地方自治・行政 雑誌 ランキング

1 厚生労働

日本医療企画

送料
無料

厚生労働

2021年03月01日発売

目次: ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2021年3月号(2021年3月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
中川大志さん(俳優)

今まで見たことのない
新しい自分を見つけたい

コメディからシリアスまで、作品ごとに異なる魅力を発揮している中川大志さん。
最新作『砕け散るところを見せてあげる』では、いじめられていた後輩の女子高生との出会いから、多くの困難に立ち向かうことになる高校生役に挑んでいます。過酷なシーンの数々を演じきった中川さんに、同作や「演じること」に対する思いをうかがいました。

-----------------------------------------------------------------

◆特集◆
いのちを支える自殺対策
悩んでいる“あなた”に届けたい

2020年の自殺者数が公表され、11年ぶりに昨年を上回ったことが明らかになっています。
「大切ないのち」を守るために、一人ひとりができることについて考えてみませんか?

PART1 解説
 2020年の数値から読み解く
 コロナ禍の今、自殺の危機に迫る

PART2 取り組み
 自治体や民間団体の取り組み
 自殺対策の実践

PART3 国の対策
 不安や悩みへの適切な相談対応がカギ
 自殺防止に必要なこと

PART4 国の支援策
 悩みに合わせた窓口が見つかる
 最初の一歩 支援へのつながり方

-----------------------------------------------------------------
その他注目の記事!
-----------------------------------------------------------------
■特別連載
 Approaching the essence ―「社会のリアル」に学ぶ―
 コロナ禍の「孤立」
 若者が自殺を選ぶ理由を探る

■特別企画
 “女性の健康習慣に考えたい”
 ワタシのカラダを愛しむということ

■ソーシャル・チャレンジャーズ 東京都多摩市
 健幸まちづくり

■バリアフリー
 若年性認知症
 見た目では伝わらない大変さ

■TOPICS
 3月からいよいよスタート!
 医療機関でマイナンバーカードを使う

■今月のPICK UP

■Close UP 未来のつぼみ
 「共感と信頼」のブランドイメージへ

■新型コロナウイルス最前線
 新型コロナワクチンの副反応

■技能の道
 試作モデル製作 水月理央さん

■統計データ
 令和元年 国民健康・栄養調査

■それ、法律違反です!
 無期転換の申し込みを拒否された

■ながら運動のススメ
 家に居ながらリラックスヨガ

■イベント案内

■編集後記・次号予告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2021年4月号(2021年4月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆特集1◆
 誰一人取り残さない社会に向けて
 ―つながり・重なり・支え合う 地域共生社会―(仮)

◆特集2◆
 シニア世代の“仕事力”を引き出す(仮)

◆MHLW TOP INTERVIEW◆
 黒木華さん(女優)

参考価格: 660円

厚労省の政策をわかりやすく伝える唯一の情報誌

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2021/01/01
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

最大
6%
OFF
送料
無料

テーミス(THEMIS)

2021年03月01日発売

目次: 【THEMISレポート】
五輪中止へ‐組織委混乱&聖火拒否続く
森「失言」は計画されていた
橋本聖子新会長の手腕に疑問が残るなか’24年再延期や「安倍待望論」も広がるが


【政 治】
・厚生労働省を分割せよ‐言い訳や面従腹背全部暴く
・菅危うし‐二階は野田聖子・稲田朋美擁立へ‐「菅首相で選挙はできない」と
・総務官僚‐「菅政権」へ陰湿な逆襲始める‐東北新社・かんぽ不正・ふるさと納税
・林芳正‐二階派破り「首相の座」へ急ぐが‐岸田派率いる野心を秘め
・小池東京都知事&都民ファースト潰せ‐自民「復讐」へ走る‐二階幹事長の連携工作無視し
・蓮舫&辻元清美‐「パフォーマンス質問」はうんざりだ‐無責任な立憲と囃すメディア!
・《政官パトロール》財務省‐寺岡政務秘書官&大沢秘書官で官邸支配へ‐ジャーナリスト 横田由美子


【経 済】
・日銀の「デジタル通貨」実験→導入進む
・《連載 挑戦企業》吉野電化工業‐「めっき」で地方から世界へ──────政策研究大学院大学名誉教授 橋本久義
・東芝 東証一部復活も車谷社長を「ファンド」襲う‐物言う株主に振り回される
・「ゴーン」に追従した日産幹部の「保身」哀れ‐不正報酬に加担した反省なし
・ベイシアグループ‐コロナ越え1兆円へ驀進す‐カインズ、ベイシア、ワークマン束ね


【社 会】
・「検察」暴走‐林眞琴検事総長の指揮に批判沸く
・眞子さま‐「結婚&女性皇族」阻む難題続く
・日本の鶏卵業界‐「物価の優等生」を守れ
・「従軍慰安婦」‐教科書掲載への策謀暴く──────ジャーナリスト 大高未貴
・創価学会‐池田提言&遠山醜聞に狼狽す‐公明党へ内外から猛批判!

〈特集 メディアの真相〉
・朝日新聞‐「コロナ特措法改正案」で政権批判へ疾る─東京大学史料編纂所元教授 酒井信彦
・朝日&毎日「危機」加速す‐社長交代や中小企業化の衝撃‐部数急減で今や不動産業へ!?
・「週刊誌」低迷‐ネットが情報&広告奪った‐『文春』30万部、『新潮』17万部が示す
・NHK‐「前田の人事&組織いじり許すな」‐会長のやる気に職員は大反発!

・《連載 危機管理「黒書」5》 企業や省庁「機密」流出の全手口明かす‐ソフトバンクは「氷山の一角」だ
・寺岡光博 政務担当秘書官囲む「女子会」が生臭い‐財界人や新聞記者OBも


【生活&文化】
・認知症‐遺伝子治療が発症抑え根治も!
・東北電力‐ガスタービン「転用」で環境貢献へ‐東新潟火力の挑戦
・《原子力発電「再生」へ111》 脱炭素社会へ「新型原子炉」開発を急げ‐日立や東芝も参入へ
・持続化給付金「詐取」に群がった悪い奴ら‐ザル制度が税金を流出させた
・《中高年ノート》「脳過労」危機へ‐情報の洪水が脳を蝕む‐危険なスマホ脳が急増中


【国 際】
・ワクチン戦争‐国内開発→生産を急げ
・習近平‐「ミャンマー」懐柔し世界制覇へ‐クーデターの背後に「中国」あり
・《ワシントンレポート》バイデン政権は「武漢ウイルス」を消し去った─在米ジャーナリスト 古森義久
・WHO調査団‐中国の隠蔽&主張に屈す‐世界は「武漢発生」と見ているが


【早耳人事】
京セラ/神戸製鋼所/双日/オリックス/日本ガイシ/ホンダ/日本経済新聞社


【連 載】
・日本警世  トランプ抹殺に加担した朝日も産経も嘘ばかり ジャーナリスト 高山 正之
・日本異人伝  加藤清正‐ランボーのような「勇者」にあらず 東京大学史料編纂所教授 本郷 和人
・自衛隊密着ルポ  中国・海警局へ「海保の準軍事化」で対せ 防衛問題研究家 桜林 美佐
・大 喝 国際機関「信仰」を止めよう
・政官界の内幕 岸田文雄氏の「存在感」高まる
・THEMIS LOBBY 防衛省が一笑に付した共同通信の誇大記事
・テレビ短針 『グッとラック!』終了は当然だ
・スポーツ短針 田中将大‐楽天凱旋に不安あり
・小社から読者の皆さまへ
・往来之記


参考価格: 1,171円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,100円

21世紀のリーダーに支持され信頼されるNO.1情報誌

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2021/01/01
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/11/01
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

送料
無料

月刊 ガバナンス

2021年03月01日発売

目次: 目次
●特集:東日本大震災10年──復興の到達点と課題
【キャリアサポート面】
●連載
●巻頭グラビア
●連載
●取材リポート
●Governance Focus
●Governance Topics
●連載
●カラーグラビア
■DATA・BANK2021




●特集:東日本大震災10年──復興の到達点と課題
2011年3月11日に発生した東日本大震災。2万2000人以上の死者・行方不明者に加え、東京電力福島第1原発の事故が起きた福島では、いまだに多くの人が避難を続けている。さらに今年2月13日深夜には最大震度6強の地震が宮城県・福島県を襲った。未曽有の大災害から今年3月で丸10年。当初、国が掲げた復興・創生期間が経過し、津波で大きな被害を受けた沿岸部を中心に交通インフラの復旧や土地の造成、住宅の建設などハード面での整備は大きく進んだ。その一方、コミュニティや暮らしの再生、心のケア、さらに人口減少の先鋭化などの課題も指摘されている。また、熊本地震や度重なる豪雨災害、そして新型コロナパンデミックと災禍が続く中、記憶の風化も進む。21年度からは延長された第2期の復興・創生期間が始まるが、その前に10年間の復興の到達点と課題について考えてみたい。
(月刊「ガバナンス」2021年3月)
山﨑 敦(河北新報社報道部震災・遊軍班統括キャップ)

必ずや東北人の手で復興を成し遂げる──東日本大震災10年で問われるもの/山﨑 敦(河北新報社報道部震災・遊軍班統括キャップ)

東日本大震災の発生から10年。多くの遺族の心の時計は、「あの日で止まったまま」だ。「震災で失われた命」「震災で生かされた命」「これから生まれてくる未来の命」という三つの命と真摯に向き合い、「人間の復興」という究極のゴールに向けて考え、問い続けていく。必ずや東北人の手で復興を成し遂げなければならない。

■復興まちづくり事業の成果と課題──「ガバナンス」の観点から/姥浦道生(東北大学大学院教授)

東日本大震災の被災地が、復興空間計画とその実施によって共通して目指したのは、第一には、今回の災害の原因となった津波からの安全性を確保すること、第二には、これを機に地域が有していた従前の空間的課題を認識し解決することである。これら2点を達成することによって、被災地をサステナブルな地域に再生させる。これが復興において共通して目指された姿であり、空間計画が担ったのは、そのための空間づくりであった。

■減災へのまちづくりは進んだか/河田惠昭(関西大学社会安全学部特別任命教授・社会安全研究センター長)

