臨床内科 雑誌

BRAIN and NERVE(ブレインアンドナーブ)

2020年08月01日発売

目次: ■特集 サルコイドーシス■
脳サルコイドーシス(高尾 昌樹)
脊髄サルコイドーシス(藤澤 美和子,他)
末梢神経サルコイドーシス(古賀 道明)
筋サルコイドーシス(杉江 和馬)
脳神経内科領域におけるサルコイドーシスの画像所見(大平 健司,横田 元)
神経サルコイドーシスの新しい治療(浅見 麻紀,松永 和人)


□総説
神経難病の在宅医療
 難病医療提供体制における在宅診療を担う医療機関の役割(三五 美和,中村 洋一)


●症例報告
Guillain-Barré症候群およびその亜型との鑑別を要した両側延髄内側梗塞の1例(小林 聡朗,他)

乳児期に脳出血で発症した遺伝性出血性毛細血管拡張症疑いの1例(樋口 直弥,他)

参考価格: 2,970円

神経研究の進歩

  • 2020/07/01
    発売号

  • 2020/06/01
    発売号

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/03/01
    発売号

  • 2020/02/01
    発売号

治療

南山堂

送料
無料

治療

2020年08月01日発売

目次: 特集:Nats and Bolts of Public Health × 総合診療

≪特集の目次≫

総合診療とpublic health,接点はどこに?(家 研也)

■学問分野としての public health 概略
epidemiology─疫学(金子 惇)
biostatistics─統計学(市川周平)
environmental health science─環境健康科学(花里真道,他)
health policy and management─医療政策管理学(小西竜太)
social and behavioral science─社会・行動科学(武田裕子)

■cross-cuttingな実践例:臨床医とpublic health
ポピュレーションアプローチの実際 ─福井県高浜町での介護予防と交流創出の取り組み─(井階友貴)
EBMとpublic health(髙橋快斗,他)

■public healthが紡ぐ多様なキャリア
臨床医にとって MPH 取得がもつ意味(志水太郎)
厚生労働省・保健医療・公衆衛生行政というキャリア(寺谷俊康)
検疫官というキャリア(守屋章成)
clinician-researcherというキャリア(青木拓也)
国際保健分野というキャリア(田中豪人)

■public healthをspecial interestにする道程
public healthをspecial interestにする ─国内編─(本橋伊織)
public healthをspecial interestにする ─アメリカ留学編─(小林大輝)
public healthをspecial interestにする ─イギリス留学編─(中山久仁子)

■おわりに
家庭医×公衆衛生というキャリアは実現し得るのか? ─総括に代えて─(岡田唯男)

≪連載≫

ゲンバで使える!リラックスして読める! 診療の○泌テク(8)
前立腺肥大症のちょっとした症状の悪化に対して (松木孝和)

今月のお薬ランキング(53)
高血圧治療配合薬(浜田康次)

プライマリ・ケア診療の幅を広げる 飯塚☆漢方カンファレンス(14)
目が飛び出るほどの激しい咳!(吉永 亮)

映画で読み解く医療─ シネメデュケーション(映画医療教育)─(17)
障がい者虐待の存在を察知する(宇井千穂)

こちらつるかめ病院臨床倫理カフェ つるりん(15)
守ってあげたい (金城謙太郎,長尾式子,竹下 啓)

ジェネラリストのためのLGBT 講座(5)
LGBT に関する医療の歴史(石丸径一郎)

第一線の医療で求められる必要かつ実践的な情報を独自の視点でお届けします。年1回の増刊号も好評です

  • 2020/07/01
    発売号

  • 2020/06/01
    発売号

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/03/01
    発売号

  • 2020/02/01
    発売号

送料
無料

レジデント(Resident)

2020年07月31日発売

目次: 特集●熱傷初期診療のエッセンスとエビデンス
企画編集/織田 順

<特集にあたって>

 熱傷(やけど)はとても日常的な外傷で,とくに火を使うようになって以来の人類には常につきまとってきた問題である.高温熱源,高温物質は生活向上,あるいは産業の発達に不可欠で,ある時代までは熱傷患者数が増加してきていたに違いない.これを食い止めるべく高温熱源・物質のコントロールや安全管理,あるいはそれらの啓発が強力に押し進められてきたことにより熱傷患者,とくに重症熱傷患者の発生数は日本を含む先進国では年々減少しており,大変喜ばしいことである.
 熱傷患者が減少したことは素晴らしいことである.一方異なる視点からは熱傷治療の経験減少とも解釈される.経験減少が治療成績を下げてしまうことのないようにしなければならない.そのためには熱傷治療のエッセンスをわかりやすい,実用可能な形で理解しておく必要があるだろう.軽微なやけどは,治療経過は長くないため初期評価や処置が大事である.広範囲熱傷では診療経過が格段に異なり,蘇生から利尿期に至る超急性期,手術,その後の感染管理,栄養,リハビリから,家族や社会的サポートを考慮しつつ社会にお返しするところまで広く拡充される.
 本号では「熱傷初期診療のエッセンス・エビデンス」として,専門家に引き渡す前の,初療段階での診療について,第一線の医師により各項のエッセンスを,エビデンスを交えつつわかりやすく書き下ろしていただいている.熱傷初期診療の要点は,生理学的な危機に対する少しだけ高度な対症療法と,熱傷診療におけるDo/Don’t,コンサルトや根本治療への橋渡し,に集約される.エッセンスはAirway,Breathing,Circulation の安定化で,初期対応が予後に重大な影響を及ぼす.局所療法,あるいは特殊熱傷に対しても,本号をきっかけにぜひとも実践していただきたいと思う.熱傷診療は,体の内部で何が起こっているのか,想像力を最大に高めながら戦ううちに侵襲学が身についてくることも魅力である.テクノロジーの進化とともに安全性が高まっていることとは別に,世界的に自然災害,人為的災害による熱傷は相変わらず散見される.コンサートやスポーツ観戦などいわゆるマスギャザリングについても東京オリンピック・パラリンピック大会で規模は桁違いとなる.多数熱傷患者の発生に対する体制整備も進める必要があるだろう.そしてなにより,やや使い古された感はあるが,重症熱傷診療ほど診療チームの総合力が試されるものはない.チーム医療と病院準備についても解説していただく.
 本号が読者のみなさまの熱傷診療の一助となり,また診療チームの総合力を上げていただけるものとなれば大変幸甚である.

織田 順
(東京医科大学 救急・災害医学分野 主任教授)


<目次>

特集●熱傷初期診療のエッセンスとエビデンス
1. 「熱傷初期診療の標準化」国内外の状況/織田 順
2. 「軽くやけどした」どう評価してどう処置すればよいか?/佐藤俊昭
3. 「煙をすったようだ」気道呼吸管理・気道損傷/卯津羅雅彦
4. 「熱傷では循環管理が大変というけれど」熱傷侵襲と循環管理/上尾光弘
5. 「熱傷創処置をどう考えればよいのか」外用剤と創傷被覆材/黒柳美里
6. 「熱傷の減張切開」コンパートメント症候群のリスク/春成伸之
7. 「小児熱傷」成人とどう違う?/黒木雄一
8. 「感電した,雷が落ちた」電撃傷でとくに気をつけることは?/武田多一
9. 「薬品がかかった」化学損傷診療の要点/池野屋慎太郎
10. 「多数の熱傷患者が発生した模様」多数熱傷患者の受け入れ,安定化,二次トリアージ,分散搬送は?/土井賢治・田熊清継
11. 「重症熱傷診療はチーム診療の総合力が試される」施設における準備・チーム医療の実践/井上貴昭

参考価格: 2,500円

忙しい毎日を送るレジデントの先生だからこそ、 “すぐに役立つ”雑誌を

  • 2020/06/12
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2020/01/10
    発売号

  • 2019/12/10
    発売号

  • 2019/09/30
    発売号

消化器内科

医学出版

最大
8%
OFF
送料
無料

消化器内科

2020年07月25日発売

目次: 特集●大腸腫瘍に対する拡大内視鏡診断
企画編集/斎藤 豊(国立がん研究センター中央病院 内視鏡科長・内視鏡センター長)

<特集にあたって>

 本号では消化器内科領域の臨床に直結する『大腸腫瘍の拡大内視鏡診断の基礎』を徹底解説いたします.
 従来の教科書や解説書では十分に解説しきれない大腸腫瘍・早期癌の内視鏡写真の撮影・読影の基本とPit fallを,初学者にもわかりやすく解説することを目的としています.そのため執筆陣は,第一線で活躍する若手~中堅の大腸内視鏡医の精鋭にお願いしております.
 Narrow Band Imaging(NBI)および Blue Laser Imaging(BLI)画像や拡大NBIおよびBLI画像,Pitパターン所見の病理組織との1:1の対応による正しい読み方だけでなく,“それ以前”の重要な問題としてFocusやPintのあった美麗な写真の撮り方,病変を出血させない洗浄のコツ,通常所見でどの部位に注目し,Focusを絞って拡大観察していくか,NBI/BLIに加えて,どのような病変ではインジゴカルミン,さらにはクリスタルバイオレット染色まで必要か,などについて詳細に解説し,その後,症例の読影のポイントについて,実際の基本的な症例で組織との対比で解説するという,懇切丁寧な切り口で初学者のための解説書,また,初学者のみならず中級から上級の先生が読まれても得るところの大きい内容を目指しております.したがって超拡大内視鏡診断のコツまで詳細に解説されています.
 本書を通読することで,あたかも読者が,大学病院や,基幹施設の内視鏡センターで最高の指導医(本書の執筆者となります)について大腸内視鏡(診断)学の研修をしているようなイメージを具現したいというのが我々の願いです.
 胃癌は,ピロリ菌の除菌や胃癌検診の効果などにより今後20年で確実に減少していきます.これからの若い世代の消化器内視鏡医は,大腸腫瘍・早期癌の診断学が必須となる時代となっています.
 また大腸内視鏡検査の最初のハードルは回盲部挿入にありますが,それで終わりではなくその後の観察・診断と,同時に病変を発見した場合に,その場で生検することなしに治療方針まで決定することが求められます.2cm以下の病変なら外来EMRという選択肢もあるからです.
 患者さんの立場になれば,やはり何度も下剤を飲んで,再検査されるのは,できれば避けたいところと思います.
 コラムとして,現時点で,大腸内視鏡学における最も重要なトピックである①大腸がん検診と,②AI診断,さらには③JNET分類についてもわかりやすく紹介してもらっています.①大腸がん検診に関しては元厚労相課長補佐の堀松から,ナッジ理論(行動経済学)を利用した検診受診率向上の取り組みや,Personal Health Recordの導入など新しい取り組みが紹介されています.②AI診断では樺,玉井が,日本の内視鏡AIの紹介にとどまらず世界の潮流とAIの利点に加え,利用する上での注意喚起まで明快に説明がなされています.将来的には,AIと会話しながら大腸内視鏡検査をする時代がすぐそこまで来ていることを予感させてくれる内容です.③JNET分類についてはJNETメンバーの斎藤彰一とその同僚松野が,分類の成り立ちから臨床的な注意点まで概説しています.あわせてお楽しみ下さい.
 是非,消化器内視鏡専門医を目指す先生に限らず,消化器内視鏡をこれから始めてみようという若い先生や,現在大腸内視鏡をトレーニングしているけれども中々綺麗な写真が撮れない,あるいは綺麗な写真は撮影できるが,読影や治療方針の決定に自信がないといった先生方に,一人でも多く手に取ってみていただきたいと願います.

