臨床内科 雑誌

CCJAPAN(シーシージャパン)

2020年08月26日発売

目次: 特集 IBDの食事・栄養療法
IBDの食事療法の変化と最新情報
成分栄養剤(エレンタール)の上手な活用法
エレンタールQ&A 中東真紀先生(鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 医療栄養学科 准教授)
IBD患者と栄養士との関わり しんちゃん(みえIBD会長)
IBDと低FODMAP食 宮﨑拓郎先生(株式会社ジーケア 米国管理栄養士)
IBDにおける栄養学研究の動向 杉原康平先生(ミシガン大学医学部消化器内科)
Making of IBDの食事・栄養療法

情報
IBDドクターズ・インタビュー 青山伸郎先生(青山内科クリニック院長)
IBDドクター施設訪問 西口おなかのくどう内科

連載
IBDレシピ
なおティーチャーのラフターヨガレッスン
ニシヒロ@エレン
NB KASSYの美人100年
モーリー博士のなんでも実験室
IBD患者体験談
新連載 IBDな人とテニス 宮澤盛男さん(テニスビズ主宰)
中山泰男のやおいかん日記
全国IBD患者会探訪 名古屋IBD
IBDニュース
チャンネル・ミクモ
それいけ! ビチューくん ごろさん
次号予告
新連載 りきゅうこうじゅう 三枝直人先生(三枝クリニック副院長)
セキララ☆IBD劇場 がんちゃん@UC
三雲社の出版案内
ラウンヂミクモ
読者プレゼント

治療法最前線から、緩解時のレシピまで、クローン病と潰瘍性大腸炎の総合情報誌

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/04/26
    発売号

  • 2020/02/26
    発売号

  • 2019/12/26
    発売号

  • 2019/10/26
    発売号

  • 2019/08/26
    発売号

WOC Nursing(ウォック ナーシング)

2020年08月13日発売

目次: 特集●医療関連機器圧迫創傷の予防と管理のテクニック
企画編集/中川雅裕(浜松医科大学 形成外科 特任教授)


<特集にあたって>

 医療関連機器圧迫創傷(medical device related pressure ulcer;MDRPU)は文字どおり医療関連機器の持続的な圧迫によって生じる創傷や皮膚潰瘍ですが,以前は褥瘡の一部とされ,その認識が少なく,科学的な論文も少ない領域でした。一般的な褥瘡に関してはその認知度が高まり,発生原因の解明や予防法の発展で発生率が減少しましたが,MDRPUはその認識が低かったため発生率が減少しませんでした。しかし,『MDRPU ベストプラクティス 医療関連機器圧迫創傷の予防と管理』が2016年に出版されてから今年で4年が経ち,急速にMDRPUの認識が広まり,多くの解説書や文献などが書かれ,学会発表も増加し,認識され改善してきました。そして最近は,Journal of Wound Careの国際コンセンサスドキュメントにおいて,医療機器ではないその他の機器を含めた創傷として機器圧迫創傷(device-related pressure ulcer;DRPU)と表現されるようになり,さらに領域も拡大し新しい認識も必要になるかと思います。
 今回のMDRPUの特集号では,一般病棟ではなく小児病院や手術室・ICUなどの特徴のある場所や,クリティカルケアや足病変など特殊な病態で発生するMDRPUを詳しく写真で説明し,それぞれの特徴に合った予防法を解説しています。予防法の基本として患者1人1人に合わせて,正しいサイズの機器を選択することや製造元が示している使用方法に従い機器を使用することなどが重要になりますが,このような特殊な環境では必ずしもすべての患者にこれらの対応ができないことも多くあります。今回はさまざまな領域の多くの経験を持つ方々に執筆していただきましたので,これらの特殊な環境で働く多くの読者に役に立つ内容と考えます。
 本特集号の内容を明日からの看護やケアに役立てていただければ幸いです。

中川雅裕
浜松医科大学 形成外科 特任教授


<目次>

1. 総論/大浦紀彦,加賀谷 優,森重侑樹
2. 静岡がんセンターにおけるMDRPUの管理システム/吉川敦子
3. 小児専門病院におけるMDRPU対策と今後の課題/鎌田直子
4. クリティカルケア領域におけるMDRPU予防/志村知子
5. 手術室でのMDRPU/吉村美音
6. ICUでのMDRPU/佐野世佳,若林久美子
7. 血管内留置カテーテル,膀胱留置カテーテルによるMDRPU予防の工夫とポイント/佐野加奈
8. 糖尿病性足潰瘍や重症下肢虚血の治療におけるMDRPUへの対策/匂坂正信,奈良誠之,二階堂有加,竹江雄貴
9. 検査・治療部の安静を図るために必要な固定装具により発生したMDRPU/杉本はるみ
10. MDRPUとともに知っておきたい皮膚粗鬆症とその最重症型である深部解離性血腫(DDH)/藪野雄大,小川 令

参考価格: 2,640円

毎号が保存版!一歩進んだケアを提供するためのWOC(創傷・オストミー・失禁)予防・治療・ケアの初のWOCケア専門誌

  • 2020/07/17
    発売号

  • 2020/06/24
    発売号

  • 2020/05/28
    発売号

  • 2020/04/28
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2020/02/19
    発売号

消化器内科

医学出版

最大
8%
OFF
送料
無料

消化器内科

2020年08月25日発売

目次: 特集●慢性便秘の考え方―治療目標と新規下剤の位置づけを含めて―
企画編集/三輪洋人(兵庫医科大学 副学長/兵庫医科大学 消化器内科学 主任教授)

<特集にあたって>

 最近,新しい便秘薬の発売ラッシュである.新薬の登場により,われわれは便秘に対してほとんど関心を持っていなかったことに気づく.皮肉なものであるが現実である.そういえば,医学部の授業で便秘について学んだことはほとんどないし,便秘治療に情熱を傾けてきた医師もそれほど多くないはずである.これは便秘が簡単な疾患であるからではなく,われわれが便秘に対して真剣に対応してこなかったからである.
 しかし,便秘患者は日々医療機関を訪れる.待ったなしに下剤を処方する必要性にかられている.そんな状況下では何も考えずに,以前先輩から教わり,これまで使い慣れた下剤を画一的に処方するのが一番である.使い慣れたいつもの処方を漫然と用いるのである.日本における便秘薬の処方が,欧米諸国とはまったく違ったものになっているのはこのせいなのかもしれない.以前,日本で胃潰瘍の治療薬の市場が欧米のそれとはまったく違ったものであった状況を思い出す.欧米では効果なしとしてほとんど使用されなかった防御因子増強薬が,日本では頻用されていた.日本の便秘薬の使用法は明らかに諸外国のものと異なっているが,われわれは間違っていたのだろうか? 結論から述べると決して間違った治療をしていたわけではないが,それに関する検証がなされてこなかった.日本では,便秘治療薬の効果や副作用に関する臨床研究がほとんどなされてこなかったからである.
 やはり初心に戻って,正しく便秘を理解し,その治療法を新しく考え直したい.当然の思いである.しかし,これらを自分で整理して学ぼうとしても,それがそれほど簡単ではないことにすぐに気づく.まず,「便秘ってなに」という命題からつまずいてしまう.便秘を自覚する人は多いが,その人たちは本当に便秘という疾患を持つ患者なのであろうか? 研究用の複雑なRome診断基準は存在しても,日常的に使用できる簡単な基準はなく,便秘という疾患名が独り歩きしているのがわかる.ましてや治療にあたっては「なぜ治療する必要があるのか」から始めなければならない.「どう治療するのか」はそのあとの問題である.便秘治療の必要性やその目標を述べることは簡単ではないし,便秘がなぜ起こるのかという病態生理を理解していなければどう治療するかには答えられない.ましてや,次々と発売される便秘薬の作用機序を理解し,それをどう位置づけるかは,さらに困難な命題であろう.
 2017年に日本消化器病学会付置研究会から「慢性便秘症診療ガイドライン」が発刊された.消化器系のガイドラインの売り上げは通常数千部であるが,便秘のガイドラインはあっという間に25,000部を売り上げ,ベストセラーとなった.これは「便秘をもう一度勉強し直してみたい」「便秘治療の新しい考え方を知りたい」という思いを多くの医師が持っていたからではないかと思う.
 本書では日本における便秘研究のトップランナーの先生たちに,便秘についてわかりやすく,しかも詳しく解説していただいた.本特集号では治療に重点を置いた構成になってはいるが,疫学から定義,診断,病態生理についてもわかりやすく解説していただいた.治療に関しては,その意義,目標,生活習慣の重要性を述べていただいたうえで治療薬の各論を解説していただいた.作用機序,効果,注意すべき副作用はもちろんのこと,多くの治療薬の中での各薬剤の位置づけについて先生方の考えを交えて論じていただいた.結果として,とても読みごたえのある特集になったと感じている.ご多忙の中,執筆を快諾していただいた執筆者に御礼を申し上げるとともに,本特集号が読者に便秘診療の新しい考え方を学んでいただく一助となれば幸甚である.

