毎月、DISH//のメンバー1人にフォーカスを当て、「自分」に迫る短期連載。
第2回は泉 大智が登場!

佐久間由衣 YUI SAKUMA

「Ordinary Days」
上白石萌歌 MOKA KAMISHIRAISHI
金子大地 DAICHI KANEKO
清水尋也 HIROYA SHIMIZU
森 七菜 NANA MORI


尾崎世界観(クリープハイプ) 〈sio〉Guest緒川たまき 堀田 茜&山崎二郎 

参考価格: 968円

全てのエンターテイメント&ミュージック&カルチャーを応援する雑誌です

  • 2020/07/22
    発売号

  • 2020/06/19
    発売号

  • 2020/05/19
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

  • 2020/02/19
    発売号

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)

リットーミュージック.

最大
8%
OFF
送料
無料

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)

2020年07月18日発売

目次: 表紙:セッションマンたちの流儀2020

■SPECIAL PROGRAM
セッションマンたちの流儀 2020

特定のバンドにだけ所属するのではなく、さまざまなアーティストのレコーディングやライヴで演奏する“セッションマン"。ある種職人的な裏方仕事であるその存在は、1960年代からあらゆる音楽シーンを支えて来た。近年、DTMにより身近になった音楽制作方法やSNSの普及による楽曲発表の場の拡大、音源よりもライヴに重きを置いた活動形態の重要性などが叫ばれ、レコーディング/ライヴの両面において活躍する“セッション・ベーシスト"はより幅広い需要があり、新たな世代も続々と登場してきている。今回は、そういった“今の"セッションマン事情をお伝えしていこう。

・SESSION MAN'S STYLE注目セッションマン・インタビュー
……黒須克彦/酒井太/櫻井陸来/須藤優/中村圭/堀井慶一/目黒郁也/森多聞

・SESSION MAN'S VOICESアンケートで見る現代のセッションマン事情
……安達貴史/岩永真奈/大神田智彦/岡部晴彦/okamu./小林修己/後藤克臣/島本道太郎/鈴木渉/高井淳/高原未奈/中村泰造/二家本亮介/村田隆行/真船勝博/森田晃平

・対談!セッションマンの真実
川崎哲平 & 須長和広

・SESSIONMAN × ARTIST
高木祥太 & Chara

・プロデューサーが語るセッションマン
島田昌典

■奏法特集
ヒット・ソングに名手の技あり
歌謡曲研究

テレビにていくつもの人気歌番組が放映され、誰もが口ずさむことのできるヒット曲が多く誕生した、1970~90年代。現在のJポップの礎であるそれらは“歌謡曲"と呼ばれ、多くの人々の心に今も息づいている。そんな“歌謡曲"を支えてきたのが、裏方の職人として多くの歌手を支えてきたセッション・ミュージシャンたちである。本企画では、そういったセッション・ベーシストによる名演をピックアップし、そのプレイを分析していく。

■THE BASS INSTRUMENTS
プロの宅録環境

DAWソフトの普及や録音関連機器の低価格化により、自宅録音がより身近になっていると言われて久しい。また、YouTubeなど動画サイトの隆盛により、“弾いてみた"をはじめとして、自宅でベースを録音して発表するという行為もまた一般的になってきた。さらにプロの世界でも、レコーディング・スタジオでレコーディングするのではなく、自宅でレコーディングした素材をそのまま納品するという形も、もはや当たり前になっているという。そもそも、従来からDIを介したライン音が重宝されてきたベースという楽器自体、宅録に向いているとも言える。しかし、自宅でやるからこそ、そのクオリティは自分次第ともなってしまう。プロは一体どのような環境で自宅録音を行ない、サウンドメイクをしているのだろうか。

・宅録部屋を拝見
IKUO/堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)/三島想平(cinema staff)

・宅録アンケート
岡峰光舟(THE BACK HORN)/キタニタツヤ/首藤義勝(KEYTALK)/TENDRE

・BM RECOMMEND AUDIO INTERFACE
ESI U22 XT cosMik Set featuring 亜沙(和楽器バンド)
IK MULTIMEDIA AXE I/O featuring Yudai(Survive Said The Prophet)
TASCAM SERIES 102i featuring 大林亮三 (SANABAGUN. )
UNIVERSAL AUDIO Apollo Twin X featuring フクダヒロム(Suspended 4th)

■SPOTLIGHT(動画対応機材企画)
アイバニーズ EHBシリーズ
EVO BASS

■めっちゃ気になるあの機材
サゴニューマテリアルギターズ Tabuchi Mk-II
ACOUSTIC REVIVE GB-TripleC-FM

■FEATURED BASSISTS
あきらかにあきら(THE ORAL CIGARETTES)
休日課長(ゲスの極み乙女。)

■インタビュー
YUKKE(MUCC)
AKi
KAN INOUE(WONK)
デリック・ホッジ
ローラ・リー(クルアンビン)

■連載
◎ニッポンの低音名人:バカボン鈴木
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎高松浩史の音色探索 その箱の中は地獄より深い
◎八十八ケ所巡礼マーガレット廣井の雲雀の舌のゼリー寄せ
◎映画監督吉田大八の低音懺悔録 ベーシストになれなかった男

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇河辺真
◎低音合奏武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■BM SELECTED SCORES
「SMOKY」Char
「BLUE LAGOON」高中正義

■MY DEAR BASS
中西道彦(Yasei Collective)

参考価格: 943円 定期購読(1年プラン)なら1冊:864円

すべてのベーシストのための総合情報誌

  • 2020/04/17
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

  • 2020/02/19
    発売号

  • 2020/01/18
    発売号

  • 2019/12/19
    発売号

  • 2019/11/19
    発売号

Guitar Magazine(ギターマガジン)

リットーミュージック.

