音楽情報誌 ランキング

1 月刊ピアノ

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ピアノ

2021年03月19日発売

目次: 月刊ピアノ2021年4月号のオススメは『ねぴらぼ《INVENTION》』、『ピアニストの呼吸と姿勢』、『いつかきっと見に行きたい~日本に咲く 美しい桜』です。

【特集1】は『ねぴらぼ《INVENTION》』。昨年7月に開催され、大好評を得た《NEO PIANO CO.LABO.》(通称:ねぴらぼ)。2月11日に開催されたストリーミングライヴの2回目を、かてぃん、けいちゃん、菊池亮太、ござ のインタビューも加えたレポートでお届けします!

【特集2】は『ピアニストの呼吸と姿勢』。ピアノを演奏する時に大切な姿勢や複式呼吸について。ふだん無意識にしている胸式呼吸とは違って、マスターするには普段から気を付けておきたいことをわかりやすく解説します。

【特集3】は『日本に咲く 美しい桜』。桜の名所といわれる円山公園(京都)、五稜郭(北海道)、弘前公園(青森)、千鳥ヶ淵(東京)、根尾谷(岐阜)、吉野山(奈良)など、いつか見に行きたい壮観な桜を豪華な写真でご紹介します。

【インタビュー】は、ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ受賞、日本音楽コンクール優勝から間もなく2年。目くるめく成長をつづける19歳のピアニスト、亀井聖矢さん。そして連載『ネットシーンに光る逸材奏者』は人気上昇中の瀬戸一王さん。ストリートピアノからジャズ・ピアノに目覚めた興味深いお話を伺いました。

【コンサート・レポート】は2月23日にヤマハホールで行われた《LovePianoオンラインライブ》。よみぃ、ジェイコブ・コーラー、あさぴ(朝香智子)、みやけん、さなゑちゃんのコメントとともに、リレー形式で行われたライヴをレポートします!

今月のスコアは『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』主題歌「Universe」(Official髭男dism)、テレビ東京系アニメ『ブラッククローバー』オープニングテーマ「Grandeur」(Snow Man)、フジテレビ“ノイタミナ”『約束のネバーランド』Season 2オープニングテーマ「アイデンティティ」(秋山黄色)、「ドライフラワー」(優里)、「うっせぇわ」(Ado)、「春を告げる」(yama)、「虹(初級)」(菅田将暉)、「One more time,One more chance」(山崎まさよし)、「2声インヴェンション 第1番(ジャズ・アレンジver.)」、「糸」など、最新ヒットから人気の定番曲まで全13曲を掲載。

初級から上級まで、今月も幅広いアレンジで魅力満載、充実の内容でお届けします!


【収載楽曲】
●マンスリー・ピアノ・スコア・セレクション
・Universe(Official髭男dism)/『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』主題歌
・アイデンティティ(秋山 黄色)/フジテレビ“ノイタミナ”『約束のネバーランド』Season 2オープニングテーマ
・Grandeur(Snow Man)/テレビ東京系アニメ『ブラッククローバー』オープニングテーマ
●いつか必ず弾きたい とっておきの1曲
・ドライフラワー(優里)
●編集部オススメ!話題曲
・春を告げる(yama)
・うっせぇわ(Ado)
●月ピPremium! 上級アレンジで楽しむ極上のピアノ
・スペイン(チック・コリア)
●事務員Gの名曲タイムトリップ
・エイリアンズ(キリンジ)
●ゆるく!楽しく!!カッコよく!!!みんなのプチJAZZ
・2声インヴェンション 第1番(ジャズ・アレンジver.)(J.S.バッハ)
●やさしく弾ける♪お・す・す・め初級アレンジ
・虹(菅田 将暉)/映画『STAND BY ME ドラえもん 2』主題歌
●気軽に楽しむ!! かんたん弾き語り♪
・One more time,One more chance(山崎 まさよし)
●ござさんの All that Goza's Piano Arrange
・ウェストミンスターの鐘(壮大アレンジ)
●セロリの電Pパーク!
・糸(中島 みゆき)
●ずっしーの即わかり音楽理論教室
・ウェストミンスターの鐘(壮大アレンジ)  

参考価格: 763円 定期購読(1年プラン)なら1冊:702円

最新ヒット曲も話題のクラシック曲も、ピアノでどんどん弾いちゃおう!

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/17
    発売号

教育音楽 小学版

2021年03月18日発売

目次: ●特集Ⅰ
授業開きに使える!ウィズコロナの常時活動
[chapter1 ボディパ]
常時活動にボディパーカッションを取り入れよう! 山田俊之
[chapter2 歌唱につながる常時活動]
声を出す×体を動かす 坂本かおる
[chapter3 実践例]
コロナ禍でも歌唱の技能を磨く 岩井智宏
その後の活動に生きる「知識・技能」を育てる 加藤愛子

●特集Ⅱ
楽器のお手入れ・消毒&取り扱いガイド

●まるごとWATCH!
大阪府立和泉高等学校 第1回ボディパーカッションコンクール

●グラビア
私が教師になった理由 25 根本潤子
「Withコロナ」で見いだす音楽授業の本質~2020年の筑波Diary~ 8 頭と体・心を行き来する学び 髙倉弘光
名教師に学ぶ 横浜国立大学教育人間科学部附属横浜小学校6年3組と館 雅之先生

●連載
わたしの音楽室 新連載1 時間を忘れて夢中になれる音楽室 毛木大介
ミマスの歌づくりの旅 25 宇宙 星空 『Voyager』 ミマス
教師の悩み相談室 133 人気者の同僚を好きになったが、周りの目が怖くて行動に移せない 諸富祥彦
みんなでつなげる歌の授業 新連載1 今こそ一緒に音楽科教育について考えましょう! 眞鍋なな子
少人数でつくる! 楽しい音楽の授業 新連載1 大好きな奈川から 小町谷 聖
歌で伝える子どもたちの思い~ruriko先生の音楽室から 13 新年度に向けて~先生方からのメッセージ~ 石川るり子
富澤流楽曲解釈のヒント~編曲者の視点から~ 13 風のことば/伴奏で語る 富澤 裕
「楽しい! おもしろい! すごい!と子どもが感じる器楽指導」 13 打楽器の指導法と活用法について⑥その他の打楽器と音色の工夫 初山正博
Let’s Do 音楽づくり! 13 ウィズコロナの音楽づくり~歌唱・器楽・鑑賞につながる表現の根っこを伸ばそう~ 近藤真子
「ダウンロードして使える! 授業で使えるパワポスライド」 13 音楽の授業でパワーポイントを使おう 毛木大介
「授業に役立つ! ねらいに直結! 学習プリント」 97 二人の歌声による音楽のおもしろさを味わおう 成田美雪
特別支援学校・学級 指導事例 1 拍を感じて、主体的に表現しよう! 柳澤幹人

●学年別●私の教材料理法
第1学年●音楽って楽しいかも! ~音をよく聴こう~ 小宮輝子
第2学年●歌唱教材『かくれんぼ』文部省唱歌|林 柳波作詞|下総皖一作曲 納見 梢
第3学年●歌唱教材『春の小川』文部省唱歌|高野辰之作詞|岡野貞一作曲 細谷 晋
第4学年●歌唱教材『花束をあなたに』杉本竜一作詞・作曲 西澤美香
第5学年●常時活動「授業開きの常時活動」 松長 誠
第6学年●歌唱教材『おぼろ月夜』文部省唱歌|高野辰之作詞|岡野貞一作曲 脇田秀男

●教音ジャーナル
ネットワーク/おすすめの一冊 髙橋詩穂/新刊案内/著者に聞く 島添貴美子/全日音研ニュース/音楽・子ども・生き生き!マイ・スクール[埼玉県]/バックナンバーのお知らせ

●別冊付録●楽譜資料
合唱曲集
夢があるから(二部合唱)里乃塚玲央作詞|西澤健治作曲
ZENRYOKU~全力~(二部合唱)古宮真美子作詞・作曲
指導のために

山ちゃんの楽しいリズムスクール パート9 鑑賞曲 de ボディパーカッション
《白鳥の湖》より『スペインの踊り』(ボディパーカッション)チャイコフスキー作曲|山田俊之編曲

●とじこみ付録●CD『カラピアノ付き合唱パート練習CD みんなで歌おう!』
【収録曲】
ありがとうのはなかご(二部合唱)弓削田健介作詞・作曲
心に咲く花(二部合唱)理子作詞・作曲|ruriko編曲

……ほか

小学校音楽教師のための音楽教育・指導情報誌

  • 2021/02/18
    発売号

  • 2021/01/18
    発売号

  • 2020/12/18
    発売号

  • 2020/11/18
    発売号

  • 2020/10/17
    発売号

  • 2020/09/18
    発売号

送料
無料

月刊EXILE

2021年03月27日発売

目次: COVER / EXILE TAKAHIRO

008 EXILE HIRO
Serialization Extra
DREAMERS CHALLENGING THE WORLD OF MARTIAL ARTS
新企画「格闘家育成プロジェクト」がスタートした。
これは、オーディションを通じて格闘家の金の卵を発掘し、
将来的には世界チャンピオンにまで育成しようという、
格闘家の夢を応援する壮大なプロジェクト。
3月13日にはABEMAにて関連番組『格闘DREAMERS』もスタート。
EXILE HIROが思い描く、格闘技を軸にした
LDHの新たなエンタテインメント構想について語ってもらった。

010 La tentación Dulce
EXILE TAKAHIRO
EXILEのメインヴォーカルを務めるEXILE TAKAHIROが登場。
今回は、今年EXILEデビュー20周年のアニバーサリーイヤー突入にあたり
EXILEとしてのこれまでの自身の足跡を振り返ってもらうとともに、
グループとしてのこれからの展望を語ってもらった。
さらに、4月27日にリリースされるEXILE 51枚目となるシングル「PARADOX」についても聞いた。

030 INTERVIEW~お願い、誰か僕を助けて~
松本利夫×丘山晴己×糸川耀士郎×小野塚勇人×伊波杏樹×山口乃々華
2016年の初演以来、各地で完売続出した韓国発ミュージカル
『INTERVIEW~お願い、誰か僕を助けて~』が
東京・品川プリンスホテル クラブeXで上演中! キャスト6人が集結し、
舞台への意気込みや作品のおもしろさについて語り合った。

038 ETERNAL
RIKU,陣,岩谷翔吾,藤原 樹,長谷川 慎,鈴木昂秀
THE RAMPAGEからRIKU、陣、岩谷翔吾、藤原樹、長谷川慎、鈴木昂秀の
6人が出演するLIVE STAGE『ETERNAL』が、TBS赤坂ACTシアターで上演決定!!
『月刊EXILE』では、本公演のビジュアルを独占初公開します。

046 BACK TO THE MEMORIES
FANTASTIC 6
澤本夏輝、瀬口黎弥、堀 夏喜、木村彗人、八木勇征、中島颯太の
“FANTASTIC6”による初のエンタテインメントショー『BACK TO THE MEMORIES』が、
4月10日より開催。これは今年2月からオンエアされていたFANTASTICSの冠番組『FUN!FUN!FANTASTICS』と連動したLIVE型エンタテインメント舞台。
映画『BACK TO THE FUTURE』をオマージュした作品で、両親の離婚の危機を食い止めるために FANTASTICSが時間を遡り、 80~90年代のパフォーマンスで奇跡を起こすというもの。
初舞台を控えるFANTASTIC6の6人に、意気込みを聞いた。

056 Style Book 『H』
Harumi Sato
佐藤晴美の初のスタイルブック『sweet特別編集 H』が発売された。
新たな一歩を踏み出すタイミングでリリースとなったこの一冊は、
彼女の「好きなこと・モノ・人」がたくさん詰まったものに仕上がった。
その制作秘話や今の心境について語ってもらった。

062 Daydream
Anna Ishii
アニメ『とらドラ!』『ゴールデンタイム』の原作で知られる竹宮ゆゆこさんの小説が、
初めて実写映画化される。4月9日(金)に公開のその作品、『砕け散るところを見せてあげる』で、
ヒロイン・蔵本玻璃を演じる石井杏奈に作品の魅力や役作りなどについて話を聞いた。

066 USA連載
『A List of 100 DREAMS』
?? /100 『HAPPiLAに会いに行く! Vol.01』
今回は、USAのテキーラの魅力をさらに知ってもらうとともに、
意外と知られていない“HAPPiLA”を提供しているお店を紹介するために今号からスタートする新たな企画“HAPPiLAに会いに行く!”。
今回は、USAがテキーラマエストロの資格を取るきっかけにもなった
六本木にあるテキーラをはじめアガベスピリッツの品揃えが世界最大級のバー“AGAVE”をご紹介。

070 MAKIDAI連載
『キズナノツヅキ』
BONDS.06 小林直己
MAKIDAIにゆかりのあるゲストを迎え、出会ったときのエピソードや現在の関係性、
これからの未来について語り尽くす『キズナノツヅキ』。
6回目のゲストは、小林直己が登場。ふたりの人柄が存分に感じられる回となりました。

074 橘ケンチ連載
『REMEMBER SCREEN』
INTERVIEW.54 Daihachi Yoshida
崖っぷちの出版社を舞台に、生き残りをかけた騙し合いバトルが繰り広げられる
映画『騙し絵の牙』。本作のメガホンを取った吉田大八監督をお迎えし、
作品の感想や、それぞれ監督・俳優という立場から映画制作についての意見を交換し合った。

077 『たちばな書店』
今回、店主・橘ケンチがおすすめする一冊は、
大原扁理さんの『なるべく働きたくない人のためのお金の話』。

078 TETSUYA連載
『EXILEパフォーマンス研究所』
STEP. 91 人はなぜ眠らないといけないのか!?
EXILE TETSUYAが、ダンスパフォーマンスの向上に不可欠な食・息・動・考という4テーマを、
さまざまな観点から研究&考察する「EXILEパフォーマンス研究所」。
今回は「睡眠」を深掘りすべく、さまざまな寝具を開発し、
睡眠を研究し続けている1566年創業の老舗、西川へお邪魔した。

082 NESMITH連載
『PICTURES』
今号では、スマホアプリの「ことば」で闘う新感覚RPG『共闘ことばRPG コトダマン』の
プロデューサーを務める中村たいらさんとの対談が実現。
ゲームの魅力はもちろん、NESMITHがゲームにハマったきっかけや
ゲーム制作裏話などについてのトークをたっぷりお届けします。

086 SHOKICHI連載
『MUSIC LIFE』
VOL.79
SHOKICHIならではの音楽の聴き方、感じ方、
そして音楽からもらう幸せをダイアリーにした『Music Life』。
今月は、THE RAMPAGEのパフォーマー・浦川翔平を迎え、ストリートミュージックの聖地として
名高い、渋谷は宇多川町のマンハッタンレコードを訪れた。
音楽やカルチャーに造詣の深い、音楽好きのふたりが、
レコードをディグりまくり(dig=掘る)、
膨大なレコードに囲まれたふたりのテンションも最高潮に。

090 HONESTBOY
EXILE NAOTO
《STUDIO SEVEN》のディフュージョンラインの“HONESTBOY”からニューアイテムが登場。
今回はNAOTO、PSYCHIC FEVERの渡邉廉、Girls2の原田都愛の3人がそれぞれポイントとして
パステルカラーのアイテムを取り入れたコーディネートを着こなし、
フォトシューティングを行った。

096 世界連載
『WE FEEL GOOD』
世界がさまざまなゲストとコラボレーションをし、
作品を発信していく“We Feel Good”。今号では、ティーンから絶大な人気を誇る
ガールズパフォーマンスグループ・Girlsから鶴屋美咲と増田來亜を迎えた鼎談が実現。
好きなものはダンスとアニメというGirlsのふたりにとって、世界は尊敬する先輩。
ダンスのことはもちろん、アニメや漫画、そしてお互いのグループの
今後の展望などについて語り合った。

100 佐藤大樹連載
『Wanna Be,Wanna Do』
scene.16
自身がなりたいものやりたいことをプロデュースし具現化する企画“Wanna Be,Wanna Do”。
♯16では、春をテーマにピンクの世界観でファッションシューティングを敢行!!

