※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:週刊循環経済新聞
  • 出版社:日報ビジネス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週月曜日
  • サイズ:ブランケット版
  • 参考価格:544円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:週刊循環経済新聞
  • 出版社:日報ビジネス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週月曜日
  • サイズ:ブランケット版
  • 参考価格:544円
  • 雑誌
  • 4%OFF

週刊循環経済新聞

循環型経済・社会の総合専門誌!定期購読だと送料無料で毎号お手元にお届けします!最新号・バックナンバー1冊でも購入可!
  • 雑誌
  • 4%OFF

週刊循環経済新聞

循環型経済・社会の総合専門誌!定期購読だと送料無料で毎号お手元にお届けします!最新号・バックナンバー1冊でも購入可!

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
週刊循環経済新聞のレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

525円(税込)/冊
4%
OFF

週刊循環経済新聞 雑誌の内容

  • 出版社:日報ビジネス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週月曜日
  • サイズ:ブランケット版
  • 参考価格:544円
環境ビジネスの担い手から広い支持を受けてます!
21世紀の循環型経済・社会の構築に向けて、廃棄物のリデュース・リユース・リサイクル・適正処理について、マーケット・技術・流通・拠点施設の視点を掘り下げ、大気・水質・土壌汚染など関連する環境分野にも深く踏み込んでいます。

週刊循環経済新聞の無料サンプル

4月18日号 (2011年04月18日発売)
4月18日号 (2011年04月18日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

週刊循環経済新聞 6月14日号 (発売日2021年06月14日) の目次

◇第2処分場の供用を開始
容量は約108万m3に

- エコシステム花岡 -
 DOWAエコシステムグループのエコシステム花岡(秋田県大館市)は今年4月、第2最終処分場(管理型最終処分場)の供用を開始した。埋立面積が4万5841平方メートル、埋立容量が108万3954立方メートルに上り、一般廃棄物と産業廃棄物を受け入れることができる。


◇PETボトル回収を強化
3種分別に光学選別機が活躍

- 新垣商店 -
 容器系のリサイクル処理や資源化物の回収を専門とする新垣商店(大阪市大正区、谷川拓磨社長)は、今年の夏場から西日本で大型の再生PET工場がそろうことを見越して、PETボトル回収・選別ラインを強化した。


◇タイで電子機器R
実証運転を開始

- アビヅ -
 廃プラや金属をはじめ各種リサイクルを手掛けるアビヅは5月24日、タイで電気・電子機器廃棄物のリサイクルシステムを構築し、実証運転を開始した。NEDO事業として、現地パートナー企業の工場に整備した、使用済み電子機器の破砕から選別までを自動化した一気通貫の再資源化ラインを稼働し、有効性を検証する。さらに、タイ国内で処理できない有用資源を日本で再資源化する取り組みにも乗り出し、国際的な資源循環を実現することでアジア各国におけるリサイクルモデルの確立につなげる。


◇液体バイオマス発電所
石巻市に2025年完成/災害時の分散型電源

- G-Bioイニシアティブ -
 G-Bioイニシアティブ(東京・千代田、柳沼紀之社長)は、宮城県石巻市に液体バイオマス発電所「G-Bio石巻須江発電所」を建設、2025年から運転を開始する。


◇JICA調査事業に採択
ボリビアで廃レンガ等活用へ

- エコシステム -
 廃瓦のリサイクルシステムを全国で展開するエコシステム(石川県能美市、高田実社長)はこのほど、JICAの「中小企業・SDGsビジネス支援事業」に採択された。案件名は「廃レンガ等を活用した高性能舗装によるインフラ整備のための基礎調査」で、ボリビアでの開発課題解決の可能性を探るもの。SDGsの目標のうち、「住み続けられるまちづくり」や「つくる責任 つかう責任」の達成に貢献する。


◇オンラインで情報交換活発化
感染対策の通常総会開催

- 沖縄循環協 -
 (一社)沖縄県産業資源循環協会(赤嶺太介会長)は5月28日、ラグナガーデンホテルで、第9回通常総会をコロナ感染対策のためリアルとオンラインの二重方式で開催した。


◇ディーゼルインバータ発電機発売
建設現場などでの給電に

- ヤンマー建機 -
 ヤンマーホールディングスグループのヤンマー建機(福岡県筑後市、奥山博史社長)は6月1日、ディーゼルインバータ発電機「YDG200VSi」を発売した。排ガス規制に対応した最小出力の空冷ディーゼルエンジンを搭載。インバータ方式の採用で、商用電源と同等レベルの電気供給を可能とした。建設現場などでの給電の他、精密機械への使用といった顧客の多様な用途に柔軟に対応していく。



+   週刊循環経済新聞の目次配信サービス

週刊循環経済新聞のレビュー
総合評価: ★★★★★ 5.00
全てのレビュー:3件

レビュー投稿で500円割引!
循環経済新聞
★★★★★2020年10月29日 カズ 会社員
会社で20年近く購読しています。on lineで購読できるようなので新たに購読予定です。内容絵充実していていつも参考にしています。
業界動向の把握に最適です。
★★★★★2005年02月18日 ナイスミドル 自営業
本誌が「廃棄物新聞」だった頃より購読しています。<br>排出事業者、収集運搬業界、処理業界(リサイクル業界)、業界団体、行政の取り組み、最新技術など、幅広い内容で充実しています。<br>光の部分だけでなく、影の部分にも積極的にメスを入れ<br>る姿勢に好感が持てます。
わかりやすく充実
☆☆☆☆☆2004年05月09日 まっちゃん 会社員
なかなか循環経済のことがわかりやすく簡潔にまとまっている。ページごとに分類もされているので見やすかった。情報量はまあこんなもんで十分といったくらい。

週刊循環経済新聞をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

週刊循環経済新聞は、多種多様な環境ビジネスに携わる企業向けの週刊経済新聞です。一般新聞には中々載らない情報が見られる、貴重な新聞です。
循環型経済や社会の構築を目指すことが急がれていますが、国内だけの取り組みでは難しく、国際社会との連携が重要となります。この新聞では他国の状況や世界の動向を知ることができますし、国内企業の動向や新事業などの情報も見えるため、その情報を自分の会社に活かすことが可能です。