最大
8%
OFF
送料
無料

Guitar Magazine(ギターマガジン)

2020年09月12日発売

目次: 【特集】
'70s BLUE NOTE
70年代ブルーノートとクロスオーバー前夜のギタリスト

昨年、ブルーノートは創立80周年を迎えた。遅ればせながらそれを祝うべく、今回我々が注目したのは70年代。正確に言うと、NYからLA移転したあとの、 通称“BN-LA"と呼ばれる時代だ。当時はロックの台頭やソウルの流行、さらにはマイルスの電化も相まって、ジャズ・ギタリストたちは急速なエレクトリック化を余儀なくされていた。彼らの試行錯誤が、のちの“クロスオーバー/フュージョン"に結実……するのだが、その前夜とも言えるBN-LAの諸作には、超メロウでファンキーなギター・プレイがくり広げられているのだ。参加したのは、デヴィッド・T.ウォーカー、リー・リトナー、ラリー・カールトンを始めとする、一流ギタリストたちの面々。本特集では、彼らの“新時代の音を作ってやる"という気概のこもったプレイの数々を通じ、そのドラマと偉業に迫っていく。

■9/16、特集と連動したコンピCD発売!
2枚組、全24曲という豪華ボリューム!

■ブルーノートのロサンゼルス時代、通称=“BN-LA"って何だ?
昨年、80周年を迎えたブルーノート。ジャズの一時代を作り上げたこのレーベルは、72年にNYからLAへと拠点を移す。通称=BN-LAと呼ばれるようになるが、ジャズ・ギタリストの急速なエレクトリック化も相まって、レーベル史上かつてなく“ギターの薬味"が効いていた時代となったのだ。そこで繰り広げられた熱いプレイとは?

■第一章 新時代を模索した、クロスオーバー前夜のギタリストたち
クレイグ・マクマーレン/リー・リトナー/イーフ・アルバース/ジョン・ローウィン/ラリー・カールトン/トミー・ボーリン/ロビー・クリーガー/アール・クルー/ローランド・バティスタ/アル・マッケイ/ジョー・ベック/レイ・ゴメス/ドン・ミナーシ/ティム・デュハフ/ジョン・トロペイ/マーロン・マクレーン/ロドニー・ジョーンズ/ロベン・フォード

ここでは、BN-LA作品で名演を残した18人のギタリストを紹介しよう。ジャズ、ロック、ブルース、ソウルなど、各ジャンルの猛者たちが新時代の音を模索したのだ!

■第二章 デヴィッド・T.ウォーカー BN-LAに刻んだ偉業
数々の腕利きギタリストたちが華を添えた70年代のブルーノート・レコード=BN-LA。その中でもひと際の存在感を放つのがやはりこの人、デヴィッド・T.ウォーカーである。言わずと知れたモータウンでの活躍や、ODEレーベルでの名ソロなど作などの印象が強い彼だが、ここブルーノートにおいても存分に手腕を発揮。ただし、あの歌心溢れるシグネチャー・プレイだけでなく、曲によってはアグレッシブなカッティングに終始したりと、その他のワークスとはひと味違った一面をのぞかせているのが興味深い。ここからは特集の第二章として、そんな“BN-LAでもデヴィッド・T.ウォーカー"にフォーカスしていく。

■まだまだいる? BN-LAに爪あとを残した名手
ここまでに紹介した18人のみならず、BN-LAに名演を残したギタリストはまだまだいる。ジョージ・ベンソンやグラント・グリーンなどの手練れを始め、スタイルの異なる第一級の者たちが多数参加している点におもしろさがあるのだ。怠らずチェックすべし!

■ギタリストが参加した58作品一覧表
ここでは、BN-LA作品(ギタリスト参加作)の一覧表を掲載。ギター的観点でブルーノートを楽しんでみては?

■証言インタビュー1/リー・リトナー
“Blue Note Hits A New Note"の名のもとに、多くのエレクトリックかつクロスオーバーな作品をリリースしたBN-LA。そんなブルーノートの変化や時代の流れを、当時のギタリストはどのようにとらえていたのだろうか? まずはリー・リトナーに話を聞く。

■証言インタビュー2/ティム・デュハフ
アルフォンス・ムザーンの『The Man Incognito』などで、軽快で小気味良いカッティングやメロディアスなソロを奏でたギタリスト、ティム・デュハフにも当時の話を聞いてみよう。

■証言インタビュー3/デヴィッド・T.ウォーカー
セッション・ミュージシャンとして多忙な時期だったという当時、デヴィッド・T.にとってブルーノートでの仕事はどのような位置付けだったのか。マリーナ・ショウの名曲「Feel Like Makin' Love」収録当時のエピソードなども振り返りつつ、存分に語ってもらった。

■THE INSTRUMENTS
ワンランク上のシールド・ケーブル徹底試奏! by 西田修大
エレキ・ギターを演奏するにあたり、ギターやアンプと並んで必要不可欠な存在であるシールド・ケーブル。近年は多くのブランドから個性豊かなケーブルが発売されており、実に選択肢が多い。それゆえ、自分に最適な1本はどのようなモデルなのか、迷ってしまう人も多いのでは? そこで今回、よりキャラクターの違いを実感しやすい“ワンランク上"のケーブル20本を紹介。内部構造や素材、デザインにこだわった多彩なモデルを、西田修大による試奏とともに紹介していこう。

■FEATURED GUITARISTS
・AB'S(芳野藤丸、松下誠)
80年代初頭、芳野藤丸を中心に結成されたバンド=AB'S。松下誠など当時の一流スタジオ・ミュージシャンを擁し、洗練された歌モノAORを奏でた彼らだが、今、その大人でグルーヴィンな世界観が再評価を受けている。それも納得、なにせ芳野と松下による変全自在なツイン・ギターの在りようは今聴いても一級品なのだから。バッキングとリードを自由に入れ替え、ともに流麗なソロを聴かせ、時にクールなカッティングでとびきりヒップに弾きこなす。それも、さも簡単そうに。間違いなく80年代の国産ギターAOR/シティ・ポップ・シーンでは最強クラスのバンドだ。このたび、新作『AB'S-7』を完成させたのを機に、AB'Sを大フィーチャーしたい。芳野&松下の最新インタビューを中心に、多方面から掘り下げよう。

■GM SELECTIONS(※電子版には収録されておりません)
・「ブラック・マジック・ウーマン」フリートウッド・マック
・「HELLO」Official髭男dism

■INTERVIEW & GEAR
・生形真一(Nothing's Carved In Stone)

■INTERVIEW
・吉野寿(eastern youth)
・フォンテインズD.C.