104 佐野玲於連載
『Everyday Essentials』
No.03
佐野玲於とゲストが私物を持ち寄り、 持ち物とトークからアイデンティティや
互いの関係性をひもといていく連載企画『Everyday Essentials』。
今回のゲストはEXILE NAOTO。公私ともに兄弟のように仲がいいことはファンの間でも有名。
ファッションやアート好きなど共通点の多いふたりなだけに、
対談も終始和やかな雰囲気に。プライベート感満載でお届けします。

108 THE RAMPAGE連載
『CHAMELEON THE RAMPAGE』
Vol.04
THE RAMPAGEメンバーそれぞれのカラーをファッションで表現する『CHAMELEON THE RAMPAGE』。
今回は吉野北人が登場。デニムを身に纏った吉野が、
これまで見せたことのない表情でカメラの前に立った。


139 Behind The Scenes
Keita Machida
劇団EXILEの俳優・町田啓太が登場。昨年末オンエアされて話題沸騰となった
ドラマ『チェリまほ』こと『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』での好演は、
海外ファンからの反響も大きく、現在は複数の出演作が待機しているという、
今最も注目を集める役者・町田啓太。今回はNHK大河ドラマ『青天を衝け』の出演に伴い、
16ページに渡りスペシャルシューティングを敢行。ここでしか見られない町田の姿は必見。

EXILEメンバーそれぞれが企画したコーナーによってさまざまな角度から特集され発信される新しいエンターテインメント雑誌

  • 2021/02/27
    発売号

  • 2021/01/27
    発売号

  • 2020/12/27
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/10/27
    発売号

  • 2020/09/27
    発売号

送料
無料

rockin’on(ロッキング・オン)

2021年04月07日発売

目次: FREDDIE MERCURY
クイーン結成50周年、そしてフレディ・マーキュリー逝去から30年。華麗なるフォト・ギャラリー、
USを制覇した1981年の唯我独尊インタビュー、ブライアンとロジャーがフレディの想い出を語る最新インタビュー、フレディの絶唱が熱い「クイーンの10曲」徹底レビュー、そして1992年の画期的な追悼コンサート完全再現レポート――今一度、ドラマティックな生をまっとうした稀代のロック・スターに迫る全54ページ! ロッキング・オン特製両面ポスター付きです。

THE FUTURE OF ROCK FESTIVAL 2021
海外アーティストの来日公演、そして洋楽フェスは、いつ、どのように復活するのか? 国内のコロナ事情、海外のアーティスト事情、国の補償制度などの壁を超えるべくひたむきに奮闘するプロモーターたち――その最前線のリアルと復活のゆくえを検証レポート

BILLIE EILISH
脆さも儚さもあふれ出す140分が明かした、ビリーの物語。あまりにもビビッドに、誰にも見せてこなかった素顔を差し出したドキュメンタリー
『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』徹底レビュー2本立て!

JOHN LENNON
ロック史上最も赤裸々なマスターピース『ジョンの魂』から50周年――1970年当時の音楽シーンから平和運動のリアル、プラスティック・オノ・バンドまでを語り尽くした秘蔵インタビュー発掘!

RED HOT CHILI PEPPERS
90年代以降のロックのグルーヴを決定づけた金字塔『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』から30年――LA出身の「ペニス・ソックス集団」が最強バンドへ化ける瞬間を捉えた決定的ドキュメント!

DAFT PUNK
解散総括特集:ダフト・パンク、衝撃の解散!
21世紀のポップ・ミュージックの座標を一変させた『ディスカバリー』に迫った本誌2001年インタビューを軸に、 飽くなき実験を続けたイノベイターの偉業に迫る

ALBUM REVIEWS
ラナ・デル・レイ、ジャスティン・ビーバー、グレタ・ヴァン・フリートの新作を筆頭に、今月も続く注目作リリース。ヘビロテ必至のマスターピースたちを徹底レビューで迎え撃ちます

GRETA VAN FLEET
何を言われようとお構いなし、超ポジティブにロックの王道を突き進むグレタ・ヴァン・フリート――進化作『ザ・バトル・アット・ガーデンズ・ゲート』を語り尽くした

ROYAL BLOOD
テン年代を代表する最新型ロック・バンド、ロイヤル・ブラッドが新作『タイフーンズ』でダンス・エレクトロに接近! その理由とは?

THE PRETTY RECKLESS
クリス・コーネルらかけがえのない存在の相次ぐ死。失意のどん底にいた彼らは、どう立ち上がり、痛みをどうロックにぶつけたのか? 5年ぶり新作を語る

THE OFFSPRING
9年ぶり快作『Let The Bad Times Roll』リリース! USパンクの揺るぎない覇者がこじ開けた新章を、デクスター&ヌードルズが語り尽くす!

[CHARACTER OF THE MONTH]
IMAGINE DRAGONS

[HEADLINE]
THE GRAMMY AWARDS, PAUL McCARTNEY, THOM YORKE, OLIVIA RODRIGO, JACOB COLLIER, MY BLOODY VALENTINE, SQUID, CHEAP TRICK, GARY MOORE

ロッキング・オンは日本における洋楽のリーディング・マガジン。

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/12/07
    発売号

  • 2020/11/07
    発売号

  • 2020/10/07
    発売号

5 BURRN!(バーン)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料

BURRN!(バーン)

2021年04月05日発売

目次: 特集 PAUL STANLEY/DAVID COVERDALE/プログレッシヴ・メタル最前線

参考価格: 820円 定期購読(1年プラン)なら1冊:752円

THE WORLD’S HEAVIEST HEAVY METAL MAGAZINE

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/05
    発売号

  • 2020/10/05
    発売号

MUSICA(ムジカ)

2021年03月16日発売

目次: <COVER STORY> マカロニえんぴつ
インディーズ時代から加速度的に快進撃を続け、2020 年の名盤アルバム『hope』、そして昨秋のメジャーデビューによって、リスナーにも世の中にも求められながら明確にメインストリームへと食い込み始めているマカロニえんぴつ。この春、遂に問答無用の国民的アニメとのタイアップを獲得し、さらなる爆発を予感させる今、初めての表紙 巻頭特集を実施! メンバー全員で語り合う4 月21 日リリースの『はしりがき』EP 完成直後の超速インタヴューと、はっとりの半生を語り尽くすライフストーリー・インタヴューにて、ひとクセもふたクセもありながら2020 年代型のロック&ポップの王道 を塗り替えるマカロニえんぴつの実態と現在地を紐解く必読大特集!

マキシマム ザ ホルモン
2 号店のラストシグルが特典としてつく本店の新作(マスク『ESSENTIALS』発売を機に、この1 年の葛藤と挑戦と今の胸の内のすべてをマキシマムザ 亮君が語る濃厚取材

go!go!vanillas
時代とシーンの大きな変化の真っ只中でロックバンドとして今自分達が鳴らすべきサウンド、メッセージに対峙し生まれたアルバム『PANDORA』。その背骨を牧達弥、語る

THE ORAL CIGARETTES × 04 Limited Sazabys × BLUE ENCOUNT
盟友 3バンドが明確な意志を持って集い、無事に成功させた対バンツアー「ONAKAMA 」。山中拓也×GEN ×田邊駿一のクロストークでその意志・覚悟・存在証明をここに記す

10-FEET
バンドの意志とメッセージを貫きながら新たな次元に突入している20 作目のシングル『ア オ』。ストイックに充実した楽曲制作に対峙し続けていると語るTAKUMAの現在地とは

RADWIMPS
東日本大震災から10年。毎年3月11日に新曲を発表し続けてきたRADWIMPS から届いた『2 + 0 + 1 + 1 + 3 + 1 + 1 = 10 years 10 songs 』、そこに浮かび上がる本質を紐解く

フレデリック
自由に貪欲に音楽を楽しむ姿勢を貫くその先で、サウンドもメッセージも進化と深化を辿り続けるフレデリック。現時点での集大成にして次への布石を打った武道館公演レヴュー
Saucy Dog
想像もしてなかった形で迎えることになった初めての日本武道館公演にて、バンドとしての確かにして大いなる成長の証を歌い響かせたSaucy Dog、そのメモリアルな一夜を綴る

VIVA LA ROCK 2021のお知らせ&出演アーティスト第1弾発表

大森元貴
Mrs. GREEN APPLE のフェーズ1 が完結し、フェーズ2 に向けた準備期間にある中、突如発表された初のソロ作品『French』。大森元貴との往復書簡にて、その意図と今を探る

Tempalay
激動と混沌の渦に翻弄されてゆく社会の中で、惑わされることなく自身の道を追求し続ける Tempalay。さらなるオリジナリティを獲得した『ゴーストアルバム』の奥を覗く
SIRUP
自分を愛すること、そして他者を受け入れること。2年ぶりのフルアルバム『cure』、2020 年に 可視化された様々な問題と真摯に向き合ったからこそ果たした成長と確信を語る
神はサイコロを振らない
メジャーデビュー後、初のフィジカル作品となるシングル『エーテルの正体』を丁寧に紐解くことで見えてきた、この先もこの4 人で歩み続けるために再確認した意志と絆
Base Ball Bear
『C 3』から1 年、シングルとしては実に5年ぶりとなる新作にして会心作『SYUUU /ドライブ』。
結成20 周年・メジャー15 周年を前に、さらに冴えわたる小出祐介の視点
Karin.
10 代最後のアルバムにして、アーティストとして、そしてひとりの人間として、必ずや転換点 となるであろう『solitude ability』。孤独を知ることで強くなれた、その真意とは
折坂悠太
まとまった作品としては屈指の名作『平成』以来となるミニアルバム『朝顔』リリース。
混沌とした世の中に対する想いと、彼が自らの歌に、音楽に祈りを託す理由を紐解く
コレサワ
卓越したメロディと歌詞のセンスによって多くの共感と信頼と心配を集め続けるコレサワ、 音楽性もその世界観も大きな変化を果たしたサードアルバム『純愛クローゼット』を語る
FINLANDS
ひとりになってから2 年、3 作目のアルバム『FLASH』を完成させた塩入冬湖。喪失も惜別も、 許しも憎しみも、すべてがオープンかつ豊かに音楽として記された今作を語る
Lucky Kilimanjaro
前作からちょうど1 年、未曾有の時の中で作り上げたアルバム『DAILY BOP』。心の内側にあった不安や弱さをも曝け出し、ソングライター熊木幸丸が切り開いた新たな感覚とは
また、入江陽、カジヒデキ、BŌMI、the band apart、OKAMOTO’S、SiM、Shleeps、ART-SCHOOL、くるり、8otto、a flood of circle、Wienners、LITEら多くのミュージシャンも参加する大ヴォリュームのディスクレヴューも多数! 国民的マルチタレントの大泉洋、金井政人(BIGMAMA)、谷口鮪(KANA-BOON)、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)といった豪華連載陣によるコラムも大充実!!

<掲載アーティスト一覧>
マカロニえんぴつ /マキシマム ザ ホルモン/go!go!vanillas /
THE ORAL CIGARETTES / 04 Limited Sazabys /
BLUE ENCOUNT /10-FEET / RADWIMPS /
フレデリック / Saucy Dog / 大森元貴/Tempalay /
SIRUP/ 神はサイコロを振らない/Base Ball Bear /
Karin. /折坂悠太 / コレサワ/FINLANDS / Lucky Kilimanjaro

すべての音楽ファンへ――今最も熱い音楽誌

  • 2021/02/16
    発売号

  • 2021/01/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/11/16
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

7 月刊エレクトーン

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

送料
無料

月刊エレクトーン

2021年03月19日発売

目次: 月刊エレクトーン2021年4月号は、【映画音楽の巨匠が描く壮麗な音世界 ジョン・ウィリアムズ オーケストラサウンド探求】と【ライブ配信など新世界の“音楽表現”を考察! 動画映えするサウンドとパフォーマンス】の2大特集です。

第1特集【ジョン・ウィリアムズ オーケストラサウンド探求】では、映画音楽の巨匠として知られるジョン・ウィリアムズのその偉大なる功績とサウンドの魔法を紐解きます。
『ジョーズ』『スター・ウォーズ』『E.T.』など映画史に輝く彼の代表作のご紹介のほか、ジョン・ウィリアムズ作品集などでアレンジを手掛けている岩崎孝昭さん、鷹野雅史さんに、壮麗なオーケストラサウンドを作るための秘訣を聞きました。
また、特集連動スコアとして、映画公開20周年の『ハリー・ポッター』シリーズから「ヘドウィグのテーマ」をお届けします。

第2特集【動画映えするサウンドとパフォーマンス】では、エレクトーンの動画配信や配信ライブが急増しているいま、動画で“映える”サウンドやパフォーマンスとは何かを考察してみました。
【映えるサウンド編】では、音響のプロのテクニックを聞くほか、【映えるパフォーマンス編】では、「アクション」「表情」「衣装・靴」「演出」の4つに分けて考察。動画が人気のエレクトーンプレイヤー826askaさん、尾野カオルさん、中野正英さん、花野恵里さん、三輪あずささんの「サウンド」「パフォーマンス」へのこだわりやノウハウも大公開! 

