サウンド&レコーディングマガジン

定期購読だと8%OFF!毎号送料無料でお手元にお届けします!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
サウンド&レコーディングマガジンのレビューを投稿する

サウンド&レコーディングマガジンの内容

音楽制作に携わる人々に贈る専門誌。プロの現場のノウハウがここにある!
サウンドエンジニアや宅録ミュージシャン御用達の機材専門誌。 音楽を聴くだけでは飽きたらない、自分の手で創りたい!というクリエイターのためのユニークな専門誌。『キーボード・マガジン』の増刊号として創刊され、1982年から月刊誌して刊行している。PAやエンジニアの技術を網羅的に紹介する特集が人気となり、通称サンレコを呼ばれる。現在も変わらず、音楽制作を行う上で重要な情報やエンジニアのノウハウを提供しています。今後もハードとソフト、アナログとデジタルといった微妙な境界を、うまくバランスをとりながら、斬新でタイムリーな企画をお届けします。 ヒットメーカーが作りだす音作りの紹介から、レコーディングからミキシングまでプロの現場のノウハウをこれでGET♪

サウンド&レコーディングマガジンの商品情報

商品名
サウンド&レコーディングマガジン
出版社
リットーミュージック.
発行間隔
月刊
発売日
毎月25日
参考価格
1,100円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「サウンド&レコーディングマガジン」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

サウンド&レコーディングマガジン 2024年8月号 (発売日2024年06月25日) の目次

■表紙/巻頭企画
自動車でサウンド・プロダクション!
〜奥田民生、ジョアキム・ガロー、寺岡呼人、SUGIZO、SCI録音中継車

特集タイトルを読んでハテナ・マークが浮かんだ人もいるのでは? 一見、結びつくことがなさそうな自動車と音楽制作。しかし世の中には、クルマを音楽制作に活用する事例があるのです。そのディープな世界に潜入すべく、本企画を走らせました。
車内をレコーディング・スタジオにしたり、FCVの水素燃料電池を楽器の電源として使ったり、カー・ステレオでミックス・チェックを行ったりと"各車各様"。音楽制作における、クルマの活用術に迫ります。

◎奥田民生
スタジオ・カー「トツゲキ号&ゲキトツ号」の全貌を12ページにわたり紹介! 奥田民生のインタビューはもちろん、エンジニア宮島哲博による車内システム&機材解説も充実。

◎ジョアキム・ガロー
カイリー・ミノーグ、デヴィッド・ゲッタ、ビヨンセらの制作に携わるフランス人プロデューサー。スタジオ・バス「LAGOODVIBE」こだわりのイクイップメントをレポートします。

◎寺岡呼人
カー・ステレオでのミックス・チェックにも、寺岡呼人ならではのスタイルが。クルマをお持ちの方には、すぐに参考にできるノウハウがあるでしょう。

◎SUGIZO
燃料電池自動車(FCV)のエネルギー源「水素燃料電池」を楽器用の電源として活用するSUGIZO。LUNA SEAのライブ現場を訪れ、使用シーンを撮影しつつ、SUGIZOとエンジニアの小松久明に取材しました。

◎SCI録音中継車
ライブ・レコーディングの世界で活躍するSCIの「録音中継車」。SSLコンソールやサラウンド・システムを擁する"1号車"(中型録音中継車)の中身とは?

■Special Interview
怪獣8号

放送中のテレビ・アニメ『怪獣8号』の音楽を制作した作曲家の坂東祐大と、アフレコの収録やMAを手掛けたエンジニアの佐藤宏明(molmol)にインタビューを敢行。全編にわたるフィルムスコアリングや1音ごとのセリフの整音、60曲を超えるサウンドトラックの制作など、その緻密かつ壮大な制作の裏側をたどります。

■Special Report
数分間のエールを

6月14日(金)公開の青春群像アニメーション映画『数分間のエールを』。MVクリエイターの朝屋彼方、教師でありシンガー・ソングライターの織重夕など、登場人物の関わり合いを通して多角的な視点から"モノづくり"に迫る。本稿では、監督ぽぷりかと音楽の狐野智之に取材し、映画の魅力をレポートする。

■インタビュー
◎Aska Matsumiya
◎砂守岳央

■Beat Makers Laboratory
◎オディッシー

■ライブ・スペース訪問
◎鴨川 SupernaturalDeluxe

■音響設備ファイル
◎天王洲 銀河劇場×パリピ孔明
◎Splash Audio Suite

■レポート
◎BOSE PROFESSIONAL Tokyo Experience Centerグランド・オープン
◎ソニー 360 Reality Audio(BANVOX、SO-SO、SHIROSE、當麻拓美)
◎世界が認めるbeyerdynamic Vol.2 ヘッドホンDTシリーズ編
◎qdc SUPERIOR EX × マイカ・ルブテ
◎ウィーンから新風をもたらすマイク・ブランドAUSTRIAN AUDIO(神谷洵平)
◎Rock oN Monthly Recommend(MOTU 828)

■NEW PRODUCTS
◎PREVIEW
◎DREADBOX Typhon
◎BEHRINGER Kobol Expander
◎IK MULTIMEDIA iLoud MTM MKII
◎GENELEC 8010ARw
◎STAX SRS-X1000
◎MACKIE. DLZ Creator XS
◎MACKIE. MobileMix
◎WESAUDIO NgTubeEQ
◎TEGELER AUDIO MythVCA 500
◎SYNAPSE The Legend HZ
◎HEAVYOCITY Damage Analog Hybrid Drums