斎藤 豊
国立がん研究センター中央病院 内視鏡科長・内視鏡センター長


<目次>

1. Pit patternとは?/和田祥城,福田将義,大塚和朗
2. 腫瘍非腫瘍のpit pattern診断の基礎と実践/保田和毅,岡 志郎,田中信治,二宮悠樹,茶山一彰
3. 鋸歯状病変のpit pattern診断の基礎と実践/水口康彦,斎藤 豊
4. 癌の深達度診断におけるpit pattern診断の基礎と実践/砂川弘憲,池松弘朗
5. 狭帯域光観察(NBI/BLI)とは?/吉田直久,井上 健,廣瀬亮平,土肥 統,伊藤義人
6. 腫瘍非腫瘍のNBI/BLI診断の基礎と実践/今井健一郎,堀田欣一
7. 鋸歯状病変(SSL/TSA/SuSA)の内視鏡的特徴(NBI/BLIを中心に)/村上 敬,坂本直人,福嶋浩文,八尾隆史,永原章仁
8. 癌の深達度診断におけるNBI/BLI診断の基礎と実践/平田大善,井上史洋,岩館峰雄,佐野 寧
9. 超拡大内視鏡診断の基礎と実践/三澤将史,工藤進英
10. 非腫瘍における拡大診断/小西 潤,小林 望,今野真己
コラム1 大腸がん検診を考える ―厚生労働省の立場から/堀松高博
コラム2 いま大腸内視鏡AIができること/樺 俊介,玉井尚人
コラム3 JNET分類の紹介/松野高久,斎藤彰一

参考価格: 4,400円 定期購読(1年プラン)なら1冊:4,048円

消化器内科領域の臨床に直結する最新で確かな知識をビジュアルに解説する専門誌

  • 2020/06/27
    発売号

  • 2020/05/25
    発売号

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/02/25
    発売号

  • 2020/01/25
    発売号

胃と腸

医学書院

送料
無料

胃と腸

2020年07月25日発売

目次: ■主題 H. pylori未感染胃の上皮性腫瘍■
□序説
H. pylori未感染胃の上皮性腫瘍(九嶋 亮治)
□主題
H. pylori未感染胃上皮性腫瘍の臨床的特徴(鈴木 翔・他)
H. pylori未感染胃上皮性腫瘍を意識したX線読影上の注意点(小田 丈二・他)
H. pylori未感染上皮性腫瘍の内視鏡的特徴-胃底腺型胃癌(上山 浩也・他)
H. pylori未感染胃上皮性腫瘍の内視鏡的特徴-H. pylori未感染胃を背景に
 発生した胃底腺粘膜型胃癌の内視鏡所見の特徴と臨床病理学的特徴についての検討(今村 健太郎・他)
H. pylori未感染胃上皮性腫瘍の内視鏡的特徴-胃型腺腫(幽門腺腺腫)(中沢 啓・他)
H. pylori未感染胃上皮性腫瘍の内視鏡的特徴-ラズベリー様腺窩上皮型胃癌(柴垣 広太郎・他)
H. pylori未感染胃上皮性腫瘍の内視鏡的特徴-印環細胞癌(吉村 大輔・他)
□主題研究
H. pylori未感染進行胃癌の臨床病理学的特徴(吉田 雄一朗・他)
□主題症例
中分化進行癌へと連続的に移行する組織像を確認しえた胃底腺型胃癌の1例(岩井 渉・他)
H. pylori未感染の腸型分化型癌の1例(堀内 裕介・他)
H. pylori未感染胃の前庭部に発生した胃型分化型早期胃癌の2例(名和田 義高・他)
H. pylori未感染の自己免疫性胃炎に発生した早期胃癌の1例(小澤 俊文・他)

参考価格: 3,520円

消化管の形態診断学を中心とした専門誌

  • 2020/06/25
    発売号

  • 2020/05/25
    発売号

  • 2020/05/10
    発売号

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/02/25
    発売号

脊椎脊髄ジャーナル

2020年07月25日発売

目次: ■特集
リハビリテーションにおけるロボット技術の最近の進歩

特集にあたって・・・飛騨一利
リハビリテーション医療におけるリハビリテーションロボットの標準化・・・浅見豊子, 他
上肢リハビリテーション支援ロボットの現状と今後について・・・岩佐沙弥, 他
Akita Trainerを使用したロボットリハビリテーション・・・斉藤公男, 他
Honda歩行アシストについて・・・小林龍生, 他
HAL医療用下肢タイプによる機能再生―脊髄障害における歩行運動療法・・・中島 孝
片麻痺患者の歩行練習支援ロボット「ウェルウォーク」の現在と未来・・・平野 哲, 他
反復性経頭蓋磁気刺激(rTMS)を用いたリハビリテーション治療・・・佐々木信幸

■Nomade
「戦いの医学」と「共存の医学」・・・神﨑浩二

■イラストレイテッド・サージェリー
C2神経鞘腫に対する後方片側開創による顕微鏡下全摘出術・・・内藤堅太郎, 他

■症例報告
頸椎後方除圧固定術後7日以上経過後, アスピリン再開直後に硬膜外血腫を生じた2例・・・熊谷直利, 他

脊椎脊髄の領域をインテグレードする唯一の専門誌。臨床に役立つ研究から最先端の治療の実際までを提供

  • 2020/06/25
    発売号

  • 2020/05/25
    発売号

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/02/25
    発売号

  • 2020/01/25
    発売号

送料
無料

臨床と微生物

2020年07月25日発売

目次: はじめに/大楠清文
MALDIバイオタイパーの導入と費用対効果/大城健哉ほか
MALDIバイオタイパーの最新機能と今後の展望/宮脇理史
バイテックMSの導入とその臨床的な有用性/清祐麻紀子
バイテックMSの最新機能と今後の展開/平山純一
BDマックスを用いた日常検査とその臨床的な有用性/藏前 仁ほか
BDマックス全自動核酸抽出増幅検査システム/太田嘉一
FilmArrayシステムの臨床的な有用性/山元 佳
FilmArrayシステムの最新機能と今後の展開/松田宇翔
GENECUBEの日常検査への導入とその臨床的な有用性/鈴木広道
GENECUBEの最新機能と今後の展開/曽家義博
GeneXpertシステムの導入とその臨床的な有用性/上蓑義典
GeneXpertシステムの最新機能と今後の展開/田島久大
Smart Geneを用いたマイコプラズマ検出の臨床的な有用性/成田光生
Smart Geneの特徴と今後の展開/長野隆志
TRCReady-80を用いた抗酸菌検査の臨床的な有用性/青野昭男
TRCReady-80の特徴と今後の展開/土屋滋夫
Verigeneシステムの導入とその臨床的な効果/宮﨑博章
Verigeneシステムの最新機能と今後の展開/竹中 玲

地衛研だより
山口県環境保健センター/調 恒明

Roots & Routes
第70回 SARS-CoV-2とCOVID-19/栗村 敬

参考価格: 2,310円

感染症の最新トピックスをわかりやすく解説する専門誌

  • 2020/05/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/01/25
    発売号

  • 2019/11/25
    発売号

  • 2019/10/25
    発売号

  • 2019/09/25
    発売号

送料
無料

アレルギーの臨床

2020年07月21日発売

目次: 特集:上気道の好酸球性炎症疾患に対する治療
Treatment for eosinophilic inflammatory diseases in upper respiratory tract
価格2600円:本体2,364円+税

■ 今月のことば(537)
好酸球性中耳炎に外科的治療は適応となる?/飯野 ゆき子

■ 特集
-特集に寄せて-
上気道好酸球性炎症性疾患のUp to date/太田 伸男

1. 好酸球性副鼻腔炎の診断と治療/金井健吾・檜垣貴哉・平田裕二・岡野光博
2. アレルギー性鼻炎の診断と治療と Local allergic rhinitis/松根 彰志
3. 好酸球性副鼻腔炎の外科的な治療/松脇 由典
4. 好酸球性中耳炎の診断と治療/松原 篤 ・ 高畑 淳子・工藤 直美・原 隆太郎・工藤 玲子・前田 泰規・山内 一崇 ・ 鈴木 哲史
5. 好酸球性副鼻腔炎に伴う喘息の管理/松本 久子
6. 好酸球性炎症を標的とした新規治療の展望/上條 篤

■ 症例報告
〈呼吸器内科〉Swyer-James症候群と気管支喘息/豊嶋幹生

アレルギー疾患に関する臨床レベルの情報をお伝えします。

  • 2020/07/15
    発売号

  • 2020/06/22
    発売号

  • 2020/05/22
    発売号

  • 2020/05/14
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/02/21
    発売号

細胞

ニュー・サイエンス社

送料
無料

細胞

2020年07月21日発売

目次: 月刊「細胞」 2020年

8月号 目次 Contents
特 集 非ゲノム情報の複製機構 Replication mechanisms of non-genomic information

