※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Talking Rock!(トーキングロック!)
  • 出版社:トーキングロック
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月9日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:888円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Talking Rock!(トーキングロック!)
  • 出版社:トーキングロック
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月9日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:888円
  • 雑誌

Talking Rock!(トーキングロック!)

確実にお手元にお届けします!
  • 雑誌

Talking Rock!(トーキングロック!)

確実にお手元にお届けします!

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
Talking Rock!(トーキングロック!)のレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

888円(税込)/冊

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

Talking Rock!(トーキングロック!) 雑誌の内容

  • 出版社:トーキングロック
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月9日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:888円
毎号約10組厳選のロングインタビュー集
ビッグアーティストから新鋭アーティストまで、毎号約10組を厳選して、じっくりと時間をかけて取材を行い、 オリジナル写真とともに構成したミュージックインタビュー集。読み物としての拘りを追求したシンプルな構成とデザインに紙質の落ち着いた手触り感。あくまでアーティストの言葉に重きを置いたまさに“トーキングロック”な音楽雑誌です。

Talking Rock!(トーキングロック!) 2021年11月号 (発売日2021年10月09日) の目次

●宮本浩次

表紙巻頭は10月13日にニューアルバム『縦横無尽』をリリースする宮本浩次! 前回の表紙巻頭号=本誌20年3月号以来となる今回の取材は、2枚のソロアルバム=『宮本、独歩。』と『ROMANCE』の流れを最初に整理しつつ、自身の音楽をさらに大きく開花させた1枚であり、ロックもブルースもポップスもカバーも含めて、王道のロックバンド感と珠玉のポップス感を兼ね備えた名曲だらけと呼びたい大傑作アルバム『縦横無尽』の完成に至るまでと収録の全曲についてじっくりと話を聞きました!

●ドミコ

2人組ロックバンドのドミコがバックカバーで本誌初登場! 凄まじいエネルギーを撒き散らして鳴らすラウドかつサイケデリックなナンバーから、どこかファニーなチルアウトソングまで、その多彩な楽曲で多くのリスナーを虜にしている彼ら。ファーストコンタクトとなった今回は、2人でバンドを組むことになった経緯や音楽の変遷、さらに曲作りやライブの制作における拘りなどを深く尋ねつつ、10月13日にリリースするニューアルバム『血を嫌い肉を好む』について話を聞きました!

●THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTESのメンバー全員によるインタビューをお届け! 10月13日に配信リリースする最新曲「MACHINEGUN」は、疾走感溢れるビートと妖艶なギターリフで惹きつける“これぞ、オーラル!”の痛快なナンバー。今年6月にリリースした「Red Criminal」から続くその“ロックモード”に至った理由を始め、彼らの今の心境について赤裸々に語ってもらいました!

●ACIDMAN

約4年ぶりのニューアルバム『INNOCENCE』を10月27日にリリースするACIDMAN。昨春頃から日本中が新型コロナウイルス感染症の拡大で混沌としていた中で、冷静に状況を判断していち早く配信ライブやインストでのコンサートを行い、今年に入って早々にニューアルバムのリリースを告知し、全曲を先行で披露する配信ライブとツアーを敢行するなど、途切れなく自分たちの最新の音楽を届けてきた彼らのその一連の動きを整理しつつ、『INNOCENCE』については全曲解説スタイルで大木伸夫(vo&g)に話を聞きました。

●BRAHMAN

従来のライブとは違ったスロウ&ミドルナンバーを中心に、音楽が放つパワーと演出の魅力とバンド本来のカッコよさを思い切り焚き付けてくれた大感動のツアー『Tour 2021 -Slow Dance-』に続いて、バンド初のホールツアー『Tour -slow DANCE HALL-』を開催するBRAHMAN。『Tour 2021 -Slow Dance-』はどういう想いでステージプランを考え、実際にどんな手応えを得たのか。さらに初のホールツアーに向けてと、コロナ禍以降の今のライブの在り方や音楽との向き合い方について、TOSHI-LOW(vo)とディープに語り合いました。

●THE BAWDIES

9月22日にニューアルバム『BLAST OFF!』をリリースし、同作に伴う全国ツアー『BLAST OFF! TOUR 2021-2022』をスタートさせたTHE BAWDIES。彼らならではのルーツミュージックを昇華したナンバーはもちろん、80年代後期のUKソウルや90年代のデジロックなど、今までになく時代感を超越したミクスチャーサウンドを聴かせるその新作の完成までと収録曲について、メンバー全員にインタビューしました!

●SHE’S

10月6日に5thアルバム『Amulet』をリリースし、バンド結成10周年&メジャーデビュー5周年イヤーを締め括る初の日本武道館公演を22年2月24日に行うSHE’S。前回の取材=今年2月のシングル「追い風」(本誌21年3月号に掲載)以降の流れを整理しつつ、バンド結成10周年&メジャーデビュー5周年の中で育んできた彼らの音楽性を網羅すると同時に、SHE’Sの今のセンスと魅力を余すことなく閉じ込めた新作『Amulet』について、写真撮影をメンバー全員で、そしてインタビューは井上竜馬(vo&key)単独で行いました!

●Hump Back

8月4日に2ndフルアルバム『ACHATTER』をリリースしたHump Backのインタビュー! まずは素晴らしいステージを披露してくれた本誌主催イベント『Talking Rock! FES.2021』(7月10日&11日に横浜アリーナで開催。本誌21年9月号にリポート掲載)の感想をあらためて伺いつつ、キャッチーで彼女たちらしい人間味と愛に溢れた歌とロックサウンドがギッシリ詰まった『ACHATTER』について、同作に伴うツアーで行う初の日本武道館公演(11月28日)と2度目の大阪城ホール公演(11月13日)に向けての意気込みも含め、メンバー全員に話を聞きました!

●KALMA

10月20日に1stフルアルバム『ミレニアム・ヒーロー』をリリースするKALMAの本誌初インタビュー! 全14曲で構成された本作は、聴く人の心に寄り添う等身大で前向きな歌詞を乗せた勢いのある楽曲や、どこか切なげで哀愁を感じさせるミドルテンポのナンバーなど、多様なサウンドが魅力で、今のKALMAがギュッと詰まった1枚です。まずは彼らのバンドヒストリーと音楽ルーツをたどりつつ、同作についてメンバー全員に話を聞きました!