東日本大震災の後、津波防災地域づくりに関する法律に基づく土地区画整理(以下、区画と略称)事業や防災集団移転促進事業などを進めるには、津波防災施設の高さと密接に関係するため両者を整合させなければならない。ところが、復興事業ではL1津波として1896年明治三陸津波を考慮したために過大になってしまい、背後地の区画事業や高台移転地の地盤高決定に採用されてしまった。このようになった理由は、事業費を国費で全額負担するという制度にある。自治体の一部負担が求められていれば、コスト削減だけでなく景観や土地利用、あるいは途中段階での土地利用計画の変更も可能だったはずである。しかも、まちづくりと津波防災施設の経費がまったく独立して算定されたために、“全体最適”な結果とはならなかった。ここでは、震災の復興まちづくりに関する膨大な資料解析と現地調査結果に基づく考察結果の要点を記述しよう。

■大震災の記録・記憶をどう伝承しているのか/佐藤翔輔(東北大学災害科学国際研究所准教授)

東日本大震災では、これまでの災害史上に類を見ないほど、「伝承」への関心が高まっている。ここでは東日本大震災の災害伝承に関する、行政としての動き、施設や活動団体の状況を紹介したい。

■災害ボランティア活動の拡大と再構築/室﨑益輝(兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長・教授)

東日本大震災は、その被害の広域性、甚大性、深刻性ゆえに、わが国における災害対応や災害支援のあり方を変える大きな転機となった。災害ボランティア活動のあり方も、東日本大震災の支援活動の中で大きく変わった。その変化が、わが国の減災の取り組みや災害救援の取り組みに、どのような影響や課題をあたえたのかを振り返り、今後の災害支援ボランティアのあり方を考える一助にしたい。

■地域防災計画の変遷と課題──命と尊厳を守る計画になるために/鍵屋 一(跡見学園女子大学教授)

地域防災計画の目的は「住民の生命、身体及び財産を災害から保護する」こととなっている。尊厳をキーワードに考えることで、誰一人取り残さない地域防災の実現に近づいていく。尊厳が守られなければ命も危ないのが高齢社会である。そこで、地域防災計画の目的を「住民の生命、尊厳、財産を災害から保護する」に変えることを提案したい。

■災害時における自治体の広域連携はどこまで進んだか/牛山久仁彦(明治大学政治経済学部地域行政学科長・教授)

今後は、災害時における自治体の広域連携の取り組みをより洗練したものとし、予想される今後の激甚災害に対応できるものにしていく必要があろう。それと同時に、こうした取り組みが参考となり、多くの自治体の連携施策として実現されねばなるまい。激甚災害は、人知を越えて深刻な被害をもたらすことが多いが、自治体間のネットワークと絆でこれを乗り越えていかなくてはならない。

■防災教育について考えるための二つの視点──「助ける/助かる」と「に関する/を通した」/矢守克也(京都大学防災研究所巨大災害研究センター教授)

防災教育にはわかりやすいメッセージが必要だとの考えに反対はない。しかし、単純素朴で場当たり的な手法論に終始していてよいのか。防災教育が独り立ちするためには、しっかりした基軸、大袈裟に言えば哲学と理念が必要である。本稿では、さしあたって注意を払うべきだと筆者が考えている二つの基軸、「助ける/助かる」と「に関する/を通した」について述べてみたい。

■厳しさ増す被災者の生活再建──在宅被災者と公営住宅入居者の今/岡田広行(東洋経済新報社記者)

東日本大震災では、防潮堤や高速道路建設など、ハード面での復興事業は大方が完了している。その反面、被災者の生活における復興の格差はむしろ拡大する一方だ。未曾有の大災害から10年が経過しようとする今こそ、被災者の生活実態を把握し、正面から向き合った取り組みが求められている。

【キャリアサポート面】
●キャリサポ特集
新型コロナのリスクアセスメント術

感染の広がりなどが地域ごとに異なる新型コロナウイルス感染症。いまだその勢いは衰えませんが、自治体は自らの地域が置かれた状況を適切に捉えて対策を講じていく必要があります。そこで前提になるのが、リスクアセスメント。コロナのリスクをどこまで的確に評価できるかで、その後の対応は大きく変わってきます。今号ではあらためて新型コロナのリスクアセスメント術について考えてみたいと思います。

■コロナ禍における自治体のリスクアセスメント/高鳥毛敏雄(関西大学社会安全学部・社会安全研究科教授)

感染症対策にリスクアセスメントが導入されたのは、現感染症法が制定されてからである。この感染症法では、リスクアセスメントを重視し、感染症がまん延する前に対処する、いわゆる事前対応型の体制をつくることを求めている。しかし、感染症のパンデミックが発生した折には通常のシステムでは対応が間に合わない。COVID-19にはリアルタイムで対応する体制がつくられている。これを機に感染症対策における自治体の役割の強化が必要である。

■自治体産業医の視点で見る新型コロナのリスクアセスメント/築島 健(札幌市総務局職員部職員健康管理担当部長)

労働衛生の見地から言うと、「リスク」とは、「ハザード」と「確率」の積であるとざっくりと考えられている。事象の「重大性」と「可能性」のマトリクスである。しかしながら今、我々自治体職員が直面している事案のハザード(危険性又は有害性)がどれほどのものになるのか、そしてそれに見舞われる確率がどれほどのものになるのかが分かっている人は、おそらくいないのではないだろうか。

〈インタビュー/東京都八王子市保健所長・渡邉洋子さんに聞く〉
■感染対策は“マスク・手洗い・換気”の基本が何より大切

新型コロナウイルス感染症の第3波に見舞われている日本列島。二度目の緊急事態宣言が一部都府県に出され、予断を許さない状況がなおも続いている。そんななか、コロナ禍にどう向き合っていけば良いのか。発生から1年以上が経った今、リスクアセスメントを視野に、あらためて感染対策の基本や具体的な対応などについて、東京都八王子市健康部長兼保健所長の渡邉洋子さんに聞いた。

●連載
■管理職って面白い! ネガティブ思考/定野 司
■「後藤式」知域に飛び出す公務員ライフ
 ワーク・ライフ・コミュニティ・バランスの融合とバランス/後藤好邦

■誌上版!「お笑い行政講座」/江上 昇
■〈公務員女子のリレーエッセイ〉あしたテンキにな~れ!/阿久澤由紀子
■AI時代の自治体人事戦略/稲継裕昭
■働き方改革その先へ!人財を育てる“働きがい”改革/高嶋直人
■未来志向で考える自治体職員のキャリアデザイン/堤 直規
■そこが知りたい!クレーム対応悩み相談室/関根健夫
■独立機動遊軍 円城寺の「先憂後楽」でいこう!/円城寺雄介
■We are ASAGOiNG ! 地域公務員ライフ/馬袋真紀
■ファシリテーションdeコミュニケーション/加留部貴行
■“三方よし”の職場づくり/藤岡靖幸
■誰もが「自分らしく生きる」ことができる街へ/阿部のり子
■地方分権改革と自治体実務──政策法務型思考のススメ/分権型政策法務研究会
■もっと自治力を!広がる自主研修・ネットワーク
 /公務員Shiftプロジェクト(山形県)

●巻頭グラビア
□シリーズ・自治の貌
 渡部 尚・東京都東村山市長
 ベッドタウンから「たのしむらやま」の実現へ

コメディアン・故志村けんさん(名誉市民)の「東村山音頭」で知られる東京都東村山市。2019年4月、「バージョンアップ!東村山3.0」を掲げて4選を果たした渡部尚市長は「寝に帰るだけのベッドタウン」から「住んでよし・働いてよし・楽しんでよし」の三拍子そろった「たのしむらやま」「生活充実都市」の実現を目指す。


渡部尚・東京都東村山市長(59)。ハンセン病患者の療養所「多磨全生園」の敷地内にある石碑「いのちとこころの人権の森宣言」の前にて。特措法・感染症法の改正について「刑事罰ではなくなったことについては、ハンセン病の療養所がある自治体の長としては、より望ましい形に落ち着いたのではないかと思う」と話す。

●連載
□童門冬二の日本列島・諸国賢人列伝 細川幽斎(十二) アナログ保全にデジタル活用

●取材リポート
□新版図の事情──“縮む社会”の現場を歩く/葉上太郎
 10年ぶりに酒蔵が帰って来る【福島酒・番外編(下)】
 原発事故、続く模索

津波に呑まれて蔵が壊滅し、原発事故に追われて避難先の山形県長井市で酒造を再開した福島県浪江町の酒蔵が、10年ぶりに帰って来る。もとあった浪江町の請戸地区は、津波の災害危険区域に指定されて住めないが、町中心部の「道の駅なみえ」に併設される醸造施設で、3月から酒造りを始めるのだ。浪江の地酒が復活するだけでなく、酒で復興を後押しするような構想も温めている。

□現場発!自治体の「政策開発」
 福祉関係機関が連携し支援困難者の支援体制を強化
 ──福祉相談窓口連携会議(岐阜市)

地域福祉の重点施策として「困りごとを受け止める体制づくり」を掲げる岐阜市では、多問題を抱える住民への支援に向けて「福祉相談窓口連携会議」を開催している。福祉関係機関等が情報交換を行って密接に連携し、生活困窮やセルフネグレクト、精神疾患、ひきこもり、認知症など複数の問題を抱えた支援困難者の相談支援体制を強化するのがねらいだ。警察署と協定を結び、社会的弱者見守りの連携も図っている。

□議会改革リポート【変わるか!地方議会】
 コロナ禍にあっても議会は役割を果たすべき
 ──オンラインによる議員フォーラム・研修会

新型コロナの感染拡大防止のため、議員対象の研修会等もオンラインでの開催が相次いでいる。2度目の緊急事態宣言が発出される中で開かれたフォーラム・研修会では、地方議会のニューノーマルやオンラインの活用性などを議論。コロナ禍にあっても議会は役割を果たすことなどが強調された。

●Governance Focus
□漁師はなぜ防潮堤の建設を拒んだのか
 ──東日本大震災から10年。岩手県釜石市唐丹町「花露辺」の団結と覚悟/葉上太郎

東日本大震災から10年が経ち、津波被災地の光景は、巨大な防潮堤の整備で一変した。だが、中には建設を拒んだ地区もある。岩手県釡石市唐丹(とうに)町の花露辺(けろべ)だ。9割の世帯が漁師なので、集落から海が見えず、作業場がなくなるのを嫌った。それだけではない。「コンクリート構造物では自然に勝てない。むしろ逃げよう」という、海に生きる人間の選択だった。集落全体が一隻の船に乗る運命共同体のような存在だからこそ、このような決断ができた。