どうすれば廃棄物をリデュースやリユース、リサイクルできるか、できなければどう適正に処理すれば良いのか、といった課題をこの新聞と共に考えることができます。また、リサイクル等に伴って出てくる問題、大気汚染や水質汚染などの環境分野についても言及しており、とても参考になります。

「廃家電リサイクル法によって何が変わるのか」「どうすれば食品リサイクル率が上がるのか」「ISO14001を工場で取得するには」といった、色々な疑問に答える姿勢も見られるので、購読者の目線で作られている新聞といえるのではないでしょうか。それから、最新技術や最新情報に限らず業界団体についてや行政の取り組みについてなど循環経済界周辺に切り込んだ記事も多く、濃い内容となっています。
おすすめの購読プラン

週刊循環経済新聞のバックナンバー

◇第2処分場の供用を開始
容量は約108万m3に

- エコシステム花岡 -
 DOWAエコシステムグループのエコシステム花岡(秋田県大館市)は今年4月、第2最終処分場(管理型最終処分場)の供用を開始した。埋立面積が4万5841平方メートル、埋立容量が108万3954立方メートルに上り、一般廃棄物と産業廃棄物を受け入れることができる。


◇PETボトル回収を強化
3種分別に光学選別機が活躍

- 新垣商店 -
 容器系のリサイクル処理や資源化物の回収を専門とする新垣商店(大阪市大正区、谷川拓磨社長)は、今年の夏場から西日本で大型の再生PET工場がそろうことを見越して、PETボトル回収・選別ラインを強化した。


◇タイで電子機器R
実証運転を開始

- アビヅ -
 廃プラや金属をはじめ各種リサイクルを手掛けるアビヅは5月24日、タイで電気・電子機器廃棄物のリサイクルシステムを構築し、実証運転を開始した。NEDO事業として、現地パートナー企業の工場に整備した、使用済み電子機器の破砕から選別までを自動化した一気通貫の再資源化ラインを稼働し、有効性を検証する。さらに、タイ国内で処理できない有用資源を日本で再資源化する取り組みにも乗り出し、国際的な資源循環を実現することでアジア各国におけるリサイクルモデルの確立につなげる。


◇液体バイオマス発電所
石巻市に2025年完成/災害時の分散型電源

- G-Bioイニシアティブ -
 G-Bioイニシアティブ(東京・千代田、柳沼紀之社長)は、宮城県石巻市に液体バイオマス発電所「G-Bio石巻須江発電所」を建設、2025年から運転を開始する。


◇JICA調査事業に採択
ボリビアで廃レンガ等活用へ

- エコシステム -
 廃瓦のリサイクルシステムを全国で展開するエコシステム(石川県能美市、高田実社長)はこのほど、JICAの「中小企業・SDGsビジネス支援事業」に採択された。案件名は「廃レンガ等を活用した高性能舗装によるインフラ整備のための基礎調査」で、ボリビアでの開発課題解決の可能性を探るもの。SDGsの目標のうち、「住み続けられるまちづくり」や「つくる責任 つかう責任」の達成に貢献する。


◇オンラインで情報交換活発化
感染対策の通常総会開催

- 沖縄循環協 -
 (一社)沖縄県産業資源循環協会(赤嶺太介会長)は5月28日、ラグナガーデンホテルで、第9回通常総会をコロナ感染対策のためリアルとオンラインの二重方式で開催した。


◇ディーゼルインバータ発電機発売
建設現場などでの給電に

- ヤンマー建機 -
 ヤンマーホールディングスグループのヤンマー建機(福岡県筑後市、奥山博史社長)は6月1日、ディーゼルインバータ発電機「YDG200VSi」を発売した。排ガス規制に対応した最小出力の空冷ディーゼルエンジンを搭載。インバータ方式の採用で、商用電源と同等レベルの電気供給を可能とした。建設現場などでの給電の他、精密機械への使用といった顧客の多様な用途に柔軟に対応していく。



544円
◇再生ペレット新工場が稼働
国産マシンで乾式洗浄機など

- プラントシステム -
 プラントシステム(静岡市清水区、木内智之社長)は、廃プラから高品質の再生ペレットを生産する新しい拠点「SPC静岡ペレットセンター」(静岡県掛川市)を完成して、4月から稼働を始めた。委託製造を中心にテスト運転を実施。プラ再生に必要な技術データの取得に役立つ工場になった。24時間の生産工場としての稼働ができ、今後、産廃処理施設として役割も果たせる。


◇4月前年同月比1割増
マレーシアが今年初2万t超/廃プラ輸出動向
 4月の廃プラ輸出量は、6万2484トン(金額30億9159万円、4万9478円/トン)で前年同月比が109%となり、バーゼル法改正後の予測に反して輸出量が増加に転じた。東南アジアの各工場が稼働を始めて原料が求められている背景がある。


◇第54回合同会議を開催
施行状況の報告書案を検討/案への意見公募も31日から開始/自動車リサイクル制度
 中央環境審議会循環型社会部会自動車リサイクル専門委員会(酒井伸一座長)と産業構造審議会産業技術環境分科会廃棄物・リサイクル小委員会自動車リサイクルWG(村上進亮座長)は5月24日、第54回となる合同会議をオンラインで開催した。両省が取りまとめた「自動車リサイクル制度の施行状況の評価・検討に関する報告書(案)」についての説明を行った後、参加した委員らが追記点等について意見を出した。


◇小牧バイオ発電所着工へ
起工式を挙行/最大1100kW規模で中京進出

- J&T環境 -
 J&T環境(横浜市、露口哲男社長)は5月25日、子会社のバイオス小牧(本社・名古屋市、廣部智己社長)で中京地区初となる食品リサイクル・バイオガス発電の事業化に向けて、食品バイオガス発電所建設工事の起工式を開催した。愛知県小牧市内の下末工業団地内に立地し、2022年度秋頃の営業運転開始を目指す。


◇東日本台風による堆積土砂を中間処理
栃木県佐野市で完了、R率は95.2%

- 鴻池組 -
 鴻池組はこのほど、「令和元年東日本台風」に伴い栃木県佐野市内で発生した堆積土砂の中間処理を完了したことを明らかにした。佐野市内で発生した災害廃棄物のうち、同社受注分の堆積土砂の中間処理を2020年8月上旬より開始し、21年1月上旬までの約5カ月間で、約3万5000トンを処理し、リサイクル率95.2%を実現した。