三輪洋人
兵庫医科大学 副学長/兵庫医科大学 消化器内科学 主任教授


<目次>

〔特集〕
1. 日本の慢性便秘患者の疫学/北條麻理子,永原章仁
2. 慢性便秘症の定義と診断/大島忠之,三輪洋人
3. 便秘の分類と病態生理/金澤 素,福土 審
4. 便秘治療の意義と必要性/上田 孝,森 英毅,鈴木秀和
5. 生活習慣改善による便秘治療の有用性と効果/穗苅量太,杉原奈央
6. 便秘治療薬としてのプロバイオティクス/内藤裕二
7. 浸透圧性下剤の効果と使い方/小笠原尚高,春日井邦夫
8. 刺激性便秘薬の効果と使い方/富田寿彦,三輪洋人
9. 漢方による便秘治療とその位置づけ/眞部紀明,綾木麻紀,中村 純,藤田 穣,春間 賢
10. 上皮機能変容薬の種類と効果/福土 審
11. IBAT阻害薬の有用性とその位置づけ/中島 淳
12. 小児の便秘の現状と対策/宮本卓哉,鏑木陽一郎,永田 智

〔特別寄稿〕
推薦のことば(第9号 特集 大腸腫瘍に対する拡大内視鏡診断)/藤井隆広

参考価格: 4,400円 定期購読(1年プラン)なら1冊:4,048円

消化器内科領域の臨床に直結する最新で確かな知識をビジュアルに解説する専門誌

  • 2020/07/25
    発売号

  • 2020/06/27
    発売号

  • 2020/05/25
    発売号

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/02/25
    発売号

BRAIN and NERVE(ブレインアンドナーブ)

2020年09月01日発売

目次: ■特集 皮質性小脳萎縮症へのアプローチ■
皮質性小脳萎縮症の歴史と分類,新たな診断基準(吉田 邦広)
孤発性小脳性運動失調症-multiple system atrophyとmono system atrophy(渡辺 宏久,他)
皮質性小脳萎縮症の病理(古賀 俊輔)
遺伝性疾患の立場からのアプローチ(高橋 祐二)
自己免疫性小脳性運動失調症からのアプローチ(吉倉 延亮,他)
特発性小脳失調症との鑑別を要する二次性小脳性運動失調症(桑原 聡)


□総説
進行性多巣性白質脳症(PML)のMRI画像診断
 MRIが捉えた,伸展する脱髄病変の病理(宍戸-原 由紀子,鹿戸 将史)


●症例報告
MRIで明瞭な信号異常を呈した腕神経叢病変にPET/CTではFDG集積が軽微であったため,
 炎症性神経障害との鑑別が困難であった神経リンパ腫症の1例(島 智秋,辻野 彰)

経鼻胃管症候群を呈したパーキンソン病の2症例(古澤 恭平,他)

●学会印象記
AANP 2020-96th Annual Meeting of the American Association of Neuropathologists(高尾 昌樹)

参考価格: 2,970円

神経研究の進歩

  • 2020/08/01
    発売号

  • 2020/07/01
    発売号

  • 2020/06/01
    発売号

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/03/01
    発売号

神経研究の進歩

  • 2014/12/01
    発売号

  • 2011/12/01
    発売号

  • 2011/01/01
    発売号

送料
無料
参考価格: 2,530円

循環器疾患の基礎研究と臨床の現場を結ぶ専門学術誌

  • 2019/06/10
    発売号

  • 2019/04/10
    発売号

  • 2018/10/10
    発売号

Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)

2020年09月01日発売

目次: メインテーマ
ジストニアupdate ―診療ガイドライン2018を超えて

A. 総論
 1074 ジストニアの歴史と定義 ● 柳澤信夫
 1082 ジストニアの分類と疫学 ● 中島健二 他
 1085 ジストニアの発症機序 ● 望月仁志 他
 1089 ジストニアの診断・鑑別診断 ● 宮本亮介 他
 1092 評価スケールと重症度 ● 林 明人

B. 治療
 1096 薬物治療 ● 野村哲志
 1100 ボツリヌス治療 ● 坂本 崇
 1104 脳深部刺激術(DBS) ● 圓尾知之 他
 1108 集束超音波治療(FUS) ● 平 孝臣 他
 1111 経頭蓋反復磁気刺激治療(rTMS) ● 松本真一 他

C. 各論1
 1114 眼瞼痙攣とMeige症候群 ● 目崎高広
 1118 顎口腔ジストニア ● 吉田和也
 1122 喉頭ジストニア(痙攣性発声障害) ● 兵頭政光
 1125 頸部ジストニア(痙性斜頸,首下がり) ● 大澤美貴雄
 1131 体幹ジストニア ● 松本英之
 1134 書痙,上肢・下肢ジストニア ● 中村雄作
 1138 全身性ジストニア ● 熊田聡子

D. 各論2
 1143 遺伝性ジストニア(DYT1〜28) ● 瓦井俊孝
 1147 NBIA1〜6,FAHN ● 長谷川一子
 1156 パーキンソン病,MSA,PSP,CBDのジストニア ● 柏原健一
 1161 脊髄小脳変性症のジストニア ● 石川欽也
 1164 発作性ジストニア ● 木村康義 他

