環境・エネルギー 雑誌

最大
40%
OFF
送料
無料

GREEN REPORT(グリーンレポート)

2022年04月25日発売

目次: ☆GREEN REPORTは、地方紙(23紙)と全国紙
及び通信社の記事の中から、環境問題に関する情報を
広く集めた切り抜き誌です。
この一冊で全国各地の環境動向を読むことができます。
-----------------------------------------------------------

4月号(4月25日発売 全192ページ)

《主な記事から》

特集 電力逼迫で節電呼び掛け

■行政・施策
脱炭素加速へロードマップ作成
首相が経済財政諮問会議で表明

■ビジネス・企業
企業活動と自然、世界の投資家ら影響評価

■市民
おむつ卒業で海外にトイレ、環境保護の紙芝居....
保育施設で幼少期からSDGsを身近に

■ごみ・リサイクル
2021年に国内で流通したプラ製レジ袋
有料化の影響で2年前に比べて半減

■自然・生態系
国内の草原に生息するチョウを調査
自然草原では都市緑地の3倍超の種類

■かがく・技術
花粉を放出しない「無花粉スギ」の選別
短期間で量産化できる技術を開発・新潟大など

■データ・資料
海藻などにCO2を吸収させるブルーカーボン
森林の約2.4倍の効果を開発局などが試算

■イベント・PR
SDGsに対する理解醸成をテーマに
「食料・農業・環境を考えるセミナー」・千葉

参考価格: 2,800円 定期購読(試読3ヶ月プラン)なら1冊:1,667円

全国各地の環境情報を集めたクリッピングマガジン

  • 2022/03/25
    発売号

  • 2022/02/25
    発売号

  • 2022/01/25
    発売号

  • 2021/12/25
    発売号

  • 2021/11/25
    発売号

  • 2021/10/25
    発売号

日経ESG

日経BP

最大
40%
OFF
送料
無料
参考価格: 2,770円 定期購読(3年プラン)なら1冊:1,658円

森林科学

日本森林学会

最大
23%
OFF
送料
無料

森林科学

2022年02月15日発売

目次: 森林科学 No.94

表紙写真:林業遺産「大型木製水車駆動帯鋸製材装置一式」(美作市提供)
表紙イラスト: 赤谷加奈(いきものパレット)


特集 林業遺産を活かす

特集「林業遺産を活かす」に寄せて 1 深町 加津枝 
林業遺産選定事業のはじまりと歩み 2 平野 悠一郎 
選定された「林業遺産」からみるその特徴 4 水内 佑輔 
林業遺産座談会「林業遺産の歴史的資料の現状とこれから」 6 當山 啓介 
林業遺産座談会「林業遺産としての道具・技術」 11 深町 加津枝
林業遺産座談会「林業遺産を地域振興に活かす~青森、徳島、福岡より~」 16 竹本 太郎・柴崎 茂光・佐藤 宣子 
治山・緑化に関する林業遺産の特徴 21 玉井 幸治 
林業遺産選定事業の意義とこれから ~座談会に参加して~ 24 佐藤 宣子

コラム 森の休憩室Ⅱ 樹とともに 持続可能な園地管理を目指す 25 二階堂 太郎
シリーズ うごく森 PCRが可能にしたうごく森の見える化 26 松本 麻子
シリーズ 森をはかる 東南アジアでの森林バイオマス(地上部・地下部)のはかり方 28 平塚 基志
シリーズ 現場の要請を受けての研究 ヒバ苗木増産のためのミニチュア採種園の整備 30 田中 功二
研究トピックス 高等学校教員を対象とした理科・総合学習の取り組みに関する情報交換会から見えてきたこと 34 太田 祐子・市石 博・森田 直之・杉浦 克明
コラム 職場紹介 北から 日本最北の松くい虫被害対策 38 伊藤 昌明
南から 長期観測と試験地の維持管理―去川森林理水試験地と鹿北流域試験地― 39 黒川 潮

ブックス 40
編集後記 44

参考価格: 1,100円 定期購読(1年プラン)なら1冊:849円

森林について一歩ふみこんで知りたいあなたへ

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/02/15
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/02/15
    発売号

エネルギーと環境

エネルギージャーナル社

最大
13%
OFF
送料
無料

エネルギーと環境

2022年05月19日発売

目次: No.2675…2022.5.19
今週号8頁

<第1レポート>
CCS事業の条件整備本格化、炭素税未定がネックに

 経済産業省は「CCS長期ロードマップ」をまとめるとともに、
国内でのCCS事業を2030年までに実現するための具体的な条件整
備に入った。当面は事業化のための支援措置を固めるとともに10本
超とされる関連法整備などを検討する。CCSコスト評価では炭素
税導入の未定がネックとなりそうだ。

<第2レポート>
都のカーボンハーフ対策、建物規制強化と再エネ義務化

 小池東京都知事が「2030年までにCO2 50%削減」の実現を目指
し取り組んでたきた環境確保条例の改正概要案が有識者会合で示され
た。排出量の約7割を占める建物対策を柱に省エネ規制強化や再エネ
設置義務などを行なうとともに、都内の電力供給事業者に再エネ利用
を促す。今秋にも条例改正を目指す。

<ザ・キーマン>
地域に根差した企業目指す原電・村松社長に聞く(上)

 ロシアによるウクライナ侵略と経済制裁は国際エネルギーの不安定
化を一挙にもたらし、わが国も非常時のエネルギー・環境政策のあり
方が問われている。中でも原発をどう有効活用するかは国民的課題だ
。そこで、原子力の老舗である日本原子力発電の村松衛社長に抱えて
いる宿題や国際情勢の変化などを語ってもらった。

<ジャンル別週間情報>
●経産省版クリーンエネ戦略中間整理、政策方向提示(エネルギー・環境・経済対策)
●エネ需給一括束ね法案、参院で可決され成立(関連法案動向)
●経済安保法が成立、経団連は協調関係構築を要求(関連法案動向)
●高圧ガス保安束ね法案は衆院可決で参院審議へ(関連法案動向)
●東北電、浮体式洋上風力事業化へ可能性調査開始(省・新エネ)
●JOGMEC、NZ研究機関と地熱開発協力を強化(省・新エネ)
●自民党原子力委が環境相に安全規制見直しを要望(原子力一般)
●東北電、国連グローバル・コンパクトに署名・参加(電力・ガス)
●JパワーとENEOS、CCSで連携・事業化判断も(CCS・CCUS事業)
●環境省、猛禽類の風力発電衝突防止へ手引改定(生物多様性保全)

※今週は<エネ環ダイジェスト>ありません

参考価格: 815円 定期購読(1年プラン)なら1冊:713円

週刊「エネルギーと環境」とは?

  • 2022/05/12
    発売号

  • 2022/04/28
    発売号

  • 2022/04/21
    発売号

  • 2022/04/14
    発売号

  • 2022/04/07
    発売号

  • 2022/03/31
    発売号

月刊廃棄物

日報ビジネス

最大
12%
OFF
送料
無料

月刊廃棄物

2022年05月02日発売

目次: 特集

プラスチック新法でどう変わる?


〈インタビュー〉

プラスチック新法では市区町村の役割が重要に
・・・・・・・環境省 環境再生・資源循環局 総務課 リサイクル推進室長 平尾禎秀氏に聞く

新法に基づく再商品化へ 市区町村の対応は?
・・・・・・・(公社)全国都市清掃会議 専務理事 大熊洋二氏に聞く

リチウムイオン電池の分別回収を
・・・・・・・(公財)日本容器包装リサイクル協会 プラスチック容器事業部課長 清水健太郎氏に聞く


〈寄稿〉

プラスチック新法の目指すところと課題 ・・・・・・・叡啓大学 特任教授 ・ 神戸大学 名誉教授 石川雅紀

プラスチック容器包装の4Rの実態を検証する ・・・・・・・ごみ・環境ビジョン21運営委員 小野寺 勲


〈コメント〉

地域事情に応じた運用を ・・・・・・・談◎(一社)日本RPF工業会 総務広報委員長 田墨啓治氏


〈資料〉

プラスチックごみ削減の宣言をしている自治体 ・・・・・・・環境省独自調査結果


〈オブジェクション〉

プラスチック資源循環法にオブジェクション


特別寄稿

脱炭素×廃棄物・3R・循環経済を展望する(全3回)
その1 脱炭素の内外の動き、廃棄物処理の脱炭素化 ---(公財)廃棄物・3R研究財団 理事長 梶原成元


■寄稿・リポート・話題・資料など

巻頭言 新プラスチック経済と循環経済 ・・・・・・・・郡嶌 孝

話題 ブロック区割を4地域設定し、広域化推進  静岡県

話題 官民連携で未利用食品の販売推進   新潟県/(株)クラダシ

告知 2022NEW環境展/地球温暖化防止展  開催概要

話題 総合情報サイト「資源循環ノート」をリリース  (株)JEMS

話題 企業ユニフォームをケミカルリサイクル  (株)FJネクストホールディングス

資料 一般廃棄物の排出及び処理状況(2020年度)  環境省が調査結果

コラム環の声 プラスチック新法に対応する視点


■シリーズ

自治体TODAY 栃木県宇都宮市

生ごみリサイクル基礎講座
vol.85 生ごみを肥料として活用しよう その2 家庭系生ごみ ・・・・・・・・・後藤逸男

遺品整理 お片付けニュース
東京都墨田区とおいくらが連携し、粗大ごみリユースを推進 ・・・・・・・・・東京都墨田区/(株)マーケットエンタープライズ
北見工業大学と連携で卒業生の転出に伴う不用品を在学生へ ・・・・・・・・・(株)ジモティー
循環型まちづくりの一環として東急沿線でリユース文化広げる ・・・・・・・・・ブックオフグループホールディング(株)

環境学習施設のつくり方 
vol・3 市民がつくる市民のための環境学習施設 豊田市環境学習施設eco -T「エコット」 ・・・・・・・・・花嶋温子

ecoたろうくん通信 
no・42 2022NEW 環境展/ 2022 地球温暖化防止展 入場者の事前登録開始!

