環境・エネルギー 雑誌

オルタナ

オルタナ

送料
無料

オルタナ

2021年06月30日発売

目次: オルタナ65号(2021年6月30日発売)

●第一特集「ビジネスと民主主義 ESGの『S』が問われる」
企業と社会の関係性が大きく変わり始めた。人種差別や人権問題で、企業は明確なスタンスの開示と行動変容を、社会から求められるようになった。ビジネスは「健全な民主主義」が前提であり、企業はESG(環境・社会・ガバナンス)のうち、特に「S」領域においての対応強化が必須だ。

・新疆(しんきょう)ウイグル問題 「沈黙というリスク、人権侵害への加担」
中国の新疆ウイグル自治区での人権侵害が明るみになってきた。豪シンクタンクは2020年3月に報告書を発表し、日本企業14社を含む82社のサプライチェーン上で強制労働が行われていると指摘。日本企業はどのように受け止めたら良いのか。

・[フランス]富の集中に危機感、民衆運動で抵抗
フランスでも、政権を握ったエリートが富裕層と結び付いて、富の集中を生んでいる。その状況下で出てきた黄色いベスト運動と環境保護運動が、「気候市民会議」創設の糸口を作った。市民によって提案された法案の一部は、今夏可決される予定だ。

●サステナビリティ経営 トップインタビュー
・「顧客にも社会にもベストホテルへ」徳丸 淳(帝国ホテル 代表取締役常務(SDGs推進担当))
いまだ新型コロナウイルス収束の見通しが立たないなか、帝国ホテルは2021年2月、「サービスアパートメント」を立ち上げるなど、事業の立て直しを図る。背景には「時代の変化のなかで、社会の要請に応えていくことが、企業の成長につながる」という信念があった。

・「CO2だけでなく食品ロスもゼロに」今田 勝之(ローソン取締役 専務執行役員(CSO補佐))
日本でも「脱炭素」の流れが加速するなか、ローソンはCO2排出だけでなく、食品ロスも「2050年ゼロ」を掲げた。その過程ではAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)なども駆使する。今田勝之・専務執行役員(CSO補佐)に目標達成への手応えを聞いた。

・「脱プラ推進は『共感』がカギ」水口 貴文( スターバックス コーヒー ジャパンCEO)
世界に33000店以上、国内でも1600店を展開するスターバックスが環境対応を進めている。最大テーマはプラスチックごみの削減だ。マイストローなど環境配慮型の飲用スタイルへの移行を促すが、そのカギは「共感」にあるという。

●第2特集 世界に逆行する日本農業
「有機」伸び悩み、ゲノム編集推進へ
日本の農業は今、存亡の危機にある。世界では「小規模家族農家」が見直され、有機農業が急成長する。一方で、日本では逆行した動きがある。農水省が打ち出した「みどりの食料システム戦略」は、「ゲノム編集」を中軸に据えるなど、世界の潮流に逆行している。

●第3特集 来年4月から新法──減プラ商品が続々
プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が成立し、22年から施行される予定だ。使い捨てストローやフォークなどを提供する事業者は、有料化などで、使用量を減らすことが義務付けられる。これから注目されそうな減プラにつながる製品を紹介する。

●第3特集 自治体SDGs認証──百花繚乱で混乱も
自治体による「SDGs認証」制度が増えている。企業のSDGsの取り組みを評価することで、金融機関からの支援を受けやすくなる「SDGs金融」を進める意味もある。だが、自治体によって基準にバラつきもあり、「統一した基準が必要」との声も出ている。

●目次

3 from editor in chief
alternative eye  森 摂
民主主義と資本主義の未来

4 social design gallery
元警官に有罪判決、喜びと安堵の声

9 art
高橋さとみの切り絵ワールド──太陽の一族

social business around the world
11 [スコットランド]
「生理の貧困」は、無償配布で解決

13 [米国]
パタゴニアと並ぶ環境推進ブランド

15 [日本]
がん当事者が開発、竹箸で食べやすく

columns
45 オルタナティブの風  田坂 広志
「合理的利他主義」の思想
 
47 エゴからエコへ  田口 ランディ
東洋医学を学ぶ

finance
48 地域金融トピックス  オルタナ編集部
49 つなぐ金融  林 公則
「スローマネー」、4つの原則とは

mobility
50 モビリティトピックス  島下 泰久
51 モビリティの未来  清水 和夫
温暖化対策、EV効果は26位

agriculture
52 農業トピックス  越道 京子
53 日本農業 「常識」と「非常識」の間  徳江 倫明
農水省の新戦略は自己変革か

forestry
54 林業トピックス  オルタナ編集部
55 「森を守れ」が森を殺す  田中 淳夫
ウッドショックが起きた裏側

fishery
56 漁業トピックス  瀬戸内 千代
57 人と魚の明日のために  井田 徹治
水産関連企業の活況は「虚構」

fair trade
58 フェアトレードトピックス 潮崎 真惟子
59 フェアトレードシフト  潮崎 真惟子
FTの知名度向上へ合従連衡

fundraising
60 ファンドレイジングトピックス  宮下 真美
61 社会イノベーションとお金の新しい関係  鵜尾 雅隆
富裕層に「社会貢献」のうねり

circular economy
62 廃棄物・静脈物流トピックス  エコスタッフ・ジャパン
63 論考・サーキュラーエコノミー  細田 衛士
「プラ資源循環法」とソフトロー

67 欧州CSR最前線  下田屋 毅
日本発コットン・イニシアチブ

68 CSRトピックス  CSR48 
総監督のつぶやき CSR48・太田 康子
「世界人権宣言に思う」

alterna S presents
70 オルタナSな若者たち オルタナ編集部
エシカルを就活の指標へ
株式会社Allesgood社長 勝見 仁泰

72 SBLの紹介

73 バックナンバー

flash fiction
74 「こころざし」の譜  希代 準郎
ある孤高の画家の肖像

76 次号予告&編集後記

●今号の表紙
中国北西部の新疆ウイグル自治区ハミの畑で綿(コットン)を摘む女性。新疆綿は中国で生産される綿のうち8割を占め、世界の綿生産量の2割に及ぶ。ウイグル自治区での人権侵害が明らかになり、新疆綿の取り扱いをやめる企業が増えている。
写真:新華社/アフロ

オルタナは環境や消費者の健康、CSR(企業の社会責任)に重点を置いたビジネス情報誌です

  • 2021/03/31
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/09/30
    発売号

  • 2020/06/30
    発売号

  • 2020/03/30
    発売号

  • 2019/12/17
    発売号

環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2021年09月15日発売

目次: 第6回 トップリーダーに訊く
三菱ふそうトラック・バス株式会社
代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)ハートムット・シック氏

【特集1】製造業で加速する脱炭素の流れ

脱炭素対策は“リスク回避”というより“機会獲得”の有効手段
みずほリサーチ&テクノロジーズ

少なくとも産業界の CO.、 90%削減 国を挙げて取り組む「工場脱炭素戦略」
駐日英国大使館 公使参事官

政策ツールを総動員し、製造業を含め産業界全体を後押し
経済産業省

企業の脱炭素を促進 工場・事業場における環境設備の導入に 1/3補助
環境省

他社に先駆けた取組みでビジネスチャンスを掴む
恩田金属工業

グリーンスチール実現に向け、製造プロセス自体の変革を
ティッセンクルップ・ジャパン


【特集2】製造業に課せられる脱炭素対策

再エネ電化・非化石燃料化が責務に 工場の脱炭素操業と省エネ
環境ビジネス編集部

化石エネルギー源に依存した熱源と廃熱の利活用をエネルギーマネジメント
環境ビジネス編集部

事業の持続的発展には環境と経済の両視点が必要
紅屋ホールディングス

蓄電システムの普及で再エネの拡大・安定化を
エネマン

太陽光発電× NAS電池の導入で脱炭素化と BCPを同時に実現
山一電機

大容量のエネルギーシフトを可能にする NAS電池
日本ガイシ

脱炭素へ向け、“潤滑油で省エネ”の発想
EMGルブリカンツ

【東京ゼロエミッションえの道】
2030年カーボンハーフ実現に向けて全庁一丸となって脱炭素行動を推進
東京都 環境局長

イノベーションを加速させ、持続可能な資源利用の実現を目指す
東京都 環境局 資源循環推進部


【FOCUS】
国産木質バイオマス発電のエフオンが電力小売事業に参入
エフオン

戦略的アライアンスで脱炭素社会の実現を目指す
長瀬産業

顧客の要望に対応し、カスタマイズした架台を提供
安泰ソーラー

脱炭素経営が求められる背景とその実践
香川県

気候変動リスクに備える適応策とは
香川県

【TOPICS】
CO2の有効活用に光明 メタネーション装置

「仙台 事業構想大学院」が来春開設

【特集3】ゼロエミッション工場を実現する先進工場事例


脱炭素化は地球でビジネスを行う上でのライセンス
サントリー

グリーバルで CO.排出ゼロの工場づくりを目指す
パナソニック

グローバルで 2035年自社工場のカーボンニュートラルを発表
トヨタ

環境に配慮した商品づくりを目指す 長期ビジョン達成へ、工場の脱炭素化を推進
カルビー

【特別企画】全国各地で開発が進む洋上風力発電
国は初の選定事業者に浮体式洋上風力を選定
環境ビジネス編集部

全国各地の案件形成を加速させ洋上風力の有望区域選定を増やす
環境ビジネス編集部

全国各地で進む洋上風力発電事業の開発には巨額投資の継続性が不可欠
デロイトトーマツコンサルティング

次世代ネットワークに転換し大量導入の課題である送電容量を確保
資源エネルギー庁

【巻頭グラビア】
発電プラント屋上のレクリエーション場「 CopenHill」

藻類で空気清浄する遊び場「 AirBubble」

【イベント・フォーラム・シンポジウム】
第22回環境ビジネスフォーラム~工場・ビル・施設の脱炭素化

【COLUMN】
Environment★Entertainment 映画「 MINAMATA」


未来海図
日清食品ホールディングス

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
ヴェオリア・ジャパン

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト桃田健史氏

日本文明を環境から解き明かす 第17回「家康の隠居地・駿府の謎」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所齋藤崇氏

Carbon Neutral Designer's File
空港施設

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
Looop

GREEN ECONOMY
国際協力銀行佐藤勉氏

マダニが媒介する新興感染症の脅威
国立環境研究所五箇公一氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士森田正光氏

Offshore Wind
日本気象名川広志氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業 渋谷正信氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

新電気

オーム社

送料
無料

新電気

2021年09月01日発売

目次: ■特集
【空港の電気設備】
・成田国際空港の概要
・空港の電気設備
・空港内の管理体制
・点検方法
・空港のBCP対策
・おわりに
 文/大塚 悠真 橋本 陽介 齋藤 大祐 石黒 豪 田原 圭祐(成田国際空港株式会社)
 写真 協力/成田国際空港株式会 
 