E. 各論3
 1168 音楽家・職業性ジストニア ● 古屋晋一
 1171 薬剤性ジストニア・ジスキネジア ● 堀内正浩
 1175 心因性(機能性)ジストニア ● 宮本亮介

連載
 1060 Stereologyへの招待
  Optical disector:空間的解析へ ● 清蔭恵美,樋田一徳
 1062 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
  エンドセリンおよびエンドセリン受容体の種類 ● 志甫谷 渉
 1064 臨床医のための神経病理 再入門
  ラトケ囊胞 ● 岡 秀宏
 1066 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
  頭蓋頚椎移行部動静脈瘻 ● 金 太一,齊藤延人
 1069 神経筋診断A to Z 
  [反射 2] H波 ● 小森哲夫
 1178 検査からみる神経疾患
  3D血管壁イメージングによる頭蓋内血管の評価 ● 佐々木真理
 1180 ニューロサイエンスの最新情報
  ヒトとチンパンジーの脳の遺伝子発現 ● 郷 康広
 1182 素顔のニューロサイエンティスト
  Andrew M. Demchuk ● 尾原知行
 1183 神経疾患治療ノート
  ポルフィリン症 ● 関 守信
 1186 Q&A―神経科学の素朴な疑問
  first night effectとは何でしょうか? ● 佐々木由香

 1190 バックナンバー
 1192 次号予告

参考価格: 2,970円 定期購読(2020年1月号~12月号プラン)なら1冊:2,906円

神経領域を志す医師必読の月刊誌

  • 2020/08/01
    発売号

  • 2020/07/01
    発売号

  • 2020/06/01
    発売号

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/03/01
    発売号

送料
無料
参考価格: 1,980円

うつ病診療の今を伝える

  • 2019/08/01
    発売号

  • 2019/04/01
    発売号

  • 2018/12/01
    発売号

Heart View(ハートビュー)

メジカルビュー社

送料
無料

Heart View(ハートビュー)

2020年09月09日発売

目次: 2020年10月号
■特集:循環器疾患バイオマーカー 有用性と可能性 企画・構成/鈴木 亨

診る
1.循環器疾患が疑われる患者でどのようにバイオマーカーを測定すべきか? 相澤健一,鈴木 亨
2. 循環器系マルチバイオマーカー・ストラテジーとは何か,どう使うか? 佐藤直樹
3.欧米のエビデンスに基づいた心不全ガイドラインは日本人に当てはまるか? -バイオマーカーを中心に- 永井利幸,安斉俊久
4.急性冠症候群ガイドラインにおける心筋トロポニンはどのように使うべきか? 井上健司
5.大動脈解離はバイオマーカーで診断できるか 藤田大司

識る
6. 心不全パンデミックを防ぐためにはバイオマーカーをどう使うか? 絹川真太郎,筒井裕之
7.高血圧のゲノム解析はどのように行われるのか? 加藤規弘
8.微小血管狭心症のバイオマーカーにはどんなものがあるか? 髙橋 潤,下川宏明
9. Expertise GDF-15 は心不全およびACS の予後予測バイオマーカーとしてどれほど有用か? 根岸経太
10.Expertise IgG4 は冠動脈疾患のバイオマーカーになるか? 坂本愛子
11.新しいバイオマーカーはどう開発するか? 新規大動脈瘤バイオマーカーの探索 南野直人,村上裕輔,錦織充広

治す
12 .DNA 損傷評価に基づく拡張型心筋症患者の精密医療 候 聡志
13.腸内細菌叢由来代謝物は循環器疾患バイオマーカーおよび治療標的になるか? 矢﨑義行
14.HFpEF とHFrEF の病態生理と治療法の違いはバイオマーカーで説明可能か? 髙濱博幸

●連載
・【英語による 自信がもてる学会発表の技術 プレゼンの方法からパワポの作り方まで】
 Presentation の極意 よいプレゼンとは?
 心臓血管研究所山下武志所長に直撃インタビュー 上嶋徳久,加藤祐子

Keyword
オミックス解析,プロテオーム,フェノーム,心筋トロポニン,脳性ナトリウム利尿ペプチド,
D-dimer,心不全,高感度トロポニン,急性冠症候群,0-hour/1-hourアルゴリズム,
リスク層別化,心不全補助診断,ガイド下治療,神経体液性因子,ゲノム医療,
ゲノムワイド関連解析,微小血管狭心症,冠動脈機能異常,心筋虚血,微小血管抵抗指数
GDF-15,マルチマーカーストラテジー,IgG4,免疫炎症系,冠動脈硬化,バイオバンク
拡張型心筋症,DNA損傷,腸管マイクロバイオーム,TMAO,HFpEF

循環器専門医のための[診る][識る][治す]

  • 2020/08/12
    発売号

  • 2020/07/10
    発売号

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/05/11
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/03/11
    発売号

最大
10%
OFF
送料
無料

J-IDEO(ジェイ・イデオ)

2020年09月10日発売

目次: 今号のSpecial Topicは「国内の動物由来薬剤耐性菌の現状」.
薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン関連の取り組みが広く認知され,各所で推進されつつある現在,意外な盲点となっているのがヒト以外の生物に対する抗菌薬適正使用です.従来よりヒト医療において問題視されてきたグラム陰性桿菌およびグラム陽性球菌の薬剤耐性菌を保有する伴侶動物や食用動物が増加している現状について詳しく解説します.

参考価格: 2,750円 定期購読(Vol.4 No.1(2020年1月号)~Vol.4 No.6(2020年11月号)プラン)なら1冊:2,475円

速く! 鋭く! 正確に! 総勢30以上の連載コンテンツがあらゆる角度から感染症を解き明かします。

  • 2020/07/10
    発売号

  • 2020/05/10
    発売号

  • 2020/03/10
    発売号

  • 2020/01/10
    発売号

  • 2019/11/10
    発売号

  • 2019/09/10
    発売号

送料
無料

medicina(メディチーナ)

2020年09月10日発売

目次: ■特集 循環器診療2020 どこまで攻めて,どこから引くか?■
□特集 循環器診療2020 どこまで攻めて,どこから引くか?(香坂 俊)
□座談会
これからの循環器診療戦略
 各領域での進歩(木村 剛・後藤 信哉・香坂 俊)
□予防医療
LDLは積極的に管理する!それを果たしてどこまで?(岡村 智教)
血圧も積極的に下げる!ただ結局そのカットオフはどうなった?(大澤 正樹)
TGは良い治療ターゲットになるか?
 REDUCE-IT試験を踏まえて(上野 高史・石松 高・山路 和伯)
運動は体に良く,喫煙は絶対に悪い!でも実際の現場での指導法は?(野村 章洋)
循環器予防医学の未来(河面 恭子・渡邉 至・宮本 恵宏)
□心不全
BNPを使った心不全診断とその功罪(川井 真・吉村 道博)
利尿薬でどこまで踏み込むか(武井 眞)
心不全慢性期の至適薬物治療を適切に導入するために(河野 隆志)
新規心不全薬
 企業からの情報提供の前に知っておくべきこと(鍋田 健)
心不全診療の未来(小保方 優)
□虚血性心疾患
トロポニン全盛期の急性冠症候群の診断をどうするか(井上 健司)
ISCHEMIA試験後の安定狭心症治療
 今のカテの立ち位置は?(竹中 秀・永井 利幸)
血栓の二次予防はどこまで?
 高齢化社会を迎えた日本での考え方(塩見 紘樹)
すべての方にスタチンを?
 虚血性心疾患コレステロール管理のこれから(中尾 一泰)
虚血性心疾患診療の未来(小船井 光太郎)
□不整脈
心房細動早期発見のために
 いますべきこと,やっても意味がないこと(小田倉 弘典)
抗凝固のジレンマをどう解決するか(小川 尚)
アブレーション治療を再考する
 CABANA試験を踏まえて(西原 崇創)
不整脈デバイス治療の明暗(谷本 耕司郎)
不整脈診療の未来(相澤 義泰)
□弁膜症など構造的心疾患(SHD)
あらためて弁膜症患者
 古典的に聴診か?早めに画像診断か?(中西 弘毅)
TAVIとMitraClip(R)の適切な適応とは?(足立 優也・志村 徹郎・山本 真功)
成人先天性心疾患を成人循環器領域で扱うとき(木島 康文・椎名 由美)
□画像診断・その他
冠動脈疾患に対する画像診断
 CTか? それとも負荷検査か?(肥田 敏・近森 大志郎)
MRIを用いた心筋症の鑑別(加藤 真吾)
心不全在宅診療の時代を迎えてEBMを考える(横山 広行)
□特集の理解を深めるための25題
問題
解答