+   Talking Rock!(トーキングロック!)の目次配信サービス

Talking Rock!(トーキングロック!)のレビュー
総合評価: ★★★★★ 4.50
全てのレビュー:4件

レビュー投稿で500円割引!
読みやすい!
★★★★★2014年02月27日 ちゅるりん 大学生
手に収まりやすいサイズでいい!内容もごちゃごちゃしてない!アーティスト密着型で読んでいて楽しいしわくわくします!
写真&インタビューのナチュラルさが好きです!
★★★★★2012年10月27日 ぱむ その他
写真もキレイで、アーティストインタビューやライブレポートがメインの両面表紙雑誌。インタビュー内容が編集者との距離が近い感じで、すごくナチュラルにアーティストから言葉が引き出されています!ライブ好きの私にはライブレポートも貴重です。特に私はTHE BAWDIESが好きで、掲載されているバックナンバーも全部購入したいと思っています。
THE BAWDIES好きにピッたし
★★★☆☆2011年06月04日 まひろ アルバイト
この雑誌はとてもTHE BAWDIESの個性を引き出してくれます。写真もイメージピッたしの芸術的なものばかりで、とても綺麗です。
レミオと僕らを繋いでくれる
★★★★★2010年03月04日 鬼義理 高校生
僕はレミオロメンが好きなのですが、インタビュアーの人と『自然な感じ』で、しかも『内容の濃い深い』やりとり、これは他にはないです!!!レミオと僕らを繋いでくれる、そんな存在です。。。最後に一言、一冊レミオロメン特集の増刊号待ってます!!!!!

Talking Rock!(トーキングロック!)のバックナンバー

●宮本浩次

表紙巻頭は10月13日にニューアルバム『縦横無尽』をリリースする宮本浩次! 前回の表紙巻頭号=本誌20年3月号以来となる今回の取材は、2枚のソロアルバム=『宮本、独歩。』と『ROMANCE』の流れを最初に整理しつつ、自身の音楽をさらに大きく開花させた1枚であり、ロックもブルースもポップスもカバーも含めて、王道のロックバンド感と珠玉のポップス感を兼ね備えた名曲だらけと呼びたい大傑作アルバム『縦横無尽』の完成に至るまでと収録の全曲についてじっくりと話を聞きました!

●ドミコ

2人組ロックバンドのドミコがバックカバーで本誌初登場! 凄まじいエネルギーを撒き散らして鳴らすラウドかつサイケデリックなナンバーから、どこかファニーなチルアウトソングまで、その多彩な楽曲で多くのリスナーを虜にしている彼ら。ファーストコンタクトとなった今回は、2人でバンドを組むことになった経緯や音楽の変遷、さらに曲作りやライブの制作における拘りなどを深く尋ねつつ、10月13日にリリースするニューアルバム『血を嫌い肉を好む』について話を聞きました!

●THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTESのメンバー全員によるインタビューをお届け! 10月13日に配信リリースする最新曲「MACHINEGUN」は、疾走感溢れるビートと妖艶なギターリフで惹きつける“これぞ、オーラル!”の痛快なナンバー。今年6月にリリースした「Red Criminal」から続くその“ロックモード”に至った理由を始め、彼らの今の心境について赤裸々に語ってもらいました!

●ACIDMAN

約4年ぶりのニューアルバム『INNOCENCE』を10月27日にリリースするACIDMAN。昨春頃から日本中が新型コロナウイルス感染症の拡大で混沌としていた中で、冷静に状況を判断していち早く配信ライブやインストでのコンサートを行い、今年に入って早々にニューアルバムのリリースを告知し、全曲を先行で披露する配信ライブとツアーを敢行するなど、途切れなく自分たちの最新の音楽を届けてきた彼らのその一連の動きを整理しつつ、『INNOCENCE』については全曲解説スタイルで大木伸夫(vo&g)に話を聞きました。

●BRAHMAN

従来のライブとは違ったスロウ&ミドルナンバーを中心に、音楽が放つパワーと演出の魅力とバンド本来のカッコよさを思い切り焚き付けてくれた大感動のツアー『Tour 2021 -Slow Dance-』に続いて、バンド初のホールツアー『Tour -slow DANCE HALL-』を開催するBRAHMAN。『Tour 2021 -Slow Dance-』はどういう想いでステージプランを考え、実際にどんな手応えを得たのか。さらに初のホールツアーに向けてと、コロナ禍以降の今のライブの在り方や音楽との向き合い方について、TOSHI-LOW(vo)とディープに語り合いました。

●THE BAWDIES

9月22日にニューアルバム『BLAST OFF!』をリリースし、同作に伴う全国ツアー『BLAST OFF! TOUR 2021-2022』をスタートさせたTHE BAWDIES。彼らならではのルーツミュージックを昇華したナンバーはもちろん、80年代後期のUKソウルや90年代のデジロックなど、今までになく時代感を超越したミクスチャーサウンドを聴かせるその新作の完成までと収録曲について、メンバー全員にインタビューしました!

●SHE’S

10月6日に5thアルバム『Amulet』をリリースし、バンド結成10周年&メジャーデビュー5周年イヤーを締め括る初の日本武道館公演を22年2月24日に行うSHE’S。前回の取材=今年2月のシングル「追い風」(本誌21年3月号に掲載)以降の流れを整理しつつ、バンド結成10周年&メジャーデビュー5周年の中で育んできた彼らの音楽性を網羅すると同時に、SHE’Sの今のセンスと魅力を余すことなく閉じ込めた新作『Amulet』について、写真撮影をメンバー全員で、そしてインタビューは井上竜馬(vo&key)単独で行いました!

●Hump Back

8月4日に2ndフルアルバム『ACHATTER』をリリースしたHump Backのインタビュー! まずは素晴らしいステージを披露してくれた本誌主催イベント『Talking Rock! FES.2021』(7月10日&11日に横浜アリーナで開催。本誌21年9月号にリポート掲載)の感想をあらためて伺いつつ、キャッチーで彼女たちらしい人間味と愛に溢れた歌とロックサウンドがギッシリ詰まった『ACHATTER』について、同作に伴うツアーで行う初の日本武道館公演(11月28日)と2度目の大阪城ホール公演(11月13日)に向けての意気込みも含め、メンバー全員に話を聞きました!

●KALMA

10月20日に1stフルアルバム『ミレニアム・ヒーロー』をリリースするKALMAの本誌初インタビュー! 全14曲で構成された本作は、聴く人の心に寄り添う等身大で前向きな歌詞を乗せた勢いのある楽曲や、どこか切なげで哀愁を感じさせるミドルテンポのナンバーなど、多様なサウンドが魅力で、今のKALMAがギュッと詰まった1枚です。まずは彼らのバンドヒストリーと音楽ルーツをたどりつつ、同作についてメンバー全員に話を聞きました!

