※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:週刊循環経済新聞
  • 出版社:日報ビジネス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週月曜日
  • サイズ:ブランケット版
  • 参考価格:544円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:週刊循環経済新聞
  • 出版社:日報ビジネス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週月曜日
  • サイズ:ブランケット版
  • 参考価格:544円
  • 雑誌
  • 4%OFF

週刊循環経済新聞

循環型経済・社会の総合専門誌!定期購読だと送料無料で毎号お手元にお届けします!最新号・バックナンバー1冊でも購入可!
  • 雑誌
  • 4%OFF

週刊循環経済新聞

循環型経済・社会の総合専門誌!定期購読だと送料無料で毎号お手元にお届けします!最新号・バックナンバー1冊でも購入可!

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み・予約

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
週刊循環経済新聞のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

週刊循環経済新聞 雑誌の内容

  • 出版社:日報ビジネス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週月曜日
  • サイズ:ブランケット版
  • 参考価格:544円
環境ビジネスの担い手から広い支持を受けてます!
21世紀の循環型経済・社会の構築に向けて、廃棄物のリデュース・リユース・リサイクル・適正処理について、マーケット・技術・流通・拠点施設の視点を掘り下げ、大気・水質・土壌汚染など関連する環境分野にも深く踏み込んでいます。

週刊循環経済新聞の無料サンプル

4月18日号 (2011年04月18日発売)
4月18日号 (2011年04月18日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

週刊循環経済新聞 6月27日号 (発売日2022年06月27日) の目次

◇ 永井会長再任、収支改善へ
第12回定時総会を開催
- 全国産業資源循環連合会 -

(公社)全国産業資源循環連合会の第12回定時総会が6月17日、東京都内で開かれた。3年ぶりに正会員がリアルで参加し、オンラインを結んだハイブリッド形式で開催された。任期満了に伴う役員改選が行われ、永井良一会長が再任となった。コロナ禍などの影響による収支改善が重要な議事となった。永井会長は、「収支改善策の在り方が提示された。厳しい財政状況だが、引き続き改善に取り組む。わが国の循環型社会の形成に貢献し、本当の意味で安心安全にまい進する」と述べた。

◇ 新たなフェーズ、注意深く分析
岩田圭一氏が新会長に就任
- プラスチック循環利用協会 -

(一社)プラスチック循環利用協会は6月16日、通常総会・臨時理事会を経て、岩田圭一氏(住友化学社長)が新会長に就任したことを発表した。岩田新会長は、「わが国では、循環型社会構築に向けた自治体や関係業界、NPO、市民などの弛まぬ努力で、廃プラスチックの有効利用率はマテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、エネルギー回収などを合計すると、いまや86%に達するまでになっている。これは世界トップクラスに位置し、わが国のリサイクルへの取り組みレベルの高さを示している」と述べている。

◇ 太陽光パネルの循環
プラットフォーム構築へ
- 大阪青年会議所 -

(一社)大阪青年会議所(大阪市、梶本秀則理事長)は6月11日、「産官学連携プラットフォームの構築『エコシステム・プラットフォーム・オオサカ』~持続可能なビジネスマッチング~」の取り組みを開始した。ターゲットとして使用済み太陽光パネルのリユース・リサイクルを可能とする仕組みを立ち上げ、「大阪モデル」として大阪府などへの提言と、本格的なビジネス化を目指す。

◇ 新汚泥焼却炉の稼働を開始
PFI事業で運営・管理
- 横浜Bay Link -

JFEエンジニアリングを代表企業とした5社で構成する横浜Bay Link(佐藤匡則社長)は6月15日、2016年に横浜市から受託した「横浜市北部汚泥資源化センター汚泥処理・有効利用PFI事業」に基づき建設を進めてきた新汚泥焼却炉(新1号焼却炉、処理能力=200トン/日)について、稼働開始のスイッチオンセレモニーを開催した。

◇ タイルカーペットを自社内で再資源化
廃材の回収から再生利用まで
- 東リ -

東リはこのほど、使用済みタイルカーペットのリサイクルにおいて、廃材の回収から再生利用までの全行程を自社グループ内で完結する体制を整えた。同社は、使用済みタイルカーペットの再資源化を2000年から開始以降、12年には広域認定制度の認定を受け、カーペットメーカーとして国内で唯一、自ら回収しリサイクルしている。21年に滋賀東リでリサイクルプラントを本格稼働させ、パイル層(表面繊維層)とバッキング層(塩ビ樹脂層)に分離することなく再生利用する独自技術を確立した。

◇ 新会長に三輪陽通氏が就任
「業界の活動広がる運営に尽力」
- 鳥取循環協 -

(一社)鳥取県産業資源循環協会は6月3日、セントパレス倉吉で第11回定時総会を開催した。任期満了に伴う役員改選で、三輪陽通氏(三光)が新会長に就任。前会長の越生昭徳氏は顧問に就いた。

◇ 衝突軽減システムの車両を拡大
周辺の状況掌握も可能に
- コマツ -

コマツは、2019年度から油圧ショベルに標準装備している「KomVision人検知衝突軽減システム」の搭載機種を拡大した。19年度から20トンクラスへの標準装備を開始し、20年度には12トンクラス、22トンクラスへ順次拡大してきた。

+   週刊循環経済新聞の目次配信サービス

週刊循環経済新聞のレビュー
総合評価: ★★★★★ 5.00
全てのレビュー:3件

レビュー投稿で500円割引!
循環経済新聞
★★★★★2020年10月29日 カズ 会社員
会社で20年近く購読しています。on lineで購読できるようなので新たに購読予定です。内容絵充実していていつも参考にしています。
業界動向の把握に最適です。
★★★★★2005年02月18日 ナイスミドル 自営業
本誌が「廃棄物新聞」だった頃より購読しています。<br>排出事業者、収集運搬業界、処理業界(リサイクル業界)、業界団体、行政の取り組み、最新技術など、幅広い内容で充実しています。<br>光の部分だけでなく、影の部分にも積極的にメスを入れ<br>る姿勢に好感が持てます。
わかりやすく充実
☆☆☆☆☆2004年05月09日 まっちゃん 会社員
なかなか循環経済のことがわかりやすく簡潔にまとまっている。ページごとに分類もされているので見やすかった。情報量はまあこんなもんで十分といったくらい。

週刊循環経済新聞をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

週刊循環経済新聞は、多種多様な環境ビジネスに携わる企業向けの週刊経済新聞です。一般新聞には中々載らない情報が見られる、貴重な新聞です。
循環型経済や社会の構築を目指すことが急がれていますが、国内だけの取り組みでは難しく、国際社会との連携が重要となります。この新聞では他国の状況や世界の動向を知ることができますし、国内企業の動向や新事業などの情報も見えるため、その情報を自分の会社に活かすことが可能です。

どうすれば廃棄物をリデュースやリユース、リサイクルできるか、できなければどう適正に処理すれば良いのか、といった課題をこの新聞と共に考えることができます。また、リサイクル等に伴って出てくる問題、大気汚染や水質汚染などの環境分野についても言及しており、とても参考になります。