●Governance Topics
□コロナ禍の中で「フレイル」予防をどう進めるか/「フレイルの日」記念講演会2021

スマートウエルネスコミュニティ(SWC)協議会、日本老年学会、日本老年医学会、日本サルコペニア・フレイル学会、大阪府高石市は2月1日、高石市内で「コロナに負けるな!フレイルの日記念講演会2021」を開催した。昨年1月に同日が「フレイルの日」に登録されたことを受けたもので、コロナ禍による健康二次被害も危惧されるなか、フレイル予防をどう進めていくか議論した。

□圏域制度めぐり実態やあり方などを議論/日本弁護士連合会・シンポジウム

日本弁護士連合会(日弁連)は1月26日、シンポジウム「人口減少時代の地方公共団体のあり方を考える。多様性と自主性を尊重した広域連携を目指して~」をオンラインで開催した。昨年6月の地方制度調査会(地制調)の答申や、定住自立圏や連携中枢都市圏の取り組みなどを手掛かりに、自治体の広域連携の実態やあり方などについて、学識者、基礎自治体の首長、弁護士が多岐にわたって議論を交わした。

□コミュニケーションの多様性と合理的配慮を考える/第6回ふじのくにニッポンの縁側フォーラム

社会福祉の現場にかかわる人たちが集まり、語り合う恒例の「ふじのくにニッポンの縁側フォーラム」が1月23日に開催された。今回は会場の人数を限定したうえで、オンラインでも配信。静岡県外からのゲストもリモートで参加し、テーマとなったコミュニケーションを考えるのにふさわしい新たなスタイルで行われた。

●連載
□ザ・キーノート/清水真人
□自治・分権改革を追う/青山彰久
□新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之
□自治体のダウンスケーリング戦略/大杉 覚
□市民の常識VS役所のジョウシキ/今井 照
□“危機”の中から──日本の社会保障と地域の福祉/野澤和弘
□自治体の防災マネジメント/鍵屋 一
□市民と行政を結ぶ情報公開・プライバシー保護/奥津茂樹
□公務職場の人・間・模・様/金子雅臣
□生きづらさの中で/玉木達也
□議会局「軍師」論のススメ/清水克士
□「自治体議会学」のススメ/江藤俊昭
□リーダーズ・ライブラリ
 [著者に訊く!/『ネットワーク活動でひろがる公務員ライフ』後藤好邦]

●カラーグラビア
□技・匠/大西暢夫
 自然界の営みを最大限生かした組み合わせ
 ──名塩和紙職人・谷野雅信さん(兵庫県西宮市)
□わがまちの魅どころ・魅せどころ/宮城県東松島市
 あの日を忘れず持続的で未来志向のまちへ
□山・海・暮・人/芥川 仁
 家は離れとっても、気持ちはすぐ隣──徳島県名東郡佐那河内村
□土木写真部が行く~暮らしを支える土木構造物
 災害により運命が変わった石橋~諫早眼鏡橋
□人と地域をつなぐ─ご当地愛キャラ/たかたのゆめちゃん(岩手県陸前高田市)
□クローズ・アップ
 それでも、灯はともる──岩手県釜石市、「呑ん兵衛横丁」のその後

■DATA・BANK2021
自治体の最新動向をコンパクトに紹介!

参考価格: 1,045円

21世紀の地方自治を作る総合情報誌

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

4 ビジネス法務

中央経済社

最大
20%
OFF
送料
無料

ビジネス法務

2021年02月20日発売

目次: Vol.21 / No.4 April 2021

【特集1】
条項例をもとに基礎から解説
「金銭支払条項」起案・審査の着眼点

◆ 総 論「金銭支払条項」をめぐる法的・実務的論点… 出澤秀二 12
◆ 代金の定め,サンクション,支払管理,精算ほか
「金銭支払条項」起案・審査のチェックポイント… 大賀祥大/丸野登紀子 16
◆ 代 金… ……………………………………………………………………… 16
◆ 未払い時のサンクション… ………………………………………………… 20
◆ 支払管理のための条項… …………………………………………………… 22
◆ 解除,途中解約時の精算条項……………………………………………… 26
◆ 準拠法,為替リスク,債権回収コスト
渉外取引における「金銭支払条項」の留意点…………髙橋直樹 29

【特集2】
精神疾患に起因する社員の問題行動
への労務対応

◆ 問題行動として捉えられる精神疾患の症状と
産業医の視点から見た企業対応
森本英樹 44

◆事実に対する裁判所判断を分析
精神疾患に起因する人事措置に関する
 裁判例の動向
山崎貴裕 49

◆発症・認定,休職,復職時の各段階における
企業の考慮要素と対応プロセス
岡芹健夫 54

【特別企画】
◆2020年に起きた企業不祥事と
コンプライアンス強化へ向けた示唆
  山口利昭 38

【実務解説】
◆中国個人情報保護法草案の概要と企業の事前対応策
原 洁/張 国棟 33

◆リモート取締役会,監査役会,株主総会等の開催に関する実務上の工夫
 企業の意思決定に関する書面・対面規制の現状と解決方法 立川 献 58

【地平線】
◆企業は社会問題にどう向き合うか
 ――ISO 26000の遵守で内部統制の実現を 森田 章 1

Trend Eye
◆ユニバーサルミュージック事件高裁判決にみる
 同族会社の行為・計算否認の法理  佐藤香織 4

Lawの論点
◆米国連邦議会反トラスト法小委員会が示す
 GAFA対応の視点と日本への示唆  大久保直樹 81

◆著作権法における侵害主体論の現代的課題(上)  奥邨弘司 101

◆施行日前後の取締役会決議,総会議案,事業報告への影響
 2021年3月期末に係る株主総会へ向けた改正会社法対応 松浪信也 65

◆米国連邦政府によるTikTok・WeChat規制に対する訴訟の概要
 大久保 涼/長谷川 紘 77

◆仲裁・調停機関におけるオンライン紛争解決手続と
 戦略的利用の視点 高取芳宏 85

◆図書館から各家庭への蔵書オンライン送信をめぐる
 著作権法改正の動向 唐津真美 96

◆「危機」を「チャンス」にできるか?
 対談 コロナ禍で再定義される法務部門の役割 中村 豊/淵邊善彦 107

◆適切な減額度合の検討,トップによる説明方法
 労働者の賃金減額にまつわる法的留意点 嘉納英樹 118

◆新ガイドラインにみる
 副業・兼業における労働時間管理の要否と方法論 荒井太一 122

◆ジョブ型雇用のメリット・デメリットと職務記述書作成の実務
 山畑茂之 126

◆ケーススタディで考える不正競争防止法リスク(上)
 ――外国公務員贈賄罪 御代田有恒 141

◆不祥事予防プリンシプル,取組事例集から考える
 平時のコンプライアンス活動において企業が意識すべき3カ条
 大庭浩一郎 145

【連 載】
◆LEGAL HEADLINES  森・濱田松本法律事務所編 6

◆証拠からみる 独禁法違反認定の鍵
 最終回 トイザらス事件  向 宣明 72

◆最新判例アンテナ
 第33回 債権譲渡として行われている給与ファクタリングが
 貸金業法にいう「貸付け」に当たるとした事例 三笘 裕/石本晃一 89

◆法とことばの近代史
 第8回 〈商法〉  山口亮介 90

◆敵対的買収への企業対応の最新動向
 第3回 日本における敵対的買収を取り巻く制度①
 松原大祐/政安慶一 92

◆企業法務史のターニングポイント
 第4回 企業不祥事とコンプライアンス強化 高野雄市 112

◆画像比較ですっきり理解!「知財侵害」回避のための着眼力
 第7回 キャラクターの法的保護 溝上武尊 114

◆東南アジアの贈収賄規制・執行の最新事情
 第7回 フィリピンの贈収賄――会社役員の責任にも注意
 大塚周平/Ben Dominic Yap/Jess Raymund M. Lopez 131

◆株主・株式からみた中小企業M&A の実務
 第10回 株主の相続の問題 辛嶋如子 136

◆フィンテック実務の最前線――法務と政策渉外の現場から
 第3回 決済サービス(上) 木村健太郎/髙尾知達 150


【試験関係> 
ビジネス実務法務検定試験(3・2級) 演習問題…………… … 156
編集後記・次号予告・広告募集……160

参考価格: 1,700円

各種法改正・最新動向をわかりやすく解説した企業法務担当者必見の実用法律誌

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

5 月刊 石垣

日本商工会議所

最大
11%
OFF
送料
無料

月刊 石垣

2021年02月10日発売

目次: 【特集1】
「3K産業から最先端の環境産業へ 環境ビジネス最前線」
泥土を捨てずに再資源化し低コストで宝物に変える
-森環境技術研究所(新庄商工会議所)
業者のデータ化と料金の透明化で産業廃棄物のリサイクルを推進する
-ワイルドディープ(東京商工会議所)
日本最大の繊維産地・尾州発再生羊毛ブランドで起死回生を狙う
-大鹿(一宮商工会議所)
消火薬剤リサイクルの新技術で未開拓分野に進出する
-兼定興産(久留米商工会議所)

【特集2】
「コロナ禍で激増! 理不尽なクレームへの対応法 カスタマー・ハラスメントをはね返す」
人財教育アシスト代表・クレームアドバイザー 山田 泰造

【伝えていきたい日本の技】
『sufuto』清原織物(守山商工会議所)

【リーダーの横顔】
所沢商工会議所 会頭 荻野 敏行 株式会社三ヶ島製作所

【あの人を訪ねたい】
吉沢 亮(俳優)

【もらってうれしい大人の手土産(旅行ジャーナリスト 小林しのぶ)】
『三河煙火 手筒竹輪』ヤマサちくわ(豊橋商工会議所)

【パラリンピックのチカラ(スポーツライター 星野 恭子)】
固い絆で結ばれた愛馬と踏む力強いステップで世界最高峰の舞台へ!
高嶋 活士

【渋沢栄一の軌跡】
中の家(埼玉県深谷市)

【アジアの風(亜細亜大学 都市創造学部教授 後藤 康浩)】
2021年は“ABCDE”革命元年に

【こうしてヒット商品は生まれた!】
『雲丹醤油』ロコファームビレッジ(札幌商工会議所)

【身の丈ITで生き残れ!】
水谷精機工作所(桑名商工会議所)

【今日から始める“大人”健康生活(医学博士・健康科学アドバイザー 福田千晶)】
気をつけたい、冬の入浴 「ヒートショック」が起こるメカニズム

【会社の法律Q&A(第一法規株式会社)】
営業現場にタブレットを導入する際の判断基準とは

【真壁昭夫の経済底流を読み解く】
前途多難な2021年 どんな年になるだろう?