●Official髭男dism
メジャー2ndフルアルバム『Editorial』を8月18日にリリースするOfficial髭男dismを表紙巻頭で大特集! 今や国民的バンドとなった彼らの約1年10カ月ぶりとなる本作では、4人が心からトライしたいと思ったサウンドを追求! メンバーそれぞれのパーソナルな内面に深く潜り込み、これまで以上に彼らのリアルな声が投影された全14曲を収録したその素晴らしいアルバムについて、全員でじっくり語ってもらいました! 特集の後半には、今年6月に開催された有観客ライブ『Official髭男dism Road to「one-man tour 2021-2022」』のライブリポートも掲載! クールな写真も必見の計26ページのボリュームでお届けします!

●Saucy Dog
今号のバックカバーを飾るのは、8月25日にミニアルバム『レイジーサンデー』をリリースするSaucy Dog! 今年2月に開催されたバンド自身初の日本武道館公演を振り返りつつ、本作に収録された、柔らかくアコースティックな手触りの全8曲がどのように生まれてきたのか、3人に話してもらいました。石原慎也(Vo&g)が失われたものへの気持ちを歌詞で描き続ける理由や、バンドが今向き合っている課題について、そしてメンバー間の意外(?)な関係性にも深く切り込んだインタビューです! 中ページの写真もまさに “レイジーサンデー”なテイスト! 要チェックです!

●SixTONES
本誌21年3月の表紙巻頭号以来の登場となるSixTONESは、常田大希(King Gnu/ millennium parade)が手掛けて話題沸騰&大注目の8月11日発売のニューシングル「マスカラ」を特集! 最初にツアー『on eST』の手応えを尋ねつつ、ドラマチックで起伏のあるメロディを6人が見事な歌唱センスで表現し、SixTONESの新たな魅力を打ち出した同シングル曲と収録のカップリング曲について。今回もジェシー&京本大我&髙地優吾と、松村北斗&森本慎太郎&田中樹の2組に分かれてインタビューしました! 過去3度の掲載(21年1月号、21年2月号増刊、21年3月)とはまた違ったテイストのカッコいい写真(最高に痺れますよ!!)にも要注目です!

●KEYTALK
8月25日に1年9カ月ぶりのニューアルバム『ACTION!』をリリースするKEYTALKのメンバー全員インタビューをお届け! コロナ禍の影響で数々のライブが中止になる中で、それぞれが“KEYTALKらしさ”をあらためて見つめ直したという彼ら。そこからインスピレーションを大切に制作を進め、バンドの持ち味やキャッチーさがさらに増幅した、原点回帰な印象を受ける全12曲を収録の本作について、彼ららしいユーモアとウィットに富んだ言葉で話してもらいました!

●Talking Rock! FES.2021 完全リポート大特集!!!
本誌創刊25周年を記念して7月10日&11日に横浜アリーナで開催した『Talking Rock! FES.2021』を完全リポート!! 出演アーティスト全16組のたっぷりのライブ写真&リポートはもちろん、終演直後のレアインタビューとオフショットに、ご来場いただいたみなさんのスナップ写真など、全80Pのボリュームで大掲載!! 新型コロナウイルスが落ち着きを見せない中、感染対策を施しながら開催した本フェスに出演の全16組は、どういう想いでステージに立ち、そしてそこで何を感じたのか。大感動の2日間のドキュメントを余すことなくお伝えします!

『Talking Rock! FES.2021』
《7月10日》
 秋山黄色/Hump Back/マカロニえんぴつ/フレデリック
 go!go!vanillas/My Hair is Bad/クリープハイプ/THE ORAL CIGARETTES
《7月11日》
 Vaundy/ハルカミライ/Saucy Dog/BLUE ENCOUNT
 SHISHAMO/the LOW-ATUS/キュウソネコカミ/SUPER BEAVER
Talking Rock!21年7月号
●SUPER BEAVER(表紙巻頭)
●ゆず(第2特集)
●the LOW-ATUS
●SHISHAMO
●MAN WITH A MISSION
●GRAPEVINE
●フィッシュマンズ
●CHAI
●Vaundy
●MONO NO AWARE
●kobore
●ヤユヨ


●SUPER BEAVER
表紙巻頭は7月10日&11日に横浜アリーナで開催する本誌主催フェス『Talking Rock! FES.2021』に出演してくれるSUPER BEAVERを大特集! もちろんメンバー全員で見事オリコン週間ランキング2位を獲得した今年2月のアルバム『アイラヴユー』のその手応えをあらためて尋ねつつ、5月のシングル「愛しい人」と7月7日にリリースされるニューシングル「名前を呼ぶよ」のそれぞれ表題曲はもちろん、カップリング曲(これがまたすべて秀逸!)も含めてじっくりと話を聞きました! 全24ページで、中の写真も最高にカッコいいのでぜひチェックを!

●the LOW-ATUS
続いてこちらも7月10日&11日に横浜アリーナで開催する本誌主催イベント『Talking Rock! FES.2021』に出演してくれる、細美武士(the HIATUS/MONOEYES/ELLEGARDEN)と、TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)によるthe LOW-ATUSを12Pで掲載! まずはそもそもの二人の接点をあらためて振り返りつつ(たっぷりと聞きました!)、the LOW-ATUSのここまでの活動内容を追いかけた後、6月9日リリースの1stアルバム『旅鳥小唄/Songbirds of Passage』(読み:タビドリコウタ)について、じっくりと話を聞きました!

●SHISHAMO
さらに、こちらも7月10日&11日に横浜アリーナで開催する本誌主催フェス『Talking Rock! FES.2021』に出演してくれるSHISHAMOをキャッチ! 6月30日にリリースするニューアルバム『SHISHAMO 7』をメインに、前作の『SHISHAMO 6』(20年1月)以降、コロナ禍になる中で、どのような気持ちで過ごし、コンスタントに配信シングルを出しながら今回のアルバムをどういう気持ちで作り上げたのか。メンバー全員で撮影をした後、宮崎朝子にじっくりと話を聞きました!

●Vaundy
さらにさらに! こちらも7 月10&11日に横浜アリーナで開催する本誌主催イベント『Talking Rock! FES.2021』に出演するVaundyを初インタビュー! 現在21歳にして作詞・作曲・編曲はもちろんアートワークのすべてを一人でこなす彼の音楽は、聴く人の体にスッと馴染む聴き心地よいサウンドであり、昨年5月の1stアルバム『strobo』では幅広いジャンルの楽曲を披露。そんな彼の音楽ルーツとポップ論、そして活動にかける想いなどをじっくりと聞いた後、4月に配信リリースされた「しわあわせ」とこの先の未来図について話を聞きました!