「廃家電リサイクル法によって何が変わるのか」「どうすれば食品リサイクル率が上がるのか」「ISO14001を工場で取得するには」といった、色々な疑問に答える姿勢も見られるので、購読者の目線で作られている新聞といえるのではないでしょうか。それから、最新技術や最新情報に限らず業界団体についてや行政の取り組みについてなど循環経済界周辺に切り込んだ記事も多く、濃い内容となっています。

週刊循環経済新聞のバックナンバー

◇ 永井会長再任、収支改善へ
第12回定時総会を開催
- 全国産業資源循環連合会 -

(公社)全国産業資源循環連合会の第12回定時総会が6月17日、東京都内で開かれた。3年ぶりに正会員がリアルで参加し、オンラインを結んだハイブリッド形式で開催された。任期満了に伴う役員改選が行われ、永井良一会長が再任となった。コロナ禍などの影響による収支改善が重要な議事となった。永井会長は、「収支改善策の在り方が提示された。厳しい財政状況だが、引き続き改善に取り組む。わが国の循環型社会の形成に貢献し、本当の意味で安心安全にまい進する」と述べた。

◇ 新たなフェーズ、注意深く分析
岩田圭一氏が新会長に就任
- プラスチック循環利用協会 -

(一社)プラスチック循環利用協会は6月16日、通常総会・臨時理事会を経て、岩田圭一氏(住友化学社長)が新会長に就任したことを発表した。岩田新会長は、「わが国では、循環型社会構築に向けた自治体や関係業界、NPO、市民などの弛まぬ努力で、廃プラスチックの有効利用率はマテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、エネルギー回収などを合計すると、いまや86%に達するまでになっている。これは世界トップクラスに位置し、わが国のリサイクルへの取り組みレベルの高さを示している」と述べている。

◇ 太陽光パネルの循環
プラットフォーム構築へ
- 大阪青年会議所 -

(一社)大阪青年会議所(大阪市、梶本秀則理事長)は6月11日、「産官学連携プラットフォームの構築『エコシステム・プラットフォーム・オオサカ』~持続可能なビジネスマッチング~」の取り組みを開始した。ターゲットとして使用済み太陽光パネルのリユース・リサイクルを可能とする仕組みを立ち上げ、「大阪モデル」として大阪府などへの提言と、本格的なビジネス化を目指す。

◇ 新汚泥焼却炉の稼働を開始
PFI事業で運営・管理
- 横浜Bay Link -

JFEエンジニアリングを代表企業とした5社で構成する横浜Bay Link(佐藤匡則社長)は6月15日、2016年に横浜市から受託した「横浜市北部汚泥資源化センター汚泥処理・有効利用PFI事業」に基づき建設を進めてきた新汚泥焼却炉(新1号焼却炉、処理能力=200トン/日)について、稼働開始のスイッチオンセレモニーを開催した。

◇ タイルカーペットを自社内で再資源化
廃材の回収から再生利用まで
- 東リ -

東リはこのほど、使用済みタイルカーペットのリサイクルにおいて、廃材の回収から再生利用までの全行程を自社グループ内で完結する体制を整えた。同社は、使用済みタイルカーペットの再資源化を2000年から開始以降、12年には広域認定制度の認定を受け、カーペットメーカーとして国内で唯一、自ら回収しリサイクルしている。21年に滋賀東リでリサイクルプラントを本格稼働させ、パイル層(表面繊維層)とバッキング層(塩ビ樹脂層)に分離することなく再生利用する独自技術を確立した。

◇ 新会長に三輪陽通氏が就任
「業界の活動広がる運営に尽力」
- 鳥取循環協 -

(一社)鳥取県産業資源循環協会は6月3日、セントパレス倉吉で第11回定時総会を開催した。任期満了に伴う役員改選で、三輪陽通氏(三光)が新会長に就任。前会長の越生昭徳氏は顧問に就いた。

◇ 衝突軽減システムの車両を拡大
周辺の状況掌握も可能に
- コマツ -

コマツは、2019年度から油圧ショベルに標準装備している「KomVision人検知衝突軽減システム」の搭載機種を拡大した。19年度から20トンクラスへの標準装備を開始し、20年度には12トンクラス、22トンクラスへ順次拡大してきた。
◇ 混廃の大型選別工場が新設
子供食堂で地域貢献にも
- 大武産業 -

収集運搬から中間処理までを担う大武産業(沖縄県西原町、下地武社長)は、建設系の混合廃棄物を対象にした大型の選別施設「エコリサイクルセンター・選別工場」を新設。選別工場内の新事務所で社員食堂も開設して福利厚生に力を入れているが、7月からは夏休みに入った小中学校生を対象にした「子供食堂」も始める計画だ。日量314トン(24時間)処理能力の選別ラインの稼働と同時に地域貢献にも尽力する。

◇ みらいダイアログを開催
プラスチック・サーキュラー・チャレンジ
- WWFジャパン -

WWFジャパンが立ち上げた「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025 みらいダイアログ」が6月1日に東京・SHIBUYA QWS スクランブルホールで開かれ、取り組みに参画している大手企業5社と環境省、学識者、大学生らが議論した。WWFジャパンの三沢行弘プラスチック政策マネージャーは、「プラスチックの生産量は加速度的に増えており、年間約2200万トンが環境中に流出していると言われている。流出を根絶するためにはシステムの転換が必要であり、まずは発生抑制した上でリユースやリサイクルを推進することが必要」と述べた。

◇ ポリウレタンの循環構築
ケミカルR技術の開発へ
- 三井化学&マイクロ波化学 -

化学メーカー大手の三井化学と、化学ベンチャーのマイクロ波化学(大阪府吹田市、吉野巌社長)は5月31日、マットレスなどに使用される軟質ポリウレタンフォームのケミカルリサイクル技術の実用化に向けた実証を開始した。マイクロ波技術で廃材を分解し、直接原料とする。すでに初期検討で良好な結果を得ており、2025年までの事業化を目指す。

◇ 食品ロスは522万t
2020年度推計値を公表 / 事業系が最大の減少幅に
- 環境省/農水省 -

環境省と農林水産省は、2020年度の食品ロス発生量の推計結果を公表した。食品リサイクル法に基づく事業者からの報告や、市町村への実態調査結果などをもとに推計したもので、20年度は推計を開始した12年度以降で最少の約522万となり、前年度の570万トンから約48万トン(8%)減少していることがわかった。

◇ 破砕瓦を馬場改良材として施工
植樹帯など公共工事利用も増加
- 愛知県陶器瓦工業組合 -

愛知県陶器瓦工業組合(愛知県高浜市、樅山朋久理事長)は、三州瓦の製造工程で発生する規格外瓦の破砕物(シャモット)をリサイクル資材として供給しており、このほど馬場改良材として、エルミオーレ三河高原に採用された。乗馬場での施工は初めて。水はけが良く、焼成しているため水を含んでも性能や形状を維持でき、色味が明るく景観性を高められる点などが高く評価された。