・ 総論 多細胞生物体における非ゲノム情報の堅牢性と可塑性(中西 真)
・ DNAメチル化複製機構(西山 敦哉・中西 真)
・ 構造生物学研究から見たDNAメチル化複製の分子機構(有田 恭平)
・ PCNAとエピゲノム制御因子の相互作用(シャリフ ジャファル・古関 明彦)
・ 体細胞分裂から減数分裂へのスイッチ機構(石黒 啓一郎)
・ 血球系細胞分化過程での非ゲノム情報複製機構(谷内 一郎)


Topics from special edition
・ 細胞増殖因子ポリアミンによるヒストンアセチル化酵素の翻訳促進(坂本 明彦)
・ がん化に関わるクロマチンドメインの遷移(市川 雄一・斉藤 典子 )
・ DNA修飾酵素のアクセス許容度から追跡するクロマチンリプログラミング(多田 政子)
・ 性分化を制御するエピジェネティック分子機構(岩森 巨樹)
・ ヌクレオソームポジショニングのゲノムワイド解析(清水 光弘・加藤 太陽)
・ 始原生殖細胞発生過程におけるDNAメチル化リプログラミング(栗本 一基)
・ 放射線誘発線維症における非コードRNAの関与(矢野 博之・吉岡 秀克 他)
・ DNAにトラップされたトポイソメラーゼの除去機構(津田 雅貴・井出 博)
・ 新規遺伝子導入法による神経幹細胞のニューロン分化開始メカニズムの解明(岸 雄介・桑山 尚大)

最先端の基礎研究と医療との橋渡しをする,第一線の研究執筆者による月刊誌

  • 2020/06/22
    発売号

  • 2020/05/22
    発売号

  • 2020/05/15
    発売号

  • 2020/04/23
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/02/21
    発売号

送料
無料

メディカル・サイエンス・ダイジェスト

2020年07月20日発売

目次: 特 集 RNAサイレンシングと疾患
RNA silencing and disease

価格:定価(本体2,182円+税)

Digestシリーズ
-免疫と神経疾患-Vol.5(了)
免疫関連有害事象として発症する自己免疫性脳炎( 鈴木 重明)

RNAサイレンシングのメカニズムと医学・生物学における応用 (佐藤 淳・程 久美子)
RNAスプライシング異常を標的とした創薬展開( 網代 将彦・萩原 正敏) RNAサイレンシングと神経疾患( 西 李依子・永田 哲也・横田 隆徳)
microRNAとがん (吉岡 祐亮・落谷)

- 最先端医療の今-
変異RNAの修復による疾患治療(塚原 俊文・盛 真友)
RAS mRNAを狙った分子標的型光線力学療法(杉本 渉・川内 敬子・三好 大輔)
microRNAの鎖転換メカニズムと疾患 (井木 太一郎)
RNA編集酵素とがん(坂田 健一郎・北川 善政・飯笹 久)
多能性幹細胞由来唾液腺オルガノイドの応用(田中 準一・美島 健二)
高塩食はサルコペニアの高リスク (吉田 保子)
H3K9me非依存にサイレンシングを制御するHP1/Swi6(高畑 信也・月井 一輝・飯田 達朗)
骨格筋分化と筋萎縮に作用する非翻訳RNAの作動原理(土田 邦博)
REDUCT-siRNA: 細胞内還元環境に応答して活性化するプロドラッグ型RNA創薬(林 淳祐・和田 俊一・浦田 秀仁 )
RNA品質管理を介した小胞体ホメオスタシスと小胞体ストレス関連疾患( 榊 建二郎)
変異tRNAによるRNAウイルスの翻訳解析 (鴨下 信彦)
A-to-I RNA塩基編集による疾患と対策技術 (櫻井 雅之・岡田 俊平)

第一線の執筆陣による臨床医のための月刊誌

  • 2020/06/30
    発売号

  • 2020/06/20
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/20
    発売号

  • 2020/02/20
    発売号

産科と婦人科

診断と治療社

最大
3%
OFF
送料
無料

産科と婦人科

2020年07月20日発売

目次: プレコンセプションケアってなに?

企画 髙松 潔

1.プレコンセプションケア概論 / 荒田尚子
2.世界のプレコンセプションケアの動向 / 前田恵理
3.小児期から思春期女性のプレコンセプションケア / 北村邦夫
4.プレコンセプションケアにおける栄養・生活習慣 / 横山真紀・他
5.プレコンセプションケアにおける感染症とワクチン / 川名 敬
6.プレコンセプションケアにおける月経関連の諸問題 / 甲村弘子
7.内科的慢性疾患とプレコンセプションケア / 三戸麻子
8.精神的ストレスや精神疾患を抱えた女性のプレコンセプションケア / 根本清貴・他
9.薬物療法中の女性のプレコンセプションケア / 村島温子
10.不妊外来におけるプレコンセプションケア / 佐藤雄一
11.産科既往歴のある女性のプレコンセプションケア / 谷垣伸治・他
12.特別な既往のある女性のプレコンセプションケア / 金子佳代子
13.男性のプレコンセプションケア / 小宮 顕・他
14.プレコンセプションケアの啓発に関する取り組み / 甲賀かをり

連 載
若手の最新研究紹介コーナー
The PGC—1α mediated pathway as a potential therapeutic target in endometriosis / 片岡 恒

来たれ! 私たちの産婦人科 第44回
京都大学医学部婦人科学産科学教室 / 川崎 薫

原 著
当院でのマイクロ波子宮内膜アブレーションの治療成績 / 氷室裕美・他

症 例
トラベクテジンにより長期病勢コントロールが可能であった多剤治療後再発子宮平滑筋肉腫の1例 / 城戸絵里奈・他

わが国初の産婦人科誌

  • 2020/06/20
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/04/04
    発売号

  • 2020/03/20
    発売号

  • 2020/02/20
    発売号

臨床麻酔

真興交易医書出版部

送料
無料

臨床麻酔

2020年07月20日発売

目次: ●巻頭言
上手な麻酔とは? …萩平 哲
●総説
脳と腎臓の血流自動調節 …栗田忠代士
●原著
レミフェンタニル単薬による症状とその後ミダゾラム,ロクロニウムを併用し気管挿管した患者の平均血圧,心拍数変化 …田和聖子・他
●症例
心原性脳梗塞の原因として Calcified Amorphous Tumor も考慮すべきである …八木洸輔・他
無顆粒球症から敗血症性ショックと甲状腺クリーゼを併発した1症例 …西本浩太・他
精神疾患合併妊婦の帝王切開術において新生児不適応症候群を生じた1症例 …関根智宏・他
麻酔覚醒時の ST 低下が改善した 14 時間後に急性後壁心筋梗塞と診断された1症例 -心エコー,心筋バイオマーカーの継時的観察の重要性- …小薗祐紀・他
●講座
がん薬物療法が引き起こす抹消神経障害のエビデンス …丸田豊明・他
産科麻酔における痛み …布施谷仁志・他
心筋保護とデスフルラン-低侵襲時代を見据えて- …横塚  基
●誌上抄読会
<京都府立医科大学 麻酔科学教室>
麻酔深度モニタによる麻酔管理と脳機能 …一柳弘希・他
●質疑応答
血液疾患の麻酔管理上の留意点について
<回答>山本和一・他/髙橋裕也・他
●機器製品紹介
単回使用気管支ファイバースコープ Ambu® aScope™ 4 ブロンコ …山下  淳・他
●ブリーフレポート
産科患者の自己血貯血における白血球除去フィルター導入効果の検討 …城田さつき・他
術後に抜去困難となった硬膜外カテーテルの1症例 …石田裕介・他
五苓散が有効であった緊急帝王切開術後の硬膜穿刺後頭痛の1症例 …小寺厚志・他
麻酔終了後に遷延する意識障害を生じた1症例 …東  倫子・他
突発性血小板減少性紫斑病を合併した妊婦における緊急帝王切開の麻酔管理 …西田隆也・他
中條・西村症候群を合併する患者の腸切除術に対する全身麻酔経験 …田添  舞・他
●コラム
内頸静脈のカテーテル関連血栓 …田村高廣・他
●連載
このどこまでも進歩する,素晴らしき世界(12)
術中自己血回収術の謎に迫る …仲西未佳
・アナウンスメント
・次号のお知らせ
・投稿規定

充実した論文、臨床に役立つ症例報告等々…必見の最新情報が満載

  • 2020/06/20
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/20
    発売号

  • 2020/03/10
    発売号

  • 2020/02/20
    発売号

WOC Nursing(ウォック ナーシング)

2020年07月17日発売

目次: 特集●高齢者の皮膚特性を考慮した褥瘡診療・ケアのポイント
企画編集/加納宏行(岐阜市民病院 皮膚科 部長)

<特集にあたって>

 ある疾患の診療レベルを測る指標に,その疾患の経験症例数,手術件数があります。「褥瘡」はその点で微妙な立ち位置にある疾患です。「褥瘡」発生件数が少ない病院は「いい病院」です。それゆえ,「いい病院」の医師,看護師,医療スタッフは「褥瘡」症例の経験数は少ないということになります。単純に解釈すれば「いい病院」の褥瘡治療レベルは低くなることになりますが,現実はというと,病院にはまだまだ重症褥瘡患者がいて,その多くはいわゆる「持ち込み」褥瘡です。体圧分散マットレスの普及,褥瘡予防対策のマニュアル化で,病院で発生する褥瘡の減少,軽症化が一定のところまでは進んでいます。一方,人口の高齢化に伴い,在宅や施設,つまり褥瘡予防が手薄になる場所で発生する褥瘡はまだまだ多く,病院でもマニュアル的な対応では防ぎきれない褥瘡があり,そこには複数の基礎疾患を有し,皮膚を含む身体のすべての機能が低下した高齢者の存在があります。
 皮膚は,骨・筋・内臓からなる内部諸臓器を最小表面積に収容することで容姿を整える臓器です(今山修平,MB Derma,144:11-17,2008)。そのためには真皮に適切な張力と収縮力が保たれていることが条件ですが,老化に伴いそれが低下すると,たるみが生じ,また,外力をうまく拡散していなすことができなくなります。褥瘡は,身体にかかる不適切な外力で生じる皮膚の障害ですが,一義的には皮膚に垂直方向にかかる圧力が原因であるため,若い人でも,たとえば硬いベッドの上に全身麻酔がかかった状態で一定時間経過すれば褥瘡を生じます。しかし,実際には単純に垂直方向の力だけがかかることはまれで,水平方向の力(皮膚と衣類・寝具の間の摩擦力)により生じるずり応力との複雑な組み合わせとなります。老化した皮膚は若い皮膚にくらべてその力をうまくいなすだけの余力がないために,褥瘡が生じやすいし治りにくいといえます。
 臨床の現場では,褥瘡患者のほとんどは高齢者です。老化した皮膚の特性を理解し,そのために生じる治癒阻害因子をいかに回避するかを知っておくことは早期治癒への重要な鍵になります。また,脆弱な皮膚にやさしい看護・介護は褥瘡予防に重要なだけでなく,身体の諸機能が低下した高齢者の看護・介護の本質のひとつといえるでしょう。本特集では,今山修平先生に皮膚の物理的機能とその老化をオーバービューしていただき,老化した皮膚に精通した皮膚科医,看護師,薬剤師,理学療法士として第一線で褥瘡と対峙されている先生方に,それぞれの分野での高齢者の皮膚特性を踏まえた褥瘡診療について解説いただいています。これを読めば,高齢者褥瘡に日々向き合っている方にとってはもちろん,たとえ実践での症例経験が少ない「いい病院」勤務の方であっても,強力な助っ人となるものと確信しています。