2020年に発生した新型コロナウイルスの感染拡大は、多くの業界に深刻な影響を及ぼしています。
近年、訪日外国人旅客者の増加により需要が増加していた航空産業も
未曽有の危機に瀕し、大打撃を受けました。
現時点で旅客数、発着回数ともに以前の状態には戻っておらず、旅客ターミナルビルは
閑散としている状況が続いています。しかし一方で、国内外の市民生活および生産活動を支える
必要物資の航空輸送は変わらず活発に行われており、成田国際空港はコロナ禍においても
日本の社会インフラにおける重要な存在であることに変わりはありません。
依然として新型コロナウイルス感染症の収束の見込みは立っておらず、
テレワークやリモート会議の導入などで今後の働き方は変化していくかもしれませんが、
旅行や人と会いたいという人々の欲求は変わらないため、航空需要は必ず回復します。
回復するその時に向けて、安心安全な空港を構築するために電気設備の維持管理および機能強化は
止めることなく実施しており、ターミナルなどの施設や航空灯火の運用に影響がないように、
電力の安定供給を継続して行っています。
 今月は、成田空港の運用に欠かせない「電気設備」および航空機の運航に欠かせない
「航空保安照明施設」と、その点検について解説します。

■開発秘話
【エリーパワー】産業用蓄電システム『Power Storager D20』
 取材 文/編集部

■現場実務
・電験三種でRe:Start 電気技術者への道 Vol.1 電気はうそをつかない。
 取材 文/新電気編集部
 協力/松尾 純 エス・ビー・エス

・理論と実務を結ぶ電気のQ&A(62) 現場が投げかけたこと その3
 石井 理仁

・現場のギモン 解決塾(14) 電圧について……各種電圧の種類と内容
 田沼 和夫(田沼技術士事務所)

・私の現場記録 配線の静電容量で制御リレーが動作不良
 森下 正志(森下技術士事務所)

・実務理論シリーズ(25) 高圧受電設備の過電流保護協調<その1>
 大崎 栄吉

・現場で役立つ 実務の知識(2) 自家用電気設備のシーケンス試験
 森 康(ドイツ セーフレイ日本法人)

・現場の電気保安実務(185) 電気事故の発生状況と再発防止対策 ~波及事故 その他の事故編~
 土田 邦彦(東北電気保安協会)

■電気の基礎・応用
・やさしく語る電気のイメージ 電気機器の入門講座(68) 制御工学 その27
 山下 明(新電気電験問題研究会)

・電験三種 計算ドリル 今月のテーマ:実数、虚数と複素数
 村山 慎一(中部プラントサービス)

・なるほど納得! 電気計器 第18回 直流電位差計
 元山 武(北海道日刊スポーツ印刷社)

・対話で学ぶ 電気雑学(51) 単三用変圧器
 野口 昌介(野口技術士事務所)

・電気数学のすゝめ2 イチから始める電験三種 ②正弦波グラフのベクトル表示
 栄 隆志

・西山先生の電験三種「ずぼテク」教室 
 第13回 抵抗の逆? コンデンサの特性を極める!<その1>
 西山 真(日本エネルギー管理センター専任講師)

 「ずぼテク」の内容を動画でも絶賛解説中!

■コラム
・電車トリビア ⑬車輪Ⅰ ~ゴムじゃないところがミソ~
 鈴木 剛志(小田急電鉄株式会社)

・スポーツコラム(92) 東京五輪2020 ~勝負を超えたスポーツの魅力~
 小林 信也

・科学探究クロニクル(69) 望遠鏡
 森 弘之

・工業英語 四方山話(99) detector
 古樋 直己

・娘 vs 父! 電験三種ガチンコバトル
 SD Forum
(トポロジー/小田急電鉄喜多見車両基地 見学ツアー その2/工高白書/読者の声/掲示板)

参考価格: 1,595円

電験三種受験と最新技術を掲載する「電気技術者」のための専門誌

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

  • 2021/03/01
    発売号

最大
9%
OFF
送料
無料

BIOCITY(ビオシティ)

2021年07月07日発売

目次: 目次
特集
1 巻頭言「オーストリアの先進性に学ぶ」的場信敬

Part 1:エネルギー自立の最前線
「草の根によるエネルギーの大改革」滝川 薫
「農山村の地域発展とエネルギー自立」久保田 学
「都市におけるエネルギー自立」木原浩貴
「林業・木材産業・バイオマスエネルギー」渕上佑樹
「生活の質を向上させる省エネ対策」上園昌武+上園由起

Part 2:持続可能な地域づくりを支える仕組み
「自治体の気候エネルギー政策を支える仕組み」豊田陽介
「オーストリアの中間支援組織」平岡俊一
「エネルギー事業の担い手とローカル経済圏」手塚智子
「農山村振興のためのボトムアップ政策」石倉 研
「2040年脱炭素を目指す政策とエネルギーシフト」歌川 学

ミニ連載
平家納経を考える④ 厳王品 恵美千鶴子
ヴィンテージ・アナログの世界 レコード・レーベルの黄金期㉕ 高荷洋一

連載
動物たちの文化誌㉛ 疫病と動物たち  早川篤
欧州グリーンインパクト⑦ フランスのパーマカルチャー 遠藤浩子

参考価格: 2,750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:2,500円

環境から地域創造を考える総合誌

  • 2021/04/07
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/10/07
    発売号

  • 2020/07/07
    発売号

  • 2020/04/07
    発売号

  • 2020/01/07
    発売号

最大
40%
OFF
送料
無料

GREEN REPORT(グリーンレポート)

2021年08月25日発売

目次: ☆GREEN REPORTは、地方紙(23紙)と全国紙
及び通信社の記事の中から、環境問題に関する情報を
広く集めた切り抜き誌です。
この一冊で全国各地の環境動向を読むことができます。
-----------------------------------------------------------

8月号(8月25日発売 全192ページ)

《主な記事から》

特集01 静岡県熱海で大規模土石流
特集02 SDGs達成へ取り組み加速

■行政・施策
新たなエネルギー基本計画の素案公表
再生エネルギー比率は36~38%に

■ビジネス・企業
脱炭素投融資を支援へ・日銀

■市民
インフラの保守にスマホゲーム活用
市民に参加促しデータを収集

■ゴミ・リサイクル
プラ・生ごみ→火力発電の燃料
炭素凝縮した粉末やペレットでCO2排出抑制

■自然・生態系
多様性保全資金を大幅増額
年間2千億ドルに・国連の新たな目標案

■かがく・技術
セミの抜け殻から遺伝情報
生息分布や絶滅危惧調査・筑波大菅平実験所

■データ・資料
2030年時点の発電コストを新試算
原子力上昇、太陽光最安に・経産省

■イベント・PR
持続可能な都市景観を考える催し
ガーデンデザイナー取り上げた映画ヒントに

参考価格: 2,800円 定期購読(試読3ヶ月プラン)なら1冊:1,667円

全国各地の環境情報を集めたクリッピングマガジン

  • 2021/07/25
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

  • 2021/04/25
    発売号

  • 2021/03/25
    発売号

  • 2021/02/25
    発売号

INDUST(いんだすと)

全国産業廃棄物連合会

最大
8%
OFF
送料
無料

INDUST(いんだすと)

2021年09月05日発売

目次: INDUST9月号 第407号 「低炭素から脱炭素へ!?」
2050年カーボンニュートラルが明確に示されたことで、廃棄物処理事業も低炭素のみならず脱炭素に向けて本格的に取り組む時が来ている。こうした状況を受け徐々ではあるが、収集運搬、中間処理、最終処分、事務所を含めた業務全般の脱炭素を図るとともに、再エネ事業の拡大など、脱炭素を促進する事業にも積極的に取り組む産廃処理業者が増えてきている。9月号と10月号では行政、事業者、コンサルタントの視点で廃棄物処理事業が取り組むべき脱炭素化について解説するほか、廃棄物処理業者が取り組んでいる脱炭素経営の事例について照会する。第一弾の9月号では廃棄物分野を取り巻く概況や温室効果ガス排出の現状、グリーン成長戦略、地域脱炭素ロードマップ、中長期シナリオ(案)を取り上げるほか、中小企業にも求められる脱炭素経営や再生可能エネルギーの活用などを含めた脱炭素化に取り組み廃棄物処理業者の事例を紹介する。

◎「廃棄物分野の脱炭素化――温室効果ガス排出の現状と最新の取組」
環境省環境再生・資源循環局
◎「ひろがるカーボンニュートラル――中小企業にも求められる脱炭素経営」
環境省地球環境局地球温暖化対策課課長補佐 岸 雅明
環境専門調査員 佐伯 優
◎「廃棄物処理事業における脱炭素化の有効施策と課題・注意点」
一般社団法人持続可能社会推進コンサルタント協会会長 日髙 彰
◎「全産連低炭素社会実行計画におけるBAT(Best Available Technology)について」
公益社団法人全国産業資源循環連合会
◎「再生可能エネルギー市場対地域資本-洋上風力発電と地域の新たなデザイン」
ユナイテッド計画株式会社取締役社長 平野 久貴
◎「新たな可能性を拓く、脱炭素経営-アンテナ高く上げ、行動を開始すべき時」
株式会社宮城衛生環境公社専務取締役 砂金 英輝
◎「廃棄物発電とその余剰電力による水素製造
-Power-to-Gasを活用した脱炭素の可能性を考える」
青木環境事業株式会社社長室 ESG推進チーム 松本 英典
◎「焼却排熱を利用した雪国新潟産バナナの栽培と地域循環」
シモダ産業株式会社常務取締役 霜田 真紀子

参考価格: 1,363円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,249円

産業廃棄物処理の専門誌。

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/05
    発売号

  • 2021/04/05
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

送料
無料

OHM(オーム)

2021年09月03日発売

目次: ■特設
・特高受変電設備 保守点検の最新トレンド
 文:桐生 一志
 協力:株式会社明電エンジニアリング、株式会社明電舎 沼津事業所、
 株式会社明電舎 技術センター、明電ファシリティサービス株式会社