◇ 新会長に髙山盛司氏が就任
「不易流行の気持ちで飛躍へ」
- 石川循環協 -

(一社)石川県産業資源循環協会は5月25日、KKRホテル金沢(金沢市)で、2022年度定時社員総会を開催した。任期満了に伴う役員改選が行われ、新会長に就任した髙山盛司氏(環境開発)は、「現在、産業廃棄物処理業界は、循環型社会の構築と低炭素社会の推進、さらには災害廃棄物処理を担っている。これまで業界の礎を築いた先輩方の意志を受け継ぎ、不易流行の気持ちをもって協会のさらなる飛躍を目指したい」とあいさつした。

◇ 特殊車両の洗車機を開発
パッカー車の荷台にも
- ダイフクプラスモア -

ダイフクグループで洗車機の販売、サービスを行っているダイフクプラスモア(東京・港、堀場義行社長)は、特装車両対応のノンブラシ大型洗車機を開発した。ブラシを使用せずに水圧で洗浄するため、複雑な形状の車両もスムーズに洗車する。
◇ 日量40t焼却炉が完成
感染性や災害廃棄物にも対応 / 竪型ストーカ式採用
- 浜田浄化センター -

災害廃棄物や感染性廃棄物の中間処理、古紙の再資源化などで実績を重ねる浜田浄化センター(島根県浜田市、大久保敦司社長)は、感染性や引火性廃油といった特管産廃や災害廃破棄物にも対応できる日量40トンの新しい焼却施設を完成。最大出力20キロワットのバイナリー発電装置も組み込んだ。総工費は12億円。5月30日に関係者を集めて、同社生湯工場で火入れ式と竣工式を開催し、6月から試運転を始めた。処理能力の増強で県外廃棄物も受け入れ可能となった。

◇ 印刷フィルムインキ除去して再生
マテリアルリサイクル設備が稼働
- 三井化学 -

三井化学は同社名古屋工場内に、印刷されたフィルムからインキを除去して軟包装フィルムに再生する軟包材マテリアルリサイクル設備を設置し、稼働を開始した。

◇ 第30回産構審総会を開催
脱炭素等に大規模資金投入へ
- 経済産業省 -

経済産業省の産業構造審議会は5月19日、都内会場とオンラインで第30回となる総会を開催した。総会では、経済産業政策の新機軸についての中間整理等を説明。国の成長投資を他の先進国以上のペース(年率約4%)で進め、2030年の年間投資額を現在の水準の約1.5倍とすることを目指す方針や「ミッション志向の産業政策」、「経済社会システムの基盤の組み替え(OS組み替え)」を新機軸の2本の柱に定め、新たな官民連携の構築によってグローバルな経済社会変革を主導することを示した。

◇ BDF副産物から洗剤開発
廃棄物の活用で環境配慮
- ケイナンクリーン -

廃棄物処理事業等を手掛けるケイナンクリーン(岐阜県恵那市、近江則明社長)は、植物性天然アルカリ洗剤「グリポンプロフェッショナル」を開発し、5月25日に発売した。バイオディーゼル燃料(BDF)製造時の副産物で従来は廃棄されていたグリセリンを活用したもの。高い洗浄力で工場の機械や床、ガスコンロなどの油汚れを落とす。環境配慮型商品として広く提案を進めていく。

◇ カーボンニュートラルWG設立へ
燃料供給元として国へ提言
- 全国木材資源リサイクル協会連合会 -

認定NPO法人全国木材資源リサイクル協会連合会(東京・中央、藤枝慎治理事長)は5月26日、2022年度通常総会をティアラこうとう(東京・江東)で開催した。21年度事業報告・決算などの議案を議決した他、22年度事業計画では「カーボンニュートラルWG」の設立を表明。燃料供給者や利用者を構成員とし、座長に学識経験者を迎える予定で、国の関係省庁にもアドバイザーとしての参加を働きかける。

◇ 新会長に亀井寿之氏が就任
第10回定時総会を開催
- 埼産協 -

(一社)埼玉県環境産業振興協会は5月24日、さいたま市内で第10回定時総会を開催した。任期満了に伴う役員改選では、新会長に亀井寿之氏(亀井産業・代表取締役社長)が就任した。

◇ 塵芥車など中古販売を開始
自社で修理・メンテを一貫対応
- 873works -

特装車の部品製造等を手掛ける柳田製作所グループの873works(大阪府八尾市、柳田明社長)は、塵芥車や特装車などの買取・中古販売事業に乗り出した。事業縮小や入れ替え等で手放された車両を買い取り、自社で修理・メンテナンス・外装整備を施した上で価格を抑えて販売。すでに年間約20台の取引実績がある。新車を購入するよりも短納期につなげられる点などを強みに提案を進めていく。

544円
◇ 年6万tRPF工場を来年1月稼働
中国エリア最大、生産能力倍増へ
- オガワエコノス -

オガワエコノス(広島県府中市、小川勲会長)は、広島県福山市内に大規模な廃プラリサイクル施設を建設することを明らかにした。新設する「新福山工場(仮)」の処理能力は年間6万トンに上り、RPFを生産する。1工場で、同社3工場(鵜飼・岡山・仙台工場)と同等な能力を持ち、中国地区最大規模の工場となる見通しだ。2023年1月に竣工予定で、稼働以降、同社のRPF年間生産規模は約12万トンに倍増する。

◇ 製品プラをRPF原料に
製紙会社や自社ボイラーで利用
- 鷺斫り -

建物解体工事や産業廃棄物・一般廃棄物処理などを手掛ける鷺斫り(福島県いわき市、鷺弘海社長)は3月から、地元のいわき市の家庭から分別収集されたプラスチック製のバケツや桶などの製品プラスチックを受け入れ、同社が製造しているRPF(廃プラスチック類や紙くず、繊維くずなどで作る固形燃料)の原料として活用する取り組みを始めた。RPFは製紙会社向けに出荷するだけではなく、同社が昨年3月に中間処置施設「大剣環境センター」(いわき市)に稼働させたRPF燃料バイオマスボイラーで利用し、発電や熱回収を行っている。鷺社長は、「プラスチックについてはいろいろな供給源(ソース)がある。いわき市の皆さんに貢献できるよう、今後も研究や取り組みを進めたい」と述べている。

◇ 環境相に陳情書を提出
グリーン冷媒への移行を推進へ
- フロン類対策推進議員連盟 -

フロン類対策推進議員連盟(甘利明会長)の甘利会長、丸川珠代会長代行、関芳弘事務局長は5月18日、環境省で山口壯環境大臣に「脱炭素社会実現に向けたフロン対策のさらなる推進を求める緊急決議」とした陳情を行った。改正モントリオール議定書が定める2036年までの代替フロン85%削減という目標を達成するためには、国内でのグリーン冷媒実装を目指したさらなる技術開発等が必要だとし、環境省と経済産業省の密な連携や今年度で終了する補助金の継続を要請した。

◇ バイオガスプラント建設へ
出力1000kW、2025年稼働
- 神戸環境クリエート -

神戸環境クリエート(神戸市、山本宏光社長)は、神鋼環境ソリューション(同市、大濵敬織社長)と共同で、食品廃棄物由来のバイオガス発電事業を行うと明らかにした。計画によると、出力は1000キロワット、年間発電量は一般家庭約1500世帯分に相当する約5000メガワット時を見込む。電力はFITを利用して電力会社に売電。2024年6月の完成、25年1月の本稼働を目指す。