●ゆず
今号の巻末特集でゆずを12Pでお届け! 本誌登場は20年3月のアルバム『YUZUTOWN』での表紙号以来1年3カ月ぶり。もちろん北川悠仁&岩沢厚治の二人とその後の流れを丁寧に整理しながら、5月29日に配信された『YUZU ONLINE LIVE 2021 YUZUTOWN』で披露した最新曲の「NATSUMONOGATARI」、そして6月5日に配信された『YUZU ONLINE LIVE 2021 ALWAYS YUZUTOWN』で披露した未発表の新曲「ALWAYS」について。さらには夏からスタートするホールツアー『YUZU TOUR 2021 謳おう』への意気込などについて、たっぷりと話を聞きました!

●MAN WITH A MISSION
映画『ゴジラvsコング』の日本版主題歌の「INTO THE DEEP」を6月9日にリリースするMAN WITH A MISSION。ゴジラとキングコングの間に佇む5匹のビジュアルが最高にカッコよくてユニークでワクワクしますが、その主題歌「INTO THE DEEP」が“映画のサウンドトラックか”と思わせるような狼たちならではのデジロック&エモーショナルな展開が最高にカッコいいナンバーです! 昨年7月のバンド結成10周年記念3部作の第3弾『MAN WITH A“BEST”MISSION』以降にリリースした「ONE WISH e.p.」(21年2月)と、今作「INTO THE DEEP」のそれぞれの収録曲についてジャン・ケン・ジョニーにじっくりと話を聞きました!

●GRAPEVINE
19年2月の『ALL THE LIGHT』以来、2年3カ月ぶりのニューアルバム『新しい果実』を5月26日にリリースしたGRAPEVINE。ホッピー神山をプロデューサーに迎えた前作から転じて今作はセルフプロデュースで制作! ネオソウルなテイストに彼らならではのオルタナ感をブレンドした1曲目「ねずみ浄土」を皮切りに、今作も多彩なサウンドメイクと巧みな言葉の表現でグレイプバインならではの音楽がしっかりと楽しめる1枚です! その新作について、ユニークな脱線トークも含めつつ(笑)、全曲解説スタイルで3人に詳しく話を聞きました!

●フィッシュマンズ
今年デビュー30周年を迎えたフィッシュマンズが、それを記念したドキュメンタリー映画を制作! 『映画:フィッシュマンズ』のタイトルで7月9日から全国の映画館で公開予定! オリジナルメンバーはもちろん、同バンドに深く関わりのある人物がカメラの前でフィッシュマンズへの想いと、その当時の心境を赤裸々に語り、レア映像もたっぷり収めた同作品について、フィッシュマンズの欣ちゃんこと茂木欣一にインタビューを敢行! 前身のトーキンロック!に掲載した懐かしい記事も引っ張り出して笑い話も交えながら30年を振り返りつつ、同映画についてじっくりと話を聞きました!

●CHAI
ニューアルバム『WINK』を5月21日にリリースしたCHAIのインタビューをお届け! 約2年ぶりとなる本作は海外のプロデューサー&アーティストを多数招いて制作を敢行し、コロナ禍でライブができない状況をポジティブに捉え、“今”しか鳴らせない新たなサウンドへ果敢にチャレンジ! これまでのバンドイメージを刷新するブラックフィーリング溢れるメロウな全12曲について、メンバー全員に話を聞きました! キュートな写真にも要注目!

●MONO NO AWARE
6月9日に4thアルバム『行列のできる方舟』をリリースしたMONO NO AWARE! 遊び心溢れるユーモラスな言葉選びと、どこか郷愁感を帯びた多彩なギターロックサウンドで多くのリスナーを惹きつけてきた彼ら。次なるフェーズへと進んだバンドが本作で新たに描いた世界観とはどんなものなのか? メインソングライティングを務める玉置周啓(vo&g)をキャッチしてたっぷり話を聞きました!

●kobore
6月9日にEP「Orange」をリリースするkoboreのインタビュー! メジャー1stアルバム『風景になって』(20年8月)以来となる本作は、先行配信された「夜空になりたくて」と「海まで」を含め、新たなサウンドワークにも挑戦したという全6曲を収録! koboreらしいパワフルさや瑞々しさは湛えたまま、感覚をアップデートした素晴らしいソングライティングが光る今作について、佐藤赳(vo&g)と田中そら(b)の二人に話を聞きました。

●ヤユヨ
6月16日に2ndミニアルバム『THE ORDINARY LIFE』をリリースするヤユヨのインタビュー! 前回の取材(本誌20年9月号)以降に行われた東名阪ワンマンツアー『ヤユヨ初めましてのワンマンツアー2021』の感想や、そのファイナルの大阪公演で正式加入を発表したすーちゃん(ds&cho)の加入の経緯や心境を伺いつつ、新しいことにも挑戦してさらに進化を遂げた自信作だと言う今作『THE ORDINARY LIFE』についてメンバー全員に話を聞きました!
●マカロニえんぴつ
 4月21日にメジャー1stシングル「はしりがき」をリリースするマカロニえんぴつ! 本誌初の表紙巻頭となる今回の特集は、はっとり(vo&g)のソロインタビュー&メンバー全員インタビューによる2部構成でお届けします! シングルに収録された新曲4曲に込めた想いやこだわりについてはもちろん、はっとり自身が“去年の今頃と比べたら、心が丸いなあと思うし、居心地がいい”と語るバンドを取り巻く“今”の状況についてしっかりと話を聞きました!

●[Alexandros]
 デビュー10周年のアニバーサリー公演『Where’s My Yoyogi?』を3月20日&21日に幕張メッセで開催した[Alexandros]! そのヒストリーやバンドの転機となる出来事を、さまざまな演出&楽曲でたどった2日間の模様をしっかりとレポート! 本公演でバンドから勇退した庄村聡泰(ds)の心を打つ最後のステージについても、たっぷりの写真とともに全14ページでお届けします!(写真は21日のみ掲載!)

●くるり
 4月28日にリリースされるくるりのニューアルバム『天才の愛』は、先行配信の「I Love You」を始め、彼らならではの緻密かつ前衛的でポップな佳曲ばかりが揃い、これまでのくるりの音楽の集大成と言える大傑作にして最高に新しい音楽を鳴らした斬新な1枚です! このアルバムはどのようにして生まれ、どんな想いを込めているのか。本誌おなじみの“宇宙船”の話も交えながら(笑)、岸田繁(vo&g)と佐藤征史(b&vo)に話を聞きました! 

●フレデリック
 フレデリックが自身初の日本武道館公演となる『FREDERHYTHM ARENA 2021~ぼくらのASOVIVA~』を2月23日に開催! 前回の横浜アリーナ公演(20年2月)以降、 “フレデリックで遊ぶ”をテーマに掲げ、YouTubeチャンネルや配信ライブなどでさまざまな音楽の楽しみ方を提示してきた彼らが、その集大成となる武道館公演で見せてくれた“遊び”とは? その様子をリポートします!