【「下町育ちの再建王」の経営指南(株式会社風土 代表取締役会長 小山 政彦)】
コロナ禍中でも人生は変えられる

【日商情報】
地域経済活性化に向けて 野上農水大臣と懇談
行政・中小企業・地域のデジタル化に関する意見・要望
赤羽国交大臣に提言書を手交
同一労働同一賃金まるわかりBOOK

【セレクト地域短信】
大曲商工会議所
高砂商工会議所
糸魚川商工会議所
沼田商工会議所

【クローズアップ女性会】
長岡商工会議所女性会
気仙沼商工会議所女性会

【情熱ぴーぷる】
ソーシャルアドバンス株式会社 代表取締役 伴 裕美

【YEGフラッシュ】
交流委員会事業「絆の力を襷た すきに込めて、未来へ」

【長寿企業の秘密】
宮崎美老園(宮崎商工会議所)

【読者プレゼント・読者アンケート】
A『直筆サイン色紙』 吉沢亮さん 提供
B『雲丹醤油』 ロコファームビレッジ 提供
C『もち米2kg 2袋』 名寄商工会議所青年部 提供
D書籍『イオンを創った女の仕事学校』 プレジデント社 提供

※詳細は、石垣ホームページ(http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.html)を参照

参考価格: 535円 定期購読(1年プラン)なら1冊:475円

全国515商工会議所の役員(地域のリーダー)が選ぶ信頼の一冊

  • 2021/01/10
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/11/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

  • 2020/09/10
    発売号

  • 2020/08/10
    発売号

6 財界さっぽろ

財界さっぽろ

最大
2%
OFF
送料
無料

財界さっぽろ

2021年02月15日発売

目次: TOP CONTENTS

【特集】2区補選“自民肩すかし”の波紋(全11ページ)

◎与党擁立見送りで大チャンスも 松木謙公陣営にはびこる野党共闘不要論

◎松木の過去記事を持ち込んで… 野党一本化にヒビ入れる道新女性記者

◎事情説明で来道 選対委員長(山口泰明)に物申した吉川貴盛の天敵

◎「ファイティングポーズはとってほしかった」
 公明・石井啓一(幹事長)のガッカリ発言

◎野党が怯える保守系候補の死んだふり立起

◎高知県政治団体代表(小田々豊)が関係者詣で

◎維新が候補擁立か、策謀する鈴木宗男

◎不戦敗からの党員(長友隆典)立起に
 自民党本部・地元支部・道連、それぞれの困惑

【注目の人事】

◎道庁副知事 “ポスト中野”最有力・倉本博史(総合政策部長)の素顔

◎札幌市幹部 3人は留任か 本庁局長は“大量退職”

------------------------------------------------------------------------------------

PICK-UP CONTENTS

◇半藤一利さん死去
 昭和史研究の同志・保阪正康(札幌東高校卒)の追悼手記

【歓喜の同窓生たち】
◎帯広三条高校から直木賞作家・西條奈加
◎帯広柏葉と“ライバル歴史”

◇2期連続増収増益 道内元気企業347社はここだ!

◇ワークライフバランスや女性活躍を推進
札幌市がお墨付き、576社を大公開!!

◇巨匠・隈研吾が設計監修 高級邸宅が札幌・宮の森に

◇成約戸数は過去最低 札幌マンション“4LDKは絶滅危惧種”

◇コロナにかかったニート
 発症から帰宅まで 役立つホテル療養日誌[後編]

◇これが世界に誇る北海道だ!
 9月開催「ATWS(アドベンチャートラベルワールドサミット)」
 道内モデルツアー一覧

------------------------------------------------------------------------------------

インタビュー

○石井正信 日本銀行札幌支店長
 いまが「食と観光」の将来を考えるチャンス

------------------------------------------------------------------------------------

インサイドレポート

・売却へ、HTB旧本社社屋“秘話”
「水曜どうでしょう」の聖地はなぜ平岸だったのか

・第三者委員会報告書で露呈
 札幌国際大学、19年度留学生入試の実態

・構想四半世紀、市長は5人交代
 ついに完成、いわくつきの北見市役所新庁舎

・病院再開発と抱き合わせか?北大の敷地内薬局入札が白紙へ

・責任をたらい回し いまだくすぶる道議会喫煙所問題

------------------------------------------------------------------------------------

OTHERS CONTENTS

《特集》医療の“ニューノーマル”を予想 これからの医師・病院選び

〈執刀医編〉
●札幌心臓血管クリニック ●札幌整形外科 脊椎脊髄センター ●桑園整形外科 ●桑園むねやす眼科 ●札幌円山整形外科病院 ●ささもと眼科クリニック ●さっぽろ脊椎外科クリニック ●おくしば眼科 ●札幌脊椎内視鏡・整形外科クリニック ●眼科西坂医院 ●八木整形外科病院 ●整形外科北新病院 ●北広島おぎの眼科 ●整形外科北新病院 ●札幌駅前樽見おしりとおなかのクリニック ●江別こばやし眼科 ●八木整形外科病院 ●えにわ病院

〈診療医編〉
●桑園整形外科 ●青木内科クリニック ●桑園オリーブ皮膚科クリニック ●さっぽろ白石内科消化器クリニック ●吉田眼科 ●さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック ●幸田内科消化器クリニック ●うめつ内科糖尿病・内分泌クリニック ●市立病院前整形外科クリニック ●新川中央眼科 ●ちば内科・消化器内科 ●まつしま耳鼻咽喉科・耳鳴・めまいクリニック ●札幌IBDクリニック ●こしお整形外科クリニック ●札幌円山腎・泌尿器科クリニック ●さかうえ内科クリニック

〈チーム医療編〉
●手稲渓仁会病院 ●札幌東徳洲会病院 ●国立病院機構函館病院 ●滝川中央病院 ●五稜会病院 ●南札幌病院 ●札幌太田病院 ●大川原脳神経外科病院 ●オロロンライン眼科 ●花川病院

〈歯科医編〉
●すまいる歯科 札幌駅前ペリオ・インプラントオフィス ●谷脇歯科クリニック ●わかまつ歯科医院 ●ふぁみーゆデンタルクリニッック ●にひら歯科医院 ●富樫歯科クリニック ●さっぽろ矯正歯科クリニック ●札幌プレミアム歯科 ●エンクル歯科クリニック

《特集》現状維持はやめましょう 今こそ、マンション管理組合が決めるべきこととは…
●MMSマンションマネージメントサービス ●太平洋興発 札幌支店 ●フクタカ工業 ●濱建 ●バンキン ●TOHO 北海道支店 ●三浦工業 ●北開技研工業 ●芽生コーポレーション ●博光

○「2020年度株主総会・決算報告会、2021年度方針発表会」
 創業98年アイビックグループ 顧客満足、現場主義の徹底で100周年へ

○フルオーダーの光触媒空気清浄機
 クラフトが「アマテラス」シリーズをリリース

------------------------------------------------------------------------------------

*人物データファイル 田代 博 三井物産 北海道支社長

------------------------------------------------------------------------------------

*マスコミ裏街道

●7年ぶりに聴取率トップ “笑みがこぼれる”STVラジオ

------------------------------------------------------------------------------------

*アフター5ススキノ
■酔客が激減で……占い師たちの“悲痛な叫び”
■es village「村人100人できた!」
■A4黒毛和牛の希少部位を“きまま”に堪能〈焼肉とラムしゃぶ きまま。〉
■北海道産の海の幸をリーズナブルに提供〈いろりあん 大通本店〉
■おかげさまで12周年。上質で心地よい大人のラウンジ〈ラウンジ ピュア〉
■コクと甘みが際立つ背脂入りのスープカレー〈SHANTi 豊平店〉
■〈飲食店経営者の今〉青木定信 エーピーアール社長

------------------------------------------------------------------------------------

┌《ニュース&ファイル》
├セキュリティのニーズに対応。新機能を続々追加
├新和ホールディングスが札幌医科大学に1000万円を寄付
├3月に吉田学園がアニメCGスタジオと教育業務提携
├札幌青年会議所が「21年度新年交礼会」をリモート開催
├JT北海道支社が札幌のLGBT団体に200万円を助成
├ボックスが「菌滅のヤレバプロジェクト」を実施
├プレゼントに最適な「QUONチョコレート」が人気
└飛沫感染防止用のパーテーションを旭川市に寄贈

------------------------------------------------------------------------------------

┌《財界パトロール》
├7区・自民党候補問題はどうなる
 手術で入院、伊東良孝“気になる体調”
├札幌まちづくり勉強会、役人たちの“憂鬱”
├「ばばばばばばえおうぃおい~」道開発局ツイッターご乱心の真相
├札幌中心部・オフィス床が抱える“2030年問題”
├ロゴスホームと豊栄建設が経営統合
 一条工務店を抜き道内一のハウスメーカーに
├台風に続きコロナ直撃、「炭リッチ」運営会社が破産
├建物を拠点としたバーチャル構想も
 札幌・大通にesportsホテルが誕生
├次期作交付金、コロナ対応で
 有塚利宣(十勝地区組合長会会長)の一喝
├七飯町が舞台、クマとの共生を考えるボードゲーム
├5人の名字に……経営未来塾・歴代塾頭の意外な共通点
└“ウィルスキラー”を札幌の企業が販売

------------------------------------------------------------------------------------

グラビア
■財界フラッシュ
●索敵
■EYE2021
●円山動物園のアムールトラ“アイ”された18年間
●70周年の“札証の鐘”
●夕張市長、前市長(現知事)にすがる
●疎らな冬

------------------------------------------------------------------------------------

連載
●Fishing ●実戦詰将棋と女流棋士のおもしろ話 ●星占い〈原田ユリア〉
●コーチャンフォー インフォメーション
●健康倶楽部 ●情報ウォッチング
●われら同窓〈札幌西高等学校〉
●オフタイム〈太田憲之 道議会議員〉
●乱読日記 ●財界さろん

◎知らなかったじゃすまされない法律の怖さ
生活に潜むリーガルハザード〈前田尚一〉

◎ワインライター葉山考太郎の
飲んでから読むか読んでから飲むか

◎旨いを結ぶ玉箒〈たまばはき〉
文=小西由稀

◎森田実(政治評論家)の永田町政治に喝!