◇施設更新等に関して通知
部品交換時についても触れる

- 環境省 -
 環境省は4月5日、各都道府県・政令市廃棄物行政主管部(局)長向けに「廃棄物処理施設等の更新および交換に係る手続きについて(通知)」を発出した。廃棄物処理施設の設置許可や同一の処理施設に更新する場合の手続き、処理施設の一部を同一のものに交換する場合の手続き、同一ではない処理施設に更新する場合の手続き、処理施設の一部を同一ではないものに交換する場合の手続きについて技術的助言を提供している。


◇4軸、大型1軸の破砕機販売
プラやタイヤ、マットレスまで広く/高機能機種を廉価で提供

- MSC -
 プラスチックリサイクルプロデュースと関連機器販売などを手掛けるMSC(本社・仙台市、麦谷貴司社長、http://www.msc-co.jp/)はこの度、高機能で廉価な4軸式破砕機「FS130」「FS160」と大型1軸式シュレッダー「SRD」「SRSF」を本格的に販売することになった。麦谷社長は、「従来はプラスチックのマテリアルリサイクルの前処理向け機種がメインだったが、さまざまな処理困難物や大径物を処理したいという幅広い要望をいただき、それに対応する機種をそろえた。『4軸式破砕機や大型シュレッダーは高い』というイメージがあるが、高機能機をリーズナブルに提供したい」と述べている。



◇再生PETボトル工場を建設
兵庫県姫路市に西日本最大級

- 遠東石塚グリーンペット -
 遠東石塚グリーンペット(FIGP)は、兵庫県にある石塚硝子・姫路工場の敷地内にリサイクルPET工場を建設する。稼働時期は、2023年4月の予定で、年間10万トンの再生PET製品の生産能力を持つ。


◇年間5000tのガラス再資源化
県からリサイクル認定証/廃プラは再生と燃料化

- ウエステック山形 -
 産業廃棄物処理・リサイクルなどを手掛けるウエステック山形(山形県高畠町、菅野康雄社長)は現在、年間約5000トンの廃ガラスを再資源化して「ウエステックサンド」「スーパーソル」を製造していることを明らかにした。ガラス発泡資材である「スーパーソル」については昨年4月から製造を開始し、今年4月に山形県からリサイクル認定証を受けた。今後も販路開拓を進める。


◇能力強化と湿式製錬工場建設へ
HDが合計4億円を増資へ

- VOLTA -
 エンビプロ・ホールディングスはこのたび、リチウムイオン電池(LiB)の再資源化を行っているグループ企業VOLTAが実施する第三者割当増資を引き受け、5月21日に4億円を投資した。増資の理由として、VOLTAの財務基盤を強化しながらブラックサンド(コバルト・ニッケル等の濃縮物)の製造プロセスを増強するとともに、湿式製錬工場建設に向けた計画を推進するとした。


◇低温プラズマ乾燥機設置
日本キャンパックが導入/飲料かすを有効活用へ

- グレンカル・シナリー -
 グレンカル・シナリー(青森県弘前市、中石雅仁社長、東京オフィス)は、飲料の受託充填事業を手掛ける日本キャンパック利根川工場(群馬県明和町)に、緑茶かすなどを再生原料化する低温プラズマ式乾燥機「レドックスマスター」を設置、5月19日に竣工式と運転開始式が行われた。従来廃棄されていた食品残さを、バイオマス新素材などに有効活用するプロジェクトをスタートさせる。


◇資格・認証制度の創設目指す
発足経て事業内容も固まる/6月11日に都内で発足式

- 全国建設発生土リサイクル協会 -
 (一社)全国建設発生土リサイクル協会(発生土協会・JASRA、東京・千代田、赤坂泰子会長)が先月16日に正式発足、6月11日に都内の会場で発足式を開催する。制度・技術面の向上や資格・認証制度を目指す中で、地域性を重視しながら全規模でのリサイクル促進を図っていく。


◇クリーンネットワークを子会社化
グループとしての相乗効果を図る

- 三友プラントサービス -
 環境関連事業を多数手掛ける三友プラントサービス(相模原市、小松和史社長)は今年3月、産業廃棄物の収集運搬・中間処理事業を展開するクリーンネットワーク(横浜市)を完全子会社化した。固形廃棄物(工場系・建設系廃棄物)の破砕・圧縮による中間処理という新たな事業領域を加えることで、グループ内での相乗効果を図っていく。


◇コロナ飛沫感染対策の間仕切り
組立不要で持ち運び可能

- ジェイホークトレーディング -
 ジェイホークトレーディング(大阪府河内長野市、池垣友崇社長)は5月12日、新型コロナウイルスの飛沫感染を予防する携帯用パーテーション「Mr.BISMARCK(ミスタービスマルク)」を発売した。組み立ては不要で、専用の持ち運び袋から取り出すだけで、すぐに設置できる。オフィスの感染対策に提案を進めていく。


◇トップインタビュー 最適な音響環境を実現
キーワードは“スピード”

- 静科 代表取締役 高橋俊二氏 -
 工場などから発生する騒音の抑制やさまざまな音に関する技術を有し、多様な製品を提供しているのは静科だ。同社の主力製品の一つである一人静シリーズは、吸音性素材と遮音性素材を組み合わせ、独自のハニカム構造を利用することで、高い防音性能を発揮する。これらを顧客の状況に応じて提供することで、最適な音響環境を実現している。多くの廃棄物処理工場を始めとするさまざまな工場での使用実績がある他、高速道路の橋梁など工業系の使用に加え、音楽の専門領域での商品も製造し、実績を増やしている。同社は東日本大震災の影響などで一時は債務超過にまでなったが、高橋俊二社長はさまざまな改革を進めることで20倍以上の売上を達成した。現在は「音」に関するあらゆる問題に対応できる組織作りを進めるとともにホールディングス化を進め、事業の多角化へと踏み出している。
◇固定式の汚泥脱水施設を竣工
全自動運転で省人化と効率向上へ

- アースサポート -
 収集運搬から中間処理、安定型最終処分まで一貫した廃棄物処理事業を手掛けるアースサポート(島根県松江市、尾﨑俊也社長)は、固定式の汚泥脱水施設を竣工し、4月14日から稼働を開始した。総投資額は約1億円で、同県の補助金も活用。処理能力をこれまでの約3倍に当たる日量133.2トン(24時間稼働)に拡大した他、全自動運転により作業効率の向上と省人化につなげている。