●Novelbright
 4月28日にメジャー1stアルバム『開幕宣言』をリリースする大阪発のロックバンドのNovelbrightが本誌初登場! バンド結成の経緯から、それぞれの音楽ルーツ、そしてここまでの活動を振り返りつつ、いち早く聴かせていただいた『開幕宣言』について、いくつかの収録曲にも触れながらメンバー全員にたっぷりと話を聞きました!

●SAKANAMON
 コンセプトミニアルバム『ことばとおんがく』を4月14日にリリースするSAKANAMONより藤森元生のインタビューをお届け! “誤聞(内容を間違って聞くこと)”や“地口(ことわざ・成句と似た発音の文句を作って言うシャレ)”などのテーマを掲げながら、 “言葉遊び”と“音楽”をテーマにした自由な発想の全8曲を収録した本作について話を聞きました!

●Karin.
 3月10日に3rdアルバムに『solitude ability』を、そして20歳の誕生日(5月30日)を迎える前の5月12日にデジタルミニアルバム『solitude minority』を連続でリリースするKarin.のインタビュー! 高校を卒業後、コロナ禍で思うように音楽活動ができず、様々な苦しみと葛藤と気付きを手にしたというその1年を振り返りつつ、それらのドキュメンタリーと彼女の10代の心を形にして収めた2枚のアルバムについて話を聞きました!

●SIX LOUNGE
 4月7日にニューアルバム『3』をリリースしたSIX LOUNGE。本誌主催イベント『ニューロック計画!2017』の出演から4年が経ち、コロナ禍を含めてここまでどのような気持ちで活動してきたのかを振り返りつつ、今まで以上に優しさと強いメッセージを感じる歌詞と、疾走感抜群のパンクナンバーから、ブギーに、サイケなダンスロックまで、聴き応えたっぷりなロックンロールを聴かせる今作について、メンバー全員を京都でキャッチして話を聞きました!

●神はサイコロを振らない
 3月17日にリリースしたメジャー1stシングル「エーテルの正体」がオリコン週間ランキングのトップ10ヒットを記録した神はサイコロを振らない。本誌主催イベント『ニューロック計画!2018』にも出演してくれた彼らの音楽ルーツと、ここまでのバンドの変化をあらためて整理しつつ、よりポップに踏み込んだ印象の「エーテルの正体」について、フロントマンの柳田周作(vo)に話を聞きました!

●w.o.d.
 3月31日に3rdフルアルバム『LIFE IS TOO LONG』をリリースしたw.o.d.のインタビュー! その今作は、オルタナ/グランジへのリスペクトは変わらず、デジロックやサイケデリックなダンスグルーヴを新たにブレンドしたバンドアンサンブルが最高にカッコよくて秀逸な1枚! コロナ禍を過ごす中であらためて自分たちはライブバンドであり、そしてロックバンドであることを自覚したというサイトウタクヤ(vo&g)に話を聞きました!

●なきごと
4月7日に2ndミニアルバム『黄昏STARSHIP』をリリースしたなきごとのインタビュー!全7曲を収録した同作は、歌詞の描写とサウンドワークがいずれも表情豊かになり、なきごとを新たなフェーズに押し上げる1枚! 自粛期間中に自分たちを見つめ直した上で得ることのできた成長や、今作のコンセプトである“現実逃避”と、その収録曲について、水上えみり(vo&g)と岡田安未(g&sho)にじっくりと話を聞きました!

●Bye-Bye-Handの方程式
 3月17日に初の全国流通盤となるミニアルバム『ろまんす快速特急』をリリースした大阪出身のバンド・Bye-Bye-Handの方程式に初インタビュー! 一度聴けばすぐに口ずさめるキャッチーなメロディと、時に切なく、時に妄想全開(!?)な恋心を歌った歌詞が魅力の全8曲を収録。彼らのバンドヒストリーと音楽ルーツをたどりつつ、その作品について、汐田泰輝(vo&g)と清弘陽哉(ds)に話を聞きました!
Talking Rock! 21年4月増刊「sumika特集」

●sumika(表紙巻頭)
●go!go!vanillas
●ONAKAMA 2021
 THE ORAL CIGARETTES
 04 Limited sazabys
 BLUE ENCOUNT
●東京スカパラダイスオーケストラ
●10-FEET
●クリープハイプ
●フジファブリック
●Saucy Dog
●秋山黄色


●sumika

2年ぶりのニューアルバム『AMUSIC』を3月3日にリリースするsumikaを本誌2年ぶりの表紙巻頭で大特集! インタビューの前半は2020年の動きを振り返りつつ、その先に生まれた今作『AMUSIC』のタイトルに掲げたワードが生まれるまでの背景と、そこに込めた想いはもちろん、コロナ禍の日々の中で育んできた音楽への情熱のすべてを注いで今のsumikaを鳴らした同作について、全曲解説のスタイルで話を聞きました。さらに、さいたまスーパーアリーナで3日間に渡り行われたオンラインライブのリポートも掲載! 2部構成でお届けします!


●go!go!vanillas

1年10カ月ぶりのニューアルバム『PANDORA』を3月24日にリリースするgo!go!vanillasを巻末で特集! 同アルバムは切々と歌い上げるスローソングからサイケデリックなアプローチに、めまぐるしく表情を変えるミクスチャーナンバーまで、前作以上に表情豊かで、より作品性を高めた深みのある楽曲ばかり。人と人との繋がりと心の距離、愛の形とその在り方、そして死生観……。コロナ禍の中で牧達弥(vo&g)を中心にメンバーが感じたそれらの想いを注いで形にした『PANDORA』の完成までとその収録曲について話を聞きました!


●ONAKAMA 2021

16年に東京・新木場STUDIO COASTで初開催された04 Limitede Sazabys、BLUE ENCOUNT、THE ORAL CIGARETTESによる合同主催イベント『ONAKAMA』が約5年の時を経て復活! 彼らの地元の3都市=1月24日の名古屋・日本ガイシホール、1月31日の大阪城ホール、2月11日のマリンメッセ福岡を回った『ONAKAMA 2021』の中から、大阪公演をたっぷりの写真とともにリポート! コロナ禍の中で開催に踏み切った彼らの覚悟が滲み出た熱いパフォーマンスはもちろん、3バンドならではのユーモアや温かさに包まれたステージを体感してください!


●東京スカパラダイスオーケストラ

1年4カ月ぶりのニューアルバム『SKA=ALMIGHTY』を3月3日にリリースする東京スカパラダイスオーケストラから茂木欣一(ds)と加藤隆志(g)が登場! 久々の取材ゆえにしばらくのブランクを埋め合わせつつ、ビートの緩急はあれど歌モノもインスト曲もすべてがコロナ禍での鬱屈したムードを一蹴するライブモード全開のエモーショナルでグルーヴィンなナンバーばかりを収めた同作をどういう想いで作りあげたのか。2020年の流れを振り返りつつ、完成したアルバムの手応えと収録曲についてじっくりと話を聞きました!