加納宏行
岐阜市民病院 皮膚科 部長


<目次>

1. 高齢者皮膚の特徴-物理的特性-/今山修平
2. 失禁関連皮膚炎(IAD)と褥瘡/倉繁祐太
3. 皮膚粗鬆症・スキン-テア/藤原 浩
4. 高齢者褥瘡の保存的治療におけるキーポイント/磯貝善蔵
5. 高齢者皮膚に配慮した褥瘡予防・治療のためのポジショニング/近藤龍雄
6. 高齢者皮膚に配慮した外用薬の使い方/溝神文博
7. 高齢者皮膚に配慮したドレッシング材の使い方/前川武雄
8. 在宅高齢者褥瘡の治療・ケアの実際/岡部美保
9. 高齢者皮膚にやさしい褥瘡予防・スキンケア/高木良重

参考価格: 2,640円

毎号が保存版!一歩進んだケアを提供するためのWOC(創傷・オストミー・失禁)予防・治療・ケアの初のWOCケア専門誌

  • 2020/06/24
    発売号

  • 2020/05/28
    発売号

  • 2020/04/28
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2020/02/19
    発売号

  • 2020/01/08
    発売号

送料
無料

レジデントノート

2020年07月17日発売

目次: 序【仲里信彦】
Color Atlas
第1章 疾患の新常識
1.AKIの新常識 ~AKIのRILFE,AKIN,KDIGO基準から,AKIの実臨床,分類,リスクアセスメント,予防まで【諸見里拓宏】
2.心不全診療の新常識【澤村匡史】
3.Parkinson病治療薬の新常識 ~L-DOPA持続経腸療法(LCIG)を中心に【神里尚美,赤嶺博行,林 成峰】
4.喘息・COPDオーバーラップの新常識【知花なおみ】
5.高齢者の血液疾患(骨髄異形成症候群と多発性骨髄腫)の新常識【中野伸亮】
第2章 薬剤の新常識
1.がん化学療法の新常識 ~免疫チェックポイント阻害薬と免疫関連有害事象について【小林 史,皿谷 健】
2.抗菌薬適正使用の新常識 ~セファゾリン供給不足から見直す【横山周平,成田 雅】
3.生物学的製剤の新常識 ~関節リウマチ治療を中心に【尾崎貴士,柴田洋孝】
4.慢性腎臓病患者のリン・カルシウム治療の新常識【橋本頼和,諸見里拓宏】
5.糖尿病治療(経口薬)の新常識【出口尚寿】
6.糖尿病治療(インスリンとGLP-1受容体作動薬)の新常識【有村愛子,出口尚寿】
第3章 治療法・手技の新常識
1.非麻薬性鎮痛薬の使用方法の新常識【西垂水和隆】
2.透析の新常識 ~社会復帰に向けた在宅血液透析・夜間血液透析・腹膜透析【久道三佳子,河原﨑宏雄】
3.急性期脳梗塞の治療の新常識【竹下朝規】
4.ECPR時代の心肺蘇生【大田大樹,梅村武寛】
5.酸素療法の新デバイス【中川丞子,多和田哲郎,梅村武寛】
6.C型肝炎,B型肝炎の治療の新常識【山本恭史,松居剛志】
第4章 その他の新常識
1.アドバンス・ケア・プランニングの新常識 ~早すぎず,遅すぎず【本村和久】
2.transition of care(ケア移行)の新常識【白水雅彦,仲里信彦】
3.医療現場のリーダーシップの新常識【比嘉哲史,尾原晴雄】
4.“天災は忘れる間もなくやってくる”時代を生きる研修医たちへ【土屋洋之,梅村武寛】
索引
執筆者一覧

参考価格: 2,200円

イラスト・表を多用して基本的事項から詳しく丁寧に解説。

  • 2020/07/10
    発売号

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/05/08
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/03/30
    発売号

小児科診療

診断と治療社

最大
3%
OFF
送料
無料

小児科診療

2020年07月15日発売

目次: 特集
小児科医の将来を考える
-あなたは10年後のあなたと向き合えますか-

序 文  /神田祥一郎

Ⅰ.どんな小児科医になりたい?
大学病院では?  /神田祥一郎
地域医療では?  /島津智之
子ども病院では?  /松島崇浩
子どもの「かかりつけ医」  /阪下和美
在宅医療では?  /土畠智幸

コラム
専攻医が描く将来の小児科医  /塙 孝哉
小児科医になってよかった!  /林 良樹

Ⅱ.女性医師が活躍できるためには?
女性医師のリーダーシップとは?  /赤嶺陽子
めざせ! 育児・家庭との両立  /惠谷ゆり
キャリアモデルから一言!  /村上てるみ
女性医師が留学するには?  /衞藤 薫

Ⅲ.小児科医の働きを改革しよう!
ハラハラしない! しかもタメになる当直?  /松島卓哉
こんな後輩と…先輩と働きたい!  /福與なおみ
小児科医にとっての働き方改革とは?  /伊藤友弥

Ⅳ.もっと研究をしよう!
なぜ研究が必要か?  /武内俊樹
いつ,どうやって研究?  /張田 豊
海外留学と研究  /犬塚 亮

原 著
マラセチアに感作した乳幼児例のアレルギー背景  /毛利陽介・他

症例報告
2型糖尿病発症時のインスリン強化療法に関する検討  /江口勇太・他
血液検査から偶然発見された両側低形成腎のDown症候群の1例  /青井輝希・他

わが国初の小児科誌

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/05/15
    発売号

  • 2020/04/15
    発売号

  • 2020/04/09
    発売号

  • 2020/03/15
    発売号

  • 2020/02/15
    発売号

総合診療

医学書院

送料
無料

総合診療

2020年07月15日発売

目次: ■特集 その倦怠感、単なる「疲れ」じゃないですよ! 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群とミミック■
□特別メッセージ
慢性疲労症候群の「体感」 当事者にしかわからないこと(ゆらり)
「慢性疲労症候群」への誤解や知識不足が招くこと 医師として(倉恒 弘彦)
□総論
ひと目でわかる 疲労・倦怠感 at a glance!(片岡 仁美)
□I章 ME/CFSを極める!-“病像”をつかむ
ME/CFSの疫学と歴史(倉恒 弘彦)
[コラム(1)]ME/CFSの最新病態生理 脳分子機能イメージング研究(水野 敬│倉恒 弘彦│渡辺 恭良)
ME/CFSを疑った時の診断ステップと鑑別診断
 「倦怠感」を主訴とする患者の臨床診断ストラテジー(伴 信太郎)
[コラム(2)]脳脊髄液減少症 ME/CFSとの鑑別(篠永 正道)
ME/CFS の合併症 線維筋痛症を中心に(松本 美富士)
ME/CFSの治療・マネジメント(沼田 健裕)
[コラム(3)]慢性疲労患者に対する心理的アプローチと支援(吉原 一文)
[コラム(4)]小児ME/CFS(田島 世貴)
□II章 ME/CFSミミックス-「疲労・倦怠感」を主訴に受診する患者さんたち
【慢性感染症】問診であぶり出す隠れた慢性感染症(宮上 泰樹│内藤 俊夫)
【内分泌疾患】疑うことからまず始めよう! 内分泌検査の重要性(徳増 一樹│大塚 文男)
【膠原病・慢性炎症性疾患】「除外とは何か」も考えよう!
 疲労・倦怠感の鑑別の難しさ(國松 淳和)
【神経疾患】検査異常のない疲労感では「神経変性疾患」に留意せよ!(鋪野 紀好)
【睡眠障害・精神疾患】睡眠習慣や就業・就学スケジュールの確認、
 抑うつの確認、処方薬の見直しが必要(田ヶ谷 浩邦│村瀬 華子│深瀬 裕子│市倉 加奈子)
今月のQuestions
今月の「めざせ!総合診療専門医!」問題


●Editorial
疲労を診る、わかることの難しさ(片岡 仁美)

●What’s your diagnosis?|211
病院から餡子のプレゼント(酒見 英太)

●素人漢方のススメ|感染症編|7
急性気管支炎、軽症肺炎と漢方治療(鍋島 茂樹)

●Dr.上田剛士のエビデンス実践レクチャー!|医学と日常の挟間で|
 「患者さんからの素朴な質問にどう答える?」|4
福耳はホントだった?(上田 剛士)

●オール沖縄!カンファレンスVer.2.0|レジデントの対応と指導医の考え|43
意識障害の原因は? early closureにご用心!(金城 朋弥|佐藤 直行|徳田 安春(監修))

●“コミュ力”増強!|「医療文書」書きカタログ|2
「病診連携」のカギは紹介状にあり!
スッキリ! かかりつけ医への「退院時紹介状」(天野 雅之)