■ライセンス(資格試験)
・令和3年度 電験二種二次試験 直前対策

■FOCUS ON TREND
・ものづくり×材料技術の今を見る

■連載
・New【技術士第二次試験 合格のための戦略と戦術】
 心の準備と勉強方法
 森谷 仁

・【やさしく学ぶ 電力系統の保護リレー】
 事故除去リレーの種類と系統保護リレーのリレー要素
 安田 忠彰

・【吉村先生!〇〇について教えて下さい】
 電波時計(前編) -電波時計ってなに?-
 吉村 和昭

・【Dr.フドー研究所 -電験と実務の温故知新-】
 高強度鉄筋コンクリート柱(後編)
 不動 弘幸

・【交流電動機のdq変換とベクトル制御】
 島村 茂

・【総監合格につながる技術士のHOTワード】
 南野 猛

・【電気主任技術者のための電力系統】
 電力系統の周波数制御
 造賀 芳文

・【合格への一手!良問・難問に学ぶ 電験二種・一種試験】
 電力系統の電圧と電圧安定性
 前田 隆文

・【電験三種から二種を目指そう!ステップアップ演習】
 理論:岡部 浩之、電力:植田 福広、機械:江藤 伸夫、法規:田沼 和夫

・【電験「理論」からはじめる「電力」「機械」合格への道】
 発電機の基本式・各種故障電流の計算
 岡部 浩之

■レポートほか

・頭の体操 虫食算

・News Flash

・新製品情報

参考価格: 1,815円

電験一・二種、技術士を目指す方のための電気総合誌

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/06
    発売号

  • 2021/04/05
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

最大
7%
OFF
送料
無料

イー・コンテクチャー

2021年09月01日発売

目次: 17 特集1 コロナ禍で排出量が急増? 石膏ボードリサイクル最前線   

独自の資源化ルートの開拓を推進●石膏再生協同組合 理事長/市川學氏
再生石膏の生産堅調、他地域展開も検討●TCG
「卒」廃棄物の基準作りを進めるべき●元埼玉県環境部長/半田順春氏
将来的に東北の解体系もリサイクルへ●MKエコプラント(株)
RPF製造プラント導入、廃プラ等のR率95%に●藤クリーン(株)
再生品としての用途を創出し、一層のリサイクル推進を●(株)グリーンアローズ関東 代表取締役/黒澤充洋氏
災害廃の受け入れなどの社会貢献も●(株)グリーンアローズ中部
地の利を生かした経営で実績伸ばす●(株)鹿児島美掃
廃石膏の破砕選別リニューアル●(株)ラルス

49 特集2 アスベスト対策 新事業モデルと技術投入

最終処分量の6割弱が石綿関連●かながわ環境保全センター
量・質ともに石綿廃棄物の劇的な変化は見られず、大気汚染防止法等の浸透が不可欠●メジャーヴィーナス・ジャパン(株) 副所長/藤田浩示氏
集じん・排気装置が都心大規模工事に採用●アゼアス(株)
アスベストの総合対策事業で設計支援も●(株)ThreePeace/AIEC((株)アイエック)
あいまいさ残さず、実効性の高い施策を●(一社)Hi-jetアスベスト処理協会 会長/藤林秀樹氏
拠点を増設、幅広いニーズに対応●(株)マルホウ
石綿除去や橋梁の改修等で作業をサポート●サンワリノテック(株)
塗料メーカーの技術で剥離剤等を開発●菊水化学工業(株)

65 特集3 解体工事「業」と「業界」の事業基盤強化

今年1年が山場、目下の課題は超高層建築とアスベスト●(一社)東京建物解体協会 会長/藤井誠氏
積極的な公益活動と質向上の取り組み●千葉県解体工事業協同組合
アスベストと見積り改革が喫緊の課題●(一社)青森県解体工事業協会 副会長/山本徳光氏
解体工事業の元請化を逆風としないために●元首都圏解体工事業団体 代表A氏
第2工場を開設、産廃処理体制を強化●(株)友伸工業
技能・技術の両輪の資格者増で業界に展望●(公社)全国解体工事業団体連合会 理事/大矢進氏
設立40周年に当たり、団体表彰を受賞●(一社)福岡県解体工事業協会 会長/平典明氏
環境に左右されない組織を構築●(株)大前工務店
石綿大気濃度測定システムを開発し、実用化を目指す●(株)インフォース
新規制に則った石綿含有廃棄物等処理マニュアルが改訂●編集部

33 E-Conインタビュー
 収益を上げられる仕組み作りを

●沖縄県解体工事業協会 会長 赤嶺太介氏



■形態:B5判
■年間購読料 10,560円(税込・送料込)
隔月刊(年6回奇数月(1、3、5、7、9、11月)
■冊売り 定価 1,885円 (税込・送料別)
■申込先: 日報ビジネス(株)
FAX:03-3263-2560(東京) 06-6262-2407(大阪)


>> 見本誌送ります。

SERIES [連載]


4 イーコン・データブック●解体業許可業者が6万者を突破/国土交通省

11 現場発! 解体&建リコンプライアンス●労災発生率が上昇傾向に

14 石膏ボードリサイクル探訪●破砕分別装置を導入、今秋稼働へ/(有)メイコウ工業

26 コンストラクションを巡る環境諸制度●来年1月から高所作業はフルハーネス型に完全移行/労働安全衛生法政省令改正

28 21世紀の先端施工●灰処理物に殺菌効果が証明/福岡建設合材㈱

30 お訪ねします解体現場●築50年超ビルをロングで、慎重に地上解体/丸徳興業(株)

38 タイムリートピック●竹廃材を粉砕・選別、良質の敷料等に/(有)鷺斫り

40 ビジネス展開の新戦略●粉じん&リサイクル 3つの新事業モデル/(株)BWM、(株)ライフビジネスウェザー、MSK

43 最先端E-Con要素技術●ボリビアで廃レンガ等活用へ/(株)エコシステム

44 建設リサイクル最前線●再生骨材の流通を増やすために/生コン・残コンソリューション技術研究会主催座談会(上)

46 識者・実務者に聞く! 解体事業ビジョン●地中解体、杭抜きへの備えと資格者充実/(一社)福島県解体工事業協会理事・齋藤達夫氏

47 識者・実務者に聞く! 建廃事業ビジョン●人材募集でも他社との差別化が鍵/(株)エコワスプラント代表取締役社長・浅尾洋和氏

59 建設資源―市況キャッチ●世界的資源高で発生現場にも異変

60 焦点は建物解体!アスベスト被害再発と危機回避●石綿関係法令の施行によって 今後気にかけねばならない事項③/大石一成氏


COLUMN [コラム]


1  巻頭言●待たれる内装断熱材の再資源化

16 木材情報●全国の木質バイオマス発電動向

32 解体・建廃ひそひそ話

76 循環経済と建設副産物●建設汚泥のポテンシャルを探る

79 編集手帳●所有者不明土地や建物に対し制度見直しへ


NEWS & OTHER [ニュース・その他]


2  トピックス●(公社)全解工連

3 トピックス●(一社)滋賀県解体工事業協会

48 トピックス●(株)片付け堂

64 トピックス●(公社)全解工連近畿ブロック

75 トピックス●(一社)日本災害対応システムズ

5  列島E-Con

12 品目別建設副産物流通チェック 2021年6~7月

62 テクノロジーニュース

78 購読申込書

80 広告索引+奥付

>> 著作権・リンクについて  >> プライバシーポリシー  >> サイトマップ  >> お問合わせ

定期購読(1年プラン)なら1冊:1,760円

建物を解体、廃棄物を資源化・リサイクル、土地を浄化し、新たなエコ施工で建設する。

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/03/01
    発売号

  • 2021/01/01
    発売号

  • 2020/11/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

エネルギーと環境

エネルギージャーナル社

最大
13%
OFF
送料
無料

エネルギーと環境

2021年09月23日発売

目次: No.2643…2021.9.23
今週号8頁

<第1レポート>
アラスカ風力・水素巨大プロジェクト、日本と連携模索

 アラスカのアリューシャン列島に大規模な風力発電を設置、その電
気で水素を製造して周辺地域や日本向けに供給するプロジェクトが動
き出した。構想ではFS調査後の2027年にも水素100万t体制を構築、州
政府は日本側に事業化での連携を打診中。新たな日米気候・エネ協力
となるか注目される。

<第2レポート>
FIP制度、乱高下の卸市場に対応した詳細制度設計に

 経済産業省は次期エネルギー基本計画案の30年度の野心的なCO2
削減目標を踏まえたエネルギーミックス案として、再生可能エネルギ
ー比率36~38%を目指す。経産省は22年度から開始する新たな再生エ
ネ支援施策であるFIP制度の詳細を詰め、再生エネ政策強化を進め
る。

<第3レポート>
CNに向け自動車産業革新、22年度概算要求で対応

 経産省、国交省、環境省は2022年度概算要求で、自動車電動化の加
速化に向け取組強化を打ち出した。経産省は自動車産業の脱炭素化へ
施策を強化、支援措置拡大と併せて制度整備にも力を入れる。国交省
は大型車と商用車の低CO2化、環境省はカ―シェアや物流モデル構
築などに着手する。

<ジャンル別週間情報>
●自民党原子力リプレース議連、エネ基案撤回を要求(エネルギー政策)
●中国電力島根原発2号合格、鳥取県から強い要望(原子力一般)
●アジアエネ相会合、日本100億ドル資金支援表明(国際連携)
●INPEX、アストモスとCNプロパン売買契約締結(石油・LPG等)
●環境省、自然公園内の地熱積極容認など通知へ(省・新エネ)
●洋上風力促進区域に秋田能代沖指定、指針策定へ(省・新エネ)
●脱炭素100ヵ所の先行地域、来年1月以降公募(地球温暖化対策)
●北海道環境事務所と三井住友信託が連携協定(環境金融)
●NEDO、水素還元製鉄と燃料アンモニア公募開始(グリーンイノベ)

◎海外情報コラム…カカオ廃棄物をバイオマス発電して雇用も守る

(お知らせ:弊社ではコロナ禍での在宅勤務等が増大している状況か
ら今週の発行号以降、本誌のFAX無料サービスを行います。ただし
1読者1FAXといたしますので、必要な方は弊社まで、読者名とF
AX番号等をご連絡ください)

※今週は<エネ環ダイジェスト>ありません

参考価格: 815円 定期購読(1年プラン)なら1冊:713円

週刊「エネルギーと環境」とは?