●見て,読んで,実践! 神経ビジュアル診察(29)
手が震える!今度はParkinson病!?-安静時振戦(難波 雄亮)

●ケースレポートを書こう! acceptされるために必要なこと(6)
英文校正(見坂 恒明)

●フレーズにピンときたら,このパターン! 鑑別診断に使えるカード(9)(長野 広之)

●本気で書く!入院時サマリー! 患者情報,丸見え化プロジェクト(4)
入院時から退院への戦いは始まる! ~最初が肝心!CGA!(徳田 嘉仁)

●目でみるトレーニング(岩崎 靖/原田 拓/田中 由佳里)

●物忘れ外来から学ぶ現場のコツ 認知症患者の診かた(28)
高齢者2人世帯の認知症診療はどうしたら良いですか?(重松 一生)

参考価格: 2,860円

内科臨床誌メディチーナ

  • 2020/08/10
    発売号

  • 2020/07/10
    発売号

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/05/10
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

送料
無料

内科臨床誌メディチーナ

  • 2014/12/01
    発売号

  • 2011/12/01
    発売号

送料
無料

アレルギーの臨床

2020年08月31日発売

目次: 特集:アレルギーの発症予防~胎内・胎外因子からみたエビデンス
Prevention for allergy development ~ Evidence of prenatal and postnatal factors
価格2600円:本体2,364円+税

■ 今月のことば(538)
アレルギーの発症予防は可能か?/下条 直樹

■ 特集
-特集に寄せて-
アレルギーの発症予防/吉原 重美

1. 胎内因子とアレルギーの発症/杉山 弘樹・森田 英明
2. 胎外因子とアレルギーの発症/藤田 雄治・吉原 重美
3. 食物アレルギーの予防/林 大輔
4. アトピー性皮膚炎の発症予防/堀向 健太
5. 気管支喘息発症のリスク因子と発症予防/西田 光宏
6. 妊娠中にできる児のアレルギー発症予防/成田 雅美

■ 症例報告
〈耳鼻咽喉科〉再発性多発軟骨炎/永野 広海


アレルギー疾患に関する臨床レベルの情報をお伝えします。

  • 2020/07/21
    発売号

  • 2020/07/15
    発売号

  • 2020/06/22
    発売号

  • 2020/05/22
    発売号

  • 2020/05/14
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

チャイルドヘルス

診断と治療社

最大
3%
OFF
送料
無料

チャイルドヘルス

2020年08月01日発売

目次: 2020年9月号
Vol.23 No.9

Myオピニオン
子どもの「不安」へのかかわり方…副島賢和

【特 集】
ワクチン・ギャップ解消後のワクチンQ&A
(企画の言葉…堀向健太)
1 ワクチンの基礎的な知識を教えてください…齋藤昭彦
2 ワクチンは不足したりしませんか?…多屋馨子
3 B型肝炎ワクチンの定期接種や母子感染予防スケジュール変更の経緯とその後は?…乾 あやの,藤澤知雄,小松陽樹
4 水痘予防接種が2回になった経緯とその後は?…河村吉紀
5 ロタウイルスワクチンの定期接種化にあたって注意すべきことは?…中嶋有美子,森内浩幸
6 おたふくかぜワクチンの定期接種への動きはありますか?…中野貴司
7 インフルエンザワクチンは本当に有効ですか?…津村明子,岩田健太郎
8 増加する百日咳へのワクチンによる対応はどうすればいいですか?…仲島大輔
9 HPVワクチンの接種は今後どうなっていくのでしょうか?…塩見真由,上田 豊,木村 正
10 新しいワクチン開発の現状を教えてください…木戸 博,木本貴士,堺 聡子
Column ワクチン忌避にどう対処するとよいか教えてください…宮原 篤

【寄 稿】
フィンランドの子どもの医療・福祉・教育から学ぶ 第7回
フィンランドにおける里親・養子縁組システム…福地 成

【連 載】
◆子どもの成長を育むおもちゃと遊び グッド・トイ22選 第1回
グッド・トイとは…善本眞弓
◆小児科医がみた国際保健協力~ナイジェリアの現場から~ 第1回
ナイジェリアの概要とワクチンの状況…堀越裕歩
◆子どもに忍び寄る危険 犯罪の予防・気づき・対応 第11回
教師による体罰・無謀なスポーツ指導による事故…後藤啓二
◆忘れちゃいけない やらなきゃいけない 子どもを守るワクチン接種 第12回
ヒブワクチンの成果とインフルエンザ菌感染症のいま…西 順一郎
◆ようこそ絵本図書館へ 第21回
読み継ぐ絵本…児玉ひろ美
◆育児Q&A
性器いじりについて…湯汲英史
◆海外文献の紹介
乳児保育を受けた男児は,高校修了率や年収が高くなる…榊原洋一

参考価格: 1,620円

子どもの保健と育児を考える雑誌

  • 2020/07/01
    発売号

  • 2020/06/01
    発売号

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/03/01
    発売号

  • 2020/02/01
    発売号

送料
無料

メディカル・サイエンス・ダイジェスト

2020年08月20日発売

目次: 特 集 「多発性硬化症と視神経脊髄炎」
Multiple sclerosis and neuromyelitis optica

価格:定価(本体2,182円+税)
総論 多発性硬化症と視神経脊髄炎の目覚ましい進歩(藤原 一男)
多発性硬化症病態の新たな知見(山村 隆)
多発性硬化症の治療戦略:欧米と日本の現状と問題点(新野 正明)
視神経脊髄炎スペクトラム障害:診断,病 態,治療(森 雅裕)
抗MOG抗体関連疾患:新たな中枢神経の炎症性脱髄疾患(中島 一郎 )

Industry News  
二次性進行型多発性硬化症治療薬シポニモド
(大川 陽久・丸山サラディーニ 恵子・鳥山 和宏)
補体阻害薬エクリズマブ (岡村 和美)

- 最先端医療の今-
脱アセチル化酵素SIRT1によるオリゴデンドロサイト前駆細胞の分化制御(久原 真・下濱 俊 )
胃粘膜ヘリコバクター・ピロリ菌感染によるCNS内神経炎症の誘導( 朴 雅美・角田 郁生)
神経疾患の「機能回復ネットワーク」の探索(阿部 弘基・高橋 琢哉)
自己免疫疾患への治療薬作出のための新規リポーター細胞の樹立:独自ライブラリーを用いた創薬への取り組み(倉田 里穂・原田 将光・米澤 朋)
インフルエンザウイルス感染に伴う宿主クロマチン高次構造の変化(市田 悠・今井 由美子)
環状ホスファチジン酸類縁体を用いた多発性硬化症新規治療薬開発プロジェクト( 山本 梓司・後藤 真里・室伏 きみ子・吉川 圭介)
ベーチェット病感受性遺伝子TRIM39RにおけるⅠ型IFN産生機構の解析(倉田 里穂・米澤 朋・猪子 英俊) 消化管協調運動の基盤・マイクロ領域での興奮連携多元的制御の可視化 (中山 晋介・岩田 尚子・高井 千穂)
PKAによるリン酸化を介したミトコンドリア品質管理の調節(赤羽 しおり)
ヒトの高次機能を支える脳回脳溝の形成機序研究の現状
( 畠山 淳)