●アスクレピオスの杖|想い出の診療録|4
伝えられなかった思い(継 仁)

●55歳からの家庭医療 Season 2|明日から地域で働く技術とエビデンス|33
【番外編】コロナ禍の今とこれから PANDEMIC and Family Medicine(藤沼 康樹)

●総合診療専門医セルフトレーニング問題|27
65歳女性、神経難病だけでも大変なのに…(金子 惇)

●“JOY” of the World! |ロールモデル百花繚乱|7
冒険家な私。盛りだくさんな人生。(西村 真紀)

●臨床小説|後悔しない医者|あの日できなかった決断|4
高揚する医者(國松 淳和)

●投稿 GM Clinical Pictures
臍部に皮下結節(若林 崇雄)

柿の連食が原因になった可能性が高い、上部消化管疾患(梶原 祐策)

参考価格: 2,750円

臨床医のための総合診療誌

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/05/15
    発売号

  • 2020/04/15
    発売号

  • 2020/03/15
    発売号

  • 2020/02/15
    発売号

  • 2020/01/15
    発売号

送料
無料

糖尿病プラクティス

2020年07月15日発売

目次: MAIN THEME 特集 糖尿病:異所性脂肪に刮目せよ!-その意義と食事・運動・薬剤による最適解を考える-
 (扉)特集にあたって 田村好史
 1.骨格筋における異所性脂肪蓄積とインスリン抵抗性-骨格筋におけるAdipoRシグナルを中心に- 岩部真人・他
 2.心臓脂肪・血管周囲脂肪と心臓血管病 島袋充生
 3.肝臓の異常脂質蓄積 中川 嘉・他
 4.膵臓における脂肪蓄積と糖尿病 小澤純二・他
 5.異所性脂肪における脂肪組織の役割と内臓脂肪 坂本竜一・他
 6.異所性脂肪蓄積に対する食事・運動・薬物療法 田村好史

FORUM
 病因と診断 PATHOGENESIS&DIAGNOSIS 第1回
  日本人の生活習慣の欧米化が引き起こす疾病構造の変化 在米日系人医学調査「ハワイ-ロサンゼルス-広島スタディ」(1) 米田真康
 合併症I COMPLICATION I-神経障害- 第1回
  糖尿病性神経障害を見逃さない!-糖尿病性神経障害の簡易診断基準- 出口尚寿
 合併症II COMPLICATION II-足病変- 第1回
  糖尿病内科医にとっての足病変とは 富田益臣
 薬剤 DRUG 第1回
  糖尿病足潰瘍・壊疽における外用薬療法 西村博之・他
 食事 DIET 第1回
  サルコペニア予防のための食事療法 福井道明
 運動 EXERCISE 第1回
  「home-based exercise」の実践 高橋宏和
 自己管理 SELF CARE 第1回
  看護実践から学んだ糖尿病の自己管理 フットケア実践から学んだこと 杉本友紀

OVERSEAS
 地中海食と2年後の認知機能変化:2型糖尿病の有無と血糖コントロールによる解析 外池美恵・他

SERIES 糖尿病と保険診療
 第49回 令和2年度診療報酬改定 中島尚登

SPOT 糖尿病と母と子と
 第4回 糖尿病と妊娠にまつわる三大観察とHAPOスタディ 穴澤園子

糖尿病の療養指導Q&A
 CGMにおけるTime-in-Range 菅沼由佳・他
 teplizumabが1型糖尿病を抑制する可能性 及川洋一・他

STUDY 続・そこが知りたかった 糖尿病の大規模臨床試験
 第4回 ACE 住谷 哲

ESSAY 鉄・輪だより-鉄人糖尿病ドクターによる銀輪の旅-
 第13回 巣ごもりの日々 山下滋雄

REPORT 子どもたち/AYA世代の糖尿病-活動・実践ダイアリー-
 [大分ヤングウイングサマーキャンプ]大自然のなかで伸び伸び過ごす学生主体のキャンプで子どもたちの成長を実感 葛城 功

CIRCLE リス☆カン フライデーレポート
 #51 リス☆カン in 大宮 Part 2 岸本美也子・他

 次号予告

糖尿病医療スタッフのための日常臨床にすぐ役立つ糖尿病専門誌

  • 2020/05/15
    発売号

  • 2020/03/15
    発売号

  • 2020/01/15
    発売号

  • 2019/10/20
    発売号

  • 2019/08/20
    発売号

  • 2019/06/20
    発売号

Heart View(ハートビュー)

2020年07月10日発売

目次: 2020年8月号
■特集:血管炎症候群を理解する 企画・構成/中岡 良和

診る
1.血管炎症候群の疾患概念と分類 針谷正祥
2.大型血管炎をいかに診断するか? 内田治仁
3.川崎病をいかに診断するか? 濱田洋通
4.ANCA関連血管炎をいかに診断するか? 田村直人
5.【Expertise】大型血管炎の画像診断には何を使うのがよいか? 前嶋康浩

識る
6.大型血管炎の疫学的特徴 杉原毅彦
7.血管炎症候群の病理像 大原関利章,髙橋 啓
8.大型血管炎はどのように発症するか? 吉藤 元,寺尾知可史
9.川崎病はどのように発症するか? 尾内善広
10.ANCA関連血管炎はどのように発症するか? 西出真之

治す
11.大型血管炎の内科的治療のポイント 真鍋侑資,中岡良和
12. 大型血管炎の外科的治療・血管内治療の現状と問題点 渡部芳子,種本和雄
13. 川崎病をどう治療するか? 鈴木啓之,末永智浩,垣本信幸,鈴木崇之,土橋智弥,武内 崇
14. ANCA関連血管炎をどう治療するか? 長坂憲治
15. 【Expertise】高安動脈炎の心臓血管手術での周術期をいかに管理するか? 有田 陽

●連載
・【英語による 自信がもてる学会発表の技術 プレゼンの方法からパワポの作り方まで】
 Chapter 3 読み原稿を準備しよう
  2 グラフや表を説明する 上嶋徳久,加藤祐子

Keyword
CHCC2012,DCVAS,大型血管炎,中小型血管炎,高安動脈炎,巨細胞性動脈炎,
側頭動脈炎,川崎病,冠動脈瘤,全身性若年性関節炎,ANCA関連血管炎,顕微鏡的多発血管炎,
多発血管炎性肉芽腫症,好酸球性多発血管炎性肉芽腫症,SUVmax,PETVAS,梅毒関連大動脈炎,ゲノムワイド研究,
罹患感受性遺伝子,重症化関連遺伝子,プライミング,好中球細胞外トラップ(NETs),インターロイキン-6(IL-6),トシリズマブ(TCZ),
急性期治療ガイドライン,寛解導入治療,寛解維持治療

循環器専門医のための[診る][識る][治す]

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/05/11
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/03/11
    発売号

  • 2020/02/12
    発売号

  • 2020/01/11
    発売号

最大
10%
OFF
送料
無料
参考価格: 2,750円 定期購読(Vol.4 No.1(2020年1月号)~Vol.4 No.6(2020年11月号)プラン)なら1冊:2,475円

速く! 鋭く! 正確に! 総勢30以上の連載コンテンツがあらゆる角度から感染症を解き明かします。

  • 2020/05/10
    発売号

  • 2020/03/10
    発売号

  • 2020/01/10
    発売号

  • 2019/11/10
    発売号

  • 2019/09/10
    発売号

  • 2019/07/10
    発売号

送料
無料

medicina(メディチーナ)

2020年07月10日発売

目次: ■特集 真夏の診察室■
□特集 真夏の診察室(平島 修)
□座談会
沸騰する地球
 気候変動に医師はどう立ち向かうべきか?(徳田 安春・平島 修・長谷川 敬洋)
□総論
地球という患者(高薮 縁)
病院が被災したら(小林 健一)
□熱中症
古典的熱中症の分類とその背景(三宅 康史)
家庭医が遭遇する熱中症
 軽症患者の管理(阪本 宗大・北 和也)
二次救急の熱中症診療(寳田 千夏・矢吹 拓)
熱中症ミミック(河村 裕美・志水 太郎)
□夏に悪化しやすい症状・疾患とその予防・管理
夏に血圧は下がるのか?(望月 泰秀)
夏は血管が詰まりやすい?(山根 崇史)
夏の慢性腎臓病(CKD)管理は難しい?(寺下 真帆)
夏の急性高血糖問題と予防的管理
 糖尿病をコントロールして「夏」を安全に乗り切るために(小比賀 美香子)
サンバーン(鈴木 洋介)
悪化しやすいアトピー性皮膚炎の夏の管理(中島 沙恵子)
夏に起こりやすい湿疹(服部 友保)
□夏のウイルス感染症
ますます真夏に増えていく!?手足口病(徳田 嘉仁)
ウイルス性中枢神経疾患(大平 純一朗・森川 暢)
痛みを伴うウイルス感染症
 Bornholm病,HPeV感染症(栃木 健太朗・小松 真成・山口 浩樹)
□夏の魔物-おいしい話には裏がある
メジャーな微生物による食中毒(中野 弘康)
全国の美味しい特産品と影に潜む食中毒(和足 孝之・島根大学医学部Be a Charisma group)
海外旅行と食中毒(伊東 完・岡本 耕)
食中毒を疑ったら?
 集団食中毒への対応も含めて(寺澤 佳洋)
ダニ媒介感染症(忽那 賢志)
蜂関連疾患(佐々木 隆徳)
ヘビ咬傷(有吉 孝一)
溺水(藤崎 修)
海に潜む魔物たち(森田 喜紀・辻 紘明)
川やプールに潜む魔物たち(児玉 文宏)
高山病(鹿野 颯太)
□特集の理解を深めるための22題
問題
解答


●見て,読んで,実践! 神経ビジュアル診察(27)
うわっ!?首が痛い!-髄膜刺激症状の診方(難波 雄亮)

●ケースレポートを書こう! acceptされるために必要なこと(4)
structureの原則(合田 建・見坂 恒明)

●フレーズにピンときたら,このパターン!鑑別診断に使えるカード(7)(長野 広之)

●物忘れ外来から学ぶ現場のコツ 認知症患者の診かた(26)
運転免許証更新のための診断書を依頼されたらどうしたら良いですか?(重松 一生)