◇プラ混合物を分離・資源化
コンタクトレンズ製造工程の発生品/ダイトクの専用設備で実施

- シード -
 コンタクトレンズの製造販売を行うシードは、シード鴻巣研究所(埼玉県鴻巣市)のコンタクトレンズ製造工程で産業廃棄物として処理していたプラスチック混合物を有価物として再資源化するフローを今年4月に構築した。産業廃棄物処理・リサイクル事業を手掛けるダイトク(本社・大阪府摂津市、星山健社長)がシード用に開発したプラスチック高度リサイクル・システム「ドックス」を用いて行う。


◇ASR由来のプラを比重選別可能
仏で実績ある装置を国内販売へ

- コーレンス -
 機械の輸入販売等を行うコーレンス(本社:東京・港)はこのたび、ドイツに拠点を置くジーコン社製の湿式比重選別プラント「PolyFloat」の取り扱いを開始した。担当者によると、PolyFloatは国内での導入実績はまだないが、フランスの自動車リサイクルプラントではASR選別ラインとして2基が稼働しているという。自動車シュレッダーダスト(ASR)内に含まれるPVCとPP・PSを事業ベースの速度で分けることが可能だとした。


◇可燃ごみ処理で協定
小川地区衛生組合(埼玉)とバイオガス施設を活用

- オリックス資源循環 -
 オリックス資源循環(埼玉県寄居町、花井薫一社長)は17日、埼玉県の小川地区衛生組合と可燃ごみの処理業務に関する協定を締結した。組合の構成町村から排出される家庭系と事業系一般廃棄物の可燃ごみを全量受け入れ、運営予定のバイオガス発電施設を中心とした施設で、2022年4月からの10年間、処理業務を行う。


◇バイオマス利用見据え山林取得
花巻市内に約240ha

- タケエイ -
 タケエイは5月6日、グループ会社であるタケエイ林業(東京・港、金井義博社長)が、岩手県花巻市内に山林を取得したことを明らかにした。


◇脱炭素目標で「SBT」認定取得
東海エリアの産廃処理業者で初

- 加山興業 -
 総合リサイクル・廃棄物処理事業を展開する加山興業(愛知県豊川市、加山順一郎社長)は、2030年度の温室効果ガス削減目標について、国際的団体から「SBT」の認定を取得した。気候変動による世界の平均気温上昇を産業革命前と比べて、1.5度Cに抑えるというパリ協定に合致した目標のみ認定されるもの。東海エリアの廃棄物処理業者としては、初の取り組みとなっている。


◇地拵用アタッチメントを開発
遠隔操作システムも販売へ

- 日建 -
 建設機械や環境機械の製造・販売・修理事業等を展開する日建(山梨県南アルプス市、雨宮誠社長)は、約20年にわたる地雷除去装置開発の経験を生かして油圧ショベル用草刈り機や油圧で駆動する高圧散水システムを開発してきた。今年に入ってからは林業や建設業の生産性向上に寄与する製品として、切株(木の根)や枝葉を削り取る「クラッシャー地拵用アタッチメント」や「クローラダンプ用の遠隔操作システム」の開発に成功していて、年内の販売開始を予定している。


◇官民の管理型が出そろう
バイオマス発電でCO2削減に/沖縄特集
 沖縄県は、国内唯一の亜熱帯気候で、日本のアジアの窓口ともいえる。人口146万人(61.9万世帯)で、人口密度も県都では那覇市が全国第4位、実質経済成長率も9%近くあり、全国で6番目の「未来ある都市」が最大の魅力だ。県内総生産は、本土復帰の1972年度4592億円から2019年度実質4兆5455億円(見通し)へと10倍以上になった。観光客もコロナ禍前の19年には年間900万人を超えていた。島しょ独自の廃棄物の問題も生まれている。解決に向けて走る沖縄の今を見てみたい。


◇島県内の循環資源に寄与
SDGsを業界が進める/沖縄の美ら海守る企業

日量96t木くず破砕機を稼働

- 大武産業 -
 収集運搬から中間処理までを担う大武産業(西原町、下地武社長)は昨年、総工費5億4000万円を投入して本社工場内に大型の木くず破砕機を設置、県内の廃木材をチップ化する工場を稼働した。本土でボードに使用するルートも順調に伸ばした。SDGsを意識した企業取り組みを導入する計画だ。
◇ガラスびんをAI選別
A、Bの2棟で月間2000t/混合飲料容器向け設備を全面更新

- 彩源 -
 彩源(本社・埼玉県深谷市、武笠行男社長)ではこの度、同社リサイクル工場(埼玉県熊谷市)にある混合飲料容器選別を行う「B棟」のラインを全面的にリニューアルした。搖動式選別機や大型アルミ缶選別機、光学選別機などの他、ガラスびんを色別に分けるカメラ・AI(人工知能)によるロボット選別機を備えており、各種飲料容器を高精度で自動選別する。処理能力は1日(8時間)当たり50トンで、2020年から稼働している「A棟」(1日当たり30トン)と合わせて、月間約2000トンを選別する関東でも最大級の混合飲料容器選別施設になった。


◇RPF生産効率を向上
月間で700t、フラフ150t/高品質の廃プラ、展開粗選別徹底

- スリーティーセンター -
 スリーティーセンター(本社・栃木県佐野市、吉澤浅一社長)は、RPF製造事業について、排出事業者や産業廃棄物処理業者から異物が少ない廃プラスチックなど高品質の原料を受けるとともに、受け入れ後の展開検査を徹底したことで、稼働時間と人員を減らしながらも効率と収益を向上させている。現在は、RPF(廃プラと紙くずなどで作る固形燃料)を月間約700トン、セメントメーカー向けのフラフ(廃プラの破砕片)約150トンを生産しており、今後も安定供給していく。


◇代替フロン分野の排出削減目指す
カーボンニュートラル達成へ/フロン排出抑制法
 中央環境審議会 地球環境部会 フロン類等対策小委員会と産業構造審議会 製造産業分科会 化学物質政策小委員会フロン類等対策WGは4月26日、第10回合同会議をオンラインで開催した。国際社会が主導する2050年カーボンニュートラルの達成に向け、温室効果ガスの削減を進めるなかでも排出量が増えている代替フロン類(HFCs)での施策について意見を出し合った。