■連載
・俺のボス/有賀 教平
・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
・Opening Act/Group2
・ジャキーン! ~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編
・横山健の続・Sweet Little Blues
・9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から

■NEW PRODUCTS REVIEW
FENDER/HM STRAT
ZEMAITIS/ZVW22 EB NATURAL
KING SNAKE/SMITH WITH BIGSBY
POSITIVE GRID/SPARK
VOX/VALVENERGY SILKDRIVE

参考価格: 838円 定期購読(1年プラン)なら1冊:768円

ギタリストのためのハウトゥ&総合情報誌

  • 2020/08/12
    発売号

  • 2020/07/13
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/05/13
    発売号

  • 2020/04/13
    発売号

  • 2020/03/13
    発売号

INROCK (インロック)

イン・ロック

INROCK (インロック)

2020年09月15日発売

目次: 2020MTVビデオ・ミュージック・アワード
レディー・ガガ、アリアナ・グランデ、マイリー・サイラス他
●レディー・ガガめくるめくファッション・チェック!


リンキン・パーク
「ハイブリッド・セオリー」リリース20周年企画/唯一無二のバンド、リンキン・パークの20年の軌跡をたどる
●マイク・シノダ最新独占インタビュー
“「ハイブリッド・セオリー」を聴き返すと、当時の自分たちから溢れ出ていた努力や不安、苦悩を感じずにはいられないんだ”
●チェスター・ベニントン '01年本誌初収録インタビュー
●'01年ロンドン・ライヴ・レポート
●20年に渡るヒストリー、発言・写真でバンドの深層に迫る


テイラー・スウィフト
「フォークロア」世界で大ヒット!
●若者に絶大な影響力を持つパワーパーソンとなったテイラーが今だから言える19の真実
“周りに溶け込むことなんて、目指したらいけない”


セレーナ・ゴメス
料理番組スタート&最新インタビュー
“ロックダウンの影響でかなり気分が沈んでいたから、気分を上げるためにもこの番組をやってみたいと思ったの”


トロイ・シヴァン
グラビア&ニュース
●失恋を機に生まれた新作EP「イン・ア・ドリーム」リリース


チャーリー・プース
グラビア&ニュース
●チャーリー、ディズニー新作映画で歌う


エイバ・マックス
デビュー・アルバム「ヘヴン&ヘル」輸入盤9月18日リリース
“みんなにはこのアルバムから勇気をもらって欲しいし、それと同時に踊って欲しいの。そのどちらかじゃなくて、両方を願ってる”


ケイティ・ペリー
第一子誕生!! ニュー・アルバム「スマイル」リリース!
“今は純粋にこの人生を楽しんでるところよ”


ワン・ダイレクション
グラビア&ニュース
●ハリーに新たな仕事!?


Jxdn
2020年注目アーティスト、本誌初インタビュー
“大きなパワーを持つ人間がみんな腐ってるわけじゃないし、僕はインフルエンサーとしてポジティヴなことがしたい”


ジェイソン・ムラーズ
新作「ルック・フォー・ザ・グッド」リリース!
“より平等で公平で公正な社会を実現するのは、電気のスイッチをオンにするくらい簡単なこと”


コナン・グレイ
スーパーソニック2020延期で来日も延期に!! コナン・グレイがその胸中を語る
“できるだけ早く日本に行きたい。じゃなきゃ、ばあちゃんに怒られそう(笑)”


HRVY
デビュー・アルバム「キャン・エニバディ・ヒアー・ミー?」11月20日リリース
“このアルバムはひとつのチャプターの終わりでもあり、新しいチャプターの始まりでもあるんだ”


サーフェシズ
TikTokで「サンデイ・ベスト」が大ヒット!!
“穏やかにいこう。何事もきっと上手くいく”(フォレスト)


コリィ・テイラー
初のソロ・アルバム「CMFT」10月2日リリース
“スリップノットやストーン・サワーでやってる音楽と違って、このアルバムには俺が受けてきた影響の全てが詰まってるんだ”


アーティストの最新ニュースや連載コラムが満載!!

ニューズ・オブ・ザ・イン・ロック・ワールド

●洋楽最新ニュース
●ロビー/グー・グー・ドールズの「ROBBY'S LOBBY」more info

●マッティ/ゼブラヘッドの「PSYCHO!」

アドミッション・フリー
愛読者プレゼント more info

編集部日記
コンサート・ガイド
バックナンバー紹介

参考価格: 713円

英米直送独占取材によるポップ+ロック誌

  • 2020/08/12
    発売号

  • 2020/07/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/05/15
    発売号

  • 2020/04/15
    発売号

  • 2020/03/14
    発売号

MUSIC MAGAZINE(ミュージック・マガジン)

ミュージック・マガジン社

送料
無料

MUSIC MAGAZINE(ミュージック・マガジン)

2020年09月18日発売

目次: 【特集】 Perfume ベスト・ソングス50

今年9月21日に結成満20周年/メジャー・デビュー満15周年を迎え、約2年半ぶりのシングル「Time Warp」もリリースするPerfume。弊誌でもこれまで3回の表紙特集を展開してきましたが、Perfumeの魅力はまずその楽曲にあり、さらにそれを具現化するヴィジュアル/パフォーマンスは近年ますます洗練の度合いを高めています。そんな彼女たちの楽曲に魅せられた16人の選者の投票によって、オールタイムでのベスト・ソング50を選定。お楽しみください。

■ 新曲「Time Warp」とPerfumeの現在(藤井美保)
■ Perfumeベスト・ソングス50(阿刀大志、池上尚志、石川真男、栗本斉、小松香里、小山守、鈴木妄想、高橋修、多田淳之介、土佐有明、原田和典、藤井美保、宗像明将、安田謙一、吉留大貴、久保太郎)
■ 座談会: 20年続くPerfumeの魅力を語る(鈴木妄想×高橋修×久保太郎)
■ 16人の選者のリストと総評