◎高橋洋一(元財務省幹部)の官僚にだまされるな

◎北川久仁子「あの起業家に会いたい」
松森拓 SARUNOMA社長

◎田中賢介 まだ見ぬ小学校へ
北海道新聞社社長・広瀬兼三と語る[前編]

◎斉藤こずゑのファイターズじゃないと
中村勝

◎赤黒の“レジェンド” 砂川誠のコンサの深層
古田寛幸

◎レバンガ北海道 桜井良太の鉄人月報

◎元騎手・藤田伸二 “生涯、やんちゃ主義” 第54回

◎遺跡群を紹介 “北の縄文”を世界文化遺産に

◎和田由美のさっぽろ〈マチナカ〉グラフィティー
第04回 狸小路10丁目物語

参考価格: 790円 定期購読(1年プラン)なら1冊:775円

“情報を先取り、タブーに挑戦” 北海道の政治・経済・社会を直撃

  • 2021/01/15
    発売号

  • 2020/12/14
    発売号

  • 2020/11/14
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/08/14
    発売号

7 月刊公民館

第一法規

月刊公民館

2021年02月28日発売

目次: とびら

 充実した人生を送りたい
歯科医師 介護支援専門員(ケアマネージャー) 樋口 広嗣

特集第8回館報コンクール結果報告

第8回全国公民館報コンクール講評
3 金賞.人と人をつなぎ地域を輝かせる「公民館」をめざして 長野県小諸市公民館
8 金賞.継続は力なり─地域課題解決に向けての館報づくり 山口県萩市須佐公民館
12 金賞.地域密着型広報ひとり一役・みんなが主役『たわらやま村民塾』 山口県長門市俵山公民館
16 銀賞.地域に昔からある当たり前に目を向ける 長野県上水内郡飯綱町公民館

連載
22 「こんにちは」に心をこめて 見ているところに言葉は届く 村松真貴子
23 天気予報はおもしろい 気象庁“季節の便り”が縮小─都市化が主因 平井 信行
24 地域に開かれた公民館(文部科学省優良公民館)
子どもたちのアイデアで地域を元気に!─能登島こども会議 石川県七尾市能登島地区コミュニティセンター
28 幸せな人生の食べ方 第48回 小倉 朋子
30 笑う公民館には芸人きたる 第36回 わさびちゃん
32 エジプトに公民館をつくろう! 第12回 モハメッド・アブデルミギード
34 令和の新・生涯学習考 一元主義vs多元主義(2) 小山 竜司
38 体験の風をおこそう 第60回 国立青少年教育振興機構
41 地域社会に再定位する公民館 最終回
末光翔・大野公寛・金亨善・鈴木繁聡・丹田桂太・野村一貴

TOPIC
51 ファイル
全公連ニュース

52 受贈資料リスト
読者アンケート
編集後記

表紙デザイン:CHIKU
イラスト:奥崎たびと
2021.3

参考価格: 628円

公民館関係の情報満載!公民館関係者は必読です。

  • 2021/01/30
    発売号

  • 2020/12/31
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/11/01
    発売号

  • 2020/08/31
    発売号

  • 2020/07/30
    発売号

送料
無料

自治実務セミナー

2021年02月27日発売

目次: 巻頭言 コロナ下「街道をゆく」  佐藤文俊

特集1 東日本大震災から10年──災害復興法制はどう変わったか変わるべきか
 東日本大震災時における災害復興制度の概要とその後の展開  佐々木晶二
 東日本大震災後における災害対策の仕組みの見直し  島田勝則
 災害を自分事にする「災害復興法学」の実践── 臨時法と恒久法にみる東日本大震災復興10年の軌跡  岡本 正
 生活再建に必要な共助のケアとは  神原咲子
 災害復興法制の光と影──人口が減りゆく街をつくる制度を  坪井ゆづる

特集2 座談会・地方行政実務学会と現下の地方自治の課題(下)
 礒崎初仁/今村 寛/西出順郎/矢口(和田)明子………34

実務と理論
①新型コロナウイルス感染症のまん延防止の観点から議会の本会議及び委員会をオンラインで
 開催することは可能か
②フルタイム会計年度任用職員に対する扶養手当の取扱いについて留意すべき事項は何か
③市町村の選挙における選挙運動用自動車の使用につき条例により車体使用代のみを対象とする公営制度を設けられるか

実務講座
①地域情報化アドバイザー派遣制度〈情報政策〉
②日本銀行適格担保と地方債〈地方債〉

実務演習
所有者不明土地に係る固定資産税の課税〈税務行政〉

自治体実務サポート
総務 新庁舎移転を契機とした非キャビネットのオープンファイリング方式で文書占有床面積を3分の1に削減  森 裕史

一評 「お願い」多発で良いのか 穴井雄治

政策法務のかんどころ77 
 絞るが絶対にやる! 小野市空き家条例のココロ 北村喜宣

Hiro’s Café 今月のホープ61 
 福知山市秘書広報課シティプロモーション係主任宇都宮萌さん 竹内直人

“新米”法務担当へのメッセージ❼
 【最終回】いかにモチベーションを維持するか 蓮實憲太

地方自治研究室 
 直接請求制度の課題と地方自治法改正に向けた論点 岩﨑 忠
CLAIR海外だより
 〈ロンドン事務所〉英国生活あれこれ 鈴木康之

法制実務研修員日誌〔第23回〕
 衆議院法制局での2年間を振り返って 本田 浩

歴史とロマンの名画物語 3 
 ストロッツィ家の“東方三博士の礼拝” 有地京子

参考価格: 1,100円

地方公務員のための実務月刊誌

  • 2021/01/29
    発売号

  • 2020/12/29
    発売号

  • 2020/11/29
    発売号

  • 2020/10/28
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

  • 2020/08/28
    発売号

9 北方ジャーナル

リ スタジオ

最大
5%
OFF
送料
無料

北方ジャーナル

2021年02月15日発売

目次: 【報道】迷走する旭川医大──ガバナンス崩壊の実態

教授にしてやったのに

独裁人事で墓穴を掘った
吉田学長の“誤算と誤謬”

国立大学法人旭川医科大学(以下旭川医大)の吉田晃敏学長(68)の暴走が止まらない。古川博之病院長(当時)のコロナ患者受け入れにストップをかけ、クラスターが発生した市内病院には「なくなるしかない」と暴言。本人のパワハラ発言を受けて文科省が調査に乗り出す中で、今度は古川病院長を解任する荒技に出た。同大学元助教授らが吉田学長のリコールを求め、患者や教員から訴訟も相次ぐ異例の事態。この一連の混乱の背景には14年もの長期政権の中、独裁人事で組織のガバナンスを破壊してきた吉田学長の大きな誤謬があるのではないか。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】優生思想の罪、法廷へ⑨

非情の札幌地裁

強制不妊、違憲判断は一歩前進
中絶訴訟では「最低最悪」判決

「原告の請求を棄却する」――。世紀を跨いだ被害の訴えに、司法は耳を塞いだのか、あるいはもとより聴く耳を持たなかったのか。旧優生保護法下で不妊・中絶を強いられた人たちが国を訴えた闘いに、北海道の原告2組が相継いで敗れた。札幌の男性の訴えを退けた裁判所は今回、その判決で新たな違憲判断を示したが、道央の夫婦が起こした訴訟はほぼ門前払いとなり、原告代理人から「最低最悪」と酷評される結果に。司法の救いはまた遠ざかり、国の罪は残り続ける。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈49〉

違反5連発 未発表

2020年道警不祥事速報
懲戒処分など前年比4割増

例年この時期に報告している地元警察の年間不祥事記録、2020年の速報値は前年の実績に較べて4割増の結果を示した。通年の「公表率」についてはまだ確認できていないが、未発表が疑われるケースの中には連続5件の交通違反や小売店での万引きなど、警察官以外の公務員ならば公表の対象となり得る法令違反が。北海道ならではの“警察特権”は、20年代も盤石のようだ。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】「戦闘」あったのか――

「何も隠す必要はない」

PKO訴訟「文書提出」却下
「自殺」文書は一部開示決定

提訴から丸4年を過ぎた陸上自衛隊南スーダンPKO訴訟が1月下旬、1つの山場を迎えた。当初から『日報』などの開示を求め続けていた原告側に、裁判所はここへ来て「必要ない」と求めを却下、弁護団をして「何が問題なのか」と激しく批判させることになる。別の裁判では自衛官の自殺に関する文書の一部開示が認められたものの、原告にとってはなお不充分な決定といえた。「戦闘がなかったというのなら、なぜ記録を隠さなくてはならないのか」――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】市も“異常”と捉える岩見沢の大雪

例年に比べて突出する人的被害
9年振りに「豪雪対策本部」設置

コロナによる除排雪作業の停滞も懸念

さっぽろ雪まつりがオンライン開催となったことで、その象徴である大雪像が大通公園から姿を消し、一方で道内各地では除排雪などに起因した事故が頻発。雪に触れて喜んだり感動したりする観光客がコロナ禍ですっかりいなくなってしまった今、雪の厄介者としての性格が色濃くなっている。そうした中、豪雪地域として知られている岩見沢市では、例年と比べても“異常”とされる大雪に見舞われ、12月には大量の降雪のため都市機能の一部が麻痺する事態にも陥った。警戒レベル4の「豪雪対策本部」設置にまで至っている雪害の現状を、同市に取材した。(髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【報道】中川町エゾシカ疑惑を追う──町の幹部が明かす道警捜査と顛末

露と消えた資金の1億円
領収書偽造は立件できず

町は「調査終結」として住民説明会を開催

昨年9月に破綻した中川町のエゾシカ解体加工処理事業「イノチヲツナグプロジェクト」の経営をめぐり、加工機器購入費が未払いにもかかわらず全額支払い済みとする資料を国に提出し、交付金を受けていた問題で、町が刑事告訴を視野に入れて道警旭川方面本部に相談し、関係者が任意で事情を聞かれていたことが分かった。取材に応じた町の幹部が明らかにした。同町の石垣寿聰町長は2月9日、10日の2日間にわたって町民説明会で一連の問題について経緯を説明する。住民や事業に携わった関連業者がどう判断するかが、次の焦点となりそうだ。
(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【報道】寿都発「リコールの会」が文献調査賛成町議の解職へ方向転換