◇麦芽粕を堆肥でループ構築
地産地消のビール製造に貢献

- 街クリーン -
 各種中間処理工場と最終処分場を有する街クリーン(沖縄県南城市、赤嶺太介社長)は、県内の資源循環取り組みの一環として、ビール製造時に発生する麦芽粕を堆肥にして大麦を栽培して、再びビールに戻すループ構築の第一歩を踏み出した。


◇沖縄で木くず破砕機を稼働
日量96tチップ化で幅広く活用

- 大武産業 -
 収集運搬から中間処理までを担う大武産業(沖縄県西原町、下地武社長)は、昨年、総工費5億4000万円を投入して本社工場内に大型の木くず破砕機を設置、県内の廃木材をチップ化する工場を稼働した。本土でボードに使用するルートも順調に伸ばした。SDGsを意識した企業取り組みを導入する計画だ。


◇新入社員向けオンラインセミナー
5月31日までアーカイブ配信も

- 大阪循環協 -
 (公社)大阪府産業資源循環協会(片渕昭人会長)は4月28日、「春の臨時なにわサンパイ塾」として、新入社員向けに産業廃棄物の基礎知識を学ぶオンラインセミナーを開催した。今回は初めて、チャットで質疑応答ができるZOOMミーティングと視聴のみのYouTubeLiveを利用。YouTubeLiveのアーカイブは5月31日まで視聴可能となっている。


◇フォークリフト用冷風機発売
工場や倉庫の熱暑対策に提案

- ブラザーエンタープライズ -
 ブラザーエンタープライズは、フォークリフトに設置して使用するスポットクーラー「PureDrive‐FL」を発売した。水の気化熱を利用して空気を冷やし、送風する仕組み。コンプレッサーを使用しない冷却方式により、電力消費量を抑え、フォークリフトの稼働時間への影響を小さくした。工場や倉庫の熱暑対策や労働環境の改善につながるとして提案を進めていく。



◇日量120t、2号炉が火入れ式
6月にも営業運転開始へ

- 築館クリーンセンター -
 廃棄物焼却と燃え殻・ばいじんの造粒固化の築館クリーンセンター(宮城県栗原市、柏木裕社長)は栗原市上高森の既設焼却プラントの隣接地に2号炉を竣工。先月14日に火入れ式を行った。5月中旬にも営業運転を開始する。産廃各種の混焼で日量120トン(24時間稼働)の焼却能力があり、1号炉と合わせて日量240トンの規模になる。


◇全回収量2.4億t
国内回収増の中国1億t超も/世界古紙動向
 2019年の主要国古紙回収や紙板紙生産量データが出そろった。「RISI(世界紙需要調査)AnnualReview2020」によると、全世界の古紙回収量は、2億4363万トンで、紙・板紙生産量は、4億1246万トンのため古紙回収率は、59%で過去3年同じ結果になった。19年の全世界の古紙回収量は、18年より641万トン減った。


◇施行状況評価と現行制度の課題解消へ
市場・環境の変化も踏まえて検討

- 家電リサイクル制度 -
 中央環境審議会 循環型社会部会 家電リサイクル制度評価検討小委員会と産業構造審議会 産業技術環境分科会 廃棄物・リサイクル小委員会 電気・電子機器リサイクルWGは4月19日、第38回合同会合をオンラインで開催した。家電リサイクル制度の評価・見直しのキックオフ会合として位置付けた今回の会合以降、市場や環境の変化、現行制度の課題等をポイントに定め、施行状況の評価と今後の改善について議論が行われる。


◇宮崎でバイオマス発電所建設へ
出力5万kW、2024年稼働目指す

- 大阪ガス -
 大阪ガスは4月15日、伊藤忠商事などと共同で、宮崎県日向市にバイオマス発電所を建設すると発表した。出力は5万キロワット。輸入の木質ペレットや国産木質チップを燃料とし、FITを利用して九州電力送配電に売電する。2024年11月の運転開始を目指す。


◇福岡県苅田町に5万kW発電所
建廃や樹皮、PKSを年28万t活用

- 日本海水 -
 エア・ウォーター(大阪市)グループの日本海水は4月16日、福岡県苅田町における木質バイオマス発電所の建設工事に着工した。発電所の出力は5万キロワットで、燃焼炉はタクマ製のトラベリング式ストーカ方式を採用。PKS(パームやし殻)や建築廃材・樹皮等の国内材といった多様な燃料を年間約28万トン活用する。内訳はPKSが9割、国内材が1割。売電先は九州電力を予定しており、2023年10月からの運転開始を目指す。


◇働く楽しさを感じてほしい
新たな障がい者雇用の形

- 三協興産 -
 多様な廃棄物の処理・リサイクルを進める三協興産(川崎市、堀切勇真社長)はCoCoStepという障がい者雇用の新たな形を作り上げており、この取り組みが5月で2年を迎える。本取り組みでは複数の社会福祉法人やNPOなどの障がい者支援施設と連携し、焼却などに回っていた廃棄物を分別することでリサイクルを促進している。直接の雇用という形態をとらないものの、支援施設と連携することで、参加者が楽しんで働くことができる取り組みとして注目されている。


◇計量販売管理システムが好調
処理業者を中心に220社以上に採用

- あさかわシステムズ -
 ソフトウェア開発などを手掛けるあさかわシステムズ(大阪府泉佐野市、三宅安幸社長)は、トラックスケール・周辺機器連携計量販売管理システム「Kiwami」が廃棄物処理業者を中心に220社以上に採用されるなど、引き合いを伸ばしている。廃棄物処理業者をはじめ、砕石や鉄・非鉄、古紙リサイクル業者への導入を増やしている。


---- 5月3日号は休刊です。----

新聞・業界紙の売上ランキング

最大
10%
OFF
送料
無料

The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)

2021年06月18日発売

目次: 今週号の主要コンテンツ

ニュース:国内外の主要な出来事や日本語メディアでは報じないニュースを英語でお届け
―――――――――――――――――――
[Top News]
Yuka Saso, Filipino Japanese teen, wins US Women’s Open
ゴルフの全米女子オープン選手権、笹生選手が優勝


[Easy Reading]
UK: Bristol debates fate of toppled bronze statue of 17th-century slave trader
英国で倒された奴隷商人の像、 現在は博物館に展示