今月の「ピックアップアーティスト」は、新作アルバムをリリースした東京スカパラダイスオーケストラのキーボード沖祐市氏、還暦記念アルバムをリリースしたピアニストの小曽根真氏にインタビュー。
「ライブ&イベントレポート」は、鷹野雅史スガナミ楽器ライブ、倉沢大樹LIVE AT MIKIなどの配信ライブをレポート。1月から2か月に渡り7都市で開催された初のオンライン全国イベント「エレフェス・ライブ・オンライン」も必読です。
「ハッピー・スクール・ライフ」は、東邦音楽短期大学をご紹介します。

今月のスコアは、特集連動「ヘドウィグのテーマ(ジョン・ウィリアムズ)」のほか、大人気の「うっせぇわ(Ado)」、人気アニメ『呪術廻戦』主題歌「廻廻奇譚(Eve)」、ドラえもん最新映画主題歌「Universe(Official髭男dism)」、人気アニメ主題歌「怪物(YOASOBI)」などの最新曲から、リクエストとして大人気グループSixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」と、中国風メロディーの壮大な映画テーマ曲「新解釈・三國志 ~メインテーマ~」を。
さらに、弾き歌い「千本桜(黒うさP feat. 初音ミク)」、やさしいアレンジ「香水(瑛人)」、ボサノヴァの名曲を倉沢大樹氏がアレンジ「Wave(アントニオ・カルロス・ジョビン)」、ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」で印象的に流れるベートーヴェン「運命」、人気の三原善隆氏書き下ろしアレンジ「いい日旅立ち」に加え、「炎(LiSA)」をピアノとエレクトーンのアンサンブルでお届けします。
最新ヒットからアニメ、クラシック、ジャズ、スタンダードと、今月もバラエティ豊かな全13曲です。

2019年12月に誕生60周年を迎えた“エレクトーン”。その唯一の専門誌として、役立つ講座やエレクトーンの最新情報、ヒット曲からスタンダードスコアまで、今月もエレクトーンを楽しむコンテンツ満載でお届けします。


【収載楽曲】
●マンスリースコア
・うっせぇわ(Ado)
・廻廻奇譚(Eve)/TVアニメ『呪術廻戦』オープニングテーマ
・Universe(Official髭男dism)/『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』主題歌
・怪物(YOASOBI)/TVアニメ『BEASTARS』オープニングテーマ
●リクエスト
・Imitation Rain(SixTONES)
・新解釈・三國志 ~メインテーマ~/映画『新解釈・三國志』より
●「ジョン・ウィリアムズ オーケストラサウンド探究」特集連動スコア
・ヘドウィグのテーマ(ジョン・ウィリアムズ)/映画『ハリー・ポッターと賢者の石』より
●かんたん初級アレンジ
・香水(瑛人)
●弾き歌いにチャレンジ♪
・千本桜(黒うさP feat. 初音ミク)
●三原善隆の弾いておきたい スタンダードアレンジ
・いい日旅立ち
●みんなが弾きたい JAZZ! JAZZ!! JAZZ!!!
・Wave(アントニオ・カルロス・ジョビン)
●きれいに弾きたい!We Love CLASSIC
・交響曲 第5番「運命」第1楽章(L.v. ベートーヴェン)
●ピアノ&エレクトーン アンサンブルスコア
・炎(LiSA)/映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』主題歌
全13曲

参考価格: 815円

エレクトーンをもっと楽しく。役立つ講座やスコアが満載!!

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/17
    発売号

8 ジャズ批評

ジャズ批評社

送料
無料

ジャズ批評

2021年02月25日発売

目次: 特集マイ・ベスト・ジャズ・アルバム 2020
MY BEST JAZZ ALBUM 2020

【巻頭カラー】
My Best Memory Photo -Street Band-中平穂積/ジャズオーディオ・ディスク大賞2020/マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2020/アナログ盤放浪記/Other Aspects/Swingin’Beauties

【特集読物】
■第15回ジャズオーディオ・ディスク大賞2020発表/巻頭言:後藤誠一 選考委員長/インスト部門/ヴォーカル部門ほか発表
(選考委員:後藤誠一/白澤茂稔/Suzuck/寺島靖国/花村 圭/林 正儀/日比野真/平井清貴/藤田嘉明)

■マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2020
CD・LP販売店、ライター、コレクター、ジャズ喫茶店主、本誌読者によるアンケート
アンケートにご回答いただいた方がた
【CD販売店編】
キャットフィッシュレコード/十字屋[Basic.]/タワーレコード渋谷店/ディスクノート仙台/ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館/diskunion JazzTOKYO/山野楽器 銀座本店/VENTO AZUL
【ライター編】
相澤 榮/伊佐津和朗/稲岡邦彌/井上和洋/井上雅一/岩崎貴行/太田“AHAHA”雅文/大塚広子/小山智和/神谷年幸/ガモウユウイチ/川島育郎/川村文久/草野信之/楠瀨克昌/久保道也/小島良太/後藤啓太/佐藤伸行/志保澤留里子/白澤茂稔/鈴木りゅうた/Suzuck/瀬川昌久/関口 将/高井信成/高木信哉/髙田敬三/高野 雲/豊嶋淳志/バディ・みなみやま/日比野 真/平井流土/広田好男/冨士孔太/星 向紀/細田成嗣/益子博之/まつもとたくお/村井康司/茂木 亮/山本弘市/横井一江/吉澤審一/米山晋太郎/和田知行
【アナログ盤販売店編】
HMV record shop 渋谷/ディスクランド・ジャロ/トップス/ビッグ・ビート・レコード
【読者編】読者15名のみなさん

【連載ほか】
■インタビュー
◇JAZZ FROM TOO WEST コロナとミュージシャンと
NYより早間美紀(p)、台湾より坂本健志(ds)、NYよりYoshi Waki(b)の3名に現状を聴いた: 太田”AHAHA”雅文
◇ 須川崇志「常に新たなサウンドを創造するピアノ・トリオの真髄を語る」取材:星 向紀
◇ジャネット・ランベル「幻の1stアルバム『ASK HER』が遂に復刻」取材・文:高田敬三

Enjoy Jazz Live〈ライヴレポート〉土岐英史&片倉真由子/So Junja with 青木弘武トリオ
藤岡靖洋の海外探訪紀番外編 コンプリートコレクターの為のコルトレーン情報・マイルス、コロムビアと契約の真相
北都市の猫たち The CATS in North City Vol.75 寺西幸子(ピアニスト):山本弘市
Jazz Premium Seats ジャズ・ライヴ・ファン歓喜のリイシューシリーズ第2弾が登場!! :星 向紀
日常茶飯エッセイ ジャズと暮らす 第59回 マイルス・スクール その7:ラズウェル細木
女が聴くジャズのひとつやふたつ 第71回 男と女の摩訶不思議:豊田 葵
シネマに行こうよ 第144回 2020年:宮本洋通
OTHER ASPECTS Vol.48 ARFI:井上和洋
ライナーノーツの誘惑 第11回 無人島へ持っていくべき一枚のアルバム:シュート・アロー
アナログ盤放浪記 ジャズを聴くなら、やっぱりサックスがいい:福田俊一
K-POP番長の「JAZZも韓流!?」Vol.59 イ・ジナ :まつもとたくお
Swingin’Beauties 第97回 クレア・ティール :後藤誠一
ジャズオーディオ・ディスクのオススメ 聴かなきゃソン盤 第58回:後藤誠一/藤田嘉明

【DISC REVIEW ディスクレビュー】
新譜紹介 解説:小針俊郎/村井康司/Suzuck/星 向紀
MOONKS selection 解説:小山智和/永野敦史/白澤茂稔
New Disc Pick Up
ほか

参考価格: 1,320円

楽しくバラエティに富んだ特集が話題のジャズ専門誌。読者の皆さまのおかげで昨年創刊40周年を迎えました。

  • 2020/12/24
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/08/25
    発売号

  • 2020/06/24
    発売号

  • 2020/04/24
    発売号

  • 2020/02/25
    発売号

9 音楽の友

音楽之友社.

音楽の友

2021年03月18日発売

目次: ●特集Ⅰ
創刊80周年記念 あなたが選ぶ クラシック音楽ベストテン
(長井進之介/山田治生/渡辺和彦)
3年に一度開催、人気の読者アンケート集計結果を発表いたします。あなたのお好きな演奏家、作曲家、楽曲は何位にランクインされましたか?

●特集Ⅱ
ホール主催事業を考える2021
王子ホール/住友生命いずみホール/ヤマハホール/トッパンホール/神奈川県立音楽堂/愛知県芸術劇場/びわ湖ホール/日生劇場/ミューザ川崎シンフォニーホール/東京藝術劇場/神奈川県民ホール/サントリーホール/横浜みなとみらいホール/高崎芸術劇場/東京文化会館/兵庫県立芸術文化センター/Bunkamura
(池田卓夫/堀江昭朗/山崎浩太郎/加藤浩子/片桐卓也/奥田佳道/岸 純信/山田治生)
毎年恒例、ホールの主催事業紹介。今年は昨年のコロナ禍にも焦点を当て、ホールの対策なども担当者からお話しいただきました。誌上初めて、ホール担当者による3つのZoom座談会も実現。

●カラー
[Interview]小林研一郎~チャイコフスキー作品の魅力を語る(千葉 望)
[新連載]楽団長フロシャウアーかく語りき わが永遠のウィーン・フィル(1)(ダニエル・フロシャウアー/渋谷ゆう子)
[Report]キジムナー、“東京”を翔ける (岸 純信)
[Report]オルガンと朗読で聴く《幻想交響曲》―「オルガン版」にとどまらない新たな表現を聴く(齋藤弘美)
[Report]清塚信也のベートーヴェン― 三大ピアノ・ソナタを熱演(伊熊よし子)
[Report]一柳慧芸術総監督就任20周年記念「Toshi伝説」(伊藤制子)
[新連載]対談シリーズ 楽師たちの庭① 東京交響楽団/田尻 順(vn)、荒木奏美(ob)(堀江昭朗)
[連載]マリアージュなこの1本~お酒と音楽の美味しいおはなし(10)入江一雄(伊熊よし子)
[連載]林家三平の古クラシック典音楽でど~も・すいません! (19)(林家三平)
[連載]リレー連載・舞台カメラマンの回想― 私が出会ったアーティストたち(10)― 粟國 淳(演出家)(ヒダキトモコ)
[連載]ベートーヴェン的な、余りにベートーヴェン的な(19)~〈ゲスト〉鈴木秀美(vc・指揮)(越懸澤麻衣)
[連載]東音西奏!― QBT冒険記(7)(クァルテット ベルリン-トウキョウ)
[連載]和音の本音― ショパンとともに(8)(清水和音/青澤隆明)

●特別記事
[Report]日本音楽芸術マネジメント学会「第13回冬の研究大会」がオンラインで開催(山田治生)
[Report]葵トリオ― 札幌交響楽団とベートーヴェンの「三重協奏曲」を演奏(渡辺 和)特別記事
[Interview]ウィーン・オーケストラ史上初のアジア人首席フルート奏者、ティン・ウェイ・チェン(池田卓夫)
[Report]KAWAIプレミアムコンサート~若きピアニストたちによる競演(編集部)
[Interview]アレクサンダー・ペレイラ~フィレンツェ歌劇場総裁が語る劇場での日々、ヴェルディ(ロベルト・アレグリ)
[Interview]服部公一、自叙伝でその半生を振り返る(堀江昭朗)
[Interview]堤 剛― 霧島国際音楽祭が築いてきたもの(池田卓夫)
[対談]中木健二&佐藤晴真―「ローム ミュージック フェルティバル」に揃って出演(片桐卓也)
クライヴ・ブラウン博士によるあなたの知らない「ベートーヴェン《クロイツェル・ソナタ》」Vol.1(柴田俊幸)
[Report]アンドリュー・パロット― J.S.バッハ《マタイ受難曲》を語る(柴田俊幸)
[Interview]オンラインでモーツァルト週間が開催(中 東生)
[Report]パリ国立オペラが新制作《アイーダ》を配信(三光 洋)

●新連載
クラシックを撃て!(1)林 真理子『不機嫌な果実』(新田孝行)

●連載
池辺晋一郎エッセイ 先人の影を踏みなおす(13)今村昌平(1)(池辺晋一郎)
平野 昭・対談シリーズ 樂興のすゝめ from research to practice, from practice to research 第3章:人気交響曲の世界/ゲスト:矢部達哉 第1回/交響曲の成立と歩み(平野 昭/長井進之介/矢部達哉)
現代作曲家・望月京の「現場からお伝えします」(11)(望月 京)
オペラで知るヨーロッパ史(11)~ヴェルディ《ドン・カルロ》(加藤浩子)
ハイクポホヤの光りと風(44)(舘野 泉)
現地で観た、聴いた ショパン国際ピアノ・コンクール(14)(萩谷由喜子)
デジタル・クラシックⅡ― オンライン・クラシックの活用術(4)(山田真一)

●Reviews & Reports
Concert Reviews 演奏会批評

●People
樋口紀美子(上田弘子)
森下幸路(東端哲也)
岡本拓也(堀江昭朗)/小池耕平(堀江昭朗)


●別冊付録
コンサート・ガイド&チケット・インフォメーション
観どころ聴きどころ
(戸部 亮&室田尚子)

※新型コロナウイルスの影響で、公演やイヴェントの延期・中止が相次いでおります。本誌および別冊付録「コンサート・ガイド」に掲載された公演の最新情報は、各主催者のホームページなどでご確認ください。

……ほか

クラシック音楽を「聴く・演奏する・もっと知りたい」人のための総合誌。

  • 2021/02/18
    発売号

  • 2021/01/18
    発売号

  • 2020/12/18
    発売号

  • 2020/11/18
    発売号

  • 2020/10/17
    発売号

  • 2020/09/18
    発売号

10 レコード芸術

音楽之友社.

レコード芸術

2021年03月19日発売

目次: ●特集
進化するショパン――自由に、しかしアカデミックに

◎ショパン演奏の時……下田幸二
◎ディスクでたどるショパン・コンクール・ウィナーの系譜……高坂はる香
◎ショパン演奏の宝物庫~NIFCレーベルを聴く……満津岡信育
◎21世紀のショパン弾き……船越清佳
◎仲道郁代インタヴュー……飯田有抄
◎ショパンの国ポーランドの潮流……下田幸二
◎録音史から見えるショパン演奏……山崎浩太郎
◎ショパン弾きの系譜……長井進之介

●巻頭カラー/今月のアーティスト
尾高忠明(指揮)……山野雄大

●カラー/青春18ディスク――私がオトナになるまでのレコード史
第40回 佐藤允彦(後篇)

●注目連載
レコード小説 8……片山杜秀

●好評連載
ディスク遊歩人 148 「『ヴィルヘルム・プラーゲ』ができるまで」(その4)……長木誠司
レコード誕生物語――その時,名盤が生まれた 第40回 メンゲルベルク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管によるベートーヴェン/交響曲全集……芳岡正樹
古楽夜話 第四十夜「ジョスカン・デ・プレとダ・ヴィンチ」……那須田 務
LP藝術 100……喜多尾道冬
Viewpoints――旬の音盤ためつすがめつ……ホスト:満津岡信育 ゲスト:小宮正安
第100回 山之内正のネットオーディオ生活……山之内正
クラシック版インターネット配信音源ガイド……相場ひろ
〈特捜プロジェクト〉アニヴァーサリー演奏家2021④「ルイ・フレモー(指揮)」……相場ひろ
ピアノ名曲解体新書 124 サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番《エジプト風》……下田幸二
海外楽信……イタリア:野田和哉/フランス:柿市 如/ドイツ:城所孝吉/アメリカ:小林伸太郎/イギリス:山形優子フットマン/オーストリア:中村伸子

●インタヴュー
大井剛史(指揮)……山野雄大
朴葵姫(g)……飯田有抄
宮本益光(Br)……長井進之介
黒田祐貴(Br)……東端哲也

●特別記事
追悼・歌崎和彦さん…峰尾昌男

●海外盤REVIEW
毎月大量の注目海外盤を紹介

●Audio for classical music
「真空管フォノイコライザー」でLPとSPを愉しむ……新 忠篤
俺のオーディオ 物欲編……山之内正
モダン・サウンド・プロダクツ……山之内正×那須田 務
クォリティ主義者のために選ぶ藤岡誠の逸品
よりよい音でクラシックを楽しむための+ONE……土方久明
クラシック・ファンのための“音のいい”JAZZ CD……寺島靖国

●新譜月評
すべての新発売新譜を複数批評にて掲載

●新譜CD&ビデオ一覧表

……ほか

CD・ビデオ(DVD、ブルーレイ)の情報を中心としたクラシック音楽の総合情報誌!