第一線の執筆陣による臨床医のための月刊誌

  • 2020/07/20
    発売号

  • 2020/06/30
    発売号

  • 2020/06/20
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/20
    発売号

送料
無料

レジデント(Resident)

2020年07月31日発売

目次: 特集●熱傷初期診療のエッセンスとエビデンス
企画編集/織田 順

<特集にあたって>

 熱傷(やけど)はとても日常的な外傷で,とくに火を使うようになって以来の人類には常につきまとってきた問題である.高温熱源,高温物質は生活向上,あるいは産業の発達に不可欠で,ある時代までは熱傷患者数が増加してきていたに違いない.これを食い止めるべく高温熱源・物質のコントロールや安全管理,あるいはそれらの啓発が強力に押し進められてきたことにより熱傷患者,とくに重症熱傷患者の発生数は日本を含む先進国では年々減少しており,大変喜ばしいことである.
 熱傷患者が減少したことは素晴らしいことである.一方異なる視点からは熱傷治療の経験減少とも解釈される.経験減少が治療成績を下げてしまうことのないようにしなければならない.そのためには熱傷治療のエッセンスをわかりやすい,実用可能な形で理解しておく必要があるだろう.軽微なやけどは,治療経過は長くないため初期評価や処置が大事である.広範囲熱傷では診療経過が格段に異なり,蘇生から利尿期に至る超急性期,手術,その後の感染管理,栄養,リハビリから,家族や社会的サポートを考慮しつつ社会にお返しするところまで広く拡充される.
 本号では「熱傷初期診療のエッセンス・エビデンス」として,専門家に引き渡す前の,初療段階での診療について,第一線の医師により各項のエッセンスを,エビデンスを交えつつわかりやすく書き下ろしていただいている.熱傷初期診療の要点は,生理学的な危機に対する少しだけ高度な対症療法と,熱傷診療におけるDo/Don’t,コンサルトや根本治療への橋渡し,に集約される.エッセンスはAirway,Breathing,Circulation の安定化で,初期対応が予後に重大な影響を及ぼす.局所療法,あるいは特殊熱傷に対しても,本号をきっかけにぜひとも実践していただきたいと思う.熱傷診療は,体の内部で何が起こっているのか,想像力を最大に高めながら戦ううちに侵襲学が身についてくることも魅力である.テクノロジーの進化とともに安全性が高まっていることとは別に,世界的に自然災害,人為的災害による熱傷は相変わらず散見される.コンサートやスポーツ観戦などいわゆるマスギャザリングについても東京オリンピック・パラリンピック大会で規模は桁違いとなる.多数熱傷患者の発生に対する体制整備も進める必要があるだろう.そしてなにより,やや使い古された感はあるが,重症熱傷診療ほど診療チームの総合力が試されるものはない.チーム医療と病院準備についても解説していただく.
 本号が読者のみなさまの熱傷診療の一助となり,また診療チームの総合力を上げていただけるものとなれば大変幸甚である.

織田 順
(東京医科大学 救急・災害医学分野 主任教授)


<目次>

特集●熱傷初期診療のエッセンスとエビデンス
1. 「熱傷初期診療の標準化」国内外の状況/織田 順
2. 「軽くやけどした」どう評価してどう処置すればよいか?/佐藤俊昭
3. 「煙をすったようだ」気道呼吸管理・気道損傷/卯津羅雅彦
4. 「熱傷では循環管理が大変というけれど」熱傷侵襲と循環管理/上尾光弘
5. 「熱傷創処置をどう考えればよいのか」外用剤と創傷被覆材/黒柳美里
6. 「熱傷の減張切開」コンパートメント症候群のリスク/春成伸之
7. 「小児熱傷」成人とどう違う?/黒木雄一
8. 「感電した,雷が落ちた」電撃傷でとくに気をつけることは?/武田多一
9. 「薬品がかかった」化学損傷診療の要点/池野屋慎太郎
10. 「多数の熱傷患者が発生した模様」多数熱傷患者の受け入れ,安定化,二次トリアージ,分散搬送は?/土井賢治・田熊清継
11. 「重症熱傷診療はチーム診療の総合力が試される」施設における準備・チーム医療の実践/井上貴昭

参考価格: 2,500円

忙しい毎日を送るレジデントの先生だからこそ、 “すぐに役立つ”雑誌を

  • 2020/06/12
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2020/01/10
    発売号

  • 2019/12/10
    発売号

  • 2019/09/30
    発売号

送料
無料

レジデントノート

2020年09月18日発売

目次: 序【山内照夫】
Color Atlas
第1章 がん薬物療法の基本と最新知識
1. 診断と治療の基本
① がん薬物療法の基礎知識【東 光久】
② 原発不明がんの診断と治療【公平 誠】
2. 最新のがん治療
① 免疫チェックポイント阻害薬の適応と副作用管理【北野滋久】
② がん遺伝子パネル検査を用いた「個別化医療」【小山隆文】
第2章 がん薬物療法の副作用・合併症への対応
1. 骨髄抑制【矢崎 秀】
2. がんと感染症【石川和宏,森 信好】
3. がん薬物療法中の悪心・嘔吐【名取亜希奈】
4. 口腔粘膜炎【永野悦子】
5. 下痢【酒井 瞳】
6. 肺障害【西條康夫】
第3章 がん患者の急性症状への対応
1. オンコロジック・エマージェンシーへの対応
① 脊髄圧迫【安田武洋】
② 上大静脈症候群【山中太郎,尾崎由記範,高野利実】
③ 脳転移・頭蓋内圧亢進症【山内照夫】
④ 高カルシウム血症【藤井健夫】
⑤ 腫瘍崩壊症候群【杉本由香】
2. がん性漿膜炎への対応
① がん性胸膜炎【土井美帆子】
② がん性腹膜炎【安次嶺宏哉,大山 優】
第4章 進行がん患者の症状緩和・終末期ケア
1. 痛み【林 章敏】
2. 気持ちのつらさ(不安・抑うつ)【藤澤大介,阿部晃子】
3. 食欲不振【三輪 聖,森 雅紀】
4. せん妄【西 智弘】
5. がん患者の呼吸困難【松田洋祐】
6. 臨死期の対応【浅井泰行】
第5章 がん患者や家族への心理的ケアと社会的ケア
1. がん患者や家族とのコミュニケーション【山田 祐】
2. 在宅緩和ケアのための退院支援【松本明子】
索引
執筆者一覧