[National News]
Law encouraging men’s paternity leave enacted
男性の育休取得促進へ、改正法成立
、他


[World News]
CO2 levels 50% higher than preindustrial time
大気中の CO2濃度、産業革命以前より50% 増
、他


[Business & Tech]
Uber agrees world-first union deal for UK drivers
ウーバー、英ドライバーの労組加入を公認


[Focus]
Controversial ads fuel debate over sexism in South Korea
韓国の広告で性差別論争再燃


[This Weeks’s OMG!]
French restaurant serves up food of the future
「未来の食材」、昆虫食提供のレストラン


コラム:ニュース以外の多様なジャンルの読み物記事
―――――――――――――――――――
[シネマ倶楽部]
今週は青春独特の心理面を衝いたスリラー” The Clovehitch Killer”をご紹介します。


[Center Spread]
世界各国のニュースを美しいカラー写真と共にお届けします。今週はモロッコで映画の撮影再開を心待ちにする馬の調教師についてご紹介します。


[LUANN]
少しずつ成長を続ける主人公の大学生ルアンとその家族、友人の日常を描くほのぼのアメリカンコミック。生きた「いまどき英語」の宝庫です。

[Essay]
世界各国に在住するライターから届くエッセーを紹介します。コロナウイルスのワクチン接種を早くから進めていたシンガポール。筆者は40歳未満だが、職場で接種を受けることができました。当初は迷いがあったがものの、今では受けてよかったと感じているようです。


[Just J-pop]
日本のポップミュージックについてお届けするコーナー。今週登場するのは圧倒的な歌唱力とダンスで高評価を得ている三浦大知。振り付けや演出も自分でこなし、幅広い分野で才能を発揮する彼は今最も注目されるアーティストの一人です。


[Business Spotlight]
日本で、世界で成功している数々の企業。その成功の裏側にはどのような物語があるのでしょうか。企業の歴史、人、画期的な取り組みなどについて読んでみましょう。今週は映画史に数々の革新をもたらした、ワーナーブラザースをご紹介します。


[Interview]
英語を使って世界で活躍する人を取り上げます。今週登場するのはトランスジェンダーの建築デザイナーであるサリー楓(畑島楓)さんです。中学校で英語に消極的だった時期を経て、大学時代に再び使う楽しさを実感し、現在の仕事でもその語学力を生かして活躍中です。


学習コンテンツ:英語のさまざまなスキルを磨く連載
―――――――――――――――――――
[Small Talk About News]
ニュースで雑談するコーナー。今週は東京と大阪で新型コロナワクチンの大規模接種会場の開設が決まったことついて話す会社の同僚2人の会話を見てみましょう。


[Fast Fun Facts]
英語で豆知識を楽しむコーナー。今週はちみつに関するトリビアを4つご紹介します。


[英語なるほど Q&A]
このコーナーでは、読者の皆様からの英語に関する質問にお答えします。ご応募をお待ちしています! 今週は「分離不定詞」について説明します。


[教えて!日本のコト]
日本の大学に留学中のアメリカ人女性 Lillian。彼女が日本で生活する中で感じる疑問に、英語で答えてあげましょう。今週は「膝が笑う」についてです。


[Odds&Ends]
やさしい英語の正しい使い方について学ぶコーナー。今月のテーマは” Summer”です。


[Crossword Puzzle]
景品が当たるクロスワードパズルに挑戦してみましょう。正解者の中から抽選で20名にAlphaロゴ入りマスクを差し上げます。


[Life as an Expat]
ロンドン駐在中の須藤ひかるの海外奮闘記をお届けします。








※この他、多数のコンテンツを掲載しています

参考価格: 320円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:288円

The Japan Times Alpha -- 英字新聞だから身につく 世界の視点、確かな英語力

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/06/04
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

  • 2021/05/14
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021年06月11日発売

目次: 週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/6/13号

This Week
On the Cover

笹生優花選手、全米オープン優勝
米サンフランシスコで開催されたゴルフの全米女子オープン選手権で、笹生(さそう)優花選手が畑岡奈紗選手(22)との史上初となる日本勢同士のプレーオフを制して優勝しました。19歳351日での優勝は歴代最年少です。日本人の父とフィリピン人の母の間にフィリピンで生まれた笹生選手は、二つの国籍を持ちます。


◇今週の注目記事 ================

◇Movies: ブラックバード 家族が家族であるうちに
ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患うリリーは、体を動かせるうちに医師である夫の手を借りて安楽死しようと決め、最後の週末に家族を呼び寄せます。長女一家や長らく音信不通だった次女らが顔をそろえ、なごやかな時間が過ぎていくが、次女は母の選択を認められず、思いもかけぬ秘密も明かされます。

◇Travel: オランダ・アムステルダム
新型コロナウイルスが流行する前、アムステルダムには多くの観光客が押し寄せ、交通渋滞などを引き起こす「オーバーツーリズム」に悩まされていました。そこで、ゴッホ美術館やアンネ・フランクの家などの名所を避け、徒歩と自転車で街中を回ってみたところ、地元の人の興味深い日常生活を垣間見ることができました。

◇Weekly Picks: 大坂なおみ選手の棄権で問われるスポーツとメディアの在り方
テニスの四大大会で出場者に義務付けられている記者会見について、大坂なおみ選手が「選手の心の状態を無視している」として出席を拒否し、罰金処分を受けました。その後、大坂選手は全仏オープンを棄権しました。記者が心ない質問を投げかけるなど会見のあり方そのものを疑問視する声がある一方、ソーシャルメディアの普及でメディアと選手の関係の変化を指摘する選手もいます。四大大会主催者は今後、大会をより良いものにするために意見交換をしたいと声明を発表しました。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
大坂なおみ選手が全仏オープン棄権▽乗客のマナー違反2500件、米航空会社が報告▽「夢のお告げ」でエベレスト26回目登頂を断念▽米航空宇宙局(NASA)が天の川銀河中心部の写真を公開――の4本をお届けします。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「BTS『差別に立ち向かう』 アジア人ヘイトで投稿」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、いびきがひどいジョージが夜中、妻のエレンに起こされます。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わる異文化リレーエッセーです。4~6月は、英国ウェールズ出身のベサニー・カミングスさんが担当します。東京都大田区役所に国際交流員として勤務し、文化や言語の架け橋として外国人区民をサポートしながら大田区や母国の魅力を紹介しています。今週号では、大田区に数多くある銭湯のすばらしさを紹介します。朝日コネクトや朝日ウイークリーのウェブサイトでは、筆者自身の朗読による音声を聞くことができます。