◇ 処理、資源事業ともに好調
総合環境企業として認識進む
- TREホールディングス -

TREホールディングスは5月20日、都内で決算説明会を開催し、2022年3月期においては、廃棄物処理・再資源化事業について搬出品の付加価値化・製品化が奏功したことや、資源リサイクル事業において、有価物回収量の増加と資源相場の高値水準の影響により、売上高682億3400万円、営業利益76億5900万円を達成したことを報告した。

◇ 女性部会を新たに発足
会員支援を重点事業に
- 滋賀循環協 -

(一社)滋賀県産業資源循環協会は5月25日、滋賀県立県民交流センター「ピアザ淡海」(滋賀県大津市)を会場に、第10回通常総会を開催した。新型コロナウイルス感染症対策として、規模を縮小しての開催となった。

◇ 発火検知装置が好調
無煙燃焼にも対応
- ユーロプランニング -

木工関連機器などの販売を手掛けるユーロプランニング(岐阜市、星徹社長)は、総合火災保護システム「BS7火花検知消火装置(独グレコン製)」の引き合いを伸ばしている。工場火災の原因となるリチウムイオン電池を使用した製品の増加に伴い、処理業者からの問い合わせが急増。各社に合わせたプランニングを提案している。

◇ 日量93tごみ発電炉が着工へ
出力が2MW規模 / 排熱で陸上養殖も
- 三光 -

総合リサイクル大手の三光(鳥取県境港市、三輪昌輝社長)は、廃棄物エネルギーを有効利用するための新しい焼却処理プラント(タクマ製)を導入する。2024年7月末に完成の予定。設備は、日量93.6トンの処理能力で、1950キロワットの発電出力を持つ。

◇ ケミカルリサイクルを開始
自販機回収ボックスのPETボトルで
- 日本環境設計/アサヒ飲料 -

日本環境設計(本社・川崎市、髙尾正樹社長)とグループ会社のペットリファインテクノロジー(川崎市、伊賀大悟社長)はアサヒ飲料(本社・東京、米女太一社長)と協働して、5月中旬からケミカルリサイクル技術を活用した自動販売機横の使用済みPETボトルに係る「ボトル to ボトル」に取り組むことになった。まずは、首都圏エリアの約3万台の自動販売機で回収される年間約2000トンの使用済みPETボトルを対象にスタートし、年内には中部エリアと近畿エリアに広げ、将来的には九州や東北、沖縄などを含むエリアにも広げる計画だ。

◇ 電子スクラップの専門工場が竣工
既存設備の能力を最大活用へ / 他のグループ拠点とも連携
- リバー -

TREグループのリバー(本社:東京・墨田、猪鼻秀希社長)は今年4月、東松山事業所(埼玉県滑川町)に電子スクラップや基板を専門に処理する新工場を竣工した。リバーグループの各拠点で処理をした廃家電や情報通信機器から回収したユニット・基板等も集約して受け入れる。稼働をしながらさまざまな調整を施し、年内の早い段階で生産能力を最大限に発揮する。

◇ 食リで熱電併給事業
脱炭素投資ファンド活用 / 地域のロールモデルに
- さがみはらバイオガスパワー -

(一社)グリーンファイナンス推進機構は、日本フードエコロジーセンター(J・FEC、相模原市、高橋巧一社長)、オルタナフィード(東京・中央、饗庭功社長)などが計画するバイオガス熱電併給事業に対し、約1億円の出資を決定した。特別目的会社(SPC)「さがみはらバイオガスパワー株式会社」(相模原市、高橋巧一社長)は、相模原市内に発電出力487キロワットのバイオガス発電施設を設置し、来秋からの売電開始を目指す。

◇ 総会を開催、会員増え18社体制に
木チップ安定供給へ課題解決
- 中四国木材資源リサイクル協会 -

中四国木材資源リサイクル協会(鳥取県琴浦町、片岡重治理事長)は5月11日、松山市内で2022年度通常総会を開催し、21年度事業報告や22年度事業計画等を話し合った。片岡理事長は冒頭、「通常総会を開き、会員が一堂に会するのは3年ぶりとなる。今年度からより一層、木材資源リサイクルの課題解決に向けた協議検討を重ね、各種事業を実施していく」と述べた。

◇ 2022年度通常総会を開催
「準会員資格」創設で組織強化へ
- 愛知循環協女性部 -

(一社)愛知県産業資源循環協会の女性部(東久保真弓会長)は5月17日、名古屋市のANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋で、2022年度の通常総会を開催した。会員14人とオブザーバー1人が出席。新たに「準会員資格」が創設され、会員登録のある企業から1枠4人まで準会員として加入可能になった。さらなる組織強化と活動の活発化につなげていく。

◇ 工場の鳥害対策品を拡販へ
特殊なレンズで視覚混乱
- ウィングヤマグチ -

ウィングヤマグチ(福岡市、安田諭司社長)は、工場施設などの鳥害対策用品「撃退ドットマン」の本格販売に乗り出した。小型プレート状の製品で、特殊なレンズの視覚効果で害鳥を設置箇所に近付けないようにする。これまでの大手食品工場等への約20件の導入事例を通じ、害鳥被害が減る効果を確認。リサイクル工場や飼料工場、電力業など、幅広い事業所で即効性のある対策として拡販を進めていく。
◇ 管理型処分場を拡張、供用開始
大栄環境グループ最大664万m3 / 災害廃の受け皿にも
- 三重中央開発 -

大栄環境グループの三重中央開発(三重県伊賀市、平井俊文社長)は、三重リサイクルセンター(同市)で進めてきた管理型最終処分場の拡張工事が完了し、5月2日から供用を開始した。全体の許可容量は合計1280万7077立方メートル。うち拡張部分は664万1181立方メートルで、グループ最大の処分場となる。業績や企業価値の向上、事業基盤の強化につなげていく考えだ。

◇ 1万t超3国も3月前年並み
単価最高値の6.2万円 / 廃プラ輸出動向
3月の廃プラ輸出量は、5万5413トン(金額34億3939万円、6万2068円/トン)。数量は前年同月比96%でほぼ同じだが、単価は6.2万円で過去最高値となった。今までリーマンショック直前の2008年5.2万円が最高で、今回の6.2万円はそれより1万円も高く、異常さが際立つ。

◇ 新テント3棟稼働で計8棟に
リユース品の保管能力拡大
- トライシクル -

サイクラーズグループのトライシクル(本社:東京・品川、福田隆社長)はこのたび、ReSACOリサイクルセンター(千葉県富津市)に、新たにテント3棟(F棟、G棟、H棟。床面積はそれぞれ30×33メートル)を設置し、舗装等の整備を経て4月中に本稼働へ移行した。既存の5棟(A~E棟)と合わせて計8棟を運用する。昨今ではオフィス・営業所等の閉鎖・移転が増え、什器排出量が増加傾向にあることから、保管能力を拡大してリユース事業の対応力を高めた。

◇ バイオガスの燃料電池活用へ
今年度中に生産技術の確立目指す
- 富士クリーン -

富士クリーン(香川県綾川町、馬場太一郎社長)は、バイオガスからメタノール・ギ酸を生成し、燃料電池として活用する実証事業に着手した。大阪大学と協力し、縦型乾式メタン発酵施設内に実証試験装置を設置。今年度末をめどに生産技術の確立を目指す。自治体や企業の非常用電源などへの導入を図り、FITに頼らない新たなバイオガス由来のエネルギー価値創出につなげていく。