参考価格: 2,200円

イラスト・表を多用して基本的事項から詳しく丁寧に解説。

  • 2020/09/10
    発売号

  • 2020/08/11
    発売号

  • 2020/07/17
    発売号

  • 2020/07/10
    発売号

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

胃と腸

医学書院

送料
無料

胃と腸

2020年08月25日発売

目次: ■主題 一度見たら忘れられない症例■
□序説
一度見たら忘れられない症例
 -たかが“当たり前”,されど“当たり前”(山野 泰穂)
□主題
腐食性食道炎に発生した胸部食道癌(三浦 昭順・他)
神経内分泌癌成分を伴ったBarrett食道腺癌の1例(福山 知香・他)
ボーリング生検で診断したMALTリンパ腫成分を伴う
 隆起型胃びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(赤松 泰次・他)
スキルス胃癌(梅垣 英次・他)
遺伝性びまん性胃癌(丸山 保彦・他)
転移性胃癌-乳癌(浸潤性小葉癌)による胃転移(荒尾 真道・他)
好酸球性胃腸炎(増永 哲平・他)
先天性十二指腸膜様狭窄症(吉永 繁高・他)
広範囲粘膜脱落を呈する潰瘍性大腸炎(大川 清孝・他)
急速な粘膜内脱分化を示した潰瘍性大腸炎関連癌の多発例(岩男 泰・他)
消化管GVHD(小村 成臣・他)
Sessile serrated lesion with dysplasia(SSLD)由来pT1b粘液癌の1例(永田 信二・他)
直腸肛門部にみられた悪性黒色腫の1例(十倉 淳紀・他)
小腸海綿状リンパ管腫(岡 志郎・他)
肛門fibroepithelial polyp(佐野村 誠・他)


●早期胃癌研究会症例
NBI併用拡大観察が有用であった虫垂印環細胞癌の1例(尾石 義謙・他)

腫瘍露出し短期間に形態変化を来したGISTの1例(外山 雄三・他)

●今月の症例
Helicobacter pylori 陰性の胃粘膜に発生した胃MALTリンパ腫の1例(萩原 武・他)

参考価格: 3,520円

消化管の形態診断学を中心とした専門誌

  • 2020/07/25
    発売号

  • 2020/06/25
    発売号

  • 2020/05/25
    発売号

  • 2020/05/10
    発売号

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

医療と検査機器・試薬

ラボ・サービス

医療と検査機器・試薬

2020年06月10日発売

目次: View Point:臨床検査室探訪 天理よろづ相談所病院
座談会:天理よろづ相談所病院臨床検査部
    上岡新部長 日常業務と学術研究の両立をめざす
トップ交代にともなうこれから
 1.病院における研究の実践
  下村 大樹(天理よろづ相談所病院 臨床検査部)
 2.検体検査の新たな取り組み
  倉村 英二(天理よろづ相談所病院 臨床検査部)
 3.多職種連携、いわゆるチーム医療の取り組み
  木下 真紀(天理よろづ相談所病院 臨床検査部)

緊急報告:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
特別寄稿第2弾
 新型コロナウイルスの抗体検査について
  佐守 友博(医療法人 明和病院臨床検査部 主任部長、株式会社エスアールエル 顧問)
解説(特別報告)
 外来診療や在宅医療におけるCOVID-19に対する日常的なPOCTの活用
  小谷 和彦・他(自治医科大学 地域医療学センター 地域医療学部門)
感染対策の取り組み
 市販のモニタアームとアクリル板を用いた採血室における飛沫感染予防策
  菅井 貴裕・他(新潟大学医歯学総合病院検査部)
音楽業界からの報告
 新型コロナウイルス感染症で音楽業界はどう動いたか
  とある音楽業界従事者

特集:第10回DNAアドバイザー協会(DAAJ)セミナー
 1.DTC遺伝子検査を取り巻く環境とDNAアドバイザー協会(DAAJ)の活動趣旨
  田村 弘志(DNA アドバイザー協会会長、順天堂大学医学部非常勤講師)
 2.日本DNAアドバイザー協会の認定講座
  ~ 遺伝子検査活用セミナーの習得基準と周辺技術の動向 ~
  川口 竜二(株式会社プロップジーン 代表取締役社長、一般社団法人HECTEF 理事、
  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)専門カタライザー、
  日本DNA アドバイザー協会 ファウンダー/理事)
 3.遺伝子解析技術とゲノムリテラシー教育
  大藤 道衛(DNAアドバイザー協会 理事、東京テクニカルカレッジ・バイオテクノロジー科)
 4.最新ゲノム情報の解析と活用
  村松 正明(東京医科歯科大学難治疾患研究所ゲノム応用医学部門分子疫学)

シリーズ
超音波検査の精度保証を考える
 [4]超音波検査と感染防止
  関根 智紀(国保旭中央病院 診療技術局)
保健・医療・病院経営と人的資源管理
 第24回 管理職研修
  井上 仁志・他(大阪産業大学経営学部教授)

トピックス
 穿刺液検体の細胞数と細胞3分類検査法(用手法と機械法の相関)
  保科ひづる・他(諏訪中央病院 検査科)

リレーコラム
検査技師の四方山話〈第三区〉
 ~ 今回のテーマは「走る」~
  常名 政弘(東京大学医学部附属病院検査部 副技師長)

レポート
サモアと日本の懸け橋になることを願って
 臨床検査を通してサモアに何を伝え、
 サモアから何を学ぶべきなのかを考える-第1回-
  中島 康仁(元JICA SVサモア独立国派遣・現 関西医療大学 臨床検査学科)

ゲスト百珍
プロフェッショナルに学ぶ
 〜活きる土創り〜コンシェルジュバーテンダー
  内田 高史

連載漫画
 新 さんしろう先生 がんばるワン(9)

編集後記
  萩原  聡

進歩・発展を続ける医療と検査機器・試薬情報をより早く紹介

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2019/12/10
    発売号

  • 2019/10/10
    発売号

  • 2019/08/10
    発売号

  • 2019/06/10
    発売号

感染と抗菌薬

ヴァンメディカル

送料
無料

感染と抗菌薬

2020年09月10日発売

目次: 特集 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)―闘いの最前線を知る

●序文~COVID-19を正しく理解し,正しく備える~
(東北文化学園大学/宮城県結核予防会 渡辺 彰)

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の臨床症状―見えてきたCOVID-19の正体
(新潟大学 菊地利明)

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査―検査の現状と最新知見
(富山大学 森永芳智)

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する抗ウイルス薬―臨床試験の現状を知る
 (1)ファビピラビル
 (東北文化学園大学/宮城県結核予防会 渡辺 彰)

 (2)その他の抗ウイルス薬―海外での開発動向を含めて
 (横浜市立市民病院 立川夏夫)

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染対策
(浜松医療センター 矢野邦夫)

●高リスク患者の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)―臨床経過・治療・予防まで
 (1)高齢者患者―施設入所者の感染対策を含めて
 (健和会大手町病院 山口征啓)

 (2)基礎疾患のある患者
 (長野県立信州医療センター 山﨑善隆)

●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発の現状と展望
(福岡看護大学/福岡歯科大学医科歯科総合病院 岡田賢司)

参考価格: 2,420円

医師、コメディカルスタッフの実践に役立つ感染症情報誌!