◆シミケンの英単語使い分け講座
装いを新たにしたKEN’S ENGLISH INSTITUTE代表の清水建二さんの名物コラムです。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号では、「趣味、娯楽」を表す英単語の使い分けを解説します。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆英語で案内してみよう!
通訳ガイドの海生郁子さんが、日本に数多くある橋の構造や美しさ、効用について紹介します。

◆森住史の英語のアレコレQ&A
成蹊大学文学部の森住史教授が、読者の質問にお答えします。結婚式シーズン(ジューン・ブライド)さなかの今回は、もはや結婚式の定番になったと言ってもいい安室奈美恵さんの「あの歌」の歌詞を検証します。

◆地球うおっちんぐ
おなじみのアグネス・チャンさんの連載です。このところ、うつ病であることを告白した大坂なおみ選手、適応障害であることを公表した女優の深田恭子さんら、著名人の心の健康の問題が次々に明らかになっています。アグネスさんは売れっ子アイドルだった経験を踏まえて、衆目にさらされることのストレスについて語ります。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics  
創作昆虫料理を提供するパリのレストランの話と、大麻の合法化が進み引退を余儀なくされる米国の麻薬犬の話題をお届けします。

◆News  
イスラエルで野党8党が連立政権樹立で合意▽黒人虐殺事件から100年、現職大統領として初めてバイデン氏がタルサ訪問▽中国、夫婦1組に子ども3人まで容認――の3本のニュースをお伝えします。

日本語ナビ付きでどんどん読める。レベル別で実力アップを実感。しかも面白い!初心者でも楽しく読める週刊英和新聞「朝日ウイークリー(Asahi Weekly)」

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/29
    発売号

  • 2021/05/22
    発売号

  • 2021/05/15
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/04/24
    発売号

送料
無料

The Japan Times / The New York Times Weekend Edition

2021年05月01日発売

目次: [ニューヨークタイムズ休刊に関するご案内]

ニューヨークタイムズ(以下「NYT」)は、例年1月1日付(元旦)、5月1日付(レイバーデー)、12月25日付(クリスマス)は休刊となります。

2021年のNYT休刊日は、1月1日が金曜日・5月1日と12月25日が土曜日です。

2021年5月1日(土)と12月25日(土)のThe Japan Times / The New York Times Weekend edition は、ジャパンタイムズのみの単独発行となります。

なお、料金は通常と変わりません。予めご了承ください。

参考価格: 350円

国際的な視点に立って、国内の日刊紙では読めない幅広い話題を提供

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/04/17
    発売号

  • 2021/03/28
    発売号

  • 2021/03/21
    発売号

  • 2021/03/14
    発売号

  • 2021/03/07
    発売号

送料
無料

プレホスピタル・ケア

2021年04月20日発売

目次: 【特集】なぜその行為が必要になったのか? 救急救命士制度発足30年を振り返る

●スペシャルインタビュー 救急救命士制度発足から30年、山本保博先生に聞く
聞き手 プレホスピタル・ケア編集室

●救命士による除細動の実施について(2003年~)
東京曳舟病院 石原哲

●救急救命士による気管挿管、ビデオ喉頭鏡を用いた気管挿管
県立広島病院救命救急センター 楠真二

●救命士によるアドレナリン投与、エピペン(自己注射型エピネフリン製剤)の使用について
一般財団法人 救急振興財団 救急救命東京研修所 田邉晴山

●心停止前の輸液、血糖測定とブドウ糖溶液の投与が認められた経緯
医療法人社団永生会 南多摩病院 益子邦洋

〈短期連載〉- - - - -

第1回 救急隊のポテンシャルを最大に引き出すモチベーション管理法
ポテンシャルとパフォーマンス、モチベーションの影響と機能するための条件
(株)HUMAN ROOTS 月ヶ瀬和利

〈連載〉- - - -

病理医 玉川進博士のグラビア解剖学 第14回
中枢神経(2)
旭川医療センター 玉川進

救急隊版 エマージェンシー臨床推論 第4回
主訴<めまい> 病院選定の決め手となる症状は?
鹿児島大学病院 望月礼子

基礎から学ぼう!統計について 第2回
データの種類
獨協医科大学埼玉医療センター麻酔科 浅井隆

郡山先生の病院前救護学 第2回
SSMCモデルの提案
北九州総合病院救命救急センター長 郡山一明

知りたい!米国EMSの役割について 12回目
「バスケットボール競技場で筋肉注射をする救急隊員」
ニューメキシコ大学 医学部救急部 乗井達守

救急蘇生の新しい動き GRA(Global Resuscitation Alliance) 第七回
大阪蘇生アカデミーのこれまでの取り組みと今後の展望
大阪急性期・総合医療センター 救急診療科 木口雄之

最終回 市民に伝えるファーストエイド
首の安静についてのファーストエイド
一般財団法人 救急振興財団 救急救命東京研修所 田邉晴山

最新救急事情 第221話
新型コロナが心肺蘇生に与えた影響/新型コロナワクチンの動向
旭川医療センター 玉川進

リレー連載講座 第一線救急医による症例検討セミナー 第112回
Withコロナ時代の救急搬送における酸素吸入、気管内挿管について
大阪急性期・総合医療センター 救急診療科 中本直樹ほか