  • 2021/09/16
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/09/02
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

エネルギーフォーラム

エネルギーフォーラム

エネルギーフォーラム

2021年09月01日発売

目次: ●特集1

資源高騰の深層
「脱炭素」に踊らされる日本

OUTLINE
今こそ必要な「国家戦略」議論 エネルギー調達戦線に地殻変動
DISCUSSION
求められる戦略的な政策展開 化石燃料を巡る世界の駆け引き激化
大場紀章 ポスト石油戦略研究所代表/三田真己 アーガス・メディア・ジャパン相談役
中村 直 JERA常務執行役員最適化本部長
INTERVIEW
資源国と培った関係性を生かす 岐路に立つ化石エネルギー調達
定光裕樹 資源エネルギー庁資源・燃料部長


●特集2

産業用ヒートポンプの
脱炭素力 鍵握る「高温化」の技術開発 

OUTLINE
産業の脱炭素化担う主力機器 需要の高度化・最適化を促進
DISCUSSION
「高温化」実現への期待 世界に誇る日本の技術力
杉山大志 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹/齋藤 潔 早稲田大学理工学術院基幹理工学部教授
REPORT
HP導入でCO2排出量削減 産業部門の省エネに貢献
キリンビール/NEDO、横河電機、日本総合研究所、東京電力ホールディングス
INTERVIEW
需要側で脱炭素進める欧州勢 HP普及には裾野の広がりが重要
甲斐田 武延 電力中央研究所 グリッドイノベーション研究本部 ENIC研究部門 主任研究員


●ENERGY FORUM REPORT
エネ基同様に亡国路線か 温対計画も画餅化避けられず

●調査報道
函南メガソーラー計画の惨状 地元民軽視の驚くべき実態

●覆面ホンネ座談会
第四次総特をどう読むか 行間に見える解体シナリオ

参考価格: 1,474円

エネルギー政策、ビジネス総合情報誌

  • 2021/08/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

  • 2021/03/01
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料

クリーンエネルギー

2021年09月05日発売

目次: ■テクニカルレポート
○小流量タイプ水素製造装置の開発/東京ガス㈱/江口晃平・佐藤 航・永野 佑
東京ガス㈱、東京ガスケミカル㈱、三浦工業㈱の3社は、家庭用燃料電池向けに開発した都市ガスから水素を製造する燃料処理技術を活用し、都市ガス改質型で小流量タイプの水素製造装置であるsuidelを共同開発、2021年3月に商品化した。本稿では、suidelのコンセプトや装置概要、今後の展望などについて紹介する。

○自己託送による再生可能エネルギーの導入拡大/東京ガス㈱/下白木諒/東京ガスエンジニアリングソリューションズ㈱/和田祐介・佐藤俊秀・落合雄輝
脱炭素化の潮流の中、再生可能エネルギーの調達手段の一つとして、太陽光発電設備の第3者保有サービス「ソーラーアドバンス」を開発した。さらに「ヘリオネットアドバンス」というシステムと組み合わせることで、発電電力の自己託送にも自動で対応することができる。本稿では、サービス・システムの概要、および東京建物との自己託送の取組みについて紹介する。

○ドライ式低NOx水素専燃貫流ボイラの開発/川重冷熱工業㈱/藤本祐平
当社はかねてより開発を進めてきたドライ式低NOx水素専焼バーナを小型貫流ボイラに搭載し、2021年5月に水素専焼小型貫流ボイラとして発売した。本稿では、水素燃焼の課題であるNOx排出量に対する一般的な対策と、この水素専焼ボイラが採用した低NOx技術について紹介する。

○農業残渣燃焼用小型バイオマスバーナーの開発/㈱武田鉄工所/佐藤寿樹
本製品は、これまでに熱利用が困難であった農業残渣を、新たなバイオマス燃料として利用可能とした小型バイオマスバーナーである。独自の回転炉燃焼技術により、安定的・持続的な農業残渣バイオマスの燃焼を可能とし、循環型社会、脱炭素社会、農業地域活性化へ貢献する。

○伝熱面を機械的に更新する、熱交換技術/東北大学/丸岡伸洋・山本卓也/㈱馬渕工業所/小野寿光・遠藤 聡/小浜温泉エネルギー/佐々木裕/東京工科大学/高島 正/(一社)持続可能で安心安全な社会をめざす新エネルギー活用推進協議会/小山克博・前田圭一郎
脱炭素社会実現には高効率な熱交換器が必要である。特に、伝熱面に固相が付着する環境では著しい伝熱性能低下が問題である。本稿では、機械的に伝熱面を更新する「固相生成制御型回転式熱交換器」による「温泉熱の安定採熱」および「潜熱蓄熱の高速化」を紹介する。

○微生物燃料電池(MFC:MicrobialFuelCells)による二酸化炭素ガス回収・固定技術/新日本空調㈱/宇田川洋一・高塚 威/東北大学/佐野大輔/ヤンマーホールディングス㈱/石﨑 創
二酸化炭素の回収・固定化を目的として、微生物燃料電池(MFC)によりアルカリ性溶液をつくり、このアルカリ性溶液と大気中の二酸化炭素を接触させることで、安定した化合物である炭酸塩とする手法の実用化研究を開始した。本稿では、当該手法の検討結果を紹介する。

○pn共存型の新しい熱電材料の開発/東京都立大学/後藤陽介
pn共存型特性を示す熱電材料の作製について紹介する。p型・n型材料を組み合わせることで構成していた従来の熱電変換モジュールとは異なり、材料一つでモジュール作製が可能になる。

○太陽光発電とレドックスフロー電池を組み合わせた電力需給システム実証/埼玉工業大学/松浦宏昭
本稿では、定置用蓄電池の一つであるレドックスフロー電池の性能を検証するため、現在本学で進めている太陽光発電と住宅一軒分を想定したレドックスフロー電池を連係させた電力需給システムの実証実験について紹介し、脱炭素社会を実現するエネルギー貯蔵用蓄電池の重要性についてまとめた。

■エネルギー事情
○「エネルギー白書2021」で見るカーボンニュートラルの動向/LNG経済研究会/奥田 誠
2021年6月に経済産業省が公表した「エネルギー白書2021」の概要を紹介すると共に、この中で特集レポートとして取り上げられている「2050年カーボンニュートラル実現に向けた課題と取組」の内容を中心に紹介する。

■フィールドレポート
○豊田豊栄水素ステーションの整備について/東邦ガス㈱/村松征直
当社は、昨年度に当社5ヶ所目の商用水素ステーションとなる豊田豊栄水素ステーションを新たに整備。当水素ステーションは、FCバス充填可能な設備仕様、オンサイト方式、既存のガソリンスタンドと併設といった特徴を持つ。また、環境対応として、当水素ステーションの開所に合わせ、国内で初めて地産再エネを活用した都市ガス由来のCO2フリー水素の供給を開始した。本稿では、豊田豊栄水素ステーションの概要や特徴、そこでの取り組みについて紹介する。

○復興まちづくりに貢献するコージェネ熱供給/日本環境技研㈱/安達健一
福島県新地町スマートコミュニティ事業は、環境産業共生型の復興まちづくりに向け、エネルギー地産地消と災害に強い持続可能なまちづくりを目指す取り組みである。本稿では、導入の背景、事業およびシステム概要、今後の取り組みなどについて紹介する。

○ガスエンジン・バイナリーコジェネシステム導入/㈱IHI/片山照男・橋詰 正
IHI横浜で高効率ガスエンジン・バイナリコジェネシステムが完成、CO2排出量約1,400t/年削減と防災性向上を実現した。エネルギーマネジメントシステムを併設、発電状況の見える化、収集した設備運用データを活用し更なるCO2排出量低減に活用する。 

参考価格: 1,991円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,833円

環境と産業経済の共生を追求する

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/05
    発売号

  • 2021/04/05
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

グリーン情報

グリーン情報

最大
11%
OFF
送料
無料

グリーン情報

2021年09月01日発売

目次: グリーン情報 9月
MAR.2021 Vol.493
CONTENTS

■特集
017 ハウスメーカーの庭づくり~植物をどう使うか~
018 座談会 ウィズガーデン、住友林業緑化、積水ハウス、大和ハウス工業、ナテックス
026 生産者と実需者の交流・商談の場として植木見本園を開設(千葉)

031 バラ苗販売の新潮流
032 バラ苗販売のプロに聞く 一目惚れで購入していただけるバラを コマツガーデン 後藤みどり
034 造園のプロに聞く バラの植栽の世界 京成バラ園芸 北野純子
036 バラ苗販売の専門農家に聞く 生産者ならではのサービスを提案 水谷農園 水谷勇
037 バラ苗の主な卸売会社/バラ苗卸業者アンケート
038 バラ専用シリーズ「ブリリアントガーデン」 ハイポネックスジャパン

041 付加価値を追求する パンジー・ビオラ・ハボタン
042 パンジーの概念を大きく変えた「ドラキュラ」 サトウ園芸
044 個性的な花姿が人気 見元園芸

■子どもたちと地域の未来を考える花と緑のまちづくり
054 愛知県瀬戸市 民・産・官一体となって花のまちづくりを推進

■ピックアップ
008 福永FAJ 新社長に抱負を聞く
049 日本の祈りの文化を園芸売り場に

■アラカルト
010 Hakusan BIZ開設
058 人・植物・癒やし(3)
   植物の健康効果に関する情報提供が 鉢物購買意欲向上につながる可能性 豊田正博
074 第15回国際ガーデンEXPO GARDEX
076 第92回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2021 テーマは「自然との共生」

■トピックス
087 第99回大原ビックフェスティバル活況
089 ライフスタイル Week 2021【夏】開催される/名古屋朝顔まつり 昔ながらのアサガオ並ぶ

■GARDEN RECIPE〔EX・造園コーナー〕
064 庭を演出する植物(6) 越洋子
066 現場作業論 現場と道具の管理(11) 小林徹
068 住宅デザイン様式とファサードデザイン(8) 松下高弘
070 ガーデンデザインのためのスケッチとパースの描き方(8) 中山正範
072 暮らしを豊かにするガーデンファニチャー(1) 林恵美子

■連載
079 「五つ星」園芸店に選ばれて オザキフラワーパーク(東京都練馬区)
082 SDGsを経営に活かす 東海化成
084 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎寛
086 TA-RA-YOU 園芸文化を支えた花たち 園芸文化協会 丹羽理恵
096 グリーン★アイ 松島義幸
098 庭を楽しむニュージーランドの暮らし 小笠原貴子

002 ルポルタージュ店舗 渋谷園芸 練馬本店(東京都練馬区)
006 ゲンキジルシ! 豊田正博
046 生産地を行く Hanayoshi(兵庫県加西市)
080 メーカーを訪ねて 八幡化成

■インフォメーション
090 ニュース
093 イベント情報
094 園芸関係統計資料
095 今月の市況

参考価格: 2,310円 定期購読(2年プラン)なら1冊:2,063円

連載もますます充実しています。

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/03/01
    発売号

  • 2021/01/01
    発売号

  • 2020/11/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

環境管理

産業環境管理協会

送料
無料

環境管理

2021年09月15日発売

目次: 環境管理(2021年9月号)

特集1:未来に向かってサステナビリティー経営に邁進する廃棄物処理ビジネス
特集2:熱海土石流を契機に残土や崩落リスクを考える

廃棄物処理に従事する方々は猛暑や悪天候でも長期に休むことができないエッセンシャルワーカーとして日本企業を日夜サポートしている。
外部環境の変化を新たなビジネスチャンスと捉える環境創造企業があり、持続可能な開発目標SDGsを環境経営に取り入れる先進的な動きもある。参考になる実例として関西と中部の優良企業に具体的に語っていただく。
熱海市の土石流災害では違法な盛土や行政対応が問題視されている。危険箇所を緊急点検した自治体や企業も少なくない。現在も崩壊リスクのある場所が全国に潜在する。これを契機に、残土や廃棄物関連の事件を長年扱っている。ベテラン弁護士に残土問題を解説いただく。


[目次]
<巻頭レポート>
●突然現れたごみの壁――千葉県はゴミの排出者に撤去指導
本誌編集部

<特集1>未来に向かってサステナビリティー経営に邁進する廃棄物処理ビジネス
●環境創造企業として進化する――新たなステージへの変革
壺内 良太(大栄環境株式会社 社長室)

●中小企業が地球規模の課題に対して向き合う奮闘記と未来への道しるべ
加山 順一郎(加山興業株式会社 代表取締役)