自治体ECOキャラ発掘隊 FILE114 エコっちゃ(山口県)


■連載

時事解説 廃棄物実務の視点
第14回 広域での収集運搬・処理 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤波 博


ごみ問題から読み解く“循環政策”のゆくえ
第38回 これからの分別排出品質保持に向けて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・小島理沙


阿部鋼といっしょに学ぶ廃棄物処理法
第134回 判例による自治体コンプライアンス(57)―周辺住民による一般廃棄物処分業許可処分取消請求裁判例― ・・・・・・・・・・・・・・阿部 鋼


遺品整理実務スタディ 第71回 入居時から退去時までトータルでサポート ・・・・・・・・・・・・入原修一


芝田麻里のごみエッセイ 第19回 動き出したプラスチック資源循環法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・芝田麻里


現場発 ドイツのごみ事情 vol.86 ハレ市と廃棄物(2) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・石川堅太郎


ドイツ・EU廃棄物立法と実際
vol.38 この2年半のEU、ドイツの政治状況(2)/グリーンディール政策/循環経済行動計画他 ・・・・・・・・・・・・・・中曽利雄


Topic自治体 生ごみ堆肥化でまちに彩りを/奈良県田原本町

Topic民間 ごみエタノール化の実証プラントが竣工/積水化学工業(株)/(株)INCJ/積水バイオリファイナリー(株)

Topic民間 オゾン発生機の導入でコロナ対策に顕著な成果/デリカナカムラ(株)

Topic民間 太陽光パネル再資源化を開始/(株)丸山喜之助商店

Topic民間 91t/日の焼却施設が完成/加山興業(株)

Topic団体 紙おむつ再生利用でセミナー/京都市ごみ減量推進会議

Topic自治体 管理型処分場の環境保全協定締結/(公財)エコサイクル高知/佐川町/高知県

Topic団体 環境まんが国際フォーラム開催/国崎クリーンセンター啓発施設・ゆめほたる

Topic自治体 フードロス削減へ無人販売機を設置/茨城県


インフォメーション 中央省庁・法制度

フォト記 がんばる自治体

Hard&System NEWS

フォト記 はたらく環境機器・システム

生ごみリサイクルNEWSフラッシュ

ゴミック「廃貴物」

アンテナ ー日本全国 廃棄物最新ニュース

イベント

広告索引

「月刊廃棄物」バックナンバー紹介

読者プレゼント

読者アンケート

編集部からのお知らせ

本誌編集委員名簿・2022年6月号紹介

参考価格: 1,843円 定期購読(3年プラン)なら1冊:1,619円

ごみ処理・リサイクルの実際的な解決方法を具体的に紹介する廃棄物問題の総合専門誌です。

  • 2022/04/05
    発売号

  • 2022/03/05
    発売号

  • 2022/02/05
    発売号

  • 2022/01/05
    発売号

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

グリーン情報

グリーン情報

最大
11%
OFF
送料
無料

グリーン情報

2022年05月01日発売

目次: グリーン情報 5月
MAY.2022 Vol.497
CONTENTS

■特集
13 園芸/ガーデンと健康づくり
14 フレイル予防とガーデニング
17 自然を通して自分を知る 庭ヨガの魅力
  豊田ガーデン ガーデニングミュージアム花遊庭
20 人が集まり 元気をつくる“場所”を
  東京農業大学グリーンアカデミー

27 変わる、レンタル
28 いまオフィス向けレンタルグリーンに必要なものとは プラネット 大林修一
32 落ち込んだレンタル事業が 再度上昇トレンドに ユニバーサル園芸社
36 植物への関心の入口に レンタルグリーンを グッデイ
子どもたちと地域の未来を考える花と緑のまちづくり
50 兵庫県三田市 人づくりに結びつく 緑のまちづくり

■ピックアップ
6 第39回 全国都市緑化北海道フェア
44 日本の花文化をVertical Gardenで継承 in 奇跡の星の植物館
  辻本智子
46 データからみる東京23区の花と緑のまちづくり
  佐藤俊輔
72 ガーデンセラピーのかたち
アラカルト
12 グリーンアドバイザー認定講習・試験 受講・受験者募集 日本家庭園芸普及協会
24 緑で育てる、自分らしさ。 MY PLANTS  住友化学園芸

■GARDEN RECIPE〔EX・造園コーナー〕
60 幸せな暮らしを彩る植物(4) 福元敬子
58 職人学 現場から見えるもの(14) 小林 徹
60 石の知識(1) 小林裕子
62 ガーデンデザインのためのスケッチとパースの描き方(12) 中山正範
64 暮らしを豊かにするガーデンファニチャー(5) 林 恵美子

■トピックス
78 クリスマスローズの世界展第20回/ジャパンショップ
79 世界らん展2022 日本原生のエビネが日本大賞に初選出
80 2027年国際園芸博覧会 開幕5年前イベント開催
81 グローバル時代の「日本庭園」を考える シンポジウム 日本庭園の本質に迫る
82 TAKAMATSUスクール 開催
83 第37回花卉懇談会フォーラム 「地域」「連携」がキーワード
84 家庭園芸肥料・用土協議会 研修会 講師に岩崎寛氏
85 PIET OUTDOLF GARDEN TOKYO オープン
86 テクノ・ホルティ園芸専門学校 卒業・進級作品展で知識や技術、個性を発揮
87 岐阜県立国際園芸アカデミー 学習成果を学内外に報告
88 E&Gアカデミー全日クラス 24期生卒業設計課題発表会、高評価

■連載
66 造園連青年部 竜門園/伊藤造園
69 フロリア―ドNEWS
70 ヒーリング時代の緑の使い方 千葉大学大学院 岩崎 寛
74 問答形式で学ぶ園芸知識 柴田忠裕
76 年年再再花相似たり フラワーソサイエティー
93 グリーン★アイ 松島義幸
94 中国の花卉産業の実態を探る 西村 潤


2 ルポルタージュ店舗 マイサカ家具(浜松市西区)
9 ゲンキジルシ! 石井直樹
42 生産地を行く 渡会園芸(愛知県田原市)

■インフォメーション
90 ニュース
93 イベント情報
94 園芸関係統計資料
95 今月の市況

参考価格: 2,310円 定期購読(2年プラン)なら1冊:2,063円

連載もますます充実しています。

  • 2022/03/01
    発売号

  • 2022/01/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

環境浄化技術

日本工業出版

最大
11%
OFF
送料
無料

環境浄化技術

2022年05月01日発売

目次: ■特集:建設業における環境技術の最新動向①
○建設資材をリサイクル利用する技術/清水建設㈱/宇野昌利・宮瀬文裕
近年、建設現場では作業員の高齢化、女性作業員の増加が進んでおり、軽量で取り扱いやすい紙素材を建設資材に利用することで、作業員の負担軽減や生産性向上に寄与すると考えた。そこで、紙素材を大断面のトンネル風門、骨材貯蔵施設での温度上昇抑制、移動式防音壁などに活用し、現場への適用可能性が高いことを確認した。本稿では、活用した紙素材の特徴、建設資材への試用事例について概要を紹介する。

○処分場施設の自然共生技術/鹿島建設㈱/大野貴子・林 文慶・中村華子・越川義功
豊かな里山環境の創生につながる『ホタルが棲むビオトープ』技術の概要とその効果について、熊本県の「環境教育の場」として整備された公共関与産業廃棄物管理型最終処分場「エコアくまもと」への適用事例を交えて紹介する。