【特集】 UKジャズ・コネクション

ジャズやR&B、ヒップホップ、エレクトロなどがジャンルを超えて交流し合い、独自の活況を続ける現代UKシーン。ジョルジャ・スミス、シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアなど、現代UKを牽引するミュージシャンたちがブルーノートの名曲群をカヴァーした画期的なコンピレーション『ブルーノート・リイマジンド』のリリースを機に、ジャズとその周辺のシーンを見渡してみたい。

■ ヌバイア・ガルシアが語る『ブルーノート・リイマジンド』(村井康司)
■ 現代UKジャズとその周辺のミュージシャンたちのつながりと拡がり(原雅明)
■ UKジャズ・コネクション名鑑(原雅明、石川真男、近藤真弥、高橋アフィ、田方春樹、花木洸)


□ サンタナ/ホセ“チェピート"アリアス〜ラテン・ロックの重要2タイトルの注目すべき再発(山本幸洋)
□ 映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』〜燃え尽きてしまった5人組の神秘(天辰保文)
□ Yaffle〜日本のプロデューサーが海外アーティストとコラボ(金子厚武)
□ ニュー・スタンダード2020s〜第9回 アフリカン・ヒップホップ(吉本秀純、石田昌隆、板谷曜子、大石始、森崎昌太)
□ ロジャー・ウォーターズ(大鷹俊一)
□ フューチャー・アイランズ(廣川裕)
□ 神谷洵平(岡村詩野)
□ ayU tokiO/ SaToA(峯大貴)
□ Yellow Studs(池上尚志)
□ ムラタユスラ (大谷隆之)
□ 林栄一 MAZURU ORCHESTRA(原田和典)


Front Line
◇ スフィアン・スティーヴンス
◇ ザ・チックス
◇ ガス・ダパートン
◇ ネイト・マーセロー
◇ ハロー・フォーエヴァー
◇ ブッチャー・ブラウン
◇ バナナガン
◇ ランディ・グッドラム
◇ 坂口恭平
◇ 西片梨帆


REGULAR CONTENTS
◆アルバム・ピックアップ……注目の新作をじっくり批評。
Sufjan Stevens/The Killers/The Chicks『/Blue Note Re: imagined』/Popcaan/Chico Bernardes/米津玄師/STUTS ほか
◆クロス・レヴュー……4人の評者が採点評価で誌上バトル!
◆アルバム・レヴュー/ヴィデオ・レヴュー……洋楽・邦楽の最新リリース200〜300タイトルを鋭い評文とともに10点満点で採点。音楽ライフの頼れる味方!
◆輸入盤紹介……世界各国あらゆるジャンルの注目作を詳細にいち早く!
Thomas Bartlett/Shirley Collins/S.G. Goodman/James Dean Bradfield/Brasstracks/Protoje/Duma/Gloria Estefan ほか
◆[連載]近田春夫の帯に短し襷に長し/寺尾紗穂の戦前音楽探訪/入江陽のふたりのプレイリスト/木津毅のLGBTQ通信/相澤冬樹のロック記者人生【NEW】/安田謙一のこれがヒットか!?/野沢あぐむの痛快! 艶歌まる齧り/萩原健太のコンパクト・ディスカヴァリー
◆国内外の音楽関連ニュース/ライヴ、本、映画の本格的レヴュー/コンサート情報など

  • 2020/08/20
    発売号

  • 2020/07/20
    発売号

  • 2020/06/19
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

最大
2%
OFF
送料
無料

Ocarina(オカリナ)

2020年08月07日発売

目次: 【特集】 
音楽力を上げる!
おうち練習のススメ!

感染拡大防止のためみなさんの活動が制限されている、
今だからこそできる自宅での練習やトレーニング法についてプロ奏者に聞きました。


【掲載楽譜】 
レパートリーを増やそう! カラオケ音源CD対応

♪ジュ・トゥ・ヴ
♪カーニバルの朝(黒いオルフェ)
♪鳥の歌
♪野に咲く花のように
♪ハバネラ 歌劇「カルメン」より
♪オカリナの歌


今日からチャレンジ! オカリナ・アンサンブル(第34回)│小山京子
『歩いて帰ろう』(斉藤和義 歌)


オカリナ&ギターのユニット“ねんど”や、オカリナセブンのメンバーでもある小山京子さんが、
ポップスからクラシックまで様々なジャンルの名曲をオカリナ・アンサンブルにアレンジ。




~笛奏で人~ 幸枝のラテン流!
(第12回)|幸枝
『テキーラ』
「幸枝のラテン流」は、みなさんのレパートリーを増やすべくOcarina 奏者の幸枝さんが
ラテン音楽についてわかりやすくレクチャーするコーナーです。


明田川荘之のスウィングしなけりゃ意味ないね!(第31回)│明田川荘之
『Fly Me To The Moon』
愛称:天才アケタによるオカリーナ・アドリブ講座。


【Interview-1】 
若手実力派プレイヤー
弓場さつき

10歳よりOcarinaを始め、大沢聡氏に師事したあと、プロ奏者として本格的な活動をスタートさせた弓場さつきさん。
今年からYouTube に動画を投稿するなど、新しい活動も開始している注目度の高い若手実力派プレイヤーの一人です。
現在は地元の福岡に拠点を移し精力的に演奏活動を続けています。


もうひとつのOcarina物語 特別編(第26回)
植田篤司×Seiko(葉山青子)

日本のOcarina界をけん引してきた植田篤司氏をナビゲーターに、Ocarina界に貢献してきた人物や団体を紹介していく「もうひとつのOcarina物語」。
今回は特別編前編として、台北、兵庫、東京をオンラインで結び、台湾で活躍中の日本人Ocarina奏者 Seiko(葉山青子)さんに話を聴いた。


【Gear Report】 
Ocarina練習に役立つ機能が満載!
TASCAM「CD-VT2」を佐藤一美さんが実践チェック!