◇ 東証・名証市場に上場
調達資金は処理工場新設に充当
- フルハシEPO -

フルハシEPO(名古屋市、山口直彦社長)は4月21日、東証スタンダード市場と名証メイン市場に上場した。新規発行と第三者割当増資で調達予定である資金約5億500万円は、木質系廃材のリサイクル工場等の新設費用に充てる方針。同社グループの2022年3月期業績予想(改正会計基準を適用した数値)は、▽売上高77億1600万円▽営業利益7億8700万円▽経常利益8億3700万円▽純利益5億6900万円――を見込む。

◇ コロナ検査機器が欧州で証明
廃プラ高価値事業が順調
- アプライズ -

利昌グループで廃プラの付加価値化ビジネスと国際総合貿易を担当するアプライズ(大阪市東淀川区、平良尚子社長)は、コロナ感染予防のための「抗原測定キット」「中和抗体測定キット」が欧州で医療機器として使用できることを証明したポーランド法の指令98/79/ECに準拠した。今後、欧州内でも本格販売ができる。技術の高さが明らかになり、日本での販売にも拍車がかかる。

◇ AIで手選別を視覚的に補助
中間処理現場の人材不足解消へ
- ウエノテックス -

環境機器メーカーのウエノテックス(新潟県上越市、上野光陽社長)は、AIを搭載した廃棄物選別支援の新システム「ELENA(エレナ)」を発売した。形状や材質ごとにプロジェクションマッピングで色を照射し、手選別を視覚的に補助する仕組み。作業が楽しく簡単になり、幅広い人材を戦力にできる。既存のコンベアに追設可能だ。産廃の中間処理業者向けに提案を進め、初年度は20台の導入を目指す。

◇ 矢継ぎ早の施策展開
産業界も対応必須に / 廃プラスチックを巡る動き
廃プラスチックの処理処分と再資源化等を巡る事業環境が急展開している。中国などによるプラスチックくずの輸入禁止、バーゼル条約附属書改正等、プラスチック資源循環法施行などこれまでの流れを見てみよう。

◇ 若手経営者が語るIPOを目標に挑戦を続ける
企業としてのさらなる成長へ
- シタラ興産 代表取締役 設楽竜也氏 -

産業廃棄物処理事業を展開するシタラ興産(埼玉県深谷市)では、2016年に建設系混合廃棄物のAI選別システムを導入した「サンライズFUKAYA工場」を竣工するなど、業界の中でも常に一歩先を行く取り組みに挑戦してきた。26年にはサーマルリサイクル施設「レガリア」(焼却能力=230トン/日、発電能力=3200キロワット/時)が稼働開始予定となっているなど、さらなる成長を見込んでいる。施設竣工後には、IPO(株式公開)を目標として設定しており、その取り組み状況について設楽社長が語った。

新聞・業界紙の売上ランキング

最大
10%
OFF
送料
無料

The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)

2022年07月01日発売

目次: 今週号の主要コンテンツ



ニュース:国内外の主要な出来事や日本語メディアでは報じないニュースを英語でお届け
-------------------------------------
[Top News]
Japan’s top court rules state not liable for Fukushima disaster
福島第1原発事故、最高裁は国の責任認めず

[Easy Reading]
Netflix plans Squid Game reality show with big cash prize, no fatal consequences
ネットフリックス『イカゲーム』、賞金6億円のリアリティー番組に

[National News]
In LGBTQ rights setback, court says barring same-sex marriage not unconstitutional
「同性婚認めないのは違憲ではない」、大阪地裁
、他

[World News]
France: Emmanuel Macron looks for a way to salvage his ruling majority
仏マクロン大統領の与党連合、過半数割れ
、他

[Business &Tech]
RIP Explorer: Microsoft’s web browser retired
「インターネットエクスプローラー」、27年の歴史に幕

[Focus]
A US state adds to population by inviting remote workers
米ウェスト・バージニア州、移住者に2万ドル相当を支給

[This Week’s OMG]
Bus driver unknowingly eats edibles, blacks out
大麻入りグミを食べて気絶したバス運転手、起訴される



コラム:ニュース以外の多様なジャンルの読み物記事
-------------------------------------
[シネマ倶楽部]
今週お届けするのは『マグノリア』のポール・トーマス・アンダーソン監督最新作 “Licorice Pizza”です。

[Fast Fun Facts]
英語で豆知識を楽しむコーナー。hedgehog とは「ハリネズミ」のこと。背中には鋭いとげ があるものの、そのかわいらしい容姿から人気の高い生き物です。今回はハリネズミについての豆知識を5つご紹介しましょう。

[Center Spread]
世界各国のニュースを美しいカラー写真と共にお届けします。今週はイタリアでミラノサローネ国際家具見本市が開催された様子について取り上げます。

[Essay]
世界各国に在住するライターから届くエッセーを紹介します。今週登場するのはジョエル・タンゼイです。筆者は新しい味に挑戦するのを好むタイプで、日本食も好きなようです。そのため、家族や友人が日本に来ると彼らを食事に連れて行くのを楽しみにしているようですが、一人一人の好みや食事制限を考慮しての店を選びは一苦労するそうです。

[Business Spotlight]
日本で、世界で成功している数々の企業。その成功の裏側にはどのような物語があるのでしょうか。企業の歴史、人、画期的な取り組みなどについて読んでみましょう。今週は織機から始まり、日本の軽自動車市場で優位に立つスズキについてです。

[LUANN]
少しずつ成長を続ける主人公の大学生ルアンとその家族、友人の日常を描くほのぼのアメリカンコミック。生きた「いまどき英語」の宝庫です。

[教えて!日本のコト]
日本の大学に留学中のアメリカ人女性 Lillian。彼女が日本で生活する中で感じる疑問に、英語で答えてあげましょう。今週は「つぶあん・こしあん論争」についてです。

[Interview]
英語を使って世界で活躍する人を取り上げます。今週登場するのは「地球を一つの学校にする」という目標を掲げたWorld RoadのCEOを務める市川太一さんです。同社が企画した書籍は、201ヵ国の人々の夢と課題を紹介し、学校の授業やビジネスセミナーの教材として活用されています。幼少期から日本の外の広い世界に目を向けていたという市川さんに話を聞きました。



学習コンテンツ:英語のさまざまなスキルを磨く連載
-------------------------------------
[Small Talk About News]
ニュースで雑談するコーナー。英国で6月初めに、エリザベス女王の在位70年を記念する 数々の行事が行なわれました。騎馬隊や音楽隊が参加したパレードを見た同僚2人の会話を見てみましょう。

[英語なるほど Q&A]
このコーナーでは、読者の皆様からの英語に関する質問にお答えします。ご応募をお待ちしています! 今週の質問は歯に関する慣用句についてです。