○建設工事における自然共生計画技術/大成建設㈱/渡邉千佳子
「水辺コンシェルジュ」は、自然環境の改変を伴う建設事業において希少動植物の保全計画を支援するツールである。必要な情報を簡便に提示することで関係者との円滑な情報共有や合意形成を図り、早期に保全計画立案が可能となる。

○屋上緑化による環境向上への取り組み/㈱大林組/岩井 洋・堀口亮輔
都心特有の厳しい敷地条件や超高層ビルの立ち並ぶ都市環境で、建物利用者に安全でかつ癒しの空間を提供する屋上庭園を計画した。

■特集:下水における新型コロナウイルス調査の取り組み②
○コロナ禍と河川水質汚染/岩手大学/寺崎正紀
緊急事態宣言下で多摩川の水質汚濁6項目(BOD、COD、SS、大腸菌群数、T-N、T-P)は改善していることが明らかになった。要因として、事業系負荷の減少、および下水処理場の排出負荷減少が考えられる。

○陽性率法による下水処理場での新型コロナウイルスRNA調査/高知大学/井原 賢
京都大学および高知大学の研究グループは、近畿地方を中.に複数の下水処理場で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の下水疫学調査に取り組んできた。本稿では、我々がどのように下水疫学調査を実施してきたのか説明し、これまでに得られた成果の一部を紹介すると共に、今後の課題についても述べる。

○COVID-19流行前後における製紙・パルプ関連工場排水中の未規制化学物質の濃度変化/常葉大学/山田建太
製紙・パルプ関連工場の排水から、感熱紙由来と推測されるbisphenol A(BPA)やbisphenol S(BPS)、diphenyl sulfone(DPS)が検出された。また、それらの排水中の濃度が2019年より2020年以降に高くなる傾向が認められた。コロナ禍によって紙製品の需要が変化し、古紙原料の使用量が増加したこと、また、古紙原料に混入する感熱紙が増加したことから、排水中の調査対象物質の濃度が増加した可能性が示唆された。

○新型コロナウイルスの感染拡大による流入下水の水質変化/京都市上下水道局/中村暁彦・井澤琢磨・勢川利治
鳥羽水環境保全センターは市最大の終末処理場であるが、りん除去を目的としたの高度処理施設において、R2年上半期にりん除去が不安定になる傾向にあった。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が発出され、社会経済活動が大きく変化した時期である。そこで、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けていないR1年度と、影響を受けたR2・R3年度における流入下水水質の差異と流入下水の水質変化がりん除去に与える影響について考察を行った。

○水処理センターにおける新型コロナウイルス感染症の自衛的対策について/福岡市役所/前田茂行
福岡市和白水処理センターでは、市内初の新型コロナウイルス感染症患者発生直後から、感染拡大により専門の消毒業者の手配等が困難になることを想定し、消毒等をはじめとした自主的な感染防止対策の実施体制の整備を行った。市および各委託業者職員で構成する、労働安全衛生協議会を活用した「自衛消毒隊」を結成し、センター職員に感染者が発生した場合でも業務継続に支障が出ないよう備えた。主な取り組みとして、ハード面の感染予防対策、ソフト面では消毒方法のマニュアル作成、および実践研修、その他対策を行うことで“自衛”力を高め、他センターとも情報共有を図った。

○下水処理場における新型コロナウイルスRNA量の時間変動/㈱ウォーターエージェンシー/京都大学/二瓶義明
下水処理場の下水中のSARS-CoV-2 RNA濃度は、処理区域に住む人々のウイルス排泄量の個人差、排泄行動のタイミングで左右され、時間と空間で変動する。下水処理場における採水時間と採水地点によって分析結果にはばらつきが出るため、それらを踏まえた疫学調査をすることが望ましい。我々の研究グループでは、下水処理場の下水でSARS-CoV-2 RNAを調査する場合に、1日のどの時間帯に検出されやすいかを調べた。また、採水地点を流入下水および最初沈殿池越流水の2地点とし、それらの結果を比較した。

○Withコロナ社会が下水処理場に与える影響/クリアウォーターOSAKA㈱/安田隆史・大谷佳史
新型コロナウイルス感染症への対策として、テレワーク、宿泊施設、飲食店等の休業や営業時間短縮などが行われた結果、特に大阪市の市街地中.部を処理区に持つ下水処理場における消化ガス発生量が顕著に減少し、下水処理場への流入負荷減少が社会経済活動の変化を裏付けていることがわかったので本稿で紹介する。

■解説
○VOCs汚染土壌原位置浄化技術/栗田工業㈱/田村 渉・塩谷 剛

○シャフト炉式ガス化溶融システムにおける下水汚泥固形燃料を活用したCO2排出量削減/日鉄エンジニアリング㈱/矢野 亮・福田尚倫
シャフト炉式ガス化溶融システムを導入した名古屋市北名古屋工場において、下水汚泥から製造されたバイオマス燃料を活用し、コークス使用量および都市ガス使用量を削減、発電量を向上し、 CO2排出量を削減した。本稿では、これらの取り組みを紹介する。

○セメント資源化のための木質バイオマス灰からのアルカリ除去技術/宇部興産㈱/境 徹浩・古賀明宏・丸屋英二
○災害時に発生する廃石膏ボードの再生利用促進/(一社)泥土リサイクル協会/西川美穂

○食品ロスの最近動向を見る/惠谷資源循環研究所/惠谷 浩

■連載
○静脈物流:こみ収集・運搬よもやま話28
手に触れないごみ収集(2) 日本の容器収集・いろいろ/循環物流システム研究所/井上 護
○世界の列車のトイレ 第8回
トルコの鉄道/NPO21世紀水倶楽部/清水 洽

■コラム
○学習指導要領(平成30年告示)解説を読む/HST

■製品ガイド
○蛍光X線分析装置/編集部

参考価格: 3,388円 定期購読(1年プラン)なら1冊:3,000円

無害化技術を推進する専門誌

  • 2022/03/01
    発売号

  • 2022/01/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

最大
9%
OFF
送料
無料

BIOCITY(ビオシティ)

2022年04月07日発売

目次: 目次
特集
世界遺産条約50周年・日本批准30周年
世界遺産の歴史と未来像
企画・監修 逞い文化を創る会

6 巻頭言 先人の遺した類い稀な資産に学ぶ 岩槻邦男

Part 1:ユネスコ世界遺産レヴュー
10 ユネスコ世界遺産の50年 文化的景観の誕生とグローバル戦略 松浦晃一郎
20 日本の文化遺産の30年 世界の潮流と奈良文書が果たした役割 西村幸夫
30 縄文と《太陽の塔》 日本文化の持続あるいは再生を考える 五十嵐敬喜
38 日本の自然遺産の30年 世界遺産に登録される日本の自然 岩槻邦男

Part 2:世界遺産をめざす日本の自然・文化資産
50 佐渡島の金山 手工業による金生産システム 宇佐美 亮
58 飛鳥・藤原の宮都 日本の古代国家誕生の地 持田大輔
68 近世日本の教育遺産群 自由で闊達な学びの場 藤尾隆志
78 「マリモの阿寒湖」と周辺の湖沼・湧泉群 若菜 勇
88 四国遍路 回遊型の巡礼道とお接待文化 松本和彦
96 立山砂防 日本固有の砂防遺産 新田八朗

Part 3:世界遺産を活かした自然と文化の継承
104 紀伊山地の霊場と参詣道 信仰の山の伝統と地域の誇り 辻林 浩
112 五箇山合掌造り集落 人のくらしが生み出す美しい景観 黒田乃生

連載
120 欧州グリーンインパクト⑪ フランスの世界遺産庭園 遠藤浩子

参考価格: 2,750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:2,500円

環境から地域創造を考える総合誌

  • 2022/01/07
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/04/07
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/10/07
    発売号

INDUST(いんだすと)

全国産業廃棄物連合会

最大
8%
OFF
送料
無料

INDUST(いんだすと)

2022年05月05日発売

目次: INDUST5月号 第415号 「資源循環技術の最前線」
 イノベーションの進展により廃棄物処理・資源循環技術が変化し、ロボットやAIを活用した技術の導入も進んでいる。プラスチックのリサイクルは革新的な技術開発が進められているほか、脱炭素に向けてCO2の回収・貯留・利用技術(CCUS)への取組みも行われている。5月号では「資源循環技術の最前線」と題して、廃棄物処理・資源循環を効率化、高度化する技術を紹介する。