<特集2>熱海土石流を契機に残土や崩落リスクを考える
●各事例にみる残土規制をめぐる問題と法規制の方向性残土処分場のリスクと法的対応の今後の展望
池田直樹(弁護士・関西学院大学 教授)/杉田峻介(弁護士)

●建設残土の崩落から人命を守る法制度について――熱海土石流事件の教訓
村田正人(三重弁護士会所属)

●技術紹介 斜面・盛土内の水分挙動および変形挙動を把握・監視する技術
応用地質株式会社

<総説>
●環境から始めるSDGs埼玉県環境部の企業等の取組支援
埼玉県環境部環境政策課

●「エコメッセ2021inちば」第26 回の概要とこれまでのあゆみ
桑波田 和子(エコメッセちば実行委員会委員長)

<レポート>
最近の気になるニュース・クリッピング
本誌編集部

<シリーズ連載>
●【弁護士からみた環境問題の深層/第9回】
食品ロスの削減と食品リサイクルのための法的課題と留意点──食品ロスの削減の推進に関する基本方針、食品リサイクル法基本方針の実現へ向けて
村谷 晃司(弁護士/日本CSR普及協会・環境法専門委員会委員)

●【産廃コンサルタントの法令判断/第66回】
建廃契約書は工事案件ごとに必要?──排出事業場について実際の法律を確認
佐藤 健(イーバリュー株式会社 環境情報ソリューショングループ マネージャー)

●【新・環境法シリーズ/第115回】
建設アスベスト訴訟最高裁判決の概要
北河 隆之(弁護士・琉球大学 名誉教授)

●【環境担当者のための基礎知識/第45回】
廃棄物除去等の措置命令と委託契約書の基礎知識──そもそも契約って何だろう?
岡 ひろあき(環境コンサルタント)

●【先読み! 環境法/第111回】
総合資源エネルギー調査会基本政策分科会(第48回会合)
小幡 雅男(元・大阪学院大学 教授)

<環境情報>
●環境法改正情報
●環境関係雑誌記事目録
●JEMAI事業報告・事業予定

[ページ数]104

参考価格: 1,100円

創刊50年の環境総合誌。企業、行政、研究者の方へ最新情報を届けます!

  • 2021/08/15
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/05/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2021/02/15
    発売号

環境浄化技術

日本工業出版

最大
11%
OFF
送料
無料

環境浄化技術

2021年09月01日発売

目次: ■特集:下水道展′21大阪のみどころ
○下水道展′21大阪、下水道展′21-ONLINE-開催に寄せて/国土交通省/植松龍二
当省では平成26年に新下水道ビジョンを策定した。そこで提示した「循環のみちの持続と進化」を進捗させるためには、制度的枠組みの整備と政策を具体化する技術の確立と進歩が不可欠であり、その最新技術が揃うのが「下水道展」である。併催の下水道研究発表会、各種セミナーやシンポジウムなどと合わせ、多くの方々に最新技術や知見に触れて頂きたいと考えている。

○「下水道展′21大阪」における大阪市の取り組みについて/大阪市建設局/下田健司
「下水道展」が大阪で開催されるのは、1987年の第1回以来6度目、2014年以来7年ぶりとなる。開催にあたっては、「展示会業界におけるCOVID-19感染拡大予防ガイドライン」に沿った感染症対策を講じるとともに、オンラインでの情報発信を強化し、仮想(バーチャル)展示会とあわせて開催する「ハイブリット型」の展示会も計画されており、市としても「下水道事業の見える化」をコンセプトに、たくさんの方々に興味を持ってもらえるイベントや展示を予定している。

○新たなスタイルで展開する「下水道展′21」/(公社)日本下水道協会/岡久宏史
本年8月、大阪市・インテックス大阪にて「下水道展’21大阪」を開催する。下水道事業の管理者である全国の地方公共団体等を対象に、全国の下水道関連企業・団体の日頃の技術開発の成果等に基づき、下水道に関する最新の技術・機器等を展示紹介する。

○下水道展′21大阪の出展内容紹介/(地共)日本下水道事業団/松田和久
本年度開催される「下水道展」では当事業団(JS)として関係団体ゾーンにて展示ブースを設置するほか、併催企画として、地方公共団体職員を対象とする「セミナーJS最前線」(これまでの「技術報告会」をリニューアル)を開催する。

○下水処理は次のステージへ 創エネルギー技術で脱炭素社会へ挑戦!/月島機械㈱・月島テクノメンテサービス㈱
当社では「すべては、未来の子供たちのために」を合言葉に、省エネ、創エネ技術の推進や再生可能エネルギー利用により、持続可能な開発目標(SDGs)の実現を目指している。「下水道展’21大阪」では、イノベーション実現のキーとなる、当社の最新技術を紹介する。

○脱水性向上によりコスト縮減&GHG排出量削減の実現を目指す/㈱石垣/村上裕亮
本稿では、「下水道展’21大阪」での当社の出展製品を代表し、「プラチナシステム」を紹介する。プラチナシステムは、これまでの下水汚泥の脱水技術と一線を画すユニークで実用的な革新的技術である。埋立処分、焼却、資源化など、多様化する脱水ケーキの処理に合わせ、最適な含水率まで低減可能な技術で、汚泥処理・処分に掛かるコストの縮減、温室効果ガス(GHG)排出量の削減が期待される。

○下水道のトータルソリューション/㈱クボタ 佐藤沙耶・都築佑子・辻 研吾・髙橋雅司・吉永 洋
当社ではMBRの省エネルギー化を目的として、風量制御機能を有するMBRシステム「スマートMBR(SCRUM)」を東芝インフラシステムズ㈱と共同開発した。本稿では、システムの技術概要および事業概要を紹介する。また、下水道管路の新技術ならびに様々な水環境インフラ設備を統一的に遠隔監視・診断するためのIoTソリューションシステム「KSIS」についても併せて紹介する。

○省エネ技術でカイテキをカタチに/三機工業㈱/阿部 聡
「下水道展’21大阪」においては、革新的な機構により世界トップクラスの省エネを実現した脱水機「SANDECG3」に加え、脱水機の維持管理性の向上を目的に、脱水汚泥の含水率をAIで予測するシステムを開発したので紹介する。また、従来型の特長を有しながらも、さらなる省エネを実現した「エアロウイングⅡ」、省エネおよび温室効果ガス削減に大きく貢献できる「過給式流動焼却炉」も併せて紹介する。

○温室効果ガス削減を考慮した発電型汚泥焼却技術/JFEエンジニアリング㈱/岡田悠輔・馬場 圭
下水道資源の有効活用と温室効果ガス、大気汚染物質の同時削減を目的とし、当社と日本下水道事業団、川崎市は、国土交通省実施の下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)として、平成29・30年度に「温室効果ガス削減を考慮した発電型汚泥焼却技術」についての実証を行った。本稿では、新型焼却炉「OdySSEA」として商品化した当技術の概要と実証成果について紹介する。

■特集:ごみ処理施設におけるDXの活用
○情報技術を活用した廃棄物処理施設の事業調達における留意点/八千代エンジニヤリング㈱/入佐孝一
近年よく耳にするDX。これを廃棄物・資源循環分野に適用しようとすれば、情報技術をうまく活用して効率的・効果的な廃棄物処理システムを構築して運用することと言える。熱回収施設などのハード技術分野においては、プラントメーカをはじめとして様々な企業や技術者・研究者が研究開発を進めてきており、事業を調達する側としては、これらの技術をうまく適用することによってその恩恵を享受することができる。

○ごみ処理施設におけるAIを活用した安定燃焼技術/㈱タクマ 藤本祐希・河野孝志・高部真司
熟練運転員同様に、燃焼異常とその異常回避のために必要な手動操作を予測する燃焼AIシステムを開発した。燃焼AI自動運転によって、従来と同等以上の燃焼安定性能を達成し、3週間以上にわたって焼却炉における手動操作ゼロを確認した。

○小規模ごみ処理施設における技術継承/三機工業㈱/大森聖史
郊外に多い小規模ごみ処理施設では後継者不足という課題を抱えている。この課題を解決する手段の一つとして、ごみピットクレーン運転技術のマニュアル化による技術継承、自動運転システムの構築が挙げられる。本稿では、アイトラッキング技術を用いたごみピットクレーン運転の判断処理フロー構築に向けた取り組みを紹介する。

○遠隔監視ネットワークとAIを活用したごみ焼却施設の運転支援システム/川崎重工業㈱/國政瑛大
ごみ焼却施設の運営において、当社は最新の情報技術を活用し、自動制御技術の高度化とベテラン運転員のノウハウが必要である技術分野のシステム化を進めている。燃焼の安定化を実現するオンサイト型自動制御システムの「自動燃焼制御技術」と「ピット・クレーン最適運用システム」に加え、遠隔監視・支援システムを活用したオフサイト型支援システムの「AIを活用の運転支援システム」と「運転計画策定システム」を開発している。さらに、これら四つの技術が相互に連携する統合型運転支援システムの構築を進めている。

○ごみ水分カメラによるピット内ごみ撹拌状態の評価/川崎重工業㈱/細井雄太
燃焼の安定性向上のためには焼却前の工程でピット内のごみ質を均質化することが重要である。当社ではピット内を効率よく撹拌するシステムの開発を進めている。本稿では、そのシステムの要素技術であるごみ水分カメラを用いて行ったピット内のごみ撹拌状態の評価ついて紹介する。

○旋回式溶融炉における炉内監視技術の開発/三菱重工環境・化学エンジニアリング㈱/原田朋弘・滑澤幸司・大貫 博
旋回式溶融炉では、炉内や炉出口の状況を常に運転員がカメラで目視監視している。運転中に灰質等が変化することで、炉内や炉出口のスラグ付着状況や開口状態等が変化するが、その良否を判定するのに個人差があり、定量化・安定化が難しい状況にある。本稿では、その問題点を解決するための、カメラ画像処理による炉内および炉出口開口部状況と旋回流状況を数値化、監視表示するシステムについて紹介する。

○ごみ焼却施設の最適運営に向けたAI運転支援システムの開発/三菱重工環境・化学エンジニアリング㈱/鈴木 航
当社では複数のごみ焼却施設の運転状況を一元管理すべく、遠隔監視・運転支援システムを構築し、各施設の運転データを分析し、得られたノウハウを他施設へも水平展開することによって、施設運営の高度化・効率化を図っている。本稿では、当社システムの現状とその高度化に関する取り組み状況、特に具体的なシステムとして構築中のMaiDASⓇの概要、さらに、それらを活用した横浜市との共同研究の概要と今後の展望について紹介する。

○焼却炉自動運転システムの高機能化/JFEエンジニアリング㈱/小嶋浩史
当社は廃棄物処理施設の焼却炉の操業を全自動化する技術を開発、2020年7月に焼却炉自動運転AIシステム「BRAINGⓇ」(ブレイング)として商品化し、運営を行っている廃棄物処理施設へ本システムの導入を拡大している。本稿では、自動運転システムの概要、導入により得られた効果ならびに今後の展望について紹介する。