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/03/10
    発売号

  • 2019/12/10
    発売号

  • 2019/09/10
    発売号

  • 2019/06/10
    発売号

  • 2019/03/10
    発売号

送料
無料

月刊糖尿病(DIABETES)

2020年08月20日発売

目次: 特集●糖尿病患者の血圧管理
企画編集/田中正巳,伊藤 裕

<特集にあたって>

 糖尿病と高血圧はいずれも代表的な生活習慣病であり,両者の合併は脳心血管病の発症率を著しく高める.そのため糖尿病患者では厳格な降圧が必要であり,日本高血圧学会が策定した『高血圧治療ガイドライン2019』でも日本糖尿病学会が策定した『糖尿病診療ガイドライン2019』でも,糖尿病患者の降圧目標は130/80 mmHg未満に定められている.
 現在我が国には約4,300万人の高血圧患者と約1,000万人の糖尿病患者が存在する.両疾患の合併頻度は高いため,我が国には多くの糖尿病合併高血圧患者が存在することになる.これらの患者の年齢,ライフステージ,血管障害の有無,脂質や体重などの管理状況といった背景は多種多様であるため,血圧,血糖の管理にあたっては個々人の状況を勘案した慎重な対応が必要になってくる.
 糖尿病合併高血圧に関する知見は日々アップデートされている.その一方で,糖尿病・高血圧治療の基本は食事・運動療法であること,治療の目標は患者の生命予後とQOLの改善であることなどは,ガイドラインが改訂されても変わらない.このような今も昔も変わらない重要事項,そして近年アップデートされた情報を整理して,糖尿病患者の血圧管理に役立てることを目的として本特集を企画した.糖尿病患者の血圧を適切に管理するためには,敵を知る,すなわち糖尿病合併高血圧の特徴を理解することが欠かせない.近年優れた糖尿病薬が続々と登場しているが,食事・運動などの非薬物療法が依然として重要であることは言うまでもない.ガイドライン改訂の際に糖尿病患者の降圧目標は変わらなかったが,第一選択薬には変更があった.新規糖尿病薬の中には降圧効果が報告されているものがある.高血圧の治療目標が脳心血管病の抑制であることを考えれば,脳血管障害,冠動脈疾患の予防を考慮した降圧療法は重要である.CKD,肥満・メタボリックシンドローム,脂質異常症は心血管リスクを高めるため,これらを合併した患者への対応策を理解しておく必要もある.また,我が国は未曾有の超高齢化社会を迎えており,認知機能低下やフレイルなどの老年症候群が問題となる高齢者への配慮は欠かせない.近年高齢出産の増加は顕著であり,妊婦の高齢化に伴い高血圧も(妊娠)糖尿病も増加する.したがってこれらの病態に対する理解も重要である.日本人に適したガイドライン作成のためには日本発のエビデンスを構築することが重要であるが,多くの危険因子を包括的に管理することの重要性を証明したJ-DOIT3は世界に誇るべき臨床研究である.内分泌性高血圧は臓器障害進展のリスクが高いため早期診断,早期治療が重要だとわかっていても,つい見逃してしまいがちである.本特集ではこれらの重要事項について,各分野ご専門の先生方からわかりやすく解説していただいた.今回の特集が,糖尿病を合併した高血圧患者の脳心血管病予防とQOL向上に貢献できることを期待する.


<目次>

1. 高血圧を合併した糖尿病の特徴/片山茂裕
2. 高血圧を合併した糖尿病患者の生活習慣修正/土橋卓也
3. 糖尿病合併高血圧患者の降圧目標/舩越駿介,有馬久富
4. 糖尿病合併高血圧患者の薬剤選択:JSH2019改訂における重要ポイント/国村彩子,樋室伸顕,藤吉 朗,瀬川裕佳,大西浩文,斎藤重幸
5. 脳血管障害を合併した糖尿病患者の血圧管理/北川一夫
6. 冠動脈疾患を合併した糖尿病患者の血圧管理/岸 拓弥
7. 糖尿病性腎症患者の血圧管理/馬場園哲也
8. 肥満・メタボリックシンドローム合併糖尿病患者の血圧管理/瀬川利恵,石垣 泰
9. 糖尿病合併高血圧患者の脂質管理/長尾元嗣
10. 高齢糖尿病患者の血圧管理/千葉優子
11. 妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠における血圧管理/三戸麻子
12. 糖尿病治療薬の大規模臨床試験成績と降圧効果/大西由希子
13. J-DOIT3から考える血圧管理/笹子敬洋,植木浩二郎
14. 糖尿病を合併した内分泌性高血圧を見逃さない/田辺晶代,橋本真紀子

参考価格: 3,456円

これまでなかった“糖尿病に特化した月刊専門誌”

  • 2020/05/22
    発売号

  • 2020/04/03
    発売号

  • 2020/02/15
    発売号

  • 2020/01/22
    発売号

  • 2019/12/14
    発売号

  • 2019/10/30
    発売号

送料
無料

呼吸器ジャーナル

2020年08月15日発売

目次: ■特集 進行期肺癌治癒への道〜がんゲノム医療と免疫プレシジョン医療の接点〜■
企画:各務 博(埼玉医科大学国際医療センター呼吸器内科)


□プロローグ
肺癌患者の長期生存戦略(各務 博)
□総論
がんゲノム変異と肺癌(増澤 啓太・副島 研造)
肺癌における免疫学的バイオマーカーの現状と将来(北野 滋久)
□I.がん細胞遺伝子変異がもたらすもの
ゲノム変異からシグナル依存へ そのメカニズム
 (1)EGFR遺伝子変異(藤田 一喬・萩原 弘一)
ゲノム変異からシグナル依存へ そのメカニズム
 (2)ALK融合遺伝子変異(片山 量平)
腫瘍抗原(河上 裕)
□II.分子標的治療薬最前線
肺癌診療にゲノム診断をどう生かすのか?(藤野 智大・須田 健一・光冨 徹哉)
EGFR-TKI世代ごとの特徴(宮内 栄作・井上 彰)
EGFR-TKI獲得耐性のメカニズム(特にオシメルチニブ)(井手 真亜子・大田 恵一・岡本 勇)
EGFR-チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)と細胞障害性
 抗がん剤もしくは血管新生阻害薬との併用治療(長島 広相・前門戸 任)
ALK-TKI薬剤ごとの特徴(佐藤 孝一・赤松 弘朗・山本 信之)
ALK阻害薬耐性(片山 量平)
ROS1/RET/BRAF遺伝子変異肺癌の治療(谷本 梓・矢野 聖二)
□III.免疫チェックポイント阻害薬の進化:複合免疫療法
PD-1阻害薬単剤治療効果とその特徴(有安 亮・西尾 誠人)
細胞障害性抗がん剤と抗PD-1/PD-L1阻害薬の併用効果:
 additiveなのかsynergisticなのか?(田中 洋史)
放射線治療とPD-1阻害薬の効果(佐藤 浩央・大野 達也)
VEGFシグナル制御による免疫チェックポイント阻害薬の増強効果(高倉 伸幸)
CTLA-4阻害薬とPD-1阻害薬の効果(中村 泰大・寺本 由紀子)
周術期治療としての免疫チェックポイント阻害薬の効果(鈴木 弘行)
□IV.小細胞肺癌治療の進歩
小細胞肺癌治療における免疫チェックポイント阻害薬の役割(石原 昌志・関 順彦)
□V.抗悪性腫瘍薬と検査の費用対効果
抗悪性腫瘍薬と検査の費用対効果(後藤 悌)


●睡眠医学の90年(1930~2020)
連載第2回 睡眠医学の進歩と覚醒(目を覚ますこと)(安間 文彦)