◇「進化する廃棄物処理技術-非接触化・脱炭素化へのアプローチ」
早稲田大学大学院 環境エネルギー研究科 教授 小野田 弘士
◇「洗練される資源循環技術」                        編集部
◇「実績と経験に基づく効率的な配置設計を提案」
株式会社御池鐵工所九州営業所 工藤 清忠
◇「現実的な社会実装を踏まえたプラ資源循環技術
-NEDO「革新的プラスチック資源循環プロセス技術」の概要」  編集部
◇「廃棄物処理施設の運転管理における拡張現実(AR)技術の活用事例と課題」
株式会社神鋼環境ソリューション環境エンジニアリング事業本部環境プラント技術本部
プロポーザル部設備改善推進室 木下 明
◇「安価な近赤外線装置を使用した廃棄物測定技術の開発」
直富商事株式会社技術研究室室長 鈴木 陽
◇「電池選別機の開発-株式会社パブリックの取組み」             編集部
◇「最終処分場内における維持管理システム」
TKKエンジニアリング株式会社取締役事業部長 溝口 新二

参考価格: 1,363円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,249円

産業廃棄物処理の専門誌。

  • 2022/04/05
    発売号

  • 2022/03/05
    発売号

  • 2022/02/05
    発売号

  • 2022/01/05
    発売号

  • 2021/12/05
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料

クリーンエネルギー

2022年05月05日発売

目次: ■テクニカルレポート
○世界初の水素燃焼式リチウムイオン電池電極材用連続焼成炉の開発について/東京ガスエンジニアリングソリューションズ㈱/米島正人
脱炭素の主役・リチウムイオン電池の電極材製造時におけるゼロカーボン実現を目指し、世界初の水素燃焼式リチウムイオン電池電極材用連続焼成炉「C-SERT-RHKNero:ネロー」を開発した。

○都市エネルギー分野でのグリーン水素利用の取り組み/㈱大林組/島 潔
当社では、新しいアイデアから社会的に意義のある新たな価値を創造できるよう、水素に関するさまざまな研究や社会実証に取り組んでいる。 本稿では、都市のエネルギーとして水素を使うためのエネルギー・マネージメント・システム(EMS)や、水素を製造場所から利用先まで効率よく搬送するための水素最適搬送管理システムなど、いわば水素の利活用を促すためのプラットフォーム開発概要について紹介する。

○250kW水素混焼エンジン発電機の開発/デンヨー㈱/藤江勝之
混焼とは、2種類以上の燃料を混合して燃焼する方式である。今回、化石燃料の使用量削減とそれによるCO2排出量の削減を目的とした環境貢献のため、水素と軽油の混焼による250kW水素混焼エンジン発電機を開発した。

○低温排熱利用で調湿可能な新しい空調機/ダイナエアー㈱/市橋弘茂
リキッドデシカント空調方式は古くから研究・開発・製品化されてきているが、①腐食性のある調湿液の使用による内部部材のコスト高、②調湿工程での温度変化による調湿効率の低下、③設置スペースが大きいが主な課題であった。本製品(LDAHU)では、調湿剤にイオン液体を世界で初めて採用し、「3流体熱交換器」の開発を行い、省エネルギー性能の高い新しい調湿空調機を実現した。

○世界最小電圧で発光する有機ELの開発/分子科学研究所/伊澤誠一郎/富山大学/森本勝大
有機ELの駆動電圧を低減することは今後の省エネルギー化のために必須の課題である。本稿では、界面でのアップコンバージョンという現象を利用することで、有機ELの駆動電圧を大幅に低減することに成功した研究成果について紹介する。

○安価で高性能な燃料電池・空気電池用非白金触媒の実現に向けて/東北大学/藪 浩
世界的な気候変動に対処するために、低炭素社会の実現が人類の喫緊の課題となっている。様々な電池の中でも、燃料電池や金属空気電池は既往のリチウムイオン電池などと比べ容量密度が大きく、次世代のエネルギーデバイスとして期待されている。発電の効率化や高出力化のためには、白金の様なレアメタルを用いた触媒が必要不可欠であり、普及の大きなボトルネックとなっていた。本稿では、筆者らが見出した非白金触媒「AZUL触媒」とその特徴について紹介する。

○風力発電機の故障回避による稼働率向上/ナブテスコ㈱/野原 修・小森啓史・後藤健太
カーボンニュートラル実現に向け、再生可能エネルギーの一つである風力発電への期待は大きく、さまざまな設置環境に適応できる故障のない風力発電機が望まれる。本稿では、主駆動部であるヨー旋回部での故障原因解明とその対策、効果について紹介する。

○統合型水素エネルギーシステムの新展開/東北大学/石本 淳
水素高圧タンクの脆化による亀裂発生と進展、それに伴うき裂からの水素漏えい現象に関し、統合的流体科学の見地から解析した。さらに、水素エネルギーシステムの統合型安全管理技術、ならびに新型の水素サプライチェーンの構築と国際展開について紹介する。

■エネルギー事情
○水力発電の現状と今後/LNG経済研究会/奥田 誠
水力発電は、太陽光や風力に比べ注目度は低いが、再生エネ発電の中で発電量が大きく脱炭素化の一翼を担うものであり、今後の導入ポテンシャルが大きい中小規模水力の開発にも期待がかかる。本稿では、水力発電の現状と今後を紹介する。

■フィールドレポート
○自然エネルギー商品の防災・減災用途への導入事例の紹介/NTN㈱
本稿では、当社の自然エネルギー商品の防災・減災用途への導入事例の紹介する。

○東京・中野地区における環境保全/環境工学研究所/星山貫一
中野地区には、太平洋戦争終結の戦後は広大な旧陸軍跡地に警察大学校や警視庁警察学校、および警察官舎が建設された。さらに、東京大空襲で焼け出された多くの人達も移り住んで来たため、住宅街として大きく発展してきた。しかし、戦後77年を経過した現在は老朽化した建物が多いため、更新して新しい地域を開発することが推進されている。本稿では、環境に配慮したクリーンな街に変貌している、東京・中野地区を紹介する。

参考価格: 1,991円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,833円

環境と産業経済の共生を追求する

  • 2022/04/05
    発売号

  • 2022/03/05
    発売号

  • 2022/02/05
    発売号

  • 2022/01/05
    発売号

  • 2021/12/05
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

最大
7%
OFF
送料
無料

イー・コンテクチャー

2022年05月01日発売

目次: 特集1 事前調査が本始動! 今後のアスベスト対応

法令以外の調査・分析水準の向上策●日本総研(株) 会長 大石一成氏
アスベスト新制度あれこれ●編集部
調査シートや石綿記録を統一様式で管理●(株)クワバラ・パンぷキン
レーザーによる石綿無害化および粉じん飛散低減技術を世界初実証●NTT
塗膜剥離剤の開発などで実績増●ナトコ(株)
採取から分析まで一貫して受託●(株)田岡化学分析センター
石綿除去や橋梁の改修等で実績増●サンワ・リノテック(株)
積算を明確化、価格競争を回避●日本トリート(株)


特集2 解体・建廃 適正処理困難物と危機管理

解体を前提としていない建築物に備える●茨城県解体工事業協同組合 理事長 髙野竜也氏
被膜除去技術で特許出願、塗膜剥離工事等に普及目指す●サステナブルソリューションズ(株)
フロン再生事業が好調、建設業許可も取得へ●(株)クリエイト
実務・管理の両面で危険物等に対応●(株)友伸工業
多彩な機材で幅広い要望に対応●(株)オクダ
求められる製品を提供、社会へ貢献●徳光建機(株)
多様な要望に応じ業界をサポート●中京重機(株)
提言で土の搬出先の明確化盛り込む●盛土による災害の防止に関する検討会


特集3 排出と処理 現場発! 最新建廃プラ対策

SDGsで硬質プラの分別・資源化に注力●MKエコプラント(株)
可燃物からの熱回収で次世代事業モデル●(有)築館クリーンセンター
2次処理先の受入基準の確保を重視●(株)安部工業
リサイクル分別ロボットを開発●(株)FUJI/前田道路㈱
混廃選別設備の効率化へ●(株)山本清掃
プラ新法が4月1日に施行●編集部
1軸・2軸破砕の追加導入と石綿産廃積保●(株)カワサキ環境


E-Conインタビュー
 より高い次元で評価される業界へ

●(一社)福岡県建造物解体工業会 会長 平典明氏


SERIES [連載]
イーコン・データブック●解体機の内外需要が前年比17%アップ/建設機械出荷金額統計

現場発! 解体&建リコンプライアンス●労災発生件数が2桁台の上昇/厚生労働省

石膏ボードリサイクル探訪●収運から処理、処分まで一貫体制/(株)八木運送

コンストラクションを巡る環境諸制度●今年度から変わる諸制度等概要

21世紀の先端施工●解体工事の安全・業務効率向上に追い風/実務・管理の新開発2事案

お訪ねします解体現場●手解体軸に狭小地のS造家屋を撤去/(株)環吉

タイムリートピック●高級バナナ農園を開設/(株)ワイエス・コーポレーション

ビジネス展開の新戦略●調査分析の専門会社を設立/(株)マルホウ

最先端E-Con要素技術●処理業界に特化の会計システム開発/あさかわシステムズ(株)

建設リサイクル最前線●大量排出に備える! 太陽光パネルリサイクル

識者・実務者に聞く! 解体事業ビジョン●低価格の受注にいかに対峙するか/(一社)熊本県解体工事業協会 代表理事 喜讀宣友氏

識者・実務者に聞く! 建廃事業ビジョン●原油などの価格高騰にどう備えるか/(公社)大阪府産業資源循環協会 理事 田中公治氏

建設資源―市況キャッチ●混廃から価値生む作業が新法対応

(新連載)環境レシピ●環境分野の世界的な動向/菅井弘


COLUMN [コラム]


巻頭言●建設リサイクルに新たな課題

木材情報●チップ供給不足の解消に時間掛かる?