“賛成町議”をチェンジして
核のゴミ拒否の流れを作る

事実上、寿都町の片岡春雄町長の独断で始まった核のゴミ最終処分場選定に向けた文献調査。この独断を追認した町議会(定数9)のリコール(解散請求)を求めるとしていた「脱・肌感覚リコールの会」が1月20日、調査に賛成した町議5人の解職を求める方針に舵を切った。調査には反対であっても議会リコールに懐疑的な住民の理解を得るためだという。同会は「議会運営を監視するオンブズマン的な住民団体として、文献調査に反対する議員を多数にしていきたい」としている。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【経済】「味の時計台」「大黒屋」「ボイトンベイク」が相次ぎ事業承継

“高齢化と後継者難”で決断

人気飲食・パンブランドの今後は

北海道で人気の飲食店やパン専門店が、昨年後半から今年初めにかけて相次いで事業承継された。札幌ラーメン「味の時計台」、旭川のジンギスカン専門店「大黒屋」、そして札幌を中心に展開している焼きたてパン「ボストンベイク」の3ブランドだ。いずれも創業者が高齢となり、次代を託す後継者がいないことが主な理由。代替わりの時期を迎えている人気店は他にもあるため、今後も事業承継されるケースが増えそうだ。それぞれの“お家”の事情と今後をウォッチしてみた。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■札幌検審「野次排除」文書不開示
 本誌記者の請求に「存否」答えず
 ──警察官不起訴「相当」議決の経緯、一切が藪の中

■「そしあるハイム」火災から3年
 困窮者支援「なんもさ」体制一新
 ──グループホームや訪問介護など福祉路線に重心

■氷点下の札幌でホームレス調査
 市内総数、昨年度上回る見込み
 ──支援団体は夜回り・炊き出し継続

■栗山署で新型コロナ10人超感染
 道内初の警察署クラスター認定
 ──本部では記者クラブとの飲食を自粛中

■日赤・医師の発言に矛盾の指摘
 パワハラ訴訟で遺族の追及続く
 ──再発防止呼びかける両親に支援署名3万超

■札幌地検検事正に恒川氏が着任
「基本に忠実な検察権の行使を」
 ──「女性初」はとくに意識せず、と強調

■業者との癒着を告発した深川市立
 病院の技師が異動取消を求め提訴
 ──議会も追及する“内部告発者潰し”は法廷闘争へ

■北大敷地内薬局出来レース疑惑で
 内部調査の結果はいつ出る?
 ──「凍結」それとも「白紙」? 問われる寶金総長の指導力

■発熱で議会を欠席した副議長が
 町の温泉を利用し厳重注意処分
 ──中川町で起きたミニ騒動。本人は「話を盛られた」と憤慨

----------------------------------------------------------------------

【釧路特集】伊東良孝衆議に訊く

コロナと製紙工場撤退の危機を
乗り越えて釧路・道東を再興へ

1985年の釧路市議当選を皮切りに、道議、釧路市長を経て現在は国政で活躍する伊東良孝衆議(道7区)。安倍政権下で2度にわたり農林水産副大臣を務め、我が国の一次産業の底上げに尽力したほか、昨年暮には自民党の北海道総合開発特別委員会委員長と畜産・酪農対策委員長に就任。北海道の基幹産業にかかわる案件や予算を政府の政策に反映させる重責を担うこととなった。地元では釧路コールマインの石炭を使用する火力発電所が稼働を始めた朗報もあったが、その一方で水産不振や日本製紙釧路工場撤退のニュースが市民を不安に陥れている。コロナ禍に揺れた昨年の政府の対応をはじめ、釧路・道東の課題と再興について伊東衆議に訊いた。
(1月20日、収録)

----------------------------------------------------------------------

【釧路特集】蝦名大也・釧路市長に訊く

“ひがし北海道”連携をより強化し
コロナ禍による経済停滞の打破を

集会などを控えなければならないコロナ禍という、前例のない市長選挙に勝利し、昨年11月から4期目のスタートを切った蝦名大也市長(62)。だが昨年初頭から社会を混乱させ続けている前述のコロナ禍をはじめ、積年の課題である人口減少に水産業の不振。さらには昨年11月、日本製紙が今年8月の釧路工場閉鎖を発表するなど前途多難だ。かつての三大基幹産業(水産・炭鉱・製紙)はいずれも厳しい状況にあり、それらに代わる成長産業として期待されていた観光業も、コロナ禍によりいわば身動きを封じられてしまっている。そうした中、蝦名市長はかねてより推し進めている十勝やオホーツクとの広域連携に、新たな活路を見出していく構えだ。 (1月18日収録)

----------------------------------------------------------------------

【釧路特集】サンエス電気通信・宮田昌利社長に訊く

“今まで通り”が通じなくなった
これからが新しい挑戦への好機

その時々の人々のニーズに対応したさまざまな事業に果敢に挑んできたサンエス電気通信の宮田昌利社長。コロナ禍の現状においては、グループ会社のシーエーブイで紫外線照射によりウイルス・細菌を減少させる機器「エアロシールド」などを販売し、感染症対策に寄与。またグループ全体の業績については、相次ぐ公共施設のデジタルインフラ整備などが追い風となって、2020年5月期決算は過去最高の増収増益を達成した。そんな同社とは裏腹に、地元釧路の地域経済は日本製紙が釧路撤退を発表するなど往年の基幹産業の衰退は一層鮮明に。だが宮田社長は、そんな時こそ“今まで通り”を脱し新しい取り組みに挑戦する好機だと力強く訴える。      (1月25日収録)

----------------------------------------------------------------------

【釧路特集】コロナ禍に直面した釧路和商市場のこの1年

未曾有の状況下で再認識した
“和商らしさ”のポテンシャル

設立時から培われた「対面販売」の強み

1954年に釧路市民の台所として設けられた釧路和商市場。「和商」の名は、かつて市場に響いた「わっしょい、わっしょい」の掛け声や、設立時のモットーである「和して(協調して)商う」に由来する。海鮮など好きな具材を自分の思い通りに盛ることができる「勝手丼」は釧路を代表する名物グルメに定着し、同市場は観光スポットとしても全国的に知られるようになった。だが現下、流行発生から1年も続いているコロナ禍は、この市場にも大きな衝撃をもたらしたようだ。この未曾有の事態に市場はどう向き合ってきたのか。釧路和商協同組合の柿田英樹理事長に訊いた。

----------------------------------------------------------------------

【経営】旭川の「デザイン経営シンポジウム」でキャリアバンク佐藤良雄社長が講演

人材教育の最大資源は顧客

専門人材が乏しくなった労働市場

旭川工業高等専門学校(旭川高専)の主催、北海道中小企業家同友会あさひかわ支部などの共催による「デザイン経営シンポジウム」が2月2日、旭川市内で開かれた。主催、共催団体などが中心になって立ち上げた「北海道イノベーティブ・デザイン経営研究協議会(HIDERA)」の創立記念事業という位置付けで、基調講演はキャリアバンク(本社・札幌市中央区)の佐藤良雄社長が「デザイン経営と人材育成」をテーマに行なった。自らの体験に基づいて労働市場の変化と人材育成のポイントを語った同氏の講演内容を紹介する。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【経営】手術支援ロボット「ダヴィンチ」が札幌心臓血管クリニックで本格稼働

僧帽弁閉鎖不全症などに朗報
低侵襲で高精細な手術を実現

循環器分野で全国トップクラスの治療実績を有する医療法人札幌ハートセンター(藤田勉理事長)の札幌心臓血管クリニック(東区・85床)で手術支援ロボット「ダヴィンチ(da Vinci)」の稼働が本格化している。心臓の血液が逆流する僧帽弁閉鎖不全症などの治療を身体的負担の少ない方法で行なうことができる最先端医療だ。近年、循環器分野の疾患でもダヴィンチの保険適用範囲が増え、このロボット手術が身近なものになりつつある。「より多くの人にダヴィンチによる完璧な医療を提供するためチーム力を磨いていきたい」こう意欲を語る同クリニックの責任者、橋本誠医師(40)に現状の取り組みを訊いた。(1月15日取材)

----------------------------------------------------------------------

【医療】コロナ禍でも乳がん患者に寄り添うさっぽろ麻生乳腺甲状腺クリニック

治療の優先順位を知る中で
今こそ適切な検診と診療を

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一般社団法人日本乳癌学会は昨年5月、乳がん治療の優先順位を示した指針(乳癌診療トリアージ)を公表した。ここでは進行と症状に合わせて高優先度から低優先度まで3段階に分け、それぞれの段階に応じた診療内容を明記している。コロナ患者を受け入れる病床が不足し医療体制が逼迫する中で、がん患者の命をどう守るかも大きな課題となっている。コロナ禍でも乳がん患者に寄り添う医療法人社団北つむぎ会「さっぽろ麻生乳腺甲状腺クリニック」(札幌市北区)の亀田博理事長・院長に先のトリアージに対する評価や最新の乳がん治療について訊いた。(1月22日取材)

----------------------------------------------------------------------

【コロナ禍】一般社団法人北海道医師会 長瀬清 会長に訊く

思いやりの心で感染予防に
皆で取り組む国民性に期待

少しの油断にも付け入るコロナの狡猾さ

昨年2020年後半に、医療提供体制の崩壊も危惧されるほどの大規模な新型コロナ感染拡大に見舞われた北海道。その渦中、北海道医師会の長瀬清会長は道内医療団体の総意として、異例ともいえる「医療緊急事態宣言」を発出し、窮状に瀕する道内医療の現状を全道に発信。徹底した感染防止対策が急務であると訴えた。その後年明けを迎えた現在、辛うじて医療崩壊の危機は脱したようだが、日々の道内感染者数は2桁台と3桁台を行き来する高止まりが続いている。こうした中、長瀬会長にこのウイルスとどう対峙していくべきかを改めて訊ねた。
(1月25日収録・髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【緊急寄稿】コロナ禍と除菌対策【2】

感染対策の“不都合な真実”

濡れ衣を着せられた次亜塩素酸水溶液

越智 文雄(一般社団法人 次亜塩素酸水溶液普及促進会議代表理事)

新型コロナウイルス第3波を克服するためには次亜塩素酸水溶液をはじめとする除菌対策が欠かせない。緊急寄稿の後編では、感染対策として有効であると国が認めた次亜塩素酸水溶液の活用が一部業界の妨害工作により促進されていない現状を告発したい。本稿は昨年12月10日、参議院議員会館会議室で開かれた議員勉強会「コロナ感染対策を資材と方法から考える会」での筆者の講演をもとに書き下ろしたものである。