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

11 MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)

アカデミー・オブ・ファースト・パシフィック

最大
25%
OFF
送料
無料

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)

2021年03月19日発売

目次: 特集「ロマン派の師弟 ブラームスとシューマン」
 シューマンの周囲には19世紀の音楽史を輝かせる才能が集まっていた。1853年9月、20歳のブラームスはデュッセルドルフに住んでいた43歳のシューマンを訪ね、ブラームスは自作のピアノ・ソナタをシューマンに聴いてもらった。そしてブラームスの才能を認めたシューマンは「新音楽時報」に「新しい道」と題したエッセーを書いた。
 「そのゆりかごを、恩寵の女神と英雄に守護された若者が現れた。彼は、時代の最高の表現を理想的な仕方で表明するように天職づけられている」と絶賛、これでブラームスは世に出ることになる。
 この直後、シューマン、ブラームス、シューマンの弟子のディートリヒの3人で分担して作り、名ヴァイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムが初演したのが「F.A.E.ソナタ」。現在はブラームスが作曲した第3楽章スケルツォだけがたまに演奏される。ヨアヒムは、ブラームスがヴァイオリン協奏曲を作る際に助言し、それを初演している。
 しかし、シューマンの精神はこれ以前から変調をきたしていた。翌1854年2月、シューマンはライン川に飛び込み、自殺未遂を図った。シューマンはボン近郊エンデニヒの療養所に入り、2年後そこで亡くなった。
 シューマンが妻クララのために多くの曲を作ったように、ブラームスの作品を何曲もクララが初演している。「F.A.E.ソナタ」のピアノもクララだ。クララは当時、一流のピアニストとしてヨーロッパ各地を演奏旅行して歩いた。ベートーヴェン、ショパン、そしてシューマンとブラームスが彼女のレパートリー。自ら作曲もした。そしてフランクフルトのホッホ音楽院教授に就任し、多くのピアニストを育てた。ブラームスがクララの代稽古をすることもあった。
 シューマンが1841年に作曲した交響曲第1番「春」の初演は、メンデルスゾーン指揮ゲヴァントハウス管。作曲の背景にシューベルトの死後、シューベルト宅を訪ねたシューマンが、忘れ去られていた交響曲第8番「ザ・グレイト」の自筆譜を発見、友人のメンデルスゾーンに送って初演してもらったことがある。
 意外に思われるかもしれないが、ブラームスは「美しく青きドナウ」などを作曲したヨハン・シュトラウス2世と親しかった。受け狙いの音楽を書くシュトラウス2世の、まったく正反対の音楽を作曲するブラームスがファンだったというから驚きだ。また、ドヴォルザークが世に出るきっかけを作ってやったのがブラームス。「ハンガリー舞曲集」が大ヒットしたブラームスは、ドヴォルザークに同じような作品を書くことをすすめ、出版されたのが「スラヴ舞曲集」だ。自分がシューマンに見出されたように、若い才能を助けた。

 特集は他に、◎ブラームスとシューマンの交響曲第1~4番◎シューマンのピアノ曲、「謝肉祭」「子供の情景」、他◎ブラームスの室内楽の魅力◎クララ・シューマンの弟子たち◎ブラームスの指揮者、ほかです。表紙は、ブラームスとシューマンです。

◎宮本文昭の気軽に話そう  ゲスト 出田りあ マリンバ
 ベルリン在住のマリンバ奏者、出田りあは、ストラスブール・コンセルヴァトワールなどを卒業し、第1回パリ国際マリンバ・コンクール第1位などの実績を持つ。マリンバとの出会いは6歳のとき。「最初に見たとき、自分の目線の高さくらいにマリンバの音板があって、叩くと木が1本ずつ振動しているのが見えました。その『鳴らしている』感覚が楽しかった」ときっかけを話す。

◎オーケストラ新聞
 飯森範親が東京ニューシティ管弦楽団のミュージック・アドヴァイザーに就任した。来期には音楽監督に就任する。「ニューシティは若くてポジティブな性格も持ち合わせています。本番では、練習を超えた表現力や瞬発力を発揮してくれるので、指揮者と気持ちを合わせながらとてつもなく熱い、お客様の心に届く演奏ができるオーケストラです」と話している。
このほか
◎青島広志の「押しもしないが押されてばかり」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

参考価格: 1,080円 定期購読(1年プラン)なら1冊:808円

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/18
    発売号

送料
無料

ショパン(CHOPIN)

2021年03月18日発売

目次: Pianist Special Interview No.2954
中井正子 & ラ・ミューズの会 NAKAI Masako &  LA MUSENOKAI
今、伝えたい 教えたい

 JAPAN in 2021―邦人作曲家特集―
・植松伸夫
・川井憲次
・Ken Arai
・椎名 豪
・澁江 夏奈
・劇伴音楽愛好家 Animenz 
・編集部の“推し曲” !――劇伴音楽篇――

 Interview
・上野 真 ■武田奈菜子
・若林 顕 ■武田奈菜子


 Report
・水谷川優子&黒田亜樹 BLACK SWAN ■藤巻暢子

 
 SPECIAL
・第4回ハンナ作曲賞ピアノソロ部門 入賞者発表
・楽譜 Intermezzo for Piano 内田拓海作曲
・ミニ特集 ショパコン to 2021
第6回私がショパコンに出たとき。 佐藤卓史


 SERIES
・大作曲家 世界のレシピ 第5回 ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー 野田浩資
・ストピフリーセッション第5回 角野隼斗[かてぃん]×瀬戸一王
・ピアニストの手 酒井茜 エフゲニー・モギレフスキー
・10代のピアニスト 勉学と、ピアノと。 神原雅治
・隔月連載 ピアノを友に 『次世代の音楽家たちの糧に』  海老彰子
・世界のコンクール便り Vol.88 第20回ユリウシュ・ザレンプスキ国際音楽コンクール アーリンク明美
・斎藤雅広の『お江戸で連弾!』Vol.78 森岡葉
・アフロのピアノレッスン 〜やめてしまったピアノを大人になってもう一度〜 第40回 ショパン・バラード奮戦記その4 稲垣えみ子
・現役最高齢(99歳)ピアニスト室井摩耶子エッセイ

ピアニストの呟き 第86回 音楽とコロナ 室井摩耶子
・世紀を飾るプロフェッショナルの肖像 上地隆裕
・福の音を作り続けるヴァーチュオーソ(VIRTUOSO)たちの光と影(沖縄からの音楽通信)第34回 ヴラディーミル・フェルツマン
・雪原の太陽カバレフスキー 弟子セルゲイより敬慕を込めて 第8回カバレフスキー先生のもとで 高橋清香


レッスン室を飛び出して 江口先生と一緒に……新しいピアノの楽しみ方
・第16回 コロナ禍のいま、学びをどう確保するか 昭和音楽大学が守る 未来の音楽家たちの夢

・■鬼木玲子
・音本。ーBooks infoー
・道下京子のCD PICK UP!

INFORMATION
ショパンバックナンバーのご案内
おたよりカフェテラス

ピアノ好きの方のためのピアノ専門誌

  • 2021/02/18
    発売号

  • 2021/01/18
    発売号

  • 2020/12/18
    発売号

  • 2020/11/18
    発売号

  • 2020/10/17
    発売号

  • 2020/09/17
    発売号

ムジカノーヴァ

2021年03月19日発売

目次: ●特集
始めよう! 幼児の心をつかむ プレ・ピアノレッスン
乳幼児の発達/リトミック/ソルフェージュ

◆乳幼児の発達的特徴から考える 赤ちゃんからの音楽体験〜0,1,2才で大切にしたいこと、注意したいこと(今川恭子)
 乳幼児期を起点とした音楽的発達と音楽学習に関する研究を行っている今川恭子先生に、0〜2才児の発達的特徴と、それぞれの発達段階における音楽体験の例、注意すべき点を教えていただきました。乳幼児にレッスンを行う際にお役立ていただけるよう、表付きでお届けします。

◆レッスン成功の鍵は素材選び! 子どもの発達に合わせたレッスンカリキュラム(鈴木和子)
「子供のための音楽教室」で、未就学児にピアノとソルフェージュの指導をされている鈴木和子先生に、「2~3才」「4~6才」のレッスンカリキュラムを教えていただきました。

◆Interview石丸由理 子どもが心から音楽を楽しむためのリトミック・レッスンのアイディア(荒木淑子)
 ダルクローズ・リトミック国際ライセンスを取得し、40年以上にわたり「ユリ・リトミック教室」を主宰している石丸由理先生に、リトミックのレッスンで大切にしていることや、身につけさせたい力、子どもの心に寄り添ったレッスンのアイディア等を教えていただきました。1/31にオンラインで行われた「親子のリトミック」のレポートも掲載しています。

●今月の課題曲
クレメンティ《ソナチネ》Op.36-2 第1楽章

●トピックス

●連載

●巻末とじ込み
◆楽譜
樹原涼子・轟 千尋・春畑セロリ
お話と音楽のきらめくバトン
樹原涼子・轟千尋・春畑セロリという今を時めく3人の作曲家による特別企画。タイトル通り、3人がリレーでお話と曲を書いていくもので、どのような展開になってどのような曲が生まれていくのかは、バトンを渡されるまで分からないというハラハラ・ドキドキする企画。毎月誕生する新曲を、どうぞお楽しみください。
 第9話は、「きっと、だいじょうぶ」(春畑セロリ)。
 
●付録 
【新連載】Piano作曲家カード①
 ピアノのレッスンによく登場する作曲家を、「バロック」「古典派」「ロマン派」「近現代」のカードも含め、生誕年順に毎月4枚ずつ掲載していきます。裏面には、作曲家の生涯がすぐに分かる「ミニミニ年譜」や、レッスンの小ネタとして使える「Lesson Memo」も掲載。ぜひ、コレクションしてご活用ください。
 第1回は、「バロック、クープラン、テレマン、ラモー」。

……ほか

ピアノ指導者と学習者のための月刊誌

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

14 レコード・コレクターズ

ミュージック・マガジン社

送料
無料

レコード・コレクターズ

2021年03月15日発売

目次: 【特集】 大滝詠一『ロング・バケイション』

今年、発売から40周年を迎える大滝詠一の『ロング・バケイション』。1981年3月にリリースされて以来、歌詞/作曲/編曲/演奏/録音の隅々まで精魂が込められた大滝詠一の代表作の一枚として、世代を超えて親しまれてきました。本誌では20周年、30周年のタイミングでも特集をやってきましたが、今回もこのアルバムの何が我々を魅了するのか、改めて検証してみたいと思います。

■ [アンケート]私と『ロンバケ』(KASHIF、KEEPON、XTAL、笹倉慎介、澤部渡、曽我部恵一、高田漣、クニモンド瀧口、田中ヤコブ、谷口雄)
■ 手の込んだ工芸品がいつまでたっても古くならない、それに近いようなことをこの作品に対しては感じるんです(北中正和×湯浅学)
■ 『ロンバケ』に至る歩みを追う(除川哲朗)
■ 「君は天然色」の謎(細馬宏通)
■ 『ロング・バケイション』全曲ガイド(松永良平)
■ 4種のメディアを一箱にまとめた40周年ボックス(島村文彦)
■ リマスターやヴァージョン違いなど、各種リリースの詳細を検証する(島村文彦)


【特集】 追悼 フィル・スペクター

プロデューサーのフィル・スペクターが2021年1月に亡くなりました。1960年代に若くしてプロデューサーとして大ヒットを連発し、ほぼ同世代のビートルズやビーチ・ボーイズからも賞賛を浴びた伝説の存在でした。毀誉褒貶の激しい人物でしたが、その黄金時代に彼が創り上げた圧倒的に素晴らしいサウンドは数多くのフォロワーを生み、未だにその魅力が色褪せることはありません。

■ プロデューサーとして生み出したビッグ・ヒットで米ポップ音楽史を塗り替えたカリスマのあゆみ(能地祐子)
■ フィル・スペクターの代表曲20選(中村彰秀)
■ 現役エンジニアが奇跡の録音芸術を考察する(中村公輔)


【特集】 ブラック・サバス『ブラック・サバス4』

オジー・オズボーンを擁した1970年代のブラック・サバスは、ヘヴィ・メタルの元祖として今もなお再評価が続いていますが、そんな初期のアルバムの中でも官能的なギターから始まる『ブラック・サバス4』は、ここ日本でとりわけ高い人気がありました。ピアノ中心の美しいバラード「チェンジス」や実験的な「FX」など、従来のヘヴィ路線に限定されないヴァラエティに富む楽曲は、発売から50年近くが経つ今も色褪せることがありません。発売されたばかりのスーパー・デラックス・エディションはもちろん、本アルバムが誕生した1972年にもフォーカスを当てた特集です。

■ コカイン耽溺の日々がもたらした名リフの数々と音楽的実験(山崎智之)
■ 『ブラック・サバス4』全曲ガイド(ガモウユウイチ)
■ 『ブラック・サバス4 [スーパー・デラックス・エディション]』解説(行川和彦)
■ 影響下にあるバンドたちのカヴァーを曲順どおりに収めたトリビュート盤(杉原徹彦)
■ 検証: 1972年(杉原徹彦)


【特集】 TOWA TEI
■ インタヴュー〜昨年デビュー30周年を迎えたアーティストが自らの音楽人生とアナログ盤への愛を再確認する新作を発表(小野島大)
■ ディスコグラフィー(小山守)
オリジナル・アルバム
その他の提供曲、プロデュースなど


□ ゴールデン・ラジオ・ヒッツ
ラジオを通じて日本で人気を集めた40〜70年代の洋楽ヒットを収めた5枚組(澤山博之)
□ 『高田渡に会いに行く』
新刊書籍で自身の朋友にして日本フォーク史上における伝説的歌い手の実像を示したなぎら健壱に聞く(サエキけんぞう)
□ ワールドスタンダード/鈴木惣一朗 インタヴュー
テクノポップの時代の“その後"を鮮やかに提示したファーストがアナログで再発(柴崎祐二)
□ ジャパン
初めてアーティストとしての自我を持って制作した記念碑的作品『クワイエット・ライフ』の拡張版(田山三樹)