●フジファブリック

2年2カ月ぶりのニューアルバム『I Love You』を3月10日にリリースするフジファブリック!! 複数人のゲストボーカルを迎えてコラボしたナンバーも収録した同作は、フジファブリックの新しい一面を感じさせると同時に、彼らがとても大事にしているファンへの想いを真っすぐに注いだ作品であり、その気持ちをアルバムタイトルに表した今作が完成するまでの経緯とその収録曲についてメンバー全員に話を聞きました! 最初に初の大阪城ホール公演(19年10月20日)の感想も尋ねています!


●クリープハイプ

本誌20年3月号以来、1年ぶりに登場のクリープハイプ! コロナ禍で多くの制約がある中で試行錯誤しながらも新曲の配信リリースや、ユニークな生配信企画に、TikTokとのコラボなど新たな取り組みも含めて様々な活動を展開する中で、年末にはフロントマンの尾崎世界観(vo&g)の小説『母影』が芥川賞候補に初ノミネート! 残念ながら受賞は逃したけれど、そのニュースに心から拍手したファンも多くいたはず! そんな2020年をメンバー全員で振り返りつつ、それぞれの今の気持ちと、この先への意気込みを尋ねました。


●10-FEET

3月10日にニューシングル「アオ」をリリースする10-FEET。同曲はTAKUMA(vo&g)がコロナ禍で感じた一つの想いをもとに歌詞を仕上げ、エモーショナルに疾走すバンドグルーヴに合わせて繰り出される強い言葉と情熱的なメロディが胸を揺さぶるナンバーです! 今回もメンバー全員で、まずは新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインを遵守しながら展開してきた全国ツアーの手応えを尋ねつつ、「アオ」が生まれるまでの経緯とその曲に込めた想いについて、さらにはカップリングの2曲についても詳しく話を聞きました!


●Saucy Dog

Saucy Dogが初の日本武道館公演を開催! 新型コロナウイルス感染症対策もしっかり施されながら2日間に渡って行われた本公演(2月5日のワンマンライブ『send for you』、2月6日の対バンイベント『リベンジエピソード』)の中から、 手紙をモチーフに構成が練られ、“あなたに届けること”をテーマにサウシーらしい温かいパフォーマンスで魅せてくれた初日のワンマン公演の模様をリポートします!


●秋山黄色

3月3日に2ndアルバム『FIZZY POP SYNDROME』をリリースする宇都宮出身のシンガーソングライター・秋山黄色! 本誌初登場となる今回は、日常の中にある心の迷いや痛みを語感のいい言葉で巧みに切り取って描くカラフルな彼の楽曲は、どのようにして生まれてくるのか。そのルーツを探るとともに2ndアルバム『FIZZY POP SYNDROME』についてじっくりと話を聞きました!
【Talking Rock! 2021年3月号】
●SixTONES(表紙巻頭)
●SUPER BEAVER
●THE YELLOW MONKEY
●須田景凪
●SHE’S
●夜の本気ダンス
●LAMP IN TERREN
●Saucy Dog
●Panorama Panama Town
●YAJICO GIRL and more!!



●SixTONES
 21年1月号と21年2月号増刊に続いて3号連続での掲載、しかも初の表紙巻頭で登場のSixTONES!! インタビューは今回も髙地優吾&ジェシー&京本大我と、松村北斗&森本慎太郎&田中樹の2組に分かれて敢行! SixTONESとして初出場した昨年末の「NHK紅白歌合戦」の感想から 1月の生配信ライブ、そしてハーフミリオンを達成した1stアルバム『1ST』の手応えと、今回の4thシングル「僕が僕じゃないみたいだ」についてたっぷりと話を聞いています! 中ページの写真も最高にカッコいいので要チェックです!!


●SUPER BEAVER
 メジャー再契約第一弾アルバム『アイラヴユー』を2月3日にリリースしたSUPER BEAVERを巻末で大特集! 20年にリリースした2枚の両A面シングル「ハイライト/ひとりで生きていたならば」と「突破口/自慢になりたい」に18年11月のシングル「予感」を含む全11曲を収録した同作は、アルバムタイトルそのままに、コロナ禍で会えないファンに向けたSUPER BEAVERの想いが最高の純度で注がれた素晴らしい作品! このアルバムの完成までと、その収録の全11曲についてじっくりと話を聞きました!


●THE YELLOW MONKEY
 『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE』のタイトルのもと、11月3日に東京ドーム、7日に横浜アリーナ、12月7日に国立代々木競技場第一体育館、28日に日本武道館という彼らと深い由縁のある4会場でのライブを大盛況に終えたTHE YELLOW MONKEY。東京ドームと横浜アリーナ公演をリポートした前号に続いて、今号では代々木と日本武道館公演をロングリポート! 30周年を総括すると同時に再集結からの〈Season2〉にピリオドを打ち、次なる未来へと足を進めた彼らの最高にエモーショナルな2公演を12Pでお届けします!


●須田景凪
 2月3日にメジャー1stフルアルバム『Billow』をリリースした須田景凪。同作は13年に“バルーン”名義でボカロPとして活動を開始し、17年10月から“須田景凪”として様々な作品を手掛けてきた彼ならではの個性的なサウンドカラーを放つナンバーばかり! 加えてコロナ禍により、今の時代と向き合う中で感じた想いを綴った印象の曲も多く、これまでの作品と比べても大きな違いを感じる1枚です。同作の完成までと、収録曲を一つ一つ追いかけながら話を聞きました!


●SHE’S 
 昨年7月の4thアルバム『Tragicomedy』が見事オリコン週間ランキングの5位を獲得! そして今年バンド結成10周年&デビュー5周年を迎えたSHE’Sがその第1弾シングル「追い風」を2月17日にリリース! フロントマンの井上竜馬にあらためて『Tragicomedy』の手応えを尋ねつつ、今回のニューシングルに収録の3曲についてじっくりと。さらに2月22日に地元大阪の吹田市文化会館メイシアター大ホールで行うキックオフイベントと、5月&6月に東阪の野音で開催される記念公演への意気込みについて話を聞きました!


●夜の本気ダンス
 バンドの新機軸とも言えるミニアルバム『PHYSICAL』を1月27日にリリースした夜の本気ダンス! 夜ダンらしいスリリングな展開や生音のグルーヴィーさはそのままに、新たにデジタル的手法を融合させて、より多面的に響く全6曲を収録した本作についてメンバー全員で語ってもらいました! 