【Topics】 
◎細かい気配りに長けた周 以嘉さん


【連載】
蘭のYUMEIRO diary (第12回)
中原蘭
テーマで紐解く 日本のOcarina History(第7回)

68年前に開かれた洞窟演奏会 オカリーナ深夜の合奏
近藤香織

NIGHTオカリナ楽団リレーエッセイ Ocarinaを語る!(第8回)
鏡 記子

教えて! オカリナセブン(第27回)
オカリナセブン

Ocarina工房におじゃまします!(第24回)
鈴木のぼる・千葉 稔

Ocarinaよもやま話(第33回)
植田篤司

丘りなちゃんが行く!(第22回)
榎本正一

Ocarinaシンギング・メソッド(第5回)
さくらいりょうこ


全国Ocarina講師の履歴書

Ocarina工房探索

Ocarinaスクールガイド

参考価格: 1,782円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,750円

Ocarinaにまつわる情報が満載! 毎号付属のCDにはプロ奏者の演奏や、カラオケトラックを収録! 読んで、聞いて、使える1冊。

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2019/11/10
    発売号

  • 2019/08/10
    発売号

  • 2019/05/10
    発売号

  • 2019/02/10
    発売号

最大
10%
OFF
送料
無料

PIPERS(パイパーズ)

2020年09月20日発売

目次: ● 特集
○古楽のパイオニアたちの肖像
オーボエ:北里孝浩
私が出会ったバロックオーボエと古楽の偉人たち

1970年代にオランダに留学して以来、ヨーロッパの名だたる古楽オーケストラで古楽の最前線に立ち続けて40年以上。共演して来た古楽パイオニアたちとその音楽を語る。
----------------------------------------------------------------------

○トランペットの歴史的研究に生涯を捧げた
[追悼]エドワード・タール
神代修さんが見たトランペットの「知の巨人」

トランペットの歴史的研究と演奏に生涯を捧げ、バロックや古典派時代のナチュラル・トランペットの復興にも大きな足跡を残したエドワード・H・タールを偲ぶ。
----------------------------------------------------------------------

○スウェーデン王立歌劇場管首席
トランペット:清水慶太郎
背水の覚悟で受けた研修生のオーディションからその後の道が開けた

500年もの歴史を誇るオーケストラの首席に就任。ワイマールで学び、結果が出ずに一時は帰国まで考えたという清水さんが掴んだチャンスとは……
----------------------------------------------------------------------

○都響で42年間にわたり活躍
井上順平さんのバストロンボーン人生
インタビュアー:津﨑知之

東京都交響楽団で42年間にわたりバストロンボーン奏者として活躍し、日本トロンボーン協会会長として日本のトロンボーン界の「顔」も務めた井上さんに、愛弟子で氏の初CDをプロデュースした津﨑さんがインタビュー。
----------------------------------------------------------------------

○日本で学んだサクソフォンで人と人とをつなぐ
サクソフォン:崔師碩
アジアのサクソフォンの架け橋になる!

母国は中国。中学3年から日本で学んだサクソフォンでアジアの人と人とをつなぐ。
----------------------------------------------------------------------

○元フィラデルフィア管弦楽団打楽器奏者
追悼:アラン・エーベル
フィラデルフィア管弦楽団メンバー3人の追悼の言葉

新型コロナウイルスによる合併症のために亡くなった米国の伝説的な打楽器奏者の生涯を、フィラデルフィア管のティンパニと打楽器メンバーが偲ぶ。
----------------------------------------------------------------------

○集中連載第6回(最終回)
ビュッフェ・クラリネット開発70年の歴史
R13からトスカ、ディヴィンヌなどの最新モデルまで

現代クラリネットの一つの規範となったR13から、トスカ、ディヴィンヌの最新モデルまで、その設計開発の細部までをも当事者たちが明らかにする注目の集中連載。今回が最終回。
----------------------------------------------------------------------

○ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
コーン&デュポン「フォー・イン・ワン」コルネット

Eb管、C管、Bb管、A管の4つの調で演奏できる1879年製の「フォー・イン・ワン」コルネットを修復した話。
----------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
マリー=ルイーズ・ノイネッカー
「ホルン奏者に大切なのは強い精神!」

元フランクフルト放送響首席として活躍後、指導とソロで活躍するドイツの女性ホルン奏者。
----------------------------------------------------------------------

○インフォメーション
海外オーケストラ管楽器特集コンサート
----------------------------------------------------------------------

○コンサート・リポート
オーケストラ奏者たちが奏でたバロックTrpの響き
----------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/演奏を再開して気づいたこと
トランペット“管”話休題/トランペットが活躍する古今のマーチ
カゲヤマ博士の演奏心理学/不安を軽減するメンタルタイムトラベル
平野公崇の多事奏音/ボーイスカウト
ミードと暮らす/ロックダウン以来初のスティーブの演奏旅行
ナイディック&大島クラリネット講座/ストラヴィンスキー《3つの小品》
ヴィンテージSAXの遊び方/クラシック音楽のためのヴィンテージSAX
----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
シルバースタイン・アンビポリ・リード
今月のピックアップ
----------------------------------------------------------------------

● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
----------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室

参考価格: 918円 定期購読(1年プラン)なら1冊:825円

「もう少し知りたい、もう一歩上手くなりたい」人のための管楽器情報誌

  • 2020/08/20
    発売号

  • 2020/07/20
    発売号

  • 2020/06/20
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/20
    発売号

最大
10%
OFF
送料
無料

Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

2020年07月28日発売

目次: ◎COVER STORY:SEKAI NO OWARI インタビュー  知ること、理解すること、想像すること。

7月28日から放送がスタートする玉木宏主演ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』の主題歌「umbrella」の話から、メンバー4人の死生観、
コロナ禍で変化した/していない意識、科学と環境問題、そしてグローバル展開を目的として取り組む「End of the World」プロジェクト
についてまで、じっくりと聞いた2万字インタビュー。激動の2020年、SEKAI NO OWARIの創作哲学にあらためて迫った。


◎特集1:MUSIC & PHOTOGRAPH 音楽と写真

青木 柊野 / 池野 詩織 / 池谷 陸 / 小宮山 峻 / 垂水 佳菜 / 儚ゐ花 / 市川 怜央

・BiSHと写真 セントチヒロ・チッチ


◎特集2:POP RULES THE WORLD

・新たなBLM運動の高まりと、副次的に浮き彫りとなったコミュニティ内の多様性

・COVID-19パンデミック以降ポップ音楽が向かう先とは?