○プラント運営情報をデジタル管理し活用するシステムの活用事例/JFEエンジニアリング㈱/市川史紘・小嶋浩史
廃棄物処理施設内で個別管理されている運営および運転業務に関する情報を有効利用するために、当社は2017年度に運営施設や本社の関係者で情報を一元管理できるプラント管理システム「PAZ(Plant A to Z)」 を開発した。本稿では、このPAZのシステムの概要と活用事例を紹介する。

■連載
○静脈物流:ごみ収集・運搬よもやま話27
手に触れないごみ収集(1) 仏・パリの容器収集の変遷/循環物流システム研究所 井上 護

○硝酸呼吸活性汚泥による汚水処理の技術<参考文献編>
参考資料(3) 物質の自由エネルギーG、酸化と還元、電気力学のΔG/環境微生物工房/定家義人・定家多美子

○世界の列車のトイレ 第5回
エジプトの鉄道/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽

■コラム
○三密回避と雑談/HST

◆2020年「環境浄化技術」年間総目次
◆環境装置受注統計 (一社)日本産業機械工業会

参考価格: 3,388円 定期購読(1年プラン)なら1冊:3,000円

無害化技術を推進する専門誌

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/03/01
    発売号

  • 2021/01/01
    発売号

  • 2020/11/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

給油所日本

油業報知新聞社

送料
無料

SS白書など、経営に役立つデーターを毎号掲載

  • 2010/10/01
    発売号

  • 2010/07/01
    発売号

  • 2010/04/01
    発売号

  • 2010/01/01
    発売号

月刊廃棄物

日報ビジネス

最大
12%
OFF
送料
無料

月刊廃棄物

2021年09月05日発売

目次: 特集

高齢化時代のごみ処理システム



〈動向〉

ごみ出し支援の事例をみる ・・・・・・・編集部

〈リポート〉

週1回戸別収集で支援 ・・・・・・・茨城県筑西市

ごみ出し困難世帯に配慮 ・・・・・・・東京都東久留米市

福祉と連携してごみ出し支援 ・・・・・・・青森県弘前市

排出困難度別でサポート ・・・・・・・北海道帯広市

IoT活用した実証実験へ ・・・・・・・和歌山県橋本市

高齢化社会対応のモデル事業 ・・・・・・・岡山県真庭市


〈オブジェクション〉

高齢化時代のごみ処理施策にオブジェクション


■寄稿・リポート・話題・資料など

巻頭言 元素の不滅とその場限りの二酸化炭素発生の有無 ・・・・・・・・村田德治

リポート 普通肥料の新たな公定規格が明らかに ・・・・・・・・・肥料制度

リポート 政省令・告示の策定へ議論開始 ・・・・・・・・・プラスチック資源循環促進法

コラム環の声 要となるのは住民


■シリーズ

自治体TODAY ごみ減量資源化“やらまいか〟(静岡県浜松市)

生ごみリサイクル基礎講座
vol.77 2020年度生ごみの水分減量・資源化に関するアンケート結果(上) ・・・・・・・・・NPO法人 生ごみリサイクル全国ネットワーク

NEXT TREND 事業系一般廃棄物事業 ―許可業者の視点―
東京、埼玉を中心に約250台の車両で顧客のニーズに応える ・・・・・・・・・(株)木下フレンド

遺品整理 お片付けニュース 
高齢者の居宅内に蓄積したごみの片付けをサポート ・・・・・・・・・東京都狛江市
フ東京都からモデル事業者指定、居住支援事業で活発な動き ・・・・・・・・・ホームネット(株)

全国リサイクルプラザFile
第73回 「もったいない」を地域へ発信(三重県伊勢市)


■連載

時事解説 廃棄物実務の視点
第6回 循環行政の流れ(3) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤波 博


ごみ問題から読み解く“循環政策”のゆくえ 
第30回 新型コロナによる古紙への影響(2) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・山口恵子


阿部鋼といっしょに学ぶ廃棄物処理法 
第126回 判例による自治体コンプライアンス(53)一部事務組合に対する信義則上の義務を認めた裁判例― ・・・・・・・・・・・・・・阿部 鋼


遺品整理実務スタディ
第64回 自治体とのつながりが強みに (株)友心 代表取締役 岩橋 ひろし(その2) ・・・・・・・・・・・・・・岩橋ひろし


短期連載 いまみえてきた環境問題(中) ・・・・・・・・・・・・・・松村紀久子


新 廃棄物のやさしい化学 第78回 廃棄物と物質不滅の法則 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・村田德治


芝田麻里のごみエッセイ 第11回 奄美大島自然遺産登録と海洋汚染問題 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・芝田麻里


現場発 ドイツのごみ事情 vol.78 ライプツィヒ郡の廃棄物政策(9) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・石川堅太郎


ドイツ・EU廃棄物立法と実際
vol.30 新型コロナウイルスと廃棄物管理-医療、有害廃棄物の処理・処分の法的枠組み(15)
循環経済法とバイエルン州廃棄物管理法における法的基盤、法定引き渡し先のGSB/AVA(4) ・・・・・・・・・・・・・・中曽利雄


Topic団体 認定事業者の協会が設立/(一社)小型家電リサイクル協会

Topic中央省庁 持続可能な食料システム戦略で食品残さ、消化液の活用推進も/農林水産省

Topic団体 ICTでプラスチック回収実証/K-CEP

Topic自治体 PVパネル回収システムを開発/福岡県

Topic中央省庁 関小売・自治体・消費者にヒアリング/家電リサイクル制度


インフォメーション 中央省庁・法制度

フォト記 がんばる自治体

Hard&System NEWS

フォト記 はたらく環境機器・システム

生ごみリサイクルNEWSフラッシュ

ゴミック「廃貴物」

アンテナ ─日本全国 廃棄物最新ニュース

イベント

広告索引

「月刊廃棄物」バックナンバー紹介

読者プレゼント

読者アンケート

編集部からのお知らせ

本誌編集委員名簿・2021年10月号紹介

参考価格: 1,843円 定期購読(3年プラン)なら1冊:1,619円

ごみ処理・リサイクルの実際的な解決方法を具体的に紹介する廃棄物問題の総合専門誌です。

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/04/05
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

現代林業

全国林業改良普及協会

現代林業

2021年09月15日発売

目次: 現代林業10月号 目次

特集…12 
安心して働ける職場へ
能力評価システム導入で魅力ある林業経営体に

 林野庁は平成25年度から令和2年度まで、林業経営体の経営理念・方針の共有と実現を目指し、従業員一人ひとりの能力・業績を客観的かつ公正に評価する仕組みである「能力評価システム」の導入を支援してきました。
 その結果、多くの林業経営体が能力評価システムの導入に取り組み、多くの林業経営体から着実な経営改善の効果が報告されています。こうした実績を受け、林野庁によるシステム導入支援制度は終了しましたが、林業経営体が自主的にシステム導入に引き続き取り組みたいという要望も多くあります。そこで本特集では、能力評価システムの仕組みと効果について紹介するとともに、実際に能力評価システムで経営改善に効果を上げた事例を紹介します。

特集1…14
担い手の確保・定着のために
能力評価システムの仕組みと導入効果
有馬隆継/全国林業改良普及協会

特集2…25 
能力評価システム導入で意識改革
機械化の積極的導入で重労働を軽減
平澤照雄/平澤林産(有)代表取締役(長野県)

特集3…29
森林を守り、未来へつなぐフォレストエンジニア
月給制導入に向けて能力評価システムに挑戦
井戸坂 雄一/飛騨市森林組合理事・参事(岐阜県)

特集4…35
目指すべき人材像に向けてスキルアップ
人材育成の観点から能力評価システムを応用
尾崎友昭/掛川市森林組合参事(静岡県)

特集5…41
積極性、生産性、コスト意識の強化
能力評価システム導入で意欲と組織力の向上
平田広志/(株)グリーン・シャイン代表取締役

◆フォト・レポート…1
~400年前の先人が遺した海岸林~
海岸防災林復旧に向けた10年間の歩み

木材トレンドを読み解く◆赤堀楠雄…48
SCMは「三方良し」の精神で
誰かが負担をかぶるのはNG

お役に立ちます!最新研究紹介…50
新たな獣害防除資材「単木柵」の開発
群馬県林業試験場 山田勝也

 深刻化する獣害から苗木を守るため、様々な取組が行われている中、シカによる多様な獣害から植栽木を長期的に守る選択の1つとして、新たな獣害防除資材「単木柵」が開発されました。既存の獣害防除資材への指摘を踏まえ、「単木柵」の試作、検証を行った研究成果について、群馬県林業試験場企画・自然環境係の山田勝也さんに紹介して頂きます。  

飛田京子の安全談義◆飛田京子…54
第9回 法例で禁止事項となった理由とは?
どうすることが最も安全かを考えよう

林研グループが応援します!◆佐賀県/基山町林業研究会…58
未来につなぐ森林整備活動~間伐展示林設置、竹林整備、伐木講習の実施~

普及員実践日誌◆…60 
若者連携プロジェクト・林業版インターンシップ 〝林ターン〟
愛媛県 真鍋智子

ナカシマアヤの“その時現場が動いた!”…64
第43回 年齢に関わらず率直に発言、学び合える場

チャレンジする林業現場の課題を追って◆…66
第98回 「山学校」で伝えたいこと
福島県 五十嵐健太

法律・税務・制度相談室…74
「林道規程、林業専用道作設指針、森林作業道作設指針」の改正ポイントについて
林野庁森林整備部整備課

●日本林業アーカイブス 技術と暮らしの記憶◆酒井秀夫…9
第22回 丹波桟手さで 

●わがまち木造自慢…57 
山口県下松市 下松市栽培漁業センター ひらめきパーク笠戸島 

●読者のお悩み相談…72
林家としてこれからの造林をどのように考えていけばよいか教えてください。
安田 孝

●表紙の人 
杤谷徳子さん、杉原愛梨さん、藤原夢瑠さん
飯石森林組合(島根県) 