●本気で書く!入院時サマリー! 患者情報,丸見え化プロジェクト(2)
既往歴を,肉付けせよ!~コピペはダメ.ゼッタイ.(徳田 嘉仁)

●目でみるトレーニング(岩崎 靖/渡辺 徹也/陶山 恭博)

参考価格: 2,860円

内科臨床誌メディチーナ

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/05/10
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/03/10
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

診断と治療

診断と治療社

最大
3%
OFF
送料
無料

診断と治療

2020年07月10日発売

目次:
診断と治療 2020[Vol.108-No.7]

特集 インバウンドに備える

ねらい 柳元伸太郎

◆医療インバウンドとは
医療インバウンド総論 田村純人
日本における医療のインバウンドの実情:外国人患者の種類と傾向,国の施策状況 岡村世里奈
日本の公的保険制度と非居住外国人の診療 松本吉郎

◆医療インバウンドにおける課題
外国人診療におけるコミュニケーションの課題 南谷かおり
異文化の狭間の医療 野村亜希子
医療インバウンドに関連する法令上の問題 大磯義一郎
受け入れ外国人増加に伴う感染症対策 加來浩器
今からでも間に合う予防接種の考え方 氏家無限
訪日外国人の感染症治療におけるempiric therapy 高野知憲,他
医療インバウンドの現状と訪日外国人患者に対する大学病院での取り組み 相良理香子,他

◆医療インバウンドの実際
北海道における外国人患者の特性と動態 ピーター シェーン,他
総合診療医がほぼ100%の外国人に対応できる理由 谷口 恭
地方における外国人診療の現状と特殊性(三重県) 成島三長,他

◆新型コロナウイルス感染症
新型コロナウイルス感染症COVID-19―パンデミックは必ず繰り返す― 柳元伸太郎

連 載
◎症例を俯瞰する総合診療医の眼
突然発症の背部痛で受診した75歳女性 野溝崇史,他
◎注目の新薬
ソリクア®〔インスリン グラルギン(遺伝子組換え)/リキシセナチド〕 寺内康夫
◎医療裁判の現場から
手術に際して看護師が行った静脈留置針の穿刺によりCRPSを発症したとして損害賠償請求が認められた事案 鵜澤亜紀子

総 説
2型糖尿病患者を対象とした国内外の第3a相試験におけるセマグルチドの有効性と安全性 稲垣暢也

内科総合誌のパイオニア。 紙面刷新

  • 2020/06/10
    発売号

  • 2020/05/10
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/03/28
    発売号

  • 2020/03/10
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

美容皮膚医学 BEAUTY

2020年07月06日発売

目次: 特集●クマ治療
企画編集/加藤聖子

<特集にあたって>

 このたび「クマ治療」というテーマでの特集を組ませていただいた.
 「目の下のクマ」はその成因,分類,治療法においてじつに奥が深く興味深い分野である.三次元的に彫りが深くもともとが眼窩周囲に影の多い欧米人に比べ,平坦な顔立ちのアジア人にとって目の下に影があるのは目につく,非常に忌み嫌われる状態であり,目の下のクマの治療をしない日はないといってよいほどニーズの高い治療である.また同時にこの複雑で繊細な部位を完璧にスムースな表面に仕上げるためには美容外科医,美容皮膚科医に非常に高い技術が要求されるといえる.
 本誌は基本的には皮膚科医を対象としたものであるが,あえて眼窩形成外科医,形成外科医など他分野の医師にも執筆を依頼した.というのはどこまでが皮膚科的治療で改善できるものか,外科的治療で何ができるのかを知識として知っておくことは必須と考えたためである.
 また眼窩周囲は非常に複雑な構造から成り立っており,この解剖学的な知識なしには治療は成り立たない.下眼瞼の解剖についてはまだ統一見解のない部分もあるが,必要最低限の解剖学的知識はおさえておく必要があると考える.
 「目の下のクマ」の治療法は大きく以下の4種に分類される.
1)皮膚科的治療(生活指導,内服〔漢方薬を含む〕,塗布薬など)
2)レーザー,IPL,HIFU などによる機器を用いた保存的治療
3)ヒアルロン酸などによる注入治療
4)外科的治療
 上記いずれを選択するかは医者による診断だけでなく,患者からの要望との兼ね合いで決まる.外科的治療が必須と思われる症例でもこれを拒む例は多く,では1~3の治療法でどこまで改善できるのか,治療の限界を知って患者に伝えられるようにすることも必要である.
 しかしながらレーザー機器の進化,皮膚科と外科の狭間ともいえる注入治療技術の進歩により,従来は手術でなければ治療できなかった例も低侵襲の治療によってかなり改善が期待できるようになった.結果として上記1~4の治療法による結果は以前よりオーバーラップしてきた印象がある.今後それぞれの分野がさらに発展を遂げると,このオーバーラップはますます大きくなるものと期待される.
 目の下のクマについては,分類法もさることながら,解剖に関する解釈も執筆された医師によりさまざまであることがこの特集からおわかりいただけると思う.統一見解がないというのもこの部分の大きな特徴であると同時に,まだまだ発展途上の分野である印象がある.
 この号に紹介する治療法は現行での最新であることには間違いないと確信しているが,数年後にはまた違った治療法が提唱されていることも十分考えられる.これを治療法の進化と考え楽しみに待つこの頃である.

加藤聖子
(麻布ビューティクリニック)


<目次>

〔特集〕
1.皮膚科医の観点からみたクマの治療/堀内祐紀
2.皮膚科医の観点からみたクマの分類と治療~生活上の注意点などについて~/曽山聖子
3.フォトフェイシャルを用いたクマの治療/宗雪正美
4.機器を用いたクマの治療/黄 聖琥
5.クマの治療に必要な解剖の知識/鹿嶋友敬
6.ハムラ法+α・経結膜下脱脂術・P-PRP~私が行うクマの治療~/前多一彦
7.ヒアルロン酸注入によるクマの治療/井上詠子
8.目の下エリアのベビーコラーゲンブースター治療/入谷英里
9.注入によるクマの治療/加藤聖子

〔連載〕
弁護医師の法律ケミカルピーリング/田邉 昇
 第20回 診療中のセクハラ・わいせつ行為と言われないために

参考価格: 4,400円 定期購読(1年プラン)なら1冊:4,167円

エビデンスに基づく知識から最新トピックスまで!美容皮膚科領域のニーズに応える専門誌

  • 2020/05/25
    発売号

  • 2020/04/25
    発売号

  • 2020/03/25
    発売号

  • 2020/02/25
    発売号

  • 2020/01/25
    発売号

  • 2019/12/25
    発売号

Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)

2020年07月01日発売

目次: メインテーマ
パーキンソン病―New concept 

A. 総論 病態生理病気はどこから
810 パーキンソン病とは ● 服部信孝
815 パーキンソン病の始まりはどこからか ● 別宮豪一 他
819 パーキンソン病の病理学 ● 若林孝一
823 パーキンソン病の病態生理 ● 知見聡美 他
827 αシヌクレインのプリオン様伝播仮説 ● 鈴掛雅美 他
830 鼻粘膜とパーキンソン病 ● 村山繁雄 他
832 腸管とパーキンソン病 ● 平山正昭
835 パーキンソン病における脂肪酸β酸化 ● 斉木臣二
837 磁気刺激による神経可塑性検査 ● 榎本博之 他

B. 検査
840 MRI ● 齊藤麻美 他
844 MIBG,DAT ● 織茂智之
848 PET ● 江面道典 他
851 血液・髄液バイオマーカー ● 笠井高士 他
855 遺伝学的検査 ● 佐竹 渉
859 血清中ポリアミン ● 笹澤有紀子 他
862 脳機能画像 ● 渡辺宏久 他
867 嗅覚検査 ● 大城 咲 他
870 神経心理学的検査 ● 小林俊輔
874 パーキンソン病の認知機能障害におけるマイネルト基底核の重要性 ● 馬場 徹

C. 治療
877 L—dopa ● 西川典子 他
881 Agonist ● 前田哲也
884 COMT阻害薬とMAOB阻害薬 ● 冨山誠彦
888 ゾニサミド ● ?橋祐二
891 アデノシンA2A受容体拮抗薬:イストラデフィリン ● 坪井義夫 他
896 Duodenal levodopa infusion治療 ● 中島明日香 他
899 遺伝子治療 ● 村松慎一
901 iPS細胞治療 ● 樽野陽亮 他
904 DBS ● 渡辺 充 他
907 集束超音波視床破壊術 ● 山本一徹 他
910 リハビリテーション ● 林 明人
913 ICTによる治療援助 ● 大山彦光 他
916 経頭蓋磁気刺激治療 ● 藤原俊之
918 小脳刺激 ● 松本英之

連載
796 Stereologyへの招待
 Digital Stereology ● 樋田一徳,清蔭恵美
798 神経筋診断A to Z
 [神経伝導検査 7] 感覚神経伝導検査 ● 三澤園子
800 臨床医のための神経病理 再入門
 胚細胞性腫瘍 2. 中間・高悪性度群 ● 石澤圭介
803 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 スフィンゴシン1—リン酸受容体をターゲットとした臨床応用 ● 多久和 陽
806 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 先天性水頭症 ● 金 太一,齊藤延人
920 神経疾患治療ノート
 ビタミンD欠乏症 ● 竹谷 豊 他
922 ニューロサイエンスの最新情報
 行動選択の改善に関わる大脳基底核の神経基盤
 (成功は直接路,失敗は間接路) ● 野々村 聡
924 素顔のニューロサイエンティスト
 Garret Stuber ● 橋川浩一
925 Q & A―神経科学の素朴な疑問
 脳のネットワークの中心はどこでしょうか? ● 渡邉 慶
926 検査からみる神経疾患
 受動的機能マッピング法(passive functional mapping) ● 三橋 匠 他