REGULAR CONTENTS
◆リイシュー・アルバム・ガイド
国内外でリリースされた幅広いジャンルの旧音源コンピレーションや再発アルバム、映像作品をくわしく紹介。音楽そのものはもちろん、リマスターやパッケージの出来にまでこだわって、豊富な知識をもつ執筆陣が徹底チェックします
*今月のリリース情報…紙ジャケット、生産限定盤などの予定も可能な限りお伝えします
*ニュー・アルバム・ピックアップ…ヴェテランの新作から注目の新人まで、編集部が選んだおすすめの新録アルバム
◆インフォ・ステーション……ニュース、書評など
◆[連載]ミュージック・ゴーズ・オン〜井手健介(柴崎祐二)/ブリティッシュ・ロックの肖像(富岡秀次)/アロング・ア・ロング・バケイション(湯浅学)/ヴィクター・ハーバートから夢綴るロスト・アメリカーナ(高橋健太郎)/大鷹俊一のレコード・コレクター紳士録/ちょっと一服(コモエスタ八重樫)/DJフクタケのゆるみっくす7"/ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ(武田昭彦)/赤岩和美の海外盤DVD&Blu-rayロック映像情報/初盤道(真保安一郎)/和久井光司のアナログ奇聴怪会/Legendary LIVE in U.K(.写真=イアン・ディクソン)

入門者からマニアまでレコード愛好者は必読

  • 2021/02/15
    発売号

  • 2021/01/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/11/13
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

送料
無料

カラオケファン

2021年03月19日発売

目次: ■表紙&インタビュー
細川たかし&彩青
「2020イヨマンテの夜」(2020年4月22日発売)で改めて圧倒的な歌唱力を示している細川たかし。
その愛弟子として期待と注目を集め、2月3日に「津軽三味線ひとり旅」”青春十八番”盤をリリースした彩青。
歌の道をひたむきに進む師弟が語る、今とこれから。

■特集
大本 京の
おうちでできるヴォイストレーニング
自宅で手軽に、簡単に実施できる歌唱力アップ術をご紹介します。
ヴォイストレーナーズアカデミー®でプロ歌手の発掘・指導・育成を手掛けている大本京(ヴォイス・トレーナー)が、歌・声の磨き方を解説します。

■伊戸のりおレッスンコーナー
新曲歌い方講座
vol.223「みちのく夢情/水田竜子」
新曲歌い方講座(WEB限定)
vol.223-②「秘桜/市川由紀乃」
本誌楽譜コーナーに掲載の新曲を、
編曲家・伊戸のりお先生が
付録CDでわかりやすくレッスン。

□水谷ひろしの「KF歌謡喫茶」
こおり健太

□スター声の伝言板
真田ナオキ/辰巳ゆうと

◆ピックアップアーティスト
市川由紀乃、青山 新

好評連載中!
前川 清 歩いて行こう

歌人の個展
湯原昌幸

◇話題のアーティストを追う!
まるひコレクション
氷川きよし
新曲「南風」インタビュー

◇I LOVE ペット
角川 博の巻

好評連載中!
中澤卓也の
DAM CHANNEL演歌

◆おまかせシアター
ケイ潤子×若草恵氏×嶋田うれ葉氏

■新曲BOX
「みちのく夢情」(水田竜子)、
「南風」(氷川きよし)、ほか

好評連載中!
新浜レオンの
がんばレオン 今できる100%

◇マイプライベートスタイル
清水節子、蒼 彦太

◇おうち時間 自撮りでPR!
一条貫太、藤井香愛

好評連載中!
松原健之の
普段着で逢いましょう!!

好評連載中!
水城なつみの
Let’s Challenge!

好評連載中! スナック女子のオアシス広報委員会
塩乃華織

好評連載中!
彩青のハマりもんです!!

好評連載中!
青山 新の興味“新々”

HIT HIT MELODY♪
■大型サイズ楽譜コーナー

●水森英夫の今月の十八番
天草ひとり/夏木綾子
男ひとすじ/蒼 彦太
南風/氷川きよし

●伊戸のりおレッスンコーナー
みちのく夢情/水田竜子
秘桜/市川由紀乃
男護り船/鳥羽一郎

●岸本絵梨香の歌謡☆スタジオ
FARAWAY~この空のどこかで~/五十川ゆき

●新曲
明日へのメロディ/丘みどり
いのちの人よ/瀬川瑛子
歌に抱かれて/しいの乙吉
北の桟橋/北川紀恵
希望の詩~立ち上がれニッポン~/花園直道&角田信朗
姉弟役者/朝花美穂
幻想/河嶋けんじ
酒と/髙城靖雄
月影の宿/渚ひろみ
春隣り/松前ひろ子
満開/神野美伽
夜雨子/岩出和也

●HIT HIT+PLUS
寄り添い花/本城綾乃

●編集部セレクト
秋保大滝/水森かおり
あなたしか/真田ナオキ
何処へ/石川さゆり
昭和川/鏡 五郎
ステージライト/香西かおり
泣かせたいひと/中澤卓也
鳴かない鳥/藤井香愛
なにげない日々/山内惠介

聴く、見る、歌う音楽情報誌。有名作家による最新曲の歌唱アドバイスほかを収録したCD-ROM付き!

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

バンドジャーナル

2021年04月09日発売

目次: ●特集
生誕100年!! アルフレッド・リードの世界
 今年の1月25日、故アルフレッド・リード氏が生誕100年という節目を迎えました。説明するまでもありませんが、リード氏はアメリカの作曲家・指揮者で、吹奏楽の分野では、20世紀を代表する音楽家の一人といっても過言ではありません。おそらく吹奏楽をやっている人で、リード氏の作品に触れたことのない人はいないのではないでしょうか?
 さて、今回の特集では、そんなリード氏の日常の素顔や、数多くの吹奏楽作品、演奏者の立場からみたリード氏の作品、もしオール・リード作品で演奏会のプログラムを組むなら、リード作品の名演は何かなど、さまざまな観点からその偉業を振り返る予定です。

●表紙&SPOTLIGHT
発売当日をお楽しみに!
 2020年度は来日アーティストがほぼ皆無の状況で、日本の素晴らしいプレイヤーのみなさん(アンサンブル団体)をご紹介してきていますが、5月号もその路線は踏襲します。でも、バンドジャーナル誌上、過去に前例のないものになると思います。さて、編集部は何をたくらんでいるのでしょうか? 発売日をお楽しみに!

●海外の一流奏者たちのオンライン・レッスンに学ぶ
 トランペット奏者のラインホルト・フリードリッヒ(ルツェルン祝祭管弦楽団首席、カールスルーエ音楽大学教授)、イエルーン・ベルワルツ(元・北ドイツ放送交響楽団首席奏者)と、ホルンのラドヴァン・ヴラトコヴィチ(元・ベルリン・ドイツ交響楽団首席奏者)という錚々たる金管奏者たちによる、海外からのオンライン・レッスンを紹介します。とくに読者の方々に有益な情報を抽出してお伝えする予定です。

●別冊付録楽譜
エルザの大聖堂へのしっかりとした行進(ワーグナー/高橋宏樹編)
 吹奏楽編曲作品のなかでも特に吹奏楽ファンに愛されてきた名曲、ワーグナーのオペラ《ローエングリン》より〈エルザの大聖堂へ行列〉。オペラの第2幕第4場、王女エルザが騎士ローエングリンとの結婚式のために大聖堂へと向かう場面で、管楽器のみのアンサンブルで始まるこの曲は、オーケストラでは単独で演奏されることはありませんが、吹奏楽のレパートリーとして長年演奏され続けている作品。読者のみなさんも、演奏した経験があるという方は多いのではないでしょうか。その〈エルザ〉が、高橋宏樹さんの編曲で「行進曲」に! 一体どのような作品になるのでしょうか? 原曲のオペラとも聴きなれた吹奏楽版とも違う〈エルザ〉を、ぜひお楽しみに。

※記事や付録のタイトル、内容は変わることがあります。

吹奏楽・管楽器界をリードする専門誌

  • 2021/03/10
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2021/01/09
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/11/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

17 YOUNG GUITAR(ヤングギター)

シンコーミュージック・エンタテイメント

最大
8%
OFF
送料
無料
参考価格: 1,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,100円

MAGAZINE FOR YOUNG GUITAR PLAYERS

  • 2021/03/10
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2021/01/09
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/11/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

Stereo(ステレオ)

2021年03月19日発売

目次: ●第1特集
音響的電源論

出水電器に電気を問う(生形三郎)
クリーン電源ってなんだ?(柴崎 功)
お答えします!電源と音にまつわるエトセトラ
ユーチューバーMUUの電源トライアル(岩井 喬/MUU(ユーチューバー))
マランツ D級アンプの最新設計論(林 正儀)
“電源ノイズ対策の死角”ACアダプターの交換が効く!(土方久明)
電源ケーブルをサブゼロ処理!その音の変化は(井上千岳)

●第2特集
第11回自作スピーカーコンテスト 詳報

栄えある受賞作品はこれだ!
初開催「結果発表&作品披露会ONLINE」の現場から(榎本憲男)
刮目!受賞作品内容紹介
審査通過作品寸評(生形三郎/佐藤勇治/須藤一郎)
ザ・グレート・コンポーネント ソナス・ファベール「OLYMPICA NOVA」(山之内 正)
エソテリック X Edition最終章 旗艦パワーアンプ Grantioso M1Xを語る(鈴木 裕)
ティアックの新境地、700シリーズ登場! デュアルモノラルパワーアンプAP-701を聴く(角田郁夫)
オーディオクラフト フォステクス限定販売ユニット FE168SS-HPとT90A-SEを使用した作例(佐藤勇治)
コラボ企画 ステレオ時代@stereo試聴室~今、ふたたび。短冊CDの素晴らしき世界(藤木TDC)
速報!! 夏のムック付録スピーカーユニット 今年はオンキヨー製に!!
ONTOMO Shop情報

●Stereo試聴室 話題の新製品を聴く
(生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥(解説))
[MC型カートリッジ]ラックスマン LMC-5
[レコードプレーヤー]マークレビンソン No5105
[CDプレーヤー]マランツ CD6007
[プリ・メインアンプ]トライオード JUNONE 845S
[ステレオ・パワーアンプ]ベンチマーク AHB2

●注目製品ファイル
エアパルス A100 BT5.0(岩井 喬)
EMT TSD SFL/MRB/Anniversary(小林 貢)
ファインオーディオ F502SP(井上千岳)
クリーク Voyage CD(小林 貢)
テクニクス SU-R1000(岩井 喬)

アクセサリーファイル
ナノテック・システムズ GS#79 nano3 “Cayenne”-TR(林 正儀)
オーディエンス Hidden Treasure Cat7 Ethernet Cable(鈴木 裕)
サエク PL-9000(潮 晴男)
新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)

●連載
音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:鈴木 亮さん(田中伊佐資)
音楽人巡礼~音のプロフェッショナルをたずねて~巡礼先:潮 晴男 邸(今津 甲)
いい音いい場所いいお店「音の迎賓館」(上田高志)
使い方を知る~オーディオの新常識~(福田雅光)
オヤイデ放談(近藤正隆×吉野俊介)
短期連載 生形三郎“夢の”低音行脚~小型サブーファーKC62での低音体験
火の鳥電機(峰尾昌男)
ヴィニジャン~アナログの壺~(田中伊佐資)
ロック・ポップイワタ塾(岩田由記夫)
今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
オーディオの基礎と焦点「アンプの電源の種類」(柴崎 功)
クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)

●ステレオ ディスクコレクション
今月の優秀録音(福田雅光)
今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/広瀬大介)
今月の話題盤
[クラシック]浅里公三[ジャズ]岡崎正通[ロック/ポピュラー]宇田和弘[日本のポピュラー]富澤一誠
今月のSACD~復刻盤編(岩間哲男)
テラシマ円盤堂(寺島靖国)
榎本憲男の俺にロックを鳴らさせろ(榎本憲男)
音の余白(岩出和美)
BOOKS
次号予告/訂正とお詫び
TOWNS
編集後記

……ほか

定期購読なら2013年3月~2014年4月までに3~4回発行される特別付録号も込みでこの価格!!

  • 2021/02/19
    発売号

  • 2021/01/19
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/19
    発売号

  • 2020/10/17
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

19 邦楽ジャーナル

邦楽ジャーナル

最大
14%
OFF
送料
無料

邦楽ジャーナル

2021年04月01日発売

目次: 「邦楽ジャーナル」2021年4月号(411号)目次
以下<>内は執筆者名

[特集]
オンラインで合奏を楽しむ!<立花茂生>
有料配信講習会の今

三味線音楽のいろは(演奏編 2)<宗時行>
今さら聞けない「どこがどう違う」3

[人物]
いんたびゅう
田辺頌山
人気の尺八演奏家。初演者として名前が積み重なる。

世界の尺八 中国の演奏家12李聞海さん/ヨーロッパの演奏家12キク・デイさん

[奏法]
宮城道雄の何が凄い!? 尺八作品 33 <藤原道山> 村の春
(尺八が入った宮城道雄作品を毎回1曲取り上げ、その曲の魅力や、他楽器と尺八の関係、どのように演奏したら曲が生きるのかなどを、尺八演奏家の視点で藤原道山氏が紹介します。)

丸田美紀の箏十か条 9 <丸田美紀> アンサンブル力をアップ
(丸田美紀氏がステップアップしてくるきっかけになった出来事などを交えながら、自身が音に向き合うときに気をつけていることを十か条にまとめます。)

田辺頌山の尺八吹奏クリニック 9 <田辺頌山> 横ユリで表情豊かに
(クセと個性は似て非なるもの。合理的でクセのない演奏が出来るよう、具体的に例を挙げながら1年間、誌上レッスンします。)

琴古流尺八の秘密 4 <徳丸十盟> スリ
(山口五郎門下で東京藝大尺八専攻非常勤講師を務める徳丸が、流麗な琴古流の吹き方の極意を教授。)

[知識]
「浪花十二月」と上方地歌 4 <菊央雄司> 卯月
(大坂で活躍する地歌箏曲胡弓演奏家の菊央雄司が地歌作物の『浪花十二月』を題材に大坂地歌の魅力を紹介し、端歌物『ゆき』を様々な角度から検証。)

虚無僧尺八の20世紀 4 <志村哲> 根っ子は繋がる
(地無し尺八吹奏家で大坂芸大教諭の志村が古典尺八を繋いできた先人とその場所にスポットを当てる。)

邦楽用語きほんの「き」 54 <釣谷真弓> 桴と撥
(普段からよく耳にするけれど、意外と意味を知らなかったり、身近すぎて自分で調べることのなかった邦楽の基本用語を、日本音楽史を研究する箏演奏家の釣谷真弓さんが簡潔に説明します。)

1分間「箏曲地歌」アナウンス 164 <野川美穂子> 富士太鼓
(演奏会のアナウンスやプログラムに無料で使用できる解説文)

[エッセイ]
リレーエッセイ 4 <望月左太助> 「囃す」ことの奥深さ
(演奏家や作曲家を中心に楽しいエッセイでつなぐ友達の輪。まずは若手からスタート!)