参考価格: 4,400円

旧「呼吸と循環」

  • 2020/05/15
    発売号

  • 2020/02/15
    発売号

  • 2019/11/15
    発売号

  • 2019/08/15
    発売号

  • 2019/05/15
    発売号

  • 2019/02/15
    発売号

細胞

ニュー・サイエンス社

送料
無料

細胞

2020年08月24日発売

目次: 月刊「細胞」 2020年

9月号 目次 Contents
特 集 睡眠の科学 Sleep science

・ 総論 睡眠科学の現在(上田 泰己)
・ タンパク質リン酸化によるノンレム睡眠制御(大出 晃士)
・ ショウジョウバエの睡眠制御(小林 里帆・粂 和彦)
・ 睡眠覚醒調節神経回路とその機能(山中 章弘)
・ レム睡眠の分子機構(山田 陸裕・上田 泰己)
・ 爬虫類を用いた睡眠研究(乘本 裕明)


Industrial Info.
・ 紅茶の香りがストレス意識の高い女性の睡眠に及ぼす効果(大野 敦子・矢田 幸博 他)
・ 生体分子可視化技術を用いた受託解析サービス等のご紹介(西田 直史)


Topics from special edition
・ 脂質摂取による睡眠への影響(大久保 剛)
・ 哺乳類のウルトラディアンカルシウムリズムの生成機構(榎木 亮介)
・ ショウジョウバエ概日時計の神経ネットワーク(関口 学・吉井 大志)
・ 小脳における,睡眠-覚醒サイクルの調節に関わる新規神経回路の同定(橋本 光広)
・ オプトジェネティクスを用いた生理機能の研究 -睡眠を影響する因子について-(金丸 みつ子)
・ 閉塞性睡眠時無呼吸症の口腔内装置療法と,その治療効果の予測モデルの構築(秀島 雅之・石山 裕之 他)
・ 背側縫線核ニューロンに対する覚醒ペプチドオレキシンのダイナミッククランプ研究(石橋 賢・Christopher S. Leonard 他)
・ 生体リズムの乱れを超高感度で検出する計測システムの開発  ~疾患発症解明への応用を目指して~(伊藤 遼河・浜田 俊幸 他)

最先端の基礎研究と医療との橋渡しをする,第一線の研究執筆者による月刊誌

  • 2020/07/21
    発売号

  • 2020/06/22
    発売号

  • 2020/05/22
    発売号

  • 2020/05/15
    発売号

  • 2020/04/23
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

産科と婦人科

診断と治療社

最大
3%
OFF
送料
無料

産科と婦人科

2020年08月20日発売

目次: もう胎児付属物とはいわせない!―胎盤,臍帯,羊水―

企画 田中 守

1.前置胎盤 / 遠藤豊英・他
2.癒着胎盤 / 近藤英治
3.前置血管 / 佐々木貴充・他
4.胎児付属器の病理診断 / 松岡健太郎
5.単一臍帯動脈 / 瀧田寛子・他
6.常位胎盤早期剝離 / 日高庸博
7.絨毛膜下血腫 / 山本祐華
8.CAOS / 村田 晋
9.絨毛膜羊膜炎 / 塩﨑有宏
10.羊水量 / 山下有加・他
11.前期破水 / 笹原 淳・他
12.臍帯動(静)脈血液ガス / 新垣達也・他
13.臍帯血バンク / 渡邊理子・他
14.臍帯血幹細胞治療 / 藤枝幹也・他
15.羊水幹細胞治療 / 阿部雄志・他

連載
医療裁判の現場から 第22回 医療裁判に関するQ&A
帝王切開による分娩中に夫の代諾により子宮を全摘されたことにつき,説明義務違反に基づく損害賠償責任が認められた事案 / 山田隆史・他

若手の最新研究紹介コーナー
卵巣明細胞癌および婦人科難治癌の原因遺伝子のcDNAライブラリーによる探索 / 樋口正太郎

来たれ! 私たちの産婦人科 第45回
順天堂大学医学部附属順天堂医院 産科婦人科学教室 / 藤野一成

症例
腟原発末梢性T細胞リンパ腫分類不能型(PTCL—NOS)の1例 / 岩見州一郎・他
CA19—9高値から発見に至った子宮頸部最小偏倚型粘液性腺癌の1例 / 茂木 真


わが国初の産婦人科誌

  • 2020/07/20
    発売号

  • 2020/06/20
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/04/04
    発売号

  • 2020/03/20
    発売号

治療

南山堂

送料
無料

治療

2020年08月30日発売

目次: 特集:急性期の緩和ケア -緩和ケア新時代の幕あけ-

≪特集の目次≫

■こんなとき緩和ケア!
緩和ケアのパラダイム・シフト(木澤義之)
救急外来での緩和ケア(石上雄一郎)
集中治療での緩和ケア(吉村真一朗)
急性期一般病床での緩和ケア(友田義崇)

■それぞれの立場での緩和ケア
急性期の緩和ケアにおける倫理的ジレンマ(川上大裕)
緩和ケア医からみた急性期の緩和ケア(山口健也)
急性期から診る緩和ケアのバリア(三井 恵,他)

■急性期特有の緩和ケア
コミュニケーション(大屋清文)
外傷における緩和ケア(飯尾純一郎)
自 殺(太田黒崇伸)
臓器提供(渥美生弘)
予期しない死に直面した家族のケア(片桐 欧)
パンデミック下での緩和ケア(柏木秀行)

■これまでの急性期の緩和ケア,これからの急性期の緩和ケア
看護師の役割(藤岡智恵)
学会の取り組み(真弓俊彦)
救急×緩和ケアセミナーについて(岡村知直)

≪連載≫

ゲンバで使える!リラックスして読める! 診療の○泌テク(9)
急性精巣上体炎とクラミジア感染症 (松木孝和)

今月のお薬ランキング(54)
α遮断薬(高血圧治療薬) (浜田康次)

NEW PC 医×精神科医 街角の遠隔診療 アタリマエのことを丁寧に(1)
オンラインで処方はできるの? (樫尾明彦,宮内倫也)

こちらつるかめ病院臨床倫理カフェ つるりん(16)
星空の誘惑 (金城謙太郎,長尾式子,竹下 啓)

ジェネラリストのためのLGBT 講座(6)
special population としてのLGBT (久保田 希)

映画で読み解く医療─ シネメデュケーション(映画医療教育)─(18)
倫理的課題に気づいたとき ─ 自律性尊重の原則とは? ─ (宇井千穂)

第一線の医療で求められる必要かつ実践的な情報を独自の視点でお届けします。年1回の増刊号も好評です

  • 2020/08/01
    発売号

  • 2020/07/01
    発売号

  • 2020/06/01
    発売号

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/03/01
    発売号

全114件中 1 〜 30 件を表示

看護・医学・医療 雑誌のカテゴリ

臨床内科雑誌カテゴリーでは、内科について知識や技術などを盛り込んだ情報雑誌を販売しております。第一線の臨床医が実地診療の場で必要な情報をプラクティカルに、かつ簡潔に解説する「medicina」や、神経領域を志す医師必読の月刊誌「Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)」、既存の診療科の壁を越え、日常診療の場で患者を全人的に診るための臨床情報を提供する「総合診療」などがございます。定期購読で毎号ご自宅へお届け致します。

臨床内科 雑誌で人気の出版社から探す

臨床内科 雑誌の発売日一覧

明日発売の臨床内科 雑誌

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