・チャート論争で浮き彫りとなった新世代のラッパーたちの新たな価値観

・2020年代にジェンダー問題はどこまで更新されうるのか?

ほか(ALBUM GUIDE / RS CHARTS / BEHIND THE SONG)


その他コンテンツ

◆JOURNAL:GREATA'S WORLD グレタ・トゥーンベリが見つめる世界

◆JOURNAL:THE POWER OF BLACK LIVES MATTER ブラック・ライヴズ・マターと立ち上がるアメリカ

◆ART:ニカラス・スミス

◆MUSIC:BILLIE EILISH And the Triumph of the Weird ビリー・アイリッシュ、世界を制した少女の素顔

◆BOOK:YOASOBI

◆Coffee and Cigarettes  夏目知幸 / 高良健吾

◆GADGET:RELAX SUMMER

◆CULTURE:Sustainable Fashion ファッションにおける「サステイナブル」とは?

◆MUSIC:今市隆二 + 登坂広臣 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

◆CLOSE-UP 池田 亮

ほか

参考価格: 1,080円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:990円

音楽やカルチャーを愛する人へ贈る、ミュージック・カルチャー・マガジン

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2019/12/25
    発売号

  • 2019/09/25
    発売号

  • 2019/06/25
    発売号

  • 2019/03/25
    発売号

  • 2018/12/25
    発売号

送料
無料

The Clarinet (ザクラリネット)

2020年09月10日発売

目次:
CD連動Score
♪フニクリ・フニクラ
♪デイドリーム・ビリーバー
♪ひまわりの約束
♪花束を君に
[提供音源]アクアミューズ、オブロークラリネットアンサンブル、東京セレーノバスクラリネットアンサンブル、NYリコリッシュアンサンブル、木管五重奏カラフル

Cover Story
アレッサンドロ・ベヴェラリ
Alessandro Beverari
9歳よりクラリネットを始め、2018年のジャック・ランスロ国際クラリネットコンクールで優勝を飾った若手実力派プレイヤー、アレッサンドロ・ベヴェラリ氏。
現在、拠点を日本に移した彼に、日本での活動のこと、そしてコロナ禍により自粛期間をどのように過ごしていたのかを訊いた。

Special Contents-1
一人で楽しむクラリネット PART1
自宅でも簡単にできる
楽器を使わないトレーニング
日本だけでなく、全世界を激変させてしまった新型コロナウイルス感染症。6月には緊急事態宣言は解除されましたが、現在もみなさんの活動は制限されており、まだ対面レッスンが受けられない方もいます。そこで今回は、楽器を使わずに自宅などで行なえるトレーニングを紹介します。

Special Contents-2
一人で楽しむクラリネット PART2
今だからこそチャレンジしよう
自分の演奏を録音する!
自宅で練習するとき、音を長時間出すことの難しさに悩んでいる方も多いでしょう。そこで1分でも2分でも、限られた時間で自分の演奏を確かめるために有効なのが録音です。今回は自分の音を確認するための録音方法などをプロ奏者にレクチャーしてもらいます。

Close Up-1
マトシュ・コパーチェク
ドヴォルザークやスメタナなど多数の作曲家を生んだ音楽の国チェコ。その首都を拠点に活躍するプラハ交響楽団に、20歳という若さで入団したのがマトシュ・コパーチェク氏だ。チェコの3大オーケストラの一つといわれるプラハ交響楽団の奏者を務めながら、プラハ芸術アカデミーにも通いさらなる学びを怠らない。それはマトシュさんが持つ、ある大きな夢をかなえるためだという。

Close Up-2
伊藤寛隆
今年12月にクラリネットリサイタルを開催する日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者の伊藤寛隆氏。演奏や指導などで忙しい生活を過ごしていた日々が、コロナウイルスによる3ヶ月の自粛期間、突如として何も予定がなくなった。この期間に改めてクラリネット、音楽と向き合ったことで、得られたことは大きかったという。

Close Up-3
The Narmen Clarinet Ensemble
2015年に結成した“ザ・ナルマン・クラリネット・アンサンブル” は、亀居優斗、吉本拓、三界達義、和川聖也の4名から成るクラリネット四重奏団。9月1日の東京オペラシティ リサイタルホールでのコンサートを終え、間違いなくこれからのクラリネット界を牽引していくであろうクラリネット奏者たちだ。今回はその結成から未来までを訊いた。

特別企画
知っているようで意外と知らない
バレルの基礎知識
最近、オプション設定のバレルに替えているクラ吹きをよく目にする。マウスピースの下が楽器とは違う色だったり、極端に膨れたような形状だったり、楽器とは違うメーカーのバレルを付けている人もいて、目で見ても面白い。そこで今回は、知っているようで意外と知らないバレルの基礎知識を紹介。

New Series
クラリネットアンサンブルSHAKE Presents
Let’s Enjoy Clarinet Quartet
今号から様々な楽曲を通してクラリネットカルテットの魅力をお伝えしていく「Let’s Enjoy ! クラリネットカルテット」が始まりました。皆さんのクラリネットライフがもっと楽しくなるようなアレンジ曲をお届けしていきますので、どうぞお楽しみに!
Score『紅蓮華』(LiSA 歌)3B♭Cl+Bass Cl