表紙●撮影協力:飯石森林組合

フォト●福島県森林保全課

最新の林業動向を現場目線で分かりやすく

  • 2021/08/15
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/05/15
    発売号

  • 2021/04/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

週刊循環経済新聞

日報ビジネス

最大
4%
OFF
送料
無料

週刊循環経済新聞

2021年09月20日発売

目次: ◇日量90t2号炉で150t処理に
廃熱使い高度電池リサイクル/数千種類でバイナリー発電も
- 山陽レック -
 産廃の収集運搬と焼却を中心とする多彩な中間処理で実績を重ねる山陽レック(広島市安佐北区、中川明雄社長)は、9月から日量90トン処理能力を持つ第2焼却工場を稼働した。1号炉の同60トンと合わせて同150トンの処理物を受けることができる。廃熱を使って高度な金属リサイクルも完結。バイナリー発電で冷却水と廃熱を有効利用して発電機を作動させた。一般廃棄物の施設許可も取得しているため、災害廃棄物等にも対応。現在、8月豪雨のときの安芸高田市や北広島町の災害廃棄物を受け入れている。
◇廃棄割合は減少で3R伸長
新規供給から51万t/国内衣類の動向
 日本国内の衣類の新規供給量は、合計81.9万トン(2020年)に対し、9割に相当する計78.7万トンが事業所や家庭から使用後に手放されると推計される。20年3月に発表された「環境省令和2年度ファッションと環境に関する調査業務―ファッションと環境調査結果―」(日本総研)によると、新規供給量の中で、廃棄される量は、51万トンで手放される衣類の64.8%を占めることが判明した。
◇二次電池の水平R
リスク鉱物を再資源化
- 住友金属鉱山 -
 住友金属鉱山は、使用済みリチウムイオン電池(LiB)などの二次電池から、供給リスクの高い金属資源3種をリサイクルできる新たなプロセスを開発した。世界初となる独自のリチウム回収技術を開発すると同時に、既存のニッケル・コバルトの再資源化工程を最適化することで、回収金属の高純度化にも成功。LiB用正極材の原料として再利用できることも実証している。
◇食品廃棄ゼロエリア創出へ
地域脱炭素に貢献も
- 環境省 -
 環境省は、食品ロス削減と食品リサイクルを通じた「食品廃棄ゼロエリア」の創出・拡大を目指す。6月に国・地方脱炭素実現会議が示した「地域脱炭素ロードマップ」で、重点施策として資源循環の高度化を通じた循環経済への移行があげられたことを踏まえ、自治体や事業者が特定のエリア内で、地域ごとに最適な方法で食品廃棄のゼロを目指す取り組みを促進する。
◇新たなプロジェクトチームが発足
技術者中心に課題解決へ/定時総会を開催
- 泥土リサイクル協会 -
 (一社)泥土リサイクル協会(愛知県稲沢市、木村孟理事長)は、8月20日に名古屋市内で第17回定時総会を開催した。コロナ禍の影響により2年ぶりの総会となり、この間、泥土リサイクル活性化プロジェクトチームを発足させている。同協会の理事である排出業者の中堅技術者を中心に組織し、情報提供・課題抽出を行い、企業としての枠を超え業界全体に適切なアイデアを創造し最適な再生利用方法・スキームの立案・発信を行っている。
◇環境出前講座1年半ぶり
八代市小学生が生ごみから野菜
- 熊本産資協会青年部会 -
 (一社)熊本県産業資源循環協会・青年部会は、8月6日、熊本県八代市の小学生親子を対象にした八代青年会議所ローカルフードサイクリングの中で、環境出前講座を実施した。県内の新型コロナ感染拡大以降、1年半ぶりの環境出前講座となった。青年部会の髙木繁幹事(髙木栄商店)と部会員5名、事務局1名で講座を担当した。
◇高性能のソーター、マテハン
宮城の処理施設で採用
- サナース -
 サナース(横浜市、海老原豊社長)は、宮城県の中間処理施設にシュタイナート社製「KSSコンビネーションソーター」、ゼネボーゲン社製「定置型電気式マテリアルハンドリングマシーン835」「マルチローダー355E」をそれぞれ納品した。産廃・解体・金属リサイクルの多角経営を進めるイーストコア(宮城県岩沼市)が、今年8月の廃棄物破砕や鉄・非鉄スクラップの複合リサイクルセンター「EAST CORE 岩沼 ENSA」の開設に際して導入したもの。

参考価格: 544円 定期購読(1年プラン)なら1冊:525円

環境ビジネスの担い手から広い支持を受けてます!

  • 2021/09/13
    発売号

  • 2021/09/06
    発売号

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/08/23
    発売号

  • 2021/08/16
    発売号

  • 2021/08/02
    発売号

森林科学

日本森林学会

最大
23%
OFF
送料
無料

森林科学

2021年06月15日発売

目次: 森林科学 No.92

表紙写真::ニホンヤマビル(森嶋佳織撮影 2018年7月 新潟県五泉市にて)
表紙イラスト: 赤谷加奈(いきものパレット)
枝が耐えられる加重はどのくらいでしょう?ネットで検索してみるとアルガンツリーの枝先ギリギリに立つ、大勢のヤギの映像を見つけました(森の休憩室より)。

特集 森の吸血動物を知ろう

“山ありダニあり”ところによりヒルあり 1 逢沢 峰昭 
ニホンヤマビルとその分布 4 逢沢 峰昭・森嶋 佳織 
DNA解析によるニホンヤマビルの宿主動物の識別と分布拡大範囲の推定 8 森嶋 佳織 
あなたの知らないマダニの世界 12 岡部 貴美子 
マダニが運ぶ怖い病気 16 前田 健

シリーズ うごく森 つる植物はうごく 22 加藤 正吾
シリーズ 森をたべる 「毒きのこ」にご用心! 26 根田 仁
シリーズ 森をはかる 河川での放射性物質の再拡散を測る―35年前のチェルノブイリ事故が示すもの― 30 五十嵐 康記
シリーズ 林業遺産紀行 平へいぞうざわ蔵沢ヒバ人工林施業展示林 32 安永 正治
コラム 職場紹介 
北から 日本最北地域で獣害対策を考える 36 明石 信廣 
南から 造林木のゆりかごから 37 山中 豪
コラム 森の休憩室Ⅱ 樹とともに 樹はしなやかに曲がる 38 二階堂 太郎
ブックス 39
編集後記 42

参考価格: 1,100円 定期購読(1年プラン)なら1冊:849円

森林について一歩ふみこんで知りたいあなたへ

  • 2021/02/15
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/02/15
    発売号

  • 2019/10/15
    発売号

  • 2019/06/15
    発売号

創 省 蓄エネルギー時報

エネルギージャーナル社

送料
無料

創 省 蓄エネルギー時報

2021年09月15日発売

目次: ◇特集:脱炭素元年の22 年度予算概算要求
 ①大幅増額となる創省蓄エネ関連
 ②再生エネ交付金と税制改革の行方
 ③2兆円NEDOグリーン基金進捗状況
○再生エネ規制改革最前線[5] ~バイオガス発電に廃棄物行政の壁
○おらが企業のチャレンジ・ゼロ⇒九州電力
○秋本議員の再生エネ永田町報告
○一考/ 再考
○再生エネ海外動向
○創エネコラム
○情報ファイル

新エネルギーに関する動向を一早くウオッチ・解説・論評する新しい媒体

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/15
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

地球温暖化

日報ビジネス

送料
無料

地球温暖化

2021年09月20日発売

目次: [特集]

FITからFIPへ 小水力発電のゆくえ


〈イントロダクション〉
小水力発電の事業性をどう維持するか

〈イントロダクションインタビュー〉
全国小水力利用推進協議会 代表理事 上坂 博亨氏

〈インタビュー〉
エネルギー政策を核にした地域運営
滋賀県立大学 環境科学部 講師 平岡 俊一氏

〈寄稿〉
日本版FIPの創設と再エネ開発の行方
エネルギー戦略研究所(株) 取締役研究所長 山家 公雄

〈事例〉
(株)群馬銀行、(株)リバー・ヴィレッジ、栃木県

〈トピックス〉
適正な水車選定、開発のススメ

〈特報〉
全国大会が2年ぶりに富山で開催

〈連載〉
小水力発電の現場から◎河津川水力発電所
小水力発電なるほど!豆知識/農村振興局による小水力発電の整備状況

スペシャルインタビュー

新電力会社が再エネ推進で団体設立

(一社)再エネ推進新電力協議会 代表理事 小嶋 祐輔氏、三宅 成也氏


連載

小西雅子インタビューシリーズ
paint a future~持続可能な未来をつくる主役たち

第16回(前編) (一社)日本風力発電協会


特別インタビュー

ゴールドマン環境賞受賞

認定NPO法人気候ネットワーク 理事 平田 仁子氏



連載

SDGs時代のエネルギー戦略~脱炭素地域のはじめ方
●第5回 地域の課題解決と脱炭素を同時に考える


環境教育ポスター公募展入賞作品より


総点検 電力システム改革~再エネ普及の課題
●再エネ重視の新電力の動き


後悔しない地球温暖化適応策
●第9回 梅雨豪雨は温暖化でどうなるのか?
~将来予測をベースにして


どうなる・どうする?! 都市温暖化
●第2回 なぜ都市が温暖化するのか?


シリーズ福島10年
その2 (公財)福島県産業振興センター/エネルギー・エージェンシーふくしま


木質バイオマスの利活用はどうあるべきか
●第43回 竹のバイオマスエネルギー利用に向けて


地域発!challenge脱炭素~全国自治体2050ゼロ
◎長野県


がんばれ!中小企業!! 七転八起
◎ワイズグローバルビジョン(株)


わが社にも導入したい!省エネ・節エネ対策Part3
●第4回 金属製品製造業における省エネ対策


平田仁子と読み解く、パリ協定後の気候変動対策
●第33回 問われる脱炭素への本気度


新連載 地域新電力の挑戦
●第1回 (株)中之条パワー


地中熱69
◎丸亀市役所新庁舎


得する節エネ省エネ再エネインフォメーション


今さら聞けない電気のハナシ
●第6回 電気を貯める:電力貯蔵の種類としくみ


シリーズ激動中国 パリ協定後の気候変動政策
その24  中国全国炭素排出量取引制度の実施とその意義


最新!ドイツ温暖化対策事情
●金融ビジネスの方向切替


イクレイ通信

Vol.15 国際動向を基準に目標設定を


昆虫先生の学べるシリーズ 気候と生物
●第6回 熱帯の生物:生物多様性とその減少


話題

第6次エネルギー基本計画の素案発表


とぴっく

●地球温暖化対策計画の素案まとまる
◎熊本県/山口電気工事(株)
◎(株)浜田/●ポスト2020生物多様性枠組採択へ向けて
インフォーメーションプラザ
国・自治体・世界のNEWSから
話題の省エネ・再エネ情報
購読申し込み・バックナンバー
編集後記
4コマ漫画「ななこのちょっとした挑戦!」
広告索引・奥付

地球を守る人々のライフスタイル&ビジネスマガジン

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/03/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/09/20
    発売号

都市と廃棄物

環境産業新聞社

送料
無料

廃棄物業界の動向を毎月お届け

  • 2011/02/01
    発売号

  • 2011/01/01
    発売号

  • 2010/12/01
    発売号

  • 2010/11/01
    発売号

  • 2010/10/01
    発売号

  • 2010/09/01
    発売号

日経ESG

日経BP

最大
40%
OFF
送料
無料
参考価格: 2,770円 定期購読(3年プラン)なら1冊:1,658円

ロボット産業 最前線

産業タイムズ社

ロボット産業 最前線

2021年07月19日発売

目次: 第1章 新しい潮流が生まれるロボット産業
◇カーボンニュートラルが産業用ロボット投資に波及
◇新型コロナの拡大が新たなロボット需要を喚起
◇ロボットが物流施設の価値向上に貢献
◇業務用サービスロボットが省人化対策で採用増加
◇外食・飲食店舗でロボットの導入が加速
◇米中で宅配・配達ロボットの活用が拡大
◇紫外線照射ロボットの開発が国内外で加速
◇海外ロボットベンチャーの資金調達がさらに加速
◇サブスクリプション型のロボットサービスが拡大
◇ロボットが日常的に調理する世界が近づいている
◇注目のスタートアップ企業 avatarin インタビュー