おと・かたち・いろ考 76 <村尚也> マスクが好きな日本人
(舞踊家・舞台演出家・評論家、村尚也氏が「日本の音」を解きほぐします。)

編集長の見たり・聞いたり・思ったり <田中隆文> 繋ぐ(4) 記録は続く

ヒダキトモコのつぶらな目
(表紙といんたびゅうの撮影を担当する写真家の目に写るものは。)

[楽譜]
クラシック アレンジSCORE 8
新世界より「家路」(尺八二重奏)<アントニン・ドヴォルザーク作曲・冷水乃栄流編曲>

[話題・他]
News
・映画「いとみち」が大阪アジアン映画祭でグランプリと観客賞

こんなの見つけた 12 免出隆山さんの「こしゃく」

[CD・他]
New Release
話題の新譜・新刊がズラリ

HOW 今月の新入荷商品/地歌箏曲販売CDリスト#1
(弊社取扱いの通信販売CD等のご紹介)
http://hj-how.com/

[情報]
PICK UP 注目の公演を紹介
邦楽情報 4月1日-5月31日分
4月のテレビ・ラジオ/正月番組(放送予定の邦楽関連番組一覧)
邦Jフォーラム(受賞、コンクール募集内容・結果など、邦楽界の様々な動きを提供)
おけいこ場案内(習ってみたい!という方へ)


邦楽ジャーナル
http://www.hogaku.com/

参考価格: 770円 定期購読(6ヶ月プラン)なら1冊:662円

古典から最新まで、邦楽が楽しくわかる、邦楽専門の情報誌

  • 2021/02/27
    発売号

  • 2021/01/27
    発売号

  • 2020/12/27
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/10/27
    発売号

  • 2020/09/27
    発売号

BLUES&SOUL RECORDS(ブルース&ソウル・レコーズ)

2021年02月25日発売

目次: ブルース&ソウル・レコーズ 第158号
表紙 マ・レイニー(Ma Rainey)

特集 ブルースの母 マ・レイニー

昨年12月にNetflixで公開された『マ・レイニーのブラックボトム』が、海外の各映画賞で高く評価されている。昨年逝去した俳優チャドウィック・ボーズマンの遺作ともなる本作は、黒人劇作家オーガスト・ウィルスンが実在の人物マ・レイニーを題材に書いた舞台劇が原作となる。“ブルースの母”と呼ばれたマ・レイニーとミュージシャンたちのレコーディング・スタジオでの言動を通して、人種問題や社会構造を描き、ブルースという音楽を深く考えることを促してくれる。

★ Netflix『マ・レイニーのブラックボトム』を観る[妹尾みえ]
★ 『マ・レイニーのブラックボトム』が生んだふたつのアルバム[原田和典]
★ 「母」と「女帝」 女性ブルース・シンガーのツートップ~マ・レイニーとベッシー・スミス[小出 斉]
★ “マ”から始まるブルース考~わたしのための、わたしたちのための闘いのうた[濱田廣也]
★ “マ”とクールなジャズマンたち~マ・レイニーのセッション参加ミュージシャン[原田和典]

【付録CD】MA RAINEY’S DEEP MOAN
『マ・レイニーのブラックボトム』で使用された曲のオリジナル録音など、マ・レイニーの代表作に、ベッシー・スミス、メンフィス・ミニー、ジョージア・ホワイトの関連曲を加えた、女性ブルース・シンガー集。
※音源が古いためノイズがあります。ご了承ください。

1. MEMPHIS MINNIE: Ma Rainey
2. MA RAINEY: Ma Rainey’s Black Bottom
3. MA RAINEY: Deep Moaning Blues
4. MA RAINEY: Hear Me Talking To You
5. MA RAINEY: Those Dogs Of Mine (Famous Cornfield Blues)
6. MA RAINEY: Down In The Basement
7. MA RAINEY: Moonshine Blues
8. BESSIE SMITH: Moonshine Blues
9. GEORGIA WHITE: Moonshien Blues
10. BESSIE SMITH: Nobody In Town Can Bake A Sweet Jelly Roll Like Mine
11. MA RAINEY: Yonder Come The Blues
12. MA RAINEY: Prove It On Me Blues
13. MA RAINEY: See See Rider Blues
14. MA RAINEY: (Ma Rainey's) Dream Blues


【その他の主な記事】
● トゥルー・ブルース・マスターズ~ブラック・アンド・ブルー/レフティ・ディズなど、国内初CD化含む7タイトル登場[今澤俊夫]
● カーラ・トーマスCD4枚組セット/ソウル発展の静かな功労者のスタックス音源集[新井崇嗣]
● 立て続けに現れた必聴ゴスペル・コンピレーション
*現代的リスニング・センスが光るサヴォイ・ゴスペル選[柴崎祐二]
*ザ・ゴスペル・トゥルース完全シングル集[高地 明]
*ヴィンテージ・アカペラ・ゴスペル究極の編集盤?![佐々木秀俊]
● 注目作をじっくり鑑賞する─「語りたい逸品」コーナー
*CD『The Right To Rock 1』米大衆音楽史を見つめ直すチカーノ・ロックンロール集[日向一輝]
● CD『Down Home Blues - Miami』好評ダウンホーム・ブルース集の南東部編[秋元伸哉]

●[新作アルバム・リヴュー]ハーモニカ・シャー/セルウィン・バーチウッド/ゲイリー・デイヴィス師 他

【連載】

☆ [新連載]KEEP ON KEEPIN’ ON ソウル/ファンク名盤のメッセージを読む 第1回 マーヴィン・ゲイ 『ホワッツ・ゴーイング・オン』/中田 亮
☆ 永井ホトケ隆 好評連載「Fool’s Paradise」第6回
☆ SONS OF SOUL/林 剛
☆ ゴナ・ヒット・ザ・ハイウェイ~西海岸と南部を結ぶ「I-10」沿道音楽巡り/日向一輝
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ フード・フォー・リアル・ライフ ~歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出斉の勝手にライナーノーツ「B.B. KING / Live In London」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.87 「Chelsea」
☆ ゴスペル・トレイン「F.C.バーンズ師」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.234/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房~古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll~世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか

参考価格: 1,760円

ブルースとソウルを中心にその周辺音楽(ロック、ジャズ、ファンクなど)を紹介。

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/08/25
    発売号

  • 2020/06/25
    発売号

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/02/25
    発売号

21 新曲歌謡ヒット速報

シンコーミュージック・エンタテイメント

送料
無料
参考価格: 1,100円

演歌、歌謡曲を中心に最新ヒット曲を収録したソングブック。

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

  • 2020/08/10
    発売号

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

22 Guitar Magazine(ギターマガジン)

リットーミュージック.

最大
8%
OFF
送料
無料

Guitar Magazine(ギターマガジン)

2021年03月13日発売

目次: 【特集】90年代 オルタナ革命

1991年、オルタナ元年。
パンクがメジャーを飲み込み始めたこの年、
それまでのロック・ギターの概念を一変させる
新時代の轟音が産声をあげていた......。

ソニック・ユース、ダイナソーJr.、スマッシング・パンプキンズ、ニルヴァーナ......etc。
90年代初頭に隆盛を極めたオルタナティブ・ギタリスト達は何に影響を受け、
どんな思い出ギターを弾き、どういう機材でサウンドを作っていたのか?
今なお強大な影響力を持つ彼らに焦点をあてた、ギタマガ初の90年代オルタナ特集。

■91年のオルタナ名盤と熱狂ライブを収めた映像作品
そもそもなぜ今月がオルタナ特集なのか? それは、今からちょうど30年前の1991年が"オルタナ元年"と呼ぶに相応しい、後の名盤となる作品が多数リリースされていたからだ。今年はオルタナ30周年というわけである。まずは特集本編に入る前に、ロック・ギター史を塗り替えた6つのオルタナ名盤をおさらいしておこう。

■特別対談:吉野寿(eastern youth)×向井秀徳(Number Girl/ZAZEN BOYS)
今回の特集を組むにあたって、真っ先に浮かんだ企画がこのふたりによる対談である。吉野と向井といえば、本来の意味でのオルタナティブ、つまり"既存のやり方ではない"オリジナルな音楽を武器に道を切り拓き続けるギター弾き/シンガーであり、同時にプライベートでは酒を酌み交わす同志。およそ2年ぶりの再会を果たした2人に、"オルタナティブ"なるものをテーマにトークをお願いした。ジャンルとして定着するに至った経緯の考察や、90年代に活躍した代表的なバンドの魅力など、大いに語ってもらおう。

■Guitar Magazine Archive:『Nevermind』リリース翌年のカート・コバーン・インタビュー

■90年代オルタナ・ギタリスト名鑑

■ロックの変遷から紐解く90年代オルタナティブ
それまでにない攻撃的な演奏や個性的な表現方法で、それ以降のバンドのスタイルをガラリと変えてしまった90年代のオルタナティブ・ミュージシャン。彼らはどのような音楽やカルチャーから影響を受けてきたのだろうか? ロックンロールが生まれた50年代までさかのぼり、脈々と受け継がれてきた音楽の歴史から、その出自を明らかにしてみよう。

■オルタナ好き14人に聞く! 私的アルバムBEST3
90年代グランジ/オルタナ特集に際し、14名のオルタナ好きへアンケートを実施した。質問の内容はずばり、"好きなアルバム3枚とお気に入り曲を教えて!"というもの。定義の難しい本ジャンルだが、それを表わすように人それぞれのグランジ/オルタナ観が見えるような回答結果となったのは実に興味深い。また、好きなオルタナ/グランジ界のギタリストについても語ってもらったので、そちらも合わせてどうぞ!
有馬和樹(おとぎ話)
飯田瑞規(cinema staff)
牛尾健太(おとぎ話)
奥村大(wash?)
小林祐介(THE NOVEMBERS)
五味拓人(LOSTAGE)
斉藤祐樹(髭)
須藤寿(髭)
辻友貴(cinema staff)
出戸学(OGRE YOU ASSHOLE)
福富優樹(Homecomings)
百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)
ヤマジカズヒデ(dip)
村田善行

■90年代グランジ/オルタナのギター・サウンド考察
大音量のファズ/ディストーション、そして物憂げなクリーン・サウンドを使い分け、己の魂を開放させていた90年代のオルタナティブ・ギタリスト。当時メインストリームで流行っていたゴージャスなものとは真逆の古い機材を使用し、それぞれがオンリーワンの音を求めていた。ここではソニック・ユース、ダイナソーJr.、スマッシング・パンプキンズ、パール・ジャムのギタリストを例にあげて、彼らのサウンドメイクの傾向を考察してみよう。

■名越由貴夫が語る"オルタナ/グランジが残したもの"

■保存版インタビュー集:発売当時に語った、あの名盤のこと。
ここからは保存版! 本誌が90年代、リアルタイムで取材してきたオルタナ/グランジの異端ギタリストへのインタビュー集をお届けしたい。今でこそ燦然と輝く名盤とされる作品たちは当時、作り手によってどう語られたのだろうか? アルバムの話にとどまらず、敵対するシーンやプレイヤーへの容赦ないディスなども必読で、まさにオルタナティブな精神性で突き進むギタリストたちの声が無数にちりばめられている。機材の情報もふんだんにあるぞ!
●ソニック・ユース『Goo』
●ソニック・ユース『Dirty』
●ザ・スマッシング・パンプキンズ『Gish』
●ザ・スマッシング・パンプキンズ『Siamese Dream』
●ダイナソーJr.『Where You Been』
●サウンドガーデン『Superunknown』
●ペイヴメント『Crooked Rain, Crooked Rain』
●ザ・ブリーダーズ『Last Splash』
●ザ・フレーミング・リップス『Clouds Taste Metallic』
●パール・ジャム『Vs.』

■The Axis' Gear Archives
・ソニック・ユース
・ザ・スマッシング・パンプキンズ
・ダイナソーJr.
・ペイヴメント
・パール・ジャム

■INTERVIEW
・加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)

■PICK UP
・俺のボス/辻友貴(cinema staff)
・GM総集版ムック『Vol.1 ジミ・ヘンドリックス』発売!
・YAMAHA PACIFICA612V II Xシリーズが新登場!
・WERA ワンランク上のギター工具キット

■連載
・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
・40枚の偉大な◯◯◯名盤 第4回:クロスオーバー・スラッシュ
・Opening Act/内田怜央&長谷部悠生(Kroi)
・ジャキーン!~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編
・横山健の続・Sweet Little Blues
・9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から

■NEW PRODUCTS REVIEW
FENDER/75TH ANNIVERSARY STRATOCASTER
D'ANGELICO/DELUXE BRIGHTON
STUART FINE CUSTOM GUITARS/DIAMOND BACK
BLAST CULT/HOLLOW V CUSTOM
BLACKSTAR/CARRY-ON DELUXE PACK
PLAYTECH/GPA-100
UNIVERSAL AUDIO/UAFX STARLIGHT ECHO STATION
LAUREN AUDIO/MUSTANG

参考価格: 880円 定期購読(1年プラン)なら1冊:807円

ギタリストのためのハウトゥ&総合情報誌

  • 2021/02/13
    発売号

  • 2021/01/13
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/13
    発売号

  • 2020/10/13
    発売号

  • 2020/09/12
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料

サウンド&レコーディングマガジン

2021年03月25日発売

目次: ●巻頭インタビュー
斉藤和義
リズム・ボックスやスマホ・アプリを徹底活用
初めて宅録で制作された最新アルバムを紐解く
「ずっと好きだった」「ウエディング・ソング」「やさしくなりたい」など多数のヒット曲で知られるシンガー・ソングライター斉藤和義。自身でほとんどのパートを演奏してダビングしていく手法でも定評ある斉藤だが、その多くはレコーディング・スタジオで制作されていた。ところが、このたびリリースされた『55 STONES』は、コロナ禍にあって、自宅やプライベート・スタジオで制作されたという。YMO 「BEHIND THE MASK」のカバーという幕開けにも驚いたが、詳しく聞いてみると、リズム・マシンやスマートフォン・アプリなどを駆使したという制作スタイルが明らかに。ミックスを担当したエンジニアの桑野貴充氏とともに、機材への愛情を交えてたっぷりと語ってもらった。

●特集
洋楽ヒット曲に学ぶシンセの音作り
BLACKPINK/ザ・ウィークエンド/ポスト・マローン/ゼッド/
ブリング・ミー・ザ・ホライズン/ジャスティン・ビーバー
ソフト・シンセは近年の音楽制作において重要なツールの一つであるが、“あの曲のシンセ音が出したいのに、なかなかうまく作れない!"“付属プリセットから目的の音に近いものを選んで調整してはみたけど少し違う……"といったことはないだろうか?この特集ではKポップからヒップホップ、R&B、ロック、EDMまで幅広いヒット曲のシンセを例に挙げ、ソフト・シンセを用いた音作りをサウンド・デザイナーのBlacklolitaが解説。どれも即戦力となり得るサウンドなので、ぜひ自身の音楽制作に役立ててもらいたい。

●特別企画
一歩先を行くDAW Ableton Live 11の可能性
2001年の登場以降、国内外のさまざまなクリエイターに愛用されているDAW=Ableton Live。バージョン10のリリースから3年の時を経て、ついにメジャー・アップデートが行われた。セッションビューという独自の画面で、楽曲制作の新たな方法を提示したLiveらしく、今回のLive 11でも独創的な機能やデバイスを数多く追加。既にLiveを使っているユーザーだけでなく、DAWの導入や乗り換えを検討している人にとっても魅力的な進化を遂げた。この特別企画では、そんなLive 11の機能全容を解説するとともに、Liveを使っている気鋭クリエイターの声も紹介する。