解体・建廃ひそひそ話

循環経済と建設副産物●発生土改良プラント認証制度取りまとめ(上)/建設発生土土質改良プラント認証制度検討委員会

編集手帳●リサイクルの「功」、適正処理の「功」


NEWS & OTHER [ニュース・その他]


トピックス●(一社)石膏ボード工業会

トピックス●(株)セーフティーアイランド

トピックス●(株)丸井商会

トピックス●(株)有吉商店

トピックス●(株)アンドパッド

トピックス●(株)フルヤ建商

トピックス●(一社)全国空き家相談士協会

列島E-Con

品目別建設副産物流通チェック 2022年2~3月

テクノロジーニュース

購読申込書

広告索引+奥付

定期購読(1年プラン)なら1冊:1,760円

建物を解体、廃棄物を資源化・リサイクル、土地を浄化し、新たなエコ施工で建設する。

  • 2022/03/01
    発売号

  • 2022/01/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

週刊循環経済新聞

日報ビジネス

最大
4%
OFF
送料
無料

週刊循環経済新聞

2022年05月16日発売

目次: ◇ 脱炭素化と循環経済を推進
コロナ対策徹底して開催
- 2022NEW環境展/2022地球温暖化防止展 -

5月25~27日の3日間にわたって、東京ビッグサイトで2022NEW環境展/2022地球温暖化防止展が開催されます(主催・日報ビジネス)。462社・団体1548小間の規模で地球温暖化防止のための脱炭素化、国内外の新たな資源循環スキーム構築に資する最新の環境技術・サービスが集まります。関係者の皆さまのご理解とご協力によって、開催させていただきます。新型コロナウイルス感染防止対策も徹底してまいります。

◇ 2022NEW環境展/地球温暖化防止展に寄せて後援団体からのメッセージ
2022年の循環型社会構築に向けた取り組みについて(環境省 環境再生・資源循環局 局長 室石泰弘氏)

経済と環境の好循環に向けて(経済産業省  産業技術環境局長 奈須野太氏)

「みどりの食料システム戦略」の策定と実現に向けて(農林水産省 大臣官房審議官(技術・環境) 川合豊彦氏)

持続可能な資源利用の実現に向けた革新的なビジネスに期待(東京都環境局 資源循環推進部長 志村公久氏)

「経済と環境の好循環」を踏まえた中小企業の自主的な取組支援を(日本・東京商工会議所 産業政策第二部長 大下英和氏)

脱炭素社会へ、ハードとソフトの融合を(一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 専務理事 秋元智子氏)

炭素循環を支える廃棄物資源循環(一般社団法人廃棄物資源循環学会 会長 吉岡敏明氏)

◇ 最新の環境技術ずらり
時代を先駆けアップグレード / 資源循環、再エネ、遮熱・断熱 / 2022NEW環境展/地球温暖化防止展の見どころ
2022NEW環境展/地球温暖化防止展では、462社・団体1548小間の出展規模で、最新の技術やサービス、取り組みなどがそろう。循環経済と脱炭素化に向けて、出展物からプラスチックのリサイクル技術や破砕機などの汎用機器、高度な選別機、クラウドを活用した廃棄物管理システム、バイオマス発電、遮熱・断熱などの最前線を見てみよう。

◇ 2022NEW環境展/2022地球温暖化防止展 出品案内

参考価格: 544円 定期購読(1年プラン)なら1冊:525円

環境ビジネスの担い手から広い支持を受けてます!

  • 2022/05/09
    発売号

  • 2022/04/25
    発売号

  • 2022/04/18
    発売号

  • 2022/04/11
    発売号

  • 2022/04/04
    発売号

  • 2022/03/28
    発売号

環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2022年03月15日発売

目次: トップリーダーに訊く「環境配慮型経営」
第9回
経済合理性と環境が正しく循環する社会を目指して
カルビー株式会社代表取締役社長兼CEO伊藤秀二 氏

特集1
株式市場再編で加速するカーボンニュートラル
2022年4月より、東京証券取引所は「プライム」「スタンダード」「グロース」体制へ
東京証券取引所

TCFD賛同企業No1の日本 環境立国として、世界をリードできるか
一橋大学CFO教育研究センター長  TCFDコンソーシアム会長 伊藤邦雄氏

CO2排出量算定・削減クラウドサービス+ SXコンサル支援の両方を提供
アスエネ

サステナビリティ戦略の強化が企業成長のカギ
みずほリサーチ&テクノロジーズ

積極的な情報開示で脱炭素系技術を投資家にアピール
経済産業省

第24回環境ビジネスフォーラムレポート
脱炭素経営の実践へ
CO2削減とエネルギーの効率化

CO2削減と事業の進化・創出を
ボストンコンサルティンググループ

緩和と適応で多角的な対策を推進
カルビー

カギは手法・削減量・費用の明確化
ソコティック・サーティフィケーション・ジャパン

特集2
環境先進企業が取り組むCO2排出削減量の可視化

カーボンニュートラル社会に向けた企業の長期戦略の重要性
三菱総合研究所

国内外サプライヤーの排出削減意識と調達側企業の意識との間に温度差
ジェトロ

カゴメはサプライヤーの削減努力をスコープ3に反映する算定方法を探る
カゴメ

配合飼料トップメーカーが業界を牽引し、 ESG/SDGsに取り組む
フィード・ワン

温室効果ガス排出量削減につながる可視化から実行まで伴走で支援
NTTデータ

特集3
COP26で注目が集まる市場メカニズムとビジネスチャンス

パリ協定6条運用ルールが合意 世界共通の巨大な COクレジット市場が誕生
環境省

クレジットの質が問われる時代 国内外の状況を見極めた戦略が重要
伊藤忠総研

拡大するカーボン・クレジット市場
需要と供給、守りと攻めのバランスがビジネスのポイント
ボストンコンサルティンググループ

クレジットの本質を見極め正しい価値観でビジネスを行うことが重要
みずほリサーチ&テクノロジーズ

特別企画
洋上風力に課せられる地域固有の産業支援・創生

三菱商事FIT上限の 1/2価格で総落札 洋上風力発電事業の根底を覆す
環境ビジネス編集部

洋上風力発電の入札上限額 29円の不具合  2040年30~45GW達成に早くも赤信号
環境ビジネス編集部

三菱商事は洋上風力の再エネ電力を産業界全体でフル活用する
環境ビジネス編集部

水揚げ日本一銚子漁港の 30年後を見据え 漁業との共生と新産業の創出を探る
銚子市

特別企画
太陽光発電の現状と
2030年稼働目標達成へ“課題と重点施策”

公共建物50%に太陽光発電を導入し公共部門全体で 60GW導入を見込む
環境省

市場が急縮小の中、野心的な目標を掲げる JPEA
太陽光発電協会

2030年に7円/kWhを達成し太陽光発電の自立化を実現するには、
事業者の開発意欲と市場規模の維持が必要
環境ビジネス編集部

巻頭グラビア
未来環境都市 Smart DOTS and Soft MOBS
オーガニック花火  SPARK
水上移動式住居 Floating Habitat
気候原理主義?欧州社会にしっかり根をおろすグレタ世代

スペシャル対談
企業の脱炭素経営と働き方改革をオフィス面からサポート
EPSON×オウルズコンサルティンググループ 羽生田慶介氏

TOPICS
洋上風力発電で「国内・地域サプライチェーン」

環境キャリア
デジタルとグリーンの融合で、新領域を開拓していくコンサル部隊
NTTデータ経営研究所

FOCUS
企業の脱炭素に、“オンリーワン”のソリューション提供
関西電力

自己治癒コンクリートで脱炭素化モデル構築へ
會澤高圧コンクリート

絶縁型双方向DC -DCコンバータ『 EZAシリーズ』
TDKラムダ

高度な制御技術で充放電容量 15%向上、コストも 20%削減
ファーウェイ・ジャパン

独自技術を社会実装し、脱炭素・循環型社会の構築に貢献
放電精密加工研究所

データ入力作業なしで、 CO2排出量を自動算出
e-dash

BUSINESS CASE
百貨店が挑戦する環境配慮型の売り場づくり

COLUMN
日本文明を環境から解き明かす 第19回
「初めての都市のダム」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