Score
新入生が楽しく吹ける♪
Duoで先輩と上手くなる!
『香水』(瑛人 歌)2B♭Cl
監修:大和田智彦

Special Report
シエナ・ウインド・オーケストラ
新型コロナウイルス感染症対策検証試演会

Topics
・エリザベト音楽大学 音楽学部演奏学科 専任教員募集
・一般社団法人 日本クラリネット協会主宰
 誰でも動画で参加!“みんなのクラリネットソロステージ”
・若手女性演奏家だけが出演する見た目にも華やかなコンサートシリーズ
 「私たちと音楽を。」第2回開催

連載
CLN ヘッドラインニュース
クラ吹き駆け込み寺[第29回]|赤坂達三
のらりクラリNET[第39回]|谷口英治
クラリネット仕掛人[第25回]|木村健雄
辻本美博の本気でクラリネット普及委員会[第11回]|辻本美博
Clarinet in New York[第28回]| Yuki Tei
RECOMMEND DISC
Clarinet Information

参考価格: 1,650円

クラリネット唯一の専門誌!

  • 2020/03/10
    発売号

  • 2019/09/10
    発売号

  • 2019/03/10
    発売号

  • 2018/09/10
    発売号

  • 2018/03/10
    発売号

  • 2017/12/10
    発売号

最大
2%
OFF
送料
無料

The Flute (ザフルート)

2020年08月07日発売

目次: 「日本のクラシック界に、元気をデリバリー」 
柴田俊幸

ベルギー在住ながら、故郷の高松に古楽の音楽祭を立ち上げるなど、演奏家という立場を超えた活躍が注目された柴田さん。
「デリバリー古楽」――注目を浴びたのは、彼が一人で始めたその試み。コンサートができなくても人々に音楽を届ける方法を考え、思いついたことだった。
ポジティブがピンチを凌駕する、彼の音楽人生とは……?


【特集】
レパートリーを広げよう part2
~人気曲は時代を超えて ~

◆『コンチェルティーノ』
(C.シャミナーデ作曲)
│advice by 立花雅和

◆『間奏曲』
(J.イベール 作曲)
│advice by 藤井香織

◆『情熱大陸』
(葉加瀬太郎 作曲)
│advice by 藤井香織

◆『夜に駆ける』
(Ayase 作曲/yoasobi 歌)
│advice by arisa

◆『いのちの名前』
(久石譲 作曲)
│advice by 齋藤寛



【特別企画】
“新しい生活様式”のレッスン


【SPECIAL REPORT】
シエナ・ウインド・オーケストラ
「新型コロナウイルス感染症対策検証試演会」


【PICK UP NEWS】
音楽活動を安心して続けていくために
続・音楽界の動き


【Close-up】
多久和怜子
いま、チャレンジのタイミング
20年以上の歴史を持つ、東京オペラシティリサイタルシリーズ公演「B→C(ビートゥーシー):
バッハからコンテンポラリーヘ」。
若手演奏家の登竜門ともいえるこの公演は、夢に見ていた舞台であり、“大いなる挑戦”の場。


【新連載】
動画で一緒に!FLUTE on ICE 神田勇哉
レッスン動画を参考にしながら、曲集「Flute on Ice vol.2」の登場曲を一緒にレッスンしましょう


ハーメルンは笛吹き
渡邊哲夫
“ハーメルンの笛吹き”のように、魅惑の世界へいざなうエッセイ


テオバルト・ベームの子孫からの伝言
岩下智子


ピッコロ★トリセツ講座;スタニスラフ・フィンダ
ピッコロのお手入れ、取り扱い、奏法……製作者で奏者だからできる!正しい知識を伝授します




キホンの手前!~いつまでも上達し続けたい人のための~;古川仁美
フルートのレッスンに関する読者からの質問に答え、掘り下げる!
ふたたび、「あふれる光と愛の泉」
齊藤佐智江
通訳として寄り添ったアラン・マリオン氏の思い出と、フレンチスクールの系譜


動画でレッスン
名曲をもっと素敵に;『ニュー・シネマ・パラダイス』PART3
講師:安森朝子(島村楽器ユーカリが丘店 フルートインストラクター)


新国産フルート物語

リレーエッセイ|佐久間由美子
“今日からできる、おすすめキソレン”
とっておきの基礎練習法やウォーミングアップ術をそっと教えます!


笛吹き漫遊紀行 西川浩平
町内を旅する我が漫遊紀行




さかはし矢波のつれづれ放送局 さかはし矢波


【Score】


【特集連動楽譜】
♪『コンチェルティーノ』(Flソロ)
C.シャミナーデ作曲

♪『情熱大陸』(Flソロ)
葉加瀬太郎 作曲

♪『夜に駆ける』(Flソロ)
Ayase 作曲/yoasobi 歌

♪『いのちの名前』(2Fl)
久石譲 作曲

参考価格: 1,019円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,000円

笛と人のレッスン情報誌

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2019/12/20
    発売号

  • 2019/10/10
    発売号

  • 2019/08/10
    発売号

送料
無料

The SAX (ザサックス)

2020年08月25日発売

目次: リニューアル記念号となる本号の表紙をスタイリッシュに飾ってくれたのは、昨今は“筋トレ”のカリスマとしても大人気の武田真治です。
表紙に登場するのは10年ぶり。今回は24年ぶりのニューアルバム「BREATH OF LIFE」を引っさげて、巻頭インタビューでは完成の手応えを力強く語ってくれました。第一特集はコロナ禍で需要が高まる自宅レコーディングのノウハウを解説する「はじめよう!サックス宅録」。
そして付属CD連動の特集が「ボサノヴァ&ラテン音楽への誘い」。

ジャズ・ボッサなどの名曲をサックス界のニューリーダー世代を代表する庵原良司が好演してくれました。インタビューには、ニューアルバムをリリースする須川展也や、新型ウインドシンセの試奏で住友紀人が登場。そのほかにも動画連動の誌上レッスンなど、今回も盛りだくさんの内容でお届けしています。


[Cover Story]
武田真治
祝デビュー30周年!
エンターテイメント性に富んだカラフルなサックス・アルバムが完成!!