●People
◎sumika
◎マウス・オン・マーズ
◎秋山黄色

●Production Report
◎大滝詠一
◎デフトーンズ

●Beat Makers Laboratory
◎ムカータ
◎KM

●REPORT
◎音職人の「道具」~瀧口博達のAMPHION One18
◎音響設備ファイル SHIBUYA DIVE
◎Rock on Monthly RecommendYAMAHA MSP3A
◎ポータブルなコラム型PAシステム BOSE L1 Proを試す吉田裕也
◎LEWITT~革新性と実用性を両立するマイク・ブランド
◎制作パフォーマンスの要 SANDISKポータブルSSDMasayoshi Iimori
◎プロのモニタリングを支えるAUDIO-TECHNICAの定番ヘッドフォン 古賀健一
◎クリエイターを刺激するハイブリッド・ミキサーKORG SoundLink 美濃隆章
◎音楽制作のための“原音忠実"を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル
◎diggin' beatcloud~VIRHARMONIC Bohemian Violin & Bohemian Cello

●NEW PRODUCTS
◎PREVIEW
◎RUPERT NEVE DESIGNS 5254
◎YAMAHA MSP3A
◎CRANBORNE AUDIO Camden EC1
◎BEYERDYNAMIC Fox
◎FOCAL Clear MG Pro
◎MACKIE. MC-100
◎BLACK LION AUDIO Seventeen Compressor
◎WAVES NX Ocean Way Nashville
◎LEAPWING AUDIO Al Schmitt

●LIBRARY
◎PRODUCTION MASTER『ASTRO JUICE - JUICY TRAP & VOCALS』
◎SAMPLE TOOLS BY CR2『FESTIVAL TECHNO』

●DAW AVENUE
◎STEINBERG Cubase Pro 11碧海祐人
◎MOTU Digital Performer内田智之
◎IMAGE-LINE FL Studio 20Getty
◎ABLETON LiveSeiho
◎AVID Pro Tools篤志
◎PRESONUS Studio OneHiro

●COLUMN
◎Maxで作る自分専用パッチ佐藤公俊
◎Patch The World For PeaceHATAKEN
◎realize細井美裕
◎DIYで造るイマーシブ・スタジオ古賀健一
◎THE CHOICE IS YOURS原雅明
◎Berlin Calling浅沼優子
◎音楽と録音の歴史ものがたり高橋健太郎
◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断
◎シンセサイザー・ガールズ西園寺スペルマ

●SOUND & RECORDING REVIEW
◎NEW DISC◎BOOKS◎RECOMMEND◎NEWS

参考価格: 998円 定期購読(1年プラン)なら1冊:915円

音楽制作に携わる人々に贈る専門誌。プロの現場のノウハウがここにある!

  • 2021/02/25
    発売号

  • 2021/01/25
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/11/25
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/09/25
    発売号

24 BASS MAGAZINE(ベースマガジン)

リットーミュージック.

送料
無料

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)

2021年01月19日発売

目次: 表紙:ファンク黄金時代の再発掘

■Special Program
ファンク黄金時代の再発掘(80ページ)

1960年代中盤から1970年代にかけて隆盛を極めたファンク。高揚感を煽る“グルーヴ命"なその音楽スタイルは、まさにベーシストにとっての必修科目であり、現代の音楽にも脈々とその息吹は受け継がれている。今回はそんな“オリジナル・ファンク"の時代を振り返り、あらゆる角度からその魅力を検証していく。

CONTENTS
◎ファンクの誕生、そして黄金時代へ━━1964~1979
◎黄金時代を築いたグルーヴ・マスターたち
・“スウィート・チャールズ"シェレル
・ブーツィー・コリンズ
・ジョージ・ポーターJr.
・フランシス・“ロッコ"・プレスティア
・ラリー・グラハム
・マーク・アダムス
・ロバート・“クール"・ベル
◎まだまだいるぞ! 黄金時代のグルーヴ・マスターたち
ミッドウェスト篇/イースト・コースト篇/ウェスト・コースト篇/サウス・エリア篇
◎ファンク・レア・グルーヴ発掘部が行く! with大林亮三(SANABAGUN).
◎Talkin' about FUNK
清水 興/坂本竜太/三浦 淳悟(ペトロールズ)/神田 雄一朗(鶴)
◎小松秀行presents 喰らいつけ! いきなり! ファンク
◎プロ・ベーシストが語る“俺にとってのファンク"
ナガイケジョー(SCOOBIE DO)/Park/ハマ・オカモト/松原秀樹/吉田一郎不可触世界
◎エフェクト・ペダルで紐解くファンク・ベース・サウンド
◎今も冷めないファンクの熱


■奏法特集
今さら聞けない、ファンクのヤリ方

ベーシストにとっての必修科目ではありつつ、実際にプレイしてみるとなかなか“それっぽく"ならないジャンル、それがファンクだ。シンプルに聴こえつつも、その音符の奥にはいくつものマスターすべき項目が潜んでいる。今回はファンク・ベースをマスターするためのポイントを、“奏法"“リズム"“音使い"という3テーマごとに見ていく。これらの項目をしっかりと攻略することで、“ファンク・グルーヴ・マスター"を目指せ!


■THE BASS INSTRUMENTS
村田隆行が徹底試奏 ペダル型コンプ七番勝負(試奏動画対応)

ベーシストにとって、身近なエフェクターである“コンプレッサー"。ただ、ひと口にコンプレッサーと言っても、世に出回っているペダルそれぞれの持つ機能やキャラクターは多種多様だ。今回は編集部注目の最新コンプレッサー・ペダル7機種をピックアップし、村田隆行による試奏動画とともに、各機種の持ち味をチェックしていこう。


■LIVE REPORT & THE AXES
IKUO×日向秀和 with FRIENDS “BM SESSION in BASS DAY"

■SPOTLIGHT
Merisで彩るベース・サウンド(試奏動画対応)

■CLOSE UP
PROiXが革新する楽器の“鳴り"

■インタビュー
ヘンリック(ダーティ・ループス)
辻村勇太(BLUE ENCOUNT)
長島涼平(the telephones)

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎低音合奏 武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ニッポンの低音名人:長岡道夫
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎高松浩史の音色探索 その箱の中は地獄より深い
◎八十八ケ所巡礼マーガレット廣井の雲雀の舌のゼリー寄せ
◎映画監督吉田大八の低音懺悔録 ベーシストになれなかった男

■BM SELECTED SCORES
「古い日記」和田アキ子
「激しい恋」西城秀樹


■MY DEAR BASS
Toshihiro

参考価格: 943円

すべてのベーシストのための総合情報誌

  • 2020/10/17
    発売号

  • 2020/07/18
    発売号

  • 2020/04/17
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

  • 2020/02/19
    発売号

  • 2020/01/18
    発売号

送料
無料

MUSIC MAGAZINE(ミュージック・マガジン)

2021年03月19日発売

目次: 【特集】
●坂本真綾

 ―デビュー25周年記念アルバムの第2弾として、
  小泉今日子など豪華ゲストが参加した
  初のデュエット・アルバム『Duets』を発表する坂本真綾。
  そのアルバムの魅力を徹底分析するとともに、
  ロング・インタヴューを中心に25年を振り返る。

 ◇インタヴュー
   デュエット・アルバムと25年間の活動
 ◇『Duets』全曲ガイド


●追悼 チック・コリア

 ◇“ジャズ”を変えてしまった音楽家
 ◇現在の視点で選ぶ必聴の20枚


【Front Line】
◆ドライ・クリーニング
◆チューン・ヤーズ
◆タッシュ・サルタナ
◆青木慶則
◆中田裕二
◆UQiYO
◆shybundles


…ほか

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/18
    発売号

最大
2%
OFF
送料
無料

The Flute (ザフルート)

2021年02月10日発売

目次: Cover Story
「大切なのは、自分の強みを知ること」
エレーヌ・ブレグ
2017年の神戸国際コンクールでの優勝者として、一躍その名が世界に轟いた。しかしそれよりもはるかに以前から、弱冠19歳でルクセンブルクフィルハーモニー管弦楽団に入団したことを皮切りに、着々とキャリアを積み重ねてきていたエレーヌ・ブレグ。「最初の国際コンクールで、優勝を経験し人生最後となったコンクールもまた神戸」と話す彼女は、新たなステージに踏み出していた。フルーティストとして、そして一人の人間としても――。


特別企画1
いま、聴きたいフルートミュージック

特別企画2
生誕100周年 ピアソラの音楽

特集
奏者による動画連動!
楽器のお手入れ&取り扱い【前編】
◆動画で教わる、ベストな状態キープ術
・お手入れのキホンをチェック!│岩崎花保
・掃除とメンテナンスのあれこれ│町井亜衣
◆《再編》知っているとちょっと得する メンテナンスの豆知識 PART1
・フルート取り扱いQ&A
・“磨き”を知ろう

Close-up
泉 真由&松田 弦
自分自身と音楽と…フルート&ギターが届ける思い
高知出身のフルート&ギターデュオ、泉真由さんと松田弦さんによるセカンドアルバムが12月にリリースされた。
コロナ禍の中で音楽を届けるということをあらためて強く意識した昨年は、郷里でアウトリーチコンサートを行なうなど、できることを模索してきた。そんな二人へのインタビューは大晦日、オンラインで実現した。


連載
動画で一緒に!FLUTE on ICE 神田勇哉
レッスン動画を参考にしながら、曲集「Flute on Ice vol.2」の登場曲を一緒にレッスンしましょう

ハーメルンは笛吹き 渡邊哲夫
ハーモニーと練習法、創意工夫と美味しい話……“ハーメルンの笛吹き”のように、魅惑の世界へいざなうエッセイ

テオバルト・ベームの子孫からの伝言 岩下智子
テオバルト・ベームを高祖父に持つルードヴィヒ・ベーム氏による、ベーム式フルートの系譜やレポートなどをお届けします

ピッコロ★トリセツ講座 スタニスラフ・フィンダ
ピッコロのお手入れ、取り扱い、奏法……製作者で奏者だからできる!正しい知識を伝授します

キホンの手前!~いつまでも上達し続けたい人のための~ 古川仁美
フルートのレッスンに関する読者からの質問に答え、掘り下げる! 「今さらこんなこと聞いていいの?」という質問こそ、大歓迎です

ふたたび、「あふれる光と愛の泉」 齊藤佐智江
通訳として寄り添ったアラン・マリオン氏の思い出と、フレンチスクールの系譜をフルーティスト齊藤佐智江さんが描く

新国産フルート物語
第14回│ナツキフルート「音色・工程のすべてにこだわる職人の誇り」


リレーエッセイ|甲斐雅之
“今日からできる、おすすめキソレン”
リレーエッセイに登場した奏者が、とっておきの基礎練習法やウォーミングアップ術をそっと教えます!

笛吹き漫遊紀行 |西川浩平
趣味に心を癒された一年


さかはし矢波のつれづれ放送局 |さかはし矢波

Score
♪ 『リベルタンゴ』(Flソロ)
♪ 『アヴェ・マリア』(Fl&Gt)
♪ 『ブエノスアイレスの冬』(2Fl)
♪ 『アディオス・ノニーノ』(2Fl)

参考価格: 1,019円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,000円

笛と人のレッスン情報誌

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

  • 2020/08/07
    発売号

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

送料
無料

The Clarinet (ザクラリネット)

2021年03月10日発売

目次: 音源連動Score
♪アイ・ガット・リズム
♪アニー・ローリー
♪悲しくてやりきれない
♪にじいろ

【Cover Story 】
辻本美博
Yoshihiro Tsujimoto
本誌の連載企画「本気でクラリネット普及委員会」でもおなじみの辻本美博さんが本領を発揮した待望のクラリネットソロデビューアルバム「Vermilion(ヴァーミリオン)」が完成! 今回のインタビューではこれまでのクラリネット人生を振り返ってもらうとともに、1stアルバムに込めた想いを訊いた。

辻本美博の本気でクラリネット普及委員会 特別編
今回は本連載特別編として、ライブ配信アプリ17LIVE(イチナナライブ)にて数万人のフォロワー数を獲得しているクラリネット奏者のつぶかりんさん、大野まりかさんが登場! 他では聞けない鼎談をお届けします!

【Special Contents】
これを知らないと損をする!?
必ず役に立つ裏ワザ教えます。

憧れのプロ奏者のように「クラリネットが上手くなりたい」と誰しもが思うもの。そのために欠かせないのは根気よく取り組む日々の練習でしょう。しかし、どんな練習をしたら上達できるのか、気づいていない方も少なくないのでは?
また「この曲のこのフレーズを吹きたい!」と思っても、上手く指がまわらない、美しい音色で吹けない……など、どのように吹いたらいいのかわからない方も多いと思います。そんな練習法や奏法に関する門外不出(!?)のアイデアをまとめてみました。クラリネットを始めて間もない人にとっては上達への近道と表現力アップに、そして中級者以上の方は知識の再確認もできる内容となっています。

【Gear Report】
ビュッフェ・クランポン新モデル
「GALA(ガラ)」登場!!
2017年に、ビュッフェ・クランポンの“第三の内径”を持つクラリネットとして鮮烈デビューを果たした「トラディション」。その翌年には、トラディションの上位機種として「レジェンド」が発表されたことも記憶に新しい。この”第三の内径”系統の研究をベースに、「R13」「RC」と並ぶプロフェッショナルモデルが新たに誕生した。新モデル「GALA(ガラ)」、堂々のデビューだ!