[Odds&Ends]
やさしい英語の正しい使い方について学ぶコーナー。今月のテーマは和製英語についてです。今週のテーマは“Noto, pen”です。

[Word Wonders]
感情や抽象的なことを表すときには、比喩的な表現を用いるとより明確にイメージを伝えることができます。今回は、like や as を使って「~のようだ」と例える直喩と、「~だ」と言い切る隠喩の英語表現を紹介します。

[Crossword Puzzle]
英語でクロスパスワードに挑戦!正解者の中から、抽選で素敵な賞品も当たります。

[Life as an Expat]
トロント駐在中の須藤健の海外奮闘記をお届けします。





※この他、多数のコンテンツを掲載しています

参考価格: 320円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:288円

The Japan Times Alpha -- 英字新聞だから身につく 世界の視点、確かな英語力

  • 2022/06/24
    発売号

  • 2022/06/17
    発売号

  • 2022/06/10
    発売号

  • 2022/06/03
    発売号

  • 2022/05/27
    発売号

  • 2022/05/20
    発売号

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2022年06月24日発売

目次: ◇今週の注目記事 ================

◇Travel: イタリア・トスカーナ州
「史上最高のワインはトスカーナ産」とも言われ、郊外では目の届く限りブドウ畑が広がるワインの産地です。一方、州都フィレンツェはルネサンス芸術の中心地でもあり、「屋根のない美術館」といわれるほど街全体に芸術作品があります。中でも、初期ルネサンス建築を代表するサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドゥオーモは街のシンボルともなっています。

◇Movies: ザ・ロストシティ
大西洋に浮かぶ架空の島を舞台にしたアクション・アドベンチャーです。古代都市の財宝を狙う大富豪の野望に巻き込まれたサンドラ・ブロック演じる小説家が、彼女に好意を抱くモデルの青年と共にジャングルの中で大冒険を繰り広げます。

◇Special: 「ポーランドへ行った子どもたち」チュ・サンミ監督に聞く
朝鮮戦争の間に、東欧に「疎開」させられた戦災孤児たちがいた―― 。孤児たちと現地の教師たちの足跡をたどって韓国人映画監督チュ・サンミさんがポーランドに渡り、作り上げたドキュメンタリー「ポーランドへ行った子どもたち」が東京・ポレポレ東中野で公開中です(全国順次公開)。ロシアによるウクライナ侵攻など現在の国際情勢と重ねて、朝日ウイークリーがチュ監督にインタビューしました。

◇Weekly Picks: 生活インフラ網に縛られない生活を選ぶ米国人
米国では都市部から離れ、電気や水道などのインフラに頼らない生活を選ぶ人が増えているそうです。環境意識の高まりやコロナ禍に伴う生活様式の変化とともに、最近のエネルギー問題も影響しているようです。技術の発達などで、自然の中での自立した生活が以前より快適に簡単にできるようになりました。一方で、性急な判断は危険が伴うと専門家は指摘します。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
ボクシングの世界バンタム級王座統一戦で井上尚弥選手がノニト・ドネア選手を破り、3団体統一王者に▽ロシアから撤退した米マクドナルドの一部店舗がロシアの新しいハンバーガーチェーンとして営業再開▽ウィリアム英王子がロンドンの街角でホームレスの自立を支援する雑誌「ビッグイシュー」を販売▽米航空宇宙局(NASA)が未確認飛行物体(UFO)について調べるチームを立ち上げると発表――の4本をお届けします。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「ロッテの佐々木投手が完全試合、28年ぶり」です。

◆「トピック力」のススメ 
多少難解な英文でも、自分の知っているトピックのものならすいすい読めるものです。幅広い話題について背景知識をもっていれば、英語の理解も発信も容易になるはず。大学入試を素材に、そんな「トピック力」を鍛えましょう。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう 色とりどりの英語表現
教科書では学ぶ機会の少ない英語らしい慣用表現やイディオムを、クイズ形式で出題します。例文を使った穴埋め問題を毎回6題用意し、それぞれにイラストを付けて視覚的に記憶に残るように工夫してあります。正解に加えて解説欄を設け、取り上げたキーフレーズ以外の英文の意味や用法も説明します。こうした慣用表現は会話をスムーズにするだけでなく、映画やドラマを理解するために不可欠です。日本語の発想とは異なる粋な言い回しを数多く取り上げていきます。


◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号ではマリーがメルバの家の庭先に配達された新聞を玄関まで届けます。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。4~6月を担当した米国出身のジュリア・セルチさんの担当も最終回。日本の生活で気に入っていることの一つは、山登りに手軽に行けることだそうです。

◆シミケンの語源で探る固有名詞
KEN’S ENGLISH INSTITUTE 代表の清水建二さんによる語源に関する新シリーズです。英語の地名・人名・ブランド名など、誰もが一度は目にしたことのある固有名詞はどのような経緯で生まれてきたのでしょうか? 本連載では、固有名詞の語源やそれにまつわる逸話を紹介し、楽しみながら単語の歴史をひも解いていきます。また、固有名詞と普段使っている単語との意外な接点を考察することで、語彙(ごい)力増強に役立つようになっています。毎回、冒頭にクイズがあり、正解を考えながら、英語と英語文化の奥深さを味わうことができます。今週号のテーマは「NaplesとSingapore」です。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆英語で紹介してみよう! 通訳ガイドの発信力レッスン
日本人には身近な伝統行事や習慣、食べ物でも、いざ英語で説明しようとすると言葉に詰まってしまう。そんな経験はありませんか? このコーナーでは日本の食べ物や習慣、制度などについてテーマをひとつ取り上げ、Q&A形式で紹介します。日本語と英語の両方の文章が並んでいるので内容が理解しやすく、日本の事柄を説明する力のスキルアップに役立ちます。筆者は、全国通訳案内士の海生郁子さんと伊東正子さんの2人で交互に担当します。今週号のテーマは「七夕」です。

◆放課後ブッククラブ
翻訳家であり、横浜商科大学准教授の林剛司さんが、英語力向上に有効な多読に適した本を紹介します。今回は、林さんの高校時代の米国ホームステイ体験とともにお読みください。

◆厚切りジェイソンの時事放談
IT企業の役員でもある米国出身の芸人・厚切りジェイソンさんのコラムです。突然の停電で不便な思いをした経験が皆さんにもあるのではないでしょうか? ジェイソンさんが子どもの頃に住んでいた地域は、よく停電に見舞われたそうです。しかし、高校卒業直後に起きた2003年夏の北米大停電は別格でした。米国・カナダの広範囲で2日間にわたり続いたもので、米国史上最大規模といわれています。

◆Duologue with Friends
ラジオのパーソナリティーとしても知られるキニマンス塚本ニキさんが、さまざまな人との「対話(Duologue)」を通して生まれた気づきや感情をつづるコラムです。今回は、沖縄・米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する運動を続けている中山吉人さんと対話しながら、現地を案内してもらいました。
 

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
独仏伊首脳がキーウを訪問し、ウクライナのEU加盟支援を表明▽米FRB、異例の0.75 % 利上げ決定▽世界の核弾頭、冷戦後初めて増加へ――の3本のニュースをお伝えします。

◆Topics  
豪州のサッカーW杯出場を決めたメイビル選手が、難民として受け入れてくれた豪州に感謝を述べた話題と、欧州宇宙機関が銀河系の20億の星のデータを収集した話をお伝えします。