Dr.ジョージの中毒相談室 第6回
春なのにお別れですか
八尾市立病院 山本康之

快眠だより 第20回
暖色系の明かりは眠りのかけ橋
スタンフォード大学 西野精治

救急隊員のための部下指導・育成方法 VOL.18
フィードバックの内容
近畿大学経営学部 谷口智彦

続・救急活動をめぐる法律問題 File 85
応急処置水準
杏林大学総合政策学部 橋本雄太郎

〈投稿〉- - - - -

傷病者の観察手技を見直す「アナログの必要性」
石橋地区消防組合壬生消防署 小倉雅弘

- - - - -

各地の取組み
防犯ブザーの救急的活用について
桐生市消防本部 齋藤友善

各地の取組み
5Gを活用した救急実証実験デモンストレーションについて
一宮市消防本部

各地の取組み
新型コロナ感染患者の搬送訓練を実施
水戸市消防本部

各地の取組み
災害現場でのトリアージ・タッグへの記載を容易にする「サポート・シート」の考案
静岡市消防局

各地の取組み
実践!Net119通報
浜松市消防局 情報指令課

霞が関通信
救急隊の感染防止対策マニュアル(Ver.2.0)の概要
消防庁救急企画室

シェアする症例
早期除細動と特定行為が奏功した乳児心原性心停止の1例
別府市消防本部 千葉一也

シェアする症例
ザウエルの危険域(sauer’s danger zone)の穿通性外傷に対し、
Trauma-bypassせずに救命し得た症例
大曲仙北広域市町村圏組合消防本部 高橋大貴ほか

TOPICS
浴槽溺水に対する救急活動(上)
明治国際医療大学 木下隆彦

- - - - -

Column
各地のニュース 茨城県土浦地区メディカルコントロール協議会

BOOKS 滝口雅博

救急豆辞典 瀧野昌也

参考価格: 1,400円

救急救命士・救急隊員のための実務情報誌

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2020/12/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/08/20
    発売号

  • 2020/06/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

7 ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)

アカデミック・リソース・ガイド

送料
無料

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)

2021年05月24日発売

目次: ◆巻頭言
未来のために「いま」を残す 岡本真(arg)

◆特集:「図書館」(仮称)を再設計(リ・デザイン)する
 責任編集 三浦なつみ(墨田区立緑図書館/日本図書館協会認定司書)、日向良和(都留文科大学准教授)
◇特集にあたって
 三浦なつみ
◇第1章 コロナ禍と「図書館」
 リ・スタートした「図書館」
 日向良和
◇第2章 2020年、第1回リ・デザイン会議
 2020年から2050年へ。図書館(仮称)をリ・デザインする!
〈セッション1〉過去から未来をつなぐ「図書館」(仮称)年表
 年表セッションと年表班活動
 子安伸枝(千葉県文書館、日本図書館協会認定司書)
〈セッション2〉リ・デザインのためのワークショップ
 「図書館」(仮称)リ・デザイン会議ワークショップからみえてきたもの
 額賀順子(特定非営利活動法人男木島図書館理事長、Webデザインnuuno 代表)
〈セッション3〉「図書館」(仮称)のためのファクトフルネストーク
 データの本棚をつくろう!~データ班活動伝~
 呉服淳二郎(奈良市立図書館)
〈ラウンドテーブル〉2050年の「図書館」(仮称)を考える
 ローカルとグローバルからみる「図書館」(仮称)
 相宗大督(大阪市立図書館、日本図書館協会認定司書、まちライブラリー@ぐうたら文庫主宰)
 酒井紀子(高知県四万十町文化的施設と育つ会主宰、子育ちサークルさんまの会主宰)
 市東礼位子(東京都立大学図書館司書)
 安田美穂子(鳥取県南部町立会見小学校、学校司書)
 進行:福島幸宏(慶應義塾大学文学部准教授)
 日向良和、三浦なつみ
◇第3章 2050年へ。対話を続けていく
 「図書館」(仮称)リ・デザイン会議Advent Calendar 2020
 今井つかさ(厚木市立中央図書館)
◇図書館を変化させていくのはあなた
 日向良和
◇司書名鑑vol.30
 額賀順子

◆連載
・島ではじめる未来の図書館番外編 島それぞれの図書館(十島村)
 田中輝美
・猪谷千香の図書館エスノグラフィー vol.16
 「場としての図書館」をオンラインで書架を丸ごとデジタル化した東京学芸大学附属図書館「デジタル書架ギャラリー」
 猪谷千香
・伊藤大貴の視点・論点第13回
 働き方はカスタマイズの時代 ジョブ型雇用で始まる企業の淘汰
 伊藤大貴
・かたつむりは電子図書館の夢を見るか LRG 編第18回
 よりよい「アリバイづくり」の方法は?
 連載内連載:アンケート調査再考(3)
 佐藤翔
【連載マンガ】ここが変だよ地方行政第9回
 「格上」自治体の幻想、コロナで霧散
 小田理恵子

・アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)業務実績定期報告

参考価格: 2,750円

図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2020/12/18
    発売号

  • 2020/09/25
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/30
    発売号

  • 2019/12/25
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

エステティック通信(ESTHETICS WIRED JAPAN)

2021年06月10日発売

目次: 美容は“カッコイイ”だってつくれる!
「メンズ美容」はじめませんか

コロナに負けない美容業界のイマを徹底報告
帰ってきた!Beautyworld Japan2021アフターレポート

新作発表会&第1回グランドチャンピオン表彰式
進化を続ける商品とサロンの絆に迫る

ただ“痩せる”じゃない。美と健康は築き上げるもの
その答えはB-Strongに

経営コンサル出身の若き代表が放つ
業界初のワンストップサービス

稲川竜生のエステノミカタ 開運行動習慣 第9回

なでしこさぷり サプリメントのあたりまえ vol.7 導入サロンインタビュー編

フリーズドライの海藻ジェルシートで
うるつるなめらか肌へ

「施術だけではなく、感動を提供し続ける」
ミラクルバスト&#174;アカデミーコンテスト2021受賞パーティ

話題のLPSとピクノジェノールで健やかな髪と頭皮を目指す
美しい髪と頭皮は『トリカH』とともに!

THE BEAUTE DE LABO vol.3

成長企業アワード2021を受賞しました

Catch Up! News
スペイン発の成分「金コロイド+ビタミンC」を加えた
新たなバストケア美容液がBWJ東京にてデビュー!

店販用美容機器人気ランキング

エステティック通信CHOICE
幹細胞化粧品の専門機関から高品質認証を受けた
ヒト幹細胞培養上清液100%パウダー美容液

広告NG事例ファイル Vol.52

エス通編集部が試しまくる! Vol.20

Esthetician File File#33

EWJ MONTHLY PICK UP !
July 2021

NEWS

参考価格: 500円 定期購読(3年プラン)なら1冊:250円

【エステティック業界専門】”今、人気の!”サロン専用コスメや美容機器。先取り情報満載!

  • 2021/05/10
    発売号

  • 2021/04/10
    発売号

  • 2021/03/10
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2021/01/10
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