第2章 国内の産業用ロボット関連企業
アイエイアイ/アズビル/アセントロボティクス/アポロ精工/岩下エンジニアリング/ウィングロボティクス/オークラ輸送機/オムロン/オリックス・レンテック/川崎重工業/カワダロボティクス/KiQ Robotics/京セラ/Kyoto Robotics/神戸製鋼所/コムス/ジェーイーエル/芝浦機械/蛇の目ミシン工業/ジャパンユニックス/JUKI/シンフォニアテクノロジー/スキューズ/スター精機/住友重機械工業/セイコーエプソン/セーラー万年筆/ダイアディックシステムズ/ダイヘン/タツモ/チトセロボティクス/津々巳電機/デンソーウェーブ/東京ロボティクス/日本電産サンキョー/ハーモ/パナソニック スマートファクトリーソリューションズ/平田機工/ファナック/FUJI/不二越/不二輸送機工業/堀内電機製作所/豆蔵/三菱電機/武蔵エンジニアリング/Mujin/安川電機/ヤマハ発動機/ユーシン精機/リンクウィズ/ローツェ/早稲田大学(Nicebot)

第3章 海外の産業用ロボット関連企業
Agile Robots/ADTECH/EFort(安徽埃夫特智能裝備)/イグス/イノベーション・マトリックス/ABB/Estun/XYZ Robotics/F&Pパーソナルロボティクス/Auboロボティクス/KUKA/Covariant/コマウ/Siasun(新松機器人自動化)/GSK(広州数控設備)/JAKAロボティクス/ストーブリ/ソフト・ロボティクス/TAMASEC robot/テックマン・ロボット/デルタ電子/Doosan Robotics/DOBOT/ハイウィン/パスロボティクス/現代ロボティクス/VMMORE(深セン市微秒控制技術)/フエスト/プラスワンロボティクス/FRANKA EMIKA/Precise Automation/Flexiv/Mech-Mind Robotics Technologies/UFACTORY/ユニバーサルロボット/ラピッドロボティクス/リアルタイム・ロボティクス/RIOS/リシンク・ロボティクス/wandelbots

第4章 国内のサービスロボット関連企業・団体
アーク/アールティ/IGP ROBOTICS/アイリスロボティクス/アイローボ・ネットワーク・フォーラム/AGRIST/浅草ギ研/ASTINA/アスラテック/アダマンド並木精密宝石/Ax Robotix/ATOUN/アトラックラボ/avatarin/アルテック/アルファクス・フード・システム/アンドロボティクス/イーエムアイ・ラボ/イーダブリューデザイン/イクシス/伊藤忠テクノソリューションズ/inaho/イノフィス/ifoo/ヴイストン/NEC(日本電気)/FIG/F-Design/MJI/Enkac/オカムラ/OKI(沖電気工業)/オムロン ソーシアルソリューションズ/オリィ研究所/OLPASO/㈲海馬/鹿島建設/GITAI Japan/キビテク/キヤノン/QBIT Robotics/協栄産業/銀座農園/GROUND/GROOVE X/Keigan/建ロボテック/講談社/幸和製作所/ココロ/コネクテッドロボティクス/CYBERDYNE/SEQSENSE/JMUディフェンスシステムズ/ジェイテクト/清水建設/シャープ/人機一体/シンテックホズミ/水道橋重工/スマートロボティクス/スマイルロボティクス/住友商事/セコム/ZMP/綜合警備保障/SOCIAL ROBOTICS/ソニーグループ/ソフトバンクロボティクス/ソミックマネージメントホールディングス/ソラリス/大和ハウス工業/タグチ工業/竹中工務店/知能技術/知能システム/TIS/合同会社DMM.com/THK/TechMagic/テムザック/Telexistence/テレノイドケア/電通グループ/東芝/Doog/ドーナッツ・ロボティクス/トピー工業/トヨタ自動車/TRUST SMITH/DONKEY/日本精工/日本電産シンポ/日本ユニシス/野村総合研究所/HarvestX/VAIO/ハイボット/Hakobot/ハタプロ/パナソニック/hapi-robo st/Hamee/Vanguard Industries/PwCコンサルティング合同会社/日立製作所/富士ソフト/富士通/Plasma/フラワー・ロボティクス/フランスベッド/Preferred Networks/PLEN Robotics/FRONTEO/本田技研工業/マクニカ/丸文/ミクシィ/三井E&Sホールディングス/三菱重工業/未来機械/村田機械/村田製作所/メルティンMMI/モリロボ/ヤマハ/ugo/ユカイ工学/ユニロボット/Rapyuta Robotics/リーフ/リクルートテクノロジーズ/レイトロン/レグミン/LexxPluss/ロボリューション

第5章 海外のサービスロボット関連企業
IAM Robotics/アイオロス・ロボティクス/IDEALworks/AIRO/アイロボット/アジリティ・ロボティクス/Abundant Robotics/アマゾン・ロボティクス/アリババ/e-Novia/InOrbit/インジェンダイナミクス/Intuition Robotics/インヴァートロボティクス/インヴィア・ロボティクス/インボット・テクノロジー/ヴェオリア/エイヴァ・ロボティクス/ASUS/HIT ROBOT GROUP/AMPロボティクス/AKA/エーソン/エクステンド・ロボティクス/エグゾテックソリューションズ/エクソ・バイオニクス/エコロボティクス/エンジェルロボティクス/SVTロボティクス/xRobotics/エニーボッツ/Effidence/FARobot/LGエレクトロニクス/エレメンタリー・ロボティクス/エンデバー・ロボティクス/Embodied/オーガスト・ロボティクス/OCロボティクス/AutoStore/OSARO/Obodroid/OhmniLabs/ORI/カーボンロボティクス/カタリアヘルス/カフェ・エックス・テクノロジー/Geek+/Keenon Robotics/Kiwibot/キノヴァ・ロボティクス/クイックトロン/クラウドマインズ/クリアパス・ロボティクス/グレイ・オレンジ/ゲッコー・ロボティクス/Kewazo/ゴーストロボティクス/コバルト・ロボティクス/コンチネンタル/Serve Robotics/SAIA Agrobotics/Seismic/サヴィオーク/サムスン電子/サルコス・ロボティクス/SYSCOM(凌群電腦)/シックス・リバー・システムズ/シムビロボティクス/German Bionic Systems/JASCI Software/シリウスロボティクス/深セン市鼎盛智能科技/京東集団/スターシップ・テクノロジーズ/スモール・ロボット・カンパニー/セグウェイーナインボット/ゼネックス・ディスインフェクション・サービス/ソフトウエア オートメーション/ソラリス・ディスインフェクション/Tiny Mile/ダブル・ロボティクス/Chowbotics/DJI/ディズニー・リサーチ/ディリジェント・ロボティクス/DESiN/temi/Dogtooth Technologies/トラベルメイトロボティクス/ナイトスコープ/Nuro/Niryo/NUWA Robotics/Nimble Robotics/ネイバー/Neolix Technologies/NXROBO/バークシャー・グレイ/VERSABOX/ハーベスト・オートメーション/Harvest CROO Robotics/ハーモニック・バイオニクス/HIKROBOT/バレット・テクノロジー/Hello Robot/パンゴリン/ハンソン・ロボティクス/ピアッジオ・ファスト・フォワード/BSH/Pickle Robot/現代自動車グループ/ピローヘルス/ファブリック/Pudu Robotics/フェッチ・ロボティクス/Fox Robotics/ForwardX Robotics/Printstones/ブルー・オーシャン・ロボティクス/ブルー・フロッグ・ロボティクス/Blue River Technology/ブレイン・コーポレーション/Promobot/ベアー・ロボティクス/ボサノヴァ ロボティクス/ボストン・ダイナミクス/マーブル/Magazino/マラソン・ターゲッツ/マルイノベーション/ミスティ・ロボティクス/Miso Robotics/メイクブロック/Moorebot/モーリー・ロボティクス/Mobile Industrial Robots/YOURS Technologies/Youcan Robot/UBTECHロボティクス/Unitree Robotics/Yunji Technology/Rice Robotics/ライトハンド・ロボティクス/ラックスロボ/リウォーク・ロボティクス/Liquid Robotics/リフラクション エーアイ/Lely/Root AI/Leju Robotics/Letvision/ローカス・ロボティクス/ROOBO/ロビー・テクノロジー/ROVENSO/Robosen Robotics/Robotelf Technologies/ロボティクスプラス/Robotiz3d

第6章 医療・バイオ関連ロボット企業
インテュイティブサージカル/ヴィーナスコンセプト/ヴィケリアス・サージカル/A-Traction/NDR Medical Technology/コリングループ/CMR Surgical/ジョンソン・エンド・ジョンソン/シンク・サージカル/東朋テクノロジー/Neocis/バーチャル・インシジョン/BionicM/フーリエ・インテリジェンス/Brain Navi Biotechnology/MICOTOテクノロジー/メディカロイド/メドトロニック/モビアスバイオニクス/リバーフィールド/ロボティック・バイオロジー・インスティテュート

第7章 国内の主なロボットシステムインテグレーター企業一覧

産業、サービス、医療用ロボット、団体の最新動向

  • 2020/07/20
    発売号

  • 2019/10/07
    発売号

  • 2018/10/09
    発売号

  • 2017/10/10
    発売号

  • 2016/10/10
    発売号

環境ビジネス 特別号

日本ビジネス出版

  • 2018/11/15
    発売号

  • 2018/08/28
    発売号

  • 2018/05/15
    発売号

  • 2018/02/28
    発売号

  • 2017/11/24
    発売号

  • 2017/08/21
    発売号

全74件中 1 〜 30 件を表示

ビジネス・経済 雑誌のカテゴリ

環境・エネルギー雑誌カテゴリでは環境を守る具体案や、現状の問題解説の雑誌を販売しています。太陽光発電・省エネなどの環境推進の具体的情報を提供する「環境ビジネス」や、地球温暖化対策の国際交渉や排出量取引制度など国内外での環境に対する最新動向を掲載する週刊誌「エネルギーと環境」、大気・水質・土壌汚染などの環境分野や廃棄物の適正処理について掘り下げる「週刊循環経済新聞」などがございます。環境問題についての最新情報を得るなら必読です。

環境・エネルギー 雑誌で人気の出版社から探す

環境・エネルギー 雑誌の発売日一覧

本日発売の環境・エネルギー 雑誌

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