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:170円

日本語ナビ付きでどんどん読める。レベル別で実力アップを実感。しかも面白い!初心者でも楽しく読める週刊英和新聞「朝日ウイークリー(Asahi Weekly)」

  • 2022/06/18
    発売号

  • 2022/06/11
    発売号

  • 2022/06/04
    発売号

  • 2022/05/28
    発売号

  • 2022/05/21
    発売号

  • 2022/05/14
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

The Japan Times / The New York Times Weekend Edition

2022年06月25日発売

目次: The Japan Times / The New York Times Weekend Edition
2022/06/25 No.43,723
The Japan Times section contents

NEWS
------------------------
[World]
・As war rages on, Russian oil exports to Europe resume
・Trump allies sought pardons after bid to overturn vote ほか

[National]
・A slow return to normal seen at large events
・As consumers worry about inflation, BOJ is unmoved ほか

[Business]
・Policy paper changed after auto industry lobbying
・War derails plan to ditch coal after U.K. championed cuts ほか

[Sports]
・U.S. coach recounts dramatic rescue - Swimming
・Williams heads to Wimbledon in unique position - Wimbledon ほか

[Week in review]
・Okinawa marks 77th anniversary of World War II ground battle
・Police plan for possible eruption of Mount Fuji ほか

[Longform]
・What evil lurks in the shadow of anonymity

[Culture]
・A thrilling tour of nonhuman perception - Books

OPINION
------------------------
・Japan’s disappointing ruling on same-sex marriage

参考価格: 350円 定期購読(1年プラン)なら1冊:280円

国際的な視点に立って、国内の日刊紙では読めない幅広い話題を提供

  • 2022/06/18
    発売号

  • 2022/06/11
    発売号

  • 2022/06/04
    発売号

  • 2022/05/28
    発売号

  • 2022/05/21
    発売号

  • 2022/05/14
    発売号

6 FORTUNE(フォーチュン)

Fortune Media IP Limited

最大
65%
OFF
送料
無料
参考価格: 1,650円 定期購読(キャンペーン特価1年プラン)なら1冊:584円

米国最大の英文ビジネス誌FORTUNE(フォーチュン)アジア版

送料
無料

プレホスピタル・ケア

2022年06月20日発売

目次: 【特集】「救急業務のあり方に関する検討会」に見るこれからの救急 - - - - -

●令和3年度救急業務のあり方に関する検討会
消防庁救急企画室

〈新連載〉- - - - -

救急隊員のための危機管理教室~広報対応を中心に~ NO.1
世間の誤解を回避し、よりよい救命救急活動を行うために
有限会社エンカツ社 代表取締役社長 宇於崎裕美

〈短期連載〉- - - - -

大垣消防組合消防本部が目指すサステナブルな救急業務高度化 第1回
持続可能な救急業務高度化に向けて
大垣消防組合消防本部 古田伸寿

〈連載〉- - - - -

溜め込んでいませんか?救急隊員のためのストレスケア 最終回
発達障害の困りごと-整理整頓のカギは見える化!
兵庫県こころのケアセンター 大澤智子

湖南広域消防局が取り組む本当に効果的な研修と実践のススメ 第5回
救急救命士が病院前救護のプロとして存在するために必要なこと(前編)
湖南広域消防局 指導救命士 片山直広

救急救命処置の拡大の可能性について 第3回
アナフィラキシーに対するアドレナリンの投与
札幌医科大学 医学部救急医学講座、北海道病院前・航空・災害医学講座 水野浩利

通信指令教育の標準化を目指して 第4回
救急対応(口頭指導)
京都橘大学 健康科学部 救急救命学科 北小屋裕

Dr.ドロシーの救急経験値アップ!! 具体的症例攻略塾 第五回
片麻痺?! これは脳血管障害か?
鹿児島市立病院 救命救急センター 川原加苗

救急隊版 エマージェンシー臨床推論 第10回
主訴<痙攣> 成人でまず確認することは?
鹿児島大学 望月礼子

救急隊員のための部下指導・育成方法 VOL.25
質問の目的(パーパス):何を目指すか
近畿大学経営学部 谷口智彦

知りたい!米国EMSの役割について 19回目
「Cool first, transport second」
ニューメキシコ大学 医学部救急部 乗井達守

リレー連載講座 第一線救急医による症例検討セミナー 第118回
プレホスピタルでもできます―敗血症のスクリーニングについて―
国立病院機構熊本医療センター 救命救急センター長・救命救急部長 櫻井聖大

快眠だより 第27回
眠りやすくなる習慣:入眠のポジティブ・ルーティン
スタンフォード大学 西野精治

続・救急活動をめぐる法律問題 File 92
DNARに関する活動基準を策定する際の留意点
香川大学客員教授 橋本雄太郎

- - - - -

各地の取組み
コロナ禍における応急手当動画の作成について
廿日市市消防本部

各地の取組み
津堅島救急搬送訓練
うるま市消防本部 救急指導係長 高良清和

各地の取組み
にいがた救命サポーター制度の運用について
新潟市消防局 救急課 笠原篤

各地の取組み
高齢者福祉施設との救急業務意見交換会の結果について
名古屋市消防局守山消防署 警防地域第一課 警防訓練担当主査 森幹裕

各地の取組み
「きゅうきゅうあんしんHELPカード」を作成
相模原市消防局警防部 救急課 櫻林倫子

各地の取組み
救急隊長研修を実施
奥州金ケ崎行政事務組合消防本部 大内駿

TOPICS
もしものときのためを一冊にまとめた「救急ガイド」を発刊
松阪地区広域消防組合消防本部 救急課 課長補佐 中垣康

TOPICS
山梨県内の救急搬送効率化と救命率向上を実現する
次世代救急医療支援システム「Smart119」の実証実験について
山梨県リニア未来創造局リニア未来創造・推進課 齊藤浩志