●Mashroom 2021 〜Hello new wind〜
 音楽レーベルMASH A&Rが主催するライブイベント『Mashroom』! 通算7回目となる今回は『Mashroom 2021 〜Hello new wind〜』と銘打って大阪と東京で開催! その中からPanorama Panama Town、ユレニワ、YAJICO GIRL、Saucy Dog、LAMP IN TERRENと、オープニングアクトのEzoshika Gourmet Clubの計6組が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた1月23日の大阪公演をリポート!

芸能・音楽 雑誌の売上ランキング

明星(Myojo)

2021年09月21日発売

目次: [表紙]美 少年
[ウラ表紙]HiHi Jets
[ピンナップ]目黒 蓮/道枝駿佑
[厚紙(生)カード]King & Prince/この顔がスキ
[巻頭8P]Sexy Zoneデビュー10周年企画!
[袋とじ+引き出し口絵]ジャニーズJr.生態図鑑
King & Princeは、メンバーがとなりにいるような至近距離グラビアをお届け。
SixTONESは、6人の最新ファッション事情を調査!
Snow Manは、4チームに分かれて“初めての〇〇”についてトークを展開!
なにわ男子は、CDデビュー決定後の率直な気持ちを告白してくれたよ。

50年以上の歴史を持つアイドル・タレントの写真情報雑誌『Myojo』

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/22
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

  • 2021/04/22
    発売号

  • 2021/03/22
    発売号

2 装苑

文化出版局

送料
無料

装苑

2021年09月28日発売

目次: 表紙 小松 菜奈


特集 ファッションが好きすぎて!


◆ 小松 菜奈 変わらず好きなもの 今、選びたいもの
◆ We need a NEW JACKET! ジャケットを制覇せよ!
◆ マルタン・マルジェラがファッションに残したもの
 マルジェラの声と手が語るマルタン・マルジェラ・ストーリー
 映画『マルジェラが語る"マルタン・マルジェラ"』
 デザイナーが語る、マルタンから受け継いだもの
 MIKIOSAKABE 坂部三樹郎/yushokobayashi 小林裕翔/kudos 工藤 司
◆ kemioʼs fashion theory  好きな服で生きていく!
◆ これが私の1番のお気に入り
 モトーラ世理奈/カネコアヤノ/綾部帆乃香/相澤 樹/SUMIRE/渋川舞子/
 MÖSHI/河合優実/伊藤万理華/みゆな/倉 悠貴/野村仁美/大倉 綾/ビアンカ/
 藤澤ゆき/リンリン(BiSH)/yama/Yuri/あさぎーにょ/和田ミリ
◆7人の女の子が着る、秋冬の7つのキーワード。
 森川 葵/長澤 樹/塩塚モエカ(羊文学)/見上 愛/xiangyu/アオイヤマダ/伊藤万理華
◆12組のデザイナーが語る思想とデザイン
 青木明子/岩井良太/熊切秀典/ MUG /進 美影/横澤琴葉/富永 航/譚 芸斯/
 アンナ・チョイ/竹島 綾/ニコライ・レフストラップ&ディッテ・レフストラップ/
 ライ・リュウジュ&ショウ・ウトウ
◆ Romantic 永遠に好きなもの


FEATURES
◇ feature mode  バレンシアガ
◇ SUBU×ELEY KISHIMOTOのFLASH柄で、いつものモードをUP&DOWN!
◇ PLAY A SENSATION SPECIAL vol.42 V6
◇ MIKA NINAGAWA 東京とパリ、二つの蜷川実花展


REGULARS
◇ ヴィヴィアン・ウエストウッドからのメッセージ vol.56
◇ SO-EN BEAUTY ファッションとメイクの小粋な関係。
 資生堂 渋沢知美 × 美絽
◇ このブランドの製図が見たい! vol.40 ホウガ
◇ MFBB vol.21 Children of the discordance
 増田貴久(NEWS)×志鎌英明(Children of the discordance)
◇ 杉咲 花の言葉と写真 蜜の音 vol.37 「日々」


SO-EN JAM
○ シネマ・コラージュ『TOVE/トーベ』
○ BOOK 本好きの本棚 vol.21 中村水絵(HeHe)
○ COLUMN
 塩塚モエカ ここだけはエデン/小林裕翔 記憶の中の美術館/
 枝 優花 主人公になれないわたしたちへ/Oliveの手仕事
○ 福田里香のフード+1
○ 装苑男子 vol.41 青木 柚
○ Creation from ONE SENTENCE 冬の触りごこち
○ 装苑賞に挑んだデザイナーたち vol.60 アンナ・チョイ

参考価格: 748円

おしゃれファッションに夢中な女の子を応援する雑誌

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

  • 2021/01/28
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

3 ドラマ

映人社

送料
無料

ドラマ

2021年10月18日発売

目次: ◆テレビドラマ脚本
NHK 連続テレビ小説
安達奈緒子『おかえりモネ』
第1週・第2週・第3週
 宮城・気仙沼湾沖の島で育ち、登米で青春を過ごしたヒロイン・百音が、天気予報を通じて人々の役に立ちたいと気象予報士を目指して上京。やがて故郷の島へ戻り、気象予報士として地域に貢献する姿を描く。
今号では、第1週・第2週・第3週の計15回の脚本を掲載。
安達奈緒子氏の作者ノート、本作の制作統括・須崎岳氏の寄稿、演劇・テレビドラマ研究家・岡室美奈子氏の「おかえりモネ」論・心に橋を架ける も掲載。
出演:清原果耶 鈴木京香 坂口健太郎 永瀬廉 藤竜也 竹下景子 西島秀俊 塚本晋也 浅野忠信 夏木マリ 内野聖陽ほか

◆連載
森下佳子 ……で?(7)
 脚本家4氏による月替わりのエッセイ。今号は『天国と地獄~サイコな2人~』『白夜行』『JIN~仁~』『おんな城主 直虎』『ごちそうさん』などの脚本家・森下佳子氏。今回は、「ムロ形、上から読むか、下から見るか?」。

北阪昌人のRADIO DAYS(31)
 ラジオドラマ脚本の第一人者としての日々の雑感など綴るパートと、今回からスタートのラジオドラマ脚本誌上講座「ラジオドラマQ&A」の2部構成で、ラジオドラマを創る楽しさを紹介していく。

こうたきてつや(日大名誉教授)/平成ドラマ史への覚書〈一九八五~二〇一五年〉(31)
 「平成」の時代に、作家がどんなドラマを描いてきたのか? 平成ドラマの軌跡を辿る。今回は「現代に甦る古代史ドラマと近代史ドラマ」。