日本文明を環境から解き明かす 第20回
「平和から生まれた国土と共同体-260年間の江戸時代-」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
SDI

ハダニの薬剤抵抗性が教えてくれた多様性の意義
国立環境研究所五箇公一氏

GREEN ECONOMY
国際協力銀行佐藤勉氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所齋藤崇氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士森田正光氏

洋上風力発電と漁場
農林水産政策研究所上席主任研究官梶脇利彦氏

Offshore Wind
日本気象高祖研一氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業渋谷正信氏

漁業と洋上風力との共存の道を探る
一般社団法人海洋産業研究・振興協会塩原泰氏

再エネ海域利用法と漁業との関係
前水産庁計画課計画官(現加工流通課課長補佐)冨樫真志氏

新刊案内

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
一般社団法人炭素回収技術研究機構( CRRA)代表理事・機構長村木風海氏

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト桃田健史氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/12/15
    発売号

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

オルタナ

オルタナ

送料
無料

オルタナ

2022年03月31日発売

目次: ●第一特集「戦争と平和と資本主義」
ロシアのウクライナ侵攻は、世界の民主主義と資本主義を大きく揺らがせた。グローバル企業の一部はロシア事業からの撤退をいち早く打ち出したが、ファンドには、ロシアや兵器産業への投資を続ける事例もある。ESGやSDGsの基本理念である「人と地球」を守れるか─。投資する側も企業も、その存在意義を問われている。

[保阪 正康] 民主主義の生育 根本から揺らぐ 

「健全な資本主義」は、「健全な民主主義」が前提だ。しかし、ロシアはウクライナに軍事侵攻し、民主主義の基盤を揺らがせた。昭和史を研究してきたノンフィクション作家の保阪正康さんは「民主主義の生育そのものが根本から問われている」という。

[小宮山 宏] 自律・分散・協調で新産業の創出を 

21世紀の社会は、「地球」「寿命」「知識」の3つの制約を抱えている。小宮山宏・三菱総合研究所理事長は、「これらの新しい制約を克服することは、新産業の創出にもつながる」と説き、日本の新しい資本主義の姿として「プラチナ社会」を提唱する。

[高岡 浩三] 産業の新陳代謝で「平和と成長」を 

元ネスレ日本社長の高岡浩三氏は経済学の権威フィリップ・コトラー氏と分断が加速するグローバル資本主義の問題点を議論していた。平和と経済成長を両立するには、産業の新陳代謝が効果的だと語る。

[澤上 篤人] 「資本家」なき暴走 パーパスを問え 

「さわかみ投信」の創業者・澤上篤人氏は地政学リスクを高め、所得格差を拡大させた背景には「資本家」不在で暴走する強欲資本主義があると指摘する。今こそ事業の存在意義を見直し、世の中に「問え」と言い切る。

[藻谷 浩介] 自然資本の利子で生活の持続性を 

国際情勢が不安定さを増すなかで、資本主義はどうあるべきか。『里山資本主義』の共著者で地域エコノミストの藻谷浩介氏は「循環再生」を軸にした「脱・成長」の資本主義を提唱する。

[佐藤暁子] 世界の「平和」 企業は守れるか 

ロシアのウクライナ侵攻を受け、平和というものがいかに脆く、意識的に、主体的に守っていかなくてはいけないか、多くの人が痛感しているのではないだろうか。ただし、これはウクライナだけで起きている出来事ではない。

[高村 ゆかり] 脱炭素戦略こそエネ自給のカギに 

国際政治が不安定さを増すなか、エネルギー自給型の炭素社会をつくることはレジリエントな社会づくりにつながる。高村ゆかり・東大教授はそのための重要戦略として、「分散化」と「内部化」を挙げた。

[大西 連] 「成長と分配」より「分配と成長」を 

「貧困を社会的に解決する」をミッションに活動してきた認定特定非営利活動法人自立生活サポートセンターもやい(東京・新宿)。大西連理事長は「政府が掲げる『新しい資本主義』に『新しさ』はなく、『成長』に偏っている。まずは低所得者層の底上げが必要だ」と強調する。

[大沢 真知子] 「新しい資本主義」 主役は働く個人に 

ワークライフバランスからワークライフシナジーへ。日本の労働市場を長く見つめてきた大沢真知子・日本女子大学名誉教授は、働く個人の気持ちに寄り添うことこそが「新しい資本主義」のカギになると説く。

●第二特集 ウクライナ侵攻も自然エネ政策は不変
ロシアのウクライナ侵攻は、エネルギー安全保障の問題を改めて浮き彫りにした。これを機に、自然エネルギーへのシフトが進むとする一方で、原子力や化石燃料も必要だという声もある。世界と日本が取るべき選択肢とは。自然エネルギー財団の大林ミカ事業局長に聞いた。

●トップインタビュー
永原 範昭[フィンエアー 日本支社長]航空も化石燃料を使わない時代へ

航空大手のフィンランド航空(フィンエアー)が、2045年までに「カーボンニュートラル」を表明した。燃料消費が少ない航空機エアバスA35Oを導入するほか、持続可能な燃料(SAF)への代替で実現を目指す。欧州では短距離便の廃止も進める。永原範昭・フィンエアー日本支社長に脱炭素戦略を聞いた。

マーティン・パーソン[ボルボ・カー・ジャパン 社長]「脱炭素」はWHYからHOWへ

ボルボは、2030年までに全世界で販売する乗用車をすべてEV化する。2040年には、製造も含めた全行程でカーボンニュートラルを目指す。HEVなどと両天秤を掛ける日本メーカーとは一線を画し、EV一本に舵を切った。その勝算を同社日本法人のマーティン・パーソン社長に聞いた。

セイコーエプソン[瀬木 達明 取締役常務執行役員/木村 勝己 部長]日本最速で「電力100%再エネ化」

セイコーエプソンは2021年11月、国内拠点で使用する電力の100%を再生可能エネルギーに切り替えた。国内の製造業としては最速だ。23年中には、全世界の拠点で100%切り替えを目指す。スピード感ある再エネシフトをどうやって可能にしたのか。担当の瀬木達明常務と、木村勝己部長に聞いた。

●第三特集 脱炭素目標は「2040年より前」に
パリ協定の「1.5度目標」を達成するために、「2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量を実質ゼロ」という標準目標を前倒しする企業の動きが出てきた。アストラゼネカが「2025年までに事業所での排出ゼロ、30年までにバリューチェーン全体でゼロ」という新目標を打ち出した。マイクロソフトや花王、NTTなども追走する。

●第四特集 「原発はクリーン」 実は高いハードル
欧州委員会は「EUタクソノミー」に原子力と天然ガスでの発電を含める方針を示し、夏までの法制化に動く。原発は温室効果ガスを排出しないが、使用済み核燃料の処分場の問題や、ロシアによるウクライナ原発の占拠など、リスクは大きい。原発は本当に「クリーン」なのか。

●コラム
オルタナティブの風  田坂 広志「戦略的反射神経」の時代

エゴからエコへ  田口 ランディ 教育の平等なくして民主主義なし

モビリティトピックス  島下 泰久

モビリティの未来  清水 和夫 自動車3原則の大転換期

農業トピックス  オルタナ編集部

日本農業 「常識」と「非常識」の間  徳江 倫明 従来の延長線上に未来はない

林業トピックス  オルタナ編集部

「森を守れ」が森を殺す  田中 淳夫 林業で誰が分配を担うのか

漁業トピックス  瀬戸内 千代

人と魚の明日のために  井田 徹治 「公正な移行」で構造転換を

フェアトレードトピックス  潮崎 真惟子

フェアトレードシフト  潮崎 真惟子 資本主義の「その先」と平和

ファンドレイジングトピックス  宮下 真美

社会イノベーションとお金の新しい関係  鵜尾 雅隆 寄付は平和を求める市民の「意思」

廃棄物・静脈物流トピックス  エコスタッフ・ジャパン

論考・サーキュラーエコノミー  細田 衛士 私益と公益の両立した経済を

欧州CSR最前線  下田屋 毅 ステークホルダーと資本主義

CSRトピックス CSR48

「こころざし」の譜 希代 準郎 兄のペイ・フォワード

オルタナは環境や消費者の健康、CSR(企業の社会責任)に重点を置いたビジネス情報誌です

  • 2021/12/24
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

  • 2021/03/31
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/09/30
    発売号

新電気

オーム社

送料
無料

新電気

2022年04月30日発売

目次: ■特集
 変圧器の設計技法
 ・私たちの世界で活躍する変圧器
 ・ 変圧器の基本構造
 ・ 変圧器の原理
 ・ 変圧器の設計
 ・ 変圧器の製造
 ・ 変圧器の試験
 ・ 進化し続ける変圧器
 文/後藤 博(東芝産業機器システム株式会社)
 写真・協力/東芝産業機器システム株式会社