----------------------------------------------------------------------

【社会】命の門番(ゲートキーパー)養成講習に参加して

いま、自殺を防ぐには

コロナ禍で悲劇が増加する中
注目集める相談員の養成活動

コロナ禍の影響などで自ら命を断つ人が増加しているなか、この自殺者を減らすための相談員「ゲートキーパー」(命の門番)を道内で養成している札幌のボランティア団体の活動が注目を集めている。昨年11月21日、この団体が札幌市白石区民センターで開催した「こころの通う対話のできるゲートキーパー養成講習」に受講者として参加し、「自殺予防」に向けた取り組みを実際に体験した。年間2万人以上が自ら命を絶つ現状の中で「いま自分にできること」とは、いったいなんだろうか。 (ジャーナリスト 黒田 伸)た議員勉強会「コロナ感染対策を資材と方法から考える会」での筆者の講演をもとに書き下ろしたものである。

----------------------------------------------------------------------

【教育】2022年春の開校をめざす長沼町「まおい学びのさと小学校」計画の今

わくわくする学校を

NPO法人と地域住民がタッグ
昨年に歴史を閉じた校舎を活用

子どもたちが主役の自由な学校を創る活動に取り組むNPO法人が今、使われていない空知管内長沼町の旧校舎を活用し、“市民立”により認可を受けた小学校を開設する計画を進めている。校名は「まおい学びのさと小学校」。「自ら考え、生きる力を身につけること」を理念に掲げ、学校のスタッフと地域住民が一緒になって、子どもたちの自由な発想を伸ばす開かれた学校をめざす。2022年春の開校が目標だが、定員を上回る入学希望があり、「子どもと一緒に長沼に移住したい」と望む家庭も──。昨年秋、私立学校を所管する道学務課に設置申請を提出しており、近く開かれる審議会で審査が行なわれる。北海道発の「理想の学校」をめざす関係者を訪ね、その思いなどを聞いた。(ルポライター・滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【文化】市立小樽文学館で開催中の「小樽・札幌ゲーセン物語展」に注目

“ゲーセンの夢”をもう一度

ファンの喪失感が企画を後押し

1980年代から90年代にかけて若者たちが熱中したゲーセン(ゲームセンター)。そこで使用されていたアーケードゲーム(業務用ゲーム機)やゲーム基板、ポスター、雑誌、レコードなど懐かしいグッズを紹介する「小樽・札幌ゲーセン物語展」が3月28日まで市立小樽文学館で開催中だ。失われつつあるかつてのゲーセンの文化を記録し伝えていこうと札幌在住の男性が企画し、ゲーム愛好者が協力。企画した男性は「往時のゲーセンは消えようとしているが、ゲームを楽しんできた一人ひとりに物語があるはず。そうした思い出なども紹介していきたい」と話している。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ「ひきこもり」66──居場所事業の可能性と課題を語り合う

上から目線の支援ではなく
「寄り添い共感し合う」場に

当事者や家族の居場所「サテライトSANGOの会inおたる」が1月20日、小樽市内で開かれた。札幌市のNPO法人「レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク」(レタポス・田中敦理事長)の主催で昨年9月から月1回運営。今年度最後の事業となったこの日は、ひきこもり経験を持つピアスタッフ3人が小樽の居場所事業を振り返り、今後の展望について意見を交わした。「既存のひきこもり支援には違和感を覚える。ひきこもりながらでも社会とつながり快適に過ごせる方法があってもいい」。当事者の目線ならではの率直な声から居場所事業への期待感がうかがえた。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 【67】

津軽海峡に眠る135人を悼む
大間崎「豊国丸戦死者忠霊碑」

慰霊碑修理にかけた深い思い

津軽海峡を挟んで本州の最北端、青森県大間町の大間崎に「豊国丸戦死者忠霊碑」と彫られた石碑と真新しい墓碑が建っている。終戦の年の1945年7月14日、津軽海峡を航行中の帝国海軍特務艦「豊国(ほうこく)丸」がアメリカ軍機動部隊の空襲によって撃沈され、135人が犠牲となった惨事を忘れまいと、遺族会が中心となって建立されたものだ。慰霊碑は2018年7月にクラウドファンディングにより資金を調達して修理され、犠牲者の氏名がはっきりと読み取れるようになった。 (ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

●嶋影商店がオリジナル純米吟醸「おたる島影」を4年ぶりに販売
●サッポロ クラシック缶11年連続売上増 21年は同品を通じた観光・飲食業支援も
●春の訪れを告げるISHIYAの期間限定商品「美冬さくら」「さくらバウムTSUMUGI」
●いま、次亜塩素酸水の復権を 「新型コロナ感染予防を考える会」が勉強会を開催
●「スズランキッチン」の樋口がコロナ対策製品で地域に恩返し

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*北海道フォトエッセイ
*視点 公共交通をどうする?
*シネマ
*スポーツ筆刀両断
*あなたの知らない老境
*新設企業情報
*人物株価
*古本屋女房の“古本的日常”
*デンタルエッセイ
*夏井功の「夜を駈ける車イス」
*北海道妄想紀行
*囚活通信
*つぐみ
----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『きょうはおいわい--みなととまちのはじまり』

定期購読(1年プラン)なら1冊:833円

時代を撃つ北の報道・論評誌。大マスコミにはない独自の視点で世相を斬る!!

  • 2021/01/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/11/15
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/08/15
    発売号

10 住民と自治

自治体研究社

送料
無料

住民と自治

2021年02月11日発売

目次: ◇直言 地方議会の懲罰と多数派による少数派の抑圧  ●榊原秀訓

◇連続企画 「新型コロナ」から日本の社会を考える 第9回 「死にたくないけど死んでしまう」貧困非常事態宣言発令中!─コロナをきっかけに露呈した社会の歪みに対峙してきた現場から  ●瀬戸大作

◇特別企画 東日本大震災10年①
座談会 復興 道半ば─復興10年の現実とこれからの課題  井上博夫/桒田但馬/遠州尋美/西田奈保子/鈴木 浩
私の震災復興─岩手・宮城・福島から  千葉雄生/中村 光/福島かずえ/及川幸子/中島 孝/吉田恵子

◆特集 2021年度政府予算案と地方行財政の論点
コロナ禍の補正予算と2021年度地方財政対策  ●平岡和久
2021年度予算政府案の問題点  ●梅原英治
富裕税の創設を  ●醍醐 聰

◆連載
東京・世田谷区の新型コロナウイルス感染症とのたたかい 第1回  ●保坂展人
最終回 新型コロナと日本の公衆衛生・医療─その特徴と課題─ 第6回 コロナ禍が突きつけている3つの課題  ●松田亮三

人つながる① コロナ禍に生きる(上)  ●松本晶子
@NEWS 「異例」な裁判=新型コロナ専門家会議をめぐる情報公開訴訟  ●三木由希子
BOOK REVIEW
ローカル・ネットワーク
Jつうしん /自治の風―茨城から/編集後記

表紙写真 大坂 健
スケッチ 芝田英昭


 

参考価格: 591円

地方自治最前線の住民・自治体職員・地方議員・研究者に支えられ創刊40年超。

  • 2021/01/11
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/11
    発売号

  • 2020/10/11
    発売号

  • 2020/09/11
    発売号

  • 2020/08/11
    発売号

11 月刊下水道

環境新聞社

送料
無料

月刊下水道

2021年02月15日発売

目次: 【総論】
1 仙台市下水道事業の10年間~東日本大震災からの復興~
  ●水谷 哲也
8 福島県における放射能汚泥処理・処分の現状と10年の歩み
  ●阿部 守一

【視点】
14 地震被害データから浮かび上がる下水道管路施設の被害傾向
  ●庄司 学
18 東日本大震災の教訓と今後の地震・津波対策
  ●宮島 昌克

【経験や教訓を活かした下水道計画】
22 神戸市における阪神・淡路大震災を踏まえた下水道の震災対策
  ●脇本 英伸
27 震災の経験を踏まえた、新潟県流域下水道の管路、マンホールなどの耐震化
  ●中川 孝平
31 北海道胆振東部地震における札幌市の災害対応と地震対策の見直し
  ●大久保 達郎 ●岡田 直樹
35 熊本地震におけるBCPの有効性と課題〈益城町〉
  ●鶴野 雅臣
39 横浜市下水道BCPにおける官民連携の取組みについて
  ●中島 智彦
43 災害対策センターを拠点に災害時の相互応援に取り組む〈堺市〉
  ●石橋 奈津子

【非常時に役立つ技術】
48 道路陥没などを防ぐ不使用取付管の閉塞充填工法について
  ●FRP工法協会 事務局
50 マンホール・管口点検の新技術『管診鏡』
  ●坂井 貴彦
52 防災拠点のライフラインを守る浄化槽利用の提案
  ●濱 裕次郎



55 特別企画 オンライントーク!
  女性経営者頑張る 働きやすい職場めざして
  竹谷 佳野 氏 × 石黒 富栄 氏 × 平井 悦子 氏


69 (公社)全国上下水道コンサルタント協会下水道技術座談会
  都市浸水対策のさらなる推進に向けて(前編)



■連  載
54 ティーブレイク 120杯目
  二酸化炭素ガス中毒~繰り返される労働災害~
  ●中里 卓治
61 環境技術思想 ――持続可能な社会に向かって 第9講
  管路内浄化の発想
  ●佐藤 弘泰
66 続・スクリーンに映った下水道 第3回
  ヴィクトリア朝の下水管でかくれんぼ 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
  ●忠田 友幸
68 都市を下る水を追って 第13回
  寝屋川流域、再び
  ●白汚 零
79 もっと楽しく! 市民科学 第12回
  地域の水辺文化と環境回復を再考する
  ●相楽 治
84 壺中天 ~海外の蓋を求めて~ その34
  あれもこれも阿蘭陀(オランダ)から
  ●垣下 嘉徳


■Information
83 NEWSのページ


ニュース 26、30、38、42  次号予告 86  編集後記 87  広告索引 88



〈表紙の写真〉
熊本県益城町の、熊本地震後の被災状況(関連記事:p.35~)

鳥屋野潟での「浮島がってん丸」試走のようす(関連記事:p.79~)

参考価格: 1,650円

下水道の意義をわかりやすく一般に認識づけるために、官民一体となって編集される総合専門誌

  • 2021/01/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/11/15
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/08/15
    発売号