930 バックナンバー

932 次号予告

参考価格: 2,970円 定期購読(2020年1月号~12月号プラン)なら1冊:2,906円

神経領域を志す医師必読の月刊誌

  • 2020/06/01
    発売号

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/03/01
    発売号

  • 2020/02/01
    発売号

  • 2020/01/01
    発売号

チャイルドヘルス

診断と治療社

最大
3%
OFF
送料
無料

チャイルドヘルス

2020年07月01日発売

目次: 2020年7月号
Vol.23 No.7

Myオピニオン
私たちは子どもの権利の守り手なのだ…武内 一

【特 集】
ダウン症児の育ちと生活
(企画の言葉…堀川美和子)
1 ダウン症のある子ども…小野正恵
2 出生前診断…佐村 修
3 長期フォロー…富永牧子
Column 今日も一日楽しかった…あべけん太
4 ダウン症児を迎える…玉井 浩
5 乳幼児期の育ち…大橋博文
6 学童期・思春期の姿…橋本創一
7 成人期に向けて…竹内千仙
8 パリビズマブの適応と今後の展開…岡田賢司

【寄 稿】
フィンランドの子どもの医療・福祉・教育から学ぶ 第5回
フィンランドにおける障害のある子どもたちへの空間的支援…鯵坂誠之

【連 載】
◆子どもに忍び寄る危険 犯罪の予防・気づき・対応 第9回
児童ポルノ,インターネット・SNSを通じた子どもに対する性犯罪②…後藤啓二
◆忘れちゃいけない やらなきゃいけない 子どもを守るワクチン接種 第10回
ロタウイルスワクチンの成果と課題…谷口孝喜
◆アレルギーっ子と旅をする 第11回
海外と日本のアレルギーへの意識の違い…村田 愛
◆からだ・こころ・ことば 乳幼児のことばの育ち 第14回
支援の入り口としての乳幼児健診…中川信子
◆ようこそ絵本図書館へ 第19回
うがい…児玉ひろ美
◆育児Q&A
これってプレッシャー?…堀川美和子
◆海外文献の紹介
妊婦の新型コロナウイルス感染と,出生児の予後…榊原洋一

【研究・報告】
コミュニティでの子ども・子育て支援者としての薬剤師の可能性…木戸裕美子,吉永真理



参考価格: 1,620円

子どもの保健と育児を考える雑誌

  • 2020/06/01
    発売号

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/03/01
    発売号

  • 2020/02/01
    発売号

  • 2019/12/29
    発売号

脳と発達

診断と治療社

最大
3%
OFF
送料
無料

脳と発達

2020年07月01日発売

目次: = 巻 頭 言 =
黒船と疫病がもたらす医学教育改革  三牧正和

= 小児神経施設紹介 =
君はまだ群馬を知らない  群馬県立小児医療センター

= リレーエッセイ =
Bloom where God has planted you  多田弘子

= 総   説 =
てんかん外科治療の適切なタイミング  石下洋平,川合謙介
小児神経疾患の診察の仕方  佐々木征行

= 特集・第 61 回日本小児神経学会学術集会 =
(2019 年 5 月 31 日~ 6 月 2 日,名古屋)
<企画シンポジウム 1:急性脳炎・脳症 ―これからの診断と治療―>
序論  山本啓之,前垣義弘
東海小児神経研究会における症例登録の現況と課題  根岸 豊
疾患レジストリーへの展開
 Baby Cooling Japan 低体温療法全国登録事業の経験から  岩田欧介
急性脳炎脳症に対する脳波モニタリングを用いた治療介入  山本啓之
病態仮説に基づいたけいれん重積型急性脳症の新規治療の試み
   松尾宗明,前田寿幸,一ノ瀬文男,田島大輔,宇田恵子,中村拓自
<緊急企画:急性弛緩性麻痺 ―新たな 5 類感染症全数把握疾患―>
序論  吉良龍太郎,安元佐和
急性弛緩性麻痺(AFP)と急性弛緩性脊髄炎(AFM):オーバービュー  多屋馨子
急性弛緩性脊髄炎の臨床像:2018-2019 の動向  チョン ピンフィー

= 短   報 =
Gabapentin 追加内服による高アンモニア血症
   森 貴幸,柿本 優,竹中 暁,下田木の実,佐藤敦志,岡  明,水口 雅
脳脊髄液からエンテロウイルスD68 が検出された急性弛緩性脊髄炎の 1 例
   東條達也,根岸 豊,田中 元,石田敦士,荒川 武

= 国際会議印象記 =
6th International symposium on pediatric movement disorders に参加して  星野恭子

= 地 方 会 =
第 29・31・33 回日本小児神経学会北海道地方会(2017.3.4・2018.3.3・2019.3.2)

= ニ ュ ー ス =
専門医ニュース
共同研究支援ニュース
人事往来
内外の学術集会
蔵王セミナー
令和元年度福山幸夫アワード
第 31 回千葉県小児神経懇話会
第 50 回小児神経学セミナー

= 議 事 録 =
専門医委員会
脳と発達編集委員会
編集後記

参考価格: 1,620円 定期購読(2020年第1号~第6号プラン)なら1冊:1,601円

日本小児神経学会機関誌

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/03/01
    発売号

  • 2019/12/29
    発売号

  • 2019/11/01
    発売号

  • 2019/08/30
    発売号

  • 2019/07/01
    発売号

CCJAPAN(シーシージャパン)

2020年06月26日発売

目次: 特集 体験談 働く2020 
ストーマ造設、うつ病、転職、そして考えたこと
なんとかなる、ぼちぼち行こう!
自分らしく働ける職場で「自分らしく働ける」お手伝いを
理解のある職場で無理なく自分にできることを
まだまだ勉強の日々 それでも自分の「得意」を活かして
今、僕にできること
仕事のスキルは 働きながら身についていきます
フリーダム患者が思うわたし流の働き方
難病患者就労支援の現場から
中金竜次(就労支援ネットワークONE 代表)

◎学会レポート
第16回日本消化管学会総会学術集会 コアシンポジウム2
「炎症性腸疾患:シームレスなアプローチを目指して」青山伸郎先生(青山内科クリニック)
— Special situationにおけるこれからの課題:疾病負荷(Disease burden)を含めて —

◎情報
IBDドクターズ・インタビュー
大森敏秀先生(大森敏秀胃腸科クリニック院長)

Twitter 患者の声「働く × 新型コロナ禍」

◎連載
IBD レシピ
なおティーチャーのラフターヨガレッスン
ニシヒロ@入院生活
NB KASSYの美人100年 KASSY
モーリー博士のなんでも実験室
IBD患者体験談
全国患者会探訪 ちばIBD
人〜自分主義〜 安心で安全、美味しいジビエを召し上がれ
仲村真哉(猟師・西日本ジビエファーム代表)
IBDニュース
中山泰男のやおいかん日記
IBD患者の栄養摂取を考えるPART〈4〉
セキララ★IBD劇場   がんちゃん@UC
チャンネル・ミクモ
それいけ! ビチューくん ごろさん
次号予告
ラウンヂミクモ
三雲社の出版案内
読者プレゼント

治療法最前線から、緩解時のレシピまで、クローン病と潰瘍性大腸炎の総合情報誌

  • 2020/04/26
    発売号

  • 2020/02/26
    発売号

  • 2019/12/26
    発売号

  • 2019/10/26
    発売号

  • 2019/08/26
    発売号

  • 2019/06/26
    発売号

送料
無料

泌尿器Care&Cure Uro-Lo

2020年06月15日発売

目次: 【特集】前立腺がんの放射線療法・薬物療法・ロボット手術 最新情報をお伝えします
熊本大学大学院生命科学研究部泌尿器科学講座教授 神波大己先生
山梨大学大学院総合研究部医学域教授 谷口珠実先生

<特集の言葉>
神波大己
谷口珠美

<chapter 1〈治療の前に〉>
◆01 放射線療法の曝露対策
静岡県立静岡がんセンター 清 好志恵

◆02 薬物療法を実施する際の曝露対策
静岡県立静岡がんセンター 柳田秀樹

<chapter 2〈前立腺がんのtreatment〉>
◆03 限局性・局所進行性前立腺がんの放射線療法(IMRT/重粒子線/陽子線)
京都大学大学院 中村清直・溝脇尚志

◆04 限局性・局所進行性前立腺がんの放射線療法(小線源療法)
国立病院機構熊本医療センター 菊川浩明

◆05 進行性(転移のある)前立腺がんの放射線療法
金沢大学大学院 牧野友幸・溝上 敦

◆06 進行性(転移のある)前立腺がんの初期薬物療法
香川大学 松岡祐貴・杉元幹史

◆07 去勢抵抗性前立腺がんの薬物療法
三重大学大学院 井上貴博

◆08 前立腺がんのロボット手術
熊本大学大学院 矢津田 旬二

<chapter 3〈前立腺がんのcare〉>
◆09 前立腺がん放射線療法の看護
静岡県立静岡がんセンター 遠藤貴子

◆10 前立腺がん薬物療法の看護
静岡県立静岡がんセンター 岩嵜優子

◆11 前立腺がんロボット手術の看護
山梨大学大学院 櫻井三希子

◆12 コラム:前立腺がん、15年の治療歴を振り返る
NPO法人腺友倶楽部 武内 務

◆13 コラム:前立腺がんの患者さんの体験談から看護を考える
認定NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン 射場典子



【座談会】がんの薬物療法、薬剤の特性を生かした治療戦略と患者管理、副作用ケア
富山大学 北村 寛
市立砺波総合病院 林 哲章
富山大学附属病院 樋口麻衣子



【JOURNAL IN JOURNAL】Focus On Your Direction 泌尿器科 専門領域の最新情報 vol.2
<性機能障害>
熊本大学大学院 神波大己
川崎医科大学 永井 敦

◆勃起障害(ED)の診断
東北医科薬科大学 海法康裕

◆薬物療法
三樹会病院 佐藤嘉一

◆薬物療法無効のED治療の最新情報
順天堂大学医学部附属浦安病院 白井雅人・辻村 晃

◆女性性機能障害治療の最新事情
女性医療クリニックLUNAネクストステージ 関口由紀



【連載】
◆イラストと写真で解説! これもおさえておきたい 研修医・若手医師のための 泌尿器科の小手術
・陰嚢水腫根治術
佐賀大学 東武昇平

◆ナースのお悩み背負い投げ 鳥ボーイのコミュニケーション道場!
・患者さんとの会話のきっかけは『観察力』にあり!
医療者が運営する医療メディア「メディッコ」 鳥ボーイ・喜多一馬



【Campanio!】医療・看護・介護のトピック9本!