 「変圧器」を目にする機会はあまりないと思います。
 普段はあまり目立たないかもしれませんが、変圧器は電力送電をするために
 必要不可欠な存在であり、インフラシステムを構成する重要な機器です。
 また、誕生して100年以上という長い歴史を持ち、社会の発展や都市設計の変化とともに、
 日々進化をし続けてきました。
 例えば、高度成長期には大電力送電に対する高電圧・大容量化のニーズに対応するために、
 油入変圧器を中心に開発が進められてきました。
 都市部の高層ビルや地下設備における防災性のニーズが高まると
 乾式変圧器やSF6ガス絶縁変圧器が、近年では環境調和性の高い植物油入変圧器などが誕生しています。
 また、機器だけでなく設計手法も進化してきています。
 各種解析技術が取り入れられるようになり、変圧器自体の特性解析に加え、
 周辺機器との連成解析ができるようになってきています。
 本特集では、電力送電の重要機器である変圧器の設計、製造、試験方法から、
 変圧器を介したエコ活動やこれからの発展分野について紹介します。


■開発秘話
 ホクデン
 全国接地マップ
 取材、文/編集部

■現場実務
 エネテク 太陽光相談所
 (4) PCS大爆発!!
 エネテク/野口 貴司、松尾 茂則

■現場の電気保安実務
 (193) 太陽光発電 受光時のアーク事故の危険性
 鈎 裕之(マガリ電気管理事務所)

■現場のギモン 解決塾
 (22) 感電防止
 田沼 和夫(田沼技術士事務所)

■実務理論シリーズ
 (33) 高圧線路の地絡特性<その2>
 大崎 栄吉

■私の現場記録
 次第に投入できなくなった配線用遮断器
 森下 正志(森下技術士事務所)

■ライセンス
・2022年 電験三種 合格セミナー
 理論:三相交流 松葉 泰央(新電気電験問題研究会)
 電力:送配電1 植田 福広(新電気電験問題研究会)
 機械:パワーエレクトロニクス 深澤 一幸(新電気電験問題研究会)
 法規:電技・電気施設関連の計算1 高山 英碩(電源開発)

・受験ガイド
 令和4年度 第三種電気主任技術者試験(上期)

・電気の基礎・応用
 やさしく語る電気のイメージ 電気機器の入門講座
 (76) 制御工学 その35
 山下 明(新電気電験問題研究会)

・電験三種 計算ドリル
 今月のテーマ:三角関数 その4
 村山 慎一(中部プラントサービス)

・なるほど納得! 電気計器
 (26) 電力量計①
 元山 武(北海道日刊スポーツ印刷社)

・対話で学ぶ 電気雑学
 (59) 同期化電流
 野口 昌介(野口技術士事務所)

・電気数学のすゝめ2 イチから始める電験三種
 (10) 10進数への変換
 栄 隆志

・西山先生の電験三種「ずぼテク」教室
 (21) いろいろな電圧を覚えよう
 西山 真(日本エネルギー管理センター専任講師)
 「ずぼテク」の内容を動画でも絶賛解説中!

■コラム
 スポーツコラム
 (100) 球界の麒麟児 ~飛躍の裏にある投球の秘密~
 小林 信也

■科学探究クロニクル
 (77) 放射能
 森 弘之

■電車トリビア
 (21) 謎の機器を解明せよ ~昔の電車にあったもの~
 鈴木 剛志(小田急電鉄株式会社)

■半導体どうでしょう
 (5) 逆方向バイアスのその先は? 電子がどんどん増える電子雪崩
 川尻 将

■工業英語 四方山話
  (107) weather
古樋 直己

■娘 vs 父! 電験三種ガチンコバトル
 ユミ、ヒロシ

■SD Forum
 トポロジーのはなし/誤差率εの式を使って2種類の未知抵抗の誤差率を求める/工高白書/読者の声/掲示板

参考価格: 1,595円

電験三種受験と最新技術を掲載する「電気技術者」のための専門誌

  • 2022/04/01
    発売号

  • 2022/03/01
    発売号

  • 2022/02/01
    発売号

  • 2021/12/28
    発売号

  • 2021/12/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

送料
無料

OHM(オーム)

2022年05月02日発売

目次: ■特設
・自家消費PVシステムの構築
 文:大山 正彦、小野寺 浩司、北原 浩貴(株式会社ウエストO&M)
 取材協力:株式会社ウエストO&M、株式会社コーヨー

■ライセンス(資格試験)
・令和4年度 第一種・二種電気主任技術者試験 受験ガイド
・令和3年度 技術士第二次試験結果と令和4(2022)年度 技術士第二次試験スケジュール

■FOCUS ON TREND
・IoT・5G技術の今を見る

■連載
・New 電験二種二次試験 最重要テーマ
 対称座標法 その1
 山下 明

・電気技術者が知っておきたい キーテクノロジー
 自動運転とセンシング、力学センサ
 郷 冨夫

・電気主任技術者×保守管理 トラブルレスキュー119
 系統連系する同期発電機の口出線を端子箱において1線地絡事故に至らせた失態
 郷田 昌三

・やさしく学ぶ 電力系統の保護リレー
 送電線用回線選択リレーの構築(後編)
 安田 忠彰

・Dr.フドー研究所 -電験と実務の温故知新-
 20kV級配電の活線工法(前編)
 不動 弘幸

・総監合格につながる技術士のHOTワード
 カーボンニュートラル、カーボン・オフセット、カーボンフットプリント
 南野 猛

・合格への一手!良問・難問に学ぶ 電験二種・一種試験
 変圧器の等価回路・損失と基本特性
 前田 隆文

・[最終回] 電験「理論」からはじめる「電力」「機械」合格への道
 制御系の安定性
 岡部 浩之

■レポートほか

■頭の体操 虫食算

■News Flash

■新製品情報

■電験二種・三種合格体験記
 菅野 良祐

■電験二種合格体験記
 髙倉 哲平

参考価格: 1,815円

電験一・二種、技術士を目指す方のための電気総合誌

  • 2022/04/05
    発売号

  • 2022/03/04
    発売号

  • 2022/02/04
    発売号

  • 2022/01/05
    発売号

  • 2021/12/03
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

エネルギーフォーラム

エネルギーフォーラム

エネルギーフォーラム

2022年05月01日発売

目次: ●特集1

電力システム崩壊前夜
「3.22需給危機」の深層と教訓

OUTLINE
綱渡りの大規模停電回避の舞台裏 需要・供給双方の総力戦で難局打開
REPORT
社会に求められる意識改革 安定供給が当然はもはや過去!?
REPORT
独自検証で浮上した課題と対策 電力需給ひっ迫はなぜ起きたか
小笠原潤一 日本エネルギー経済研究所 研究理事
INTERVIEW
小川 要 資源エネルギー庁 電力基盤整備課長
平岩芳朗 送配電網協議会 理事・事務局長
岡本 浩 東京電力パワーグリッド 取締役副社長執行役員

---

●特集2

対サイバー攻撃「最前線」
エネルギーインフラの防衛策

OUTLINE
制御系を狙うサイバー攻撃 エネインフラに甚大被害の脅威
INTERVIEW
下村貴裕 資源エネルギー庁 電力産業・市場室長/内田 忠 電力ISAC 代表理事
REPORT
サイバー攻撃の脅威を迎え撃つ エネルギー事業者の独自対策 関西電力/静岡ガス
REPORT
情報へのアクセスに安全な仕組み ITとOTの通信にメタバース導入 ニチガス
多様化する通信環境を安全運用 制御系を守るSIMを開発 NTTコム
REPORT
「標的」と化す重要インフラ サイバー攻撃に備え危険回避
保坂範和 KPMGコンサルティング テクノロジーリスクサービス シニアマネジャー
TOPICS
官公庁や自治体など広く対象に 高い技術力で制御システムを守る トインクス

---

●ENERGY FORUM REPORT
新電力経営に市場高騰の試練 JEPX離れ・顧客切りが加速

●覆面ホンネ座談会
対露制裁の「ブーメラン」 資源小国が取るべき選択は?