■LIBRARY
◎LOOPMASTERS BONES OF AFROBEAT
◎BLACK OCTOPUS THE PHUNK PHENOMENON BY BASEMENT FREAKS

■DAW Avenue
◎steinberg Cubase Pro 13 TOMOKO IDA
◎MOTU Digital Performer 小林洋平
◎Image-Line Software FL Studio DJ PMX
◎Ableton Live 荘子it
◎Avid Pro Tools 永井聖一
◎PreSonus Studio One こおろぎ
◎BITWIG Bitwig Studio Yuri Urano
◎UNIVERSAL AUDIO Luna 青木征洋

■Column
◎realize 細井美裕
◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明
◎Berlin Calling 浅沼優子
◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎
◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断

■Review
◎Engineers' Recommend
◎Books
◎News

サウンド&レコーディングマガジンの目次配信サービス

サウンド&レコーディングマガジン最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

サウンド&レコーディングマガジンのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.31
  • 全てのレビュー: 17件
宅録始めました
★★★★★2024年02月27日 SAKU 会社員
この雑誌で憧れの宅録を始めたりと最初のきっかけを与えていただきました。これからも私の音楽ライフの教科書として存在し続けてください。
始めます❗
★★★★☆2023年01月10日 Kobby 無職
音楽制作を始めて●十年、古い機材で曲作りを進めてきました。この本は以前からたまに購入し、参考にしてきましたが、今年から、定期購入して、より本格的に幅広いサウンドと音質を求めて前進したいと思います。
見にくくなった
★★★★☆2022年08月22日 ケイズ 自営業
創刊時から購読してますが、数年前から紙の質が変わって見にくくなりましたね。 内容は、月によりまちまちですが、楽しく読ませて頂いております。
自宅録音の教科書
★★★★★2022年04月10日 aron 公務員
全部の記事が大好きですが、特にクリエイタ-のプライベ-トスタジオの写真をみているとモチベ-ションも上がるし、自分のスタジオのセッティングにもいつも参考にしています。この書籍が日頃の私の仕事のストレスも下げてくれています。
音楽機器マニア
★★★★☆2020年03月27日 ひまひま愛好家 無職
ひまひま音響マニアで、とても楽しく見ています。 特にプレイをするわけでも無いのですが、不思議ですね、楽しい記事がいっぱいです。
トップサウンドクリエーターの秘密が垣間見れます!
★★★★☆2019年01月31日 dotenking 自営業
よくトップサウンドクリエーターのスタジオや作業部屋の写真やインタビュー記事に、サウンドの秘密やヒントを垣間見ることができます。全てが分かるわけではないのですが、なるほど!と気づくことが良くあります。大変貴重な資料が満載で大変参考になります! 欲を言えば、あと一歩突っ込んだ話を聞いてほしいなと思う時が時々あります。数多くのクリエーターの方の記事ではなく、少し絞り込んで内容の濃いインタビューをしていただけると嬉しいです。
サウンドデザイナーに飽き足らなくなった人にオススメ
★★★☆☆2016年05月03日 ケン 無職
サウンドデザイナーとDTMマガジンと読みついで来ましたが、この雑誌は前者2誌に飽き足らなくなった人にオススメ。雑誌の編集方針としてはサウンドデザイナーと同じ。DTMマガジンのような打ち込み系の記事は皆無。サウンドデザイナーをさらに深化させた感じでしょうか?。かなり専門的で、現場のプロエンジニアを意識した編集。専門的すぎてわからないなりにも、すでに初心者とは言えない人には興味深いと思います。
良かった
★★★★★2015年01月10日 むーむー 専業主婦
毎回本屋で買っているが、定期購読にしました。すごく楽です。内容は参考になります。
良いです
★★★★★2015年01月10日 むーむー 主婦
毎回本屋で買っていたのを今回は定期購読しました。楽で助かります。本の内容は参考になります。
サウンドに関わるすべての人に向けて!
★★★★★2014年05月03日 バンジョーのジョー 専門職
かれこれ20年以上の付き合いになるでしょうか。日本でこの種の雑誌はこれしかないと思います。毎号、サウンドメイキングのアイデアのための製品レビュー、チュートリアル的なTips、音楽情報などなど刺激を受ける情報が満載です。
レビューをさらに表示

サウンド&レコーディングマガジンをFujisanスタッフが紹介します

今や自宅での音楽制作は、PC1台あればできる時代になりました。プロとアマチュアの作品を聴き比べても、そのクオリティは拮抗してきつつあります。一方で、誰もが一定の水準で音楽制作ができるようになったからこそ、その一歩先にいくには確かな技術と知識が不可欠です。

サウンド&レコーディングマガジン通称サンレコは、1982年から刊行されている音楽制作の専門誌です。プロの作曲家やエンジニアの使用機材や製作秘話、ホンネなどの裏側まで網羅した深いインタビューや、制作で使える実践的なテクニックとアレンジにまで踏み込んだノウハウ記事、さらにはハード・ソフト問わず新製品の詳細レビューなど、クリエイターが今まさに知りたい情報を、最新の音楽シーンに合わせて届けます。

打ち込みからレコーディング、作曲・アレンジ、ミキシング・マスタリング、DAWの操作方法に至るまで、それぞれの境界を超えて理解できることが必須となっているのが現状です。また、プラグインの扱いや音響的な知識も求められます。プロも愛読するサンレコでは、そんな読者のニーズに応えるさまざまな企画で、日々作品を産み出すことに情熱を注ぐクリエイターたちを手厚くサポートします。

サウンド&レコーディングマガジンの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.