◆ドラマ評
古崎康成『’21年7月期のテレビドラマ』
 2021年7月期に放送されたテレビドラマから、脚本の面で印象に残る作品を、テレビドラマ評論家の古崎氏が批評する。

◆脚本公募情報
(中間審査結果)
第33回 フジテレビヤングシナリオ大賞 三次審査通過作品発表
(募集要項)
橋田賞新人脚本賞
創作ラジオドラマ大賞

◆ライター掲示板
加藤綾子/川崎僚/菅原雪絵/田辺茂範/藤井青銅/待田堂子

◆トピックスコーナー
新刊案内/訃報

◆オーディオドラマコーナー

参考価格: 1,210円

脚本家や映像クリエーターをめざす人たちは必読。脚本公募情報が充実

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/18
    発売号

  • 2021/07/16
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/18
    発売号

  • 2021/04/16
    発売号

5 月刊ピアノ

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
50%
OFF
送料
無料

月刊ピアノ

2021年09月18日発売

目次: ■特集
ショパンコンクール/お月見
■ピアニスト・インタビュー
上原ひろみ/辻井伸行/吉見友貴/アン・セット・シス(山中惇史)
●コンサート・レポート
よみぃ
●ネットに光る☆逸材奏者(連載)
ぜろいち
■好評連載
<講座>
・森本麻衣のピアニスト道
・セロリの電Pパーク!
・コードの時間
・音楽史を歩こう
・事務員Gの名曲タイムトリップ
・ずっしーの即わかり音楽理論教室
・白ヒゲ先生の楽典を知りつくそう!
・ござさんのAll that Goza's Piano Arrange ほか

<連載>
・西村由紀江のMy Favorite Songs
・加羽沢美濃の音楽ミステリーはお好き?
・愛しのストリートピアノ
・響け★卵たちの毎日
・ピアノを愛する大人たち
・言葉の時間
・学マン!~涙と笑いの音楽マンガ~
・愛と気づきのエンタテインメント
・大学で音楽を学ぼう
・音楽の知識とピアノの技術が役立つ仕事 ほか
●収載予定楽曲
♪ U(millennium parade × Belle)
♪うたかた歌(RADWIMPS feat.菅田将暉)
♪マスカラ(SixTONES)
♪Ordinary days(milet)
♪Love Song(Uru)
♪魔法の絨毯(川崎鷹也)
♪カイト(嵐)<上級>
♪夜に駆ける 英語ver.<ピアノ&ボーカル>
♪SEASONS(浜崎あゆみ)<事務員G>
♪バラード 第1番(ショパン)<xピティナ アレンジコンペ初級受賞作品>
♪証城寺の狸囃子<プチジャズ>
♪風になりたい(THE BOOM)<電P> ほか

参考価格: 763円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:381円

最新ヒット曲も話題のクラシック曲も、ピアノでどんどん弾いちゃおう!

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

Disney FAN(ディズニーファン)

2021年09月25日発売

目次: ★ピンナップ
 ・「Duffy and Friends
   FAN BOOK 2021-2022」より
    ダッフィーとシェリーメイ
 ・「東京ディズニーシー20周年クロニクル」より

☆カード
 ・東京ディズニーリゾートのこれどーこだ?
   Where Is This?
    at TOKYO DISNEY RESORT
     & カレンダー、ポストカード
 ・「東京ディズニーシー20周年:タイム・トゥ・シャイン!」
   オリジナルポストカード


◎東京ディズニーシー20周年スタート!見どころいっぱいの秋


◆キラキラと輝く20周年イベントがはじまった!

◆ダッフィー&フレンズ2021年・秋冬のふわふわアイテム

◆「Duffy and Friends
   FAN BOOK 2021-2022」できました!

◆「ソアリン:ファンタスティック・フライト」で
  イマジネーションの空へ!

◆Disney Fan,Me Too!
  島田秀平さん(芸人、手相占い師)

◆グッズでお祝い!
  ディズニーキャラクターのアニバーサリー

◆ディズニーストアでにぎやかにお買い物祭り!


…ほか

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:440円

ディズニーリゾートの最新トレンド情報誌

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/03/25
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

SCREEN(スクリーン)

2021年09月21日発売

目次: 表紙
Eternals エターナルズ

巻頭特集
『DUNE /デューン砂の惑星』
完全解説
この秋、SF映画で未知なる「映像体験」を
読者が選んだ「私の好きなSF映画」はこれ!
Eternals エターナルズ
「選ばれし者たち、ここに集う」
杉山すぴ豊がトリビアを解説!
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

輝くMCUの新星!
シム・リウ&オークワフィナ スペシャルインタビュー

名優研究 トニー・レオン

『ホワット・イフ…?』エピソード・ガイド Part1

今度は日本から世界へ!『スター・ウォーズ:ビジョンズ』

先取り! 新作映画コレクション
『MINAMATA―ミナマタ―』
『モーリタニアン 黒塗りの記録』『アンテベラム』ほか

ジェームズ・ボンドにさよならを
ダニエル・クレイグ版ボンド、最終章へ
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』キャラクター
ダニエル・クレイグ版007を振り返る
7代目ボンドを探せ

ティモシー・シャラメとZ世代の俳優

SCARY HALLOWEEN COMES
―戦慄のハロウィン到来―
業火の中から蘇える悪夢!『ハロウィン KILLS』
『ハロウィン』を生んだ巨匠 ジョン・カーペンター入門
秋シーズンの映画館は新作ホラーが席巻する!
読者の選んだ「一番怖かった映画」発表!

あなたもハマってる!? タイムループから脱出せよ!

ディレクターで選ぶ新作ファイル

恐るべきコッポラ家

女流作家の世界観

『空白』
松坂桃李&𠮷田恵輔監督インタビュー

『宇宙の法-エローヒム編-』
今掛勇監督インタビュー

参考価格: 860円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:460円

外国映画をはじめ邦画やアニメなど話題のシネマ・カルチャーが満載!

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

  • 2021/04/21
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ビデオサロン

2021年09月18日発売

目次: ●特集
ミュージックビデオの現在地

最新の技術や機材を駆使したものから前衛的な表現まで、目を引くテクニックが散りばめられているミュージックビデオ。本特集では近年に制作されたMVから特徴的な映像のテクニックを駆使した作品をピックアップ。ディレクター本人にそのテクニックを導入した経緯や狙い、撮影・編集の舞台裏などを細かく解説してもらい、一歩先の映像制作を目指すためのヒントを探る。

YOASOBI『群青』
AJICO『地平線Ma』
yonawo『闇燦々』など

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:715円

録る・見る・創る!デジタル時代のAVマガジン。

  • 2021/08/19
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

Talking Rock!(トーキングロック!)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