参考価格: 1,474円

エネルギー政策、ビジネス総合情報誌

  • 2022/04/01
    発売号

  • 2022/03/01
    発売号

  • 2022/02/01
    発売号

  • 2022/01/01
    発売号

  • 2021/12/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

環境管理

産業環境管理協会

送料
無料

環境管理

2022年05月15日発売

目次: 特集1:粉じん・粒子状物質に関する最新動/特集2:脱炭素の現状と戦略

[目次]

<特集1>
●微細な粉じんによる環境汚染と火災爆発
新東工業株式会社 環境事業部 取材レポート
本誌編集部

●粒子状物質の基礎
遠藤 小太郎(一般社団法人産業環境管理協会 人材育成・出版センター 所長/本誌編集長)

<特集2>
●脱炭素の潮流と日本企業にとっての脱炭素戦略策定の要諦
鵜飼 成典(KPMG FAS 執行役員 パートナー)
六田 康裕(KPMG FAS シニアマネジャー)

● パリ協定第6条の決定とその留意点
髙橋 健太郎(公益財団法人地球環境戦略研究機関 気候変動とエネルギー領域 副ディレクター)

<総説>
● 脱炭素におけるライフサイクルアセスメント
佐伯 順子(一般社団法人産業環境管理協会LCA 日本フォーラム事務局 主査

● ISO/TC207環境マネジメント規格の最新動向― ISO14030グリーン債の規格発行
大野 香代(一般社団法人産業環境管理協会 国際協力・技術センター 所長)

<シリーズ連載>
●【 弁護士からみた環境問題の深層/第17回】
カーボンクレジット取引の法的その他の問題点
北島 隆次(TMI総合法律事務所 弁護士/日本CSR普及協会 環境法専門委員会委員)

●【産廃コンサルタントの法令判断/第74回】
「 プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」の廃棄物管理への影響〜一般製造業に対する義務〜
佐藤 健(イーバリュー株式会社 コンサルティング事業部 コンサルタント/マネージャー)

●【環境担当者のための基礎知識/第51回】
水質関連法の基礎を学ぶ―水質汚濁防止法、水質環境基準と排水基準、さらに地下水汚染を復習
岡ひろあき(環境コンサルタント)

●【新・環境法シリーズ/第123回】
ナノテクノロジー規制の近年の国際的動向─ 2014年以降のアメリカとEUの規制比較を中心に─
中山 敬太(早稲田大学社会科学総合学術院 助手)

●【先読み!環境法/第119回】
農林水産省と環境省の連携強化
小幡雅男(元大阪学院大学教授)

<環境情報・ご案内>
●環境法改正情報
●JEMAI事業報告・事業予定

[ページ数]96ページ

参考価格: 1,100円

創刊50年の環境総合誌。企業、行政、研究者の方へ最新情報を届けます!

  • 2022/04/15
    発売号

  • 2022/03/15
    発売号

  • 2022/02/15
    発売号

  • 2022/01/15
    発売号

  • 2021/12/15
    発売号

  • 2021/11/15
    発売号

給油所日本

油業報知新聞社

送料
無料

SS白書など、経営に役立つデーターを毎号掲載

  • 2022/01/01
    発売号

  • 2010/10/01
    発売号

  • 2010/07/01
    発売号

  • 2010/04/01
    発売号

  • 2010/01/01
    発売号

創 省 蓄エネルギー時報

エネルギージャーナル社

送料
無料

創 省 蓄エネルギー時報

2022年05月15日発売

目次: ◇特集:大幅拡大へ内外の炭素市場取引
 ①GXリーグ、23年本格稼働へ主要440社参画
 ②J-クレジット制度の概要、活用・価格動向と展望
 ③環境省の小圷一久・国際企画官に聞く(上)
○動きと話題 3E+Sの両立可能なトランジションへ期待
○特別レポートⅠ 脱炭素先行26 地域交付金決定へ、屋根裏PV主力
○特別レポートⅡ 再エネTF、水循環系と農山漁村地域への拡充指摘
○ 先号特集②の続き 次世代太陽電池と蓄電技術(下)
○秋本議員の再生エネ永田町報告
〇一考/ 再考
〇再生エネ海外動向
○新着情報ファイル

新エネルギーに関する動向を一早くウオッチ・解説・論評する新しい媒体

  • 2022/04/15
    発売号

  • 2022/04/01
    発売号

  • 2022/03/15
    発売号

  • 2022/03/01
    発売号

  • 2022/02/15
    発売号

  • 2022/02/01
    発売号

地球温暖化

日報ビジネス

送料
無料

地球温暖化

2022年05月20日発売

目次: [特集]

脱炭素化の重点政策


〈イントロダクション〉
2022年度の脱炭素重点制作・施策

〈法改正と新制度〉
脱炭素先行地域づくり/再エネ特措法改正/省エネ法改正/カーボンプライシング制度

〈自治体発 施策・事業ピックアップ〉
山梨県/鳥取県

〈連載〉
地域新電力の挑戦
第5回 かみしほろ電力((株)Karch)

〈資料〉
・2022年度7省庁の地球温暖化対策(緩和・適応)および省エネ・再エネ対策関連予算
・全国自治体新電力マップ
・全国自治体新電力一覧

スペシャルインタビュー

エネルギーの地産地消をテーマに映画製作

映画監督 高垣 博也氏


連載

小西雅子インタビューシリーズ
paint a future~持続可能な未来をつくる主役たち

第18回(前編)  産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所(FREA)


カラー巻頭企画

ゴミック「廃貴物」特別編


連載

SDGs時代のエネルギー戦略~脱炭素地域のはじめ方
●第9回 自治体の再生可能エネルギー政策が後退している

パリ協定6条と事業活動における影響
●第2回 パリ協定第6条の合意内容と参加各国の動向

どうなる・どうする?! 都市温暖化
●第6回 都市の温暖化を計算するモデル

木質バイオマスの利活用はどうあるべきか
●第47回 ネットゼロの実現に向けた木質バイオマスの貢献

小水力発電の現場から
◎東部地域広域水道企業団施設内水力発電所

小水力発電なるほど!豆知識
意外と知らない水道の話(4)

地域発!challenge脱炭素~全国自治体2050ゼロ
◎岩手県久慈市

がんばれ!中小企業!! 七転八起
◎イーレップ(株)

地中熱73
◎ホテルオーレ イン

平田仁子と読み解く、パリ協定後の気候変動対策
●第37回 ウクライナ情勢は脱炭素を遅らせるのか

得する節エネ省エネ再エネインフォメーション

今さら聞けない電気のハナシ
●第10回 「二次電池」「Power to Gas」

シリーズ激動中国 パリ協定後の気候変動政策
その28 再エネ長距離送電網事業の推進 その1

最新!ドイツ温暖化対策事情
●生物的な廃棄物から100%カーボンニュートラルな燃料の技術開発

イクレイ通信
Vol.17 国際社会における自治体の新たな窓口


話題
IPCC第6次評価報告書
WG2、WG3報告書が承認


告知
2022NEW環境展/地球温暖化防止展


とぴっく

●再エネ出力制御の追加低減対策
●陸上風力のコスト低減へ向けて
◎商船三井テクノトレード(株)
●省エネコミュニケーション・ランキング制度/新刊紹介
ecoたろうくん×クロスワード
INFORMATION PLAZA
国・自治体・世界のNEWSから
話題の省エネ・再エネ情報
購読申し込み・バックナンバー
編集後記
4コマ漫画「ななこのちょっとした挑戦!」
広告索引・奥付

地球を守る人々のライフスタイル&ビジネスマガジン

  • 2022/03/20
    発売号

  • 2022/01/20
    発売号

  • 2021/11/20
    発売号

  • 2021/09/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

都市と廃棄物

環境産業新聞社

送料
無料

廃棄物業界の動向を毎月お届け

  • 2022/04/01
    発売号

  • 2022/03/01
    発売号

  • 2022/02/01
    発売号

  • 2022/01/01
    発売号

  • 2011/02/01
    発売号

  • 2011/01/01
    発売号

ロボット産業 最前線

産業タイムズ社

産業、サービス、医療用ロボット、団体の最新動向

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2020/07/20
    発売号

  • 2019/10/07
    発売号

  • 2018/10/09
    発売号

  • 2017/10/10
    発売号

  • 2016/10/10
    発売号

環境ビジネス 特別号

日本ビジネス出版

  • 2018/11/15
    発売号

  • 2018/08/28
    発売号

  • 2018/05/15
    発売号

  • 2018/02/28
    発売号

  • 2017/11/24
    発売号

  • 2017/08/21
    発売号

全74件中 1 〜 30 件を表示

ビジネス・経済 雑誌のカテゴリ

環境・エネルギー雑誌カテゴリでは環境を守る具体案や、現状の問題解説の雑誌を販売しています。太陽光発電・省エネなどの環境推進の具体的情報を提供する「環境ビジネス」や、地球温暖化対策の国際交渉や排出量取引制度など国内外での環境に対する最新動向を掲載する週刊誌「エネルギーと環境」、大気・水質・土壌汚染などの環境分野や廃棄物の適正処理について掘り下げる「週刊循環経済新聞」などがございます。環境問題についての最新情報を得るなら必読です。

環境・エネルギー 雑誌で人気の出版社から探す

環境・エネルギー 雑誌の発売日一覧

明日発売の環境・エネルギー 雑誌

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