Special Contents 1
はじめよう!サックス宅録
人気サックス奏者のYouTubeチャンネルに学ぼう!
|お手軽なスマホ動画|宅録環境を整えよう|映像と音を収録しよう

Special Contents 2
ボサノヴァ&ラテン音楽への誘い
ヒストリー|名盤|名曲にチャレンジ!

Score
『イパネマの娘』for As
『波』for Ts
『オルフェのサンバ』for As
『想いあふれて』for Ts
『マシュ・ケ・ナダ』for As
『キャラバン』for As & Ts

Interview
住友紀人
須川展也

New Series
トークセッション開催!Come to me!|神崎ひさあき
サックス名曲!アンサンブル道場|齊藤健太&AKIマツモト


Gear Report
MAKER & DEALER TOPICS 新製品&注目の製品
Special Report
シエナ・ウインド・オーケストラ


Lesson連載

ちょいジャズ~気軽にアドリブ体験|第16回|萱生昌樹
♪Score 『Smoke Gets in Your Eyes』for As
SAXで吹く!煌めきの洋楽ヒット|第23回|山口宗真
♪Score『La Bamba』for Ts
目指せ!クラシカルサックス レベルアップ講座|第4回|角口圭都


コラム連載
Diggin’ in New York|第55回|鄭 優樹
タワーレコード NEW SAX Recommend CD
Jazz Scene in Europe|第23回|岡部源蔵
留学のススメ|第5回|フランス編
リレーエッセイ“日々徒然”|第92回|橋本剛秀


etc...

THE SAX Club 読者プレゼント
SAX MUSIC SCHOOL GUIDE
ディスクレビュー~注目のリリース
Various News



THE SAX vol.102 付属CD

【収録曲】
♪イパネマの娘 for As
♪波(ウェイブ) for Ts
♪オルフェのサンバ for As
♪マシュ・ケ・ナダ for As
♪想いあふれて(シェガ・ジ・サウダージ) for Ts
♪キャラバン for Ts&As
【模範演奏:庵原良司】





参考価格: 1,540円

“サックス大好き”レッスン情報誌

  • 2020/05/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/01/25
    発売号

  • 2019/11/25
    発売号

  • 2019/07/25
    発売号

  • 2019/05/25
    発売号

The Walker’s(ザウォーカーズ)

2020年09月09日発売

目次: Front Page
【ギゼム・ソゼリ】

Special Feature
【今こそジョン・レノン!】
10月9日に生誕80年を迎えるジョン・レノンを特集

I am Jazz!
【クインシー・ジョーンズ】
ジャンルを超えて活躍し続ける正真正銘の音楽界のレジェンド

Jazz Standards!
【グッドバイ・ポーク・パイ・ハット】

Jazz New Disc
【話題の新作30作品を一挙紹介!】
ジョシュア・レッドマン、ブラッド・メルドー、クリスチャン・マクブライド&ブライアン・ブレイド / ジャマール・ニコルズ / キャロル・ウェルスマン / CHEEZNESS(森田悠介) / マール・ヴィラセカ / クリスチャン・マクブライド・ビッグ・バンド / 武田真治 / パオロ・ベネディティーニ / 忍弥 vs 常松将行 / ヒロオガワ / 成川修士 / マーク・ウェイド / サラ・ガザレク / フェデリカ・ミチサンティ・ホーン・トリオ / 郡恭一郎 / ウクレレ・スイング・トリオ / フミ・トミタ / 鈴木輪 / ジョン・ビーズリー / エヴァ・ケス / スピリット・フィンガーズ / ウォーレン・ウルフ / ダン・ウィリス・アンド・ヴェルヴェット・ジェントルマン / ステファノ・コッパリ / ダニーロ・ギャロ ダーク・ドライ・ティアーズ / マノエル・クルーズ / アンディ・ブラウン / スヴェトラーナ / レイシズ・ジャズ・オーケストラ・トニー・スカール&パブロ・ギル / ミッドナイト・ライラックス・フィー
チャリング・マーク・リボー

Jazz Interview
【戸上優子】 
ニューヨークで活動する注目の女性ジャズ・ドラマー

Jazz Live!
【真夏の夜のジャズ 4K】

A melting pot of music
【武田真治】  
24 年ぶりのソロ・アルバムを発表した人気サックス・プレイヤー
 
Mr. Bassman
【アル・マッキボン】 
ビバップ初期の時代から活躍したいぶし銀のベースマン

Bassman Now!
【ジェームス・ガヤルド】 
米国ニューヨーク出身の注目のベースマン

Basswoman Now!
【ヤーチン・チャン】 
台湾出身の注目の女性ベーシスト

Japaneseman In NY
【R.I.P. JC】

Hawaii Walker’s
【ペレの椅子】

The Music Movie
【ハーダー・ゼイ・カム】

TheWalkers27
【The Walker’sを応援して頂いているみなさんからのメッセージを掲載】

まずは一度読んでみて下さい! ジャズ&音楽の魅力が満載です!

  • 2020/06/09
    発売号

  • 2020/03/09
    発売号

  • 2019/12/09
    発売号

  • 2019/09/09
    発売号

  • 2019/06/09
    発売号

  • 2019/03/09
    発売号

全172件中 1 〜 30 件を表示

芸能・音楽 雑誌のカテゴリ

音楽情報誌カテゴリーでは、日本にかかわらず、世界の様々なジャンルの音楽情報を掲載した雑誌を販売しております。世界最大の実売数を誇るヘヴィ・メタル&ハード・ロック専門誌の「BURRN!(バーン)」や、最新ヒット曲から話題のクラシック曲までピアノの楽譜を掲載する「月刊ピアノ」、最新の演歌・歌謡曲をはじめ、懐メロ・話題曲の歌唱アドバイス付き楽譜を掲載している「カラオケファン」など、音楽ファンから奏者、カラオケが好きな人まで幅広いジャンルの音楽雑誌がございます。

音楽情報誌で人気の出版社から探す

音楽情報誌の発売日一覧

本日発売の音楽情報誌

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