【Close Up-1】
吉田誠
国内外で活躍を続けているクラリネット奏者の吉田誠氏と、ベルリンを拠点に活動し、ソリスト・室内楽奏者として多くの演奏家から絶大な信頼を得ている小菅優氏の二人によるアルバムがリリースされた。このアルバムは1894年にフランクフルトのクララ・シューマン邸で行なわれた、ブラームスのクラリネット・ソナタの私的な初演をCDで再演したもの。このアルバムで吉田氏が伝えたかったことを訊いた。

【Close Up-2】
青山秀直
日本国内では数少ないエーラー式(ドイツ式)クラリネット奏者である青山秀直氏の、第8作目となるCD「青山秀直クラリネット・ファンタジー vol.8」がリリースされた。今作もピアニストの山口研生氏とのコンビで、名曲サン=サーンスの『クラリネット・ソナタ』などを収録。青山氏が歩んできた道のりと、今作について訊いた。

【Close Up-3】
中ヒデヒト
待望の1stミニアルバム「Comme on est bien(コモレビアン)」を3月14日にリリースする予定の中ヒデヒトさん。クラリネット奏者としては数少ないスタジオミュージシャンとして、映画やTVドラマの劇伴を数多く演奏している。そんな中さんにスタジオミュージシャンとしての仕事のことや、1stミニアルバムについて訊いた。

【Close Up-4】
山本茉莉奈
TVドラマや映画の劇伴をはじめ、ミュージカルなど、様々なフィールドで活躍している山本茉莉奈さんが、1月27日に自身のオリジナルフルアルバム「星めぐりの旅」をリリース。音楽でめぐる12星座の物語をテーマに、独特の世界観を展開しています。そこで、アルバムのことはもちろん、山本さんのクラリネット人生にも迫ります。

【Zoom In】
Quartet I’s
2018年に結成したクラリネットアンサンブルグループ「Quartet I’s」。メンバーである飯塚健太さん、池谷歩さん、澤本璃菜さん、渋谷圭祐さんのイニシャル“I”と“S”、そしてそれぞれが「個」を忘れずにという観点から命名しました。同グループは、日本クラリネット協会主催の第16回アンサンブルコンクール一般部門において第1位ならびにグランプリを受賞した実力派。そんな彼らの2ndリサイタルが2月24日に開催されました。今後の活躍が楽しみな「Quartet I’s」の素顔に迫ります。

【特別企画】
コロナ禍でも歩み続けるために……
一流プレイヤーの心に響く言葉たち
The Clarinetに登場いただいたプロ奏者は300人以上にものぼる。クラリネット吹きにとって彼らが語るその一言一言は貴重なアドバイスであり、このコロナ禍においては、彼らの前向きな言葉に勇気づけられている方もいるのではないだろうか。今回は名プレイヤーたちがインタビューで語った数々の名言を紹介しよう。

【Score】
クラリネットアンサンブルSHAKE Presents
Let’s Enjoy Clarinet Quartet
『Mela!』(緑黄色社会 歌)3B♭Cl+Bass Cl

新入生が楽しく吹ける♪
Duoで先輩と上手くなる!
『炎』(LiSA 歌)2B♭Cl
監修:大和田智彦

【Playwrightレーベル 最新オススメ CDセレクション】

【Topics】
・永江楽器水戸 新店舗オープン記念コンサート
・シルバースタイン社製の新素材リード「アンビポリリード」
ベルリンフィル首席のヴェンツェル・フックスが独占エンドース契約を締結
・アクアミューズが野中貿易YouTubeチャンネルに登場!

【連載】
CLN ヘッドラインニュース
クラ吹き駆け込み寺[第30回]|赤坂達三
のらりクラリNET[第40回]|谷口英治
クラリネット仕掛人[第26回]|木村健雄
Clarinet in New York[第29回]| Yuki Tei
RECOMMEND DISC
Clarinet Information

参考価格: 1,650円

クラリネット唯一の専門誌!

  • 2020/09/10
    発売号

  • 2020/03/10
    発売号

  • 2019/09/10
    発売号

  • 2019/03/10
    発売号

  • 2018/09/10
    発売号

  • 2018/03/10
    発売号

28 サラサーテ

せきれい社

送料
無料

サラサーテ

2021年03月02日発売

目次: ●表紙&Artist Close-up 小林研一郎(指揮者)
4月から、80歳記念公演と冠をうたれた「チャイコフスキー 交響曲全曲チクルス」がスタート。
長年シェフを務め、今も桂冠名誉指揮者として絆の強い日本フィルハーモニー交響楽団と共に挑むプロジェクトです。
そのコンサート初日を待つ決意や、80年の来し方行く末。また作曲家を目指して東京藝大に入るも、〈前衛音楽〉になじめず指揮者を志した経緯、日本やハンガリー、東欧のさまざまなオーケストラとの関係、今は亡き偉大な師匠たちの思い出などを熱く語ります。

◎アーティストインタビュー
・坪井夏美(Vn) ・グレブ・ニキティン(Vn) ・下野竜也(指揮者) ・栁澤 寿男(指揮者)

●フレンチ・ボウの名工/20世紀最高の弓のひとつ、ユージン・ニコラ・サルトリー(1871~1946)。今回は1931年と1935年の弓と彼自身について紹介します。

●特集 ウジェーヌ・イザイ
 1858年ベルギーのリエージュで生まれたウジェーヌ・イザイ。ヴァイオリンのヴィルトゥオーゾであり、ソリスト、イザイ弦楽四重奏団の奏者、当時の名門オーケストラのコンサートマスターとしても活躍。また作曲家・教育者としても実績を残した彼をさまざまな角度から読み解く。特に”作曲家”イザイの中核を占める「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」全6曲について注目。各演奏家の想いや解釈、演奏法、勉強法などを聞いた。
◎「イザイ、我が心の叫び」千住真理子
◎「なぜ国際コンクールの課題曲になるのか?」堀米ゆず子
◎「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」全6曲
・米元響子/未完のソナタを含む全7曲解説
・各曲解釈/毛利文香(第1番)、山根一仁(第2番)、瀬﨑明日香(第3番《バラード》)、松田理奈(第4番)、西本幸弘(第5番)、鍵富弦太郎(第6番)
・《子供の夢》誌上レッスン/吉田恭子【巻末楽譜付き】

●[特別企画]ヴァイオリン教則本を知る
 ヴァイオリンを習うに際して、欠かせない「ヴァイオリン教則本」について考え、活用する。
・そもそも「教則本とは何か」:勅使河原真実
・『新しいヴァイオリン教本』(音楽之友社)、スズキ・メソードの教本『鈴木慎一ヴァイオリン指導曲集』(全音楽譜出版社):中川和歌子
・『篠崎バイオリン教本』(ショット):森元志乃

●TOPICS 他
・新倉瞳がデビュー15周年記念の2021年、プレ企画として、すべて「委嘱初演」となる他楽器のアンサンブル・ソロ曲によるコンサートを開催
・クレモナ弦楽器協会展示会を開催
・肩当て マッハワン
・ピラストロ ヴィオラ新弦
・[復興へ、日本&東北] 東日本大震災から10年……【総集編】
■好評連載/レッスンもの
・長原幸太のオーケストラスタディ/ブラームス:交響曲第1番
・鈴木康浩のヴィオラのオケスタ/マーラー:交響曲第5番(後編)
・黒川正三のチェロ基礎講座「オーケストラの技術」/フランク:交響曲ニ短調
・長谷川陽子の「チェロを始めよう!」/カタルーニャ民謡:《鳥の歌》[最終回]
・宮田大/ベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番
・ヴァイオリン習得術の革命 柏木真樹「レッスンの活用法と普段の練習②」
・森元志乃 基礎テクニック・リターンズ/分散音程のスケール
・志村寿一の「身体と音楽との調和」
・白瀬ゆり 「こどものおけいこ」(2)
■新連載/
・田原綾子の「すばらしいヴィオリストたち」--第1回 今井信子
・荒井里櫻(Vn)の「ジャニーヌ・ヤンセンに憧れて①」
・老舗弦楽器専門店の工房から・2/奏者のためのヴァイオリン鑑定入門①「鑑定の世界へようこそ」
■好評連載/新進演奏家の体験的エッセイ
・川畠成道(Vn)のレガート・コンチェルタンテ
・遠藤記代子(Vn)の「一筆エッセイ」ベートーヴェン:弦楽四重奏曲
・森武大和の fromウィーン コントラバシスト演奏日誌
◇記事/情報
・低音ジャーナル/高杉健人(Cb) 他 
・カフェ・ドゥ室内楽/クァルテット・インテグラ
・アマチュアオーケストラを訪ねて/アルル・ユリニアオーケストラ
・「がんばれ、オーケストラ!!」③ 日本フィル/資本性劣後ローン導入
・イヴリー・ギトリス追悼――テディ・パパヴラミ
・「コントラバス ハンドブック」発行――加藤正幸
●楽譜 イザイ:子供の夢 [パート譜付き]、成田為三:《浜辺の歌》
◎ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》から第2楽章 第2ヴァイオリン・パート譜掲載
★豪華読者プレゼントも満載です。

参考価格: 1,320円

弦楽器と音楽を愛するすべての人へ!弦楽器の専門誌

  • 2021/01/04
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/09/02
    発売号

  • 2020/07/02
    発売号

  • 2020/05/02
    発売号

  • 2020/03/02
    発売号

The Walker’s(ザウォーカーズ)

2021年03月09日発売

目次: Front Page
【リー・ロッカー】

Special Interview
【リー・ロッカー】
ストレイ・キャッツのメンバー&殿堂入りの名ベースマン!

I am Jazz!
【ドン・シャーリー】
博士号を持つ名ジャズ・ピアニスト

Jazz Standards!
【リメンバー】

Jazz New Disc
【話題の新作30作品を一挙紹介!】

Jazz Interview
【中村あゆみ】 
ROCKとJAZZでど真ん中を突っ走る!

Jazz Live!
【村上春樹 produce MURAKAMI JAM~いけないボサノヴァ Blame it on the Bossa Nova ~】

A melting pot of music
【ジョン・ウィリアムズ】  
史上最高の映画音楽『スター・ウォーズ』も手掛けた映画音楽の巨匠
 
Mr. Bassman
【ピーター・インド】 
正にアーティストと呼べる多才な名ベースマン

Bassman Now!
【Suke(The Biscats)】 
注目の左利きのロカビリーベースマン

Basswoman Now!
【斎藤里菜】 
北海道札幌市出身の注目の女性ベーシスト

Japaneseman In NY
【Trump Tower】

Hawaii Walker’s
【コアロハ・ウクレレ】

The Music Movie
【シド・アンド・ナンシー】

TheWalkers27
【The Walker’sを応援して頂いているみなさんからのメッセージを掲載】

まずは一度読んでみて下さい! ジャズ&音楽の魅力が満載です!

  • 2020/12/09
    発売号

  • 2020/09/09
    発売号

  • 2020/06/09
    発売号

  • 2020/03/09
    発売号

  • 2019/12/09
    発売号

  • 2019/09/09
    発売号

最大
2%
OFF
送料
無料

Ocarina(オカリナ)

2021年02月10日発売

目次: 【特集】 
もっと早く知りたかった!
苦手&弱点を克服する練習方法
現在、コロナ禍により定期的にレッスンを受けることが難しい方がいます。レッスンを受けられない方は自宅でどんな練習をしたらいいのか悩んでいるようです。特に演奏に関して苦手と感じていることは、その克服法がわからず後回しにしているのではないでしょうか。そこで今回は、「音程」「ヴィブラート」「♯、♭のつく音」、さらに「ハイトーン&ロートーン」など、みなさんの演奏に関する苦手意識の高いことについて、その克服法を紹介します。

【掲載楽譜】
レパートリーを増やそう! カラオケ音源CD対応
♪いつくしみ深き
♪Greensleeves
♪桜坂
♪未来予想図Ⅱ
♪いのちの名前

今日からチャレンジ! オカリナ・アンサンブル(第36回)│小山京子
『Alone Again』(ギルバート・オサリバン 歌)
オカリナ&ギターのユニット“ねんど”や、オカリナセブンのメンバーでもある小山京子さんが、ポップスからクラシックまで様々なジャンルの名曲をオカリナ・アンサンブルにアレンジ。

~笛奏で人~ 幸枝のラテン流!(第14回)|幸枝
『Corazon De Melon(メロンの気持ち)』(リガルブラザーズ)
「幸枝のラテン流」は、みなさんのレパートリーを増やすべくOcarina奏者の幸枝さんがラテン音楽についてわかりやすくレクチャーするコーナーです。

明田川荘之のスウィングしなけりゃ意味ないね!(第33回)│明田川荘之
『Blue Bossa』
アケタオカリーナの製作者であり、オカリーナ奏者でもある明田川荘之氏(愛称:天才アケタ)によるオカリーナ・アドリブ講座。

【特別企画】
おうち時間を充実させる
Ocarina YouTube チャンネル
2021年1月に一部の都道府県に2回目となる緊急事態宣言が発令され、さらに自宅にいる時間も多くなっています。そこで、Ocarina好きなら絶対に見ておきたいOcarina奏者のYouTubeチャンネルを紹介。みなさんが使用されている機材もあわせて掲載するので、動画撮影に興味のある方はぜひチェックしてください!

【Interview-1】
日本への愛が深まりベルギーから移住
トム・バノップヘム
Ocarinaブームのきっかけを作ったゲーム「ゼルダの伝説ー時のオカリナ」でOcarinaを知り、やがてOcarinaに魅せられたトム・バノップヘムさん。現在は日本に居を構え、(株)大塚楽器製作所の社員として様々な業務に就き、奏者としても広く活躍している。親しみやすい穏やかな人柄が、日本のOcarina愛好家にも愛される理由だろう。

【Interview-2】 
謎(!?)の男性Ocarinaグループ
TEE Tone
2018年4月に結成されたTEE Toneは男性のみで結成されたOcarinaグループ。2018年11月に行なわれた第6回楽しいオカリーナコンクール♪ 合奏部門第1位を皮切りに、第6回日本オカリナコンクール合奏部門第3位(1、2位なし)、第3回日本オカリナアンサンブルコンクール金賞&最優秀賞、第1回 煌めけ!オカリナコンクール合奏部門第1位と、日本のオカリナコンクールを独占した実力派集団です。そんな彼らの全貌を明らかにします!

【Special Report1】
go アケタオカリーナ祭り2020

【Special Report2】 
Night Ocarina Ensemble Concert 2020

ライリッシュ・オカリナ連盟ってどんなところ?
支部長に聞きました!

【Topics】
・楽器フェアオンライン2020
・第42回おぎくぼセンター祭に明田川荘之が登場!
・クラウドファンディングでアケタオカリーナを応援しよう!
・野口英世記念ふくしま国際音楽祭2020
・AMiX’mas コンサート

【連載】
蘭のYUMEIRO diary (第14回)|中原蘭
NIGHTオカリナ楽団リレーエッセイ Ocarinaを語る!(第10回)|内山佐知子
教えて! オカリナセブン(第29回)│オカリナセブン
Ocarina工房におじゃまします!(第26回)│鈴木のぼる・千葉 稔
もうひとつのOcarina物語(第28回)│植田篤司×yokkeOcarina(前編)
Ocarinaよもやま話(第35回)│植田篤司
丘りなちゃんが行く!(第24回)|榎本正一
Ocarinaシンギング・メソッド(第7回)|さくらいりょうこ
全国Ocarina講師の履歴書
Ocarina工房探索
Ocarinaスクールガイド

参考価格: 1,782円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,750円

Ocarinaにまつわる情報が満載! 毎号付属のCDにはプロ奏者の演奏や、カラオケトラックを収録! 読んで、聞いて、使える1冊。

  • 2020/11/10
    発売号

  • 2020/08/07
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2019/11/10
    発売号

  • 2019/08/10
    発売号

全37件中 1 〜 30 件を表示
日本最大級の雑誌に特化したECサイトFujisan.co.jpがオリジナルデータから集計した音楽情報誌ランキングをお届けします。雑誌の定期購読は、通常価格よりお安く購入できたり、自宅や職場に送料無料で定期的に届けたりと、便利でお得なサービスをご提供しています。現在までに100万人以上がご利用したFujisan.co.jpの定期購読サービスを、ぜひご利用ください。

芸能・音楽 雑誌のカテゴリランキングを見る

その他のカテゴリのランキングを見る

音楽情報誌の発売日一覧

明日発売の音楽情報誌

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