私たちの工夫
119番通報者のスマートフォンに応急手当動画を送信するシステムの開発について
新発田地域広域事務組合消防本部 遠山俊

私たちの工夫
メインストレッチャーカバーを有効活用した感染防止対策の考案について
尼崎市消防局 神田佐登司

私たちの工夫
KKF(救急活動フィードバック)シートの作成について
広島市消防局 稲田荘一郎

シェアする症例
間接的に電撃症を負った事例
坂戸・鶴ヶ島消防組合消防本部 重野雄大ほか

シェアする症例
胸部開放創に対し3辺テーピング及びCPA前輸液を行い、バイタルが改善した一例
日高広域消防事務組合消防本部 杉谷宏樹

シェアする症例
「泥水の中」からの救出、病院搬送に苦慮した症例
入間東部地区事務組合消防本部 那須淳一ほか

- - - - -

Column

BOOKS 滝口雅博

救急豆辞典 瀧野昌也

参考価格: 1,400円

救急救命士・救急隊員のための実務情報誌

  • 2022/04/20
    発売号

  • 2022/02/20
    発売号

  • 2021/12/20
    発売号

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/06/20
    発売号

8 リサイクル通信

リフォーム産業新聞社

最大
14%
OFF
送料
無料

リサイクル通信

2022年06月25日発売

目次: 2022年6月25日号の主な内容

■ニュース
・コメ兵、25年度売上1000億へ 国内・アジアで出店加速
・薬局の余剰在庫、解消 キリンが新事業
・家電量販店で中古トレカ エディオン
・農機具ネット競売、出来高1800万円 マーケットエンターGのUMM
・販売サイトで「レンタル」も ONZO
・「スマホ買取機」試験設置 ティーガイア
・都内で古着の物々交換 Rationaloop
・「買取福ちゃん」CMに鈴木福さん REGATE
・子供古着店のFC「エコライフココ」 ロイヤリティ月8万に固定
・保育園専門のフリマ エクスプラウド
・「PCNETオークション」 1回に6000点出品
・エプソンがプロジェクターの買取、デジタルリユースと連携
・「フリー素材」提供サービス チャイルドバンク
・LCCのピーチ CAの使用済みスカーフを再利用
・ブックオフ選書のマンガ コンパクトホテルで読み放題
・毎日60件、一括査定 アワバリュー
・アップガレージ 中古ipad取扱い
・古着の回収・販売 アーバンリサーチ
・越境専門CtoCアプリ Ichi
・至近に「ブックオフ旗艦店」 リサイクルフカツ
  
■トップインタビュー
メモリーズ(くらしの友グループ)横尾将臣社長
「遺品・生前片付け月120件」

遺品・生前整理にいち早く乗り出し、累計現場実績は1.6万件にも及ぶメモリーズ(大阪府堺市)。冠婚葬祭事業を行う「くらしの友」の子会社でもあり、グループでは葬儀から整理まで手掛ける。横尾将臣社長に戦略や業界の概況を聞いた。

■トピック
「増える買取FCの古物市場 オークション運営当たり前の時代に」

コロナを契機とし、買取専門店FCを展開する本部企業による古物市場への参入が相次いでいる。主要なFC本部は独自の古物市場を持つことが当たり前になりつつある。ただ、古物市場が既に多数存在しており、運営を成り立たせるのは容易ではない。FC本部運営による古物市場の動向を考察した。

■コーナー
◎市場考察
セカンドストリート・今泉有道社長
「新品減・円安でリユースが受け皿に」

◎Let’s TRY
「AIカメラで来店者の属性・行動を分析」
「買わない顧客」からもデータ収集

◎小トピック1
「エアコン需要集中は梅雨明け?」
材料高で新品・中古も2割値上がり

◎小トピック2
「ブランド洋食器が高騰」
中国でブーム到来か!?

◎ATTENTION
サブスク「解約」
「〝最終確認画面〟に情報わかりやすく」

◎中古市場データ
川崎交換会(神奈川県)
「道具・骨董で出来高500万円」

◎EVENTレポ店
「6.1 THE SHOW」(ON the CORNER、ドンドンダウン)
コムデギャルソンとヨウジヤマモトだけの古着ショー

◎注目の取り組み
「I Still Love You So(東京都)」
航空業社員と兼業で古物商

◎VOICE
テーマは「ビジネスで大切にしていること」
・古材や古道具の活用で顧客の気持ちに寄り添う…キブネ建設
・傾聴に徹し、貴金属やブランド品以外の買取りをアピール…某買取店

■連載
◎海外中古市場データ
浜屋 電気製品・その他
「アジアは雨季で冷蔵庫需要高まる」

◎中古レコードの世界
「レコード仕分けのポイント①」
日本と海外、最大の違いは「保存状態」

◎ブランド市場バイヤー齋藤清の俺に学べ! 
「インバウンド需要に、一層期待がかかるワケ」
下落トレンドへのカンフル剤となるか

◎繁盛店の店づくり
ロデオドライブ新宿歌舞伎町店(東京都)
「歌舞伎町に移転リニューアル」

◎倒産1000本ノック?
人生最大のしくじり?! 
「ここが肝心!最悪どこまで落ちても大丈夫なのか?パート2」

◎生前・遺品整理ダイヤリー 思い出に寄り添って
ティーアシスト(埼玉県)
「ゴミ袋を開けて家の実印を見つけ出す」

参考価格: 693円 定期購読(1年プラン)なら1冊:596円

中古マーケットに深く切り込み、リサイクルビジネスの世界へ読者をナビゲート。

  • 2022/06/10
    発売号

  • 2022/05/25
    発売号

  • 2022/05/10
    発売号

  • 2022/04/25
    発売号

  • 2022/04/10
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

9 Jレスキュー

イカロス出版

Jレスキュー

2022年06月09日発売

目次: ・RESCUE PHOTO NEWS
・伊藤克巳の己に克つ



【特集】
消防ロープレスキューの進化2022
―オフ・ザ・ジョブから劇的にレベルアップ―



・消防ロープレスキューの現在地
・全国・消防ロープレスキュー 自主勉協会チーム一覧



消防ロープレスキューの今を知るKeyword
1 How toからWhy toへ
2 ホイッスルとハサミの法則
3 ロープアクセス技術を習得しよう



≪実践≫
ロープアクセス技術を取り入れた
「消防ロープレスキュー」
アッセンダー アッセント、ディッセンダーアッセント、ディフィカルトエッジクリア、チェンジオーバー、ピックオフレスキュー



Keyperson Special Interview
林田章宏(JW9PMリーダー)
JW9PMメンバー紹介



ロープレスキューの疑問に答えるQ&A



≪実践≫
JW9PMのチームレスキュー
・チームレスキューの資機材
低所救助/高所救助/中州救助



世界のロープレスキューTeamが注目!
GRIMP JAPAN -グリンプ・ジャパン実行委員会-



消防本部のロープレスキュー運用事例
・総社市消防本部
・板野東部消防組合消防本部



座間スタイル



【連載】映える消防広報
―相模原市消防局―



細部までこだわりつくされた新防火衣!
―豊田市消防本部―



新築物件大研究
―酒田地区広域行政組合消防本部消防署―
―館林地区消防組合消防本部館林消防署―



【新連載】機長の安全管理のマインド
日本航空株式会社 石川 宗
第1回 人間はエラーを起こす



ガソリン式エンジンカッターの今と昔



【新連載】消防のためのCRM
第1回 状況認識



ヒーローの肖像
磯部 剛ー袋井消防本部ー



・災害現場の真実/伊藤克巳
・除染の原則/濱田昌彦
・消防人K×田辺市消防本部 訓練心得②
・わかりやすいCBRN検知器入門
・クラシック消防車
・黒澤司のワインポイント講座 特別編
【新連載】平成の名消防車



全国新車速報 夏の拡大版
新車Detail Up
・30m級先端屈折式はしご付消防自動車(峡北広域行政事務組合消防本部)
・水槽付消防ポンプ自動車Ⅰ-B型(諏訪広域消防本部)
・支援車Ⅲ型(粕屋南部消防組合消防本部)



消防防災訓練レポート
古武術式 発想の転換法
おらぁどぅ元気だがや!
そうか、そうすればいいんだ
メカの謎解き
news
MEDIA CLIPPING

参考価格: 1,320円

「消防・防災・レスキューの専門マガジン」

  • 2022/04/08
    発売号

  • 2022/02/10
    発売号

  • 2021/12/10
    発売号

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