【その他】
・次号予告

みえる・わかる・ふかくなる

  • 2020/04/15
    発売号

  • 2020/02/15
    発売号

  • 2019/12/15
    発売号

  • 2019/10/15
    発売号

  • 2019/08/15
    発売号

  • 2019/06/15
    発売号

医療と検査機器・試薬

ラボ・サービス

医療と検査機器・試薬

2020年06月10日発売

目次: View Point:臨床検査室探訪 天理よろづ相談所病院
座談会:天理よろづ相談所病院臨床検査部
    上岡新部長 日常業務と学術研究の両立をめざす
トップ交代にともなうこれから
 1.病院における研究の実践
  下村 大樹(天理よろづ相談所病院 臨床検査部)
 2.検体検査の新たな取り組み
  倉村 英二(天理よろづ相談所病院 臨床検査部)
 3.多職種連携、いわゆるチーム医療の取り組み
  木下 真紀(天理よろづ相談所病院 臨床検査部)

緊急報告:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
特別寄稿第2弾
 新型コロナウイルスの抗体検査について
  佐守 友博(医療法人 明和病院臨床検査部 主任部長、株式会社エスアールエル 顧問)
解説(特別報告)
 外来診療や在宅医療におけるCOVID-19に対する日常的なPOCTの活用
  小谷 和彦・他(自治医科大学 地域医療学センター 地域医療学部門)
感染対策の取り組み
 市販のモニタアームとアクリル板を用いた採血室における飛沫感染予防策
  菅井 貴裕・他(新潟大学医歯学総合病院検査部)
音楽業界からの報告
 新型コロナウイルス感染症で音楽業界はどう動いたか
  とある音楽業界従事者

特集:第10回DNAアドバイザー協会(DAAJ)セミナー
 1.DTC遺伝子検査を取り巻く環境とDNAアドバイザー協会(DAAJ)の活動趣旨
  田村 弘志(DNA アドバイザー協会会長、順天堂大学医学部非常勤講師)
 2.日本DNAアドバイザー協会の認定講座
  ~ 遺伝子検査活用セミナーの習得基準と周辺技術の動向 ~
  川口 竜二(株式会社プロップジーン 代表取締役社長、一般社団法人HECTEF 理事、
  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)専門カタライザー、
  日本DNA アドバイザー協会 ファウンダー/理事)
 3.遺伝子解析技術とゲノムリテラシー教育
  大藤 道衛(DNAアドバイザー協会 理事、東京テクニカルカレッジ・バイオテクノロジー科)
 4.最新ゲノム情報の解析と活用
  村松 正明(東京医科歯科大学難治疾患研究所ゲノム応用医学部門分子疫学)

シリーズ
超音波検査の精度保証を考える
 [4]超音波検査と感染防止
  関根 智紀(国保旭中央病院 診療技術局)
保健・医療・病院経営と人的資源管理
 第24回 管理職研修
  井上 仁志・他(大阪産業大学経営学部教授)

トピックス
 穿刺液検体の細胞数と細胞3分類検査法(用手法と機械法の相関)
  保科ひづる・他(諏訪中央病院 検査科)

リレーコラム
検査技師の四方山話〈第三区〉
 ~ 今回のテーマは「走る」~
  常名 政弘(東京大学医学部附属病院検査部 副技師長)

レポート
サモアと日本の懸け橋になることを願って
 臨床検査を通してサモアに何を伝え、
 サモアから何を学ぶべきなのかを考える-第1回-
  中島 康仁(元JICA SVサモア独立国派遣・現 関西医療大学 臨床検査学科)

ゲスト百珍
プロフェッショナルに学ぶ
 〜活きる土創り〜コンシェルジュバーテンダー
  内田 高史

連載漫画
 新 さんしろう先生 がんばるワン(9)

編集後記
  萩原  聡

進歩・発展を続ける医療と検査機器・試薬情報をより早く紹介

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

  • 2019/12/10
    発売号

  • 2019/10/10
    発売号

  • 2019/08/10
    発売号

  • 2019/06/10
    発売号

感染と抗菌薬

2020年06月10日発売

目次: 特集 インバウンド感染症の外来診療―国際イベント開催時の輸入感染症対策
●外来診療の基礎知識 インバウンド感染症の疫学と診断・治療
 (1)季節性インフルエンザ・新型インフルエンザ
 (2)麻疹・風疹・水痘
 (3)侵襲性髄膜炎菌感染症
 (4)蚊媒介性ウイルス感染症
●Topic コロナウイルス感染症の最新知見―SARS・MERSから新型コロナウイルス感染症(COVID-19)まで
●外来診療の実践知識 症状から捉えるインバウンド感染症の診断・治療
 (1)発熱と痛み
 (2)発熱と呼吸器症状
 (3)発熱と皮疹
 (4)下痢
●インバウンド感染症対策としてのワクチン接種―医療従事者とイベントスタッフに必要なワクチンとは

参考価格: 2,420円

医師、コメディカルスタッフの実践に役立つ感染症情報誌!

  • 2020/03/10
    発売号

  • 2019/12/10
    発売号

  • 2019/09/10
    発売号

  • 2019/06/10
    発売号

  • 2019/03/10
    発売号

  • 2018/12/10
    発売号

送料
無料

月刊糖尿病(DIABETES)

2020年05月22日発売

目次: 特集●糖尿病性神経障害の病態解明と治療戦略
企画編集/三五一憲

<特集にあたって>

 糖尿病性神経障害は末梢神経疾患のなかで最も患者数が多く,また糖尿病の慢性合併症のなかで最も発症頻度が高い.運動神経,感覚神経,自律神経のすべてが侵されるが,症状として自覚しやすいのは感覚神経障害であり,疼痛やしびれなどの刺激症状が不眠や抑うつの原因となる場合もある.病期が進行すれば逆に感覚低下をきたし,潰瘍や壊疽などの重篤な足病変を招くこともまれではない.また自律神経障害は心血管系,消化器系,泌尿生殖器系をはじめとする多くの臓器機能に影響を及ぼし,患者のQOLを著しく低下させる.とくに心臓に分布する自律神経が高度に障害されると,重症不整脈や無痛性心筋梗塞などの生命予後にかかわる深刻な事態を引き起こす.糖尿病性神経障害の成因として,末梢神経系を構成するニューロン,シュワン細胞,血管内皮細胞の代謝異常(解糖系側副路代謝亢進,グリケーション,酸化ストレス・小胞体ストレスなど)や神経血流の低下が報告されており,各成因の間に密接なクロストークが存在することも示されている.しかしながら具体的な発症・増悪機構の究明は進んでおらず,アルドース還元酵素阻害薬(本邦のみ)や抗酸化薬α-リポ酸(ドイツのみ)を除いて,成因に基づいた治療薬の臨床応用には至っていない.そのため血糖管理による進行阻止と対症療法に依存せざるをえない状況が続いている.また糖尿病内科医の多くは神経系の診察に及び腰で,多忙な日常診療のなかで振動覚やアキレス腱反射などの簡便な検査ですら実施することが難しい状況である.神経内科医は神経障害の診断や重症度の判定は
できるものの,有効な治療法がない現状では,その後のフォローを糖尿病内科医に委ねるケースがほとんどである.このような診療サイドの問題を改善していくために,糖尿病内科医と神経内科医のより密接な連携が不可欠である.
 「もっと注目してほしい糖尿病性神経障害」という筆者の願いを込めて,本特集を企画した.この分野におけるエキスパートの先生方に,神経障害の疫学,病理,成因,診断,治療のエッセンスや,病態解明と治療法開発に向けた取り組みについて,わかりやすく解説していただいた.「糖尿病性神経障害を考える会」で議論し作成中の鑑別診断,病型分類,治療のフローチャートも,各担当の先生方にその経過報告をお願いした.本誌を手に取ってくださった方は,まずはご自身が興味をお持ちの章に目を通していただき,少しでも役立つ情報源としてご活用いただければ幸いである.


<目次>

1. 糖尿病性神経障害:オーバービュー/三澤園子
2. 糖尿病性神経障害の病理形態学/八木橋操六
3. 糖尿病性神経障害の成因:解糖系側副路代謝/水上浩哉
4. 糖尿病性神経障害の成因:グリケーション/赤嶺友代,西村理明,三五一憲
5. 糖尿病性神経障害の成因:酸化ストレス・小胞体ストレス/加藤宏一
6. 糖尿病性神経障害の成因:血管障害/竹下幸男,神田 隆
7. 糖尿病性神経障害の症候学/鈴木千恵子
8. 有痛性糖尿病性神経障害の病態と対策/真田 充
9. 糖尿病性自律神経障害の病態と対策~心血管自律神経障害を中心に~/麻生好正,加瀬正人
10. 糖尿病性神経障害の鑑別診断/野寺裕之
11. 糖尿病性神経障害の病期・病型分類/出口尚寿,西尾善彦
12. 糖尿病性神経障害の一般的治療/岸本祥平,佐々木秀行
13. 糖尿病性神経障害の新たな診断・治療法/柴田由加,神谷英紀,中村二郎
14. 糖尿病性神経障害に対する再生医療の試み/成瀬桂子

参考価格: 3,456円

これまでなかった“糖尿病に特化した月刊専門誌”

  • 2020/04/03
    発売号

  • 2020/02/15
    発売号

  • 2020/01/22
    発売号

  • 2019/12/14
    発売号

  • 2019/10/30
    発売号

  • 2019/09/20
    発売号

全114件中 1 〜 30 件を表示

看護・医学・医療 雑誌のカテゴリ

臨床内科雑誌カテゴリーでは、内科について知識や技術などを盛り込んだ情報雑誌を販売しております。第一線の臨床医が実地診療の場で必要な情報をプラクティカルに、かつ簡潔に解説する「medicina」や、神経領域を志す医師必読の月刊誌「Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)」、既存の診療科の壁を越え、日常診療の場で患者を全人的に診るための臨床情報を提供する「総合診療」などがございます。定期購読で毎号ご自宅へお届け致します。

臨床内科 雑誌で人気の出版社から探す

臨床内科 雑誌の発売日一覧

明日発売の臨床内科 雑誌

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