12 ふくおか経済

地域情報センター

最大
11%
OFF
送料
無料

ふくおか経済

2021年03月01日発売

目次: ◆表紙の人
東証1部上場、グローバル展開さらに加速
         後藤孝洋 新日本製薬社長


======
◆特集
◎飽くなき「探究心」で社会課題解決へ/大学発イノベーション
◎地方企業の人材ニーズに熱視線/副業・兼業
◎“野心系・アトツギ”で事業承継/ベンチャー型事業承継


======
◆カメラルポ
◎福岡市に国内統括部門の新拠点
      香港・MCPホールディングス
◎九州を元気に!光放つ「流れ星新幹線」
      JR九州・LINE Fukuoka・西日本シティ銀行
◎博多駅エリアと直結の新ビル完成
      三菱地所と深見興産
◎ボトルネック解消へ 着々と進む4車線化工事
      岡垣バイパス


======
◆FOCUS
・DX推進で連携協定、LINEグループ初/西日本鉄道とLINE Fukuoka
・吸収合併で法人消滅も「前向きな再編」強調/ベスト電器


======
◆新任トップインタビュー
開業10周年、“なくてはならない”百貨店目指す
         亀井潤一 博多阪急店長


======
◆特別インタビュー
豪雨災害の復旧・復興、コロナ対策を最優先課題に
         関 好孝 大牟田市長


======
◆Photo Report
東武住販
福岡交通
筥崎宮
髙光産業
CS entertainment
スロー風土
LIH
ATOMica


======
◆Fukuokan’s Voice
小林亮寛(コビーズ)
坂本芳文(estアドバイザリーサービス)
﨑山颯(Gravent))
豊福克行(フェリックスアールイー)
中村秀紀(都市リサーチ)
服部茂幸(EMAJINY)
藤村賢志(リクメディア)
本田幸一郎(アルマデ)
宮原智新(クロスログ)
百田善太郎(百田工務店)
森本厚彦(PIEM)
吉田さや(デザイナーズラボ福岡)
ルイ・ロブション(ルイR)
和田由宇希(和田商事)


======
◆watch
九州電力とオプティム
東長寺
エム・ティ・シー
九州北部税理士会
中小企業事業推進機構
愛知の不動産SHOPナカジツ


======
◆Pick up
光山敬一(ミツヤマ電気)
野口莉加(アールウェディング)
下地浩希(クリエル)
髙森啓二(else if)
亀山みゆき(シンフォニア)
川辺敦子/松本眞理子(スペシャルオリンピックス日本・福岡)
林由貴(mitete)
福井隆太郎(Live Search)


======
◆インタビュー
前原薫(エコア)
菅原徹(アステックペイント)
大山力(LAV)
平井清二(イーエム九州)


======
◆Topic
ドラッグストアモリ
サニクリーン九州
一蘭
農建産業
輪人
ふくしごと
カンカングループ
想庵
信金中央金庫
福岡市中央区の中野美空さん


======
◆支店長室
谷本崇(デジタルフォルン)
伊藤明(全日本不動産協会)
今泉潤(フルテック)
岩田華奈(BitStar)


======
◆来福サロン
那部智史(AlonAlon)


======
◆ふくおかのお嬢さん


======
◆業界NEWSダイジェスト(1)
西日本鉄道/カンサイしんこう/愛しとーと/筑水キャニコム/ミスターマックス・ホールディングス/ベガコーポレーション/広島の青山商事/岩田屋三越/イデックスリテール福岡/イオン九州/新生堂薬局/ストーンマーケット/中央区在住の山下さん/九州管内大規模小売店舗届け出状況 12月は行橋市の商業施設など5件/福岡市内4百貨店の12月売上高/九州スーパー販売額/九州・沖縄のコンビニ販売額/力の源ホールディングス中間決算/ウエスト/楽天地/Bulls/キッチン/小石原ドットコム/ホープ/アンカレッジ/DNAFACTOR/奈良のディライト/山九中間決算/大韓航空/九州博報堂と東京のサーキュレーション/QTnet/システムソフト/ヌーラボ/ジー・イー・エヌ/メディアファイブ/アイコムソフト/ミシマ・オーエー・システム/LINE Fukuoka/福岡情報ビジネスセンター/One Small Step/FLAG/SPIQUE


======
◆業界NEWSダイジェスト(2)
日創プロニティ/大石産業中間決算/ふくや/ゼンリン中間決算/シンク・アイ ホールディングス/FAサポート/日進化学/長野県のVAIO/三省製薬/八洋食品/コカ・コーラ ボトラーズジャパン/九州・沖縄のキリングループ3社/キリンビール福岡工場/アイクォーク/鷹正宗/松本システムエンジニアリング/久松/西部ガス/西部ガスグループのエネ・シード/和泉プロパン/日本乾溜工業/リアン/廣田商事/東京のFANTAS technology/大央/愛和/ソソグー不動産/下関市のエストラスト/イオスコーポレーション/アーウィン/北九州銀行中間決算/福岡ひびき信用金庫/西日本シティ銀行/ワクフリ/FPサポートセンター/学校法人大原学園/中村学園大学/福岡女学院/医療法人松坂会/ten/大阪の医療法人涼葵会/スタイルクリエイト/ering/福岡県/小石原川ダム/NPO法人男女・子育て環境改善研究所/九州・沖縄地区中小企業景況調査/ストライク調べ/吉田行動経済研究所調べ/県内住宅着工件数/福岡県許可事業/福岡市内開発申請状況


======
◆連載
福岡発・ビジネス英語道場
福岡の倒産動向


======
◆DATA
2021年の設立○○周年記念企業
速報!福岡市内建築情報
福岡県の新設会社情報


======
◆読者プレゼント
歌劇ザ・レビューシアター

参考価格: 1,930円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,717円

福岡の企業・経済動向を知るなら、この1冊。福岡県域をエリアとする唯一の総合経済情報誌

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2021/01/01
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/11/01
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

13 自治研究

第一法規

送料
無料

自治研究

2021年02月27日発売

目次: 論説
行政法学からみた受信契約締結義務・補論(上)
―カットフィルター事件を素材として 京都大学名誉教授 高木  光…3
「財政上の地方自治」の保障規定(一〇)
―九条以外の憲法改正の視点 元岡山大学教授・元岡山市長 安宅 敬祐…19
都市の執行組織に「集議制」を「復活」させよう!(三・完)
―忘れられた近代日本の地方制度・その三 明治大学名誉教授 山下  茂…49
明治初年の統治機構・官僚制と古代律令制(二・完)
(一財)地域総合整備財団監事・元人事院公平審査局長 井原 好英…73
研究
EU司法裁判所の先決裁定に対するドイツ連邦憲法裁判所のPSPP判決(Ⅱ⑽)
【EU法における先決裁定手続に関する研究(42)】 一橋大学教授 中西 優美子…102
国家法人説再訪(三・完)
― 最近公法学のある種の傾向 神奈川大学助教 足立 治朗…116
行政判例研究〔687〕 行政判例研究会  
一一〇五  滞納処分の手続において差押不動産の公売公告の前に「不
動産公売予定地」との看板を設置することは違法であり国
家賠償法一条一項の過失が認定されるとされた事例 立教大学教授 浅妻 章如…131
ドイツ憲法判例研究〔238〕 ドイツ憲法判例研究会  
二三八 司法修習生のスカーフ決定 秋田大学講師 棟久  敬…141
資料 総務省  
二〇四〇年頃から逆算し顕在化する諸課題に対応するために
必要な地方行政体制のあり方等に関する答申(三)…149

参考価格: 2,200円

未来へのビジョンを展開する地方自治総合誌

  • 2021/01/29
    発売号

  • 2020/12/29
    発売号

  • 2020/11/29
    発売号

  • 2020/10/28
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

  • 2020/08/28
    発売号

14 月刊 税

ぎょうせい

送料
無料

地方税中心の実務研究誌

  • 2017/12/04
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

  • 2017/10/02
    発売号

  • 2017/09/04
    発売号

  • 2017/08/02
    発売号

  • 2017/07/04
    発売号

送料
無料
参考価格: 1,320円

裁判例や判例の解説が満載!

  • 2017/12/01
    発売号

  • 2017/11/01
    発売号

  • 2017/10/01
    発売号

  • 2017/09/01
    発売号

  • 2017/08/01
    発売号

  • 2017/07/01
    発売号

18 コロンブス

東方通信社

最大
30%
OFF
送料
無料
参考価格: 713円 定期購読(学割1年プラン)なら1冊:499円

地域に根ざした経済誌

  • 2016/05/27
    発売号

  • 2016/04/27
    発売号

  • 2016/03/26
    発売号

  • 2016/01/27
    発売号

  • 2015/11/27
    発売号

  • 2015/10/28
    発売号

自治体情報誌 D-file(ディーファイル)

2021年02月25日発売

目次: 市町村で全国初、町ケアラー支援条例制定へ支援枠組み整備 北海道栗山町 29
県が最大80万人の無症状者にPCR検査無料実施へ 広島県 34
市が福祉施設使用済み紙おむつで燃料ペレット製造、余熱利用は全国初 新潟県十日町市 44
市がコロナ失業者に見舞金10万円、正規雇用する事業主に50万円 岩手県花巻市 85
区がコロナワクチン接種体制整備、区内診療所250ヵ所で可能に 東京都練馬区 34
2市2町とメーカーが連携し、ペットボトルを全てボトルに再加工 兵庫県加古川市・他 47
県振興公社が農家の事業継続計画策定マニュアル作成 全国初 静岡県農業振興公社 87

全国各地、最新の自治体政策がすばやく一目でわかる!自治体の今を切り拓く情報誌

  • 2021/01/25
    発売号

  • 2021/01/10
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/11/25
    発売号

  • 2020/11/10
    発売号

全20件中 1 〜 20 件を表示
日本最大級の雑誌に特化したECサイトFujisan.co.jpがオリジナルデータから集計した地方自治・行政 雑誌ランキングをお届けします。雑誌の定期購読は、通常価格よりお安く購入できたり、自宅や職場に送料無料で定期的に届けたりと、便利でお得なサービスをご提供しています。現在までに100万人以上がご利用したFujisan.co.jpの定期購読サービスを、ぜひご利用ください。

ビジネス・経済 雑誌のカテゴリランキングを見る

その他のカテゴリのランキングを見る

地方自治・行政 雑誌の発売日一覧

明日発売の地方自治・行政 雑誌

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